APB
宿泊艦


軽荷排水量:2,189t(APB-40は2,176t) 満載排水量:4,080t 全長:99.97m 幅:15.24m 吃水:3.41m 主機/軸数:ジェネラル・モータース式12-567ディーゼル2基/2軸 出力:1,600馬力 速力:10.0kt(12.0ktともいわれる) 兵装:50口径76o両用砲2門、40o4連装機銃2基、20o対空機銃8〜12基、12.7o機銃及び7.62o機銃12基 乗員:141名(160名ともいわれる、兵員宿泊設備990名分(1,226名分ともいわれる))
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベネワ Benewah APB-35 チャールズタウン海軍工廠 1946/3/19 1970/12
(1971/2/26?)
1973/9/1 ◎1944/8/8 艦種を宿泊艦(APB-35)に改める
◎1945/1/2 起工
◎1945/5/6 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて艤装
◎1946/7/29 不活性化工事
◎1946/8/30 退役、ボストン海軍工廠にて保管
◎1947/2 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/11/9 再役、ジャクソンヴィルのGibbs Shipyardにて改装
◎1953/7 ノーフォーク海軍造船所にて改装
◎1955/9/30 スタテン・アイランドのBrewer Dry Dock Co. にて不活性化オーヴァーホール
◎1955/12(1956/3/10?) 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1960/2 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社にて運用開始
◎1966/7 フィラデルフィア海軍造船所にて近代化改装
◎1967/1/28 再役
◎退役後、スービック湾にて運用開始
◎1971/2/28 艦種を非分類雑役船(IX-311)に改める
コールトン Colleton APB-36 チャールズタウン海軍工廠 1967/1/28 1969/12 1973/6/1 ◎1944/8/8 艦種を宿泊艦(APB-36)に改める
◎1945/6/9 起工
◎1945/7/30 進水
◎1946/9/27(1947?) 竣工、保管
◎後にフィラデルフィア海軍造船所にて改装
◎1973/1/6 解体のため、ポートランドのAmerican Ship Dismantler's, Inc. に売却(売却額$172,226.62)
エコルス Echols APB-37 チャールズタウン海軍工廠 1995/12/22 ◎1944/8/8(1944/8/11?) 艦種を宿泊艦(APB-37)に改める
◎1945/6/9 起工
◎1945/7/30 進水
◎1947/1/1 竣工
◎1947/1 Green Cove Springsにて運用開始
◎1961 ノーフォークへ曳航
◎1971 艦種を非分類雑役船(IX-504)に改める
マールボロ Marlboro APB-38 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/15
(1945/8/18?)
1947/1/30 1963/12/1 ◎1944/8/8 艦種を宿泊艦(APB-38)に改める
◎1944/8/25 起工
◎1944/11/17 進水
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎除籍後、解体のため売却
マーサー Mercer APB-39 チャールズタウン海軍工廠 1945/9/19 ◎1944/8/8 艦種を宿泊艦(APB-39)に改める
◎1944/8/24(1945/8/25?) 起工
◎1944/11/17 進水
◎1947/1/18(1947/6/18?) 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/10/12 再役
◎1956/2/17 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/5/11(1968/5/18?) ロング・ビーチにて再役
◎退役後、艦種を非分類雑役船(IX-502)に改める
ニュエセス Nueces APB-40 チャールズタウン海軍工廠 1945/11/30 1970/3/13 ◎1944/8/8 艦種を宿泊艦(APB-40)に改める
◎1945/1/2 起工
◎1945/5/6 進水
◎1946/3 Green Cove Springsにて不活性化
◎1955/9/30 退役、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/5/3 再役
◎1970/4/16 サン・ディエゴにてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)に割り当てられる
◎1974/8/19 ポートランドのSupervisor of Shipbuilding, Conversion & Repair, Seattleに割り当てられる
◎1975/11/1 艦種を非分類雑役船(IX-503)に改め、US Naval Ship Repair Facilityにて運用開始


軽荷排水量:2,080t(APB-42、APB-46は2,189t) 満載排水量:4,090t(APB-44、APB-45は4,080t) 全長:99.97m 幅:15.24m(APB-47〜APB-50は18.82m) 吃水:3.40m(APB-44は4.29m) 主機/軸数:ジェネラル・モータース式12-567ギアード蒸気タービン2基/2軸 速力:10.0kt(APB-44、APB-49は11.6kt) 兵装:40o機銃8基、20o機銃8基(APB-42、APB-44は20o機銃12基) 乗員:151名(APB-44は119名、APB-45、APB-47、APB-48は137名、APB-46は123名。兵員宿泊設備340名分(APB-42、APB-44は兵員宿泊設備990名分、APB-45、APB-48は兵員宿泊設備302名分)LCVP6隻(APB-44のみ))
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ワイス
12
Wythe APB-41 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/24
(1944/6/30?)
1947/5/29 1959/5/1 ◎1945/3/31 艦種を宿泊艦(APB-41)に改め、ワイスと命名
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(中国方面での行動も含む)
◎1946/10/14 不活性化工事
◎1947/5/29 オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1959/9/10 解体のため、Marlene Blouse Corp. に売却
ヤヴァパイ
123
Yavapai APB-42 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/20
(1944/6/30?)
1946/12/3 1959/5/1 ◎1945/3/1(1945/3/31?、1945/5/1?) 艦種を宿泊艦(APB-42)に改め、ヤヴァパイと命名
◎1945/4末 グアムにて修理(〜1945/6末)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎退役後、チャールストン海軍造船所にて大西洋予備艦隊に編入
ヤーロー
12
Yolo APB-43 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/30
(1944/7/3?)
1946/8/9 1959/5/1 ◎1945/3/31 艦種を宿泊艦(APB-43)に改め、ヨーローと命名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/28)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1960/2/6 解体のため、ニュー・ヨークのJ. C. Berkwit Co. に売却
プレスク・アイル
12
Presque Isle APB-44 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/30 1947/4/18 1959/5/1 ◎1945/3/31 艦種を宿泊艦(APB-44)に改め、プレスク・アイルと命名
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎1945/9/20 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/14)
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1955 プレスク・アイルと命名
◎除籍後、インドネシアに貸与されTeluk Ratai(Teluk Tatai?、LST-509)と改名
◎2011/1/26 処分
◎Operation Crossroads.
ブラックフォード
12
Blackford APB-45 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/9
(1945/7/9?)
1947/4/26 1960/4/1 ◎1945/3/6 艦種を宿泊艦(APB-45)に改める
◎1945/4/9 進水
◎ニュー・オーリンズのNavy Supply Depotにて就役
◎退役後、テキサスにて大西洋予備艦隊に編入
◎1960/8/3 解体のため、Sampson Iron Supply Co. に売却
ドーチェスター
12
Dorchester APB-46 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/15 1946/10/16 1973/6/1 ◎1945/3/6 艦種を宿泊艦(APB-46)に改める
◎1945/4/12 進水
◎退役後、保管
◎1978/6/22 民間に売却され商船Pacific Prideとなる
◎1986 Alaska Packerと改名
キングマン
12
Kingman APB-47 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/27 1947/1/25 1977/10/1 ◎1935/3/3(1945/3/6?) 艦種を宿泊艦(APB-47)に改める
◎1945/4/17 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管
◎1980/11/19 売却
ヴァンダーバーグ
123
Vanderburgh APB-48 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/7/3 1946/6/8
(1947/1/30?)
1972/4/1 ◎1935/3/6(1945/3/31?) 艦種を宿泊艦(APB-48)に改める
◎1945/4/20 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、ストックトンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1972/11/15 解体のため、ポートランドのRonald M. Fraserに売却
アクコマック
12
Accomac APB-49 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/24 1946/8/9 1959/5/1 ◎1945/8/1 艦種を宿泊艦(APB-49)に改め、アクコマックと命名
◎退役後、サン・ディエゴにて大西洋予備艦隊に編入
◎1959/12/7 解体のため、ニュー・ヨークのUnion Minerals & Alloys Corp. に売却
キャメロン Cameron APB-50 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/30 1946/12/13 1959 ◎1945/8/1 宿泊艦に改装、艦種を宿泊艦(APB-50)に改め、キャメロンと命名
◎1959 売却


※データはEC2-S-C1型“リバティ・シップ”の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デュペイジ DuPage APB-51 オレゴン・シップビルディング社 ◎1951 海軍に移管、艦種を宿泊艦(APB-51)に改め、デュペイジと改名、運用開始
◎後に運用終了
◎運用終了後、海事局に移管
◎1959 解体


Update 17/02/05