PR
河用砲艦


※データは哨戒砲艦パロスの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パロス Palos PR-1 メア・アイランド海軍工廠 1914/6/24 1937/5/21 1937/5/21 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-1)に改める
◎1933〜1934 この間、上海にて入渠(12
◎1937/6/3 解体のため、Ming Sung Industrial Co. に売却


※データは哨戒砲艦モノカシーの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モノカシー Monocacy PR-2 メア・アイランド海軍工廠 1914/6/24 1939/1/31 1939/1/31 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-2)に改める
◎1929 上海にてオーヴァーホール
◎1939/2/10 中国沿岸沖にて沈没処分
◎Yangtze River 1930-1932.


※データは哨戒砲艦グアム級の項を参照

↑Mei Yuan ex-Tutuila (PR-4). Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グアム
12
Guam PR-3 Kiangnan Dock & Engineering Works 1927/12/28 1942/3/25 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-3)に改める
◎1941/1 ウェーク Wakeと改名
1941/12/8 上海にて日本に降伏、拿捕され江南造船所、上海第一工作部で改装(〜1941/12/26)
◎1941/12/15 日本海軍に編入、多々良と改名
◎1942/7/7 南京にて無線改装(〜1942/7/20)
◎1943/6/11 江南にて修理
◎1945/9/30 除籍
◎1945 日本より返還
◎1946 中国国民党に貸与され太原 Tai Yuanと改名
1949/4 南京にて中国共産党に降伏、直後に中国国民党空軍機の攻撃により損傷
◎後に引き揚げられる、修理
◎1960年代まで在籍
ツツイラ Tutuila PR-4 Kiangnan Dock & Engineering Works 1928/3/2 1942/1/18 1942/3/25 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-4)に改める
1939/10/4 Chungkingにて商船Payangと衝突し損傷
1940/5/8 Chungkingにて座礁
◎1940/5/13 離礁
1941/7/30 日本軍機の誤った攻撃により損傷
◎1942/3/19 中国国民党に貸与され眉原 Mei Yuanと改名
◎1948 放棄、沈没処分
1949 中国共産党が引き揚げられ、拿捕
◎1960年代まで在籍
◎At Chungking、China, 1938-1942.


※データは哨戒砲艦パネイ級の項を参照
↑Panay (PR-5). Underway 30 August 1928. National Archives photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パネイ Panay PR-5 Kiangnan Dockyard & Engineering Works 1928/9/10 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-5)に改める
1929/11/30 Hwangshihkangの埠頭にてイギリスの商船Payangに衝突され損傷
1937/12/12 揚子江の南京付近にて日本海軍機の誤った攻撃により沈没
オアフ Oahu PR-6 Kiangnan Dockyard & Engineering Works 1928/10/22 1942/5/8 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-6)に改める
◎1941? 改装(〜1941/11末)
1942/5/5 コレヒドール島にて日本軍の攻撃により沈没


排水量:500t 全長:64.28m 幅:9.44m 吃水:1.82m(平均) 主機/軸数:直立三段膨張式蒸気機関2基/2軸 出力3,150馬力 速力:16.0kt 兵装:76o砲2基、7.62o機銃10基 乗員:80名

↑Title: USS LUZON (PR-7). Caption: View taken 4 July 1932, at Ichang, China, with USS GUAM (PR-3) alongside. Note motor sampans moored astern of LUZON. Note ships "dressed" for the 4th. Description: Courtesy of Mr. W. G. Kelly, 1970. Catalog #: NH 81249. Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.
※下は河用砲艦ルソン(PR-7)の搭載艇。ガソリン機関で速力は16.0kt。河用砲艦グアム(PR-3)でも搭載されていて1941年12月に日本軍拿捕後、そのまま日本海軍は多々良に搭載して使用した

↑Title: USS LUZON (PR-7). Caption: View of motor sampan used as the personal "barge" of the commander, Yangtze Patrol, (COMYANGPAT), circa 1932. Note two-star insignia on bow, and "USS LUZON" on the seat aft. Description: Courtesy of Mr. W. G. Kelly, 1970. Catalog #: NH 81332. Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ルソン Luzon PR-7 Kiangnan Dockyard & Engineering Works 1928/6/1 1942/5/8 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-7)に改める
1929頃 長江にて座礁
◎1941? 改装(〜1941/11末)
◎1942/5/6 コレヒドール島にて日本軍に拿捕されるのを防ぐため沈没処分
1942/5末 日本が引き揚げ拿捕
◎1942/8/1 日本海軍に編入、唐津と改名
◎1942/10/14 第一〇三工作部で整備完成
1944/3/3 スールー海にてアメリカ海軍潜水艦ナーワル Narwhal(SS-167)の雷撃により損傷
◎1945/2/5 マニラ撤収のため、マニラ湾にてキャヴィテ工作部により爆破処分
◎1945/4/10 除籍
◎Philippines 1942.
ミンダナオ Mindanao PR-8 Kiangnan Dockyard & Engineering Works 1928/7/10 1942/5/10 ◎1928/6/15 艦種を河用砲艦(PR-8)に改める
◎1928/12末〜1929初め 上海にて修理、オーヴァーホール(〜1929/3/21)
1942/5/2 フィリピンにて日本軍機の爆撃により損傷、日本軍に拿捕されるのを防ぐため沈没処分
◎Flag ship, South China Patrol, 1929-1941. Philippines 1942.


Update 17/06/05