陸軍輸送船


船名 NAME 造船所
記号
海事委員会
記号
建造所 引き渡された日 備考
ジョン・アームストロング John Armstrong 39 829 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/2/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 モービルにて解体
ジェームズ・バーバー James Barbour 41 831 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/2/25 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にピュージェット・サウンドにて係船
◎1970 Clatshanieにて解体
フィッツハー・リー Fitzhugh Lee 48 838 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/3/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 ボルティモアにて解体
モーゼス・オースチン Moses Austin 53 843 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/4/25 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 フランスに貸与されパリのCie. Generale Transatlantiqueが運航、Cherbourgと改名
◎1954 パナマとリベリアのGreenville, S.A. (船主はロンドンのWigham Richardson & Co.)に売却されAntoniosと改名
◎1966 PiraeusのA. Halcoussisに売却されDimosと改名
◎1969 Whampoaにて解体
デイヴィッド G. バーネット David G. Burnet 55 845 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/5/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 ニュー・オーリンズにて解体
ジェーン・ロング Jane Long 57 847 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/5/17 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Roem IIがBilbaoへ曳航
◎1973 Bilbaoにて解体
ジェームズ W. ファニン James W. Fannin 59 849 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/5/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 フランスに貸与されCie. Generale Transatlantiqueが運航
◎1947 St. Maloと改名
◎1963 パナマのCia. Santa Kalliopi(船主はロンドンのWigham Richardson & Co.)に売却されTegeanと改名
1966/11/28 ハリファックス南方海域にて座礁、真っ二つになる、全損
ジェームズ E. ハヴィランド James E. Haviland 62 852 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/6/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1976 ヴァージニア岬沖にて人工環礁のため沈没処分
ベンジャミン R. マイラム Benjamin R. Milam 65 855 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/6/21 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
1945/3/8 ボルティモアにてボイラー室爆発事故により沈没、後に引き揚げられ修理
◎1947 フランスに貸与されMarseillesのSoc. Gen. de Transport Mar. a Vapeurが運航、Hyeresと改名
◎1961 LuganoのWest African Carriers Corp. に売却されDueroと改名
◎1964 MontevideoのConsorcio Nav. (Connavi)に売却されFanorと改名
◎1967 Montevideoにて係船
◎1968 Santanderにて解体
ジョン・メアリー・オーディン John Mary Odin 67 857 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/6/29 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Panama Cityにて解体
メアリー・オースチン Mary Austin 68 858 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/6/30 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Gandiaにて解体
コーネリアス・ハーネット Cornelius Harnett 39 861 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/11/20 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 ポートランドにて解体
ジョセフ・オルストン Joseph Alston 42 864 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/11/30 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1967 リッチモンドにて解体
ポール・ハミルトン・ヘイン Paul Hamilton Hayne 43 865 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 モービルのWaterman SS Corp. に売却されGovernor Sparksとなる
◎1949 ニュー・ヨークのClifton SS Corp. に売却されDeniseと改名
◎1958 ニュー・ヨークのPier Shpg. Co. に売却されChirjucaと改名
◎1960 Isaac Mannと改名
◎1962 ニュー・ヨークのEarl J. Smith & Co. に売却
◎1965 ニュー・ヨークのU. S. Bulk Carriers, Inc. に売却されU. S. Merrimacと改名
◎1966 Neptune Maritime Leasing Corp. (船主はニュー・ヨークのPoles Tublin Patestides & Strakis)に売却されArleneと改名
◎1967 台湾にて解体
マーシャル・エリオット Marshall Elliott 44 866 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/9 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 Panama Cityにて解体
ジェームズ・アイルデル James Iredell 45 867 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943 損傷、後に修理
1943/7/14 Naplesにて枢軸軍機の爆撃により損傷、イギリスへ曳航
◎1944/6/8 ノルマンディにてGooseberry harbourの一部として沈没処分、後に嵐により破壊
ペネロープ・バーカー Penelope Barker 46 868 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/15 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944 バレンツ海にてドイツ海軍潜水艦U271の雷撃により沈没
アリグザンダー・リリントン Alexander Lillington 47 869 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/20 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1961 ハンブルクにて解体
リチャード・キャスウェル Richard Caswell 48 870 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943 Paranagua沖にてドイツ海軍潜水艦U513の雷撃により沈没
クルストファー・ガズデン Christopher Gadsden 50 872 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1969(1970?) ニュー・オーリンズにて解体
ベティ・ゼイン Betty Zane 51 873 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/12/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
◎1947 ChiosのD. A. Pateras(船主はロンドンのLemos & Pateras)に売却されAnastassios Paterasと改名
◎1963 パナマとギリシャのMaribenes Cia. Nav. (船主はAthensのVenizelos)に売却されAnastassisと改名
◎1965 パナマとギリシャのResurreccion Cia. Nav. (船主はAthensのVenizelos)に売却
◎1967 パナマ船籍となる
◎1967 パナマのAnastassis Cia. de Vapores(船主はAthensのVenizelos)に売却
◎1968 門司にて解体
ダニエル H. ヒル Daniel H. Hill 53 875 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/1/10 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1964 リッチモンドにて解体
ジョージ・デイヴィス George Davis 54 876 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/1/13 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1960 ボルティモアにて解体
ジョン・ハーヴェイ John Harvey 56 878 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/1/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/12/2 Bari Harbourにて枢軸軍機の爆撃により沈没
◎1948 引き揚げられ、解体
エフライム・ブルヴァード Ephraim Brevard 61 883 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/2/3 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1972 Panama Cityにて解体
ジェームズ・スプラント James Sprunt 64 886 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/2/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/3/10 キューバ南方海域にてドイツ海軍潜水艦U185の雷撃により沈没
ジェームズ・ムーア James Moore 69 891 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/2/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 フランスに貸与されCie. Generale Transatlantiqueが運航、Seinと改名
◎1961 HaifaのZim Israel Nav. Co. に売却されVelosと改名、motor shipに改装
◎1964 ナッソーのPagan SS Corp. に売却されFedeと改名
◎1966 リベリアのPetroleum Tankers, Inc. (船主はGenevaのE. Haymann)に売却
◎1967 パナマとリベリアのAstrocredo Cia. Nav. (船主はPiraeusのPateras Bros)に売却
◎1970 FamagustaのNicmar Shpg. Co. に売却されArosaと改名
◎1972 Splitにて解体
アルフレッド・ムーア Alfred Moore 70 892 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/3/2 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1961 Bremerhavenにて解体
ウィリアム D. ペンダー William D. Pender 72 894 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/3/9 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1960 ボルティモアにて解体
ウィリアム D. モズリー William D. Moseley 73 895 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/3/12 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1961(1962?) Bremerhavenにて解体
ジョナサン・ワース Jonathan Worth 75 897 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/3/19 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1969 Panama Cityにて解体
ロバート・ローワン Robert Rowan 82 904 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/4/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/7/11 Gelaにて枢軸軍機の爆撃、沿岸砲台の砲撃により爆発炎上(放棄?)
◎1948 イタリアにて解体
トーマス W. ビケット Thomas W. Bickett 83 905 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/4/15 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1966 Kearnyにて解体
ホレース・ウィリアムズ Horace Williams 84 906 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/4/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 オランダに貸与されErasmusと改名
◎1947 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. が運航、Lemsterkerkと改名
◎1950 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. に売却
1956 スエズ動乱にてEl Firdan bridgeの北方にて閉じ込められる
◎1962 レバノンのTroditis Cia. Nav. (船主はロンドンのTroodos Shpg. & Trdg. Co.)に売却されKyprosと改名
◎1964 Staloと改名
◎1970 キプロス船籍となりSavvasと改名
◎1971 Castellonにて解体
ジョセ・ボニファシオ Jose Bonifacio 85 907 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/4/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にピュージェット・サウンドにて係船
◎1970 ポートランドにて解体
デイヴィッド・コールドウェル David Caldwell 87 909 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/4/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1946/9/4 Bordeaux近海にて難破、船体が三つに折れる
ベンジャミン・ホーキンス Benjamin Hawkins 2063 913 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/22 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1973 Bilbaoにて解体
ジェームズ・コールドウェル James Caldwell 2065 915 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1976 Horn Island沖にて人工環礁のため沈没処分
ジョージ・ウィームス George Weems 2068 918 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/10/7 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1948 ノルウェーのSkibs A/S Mirva(船主はオスロのSimonsen & Astrup)に売却されMykenと改名
◎1950 オスロのA/S Mirva & A/S Fido(船主はオスロのSimonsen & Astrup)に売却
◎1951 Skibs A/S Mesna & A/S Fidelio(船主はオスロのSimonsen & Astrup)に売却
◎1951 パナマのHalieta Cia. Nav., S. A. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されCavolidiと改名
◎1953 パナマとGenoaのCia. Marittima Italo-Panamenseに売却されCocleと改名
◎1954 パナマのFarwest Maritime Trdg. Corp. (船主はCia. Marittima Italo-Panamense)に売却
◎1959 パナマのWhite Eagle Maritime Co. (船主はニュー・ヨークのMaritime Brokers, Inc.)に売却されWhite Eagleと改名
◎1963 ギリシャのUnited White Shpg. Co. (船主はロンドンのS. Livanos)に売却
1966/11/10 サン・クレメンテ島沖にて座礁、全損
サディウス・コジウスコ Thaddeus Kosciuszko 2076 926 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/12/15 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 アメリカのBaltimore Insular Line(船主はニュー・ヨークのA. H. Bull & Co.)に売却されMarinaと改名
◎1954 パナマとリベリアのIsla Colon Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されAcritasと改名
1956/5/10 Cape Verde諸島沖にて座礁、後に離礁、全損と認定、Lubeckへ曳航、修理
◎1956 パナマとリベリアのElias Cia. Mar. (船主はロンドンのLemos Bros)に売却されEliasと改名
◎後にGeorgesと改名
1962/9/20 ロシア北方海域にて座礁、放棄
パール・ハーバー Pearl Harbor 2077 927 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/12/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 ニュー・オーリンズにて解体
ジェームズ・ウッドロー James Woodrow 2079 929 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/1/19 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1946 珊瑚礁にて難破、全損と認定、後にSuisun Bayにて係船
◎1954 ターミナル・アイランドにて解体
ウィリアム・マッキンリー William McKinley 2082 932 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/2/6 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1971 Kearnyにて解体
トーマス R. マーシャル Thomas R. Marshall 2083 933 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/1/28 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にモービルにて係船
◎1971 Panama Cityにて解体
モリー・ピッチャー Molly Pitcher 2085 935 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/2/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/3/17 リスボン西方海域にてドイツ海軍潜水艦U521の雷撃により沈没
ヘンリー B. ブラウン Henry B. Brown 2088 938 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/2/17 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 フィラデルフィアにて解体
ジョージ・シラス George Shiras 2089 939 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/2/15 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 パナマのAtlantic Maritime Co. (船主はニュー・ヨークのBoyd, Weir & Sewell)に売却されAtlantic Breezeと改名
◎1948 ニュー・ヨークのS. Livanos & Co. に売却
◎1952 ニュー・ヨークのMaritime Brokers, Inc. に売却
◎1953 パナマのAtlantic Freighters, Ltd. (船主はロンドンのS. Livanos)に売却
◎1962 ユーゴスラヴィアのPrekookeanska Plovidba, Bar(船主はロンドンのAnglo-Yugoslavia Shpg. Co.)に売却されCetinjeと改名
◎1968 Splitにて解体
ネイザン・クリフォード Nathan Clifford 2094 944 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/3 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ニュー・ヨークのAmerican Foreign SS Corp. に売却されAmerican Orioleと改名
◎1957 リベリアのAtlantic Oriole SS Co. (船主はニュー・ヨークのAmerican Foreign SS Corp.)に売却されAtlantic Orioleと改名
◎1961 パナマとリベリアのMarsuerte Cia. Nav., S. A. (船主はニュー・ヨークのMaritime Managers Co.)に売却されKymaと改名
◎1964 ニュー・ヨークのAdmanthos Shipping Agencyに売却
◎1965 Tassiaと改名、ギリシャ船籍となる
◎1965 PiraeusのA. A. Catsogeorgis & Co. に売却
1965/5/9 Cape Race近海にて浸水により沈没
ジョーンズ・ホプキンス Johns Hopkins 2097 947 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
1944 Marseillesにて機雷により損傷、後に修理
◎1946 パナマとホンジュラスのCia. Internacional de Vapores(船主はニュー・ヨークのSimpson, Spence & Young)に売却されThetisと改名
◎1949 ニュー・ヨークのNorth American Shpg. & Trdg. Co. に売却
◎1950 パナマとホンジュラスのCia. Commercial Maritima(船主はパナマのCia. Internacional de Vapores)に売却
◎1952 パナマとホンジュラスのCia. de Commercio y Vapores(船主はニュー・ヨークのD. J. Negroponte)に売却されSanta Elenaと改名
◎1960 ギリシャのEleni Shipping Co. (船主はPiraeusのTaflambas Bros)に売却されEleni Kと改名
◎1961 ロンドンのStathatos & Co. に売却
1966/9/29 Thevenard近海にて悪天候により真っ二つになる、後に沈没
◎1966/11/17 引き揚げられ、Goat Islandの浜に放棄
トーマス・クレサプ Thomas Cresap 2098 948 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/16 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1951 Key SS Corp. (船主はニュー・ヨークのAdmanthos Ship Operating Co.)に売却されSunionと改名
◎1957 リベリアのKifissia Shpg. Corp. (船主はニュー・ヨークのAdmanthos Ship Operating Co.)に売却
◎1959 改装、8,578tに
◎1960 Zermattと改名
◎1962 ギリシャのAuroraship Co., Ltd. (船主はニュー・ヨークのAuror Shpg. Agency)に売却されEpirosと改名
◎1966 パナマとリベリアのTassia Cia. Nav. (船主のニュー・ヨークのP. Johnson Shpg., Ltd.)に売却されTassia Jと改名
◎1967 リベリアのPacific Coast Shpg. Co. (船主はポートランドのLasco Shpg. Co.)に売却されPactraderと改名
◎1968 Sakaideにて解体
ジェームズ W. デンヴァー James W. Denver 2099 949 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/4/11 Canary Islands西方海域にてドイツ海軍潜水艦U195の雷撃により沈没
ハワード A. ケリー Howard A. Kelly 2105 955 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1949 ニュー・ヨークのActium Shipping Corp. に売却されTainaronと改名
◎1954 パナマとリベリアのRonda Cia. Maritima(船主はニュー・ヨークのAdmanthos Ship Operating Co.)に売却されAktionと改名
◎1960 Olymposと改名、ギリシャ船籍となる
◎1962 改装、8,953tに
◎1966 Olympianと改名、リベリア船籍となる
◎1968 リベリアのAmicus SS Co. (船主はニュー・ヨークの"C" Ventures, Inc.)に売却されBinkyと改名
◎1969 台湾にて解体
ウィリアム S. ハルステッド William S. Halsted 2106 956 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、動物(ラバ)輸送船に改装
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMoore-McCormack Linesが運航
◎1948 James Riverにて係船
◎1951 ニュー・ヨークのOcean Transportation Co. に売却されOcean Cと改名
◎1952 Ocean Lotteと改名
◎1955 ニュー・ヨークのMaritime Overseas Corp. に売却されOcean Noraと改名
◎1957 Colonial SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されAndros Legendと改名
◎1957 リベリアのTransmarine Navigation, Inc. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却
◎1960 ニュー・ヨークのMaritime Overseas Corp. に売却
◎1963 リベリアのCaroline Navigation, Inc. (船主はロンドンのCeres Shipping Co.)に売却されSan Remoと改名
◎1968 Hiraoにて解体
ジョン・ハウランド John Howland 2108 958 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/3/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 Beaumontにて係船
◎1951 ニュー・ヨークのAlliance SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOverseas Nav. Corp.)に売却
◎1954 パナマとリベリアのSeafarer, SA(船主はニュー・ヨークのOverseas Nav. Corp.)に売却されGallowayと改名
◎1959 アメリカのNew England Industries, Inc. (船主はニュー・ヨークのOverseas Nav. Corp.)に売却
◎1961 台北のChinese Maritime Trustに売却されKin Yungと改名
◎1965 台湾船籍となる
◎1968 台湾にて解体
サンチアゴ・イグレシアス Santiago Iglesias 2111 961 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/10 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後に係船
◎1965 海軍に移管、古い弾薬と一緒に沈没処分(海底地震の実験として304.8mの深さで爆発するように設定された)
ジョン・バンヴァード John Banvard 2112 962 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/8 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/10/31 アゾレス諸島のTerceiraにて難破、全損と認定、ジャクソンヴィルへ曳航、解体
チャールズ・ピーズ Charles Piez 2115 965 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/22 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ハンブルクにて解体
ブッシュロッド・ワシントン Bushrod Washington 2118 968 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/9/15 Salernoにて爆撃により沈没
レヴィ・ウッドベリー Levi Woodbury 2119 969 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/26 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1964 フィラデルフィアにて解体
ウォード・ハント Ward Hunt 2122 972 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/4/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1948 Mount SS Corp. (船主はニュー・ヨークのAmerican-Hawaiian SS Co.)に売却されCarolinianと改名
◎1949 American-Hawaiian SS Co. に売却
◎1950 ボストンのShepard SS Co. に売却されHarpoonと改名
◎1954 パナマとリベリアのOceanica Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのD. J. Negroponte, Inc.)に売却されCentaurと改名
◎1956 ニュー・ヨークのSeatraders, Inc. に売却
◎1957 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されAndros Fighterと改名
◎1957 リベリアのJackson SS Co. (船主はジャクソンヴィルのSuwannee SS Co.)に売却
◎1962 ニュー・ヨークのSeaforth SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却
◎1963 Dalmuirにて解体
ジョセフ・ライディ Joseph Leidy 2126 976 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/10 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 パナマのSoc. Armadora Aristomenis(船主はニュー・ヨークのSimon, Spence & Young)に売却されAristomenisと改名
◎1948 MontevideoのConstantine Konialidisに売却
◎1948 MontevideoとホンジュラスのMiramar Soc. Anonに売却されMario Cと改名
◎1951 パナマとホンジュラスのSpringville SS Corp. に売却されOcean Rangerと改名
◎1953 リベリア船籍となる
◎1963 ニュー・ヨークのNorland Shpg. & Trdg. Corp. に売却
◎1966 Hiraoにて解体
ウィリアム W. ガーハード William W. Gerhard 2127 977 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/9/21 Salernoにてドイツ海軍潜水艦U593の雷撃により沈没
ジェームズ R. ランドール James R. Randall 2129 979 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 モービルにて解体
ジョン E. シュメルツァー John E. Schmeltzer 2134 984 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/26 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
1947/11/25 Santa Antao Islandにて難破、放棄
ジョン L. モトリー John L. Motley 2136 986 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/12/2 Bari Harbourにて爆撃により沈没
ハイム・ソロモン Haym Salomon 2137 987 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 MontevideoのConstantine Konialidisに売却されAristopaisと改名
◎1947 パナマとホンジュラスのSociedad Arm. Aristomenis Panama, SAに売却
◎1951 ベルギーのCie. Maritime Congolaise(船主はAntwerpのAgence Maritime Internationale)に売却されCapitaine Brognionと改名
◎1960 Cie. Maritime Belge(Lloyd Royal)(船主はAntwerpのAgence Maritime Internationale)に売却
◎1963 OdessaのSovtorgflotに売却されKarpatyと改名
◎1969 Splitにて解体
コンラッド・ワイザー Conrad Weiser 2140 990 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/5/29 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にBeaumontにて係船
◎1973(1976?) Port Mansfield沖にて人工環礁のため沈没処分
ルイザ M. オルコット Louisa M. Alcott 2142 992 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/9 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にJames Riverにて係船
◎1970 Bilbaoにて解体
ジョセフ H. ニコルソン Joseph H. Nicholson 2144 994 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/10 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 パナマのCia. Continental de Vaporesに売却されJules Fribourgと改名
◎1947 パナマのContinental Carriers Corp. に売却
◎1948 パナマのSouth Pacific Maritime Co. (船主はニュー・ヨークのLos Perzas Shpg. Agency)に売却されPacific Waveと改名
◎1955 ニュー・ヨークのPaular Maritime Co. に売却
◎1957 ロンドンのTsavliris, Ltd. に売却されMariantheと改名
◎1958 パナマとリベリアのNigean Shpg. Co. (船主はロンドンのTsavliris, Ltd.)に売却されFree Merchantと改名
◎1959 ギリシャのTsavliris Maritime Co. (船主はロンドンのTsavliris, Ltd.)に売却されFotini Tsavlirisと改名
◎1960 PalermoのCia. Baleniera Italiana(船主はRomeのFratelli d'Amico)に売却されEuroと改名
◎1968 解体のため、イタリアの業者に売却
◎1971 Triesteにて解体
トーマス・ネルソン・ペイジ Thomas Nelson Page 2145 995 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 ブエノス・アイレスとホンジュラスのN. Konialidisに売却されAristogitionと改名
◎1947 パナマとホンジュラスのSoc. Arm. Aristomenisに売却
◎1951 AntwerpのCie. Maritime Belgenに売却されCaptaine Potieと改名
◎1963 OdessaのSovtorgflotに売却されSikhote Alinと改名
◎1970 Splitにて解体
ジェームズ・マコシュ James McCosh 2146 996 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/15 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Bilbaoにて解体
ジョージ W. ウッドワード George W. Woodward 2148 998 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/24 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1960 Faslaneにて解体
サミュエル・マッキンタイア Samuel Mcintyre 2150 1000 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/29 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 Kearnyにて解体
ピエール・ランファン Pierre L'Enfant 2151 1001 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/6/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 パナマのAtlantic Maritime Co. (船主はニュー・ヨークのBoyd, Weir & Sewell)に売却されAtlantic Waveと改名
◎1952 ニュー・ヨークのMaritime Brokers, Inc. に売却
◎1953 パナマのAtlantic Freighters, Ltd. (船主はロンドンのLivanos, Ltd.)に売却
◎1961 ユーゴスラヴィアのAtlanska Plovidba Dubrovnik(船主はロンドンのAnglo-Yugoslav Shpg. Corp.)に売却されMiljetと改名
◎1965 BarのPrekookeanska Plovidba(船主はロンドンのAnglo-Yugoslav Shpg. Corp.)に売却されKolasinと改名
1970/1/27 黒海のTuapse近海にて座礁、全損
ウィリアム H. ジャクソン William H. Jackson 2156 1006 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/2 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 MontevideoとホンジュラスのConstantine Konialidisに売却されAristocratisと改名
◎1947 パナマとホンジュラスのSoc. Arm. Aristomenisに売却
◎1951 パナマのCia. de Nav. Phoenix(船主はロンドンのIvanovic & Co.)に売却されSan Roqueと改名
◎1957 パナマのPhoenix Cia. de Nav. (船主はニュー・ヨークのCombined Argosies, Inc.)に売却
◎1960 レバノンのOlistim Nav. Co. (船主はロンドンのPurvis Shpg. Co.)に売却されAghios Spyridonと改名
◎1960 San Spyridonと改名
◎1961  AthensのFranco Shpg. Co. に売却
◎1964 リスボンのAvenida Antonio Augusto de Aguiarに売却
◎1967 ロンドンのPurvis Shpg. Co. に売却
◎1968 上海にて解体
ロバート・アースキン Robert Erskine 2159 1009 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/1/6 Bizertaにて疾風により難破、全損
◎1948 解体
ジョン・ワナメーカー John Wanamaker 2160 1010 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1969 モービルにて解体
ロバート・エデン Robert Eden 2165 1015 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/28 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 タコマにて解体
ジェームズ A. ファレル James A. Farrell 2166 1016 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/23 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/6/29 イギリス海峡にてドイツ海軍潜水艦U984の雷撃により損傷、Spitheadへ曳航、浜に引き揚げられる、全損と認定、その場にて解体
ルイス・マーシャル Louis Marshall 2169 1019 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1948 ウィルミントンにて入渠
◎1951 Eastern Seaways Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されMount of Olivesと改名
◎1952 Seawizardと改名
◎1953 Eastern Seaways Corp. (船主はニュー・ヨークのMar-Trade Corp.)に売却されGeorge M. Culucundisと改名
◎1954 ニュー・ヨークのTankship Management Corp. に売却
◎1956 World Carriers, Inc. (船主はニュー・ヨークのWorld Tramping Agencies)に売却されPacific Oceanと改名
◎1957 Transportation Utilities, Inc. (船主はニュー・ヨークのPhs. van Ommeren Shipping, Inc.)に売却
◎1958 ニュー・ヨークのWorld Tramping Agenciesに売却
◎1960 PiraeusのJohn G. P. Livanosに売却されMaria G. L. と改名
◎1962 ギリシャのElshipper, Inc. (船主はPiraeusのCeres Hellenic Shipping Enterprises)に売却
1964/3/14 横浜近海にて座礁、真っ二つになる、沈没
タウンゼント・ハリス Townsend Harris 2170 1020 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/7/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 フィラデルフィアにて解体
ジョン W. パウエル John W. Powell 2172 1022 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/8/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1948 海事委員会に移管されニュー・ヨークのFribourg SS Corp. が運航
◎1949 Beaumontにて係船
◎1951 Anchor SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOverseas Navigation Corp.)に売却
◎1954 パナマとリベリアのSeacarrier, SA(船主はニュー・ヨークのOverseas Navigation Corp.)に売却されJames Monroeと改名
◎1958 ニュー・ヨークとリベリアのUnion Shpg. Corp. (船主はニュー・ヨークのHerman Caro)に売却
◎1962 オークランドとリベリアのThe Learner Co. に売却
◎1963 リベリアのIndependence SS, Inc. (船主はニュー・ヨークのApollo Shipping, Inc.)に売却されEvagelistriaと改名
◎1967 Hiraoにて解体
ブラック・ホーク Black Hawk 34 1023 デルタ・シップビルディング社 1943/2/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/29 イギリス海峡にてドイツ海軍潜水艦U772の雷撃により損傷、船体後部は沈没、船体前部は浜に引き揚げられる
◎1967 解体
リチャード・オルニー Richard Olney 37 1026 デルタ・シップビルディング社 1943/2/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/9/22 チュニジア沖にて機雷により損傷、Bizertaへ曳航、全損と認定
◎1948 イタリアにて解体
ルーシャス Q. C. ラマー Lucius Q. C. Lamar 40 1029 デルタ・シップビルディング社 1943/3/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 タコマにて解体
ヘンリー・グローヴス・コナー Henry Groves Connor 48 1037 デルタ・シップビルディング社 1943/4/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 MontevideoのConstantine Konialidisに売却されAristidesと改名
◎1947 パナマとホンジュラスのSociedad Arm. Aristomenis Panama, SAに売却
◎1955 Monte CarloのOlympic Maritime, SAに売却
◎1958 リベリア船籍となる
◎1966 パナマとリベリアのBalboa Marine, SA(船主はニュー・ヨークのCentral American SS Agency)に売却
◎1969 香港にて解体
ウィリアム M. エヴァーツ William M. Evarts 49 1038 デルタ・シップビルディング社 1943/5/5 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ボルティモアにて解体
タールトン・ブラウン Tarleton Brown 51 1040 デルタ・シップビルディング社 1943/4/24 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1967 タコマでクレーン艀に改装
チャールズ・ヘンダーソン Charles Henderson 54 1043 デルタ・シップビルディング社 1943/5/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/4/9 Bariにて荷卸し中に爆発により沈没、全損
◎1948 解体
ジョン A. クイットマン John A. Quitman 57 1046 デルタ・シップビルディング社 1943/6/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1973 クリーヴランドにて解体
ニコラス・ハーキマー Nicholas Herkimer 14 1052 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/7/5 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 Green Cove Springsにて解体
カシミア・プラスキ Casimir Pulaski 15 1053 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/7/16 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 クリーヴランドにて解体
ハムリン・ガーランド Hamlin Garland 16 1054 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/7/24 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Cartagenaにて解体
ダドリー M. ヒューズ Dudley M. Hughes 21 1059 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/9/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ギリシャにTheofano Maritime Co. (船主はPiraeusとロンドンのLivanos)に売却されAliakmonと改名
◎1962 DubrovnikのAtlantic Plovidbaに売却されCavtatと改名
◎1965 レバノンのLebanon Shipping Lines(船主はロンドンのNomicos, Ltd.)に売却されSheik Boutrosと改名
◎1969 Whampoaにて解体
ジョセフ・ハーバーシャム Joseph Habersham 26 1064 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/10/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Tsuneishiにて解体
フローレンス・マータス Florence Martus 30 1068 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/11/23 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ボルティモアにて解体
ジョン E. ウォード John E. Ward 32 1070 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/12/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にハドソン川にて係船
◎1960(1970?) Kearnyにて解体
トーマス・ウォルフ Thomas Wolfe 35 1073 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/12/28 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 ニュー・オーリンズにて解体
グレン・カーチス Glenn Curtiss 1103 1103 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/4/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 TriesteのSoc. Anon di Nav. Lussinoに売却されAbsirtoと改名
◎1959 パナマのPlamar, SA(船主はMonte CarloのOlympic Maritime, SA)に売却されAlbinoと改名
◎1961 BeirutのRaymond & Maksoumeに売却されMalouと改名
◎1962 BeirutのPhoebus D. Kyprianouに売却
◎1969 上海にて解体
サイラス W. フィールド Cyrus W. Field 1105 1105 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/6 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ウィルミントンにて解体
ベンジャミン・ホルト Benjamin Holt 1108 1108 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/11 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1958 オークランドにて解体
オリヴァー・エヴァンス Oliver Evans 1109 1109 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/14 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 ポートランドにて解体
ヌート・ロックニー Knute Rockne 1111 1111 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1972 モービルにて解体
ジェームズ J. コーベット James J. Corbett 1112 1112 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 Panama Cityにて解体
ウォルター・キャンプ Walter Camp 1113 1113 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/1/25 インド洋にてドイツ海軍潜水艦U532の雷撃により沈没
ホバート・ベーカー Hobart Baker 1114 1114 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/5/24 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/28 ミンドロ島近海にて日本軍機の攻撃により沈没
ポンセ・デ・レオン Ponce De Leon 1 1193 St. Johns River Shipbuilding 1943/4/30 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1962 モービルにて解体
フランシス・アズベリー Francis Asbury 3 1195 St. Johns River Shipbuilding 1943/6/5 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/3 北海にて機雷により損傷、Blankenburgの浜に引き揚げられる、真っ二つになる、全損
ジョン J. クリテンデン John J. Crittenden 4 1196 St. Johns River Shipbuilding 1943/6/24 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1968 モービルにて解体
リチャード・モントゴメリー Richard Montgomery 7 1199 St. Johns River Shipbuilding 1943/7/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/8 Thames Estuaryにて枢軸軍機の爆撃により損傷、Medway Channelへ曳航途中に座礁、真っ二つになる、全損と認定、放棄(処理する事が危険なため、船体は現在でもその場に見られる)
ジョージ・デューイ George Dewey 10 1202 St. Johns River Shipbuilding 1943/8/27 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1976 Port Mansfield沖にて人工環礁のため沈没処分
オーウェン・ウィスター Owen Wister 24 1216 St. Johns River Shipbuilding 1943/12/24 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 ポートランドにて解体
ウィリアム A. リチャードソン William A. Richardson 1 1223 マリンシップ社 1942/10/31 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1969 Panama Cityにて解体
ウィリアム・ケント William Kent 3 1225 マリンシップ社 1942/12/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 オークランドにて解体
ジョン・ミュア John Muir 4 1226 マリンシップ社 1942/12/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 ポートランドにて解体
トーマス・ハート・ベントン Thomas Hart Benton 6 1228 マリンシップ社 1943/2/2 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1969 Kearnyにて解体
ライマン・ビーチャー Lyman Beecher 7 1229 マリンシップ社 1942/12/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 陸軍省に移管、中国国民党に売却されChina Merchants S. N. Co. が運行、Hai Chenと改名
◎1947 China Merchants S. N. Co. に売却
◎1951 パナマのPanoceanica Soc. Arm. (船主はロンドンのA. Lusi, Ltd.)に売却されAsianと改名
◎1960 ギリシャ船籍となる
◎1965 ロンドンのJ. C. Carras & Sonsに売却
◎1967 台湾にて解体
フランシス・プレストン・ブレア Francis Preston Blair 8 1230 マリンシップ社 1943/2/10 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/7/15 QueenslandのSaumarez Reefにて座礁(座礁船は現在でも見れる)
マーク・ホプキンス Mark Hopkins 9 1231 マリンシップ社 1943/2/20 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 ターミナル・アイランドにて解体
アンドリュー D. ホワイト Andrew D. White 10 1232 マリンシップ社 1943/2/27 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 ポートランドにて解体
ウィリアム・コディントン William Coddington 1 1457 Rheem Manufacturing Company 1943/2/13 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
ジョン・クラーク John Clarke 2 1458 Walsh-Kaiser Company 1943/4/12 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 Panama Cityにて解体
ライマン・アボット Lyman Abbot 5 1461 Walsh-Kaiser Company 1943/5/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
◎後にモービルにて係船
◎1970 モービルにて解体
ウィリアム B. ウッズ William B. Woods 106 1490 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1943/5/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/3/10 Palermo沖にてドイツ海軍潜水艦U952の雷撃により損傷
1944/3/15 沈没
ジョン M. ハーラン John M. Harlan 113 1497 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1943/9/16 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 ニュー・オーリンズにて解体
エドワード D. ホワイト Edward D. White 115 1499 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1943/9/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にハドソン川にて係船
◎1970 Kearnyにて解体
アイザック・シェルビー Isaac Shelby 134 1518 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/3/18 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/1/6 Rome南西海域にて機雷により損傷、浜に引き揚げられる、真っ二つになる
◎1948 Naplesにて解体
ニュートン D. ベーカー Newton D. Baker 2 1520 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1943/4/6 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 Panama Cityにて解体
ジョン・バスコム John Bascom 3 1521 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1943/4/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/12/2 Bari Harbourにて爆撃により沈没
◎1948 船体を解体
ジョセフ M. メディル Joseph M. Medill 5 1523 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1943/5/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ボルティモアにて解体
エリフ・ルート Elihu Root 6 1524 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1943/6/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にハドソン川にて係船
◎1970 Kearnyにて解体
ウィリアム W. ローリング William W. Loring 28 1546 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1944/3/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 ボルティモアにて解体
オーガスタス・セント・ガーデンズ Augustus Saint Gaudens 31 1549 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1944/3/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 イタリアに貸与後、GenoaのSocieta Coop di Nav. a Resp. Ltda. に売却されNazarenoと改名
◎1948 GenoaのGaribaldi Soc Coop di Nav. a Resp., Ltda. に売却
◎1967 Speziaにて解体
ヘンリー・バーグ Henry Bergh 1556 1556 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1943/6/14 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/5/31 Farallon Islandにて霧により難破、真っ二つになる、全損
フレモント・オールダー Fremont Older 1576 1576 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/6/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 GenoaのZena Soc. di Nav. per Azioniに売却されAstroと改名
◎1947 Zeneizeと改名
◎1960 GenoaのSoc. per Azioni Industria Arm. に売却されCinanと改名
◎1964 キプロスのMeandros Shpg. Co. (船主はロンドンのJ. Livanos)に売却されArtemidaと改名
◎1966 ロンドンのFrangos Bros & Co. に売却
1967/10/6 Malacca Straitにて浸水、浜に引き揚げられる、上海へ曳航
1967/11/30 Woosung anchorageにて漂流し損傷、真っ二つになり沈没
スティーヴン・クレーン Stephen Crane 1578 1578 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/6/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/5 ニュー・ギニアにて日本軍機の爆撃により損傷、後に座礁、全損と認定、James Riverへ曳航、係船
◎1958 ボルティモアにて解体
ヘンリー・ドッジ Henry Dodge 1581 1581 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/7/7 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 NaplesのPasquale Mazzellaに売却されGiovanni Amendolaと改名
◎1961 レバノンのSan Antonio, Inc. (船主はロンドンのRunciman & Co.)に売却されAlheliと改名
◎1962 VeniceのCia. Armatoriale Italianaに売却
1968/4/22 浸水、放棄
1968/4/24 33.15N、45.50Wにて沈没
サム・ジャクソン Sam Jackson 632 1591 オレゴン・シップビルディング社 1943/2/17 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1968 モービルにて解体
ジョン W. カレン John W. Cullen 638 1597 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/4 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1963 ニュー・オーリンズにて解体
ヘンダーソン・ルーリング Henderson Luelling 640 1599 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 Hiraoにて解体
ジェームズ・ハロッド James Harrod 643 1602 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/1/16 Kentにて商船Raymond B. Stevensと衝突し火災により損傷、Pegwell Bayの浜に引き揚げられる、真っ二つになる、全損と認定、船体前部はRiver Blackwaterにて係船
◎1946/5/17 船体前部はBremerhaven沖にて古い弾薬(化学弾)と一緒に沈没処分、船体後部はAntwerpにて解体
クリストファー・グリーナップ Christopher Greenup 644 1603 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/15 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 タコマにて解体
ケネス A. J. マッケンジー Kenneth A. J. MacKenzie 647 1606 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1970 Panama Cityにて解体
ルクレシア・モット Lucretia Mott 648 1607 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/22 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎1968 Kearnyにて解体
アルバート B. カミンズ Albert B. Cummins 653 1612 オレゴン・シップビルディング社 1943/3/30 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 シアトルにて解体
ジョージ・フラヴェル George Flavel 658 1617 オレゴン・シップビルディング社 1943/4/8 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1968 オークランドにて解体
ジョージ H. フランダース George H. Flanders 660 1619 オレゴン・シップビルディング社 1943/4/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 オランダに貸与されBoerhaaveと改名
◎1947 ロッテルダムのVan Nievelt, Goudriaan & Co. が運行、Alamakと改名
◎1949 ロッテルダムのVan Nievelt, Goudriaan & Co. に売却
◎1958 GenoaのTito Campanellaに売却されGerolamo Campanellaと改名
◎1961 ポーランドに売却されPolish SS Co. が運行、Huta Ferrumと改名
◎1972 Polish SS Co. に売却
◎1972 Splitにて解体
ヘンリー・フェイリング Henry Failing 662 1621 オレゴン・シップビルディング社 1943/4/15 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Everettにて解体
ギルバート・スチュアート Gilbert Stuart 669 1628 オレゴン・シップビルディング社 1943/4/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 Piraeusとニュー・ヨークのHellenic Lines, Ltd. に売却されHellenic Skyと改名
◎1953 P. G. Callimanopulosに売却
◎1971 Piraeusにて係船
◎1973 イスタンブールにて解体
エドワード W. スクリップス Edward W. Scripps 178 1645 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/5/11 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1975 South Padre Island沖にて人工環礁のため沈没処分
イグナーツィ・パデレフスキー Ignace Paderewski 181 1648 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/5/16 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945 台風により損傷といわれる、全損と認定
◎後にJames Riverにて係船
◎1947 ボルティモアにて解体
チャールズ・ラミス Charles Lummis 182 1649 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/5/18 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 ポートランドにて解体
ジョサイア・ネルソン・カッシング Josiah Nelson Cushing 184 1651 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/5/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
チャールズ・クロッカー Charles Crocker 186 1653 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/5/24 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 ポートランドにて解体
チャールズ D. ポストン Charles D. Poston 194 1661 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/6/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1971 Panama Cityにて解体
ウィルフレッド・グレンフェル Wilfred Grenfell 206 1673 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/6/25 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Castellonにて解体
フローレンス・クリテントン Florence Crittenton 207 1674 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/6/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 Panama Cityにて解体
マリナ・ラスコヴァ Marina Raskova 212 1679 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/7/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 ボルティモアにて解体
スティーヴン・ヴィンセント・ベネット Stephen Vincent Benet 214 1681 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/7/11 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
ゾーナ・ゲイル Zona Gale 222 1689 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/7/25 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 Kearnyにて解体
アンブローズ・ビアース Ambrose Bierce 1693 1693 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1943/7/22 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1958 オークランドにて解体
ジョシュア・ヘンディ Joshua Hendy 1696 1696 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1943/7/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961(1964?) Kearnyにて解体
マイロン T. ヘリック Myron T. Herrick 1700 1700 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1943/8/15 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Everettにて解体
チャールズ N. マクグローティ Charles N. McGroarty 1710 1710 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/7/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 オークランドにて解体
H. G. ブラスデル H. G. Blasdel 1718 1718 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/10 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/6/29 English Channelにてドイツ海軍潜水艦U984の雷撃により損傷、サザンプトンの浜へ曳航され引き揚げられる、真っ二つになる
◎1947 Briton Ferryにて解体
ウィリアム・マトソン William Matson 1720 1720 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/14 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 Everettにて解体
ジョセフ K. トゥール Joseph K. Toole 1723 1723 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 Helsingfors SS Co. (船主はHelsingforsのA/B Benima O/Y)に売却されTranvikと改名
◎1950 HelsingforsのRederibolaget Tranvik, Helsingfors(船主はCurt Mattson)に売却
◎1954 GenoaのSoc. per Azioni Emanuele V. Parodiに売却されMarina Gabriella Parodiと改名
◎1955 Marina G. Parodiと改名
◎1965 Speziaにて解体
ウィリアム D. バーナム William D. Burnham 1727 1727 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/11/23 English Channelにて機雷により損傷、シェルブールへ曳航、浜に引き揚げられる
◎1945/1/5 離礁、ファルマスへ曳航、全損と認定
◎1948 Antwerpにて解体
アンワーヌ・サーグレイン Antoine Saugraine 1728 1728 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/5 レイテ湾にて日本軍機の雷撃により損傷
1944/12/6 曳航中、Surigas Strait近海にて雷撃により沈没
スティーヴン W. キアニー Stephen W. Kearny 1729 1729 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/8/29 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1971 モービルにて解体
ジョージ・ウーラー George Uhler 2233 1785 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/9/24 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのPrudential SS Corp. が運航
◎1947 ニュー・ヨークのPrudential SS Corp. に売却
◎1952 アメリカのUnited States Navigation Co. に売却
◎1952 ウィルミントンのPhiladelphia & Norfolk SS Co. に売却されSouthern Traderと改名
◎1954 ニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp. に売却されNational Traderと改名
◎1954 パナマとリベリアのOrtegal Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp.)に売却
◎1955 改装、8,490tに
1960/12/16 キューバにて火災により損傷、放棄、モービルへ曳航、全損と認定
◎1961 日本にて解体
バーバラ・フレッチー Barbara Frietchie 2275 1827 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/11/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運行
◎1949 ウィルミントンにて係船
◎1951 Liberty Navigation Co. (船主はニュー・ヨークのJ. H. Winchester & Co.)に売却
◎1955 Liberty Nav. & Trading Co. (船主はニュー・ヨークのJ. H. Winchester & Co.)に売却
◎1963 政府が購入
◎1964 香港にて解体
マーチン・ヴァン・ビューレン Martin Van Buren 2299 1851 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1943/12/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/1/14 ハリファックス沖にてドイツ海軍潜水艦U1232の雷撃により損傷、浜に引き揚げられる、全損と認定
◎1950 その場にて解体
ロバート G. インガソル Robert G. Ingersoll 226 1855 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/7/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ターミナル・アイランドにて解体
アイナ・クールバース Ina Coolbrith 227 1856 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/7/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1971 フィラデルフィアにて解体
アーサー P. デイヴィス Arthur P. Davis 229 1858 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/8/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 アメリカのNorth Valley Shipping Co. (船主はニュー・ヨークのNorton Lilley Management Corp.)に売却されNorth Valleyと改名
◎1950 パナマのEstados Del Norte Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されAndreと改名
◎1952 ニュー・ヨークのSeacrest Shipping Co. に売却
◎1957 ニュー・ヨークのSeaways Shipping Corp. に売却
◎1960 パナマとギリシャのMarero Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのEagle Ocean Transport, Inc.)に売却されCaptain Lemosと改名
◎1961 ロンドンのG. Lemos Brosに売却
◎1966 ロンドンのHunter Shipping Co. に売却
◎1968 上海にて解体
エドウィン・アビー Edwin Abbey 235 1864 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/8/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1948 係船
◎1949 海事委員会に移管されサン・フランシスコのPacific Far East Lineが運行
◎1950 係船
◎1951 ニュー・ヨークのTraders SS Corp. に売却されGreenstarと改名
◎1954 パナマとリベリアのBelant Shipping Co. (船主はニュー・ヨークのTriton Shipping, Inc.)に売却されValorと改名
◎1960 Ormosと改名、ギリシャ船籍となる
◎1966 パナマとリベリアのSynthia Shipping Co. (船主はPiraeusのNereus Shipping)に売却
◎1967 門司にて解体
デイヴィッド R. フランシス David R. Francis 238 1867 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/8/24 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ボルティモアにて解体
ドン・マークィス Don Marquis 245 1874 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/9/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/9/26 02.10S、147.32EにてT2型タンカー・ミッショナリー・リッジ Missionary Ridge(MCハル386)と衝突し炎上、浜に引き揚げられる、全損と認定
◎1945/5/31 海軍に移管、艦種を非分類雑役船(IX-215)に改める
ジョセフ・フランシス Joseph Francis 246 1875 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/9/12 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ポートランドにて解体
ラルフ A. クラム Ralph A. Cram 257 1910 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/1 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 VeniceのNav. Generale Gerolimich & Co. に売却されAtlanticoと改名
◎1963 ポーランドに売却されSzczecinのPolish SS Co. が運行、Huta Ostrowiecと改名
◎1971 Polish SS Co. に売却
◎1973 Santanderにて解体
オーランド・ルーミス Orland Loomis 259 1912 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 フィラデルフィアにて解体
レオポルド・ダムロッシュ Leopold Damrosch 262 1915 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ボルティモアにて解体
サム・ヒューストンII世 Sam Houston II 70 1936 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/7/14 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 ポートランドにて解体
エドウィン W. ムーア Edwin W. Moore 80 1946 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/8/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ボルティモアにて解体
サミュエル H. ウォーカー Samuel H. Walker 83 1949 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/9/16 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 Kearnyにて解体
ホセ・ナヴァロ Jose Navarro 85 1951 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/9/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/12/26 インド洋にてドイツ海軍潜水艦U178の雷撃により沈没
ジョージ W. ライヴリー George W. Lively 88 1954 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/10/15 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 フィラデルフィアにて解体
ジョセフ H. キビー Joseph H. Kibbey 95 1961 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/11/17 ◎1943末? 陸軍輸送科に移管
◎1944/1/15 海軍に移管が決定、ニュー・オーリンズのTodd-Johnson Dry Docks, Inc. で貨物輸送艦に改装、艦種を貨物輸送艦(AK-129)に改め、フォボス Phobosと改名
◎1944/6/12 海軍に移管
ケンプ P. バトル Kemp P. Battle 157 1973 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/5/24 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
◎1947 モービルのWaterman SS Corp. に売却されGovernor Gravrsと改名
◎1948 ニュー・ヨークのAurora SS Co. に売却
◎1950 ウィルミントンのUnited States Nav. Shpg., Inc. に売却
◎1952 アメリカのGotham Nav. Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されSeaheraldと改名
◎1954 パナマとリベリアのGotham Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されHeraldと改名
◎1956 ニュー・ヨークのAdmanthos Ship Operating Co. に売却
◎1960 ロンドンのSyros Shipping Co. に売却
◎1961 Korthiと改名、ギリシャ船籍となる
◎1965 パナマとリベリアのMarine Development & Supply(船主は香港のMarine Industry Corp.)に売却されEastboundと改名
◎1967 リベリアのInternational Marine Development Corp. (船主はニュー・ヨークのIntermarine, Inc.)に売却
◎1968 台湾にて解体
ロバート・デイル・オーウェン Robert Dale Owen 158 1974 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/5/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 ChiosのPanagos D. Paterasに売却されKalliopiと改名
1947/12/20 Rijekaにて機雷により船体が三つに折れ沈没
ジョン P. ミッチェル John P. Mitchell 159 1975 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/5/29 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Santanderにて解体
ジョン M. モアヘッド John M. Morehead 161 1977 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 モービルのWaterman SS Corp. に売却されGovernor Comerと改名
◎1949 ニュー・ヨークのPolarus SS Co. に売却されPolarus Sailorと改名
◎1951 ニュー・ヨークのDrytrans, Inc. に売却されAlbionと改名
◎1956 ニュー・ヨークのArrow Barge Co. に売却されJoseph Feuerと改名
◎1958 ニュー・ヨークのLong, Quinn & Boylan Co. に売却されAnne Quinnと改名
◎1961 ニュー・ヨークのAmerind Shpg. Co. に売却
◎1962 ニュー・ヨークのEarl J. Smith & Co. に売却
◎1965 リベリアのCarlton Shpg. Co. (船主はバミューダのハミルトンのShip Services, Ltd.)に売却されBrazos Traderと改名
◎1966 Bilbaoにて解体
ハニス・テイラー Hannis Taylor 162 1978 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/6 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Panama Cityにて解体
エドワード・リチャードソン Edward Richardson 163 1979 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/10 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1955 海軍に移管、艦種を雑役船(YAG)に改める
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Panama Cityにて解体
ウィリアム T. バリー William T. Barry 164 1980 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/14 ◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科に
◎後にモービルにて係船
◎1975 アラバマ海岸にて人工環礁のため沈没処分
リー S. オヴァーマン Lee S. Overman 165 1981 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/17 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/11/12 Le Havreにて機雷により沈没
トーマス J. ジャーヴィス Thomas J. Jarvis 166 1982 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ウィルミントンにて解体
ジョン・ローソン John Lawson 169 1985 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/6/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1946 フランスに貸与されCie. Generale Transatlantiqueが運行
◎1947 Beauvaisと改名
◎1950 パリのMessageries Maritimesが運行
◎1961 NantesのCie. Nantaise des Chargeurs de l'Ouestが運行
◎1962 フランスのMethane Transport(船主はNantesのCie. Nantaise des Chargeurs de l'Ouest)に売却されLNG輸送船に改装、7,235tに
◎1967 MonacoのS.A. Mongasque d'Arm et de Nav. Monacoに売却
◎1967 Castellonにて解体
ヒラリー A. ハーバート Hilary A. Herbert 170 1986 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/7/5 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
1947 難破、全損と認定、しかし修理
◎1948 パナマのCia. Nav. Parita(船主はロンドンのC. Strubin, Ltd.)に売却されParita IIIと改名
◎1949 パナマのCorredor Cia. Nav. (船主はロンドンのLyras & Lemos)に売却されKatieと改名
◎1956 ロンドンのC. M. Lemos & Co. に売却
◎1960 パナマとギリシャのSpartan Shipping Co. (船主はニュー・ヨークのTriton Shpg., Inc.)に売却されDoxaと改名
◎1966(1967?) ハンブルクにて解体
デイヴィッド F. ヒューストン David F. Houston 173 1989 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/7/15 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1969 モービルにて解体
クレメント・クレイ Clement Clay 176 1992 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/7/28 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 Hiraoにて解体
リッチモンド P. ホブソン Richmond P. Hobson 178 1994 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/7/25 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
◎1947 パナマのCia. Faralon de Nav. (船主はニュー・ヨークのDow & Symmers)に売却されNueva Esperanzaと改名
◎1953 ニュー・ヨークのBoyd, Weir & Sewellに売却
◎1954 ロンドンのFafalios, Ltd. に売却
◎1961 PolceのJugoslavenska Slobodna Plovidbaに売却されTrebisnjicaと改名
1963/7/17 Cabo Maysi近海にて座礁、全損
ジェームズ I. マッケイ James I. McKay 180 1996 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1943/8/8 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 陸軍省に移管、中国国民党に貸与
◎1946 Chinese Merchants SN Co. が運行、Hai Tienと改名
◎1947 上海の中国国民党に貸与からChina Merchants SN Co. に売却
◎1955 MonroviaのVegas SS Corp. (船主はニュー・ヨークのBarber SS Lines)に売却されMaria Theresaと改名
◎1959 ギリシャ船籍となる
◎1960 ロンドンのN. & J. Vlassopulos, Ltd. に売却
◎1965 JohannesburgのFirst Freighters, Ltd. に売却されIngrid Anneと改名
◎1967 向島にて解体
カッシュマン K. デイヴィス Cushman K. Davis 681 2003 オレゴン・シップビルディング社 1943/5/5 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 ポートランドにて解体
イグナシアス・ドネリー Ignatius Donnelly 683 2005 オレゴン・シップビルディング社 1943/5/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 Vancouverにて解体
イグナシアス・ドネリー Robert Newell 684 2006 オレゴン・シップビルディング社 1943/5/10 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 シアトルにて解体
ジョージ W. ジュリアン George W. Julian 691 2013 オレゴン・シップビルディング社 1943/5/22 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 タコマにて解体
フェリクス・ハサウェー Felix Hathaway 715 2037 オレゴン・シップビルディング社 1943/7/4 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 オークランドにて解体
ジョン P. ゲインズ John P. Gaines 723 2045 オレゴン・シップビルディング社 1943/7/18 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1943/11/24 アリューシャン列島海域にて真っ二つになる、船体前部は沈没、船体後部はアラスカの浜に引き揚げられる、全損と認定
ウィリアム・ヒューム William Hume 732 2054 オレゴン・シップビルディング社 1943/8/4 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/11/12 Istriaにて機雷により損傷、アドリア海へ曳航、沈没処分
チャールズ M. ラッセル Charles M. Russell 738 2060 オレゴン・シップビルディング社 1943/8/14 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 BombayのScindia S.N. Co. に売却されJalakendraと改名
◎1961 レバノンのAlberta Shipping Co. (船主はロンドンのFrinton Shipbrokers)に売却されHeraklesと改名
◎1964 ロンドンのPegasus Ocean Servicesに売却
◎1968 尾道にて解体
ピーター・デスメット Peter Desmet 748 2070 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/1 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1968 フィラデルフィアにて解体
ジェームズ M. クレメンツ James M. Clements 749 2071 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/2 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 ターミナル・アイランドにて解体
ジョセフ W. フォーク Joseph W. Folk 752 2074 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1970 Kearnyにて解体
ナザネイアル・クロスビー Nathaniel Crosby 756 2078 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/12 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1970 ポートランドにて解体
ウィリアム S. ラッド William S. Ladd 762 2084 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/20 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/10 レイテ港にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
デイヴィッド B. ヘンダーソン David B. Henderson 767 2089 オレゴン・シップビルディング社 1943/9/27 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 オークランドにて解体
ジャン・ニコレ Jean Nicolet 774 2096 オレゴン・シップビルディング社 1943/10/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/7/2 Maldive Islands南方海域にて日本海軍伊号第八潜水艦の雷撃により沈没
ウィリアム J. パーマ William J. Palmer 2113 2113 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1943/10/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/8/4 Trieste Harbourにて機雷により沈没
◎1949 後に引き揚げられる、S. Bartolomeoにて解体
ヘンリー R. スクールクラフト Henry R. Schoolcraft 2132 2132 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1944/2/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 GenoaのFratelli Piaggio di Marcoに売却されSan Marco Quartoと改名
◎1950 GenoaのCia. di Nav. Stellamarisに売却されSan Marco IVと改名
◎1956 NaplesのStellamaris Societa per Aziomiに売却されSettemariと改名
◎1961 AthensのDimitrio Panayotis & Ioanni T. Angelopoulosに売却されChristitsaと改名
1967/4/18 商船Citta Di Beirutと衝突し損傷、Kynossouraの浜に引き揚げられる、全損と認定
◎1968 Castellonにて解体
フランク J. カヘル Frank J. Cuhel 2135 2135 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1944/2/24 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ChiosのMichael C. Peraticosに売却されFotiniと改名
◎1947 AthensのMichael J. Carrasに売却
◎1955 AthensのHelix Co., Ltd. (船主はロンドンのCarras, Ltd.)に売却されAvraと改名
◎1957 PiraeusのTropis Co., Ltd. (船主はロンドンのCarras, Ltd.)に売却
◎1961 ロンドンのInterocean Tramping, Ltd. に売却
1965/7/18 Cochin北方海域にて浸水、放棄
1965/7/19 11.57N、75.13Eにて沈没
エミール・バーリナー Emile Berliner 2139 2139 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/9/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 フィンランドのHelsingfors SS Co. (船主はHelsingforsのA/B Benima O/Y)に売却されFrostvikと改名
◎1950 HelsingforsのRederibolaget Re-Beに売却されArnetaと改名
◎1956 HelsingforsのBensow O/Y A/B Wilhに売却
◎1963 AboのPaulin A/B Chartering O/Y & Co. に売却されSusan Paulinと改名
◎1965 パナマとリベリアのAstrorico Cia. Nav., SA(船主はニュー・ヨークのCape Shipping Co.)に売却されKyraと改名
◎1969 Bilbaoにて解体
ドナルド M. ディッキンソン Donald M. Dickinson 2150 2150 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/9/23 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 フィラデルフィアにて解体
オーガスタス・トーマス Augustus Thomas 2151 2151 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/9/25 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/10/24 レイテにて日本軍爆撃機の攻撃(体当たり)により損傷
1944/11/17 日本軍機の攻撃により損傷、ホランディアへ曳航、さらにNewcastleへ曳航、Suisun Bayにて係船
◎1957 オークランドにて解体
ジョージ・スターリング George Sterling 2152 2152 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/9/27 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1958 ポートランドにて解体
ジェームズ D. フェラン James D. Phelan 2156 2156 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/10/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 BombayのScindia S.N. Co. (船主はBombayのNarottam Mararjee & Co.)に売却されJalakantaと改名
◎1963 Bombayにて解体
ケート・ダグラス・ウィギン Kate Douglas Wiggin 2175 2175 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/10/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 オークランドにて解体
キース・ヴォーター Keith Vawter 2182 2182 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/11/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 PiraeusのP. G. Callimanopulos(船主はHellenic Lines, Ltd.)に売却されHellenic Starと改名
◎1970 キプロスのPleides Shpg. Co. (船主はAtensとFamagustaのCanopus Shpg.)に売却されAghios Nicolaosと改名
◎1972 イスタンブールにて解体
ロバート L. ヴァン Robert L. Vann 2189 2189 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1943/10/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/3/1 Ostend近海にて機雷により沈没
オマー E. チャップマン Omar E. Chapman 2193 2193 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1943/10/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Castellonにて解体
ジョージ・ポファム George Popham 2194 2194 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1943/11/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 フィラデルフィアにて解体
ウェッブ・ミラー Webb Miller 2205 2205 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1943/12/16 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ノルウェーのA/S Ulabrand(船主はTonsbergのHjalmar Roed & Co.)に売却されStugardと改名
◎1961 ギリシャのLily C. Michalos(船主はロンドンのC. Michalos & Co.)に売却されLily C. Michalosと改名
◎1969 Whampoaにて解体
ユージン E. オドネル Eugene E. O'Donnell 2209 2209 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1943/12/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 オランダに貸与されSpinozaと改名
◎1947 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. が運行、Loenerkerkと改名
◎1950 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. に売却
◎1961 パナマとレバノンのAkiramar Cia. Nav. (船主はAthensのFranco Shipping Co.)に売却されMarikaと改名
◎1967 FamagustaのCape Greco Shipping Co. (船主はロンドンのCarapanayoti & Co.)に売却
◎1968 ロンドンのShipping & Produce Co. に売却
◎1971 Cartagenaにて解体
レイモンド T. ベーカー Raymond T. Baker 288 2236 カリフォルニア・シップビルディング社 1944/2/7 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 AthensのGeorges Nicolaouに売却されNicolaou Zografiaと改名
◎1948 AthensのNicolas G. Nicolaouに売却
◎1960 ギリシャのIonic SS Co. (船主はロンドンのGeorge Nicolaou, Ltd.)に売却されDespoと改名
◎1971 イスタンブールにて解体
マーチン・ジョンソン Martin Johnson 306 2244 カリフォルニア・シップビルディング社 1944/5/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ニュー・ヨークのDalmore Corp. に売却されPanamolgaと改名
◎1947 パナマのCia. Nav. Dalmatica(船主はニュー・ヨークのDalmore Corp.)に売却
◎1962 Monte CarloのMartin Management Trustに売却
◎1965 リベリアのBabu Shipping, Inc. (船主はニュー・ヨークのConstellation Maritime Agencies)に売却されSevillianaと改名
◎1966 パナマのSoc. Arm. Eureka International(船主はGenoaのOceanic International Co.)に売却されEurekaと改名
◎1969 Speziaにて解体
チャールズ F. アミドン Charles F. Amidon 781 2249 オレゴン・シップビルディング社 1943/10/19 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 タコマにて解体
ジョセフ M. ケアリー Joseph M. Carey 782 2250 オレゴン・シップビルディング社 1943/10/21 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1972 Brownsvilleにて解体
アリグザンダー・メジャース Alexander Majors 2262 2262 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1944/3/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944 レイテ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に修理
◎1947 GenoaのSoc. di Nav. Italiaに売却されTritoneと改名
◎1950 GenoaのItalia Soc. per Azioni di Nav. に売却
◎1972 Triesteにて係船
◎1973 Vadoにて解体
ジェームズ H. ブレステッド James H. Breasted 2265 2265 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1944/3/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/26 Mindoroにて日本軍機の爆撃により沈没
ジョン・ローチ John Roach 2267 2267 Permanente Metals Richmond, California Yard #1 1944/3/30 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのWessel, Duval & Co. が運行
◎1946 パナマとホンジュラスのSud-Americano de Vapores(船主はニュー・ヨークのSimpson, Spence & Young)に売却されSaphoと改名
◎1950 パナマとホンジュラスのCia. Internacional de Vapores(船主はニュー・ヨークのNorth American Shpg. & Trdg. Co.)に売却
◎1954 リベリアのTermar Cia. Maritima & Commercial(船主はニュー・ヨークのD. J. Negroponte, Inc.)に売却
◎1967 台湾にて解体
ギルバート M. ヒッチコック Gilbert M. Hitchcock 2273 2273 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/4/30 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
アリグザンダー・ウールコット Alexander Woolcott 2276 2276 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/5/4 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1963 タコマにて解体
J. モーリス・トムソン J. Maurice Thompson 2290 2290 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/11/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 PiraeusのRethymnis & Kulukundisに売却されMount Athosと改名
◎1951 ChiosのC. Scarvellis(船主はロンドンのRethymnis & Kulukundis)に売却
◎1962 パナマのAfthonia Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのDynamic Shpg., Inc.)に売却されEuxeinosと改名
1966/2/27 アゾレス諸島近海にて浸水、放棄、沈没といわれる
ウィリアム D. ブロクサム William D. Bloxham 47 2306 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1944/6/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 TriesteのLloyd Triestinoに売却されSistianaと改名
◎1963 マルタのOceanica Transports Co. (船主はロンドンのUnion Maritime & Shpg. Co.)に売却されSoclyveと改名
◎1969 FamagustaのPolarus Shpg. Co. に売却されMitera Iriniと改名
◎1972 Splitにて解体
カール E. ラッド Carl E. Ladd 53 2312 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1944/8/11 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
C. フランシス・ジェンキンス C. Francis Jenkins 57 2316 J. A. Jones Construction Company, Panama City 1944/9/9 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 ニュー・ヨークのA. L. Burbank & Co. が運行
◎1947 パナマのCia. de Nav. Cristobal(船主はロンドンのVergottis, Ltd.)に売却されIonian Leaderと改名
◎1966 台湾にて解体
W. P. ヒュー W. P. Few 148 2363 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/7/3 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945 座礁、全損と認定、モービルにて係船
◎1959 ボルティモアにて解体
ジェームズ W. カノン James W. Cannon 151 2366 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/7/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのIsthmian SS Co. が運行
◎1948 サン・フランシスコのCoastwise Lineが運行
◎1951 アメリカのPancargo Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp.)に売却されTransoceanicと改名
◎1954 National Marinerと改名
◎1956 アメリカのPan Cargo Shipping Corp. に売却
◎1961 PiraeusのHellenic Shpg. & Industries, Ltd. に売却されVorios Ipirosと改名
◎1963 横須賀にて解体
R. ウォルトン・ムーア R. Walton Moore 155 2370 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/8/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 タコマにて解体
ニールス・ポールソン Niels Poulson 156 2371 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/9/5 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1946/9/14 Gorgonaにて機雷により損傷、Leghornへ曳航、全損と認定
◎1948 Genoaにて解体
ジョージ W. ノリス George W. Norris 173 2388 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1944/12/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1946/3/6 Tenega Shimaにて難破
ジェームズ・ベネット・ムーア James Bennett Moore 182 2397 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1945/1/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1971 Panama Cityにて解体
ロイ・ジェームズ・コール Roy James Cole 188 2403 J. A. Jones Construction Company, Brunswick 1945/3/17 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されLykes Bros SS Co. が運行
◎1949 Beaumontにて係船
◎1951 アメリカのPhoenix SS Corp. に売却されNorth Heavenと改名
◎1951 アメリカのMerchants SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却
◎1954 パナマとリベリアのRio Anton Cia. Armadora(船主はニュー・ヨークのAdmanthos Ship. Operating Co.)に売却されDelphiと改名
◎1959 ロンドンのSyros Shipping Co. に売却
◎1960 パナマとギリシャのMavmen Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのHesperus Shipping Corp.)に売却
◎1962 ロンドンのSyros Shipping Co. に売却
◎1964 パナマとリベリアのFirst Navigation Corp. (船主は台北のFirst SS Co.)に売却されEver Strengthと改名
◎1967 香港とリベリアのOceanic Transportation, Inc. に売却されGrand Dolphinと改名
◎1970 台湾にて解体
チャールズ・モーガン Charles Morgan 101 2420 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1943/12/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/6/10 ノルマンディ海岸にて枢軸軍機の爆撃により沈没
サミュエル T. ダーリング Samuel T. Darling 38 2433 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/1/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 シアトルにて解体
A. ミッチェル・パーマ A. Mitchell Palmer 41 2436 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/2/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ジャクソンヴィルのSuwaneeFruit & SS Corp. に売却
◎1951 TegucigalpaのHonduras Shipping Co. に売却
◎1951 パナマとホンジュラスのCia. de Nav. Las Cruces(船主はロンドンのCarras, Ltd.)に売却されWaimeaと改名
◎1954 ホンジュラスのSanta Anna Corp. (船主はロンドンのCarras, Ltd.)に売却されAnnitsa Aと改名
◎1956 ロンドンのAngelos, Leitch & Co. に売却
◎1957 ロンドンのAngelos & Co. に売却
◎1964 パナマとリベリアのCia. Nav. Pearl(船主は香港のTen Hu SS Co.)に売却されJusticeと改名
◎1966 リベリアのIdeal United SS Corp. (船主は台北のTai An SS Co.)に売却
◎1968 台湾にて解体
アール・レイマン Earl Layman 45 2440 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/3/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. L. Burbank & Co. が運行
◎1946 CristobalのCia. de Nav. (船主はロンドンのVergottis, Ltd.)に売却されIonian Traderと改名
◎1967 呉にて解体
ジョン A. トロイトレン John A. Treutlen 46 2441 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/4/17 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/6/29 イギリス海峡にてドイツ海軍潜水艦U984の雷撃により損傷、サザンプトン付近の浜に引き揚げられる、全損と認定
◎1944 Briton Ferryにて解体
ルーファス E. フォスター Rufus E. Foster 100 2451 デルタ・シップビルディング社 1944/3/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 オランダに貸与されLeeghwaterと改名
◎1947 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. が運行、Lieve Vrouwekerkと改名
◎1950 The HagueのVereenigde Nederlandsche Scheep. Maats. に売却
1960/2/26 Vlieland Islandにて嵐により座礁、離礁するも全損と認定
◎1960 タインにて解体
チャールズ W. ウースター Charles W. Wooster 110 2461 デルタ・シップビルディング社 1944/5/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1969 Brownsvilleにて解体
W. C. ラッタ W. C. Latta 111 2462 デルタ・シップビルディング社 1944/5/17 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 ウィルミントンにて解体
アーサー R. ルイス Arthur R. Lewis 39 2475 St. Johns River Shipbuilding 1944/5/12 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 フィラデルフィアにて解体
ジェームズ K. ポールディング James K. Paulding 41 2477 St. Johns River Shipbuilding 1944/5/30 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 ニュー・オーリンズにて解体
レイモンド・クラッパー Raymond Clapper 43 2479 St. Johns River Shipbuilding 1944/6/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ニュー・ヨークのOcean Freighting & Brokerage Corp. に売却されT. J. Stevensonと改名
◎1954 ニュー・ヨークとリベリアのShamrock SS Corp. に売却されShamrockと改名
◎1954 パナマとリベリアのNiki Cia. Nav., S.A. (船主はニュー・ヨークのTriton Shipping, Inc.)に売却されMaster Nickyと改名
◎1960 Thrylosと改名、ギリシャ船籍となる
◎1965 パナマとギリシャのVolbay Navigation, S.A. (船主はニュー・ヨークのDaymark Shpg. Agency)に売却されElias Dayfas IIと改名
1966/7/5 Yucutan Peninsularにて浸水により放棄、後に曳航するも損傷により沈没といわれる
アーヴィン S. コッブ Irvin S. Cobb 55 2491 St. Johns River Shipbuilding 1944/8/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960(1967?) Panama Cityにて解体
ロバート・ミルス Robert Mills 62 2498 St. Johns River Shipbuilding 1944/10/14 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1975 モービル湾にて人工環礁のため沈没処分
フレデリック W. ガルブレイス Frederic W. Galbraith 67 2503 St. Johns River Shipbuilding 1944/11/14 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1970 Panama Cityにて解体
ヘンリー B. プラント Henry B. Plant 74 2510 St. Johns River Shipbuilding 1944/12/19 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/2/6 Ramsgateにてドイツ海軍潜水艦U245の雷撃により沈没
ジェーン G. スウィスヘルム Jane G. Swisshelm 797 2522 オレゴン・シップビルディング社 1943/11/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 モービルにて解体
セグンド・ルイス・ベルヴィス Segundo Ruiz Belvis 803 2528 オレゴン・シップビルディング社 1943/12/1 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 JohannesburgのSouthern Steamships, Ltd. に売却されPresident Reitzと改名
1947/11/27 Cape St. Francis近海にて座礁、全損と認定、地元にて解体
ルイス L. ダイク Lewis L. Dyche 807 2532 オレゴン・シップビルディング社 1943/12/9 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/1/4 Mindoroにて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
ジョン・ストラウブ John Straub 808 2533 オレゴン・シップビルディング社 1943/12/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/4/19 Sannak Islandにて真っ二つになり沈没
ジェームズ A. ワイルダー James A. Wilder 285 2556 カリフォルニア・シップビルディング社 1944/1/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 GenoaのAve Bianchiに売却されFidesと改名
◎1949 GenoaのFratelli Grimaldi Raggrupamento Armatoreに売却
1962/1/20 エルベ川河口にて座礁、真っ二つになる、放棄
ラルフ・バーンズ Ralph Barnes 815 2570 オレゴン・シップビルディング社 1943/12/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 コペンハーゲンのDet Ostasiatiske Kompagniに売却されSt. Janと改名
◎1951 パナマのPuerto Nuevo Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのMilmar Shpg. & Tdg. Corp.)に売却されArtemidiと改名
◎1952 パナマのRio Hondo Cia. Arm. (船主はニュー・ヨークのTransworld Marine Transport Corp.)に売却されPantokratorと改名
◎1955 ニュー・ヨークのNational Shpg. & Tdg. Corp. に売却され改装、8,474tに、リベリア船籍となる
◎1961 PiraeusのHellenic Shpg. & Industries Co. に売却されPanagathosと改名
◎1963 リベリア船籍となる
1965/10/27 Ameland Islandにて座礁、放棄
1970 難破と申告され全損と認定
アイザック I. スティーヴンス Isaac I. Stevens 820 2575 オレゴン・シップビルディング社 1944/1/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 フランスに貸与されパリのChargeurs Reunisが運行、Saint Dieと改名
◎1965 リベリアのRegina SS Corp. (船主はニュー・ヨークのEuclid SS Corp.)に売却されVaraと改名
◎1966(1967?) 横須賀にて解体
ジョン L. エリオット John L. Elliott 2326 2594 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1944/3/1 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 パナマのAmerican Shpg. & Tpt. Corp. に売却
◎1947 パナマのMarian Nav. Co. (船主はパナマのAmerican Shpg. & Tpt. Corp.)に売却されSea Kingと改名
◎1948 イギリスのScindia S. N. Co. (船主はBombayのNarottam Mararjee & Co.)に売却されJalamanjariと改名
◎1957 インド船籍となる
◎1963 インドにて解体
ジョン・ハンソン John Hanson 2409 2677 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1944/10/7 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1948 アメリカのWhite Range SS Co. (船主はニュー・ヨークのBistis Shpg. Corp.)に売却
◎1952 ニュー・ヨークのDover SS Co. に売却されLiberty Fと改名
◎1956 ニュー・ヨークのMarine Navigation Co. (船主はニュー・ヨークのMarine Transport Lines)に売却されMarine Rangerと改名
◎1965 Avilesにて解体
ミラン R. ステファニク Milan R. Stefanik 2411 2679 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1944/10/14 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのAmerican Pacific SS Co. が運行
◎1947 ロサンゼルスのAmerican Pacific SS Co. に売却されAmpac Los Angelesと改名
◎1949 ニュー・ヨークのNorth American Shpg. & Trdg. Co. に売却されMohicanと改名
◎1956 リベリアのMohican Corp. (船主はニュー・ヨークのTransoceanic Marine, Inc.)に売却
◎1956 リベリアのWorld Lore Corp. (船主はニュー・ヨークのTransoceanic Marine, Inc.)に売却されWorld Loreと改名
◎1958 リベリアのEltraders, Inc. (船主はニュー・ヨークのSeres Shpg., Inc.)に売却されKali Lと改名
◎1959 ロンドンのCeres Shpg. Co. に売却
1964/11/19 東京湾にて座礁、後に離礁、横須賀へ曳航するも全損と認定
◎1965 横須賀にて解体
ウィリアム H. クラゲット William H. Clagett 2687 2687 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/5/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1968 ポートランドでクレーン艀に改装
ジェームズ・ラルフ James Rolph 2702 2702 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/12/4 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 GenoaのCia. di Nav. Giuseppe Mazziniに売却されSpigaと改名
◎1963 OdessaのSovtorgflotに売却されAla-Tauと改名
◎1967(1970?) Splitにて解体
アントニン・ドヴォルザーク Antonin Dvorak 2703 2703 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/12/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1959 ボルティモアにて解体
アルバート A. ロビンソン Albert A. Robinson 2704 2704 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/12/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1958 オークランドにて解体
ジャン P. シャトー Jean P. Chouteau 2717 2717 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1943/12/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 TriesteのLloyd Triestinoに売却されDuinoと改名
◎1964 RomeのFratelli d'Amicoに売却
◎1968(1971?) Triesteにて解体
ジョージ・ルークス George Luks 2723 2723 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/1/8 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 神戸にて解体
エイブラム S. ヒューイット Abram S. Hewitt 2726 2726 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/1/13 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 GenoaのCia. Transoceanica La Veloceに売却されQuemarと改名
◎1947 Italo Marsanoと改名
◎1957 Golfo Di Triesteと改名
◎1962 イタリアのCia. Generale di Nav. に売却
1964/12/14 11.10N、112.31Eにて浸水、沈没
ジョン W. バージェス John W. Burgess 2730 2730 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/1/19 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 タコマにて解体
モーゼス G. ファーマー Moses G. Farmer 2731 2731 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/1/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 タコマにて解体
クリーヴランド・フォーブス Cleveland Forbes 2759 2759 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/3/6 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Foreign SS Corp. が運行
◎1946 ブエノス・アイレスのCia. Argentina de Nav. Doderoに売却されLanceroと改名
◎1948 Reseroと改名
◎1951 Flota Argentina de Nav. de Ultramar, B.A. に売却
◎1961 Empresa Lineas Maritimas Argentines, B.A. に売却
◎1964 パナマのMotorex Sudamericanaに売却されFrancisco-Hacheと改名
◎1964 リベリアのMagellan Strait Developement Corp. に売却されMarnicと改名
1964/11/15 バハマにて座礁、後に離礁するも全損
◎1965 Avilesにて解体
シドニー H. ショート Sidney H. Short 2760 2760 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/3/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1973 ニュー・オーリンズにて解体
J. S. ハチンソン J. S. Hutchinson 2775 2775 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/3/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 モービルにて解体
ルシアン・ラバート Lucien Labaudt 2782 2782 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/4/14 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 VancouverのStates SS Co. に売却
◎1947 Californiaと改名
◎1949 アメリカのUniversal Cargo Carriers Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されPacificusと改名
◎1953 ウィルミントンのPacificus SS Co. (船主はジャクソンヴィルのSuwannee SS Co.)に売却
◎1956 アメリカのUniversal Cargo Carriers Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却
◎1957 アメリカのIntercontinental Liberties, Inc. (船主ニュー・ヨークのMaritime Overseas Corp.)に売却
◎1960 ニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co. に売却
◎1962 アメリカのConqueror Freighters, Inc. (船主はニュー・ヨークのEarl J. Smith & Co.)に売却されSmith Conquerorと改名
◎1965 ニュー・ヨークのU. S. Bulk Carriers, Inc. に売却されU. S. Conquerorと改名
◎1967 香港とパナマのCia. Marietta Nav. に売却されMariettaと改名
◎1969 台湾にて解体
ベンジャミン・カーペンター Benjamin Carpenter 2786 2786 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1944/4/22 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1960 Barrowにて解体
コリン・マッキニー Collin McKinney 121 2795 デルタ・シップビルディング社 1944/8/5 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1967 ポートランドにて解体
アルシー・フォーティア Alcee Fortier 123 2797 デルタ・シップビルディング社 1944/8/22 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 ニュー・オーリンズにて解体
フェルディナンド R. ハスラー Ferdinand R. Hassler 125 2799 デルタ・シップビルディング社 1944/8/1 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1973 Panama Cityにて解体
O. L. ボーデンハマー O. L. Bodenhamer 126 2800 デルタ・シップビルディング社 1944/8/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にモービルにて係船
◎1976 マイアミ沖にて人工環礁のため沈没処分
アムマーマー Am-Mer-Mar 134 2808 デルタ・シップビルディング社 1944/10/25 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1946/12/27 Lindesnaes近海にて座礁
1947/1/1 離礁するも沈没
ジェームズ・イーガン・レイン James Eagan Layne 157 2831 デルタ・シップビルディング社 1944/12/18 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1945/3/21 プリマス沖にてドイツ海軍潜水艦U1195の雷撃により損傷、Whitesand Bayの浜に引き揚げられる、全損
◎1948 その場にて解体
カール・ザカリー・ウェッブ Carl Zachary Webb 159 2833 デルタ・シップビルディング社 1945/1/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1963 Panama Cityにて解体
チャールズ A. ケファー Charles A. Keffer 59 2869 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/8/5 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Gandiaにて解体
リズデン・タイラー・ベネット Risden Tyler Bennett 60 2870 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/8/11 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1963 フィラデルフィアにて解体
フロイド・ギボンズ Floyd Gibbons 65 2875 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/9/15 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1966 Kearnyにて解体
ジョン P. ハリス John P. Harris 67 2877 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/9/28 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのShepard SS Co. が運行
◎1949 モービルにて係船
◎1951 ニュー・ヨークのK. & C. SS Corp. に売却されGeorge M. Culucundisと改名
◎1952 アメリカのBournemouth SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されSeavictorと改名
◎1954 アメリカのSeacrest Shpg. Co. (船主はニュー・ヨークのStarboard Shpg., Inc.)に売却されEvibelleと改名
◎1957 アメリカのBournemouth SS Corp. (船主はニュー・ヨークのStarboard Shpg., Inc.)に売却
◎1958 ニュー・ヨークのDoric Shpg. & Trdg. Corp. に売却
◎1961 ニュー・ヨークのStarboard Shpg., Inc. に売却
◎1965 リベリアのBonamar Shpg. Corp. (船主はニュー・ヨークのMotorships Chartering Corp.)に売却されGretheと改名
◎1967 Tsuneishiにて解体
ジョサイア・タトネル Josiah Tattnell 74 2884 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/11/18 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1970 Bilbaoにて解体
ジョサイア・コーエン Josiah Cohen 77 2887 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/12/8 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 陸軍省に移管
◎1947 SyraのKassos S. N. Co. (船主はロンドンのRethymnis & Kulukundis)に売却されThemoniと改名
◎1961 ギリシャのA. Frangistas(船主はAthensのFranco Shpg. Co.)に売却されNicolaos Frangistasと改名
◎1964 Nicolaos Fと改名
◎1969 キプロスのKounistra Shpg. Co. (船主はAthensとLimassolのFranco Shpg. Co.)に売却されKounistraと改名
◎1971 Valenciaにて解体
ルドルフ・カウフマン Rudolph Kauffmann 78 2888 サウスイースタン・シップビルディング社 1944/12/15 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1972 Brownsvilleにて解体
ニコラス D. ラバディ Nicholas D. Labadie 134 2929 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/5/23 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1962 モービルにて解体
アーサー・セント・クレア Arthur St. Clair 135 2930 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/5/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1963 ウィルミントンにて解体
ナザネイアル・ジルスビー Nathaniel Silsbee 145 2940 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/6/30 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1972 Brownsvilleにて解体
エドワード G. ジェーンウェー Edward G. Janeway 164 2959 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/9/26 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1949 モービルにて係船
◎1951 アメリカのElam Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのMar. Trade Corp.)に売却されSanta Venetiaと改名
◎1954 ニュー・ヨークのTankship Management Corp. に売却
◎1958 ニュー・ヨークのCargo & Tankship Management Corp. に売却
◎1961 リベリアのCapa Co., SA(船主はバミューダのハミルトンのSanta Maria Shipowning & Trdg.)に売却
1963 悪天候により甲板を損傷
◎1964 横須賀にて解体
リチャード J. ホプキンス Richard J. Hopkins 168 2963 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/10/12 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのW. J. Rountree & Co. が運行
◎1949 ハドソン川にて係船
◎1951 ニュー・ヨークのMetro SS Corp. に売却されAtlantic Waterと改名
◎1956 パナマのAstroluz Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのMar-Trade Corp.)に売却
◎1958 ニュー・ヨークのCargo & Tankship Management Corp. に売却
◎1961 Koumiotissaと改名、ギリシャ船籍となる
◎1962 ニュー・ヨークのMarine Managers, Inc. に売却
◎1963 リベリアのHorizon Nav. Co. (船主はニュー・ヨークのCeres Shipping Co.)に売却されAgia Erini Lと改名
1964/2/3(1968?) 西太平洋にて悪天候により沈没
ジョニー・アップルシード Johnny Appleseed 170 2965 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1944/10/20 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1964 フィラデルフィアにて解体
ウィリアム・エイサ・カーター William Asa Carter 190 2985 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1945/1/10 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Panama Cityにて解体
ウィラード R. ジョンソン Willard R. Johnson 201 2996 Todd-Houston Shipbuilding Corporation 1945/2/21 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運行
◎1948 Beaumontにて係船
◎1951 ニュー・ヨークのJupiter SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されNeptunusと改名
◎1952 Apolloと改名
◎1952 ニュー・ヨークのDoric Shpg. & Tdg. Corp. に売却
◎1954 パナマとリベリアのSan Alberto Cia. Arm. (船主はニュー・ヨークのStarboard Shpg., Inc.)に売却されEvimarと改名
◎1958 パナマとリベリアのLuarca Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークとロンドンのSpiros Polemis)に売却されTheokeetorと改名
◎1964 パナマとリベリアのViamerito Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのBingham Bigotte Shpg. Co.)に売却されRiverheadと改名
◎1965 パナマとリベリアのViafiel Cia. Nav. (船主はロンドンのSpiros Polemis & Sons)に売却されMaruと改名
◎1967 香港にて解体
アーサー・シウォール Arthur Sewall 3006 3006 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1944/3/24 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
1944/12/29 English Channelにてドイツ海軍潜水艦U772の雷撃により損傷、ポートランドへ曳航、一時的な修理
◎1946/5/11 Bremerhavenへ曳航
◎1946/10/12 化学兵器と一緒に沈没処分
リリアン・ノルディカ Lillian Nordica 3010 3010 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1944/3/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 ウィルミントンにて解体
イライジャ・ケロッグ Elijah Kellog 3012 3012 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1944/4/11 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 ChiosのDemitrios & Stamatios Fafaliosに売却されOthonと改名
1952/6/27 Karachi港外にて座礁、真っ二つになり沈没
ジョン・チェスター・ケンダル John Chester Kendall 3026 3026 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1944/5/19 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にJames Riverにて係船
◎1973 Brownsvilleにて解体
ジョセフ・スクワイアズ Joseph Squires 3028 3028 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1944/5/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にSuisun Bayにて係船
◎1969 オークランドにて解体
アラム J. ポティエ Aram J. Pothier 3036 3036 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1944/6/28 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にBeaumontにて係船
◎1970 Brownsvilleにて解体
アンドリュー J. ニューベリー Andrew J. Newbury 3038 3038 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1944/7/26 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1955 海軍に移管、雑役船に改装、艦種を雑役船(YAG)に改める
◎後にモービルにて係船
◎1973 Panama Cityにて解体
C. H. M. ジョーンズ C. H. M. Jones 3054 3054 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1944/9/9 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1961 Kearneyにて解体
ケンヨン L. バターフィールド Kenyon L. Butterfield 3065 3065 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1944/10/31 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Kearnyにて解体
エズラ・ミーチ Ezra Meech 3087 3087 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1945/1/27 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1951 ニュー・ヨークのGulf Cargo Carriers Corp. に売却されLiberty Flagと改名
◎1956 ニュー・ヨークのActium Shipping Corp. に売却されRionと改名
◎1958 ニュー・ヨークのMack Klosty & Co. に売却されMaurice Georgeと改名
◎1958 アメリカのWorld Carriers, Inc. (船主はニュー・ヨークのWorld Tramping Agencies)に売却されPacific Carrierと改名
◎1960 ニュー・ヨークのEagle Shipping, Ltd. に売却されMontego Skyと改名
◎1961 ギリシャのSky Shipping, Ltd. (船主はニュー・ヨークのStandard Marine, Ltd.)に売却されAspisと改名
◎1963 リベリアのAlbatross Shpg. & Trdg. Corp. (船主はニュー・ヨークのPacific SS Agency)に売却されHelen Kと改名
◎1967 Hirao
レオン S. メリル Leon S. Merrill 3090 3090 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1945/2/5 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1965 船体後部はニュー・オーリンズにて解体、船体前部はderrick bargeに改装
アルフレッド E. スミス Alfred E. Smith 3093 3093 New England Shipbuilding Corp., West Yard 1945/1/29 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運行
◎1949 ニュー・ヨークのEagle Ocean Transport Corp. に売却されMother M. L. と改名
◎1955 パナマとリベリアのAltamira Cia. Nav. (船主はロンドンのG. Lemos)に売却されCaptain Lyrasと改名
◎1957 リベリアのHanover SS Corp. (船主はMontrealのJason SS Co.)に売却されOcean Chiefと改名
◎1963 中華民国のChina Union Lines, Ltd. に売却されUnion Transportと改名
◎1965 台湾船籍となる
◎1970 台湾にて解体
ローレンス T. サリヴァン Lawrence T. Sullivan 3102 3102 New England Shipbuilding Corp., East Yard 1945/4/7 ◎陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1946 ベルギーに貸与されCie. Maritime Belge(Lloyd Royal)が運行、Belgian Amityと改名
◎1947 AntwerpのAgence Maritime Internationaleが運行、Capitaine Limborと改名
◎1962 パナマのSoc. Nav. Pan Europea(船主はGenoaのSoc. per Azione Industria Armamento)に売却されCapitaineと改名
◎1962 パナマのNevada Shipping Co. (船主はBasleのKeller Shipping, Ltd.)に売却されNevadaと改名
◎1971 Gandiaにて解体
メルヴィル・ジャコビー Melville Jacoby 3119 3119 Walsh-Kaiser Company 1944/3/31 ◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
◎1947 パナマのCia. Levante de Vaporesに売却されVictoriaと改名
◎1950 パナマのDominica Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのFreighters & Tankers Agency)に売却されNorth Queenと改名
◎1953 パナマのParnasco Cia. Nav. (船主はロンドンのD. Pateras, Ltd.)に売却されDominatorと改名
1960/3/13 Palos Verdes Pointにて霧により座礁、荒海により破壊


Update 17/09/24