AN
設網艦


※データは車両揚陸艦モニター/オーセージ級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モニター Monitor AN-1 インガルス・シップビルディング社 1944/3/18 1947/5/22 1961/9/1 ◎1941/10/21 起工
◎1943/1/29 進水
◎1943/8/2 艦種を兵員輸送艦(AP-160)に改める
モントーク
12
Montauk AN-2 インガルス・シップビルディング社 1944/5/25
(1944/10/6?)
1947/7 1961/9/1 ◎1942/4/14 起工
◎1943/4/14 進水
◎1943/8/2 艦種を兵員輸送艦(AP-161)に改める
オーセージ Osage AN-3 インガルス・シップビルディング社 1944/12/30 1947/5/16 1961/9/1 ◎1942/6/1(1943/6/1?) 起工
◎1943/5/1 艦種を兵員輸送艦(AP-108)に改める
サーガス Saugus AN-4 インガルス・シップビルディング社 1945/2/22 1947/3/24 1961/7/1 ◎1943/5/1 艦種を兵員輸送艦(AP-109)に改める


※データは機雷敷設艦キオカク級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キオカク Keokuk AN-5 ウィリアム・クランプ&サンズ造船所 1942/2/28 1945/12/5 ◎1941/8/15 艦種を設網艦(AN-5)に改め、キオカクと改名
◎1942/5/18 艦種を機雷敷設艦(CM-8)に改める


※データは設網船アロエ級の項を参照
↑USS Catalpa (AN-10). An annotated view of her rig showing the arrangement of her radar and other electronic antennas. Photographed at the San Francisco Naval Shipyard, California, on 21 December 1951. USS Orca (AVP-49) is shown in the background a week after being reactivated. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アロエ Aloe AN-6 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/12/30 1946/8/3 1962/10/9 ◎1944/1/20(1944/1/31?) 艦種を設網艦(AN-6)に改める
1945/10/9 沖縄にて台風により設網艦スノーベル Snowbell(AN-52)と衝突し損傷
◎1946/6/3 ポートランドのSwan Islandにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/9/26 Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、I. D. Loganに売却
アッシュ Ash AN-7 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/12/20 1946/12/13 1962/9/1 ◎1942/12/20 艦種を設網艦(AN-7)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1962/9/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、I. D. Loganに売却
◎Pearl Harbor Arrived - 21 October 1943, Complete - 10 November 1943 (tentative). Reassembly of main diesel engines after overhaul is 80% complete, two new anchor windlasses are being reassembled after check and necessary repairs. Progress satisfactory, 60 KW generator is back on ship after repairs, castings for roller chock on stern are now being machined. Anchor windlass foundations 75% complete, firemain 60%.
ボックスウッド Boxwood AN-8 Lake Washington Shipyards, Inc. 1943/1/2 1946/11/13 1962/9/1
(1962/10/9?)
◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-8)に改める
◎1945/6下旬 アダックにてオーヴァーホール(〜1945/8/20)
◎1946秋 VancouverのKaiser Shipyardにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
バターナット Butternut AN-9 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/5/13 1969/7/18 1971/7/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-9)に改める
◎1950/6 真珠湾海軍造船所にて修理(〜1950/9/15)
◎1950/12中旬 真珠湾海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1951/8)
◎1951/8 ティブロンのNaval Net Schoolの練習船となる(〜1957)
◎1969/1/1 艦種記号をANL-9に改める
カタルパ Catalpa AN-10 コマーシャル鉄工所 1942/5/22 1955/10/7 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-10)に改める
◎1946/10/21 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/8/7 再役
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1974 解体のため売却
チェスナット Chestnut AN-11 コマーシャル鉄工所 1942/5/25 1946/9/7 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-11)に改める
◎1944/10中旬 オーストラリアにて修理
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
シンチョーナ Cinchona AN-12 コマーシャル鉄工所 1942/9/20 1946/11/6 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-12)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、Olympiaにて国家防衛予備船隊に編入
◎1961/6/14 Suisun Bayにて国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
AN-13
AN-14
AN-15
ユーカリプタス Eucalyptus AN-16 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1942/5/9 1946/3/6 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-16)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1946/11 アストリアにて運用終了
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
AN-17
AN-18
AN-19
AN-20
AN-21
AN-22
AN-23
AN-24
AN-25
AN-26
AN-27
AN-28
AN-29
AN-30
AN-31
AN-32
AN-33
AN-34
AN-35
AN-36
AN-37


軽荷排水量:1,100t 満載排水量:1,190t(1,275tともいわれる) 全長:59.28m(59.29mともいわれる) 幅:10.54m(11.27mともいわれる) 吃水:3.56m(4.11mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル電気/1軸 出力:1,200馬力(2,500馬力ともいわれる) 速力:17.0kt(AN-40、AN-59は12.1kt) 兵装:50口径76o単装両用砲1基、20o連装機銃4基 乗員:士官4名、下士官兵52名
※12tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アイランサス Ailanthus AN-38 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co. 1943/12/2 1944/6/9 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-38)に改める
1944/2/6 Pleasant I. にて座礁により損傷、全損
AN-39 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
アナクア
12
Anaqua AN-40 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co. 1944/2/21 1946/2/7 1946/2/26 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-40)に改める
1944/10/16 ダッチ・ハーバーにて嵐により損傷
◎1944/12下旬 KirklandのLake Washington Shipyards, Inc. にて入渠、修理
1945/2/5 オレゴン沿岸にて嵐により浸水、火災、後にサン・フランシスコにてMartinolich Shipyardにて修理
◎1945/3下旬 真珠湾海軍工廠にて修理
◎1945/11下旬 サン・ペドロにて不活性化工事
◎1946/3/6 Santa AnaのRobert J. Heff-nerに売却され商船となる
AN-41 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-42 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-43 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-44 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-45 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-46 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-47 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-48
AN-49
AN-50
AN-51
AN-52
AN-53
AN-54
AN-55
AN-56
AN-57
AN-58 Barbour Boat Works
テレビンス Terebinth AN-59 Barbour Boat Works 1944/8/5 1946/1/31 1946/2/26 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-59)に改める
◎1944/8上旬 ノーフォーク海軍工廠にて艤装(〜1944/8/24)
1945/3/28 慶良間列島にて日本陸軍四式肉薄攻撃艇の爆雷(至近弾、損傷なし)
◎1946/4/23 サン・ペドロのVan Cam Sea Food Co. に売却
AN-60
AN-61
AN-62
AN-63
AN-64
AN-65
AN-66
AN-67
AN-68
AN-69
AN-70
AN-71
AN-72
AN-73 Barbour Boat Works
AN-74 Barbour Boat Works
AN-75
AN-76
AN-77


排水量:775t 全長:51.35m 幅:10.31m 吃水:3.30m 主機/軸数:ブッシュスルザー・ブラザーズ式BS-539ディーゼル電気2基/1軸 出力:1,200馬力 速力:12.3kt(AN-82は12.0kt) 兵装:50口径76o単装砲1基、20o機銃4基 乗員:士官4名、下士官兵42名
※12tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
AN-78 コマーシャル鉄工所
AN-79 コマーシャル鉄工所
AN-80 コマーシャル鉄工所
AN-81 コマーシャル鉄工所
マリエッタ Marietta AN-82 コマーシャル鉄工所 1945/6/22 1959/12/21 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-82)に改める
◎1945/2/17 起工
◎1945/4/27 進水
◎1947/3/19 オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1952/2/14 再役
◎1959 ニュー・ヨーク海軍造船所にて不活性化工事
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1962/2/23 ヴェネズエラに貸与されPuerto Santo(H01)と改名
◎後に艦種記号をH11に改める
AN-83 コマーシャル鉄工所
AN-84
AN-85
AN-86
AN-87
AN-88
AN-89
AN-90
AN-91
AN-92


Update 17/05/12