ESD
遠征用積み替えドック

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
※データは機動揚搭支援艦モントフォード・ポイント級の項を参照
※2015年9月3日に、海軍長官と米海軍作戦総長が艦種記号の改訂案に署名。機動揚陸プラットフォーム、機動揚搭支援艦(MLP)から遠征用積み替えドック(ESD: Expeditionary Transfer Docks)に改訂
↑YOKOSUKA, Japan (Sept. 22, 2015) - The Military Sealift Command expeditionary transfer dock ship USNS Montford Point (T-ESD-1) sit pier-side at Commander Fleet Activities Yokosuka (CFAY). CFAY provides, maintains, and operates base facilities and services in support of U.S. 7th Fleet's forward-deployed naval forces, 83 tenant commands, and 24,000 military and civilian personnel. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Peter Burghart. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モントフォード・ポイント Montford Point T-ESD-1 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2015/9/4 艦種を遠征用積み替えドック(T-ESD-1)に改める
◎2016/3/13 日本海にて米韓合同演習SY16(Ssang Yong 2016)に参加中、洋上でLCACに貨物を積み替えるデモンストレーションを実施(第3事前集積船隊所属の洋上事前配備船(貨物輸送艦)フレッド W. ストックハム特務曹長 GYSGT Fred W. Stockham(T-AK-3017)との組み合わせで実施、S2S(Skin-to-Skin)と称する(123456789101112131415))
ジョン・グレン John Glenn T-ESD-2 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2015/9/4 艦種を遠征用積み替えドック(T-ESD-2)に改める
ルイス B. プラー Lewis B. Puller T-ESD-3
(T-ESB-1)
ナショナル・スチール&シップビルディング社 2017/8/17 ◎2015/9/4 艦種を遠征用積み替えドック(T-ESD-3)/遠征用機動基地(T-ESB-1)に改める
◎後に艦種記号をT-ESB-3に改める
◎2016/11 ノーフォークのナショナル・スチール&シップビルディング社にてPSA(〜2017/4、修理額$34,468,958)
◎2017/8/17 バーレーンのKhalifa Bin Salman Portにて就役、艦種記号をESB-3に改める、海軍が、管理運行(この変更は武力紛争法(laws of armed conflict)の下で、対機雷戦等の特定の任務は軍艦によって行われなければならないという事実によるもの。アメリカ国外で最初に就役したアメリカ艦船)
ハーシェル“ウッディ”ウィリアムズ Hershel "Woody" Williams T-ESD-4
(T-ESB-2)
ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2015/9/4 艦種を遠征用積み替えドック(T-ESD-4)/遠征用機動基地(T-ESB-2)に改める
◎後に艦種記号をT-ESB-4に改める
◎2016/1/14 チャールストンにて艦名を祝う式典(123
◎2016/8/2 起工
◎2017/8/19 進水
◎2017/10/21 命名式
◎2018/2/22 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2019/1 ノース・チャールストンのDetyens Shipyards, Inc. にて120日間の入渠整備、PSA(〜2019/7予定、修理額$30,106,818)


Update 19/08/18