空中給油機


※無人空中給油機兼偵察機。元々、航空母艦搭載空中給油システム(Carrier Based Aerial Refueling System: CBARS)という計画名称。後に無人航空母艦航空システム(Unmanned Carrier Aviation Air System: UCAAS)と名称が変わる。海軍では航空母艦から500浬進出し、15,000ポンド(6,803s)の燃料を補給する能力を要求
※ノースロップ・グラマン社 Northrop Grumman CorporationがX-47Bを元にした案を出すも2017年末に撤退。2018年1月3日にボーイング社 Boeing Company、ロッキード・マーチン Lockheed Martin Corp.、ジェネラル・アトミックス General Atomicsが、スティングレイの機体に対する最終提案に応え、2018年夏の間に海軍が最終的な設計を選択する予定
※2018年8月30日にボーイング社案が採用される
※2020年12月9日にボーイング社と海軍はMQ-25にCobham製の空中給油ポッド(ARS: Aerial Refueling Store)を搭載した状態で最初のフライトを実施したと発表
※ボーイング社 Boeing Company案

↑MASCOUTAH, Ill. (Sept. 19, 2019) - The MQ-25 unmanned carrier-based test aircraft comes in for landing after its first flight, Sept. 19, 2019, at MidAmerica Airport in Mascoutah, Ill. The Boeing-owned test asset, known as T1, flew two hours to validate the aircraft's basic flight functions and operations. U.S. Navy photo courtesy of Boeing. (Released)

↑WASHINGTON (Aug. 30, 2018) - File photo dated January 29, 2018. Boeing conducts MQ-25 deck handling demonstration at its facility in St. Louis, Mo. U.S. Navy photo courtesy of The Boeing Co. (Released)
※ロッキード・マーチン社 Lockheed Martin Corp. 案。2018年4月にロッキード・マーチン社が、MQ-25計画に提案する機体のサプライヤーを明らかにした。エンジンはF/A-18と同じジェネラル・エレクトリック社 General Electric CompanyのF404ターボファン・エンジン、降着装置はUTC Aerospace Systems。これはF-35Cと同じ。なるべく既製品を活用してリスクを低減する考え

↑Lockheed Martin MQ-25A Concept. Lockheed Martin Image. Image courtesy of USNI news.
※ジェネラル・アトミックス社 General Atomics案。2018年7月5日に海軍に提案するMQ-25について、複合材料製の燃料タンク統合主翼構造を提案すると発表した。同月にMQ-25用のアレスティング・フックと組み合わせて使用するホールド・ダウン・ダンパ(HDD)の性能試験が完了したと発表。結果は良好との事。同月末にMQ-25関連の風洞試験が完了したと発表(航空母艦への適合性やミッション・パフォーマンスの検証が目的で、最後に実施したのは高揚力装置とスポイラー式DLC(Direct Lift Control)の低速風洞試験)

↑Artist's Concept of the General Atomics MQ-25 Stingray. GA Image used with permission. Image courtesy of USNI news.


Update 20/12/14