アーセナル・シップ

※ASはArsenal Shipの略で、艦種記号ではない。本来アーセナル・シップは戦艦籍ではないが、特別に戦艦籍で掲載した
全長:152.40m〜243.84m 兵装:トマホークSLCM/陸軍戦術ミサイル(ATACMS: Army Tactical Missile System)用VLS500セル 乗員:50名以下
※以上のデータは計画値
※アメリカ国防高等研究局(DARPA)と海軍の共同作業で、可否を見極める為の実証艦建造計画から始められる。概念計画から詳細設計まで、全て民活に依存するやり方で計画は進められ、1997年度中には各グループ1,500万ドルの契約で3グループ競争の機能設計が行われた。競争に勝った1グループによる実証艦は2002年に完成し、新しい構想が艦隊で実証されれば、最終的に6隻が建造される予定だった。だがその計画は、アメリカ議会の査定の末に1997年11月断念された。風向きが怪しいとされた海軍は、駆逐艦スプルーアンス級ミサイル・フリゲイト・オリヴァー・ハザード・ペリー級の代替艦DD-21(次期水上戦闘艦(Surface Combatant for the 21st Century: SC-21)の1つの型)とアーセナル・シップを抱き合わせて砲撃支援実証艦(MFSD: Maritime Fire Support Demonstrator)計画に看板を塗り替えて、アーセナル実証艦の計画を進めようとした。しかし1998会計年度に必要な予算1億5,000万ドルを議会は承認せず、計画は中止された
※アーセルナル・シップのイラストの中には、ハル・ナンバーが“72”と描かれている。これは戦艦に分類されると予想した為であろう
以下は機能設計に参加した3グループ
General Dynamics, Marine/Bath Iron Works, Bath, Maine, Team Leader, with: General Dynamics, Marine/Electric Boat, Groton, Conn.; Raytheon Electronic Systems, Lexington, Mass.; and Science Applications International Corp., McLean, Va.
※Lockheed Martin, Government Electronic Systems, Morrestown, N.J., Team Leader, with: Litton Industries/Ingalls Shipbuilding, Pascagoula, Miss.; and Newport News Shipbuilding, Newport News, Va.
※Northrop Grumman Corporation, Sykesville, Md., Team Leader, with: National Steel and Shipbuilding Co., San Diego, Calif.; Vitro Corp. , Rockville, Md.; Solipsys, Columbia, Md.; and Band Lavis & Associates, Inc., Severna Park, Md.
↑Image courtesy of GlobalSecurity.org.

↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 16/07/31