空中給油機


※無人空中給油機兼偵察機。元々、航空母艦搭載空中給油システム(Carrier Based Aerial Refueling System: CBARS)という計画名称。後に無人航空母艦航空システム(Unmanned Carrier Aviation Air System: UCAAS)と名称が変わる。海軍では航空母艦から500浬進出し、15,000ポンド(6,803s)の燃料を補給する能力を要求
※ノースロップ・グラマン社 Northrop Grumman CorporationがX-47Bを元にした案を出すも2017年末に撤退。2018年1月3日にボーイング社 Boeing Company、ロッキード・マーチン Lockheed Martin Corp.、ジェネラル・アトミックス General Atomicsが、スティングレイの機体に対する最終提案に応え、2018年夏の間に海軍が最終的な設計を選択する予定
※ボーイング社 Boeing Company案

↑Boeing's MQ-25 unmanned aircraft system is completing engine runs before heading to the flight ramp for deck handling demonstrations next year. The aircraft is designed to provide the U.S. Navy with refueling capabilities that would extend the combat range of deployed Boeing F/A-18 Super Hornet, Boeing EA-18G Growler, and Lockheed Martin F-35C fighters. Boeing photo. Image courtesy of USNI news.
※ロッキード・マーチン社 Lockheed Martin Corp. 案。2018年4月にロッキード・マーチン社が、MQ-25計画に提案する機体のサプライヤーを明らかにした。エンジンはF/A-18と同じジェネラル・エレクトリック社 General Electric CompanyのF404ターボファン・エンジン、降着装置はUTC Aerospace Systems。これはF-35Cと同じ。なるべく既製品を活用してリスクを低減する考え

↑Lockheed Martin MQ-25A Concept. Lockheed Martin Image. Image courtesy of USNI news.
※ジェネラル・アトミックス社 General Atomics案

↑Artist's Concept of the General Atomics MQ-25 Stingray. GA Image used with permission. Image courtesy of USNI news.


Update 18/04/23