AN
設網艦


※データは車両揚陸艦モニター/オーセージ級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モニター Monitor AN-1 インガルス・シップビルディング社 1944/3/18 1947/5/22 1961/9/1 ◎1941/10/21 起工
◎1943/1/29 進水
◎1943/8/2 艦種を兵員輸送艦(AP-160)に改める
モントーク
12
Montauk AN-2 インガルス・シップビルディング社 1944/5/25
(1944/10/6?)
1947/7 1961/9/1 ◎1942/4/14 起工
◎1943/4/14 進水
◎1943/8/2 艦種を兵員輸送艦(AP-161)に改める
オーセージ Osage AN-3 インガルス・シップビルディング社 1944/12/30 1947/5/16 1961/9/1 ◎1942/6/1(1943/6/1?) 起工
◎1943/5/1 艦種を兵員輸送艦(AP-108)に改める
サーガス Saugus AN-4 インガルス・シップビルディング社 1945/2/22 1947/3/24 1961/7/1 ◎1943/5/1 艦種を兵員輸送艦(AP-109)に改める


※データは機雷敷設艦キオカク級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キオカク Keokuk AN-5 ウィリアム・クランプ&サンズ造船所 1942/2/28 1945/12/5 ◎1941/8/15 艦種を設網艦(AN-5)に改め、キオカクと改名
◎1942/5/18 艦種を機雷敷設艦(CM-8)に改める


※データは設網船アロエ級の項を参照
↑USS Catalpa (AN-10). An annotated view of her rig showing the arrangement of her radar and other electronic antennas. Photographed at the San Francisco Naval Shipyard, California, on 21 December 1951. USS Orca (AVP-49) is shown in the background a week after being reactivated. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アロエ Aloe AN-6 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/12/30 1946/8/3 1962/10/9 ◎1944/1/20(1944/1/31?) 艦種を設網艦(AN-6)に改める
1945/10/9 沖縄にて台風により設網艦スノーベル Snowbell(AN-52)と衝突し損傷
◎1946/6/3 ポートランドのSwan Islandにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/9/26 Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、I. D. Loganに売却
アッシュ Ash AN-7 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/12/20 1946/12/13 1962/9/1 ◎1942/12/20 艦種を設網艦(AN-7)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1962/9/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、I. D. Loganに売却
ボックスウッド Boxwood AN-8 Lake Washington Shipyards, Inc. 1943/1/2 1946/11/13 1962/9/1
(1962/10/9?)
◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-8)に改める
◎1945/6下旬 アダックにてオーヴァーホール(〜1945/8/20)
◎1946秋 VancouverのKaiser Shipyardにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
バターナット Butternut AN-9 Lake Washington Shipyards, Inc. 1942/5/13 1969/7/18 1971/7/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-9)に改める
◎1950/6 真珠湾海軍造船所にて修理(〜1950/9/15)
◎1950/12中旬 真珠湾海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1951/8)
◎1951/8 ティブロンのNaval Net Schoolの練習船となる(〜1957)
◎1969/1/1 艦種記号をANL-9に改める
カタルパ Catalpa AN-10 コマーシャル鉄工所 1942/5/22 1955/10/7 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-10)に改める
◎1946/10/21 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/8/7 再役
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1974 解体のため売却
チェスナット Chestnut AN-11 コマーシャル鉄工所 1942/5/25 1946/9/7 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-11)に改める
◎1944/10中旬 オーストラリアにて修理
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
シンチョーナ Cinchona AN-12 コマーシャル鉄工所 1942/9/20 1946/11/6 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-12)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、Olympiaにて国家防衛予備船隊に編入
◎1961/6/14 Suisun Bayにて国家防衛予備船隊に編入
◎1971/5/14 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
AN-13
AN-14
AN-15
ユーカリプタス Eucalyptus AN-16 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1942/5/9 1946/3/6 1962/9/1 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-16)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1946/11 アストリアにて運用終了
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
AN-17
AN-18
AN-19
AN-20
AN-21
AN-22
AN-23
AN-24
AN-25
AN-26
AN-27
AN-28
AN-29
AN-30
AN-31
AN-32
AN-33
AN-34
AN-35
AN-36
AN-37


軽荷排水量:1,100t 満載排水量:1,190t(1,275tともいわれる) 全長:59.28m(59.29mともいわれる) 幅:10.54m(11.27mともいわれる) 吃水:3.56m(4.11mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル電気/1軸 出力:1,200馬力(2,500馬力ともいわれる) 速力:17.0kt(AN-40、AN-59は12.1kt) 兵装:50口径76o単装両用砲1基、20o連装機銃4基 乗員:士官4名、下士官兵52名
※12tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アイランサス Ailanthus AN-38 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co. 1943/12/2 1944/6/9 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-38)に改める
1944/2/6 Pleasant I. にて座礁により損傷、全損
AN-39 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
アナクア
12
Anaqua AN-40 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co. 1944/2/21 1946/2/7 1946/2/26 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-40)に改める
1944/10/16 ダッチ・ハーバーにて嵐により損傷
◎1944/12下旬 KirklandのLake Washington Shipyards, Inc. にて入渠、修理
1945/2/5 オレゴン沿岸にて嵐により浸水、火災、後にサン・フランシスコにてMartinolich Shipyardにて修理
◎1945/3下旬 真珠湾海軍工廠にて修理
◎1945/11下旬 サン・ペドロにて不活性化工事
◎1946/3/6 Santa AnaのRobert J. Heff-nerに売却され商船となる
AN-41 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-42 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-43 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-44 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-45 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-46 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-47 Everett Pacific Shipbuilding & Dry Dock Co.
AN-48
AN-49
AN-50
AN-51
AN-52
AN-53
AN-54
AN-55
AN-56
AN-57
AN-58 Barbour Boat Works
テレビンス Terebinth AN-59 Barbour Boat Works 1944/8/5 1946/1/31 1946/2/26 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-59)に改める
◎1944/8上旬 ノーフォーク海軍工廠にて艤装(〜1944/8/24)
1945/3/28 慶良間列島にて日本陸軍四式肉薄攻撃艇の爆雷(至近弾、損傷なし)
◎1946/4/23 サン・ペドロのVan Cam Sea Food Co. に売却
AN-60
AN-61
AN-62
AN-63
AN-64
AN-65
AN-66
AN-67
AN-68
AN-69
AN-70
AN-71
AN-72
AN-73 Barbour Boat Works
AN-74 Barbour Boat Works
AN-75
AN-76
AN-77


排水量:775t 全長:51.35m 幅:10.31m 吃水:3.30m 主機/軸数:ブッシュ・スルザー・ブラザーズ式BS-539ディーゼル電気2基/1軸 出力:1,200馬力 速力:12.3kt(AN-82は12.0kt) 兵装:50口径76o単装砲1基、20o機銃4基 乗員:士官4名、下士官兵42名
※12tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
AN-78 コマーシャル鉄工所
AN-79 コマーシャル鉄工所
AN-80 コマーシャル鉄工所
AN-81 コマーシャル鉄工所
マリエッタ Marietta AN-82 コマーシャル鉄工所 1945/6/22 1959/12/21 ◎1944/1/20 艦種を設網艦(AN-82)に改める
◎1945/2/17 起工
◎1945/4/27 進水
◎1947/3/19 オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1952/2/14 再役
◎1959 ニュー・ヨーク海軍造船所にて不活性化工事
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1962/2/23 ヴェネズエラに貸与されPuerto Santo(H01)と改名
◎後に艦種記号をH11に改める
AN-83 コマーシャル鉄工所
AN-84
AN-85
AN-86
AN-87
AN-88
AN-89
AN-90
AN-91
AN-92


Update 17/05/12