CVN
原子力汎用航空母艦

※1975年から原子力汎用航空母艦 Multi-Purpose Aircraft Carrier (Nuclear)と変更される(直訳では原子力多目的航空母艦だが、このサイトでは原子力汎用航空母艦とする)
1991年に全米研究評議会 United States National Research Council、アカデミーの海軍研究委員会(Naval Studies Board)及びこれとは別に行われた海軍分析センター(Center for Naval Analysis)の研究では、船型や推進方式等まで含まれた将来の航空母艦の根本的検討が行われた。現用の航空母艦の代案として提案された中には、排水量45,000tの比較的コンパクトな空母から半潜水空母のような大胆な案、更に排水量216,000t、長さ900mの滑走路と持つ巨大な艀案もあった

↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 20/10/29