水雷艇


排水量:31t 全長:28.65m 幅:3.35m(3.50mともいわれる) 吃水:0.91m(1.52mともいわれる) 主缶:Almy式水管缶 主機/軸数:vertical機関/1軸 出力(計画):359馬力 速力:18.2kt 兵装:なし(1898年には魚雷発射管2基) 乗員:5名(6名ともいわれる)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スティレット Stiletto Herreshoff Manufacturing Co. 1911/1/27 ◎1887/3/3 1885年起工、1886進水のヨットを購入し、水雷艇に改装
◎1887/7 運用開始
◎1911/7/18 ニューポートにて解体のため、イースト・ボストンのJames F. Nolanに売却


軽荷排水量:105t(116tともいわれる) 満載排水量:142t 全長:42.67m 幅:4.34m(4.59mともいわれる) 吃水:1.47m 主缶:ソーニクロフト缶 主機/軸数:vertical quadruple expansion機関/2軸 出力(計画):1,700馬力 速力:22.5kt(23.0ktともいわれる) 兵装:1ポンド砲3基(6ポンド砲3基ともいわれる)、457o魚雷発射管3基 乗員:22名(23名ともいわれる)
↑USS Cushing (TB-1). Photographed during the 1890s. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カッシング
12
Cushing TB-1 Herreshoff Manufacturing Co. 1890/4/22 1898/11/8 1912/4/6 ◎1888/4 起工
◎1890/1/23 進水
◎1891/11/11 ニューポートにて退役
◎1892/1/11 再役
◎1901 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入(〜1911)
◎1920/9/24 標的として沈没
◎Blockade of Cuba 1898. Captured 4 small vessels off Piedras Cay Cuba, 7 Aug 1898.
☆TB-1の撃沈スコア(以下の艦船)
・1898/8/11 スクーナーJover Genard(拿捕、焼失(水雷艇グウィンマッキーと共同で))


排水量:120t 満載排水量:170t 吃水線長:45.59m 幅:4.72m 吃水:1.44m 主缶:ソーニクロフト缶 主機/軸数:vertical quadruple expansion機関/2軸 出力(計画):1,800馬力 速力:24.0kt 航続力:14.0ktで984浬 兵装:1ポンド砲4基、457o魚雷発射管3基 乗員:22名(23名ともいわれる)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
エリクソン
12
Ericsson TB-2 アイオワ鉄工所 1897/2/18 1912/4/5 1912/4/6 ◎1892/7/21 起工
◎1894/5/12 進水
1896/8/8 ニュー・ヨークにて艤装中損傷
◎1897〜1901頃 この間、ブルックリン海軍工廠にて入渠
◎1898/9/21 退役、ニュー・ヨークにて係船
◎1900/12 再役、保管
◎1901/3/6 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入(〜1908/10)
◎除籍後、標的として沈没
◎Blockade of Cuba 1898. Santiago.
・1898/4/23 スクーナーPerdita(拿捕)
・1898/6/30 商船Adula(拿捕)


軽荷排水量:142t 満載排水量:180t 吃水線長:48.76m(TB-5は49.27m) 幅:4.87m(4.90mともいわれる、TB-5は4.99m) 吃水:1.52m(平均) 主缶:Mosher缶 主機/軸数:vertical quadruple expansion機関(1910年にはvertical triple-expansion機関に換装)/2軸 出力(計画):2,000馬力 速力:24.5kt(25.0ktともいわれる、TB-5は24.82kt) 航続力:14.0ktで1,235浬 兵装:1ポンド砲3基(TB-3はなし)、457o魚雷発射管2基(TB-4、TB-5は魚雷発射管3基) 乗員:20名(24名ともいわれる)
↑USS Foote (TB-3). Photographed circa 1896-97. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フート
12
Foote TB-3 Columbian Iron Works & Dry Dock Co. 1897/8/7 1919/3/28 1919/10/28 ◎1896/5/1 起工
◎1896/10/1 進水
◎1898/10/28 ニュー・ヨークにて退役
◎1900/11/9 再役
◎後に入渠
◎1901/3/6 退役、ノーフォークにて保管
◎1908 チャールストンにて保管
◎1910/6/8 チャールストンにて予備水雷小艦隊に編入
◎1911/6/27 ノース・カロライナ州海軍義勇兵協会に移管、New Bernにて運用開始(〜1916/11/15)、後にチャールストンにて係船
◎1917/4/7 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第1号 Coast Torpedo Boat No. 1と改名
◎Blockade of Cuba 1898.
☆TB-3の撃沈スコア(以下の艦船)
・1898/4/24 スクーナーTres Hermanos(拿捕)
ロジャース
12
Rodgers TB-4 Columbian Iron Works & Dry Dock Co. 1898/4/2 1919/3/12 1919/10/28 ◎1896/5/6 起工
◎1896/11/10 進水
◎ノーフォークにて艤装
◎1896/6/23 グアンタナモ湾にて修理(〜1896/7/22)
◎1896/7/24 修理(〜1896/8/14)
◎1896/8末 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
◎1906春 予備水雷小艦隊に編入
◎1906/11/1 ノーフォークにて退役
◎1910/5/14 マサチューセッツ州海軍義勇兵協会に移管(〜1916)
1914/7/14 ポートランドにて商船Governor Dingleyと衝突
◎1916 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第2号 Coast Torpedo Boat No. 2と改名
◎Blockade of Cuba 1898.
ウィンスロー Winslow TB-5 Columbian Iron Works & Dry Dock Co. 1897/12/29 1910/7/12 1910/7/12 ◎1896/5/8 起工
◎1897/1/6(1897/5/8?) 進水
◎海軍工廠ノーフォークにて就役
1897/5/11 Cardenas Bayにてスペイン海軍艦艇の砲撃により損傷
◎1897/5中旬 キー・ウェストにて応急修理
◎1898/9/7 退役、ニュー・ヨークにて修理
◎1901/6/30 再役
1903/12/22 ニュー・ヨークにてフェリーAmericaと衝突
◎1904/7 退役、ニュー・ヨーク海軍工廠にて保管
◎1906/2/16 再役
◎1906/2中旬? 予備水雷小艦隊に編入(〜1909)
◎1909/6/1 チャールストンにてマサチューセッツ州海軍義勇兵協会に移管(〜1909/11/2)
◎1909/11/2 ボストンにて保管(〜1910夏)
◎1911/1 ニュー・ヨークのH. Hansonに売却


排水量:165t 吃水線長:53.34m 幅:5.42m(5.45mともいわれる) 吃水:1.46m 主缶:ノルマン缶3基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):3,400馬力 速力:29.0kt(TB-7は28.0kt) 兵装:1ポンド砲4基、457o魚雷発射管3基 乗員:32名(TB-7は24名)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ポーター Porter TB-6 Herreshoff Manufacturing Co. 1897/2/20 1911/11/14 1912/11/6
(1912/11/7?)
◎1896/2 起工
◎1896/9/9 進水
◎1898/11/5 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役
◎1899/10/10 再役、ニューポート、ノーフォーク、アナポリスにて消防士用練習船となる
1900/12/16 ブルックリン海軍工廠にて非装甲防護巡洋艦モントゴメリー Montgomery(C-9)に衝突
◎1900/12/21 ニュー・ヨークにて退役
◎1901末 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入(〜1907)
◎1908/1/31 再役
◎1908/7/1 退役、ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1909/5/14 再役
◎1911/11/14 フィラデルフィアにて予備水雷小艦隊に編入
◎1912/12/30 ニュー・ヨークにてAndrew Olsenに売却
デュ・ポン Du Pont TB-7 Herreshoff Manufacturing Co. 1897/9/23 1919/3/8 1919/10/28 ◎1896/2 起工
◎1897/3/30 進水
◎1898/11/8 退役、ニューポートにて実験や訓練に使用
1900/6/6 ニューポートにて波止場に衝突し損傷
◎1901 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1903/9 再役、海軍兵学校の練習船となる
◎1904/9 退役、ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1905/6 再役
◎1906/6 退役、ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1909/5/14 再役
◎1909/11 退役、チャールストン海軍工廠にて保管
◎1910/5 ノース・カロライナ州海軍義勇兵協会に移管(〜1911/6)
◎1914/6/10 マサチューセッツ州海軍義勇兵協会に移管
◎1917/4/9 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第3号 Coast Torpedo Boat No. 3と改名


排水量:182t(210tともいわれる) 吃水線長:51.81m 幅:5.18m 吃水:1.55m(1.82m(平均)ともいわれる) 主缶:Mosher缶3基 主機/軸数:vertical quadruple expansion機関/2軸 出力(計画):3,200馬力 速力:26.0kt 兵装:1ポンド砲4基、457o魚雷発射管3基(1910年には457o魚雷発射管2基) 乗員:24名(32名ともいわれる)
↑USS Rowan (Torpedo Boat # 8). In port, circa the late 1890s or early 1900s. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ローワン Rowan TB-8 Moran Bros. 1899/4/1 1912/10/28 1912/10/29 ◎1896/6/22 起工
◎1898/4/8 進水
◎1899/5/1 退役、ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1908/4/23 再役
◎1909 メア・アイランドにて予備水雷小艦隊に編入(〜1909/12)
◎1918/6/3 解体のため売却


排水量:146t 全長:46.02m(46.14mともいわれる) 幅:4.99m(TB-10は5.02m) 吃水:1.43m(1.46mともいわれる) 主缶:ノルマン缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):4,200馬力 速力:30.0kt(30.5ktともいわれる、TB-10は31.0kt) 兵装:1ポンド砲4基、457o魚雷発射管2基 乗員:28名(29名ともいわれる)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ダールグレン Dahlgren TB-9 バス鉄工所 1900/6/16 1919/3/11 1919/10/18 ◎1897/12/11 起工
◎1898/5/29 進水
1900/9/5 ニューポートにて水雷艇グウィンと衝突し損傷
◎1900/10/20 退役、ポーツマス海軍工廠にて修理、改装
1901/10/16 ニューポートにて水雷艇T. A. M. クレイヴンと衝突し損傷
◎1902/6中旬 ニューポートにてオーヴァーホール(〜1902/11/18)
◎1902/11/19 再役、station shipとなる
◎1903/12/22 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役
◎1905/12/13 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1914/3/14 改装、掃海艇となる
◎1917/4/1 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第4号 Coast Torpedo Boat No. 4と改名
T. A. M. クレイヴン
12
T. A. M. Craven TB-10 バス鉄工所 1900/6/9 1913/11/14 1913/11/14 ◎1897/12/6 起工
◎1899/9/25 進水
◎1900/12/5 ポーツマス海軍工廠にて退役
1901/10/16 ニューポートにて水雷艇ダールグレンと衝突し損傷
◎1902/10/24 再役
◎1903/12/22 退役、海軍工廠ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1906 再役
◎1907 退役、海軍工廠ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1907/12/14 再役
◎1910 クレイヴン Cravenと改名
1913/9/10 ボイラー爆発により損傷
◎除籍後、標的として沈没


軽荷排水量:279t 満載排水量:340t 吃水線長:65.10m(65.22mともいわれる) 幅:6.30m(6.33mともいわれる) 吃水:1.82m 主缶:ソーニクロフト缶3基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):5,600馬力 速力:30.0kt 兵装:6ポンド砲4基、457o魚雷発射管2基 乗員:62名(66名ともいわれる)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ファラガット Farragut TB-11 ユニオン鉄工所 1899/6/5 1919/3/13 1919/5 ◎1897/7/23 起工
◎1898/7/16 進水
◎1902/9/4 メア・アイランド海軍工廠にて退役
◎1904/10/8 保管
◎1908/3/28 再役
◎1909/9/18 退役、保管
◎1911/5/10 再役
◎1912/7/1 退役、保管
◎1911/5/10 再役
◎1915/1/12 カリフォルニア州海軍義勇兵協会に移管(〜1917/4/14)
◎1917/7/11 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第5号 Coast Torpedo Boat No. 5と改名


排水量:154t(155tともいわれる) 吃水線長:44.50m(45.11mともいわれる) 幅:4.69m(6.33mともいわれる) 吃水:1.55m 主缶:ソーニクロフト缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):1,750馬力 速力:22.5kt(23.0ktともいわれる) 兵装:1ポンド砲3基、457o魚雷発射管3基 乗員:23名(24名ともいわれる)
↑USS Fox (Torpedo Boat # 13). In a West Coast harbor, circa the early 1910s. Courtesy of the Naval Historical Foundation, Washington, D.C.; donation of BMC E. B. Smith, USNR, 1961. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デイヴィス Davis TB-12 Wolff & Zwicker Iron Works 1899/5/10 1913/3/28 1913/11/12 ◎1897/3/2 起工
◎1898/6/4 進水
1898/10/20 アストリアにて公試中ボイラー爆発により損傷
◎1899/6/5 退役、メア・アイランド海軍工廠にて係船、保管
◎1908/3/23 再役
◎1909/10/28 退役、メア・アイランドにて保管
◎1910/11/1 再役
◎1911/5/10 メア・アイランドにて保管
◎1912/5 ピュージェット・サウントにて太平洋予備艦隊に編入
◎1920/4/21 解体のため売却
フォックス
12
Fox TB-13 Wolff & Zwicker Iron Works 1899/7/8 1913/7/5 1916/8/31 ◎1897/3/4 起工
◎1898/7/4 進水
◎1901 メア・アイランド海軍工廠にて改装(〜1906)
◎1906/10/28 退役、保管
◎1908/3/23 再役
◎1909/1/7 退役、保管
◎1910/11/1 再役
◎1911 係船、保管
◎1912 係船、保管
◎1913 ワシントン州海軍義勇兵協会に移管(〜1916)
◎1916/10/27(1920/8/31?) 売却され商船Aceとなる
◎1928 放棄


軽荷排水量:104t(105tともいわれる) 満載排水量:124t 吃水線長:42.15m(42.55mともいわれる) 幅:4.75m 吃水:1.24m(平均、1.31mともいわれる) 主缶:ノルマン缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):1,750馬力 速力:22.5kt(23.0ktともいわれる) 兵装:1ポンド砲3基(1ポンド砲4基ともいわれる)、457o魚雷発射管3基 乗員:25名(26名ともいわれる)
↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モリス Morris TB-14 Herreshoff Manufacturing Co. 1899/5/11 1919/3/24 1924/1/24 ◎1897/11/17(1897/11/19?) 起工
◎1898/4/13 進水
◎1902/9/4 メア・アイランド海軍工廠にて退役
◎1904/10/8 保管
◎1908/3/28 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第6号 Coast Torpedo Boat No. 6と改名


軽荷排水量:46t(46.5tともいわれる、TB-17、TB-18は65t) 満載排水量:58t(TB-17、TB-18は75t) 吃水線長:30.35m(30.48mともいわれる、TB-17は30.96m、TB-18は30.26m) 幅:3.84m(TB-18は3.93m) 吃水:1.00m(TB-17、TB-18は1.31m(平均)) 主缶:ノルマン缶1基(TB-17、TB-18はソーニクロフト缶2基) 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):850馬力 速力:20.0kt(21.5ktともいわれる、TB-17は20.1kt) 兵装:1ポンド・ラピッドファイア砲1基(TB-18は1ポンド砲2基)、457o魚雷発射管2基 乗員:15名(16名ともいわれる、TB-17は14名、TB-18は12名)
↑USS McKee (Torpedo Boat # 18). Ship's inboard profile, hold and deck plans. Photograph from the Bureau of Ships Collection in the U.S. National Archives.
↑USS McKee (Torpedo Boat # 18). Ship's blocking plan, and sheer, half breadth and body plans. Photograph from the Bureau of Ships Collection in the U.S. National Archives.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
タルボット Talbot TB-15 Herreshoff Manufacturing Co. 1898/4/4 1944/7/18 ◎1897/4/8 起工
◎1897/11/14 進水
1898/8/2 フロリダにて航洋曳船アンカス Uncasと衝突し損傷、Piedras Cayへ曳航
◎1898/8/3 Piedras Cayにて一時的な修理
◎1904/2/20 退役、海軍工廠ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1906/8/31 再役
◎1912/5/1 不活性化工事、運用開始
◎1918/4/1 ベルソー Berceauと改名
◎1920/7/17 艦種を交通船(YFB-3)に改める
グウィン
12
Gwin TB-16 Herreshoff Manufacturing Co. 1898/4/4 1914/4/18 1925/4/30 ◎1897/4/14 起工
◎1897/11/15 進水
1900/9/5 ニューポートにて水雷艇ダールグレンと衝突し損傷
◎1898/8/31 アナポリスにて海軍兵学校の練習船となる
◎1903/7/10 退役、保管
◎1908/6 再役
◎1918/4/1 サイアン Cyaneと改名
◎1920/7/17 艦種を交通船(YFB-4)に改める
☆TB-16の撃沈スコア(以下の艦船)
・1898/8/11 スクーナーJover Genard(拿捕、焼失(水雷艇カッシング、マッキーと共同で))
マッケンジー MacKenzie TB-17 Charles Hillman Ship & Engine Building Co. 1899/5/1 1912/4/15 1916/3/10 ◎1897/4/15 起工
◎1898/2/19 進水
◎1899/5/31 退役
◎1902/11/7 再役
◎1902/11/14 予備水雷小艦隊に編入
◎1912/5/7 フロリダ州海軍義勇兵協会に移管(〜1914/11)
◎除籍後、標的として使用
マッキー
12
McKee TB-18 Columbian Iron Works & Dry Dock Co. 1898/5/16 1912/1/29 1912/4/6 ◎1897/9/11 起工
◎1898/3/5 進水
◎1903/12/22 ニュー・ヨークにて退役
◎1904/8/6 再役
◎1910 ニューポートにて保管
◎1920/9/24 Craney Island近海にて標的として沈没
☆TB-18の撃沈スコア(以下の艦船)
・1898/8/11 スクーナーJover Genard(拿捕(水雷艇カッシング、グウィンと共同で))


軽荷排水量:280t 満載排水量:378t 吃水線長:62.48m 幅:5.84m(5.86mともいわれる) 吃水:2.08m 主缶:Seabury缶4基(1910年にはノルマン缶) 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):5,600馬力 速力:20.2kt(公試時、30.1ktともいわれる) 兵装:6ポンド砲4基、457o魚雷発射管2基 乗員:53名(56名ともいわれる)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベイリー Bailey TB-21 Gas Engine & Power Co. & Charles L. Seabury & Co. 1901/6/10 1919/3/28 1919/10/28 ◎1898/4/30 起工
◎1899/12/5 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役
◎1902/6/14 ノーフォークにて退役
◎1904/1/27 予備水雷小艦隊に編入(〜1909/11/7)
◎1909/12/22 チャールストン海軍工廠にて保管
◎1910/6/1 再役
◎1911/10 退役、アナポリスにてReserve Torpedo Divisionに編入
1915/6/12 チェサピーク湾にてボイラー爆発事故により損傷
◎1917/2/6 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第8号 Coast Torpedo Boat No. 8と改名


排水量:150t 全長:47.54m 幅:5.33m 吃水:1.77m(平均) 主缶:locomotive缶1基 主機/軸数:vertical quadruple expansion機関/1軸 出力(計画):1,900馬力 速力:17.5kt(23.0ktともいわれる) 兵装:1ポンド砲4基、457o魚雷発射管2基、水中魚雷発射管1基 乗員:21名

↑Undated, USS Somers (TB-22) in dry dock. Source: United States National Archives, Photo No. 19-N-15-11-9. Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サマーズ Somers TB-22 Friedrich Schichau G.m.b.H. 1898/3/28 1919/3/22 1919/10/7 ◎1898/3/25 1893年起工、1897年進水の鋼製のボートYard No. 450を購入
◎1898/3/29 サマーズと命名
◎1898/3/30 ドイツ出航〜Weymouth(1898/4/5到着、ドイツ人が乗員)
米西戦争中、航海に問題あり、Falmouthにて係船
◎米西戦争後、商船Manhattanに搭載されニュー・ヨークへ運ばれる(1899/5/2到着)
◎1900/10 リーグ・アイランドにて退役
◎1901 予備水雷小艦隊に編入(〜1909)
◎1909/6/26 メリーランド州海軍義勇兵協会に移管(〜1917)
◎1914/8/17 再役
◎1914/10/13 イリノイ州海軍義勇兵協会に移管(〜1918)
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第9号 Coast Torpedo Boat No. 9と改名


軽荷排水量:175t 満載排水量:210t 全長:47.95m 幅:5.18m(5.35mともいわれる) 吃水:1.49m(平均、2.43m(艇尾)ともいわれる) 主缶:ノルマン缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):4,200馬力 速力:28.0kt(29.1ktともいわれる、TB-25は29.04kt) 航続力:14.0ktで3,000浬 兵装:1ポンド砲3基、457o魚雷発射管3基 乗員:28名(29名ともいわれる、TB-25は34名)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バグリー Bagley TB-24 バス鉄工所 1901/10/18 1919/3/12 1919/3/31 ◎1900/1/4 起工
◎1900/9/25 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1903/2/19 ノーフォークにて退役、保管、後に予備水雷小艦隊に編入(〜1907/9/14)
◎1907/9/14 再役
◎1908/6/10 海軍工廠ノーフォークにて保管
◎1914/3/13 退役
◎1917/3/29 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第10号 Coast Torpedo Boat No. 10と改名
Annapolis 1907-1914.
バーニー Barney TB-25 バス鉄工所 1901/10/21 1919/3/11 1919/10/28 ◎1900/1/3 起工
◎1900/7/28 進水
◎ニューポートの海軍魚雷基地にて就役
◎1903/2/19 ノーフォークにて退役、保管、後に予備水雷小艦隊に編入
◎1908/7/1 再役
◎1908/12 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1909/8 アトランタにて保管
◎1911 アナポリスにて練習船となる(〜1914)
◎1915 ワシントンD.C. 海軍義勇兵協会に移管
◎1916/3/9 フィラデルフィアにて係船
◎1916/11/21 退役
◎1917/5 チャールストンへ曳航
◎1917/9/1 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第11号 Coast Torpedo Boat No. 11と改名
TB-26 バス鉄工所


軽荷排水量:196t(TB-29、TB-30は218t、TB-31〜TB-33は200t、TB-34は165t) 満載排水量:262t(TB-31〜TB-33は269t、TB-34は261t) 全長:53.34m(53.36mともいわれる) 幅:5.38m 吃水:1.77m(1.82mともいわれる) 主缶:ノルマン缶3基(TB-29、TB-30はMosher缶、TB-31〜TB-34はソーニクロフト缶3基、TB-35はSeabury缶) 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/2軸 出力(計画):3,000馬力 速力:26.0kt 航続力:14.0ktで1,755浬 兵装:1ポンド砲3基、457o魚雷発射管3基 乗員:28名(32名ともいわれる)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブレイクリー Blakeley TB-27 George Lawley & Sons 1904/12/27 1919/3/8 1919/5 ◎1899/1/22 起工
◎1900/11/22 進水
◎後にニューポートにて艤装
1907/6/13 ノーフォークにて駆逐艦ホイップル Whippleと衝突し損傷
1908/3/30 ペンサコラにて放った魚雷が誤って自艦に命中、損傷
◎1907/1/19(1907/2/28頃?) 海軍工廠ノーフォークにて退役、保管
◎1908/1/13 再役
◎1908/7/1 ノーフォークにて予備水雷小艦隊に編入
◎1908末 退役
◎1909/5/6 ニュー・ヨーク海軍工廠にて再役
◎1909/11/9 チャールストンにて保管
◎1914/3/17 退役
◎1917/4/7 再役
◎1918/8/1 艦種を沿岸水雷艇に改め、沿岸水雷艇第13号 Coast Torpedo Boat No. 13と改名
TB-28 George Lawley & Sons
TB-29
TB-30
TB-31
TB-32
TB-33
TB-34
TB-35


Update 17/04/11