PCC
指揮駆潜艇

※艦種記号は、当初はPC(C)だったが後にPCCと変更される
※データは駆潜艇(鋼製船体)PC-461級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた期間
PCC-462 George Lawley & Son Corp. 1942/4/15 1945/12/14 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-462)に改める
◎1947/2/20 海事委員会に移管、売却
PCC-463 George Lawley & Son Corp. 1942/4/29 1946/8/16
(1947/3/1?)
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-463)に改める
◎1945/10/9 沖縄にて台風“ルイーズ”により座礁、損傷、後に横須賀にて修理
◎1953/7/10(1953/7/20?) キー・ウェスト北西海域にて攻撃型潜水艦トラッタ Trutta(SS-421)の標的として沈没(Mk. 28魚雷のテスト)
PCC-466 George Lawley & Son Corp. 1942/6/3 1947/3/1 1960/7/1 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-466)に改める
◎退役後、Columbia Riverにて係船
◎1955/10/27 艦種を駆潜艇(鋼製船体)(PC-466)に改める
PCC-469 George Lawley & Son Corp. 1942/7/13 1946/12 1949 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-469)に改める
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1949 標的として沈没
1942/7/13〜1946/4/15
◎PCC-469 performed occupation duty in the Far East. She returned to Charleston, South Carolina on 16 October 1945. Her Coast Guard crew was removed on 15 April 1946. Her final assignment was to the U. S. Naval Salvage School Bayonne, NJ. Disposed of through testing in June 1949.


※データは掃海艇アドロイト級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PCC-1599 Jakobson Shipyard, Inc. 1943/2/5 1945/12/14 1949/1/1 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-1599)に改める
◎1948/3 War Shipping Administrationに移管
◎1949/3/18 海事委員会に移管、ニュー・オーリンズのCalifornia Co. に売却
◎1956 サンタ・バーバラのSubmarex Corp. に売却され石油探査船エクスプロイトとなる(オフィシャル・ナンバー271807)
◎1966 運用終了
PCC-1601 ナッシュヴィル・ブリッジ社 1942/10/12 1945/12/14 1946/1/8 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-1601)に改める
◎1948/6/15 海事委員会に移管
◎1953 アラメダのJohn K. Seabornに売却され曳船Seaborn IIとなる(オフィシャル・ナンバー265342)
◎1954 サン・フランシスコのSeaborn Service Co. に売却
◎1956 サン・フランシスコのArthur J. Theisに売却
◎1957 ポートランドのFred Devineに売却
◎1961 アラメダのJohn K. Seabornに売却
◎1972 放棄
PCC-1602 Penn-Jersey Ship Building Corp. 1943/4/10 1946/1 1946/5/21 ◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-1602)に改める
◎1948/6/15 海事委員会に移管
◎後にWalter H. Wilmsに売却


Update 17/05/14