税関監視カッター
Revenue Cutters

アイコン 意味
戦闘や事故で失った場合(沈没、墜落)や損傷した場合、艦船などの内部で事故や事件がおこった場合の意味です。自軍や同盟軍、所属機関、所有会社が行った沈没処分や破壊処分、漁礁としてまたは演習で使用して沈めた場合にはこのアイコンは付けません
戦果や功績、各機関に寄贈された場合の意味です。戦争などで沈没し、何十年後に発見された場合もこのアイコンです
映画やTVドラマ、ドキュメンタリーに使用された場合の意味です
参考文献、小説や書籍に登場する事柄です
インターネットやTVゲームに登場する事柄です
UFOなど超常現象に遭遇した事柄です


排水量:155t 全長:31.08m 幅:7.01m 吃水:2.68m 兵装:18ポンド砲門、32ポンド2門(1849年時。ウィリアム J. デュエインは1861年には32ポンド砲1門、24ポンド砲1門。モリスは1861年にpivot上に32ポンド・カロネード砲、12ポンド榴弾砲)
※トップセイル・スクーナー
※船内に12挺のメイナード・ライフル、12挺のスムースボア・マスケット銃、12挺の拳銃、19のカットラス、11のパイク、18のバトル・アクスを装備

↑"The Revenue Cutter Morris prepares to board the passenger ship Benjamin Adams on July 16, 1861." Painting by Gil Cohen.
船名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キャンベル Campbell Graves & Ferrebee ◎1849/7/7 進水
◎1849/7/30 引き渡される
1851/8/27 スクーナーと衝突し損傷、のちにノーフォークにて修理
◎1855/3/11 ジョー・レーン Joe Laneと改名
◎1869/7/20 Port Townsendにて売却
クロフォード Crawford Jacob Tees ◎1848(1849?) 進水
◎1849 竣工
◎1852/6/21 沿岸測量部に移管
◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1869/6/21 売却(売却額$4,180)
ウィリアム J. デュエイン William J. Duane Jacob Tees ◎デュエイン Duaneともいわれる
◎1849 進水
◎1849/6/7 引き渡される
1861/4/18 ノーフォークにてアメリカ連合国軍に拿捕
モリス Morris Brown & Cottrell ◎1849/4/26 進水
◎1850/1/16 ニュー・ヨークにて一時的な係船(〜1851/5/26)
◎1853/11 チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1854/10/11 修理(修理額$8,808.83)
◎1860/6/13 修理(修理額$5,000)
◎1865/3/31 修理(修理額$10,807.07)
◎1868/12/10 ボルティモアにて売却


排水量:115t
※トップセイル・スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ハリソン Harrison John Carrick ◎1849 進水
◎1849/8/14 竣工、引き渡される
1852/11/12 疾風により損傷、後に修理(修理額$1,280.00)
◎1856/10/6 Messrs. Merry & Gayに売却(売却額$1,690.00)
インハム Ingham John Carrick ◎1849 進水
◎1856/9/24 売却


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アーガス Argus 1850?


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フロリック Frolic ◎1851/12/4 カリフォルニアにてチャーター
◎1853 購入、後に売却


排水量:136t(ジェームズ・キャンベルは152t、ジェファーソン・デイヴィスは160t、ジェームズ C. ドビンは174t) 甲板長:28.55m(ジェームズ・キャンベルは全長27.73m、ジェファーソン・デイヴィスは28.34m、ジェームズ C. ドビンは28.62m、ウィリアム L. マーシーは28.65m、ロバート・マクレランドは28.04m) 幅:6.64m(ジェームズ・キャンベル、ジェファーソン・デイヴィスは6.40m、ジェームズ C. ドビンは6.88m、ロバート・マクレランドは6.70m) 吃水:2.74m(ジェームズ・キャンベルは2.62m、ジェームズ C. ドビンは3.04m) 兵装:12ポンド砲1門(進水時。1860年には9ポンド・カロネード砲1門、1861年には32ポンド砲1門、21挺のカービン、19のカットラス、1863年には32ポンド砲1門、12ポンド砲1門(ジェームズ・キャンベルは1861年には30ポンド・ライフル砲1門、ジェームズ C. ドビンは1861年には32ポンド砲1門、、ロバート・マクレランドは砲1門〜5門) 乗員:士官?名、下士官兵13名
※トップセイル・スクーナー
※キャレブ・カッシング、ジェームズ C. ドビンは全長28.34mともいわれる
↑USRC Jefferson Davis; "U.S. REVENUE CUTTER JEFFERSON DAVIS (1853-1862): A line drawing by Donald G. McGibbon, Jr., PA2, USCGR, using as historical references its official description, and Howard I. Chapelle, The History of the American Sailing Navy: The Ships and Their Development (New York: Bonanza Books, 1949)."; G-APA-08-10-76 (01); 1976; drawn by PA2 Donald G. McGibbon, Jr., USCGR; copy of image in Jefferson Davis cutter file, USCG Historian's Office. The Revenue cutter Jefferson Davis was named for the man who would become the first and only president of the Confederacy although at the time of the cutter's launch in 1853, and the reason for this singular honor, he was President Franklin Pierce's Secretary of War. In fact all vessels of this class were named for members of President Pierce's cabinet. She was a 90-plus foot topsail schooner that displaced about 150 tons. She was built by J. M. Hood of Bristol, RI. She survived a hurricane in 1853 with slight damage and put into Charleston for repairs. After reentering service, she sailed to San Francisco around Cape Horn to serve on the west coast, arriving in July, 1854. She participated in the suppression of a Native American uprising in Olympia, WA in 1855. She was converted to a "Marine Hospital Boat" in 1862.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジェームズ・キャンベル James Campbell James M. Hood ◎キャンベル Campbellともいわれる
◎1853/7/9 進水
◎1875/7/8 ニュー・ヨークにて民間に売却され捕鯨船Pedro Varelaとなる
1916 船員の反乱により航海中に喪失
キャレブ・カッシング Caleb Cushing James M. Hood ◎カッシング Cushingともいわれる
◎1853/7/12 進水
◎ニュー・ヨークにて艤装
1863/7/27 ポートランドにてアメリカ連合国海軍艦艇に拿捕され焼却処分
ジェファーソン・デイヴィス Jefferson Davis James M. Hood 1853 1862 ◎デイヴィス Davisともいわれる
◎1853 進水
◎ニュー・ヨークにて艤装
◎1853/11中旬 修理(〜1853/11下旬)
◎1862 病院船に改装
ジェームズ C. ドビン James C. Dobbin James M. Hood 1853 1881 ◎ドビン Dobbinともいわれる
◎1853/4/18 ジェームズ C. ドビンと命名
◎1853/7/13 進水
◎ニュー・ヨークにて艤装
◎1861/4下旬 フィラデルフィアにて改装
◎1876/12 ボルティモアにて練習船となる(〜1878夏)
◎1881/4/6 ボルティモアにてHenry Brothersに売却され商船John L. Thomasとなる(売却額$5,166)
ウィリアム L. マーシー William L. Marcy James M. Hood ◎マーシー Marcyともいわれる
◎1853/6 進水
◎1862/3/5 沿岸測量部に移管
ロバート・マクレランド Robert McClelland James M. Hood 1853 ◎マクレランド McClellandともいわれる
◎1853/4/18 ロバート・マクレランドと命名
◎1853/7/11 進水
◎ニュー・ヨークにて艤装
◎1859/7中旬 ニュー・ヨークにて修理
1861/1/31 ルイジアナ州が接収
◎1861/2/18 アメリカ連合国軍(南軍)に売却されピケンズ Pickensと改名


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シー・ドリフト Sea Drift Ivans & Grinnel 1853/3 1857/2


排水量:82t 兵装:砲2門 乗員:25名(1861年には35名)
※スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウィリアム・エイキン William Aiken チャールストン? ◎エイキン Aikenともいわれる
◎1855 Hugh Vincentのパイロット・ボートEclipseを購入
1860/12/27 チャールストンにてサウス・カロライナ州が接収


排水量:93t(フィリップ・アレン) 全長:24.38m 幅:7.01m 吃水:1.70m 兵装:9ポンド砲1門(ルイス・キャスは1862年には68ポンド砲1門) 乗員:士官?名、下士官兵13名
※トップセイル・スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フィリップ・アレン Philip Allen Page & Allen ◎アレン Allenともいわれる
◎1856 進水
◎1865/12/9 売却
ルイス・キャス Lewis Cass Page & Allen ◎キャス Cassともいわれる
◎1856 進水
1861/1/31 アラバマにてアメリカ連合国軍(南軍)に拿捕
ヘンリー・ドッジ Henry Dodge Page & Allen ◎ドッジ Dodgeともいわれる
◎1856 進水
1861/3/2 ガルヴェストンにてテキサス州が接収、後にアメリカ連合国軍(南軍)に売却


排水量:142t 全長:35.20m(改装後は45.11m) 幅:7.34m(7.83mともいわれる) 吃水:3.53m(3.65mともいわれる) 兵装:砲2門 乗員:士官2名、下士官兵28名
※バーク
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サーモン P. チェイス Salmon P. Chase Thomas Brown 1878/8/6 1907/7/17 ◎チェイス Chaseともいわれる
◎1878 進水
◎士官候補生実習船となる
◎1895 改装
◎1907/7/17(1912/6/15?) U.S. Public Health Serviceに移管
◎後に船種を係留艀に改める
◎Cadet practice vessel.


排水量:50t 全長:19.20m 幅:5.36m 吃水:1.55m 兵装:6ポンド砲1門
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジョン B. フロイド John B. Floyd Merry & Gay ◎フロイド Floydともいわれる
◎1857 進水
◎1857/6〜7 竣工
◎1864/5/16 売却
ジェイコブ・トムソン Jacob Thompson Merry & Gay ◎トムソン Thompsonともいわれる
◎1857 進水
◎1857/6〜7 竣工
◎1870/10/12 ボルティモアにて売却(売却額$1,400)
アーロン V. ブラウン Aaron V. Brown Merry & Gay ◎ブラウン Brownともいわれる
◎1857 進水
◎1857/6〜7 竣工
◎1864/8/23 民間に売却されA. V. Brownと改名
ハーウェル・コッブ Howell Cobb Merry & Gay ◎コッブ Cobbともいわれる
◎1857 進水
◎1857/6〜7 竣工
1861/12/27 Cape Annにて難破、全損
ジェレマイア S. ブラック Jeremiah S. Black Merry & Gay ◎ブラック Blackともいわれる
◎1857 進水
◎1857/6〜7 竣工
◎1867 フィラデルフィアにて係船
◎1868 売却
アイザック・トウシー Isaac Toucey Merry & Gay ◎トウシー Touceyともいわれる
◎1857/8 進水
◎1867 ニュー・ヘイヴンにて修理
◎1869/6/21(1869/6/22?) 売却(売却額$1,400)


排水量:58t
※スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジョン・アップルトン John Appleton Page & Allen ◎アップルトン Appletonともいわれる
◎1857 進水
◎1858 竣工
◎1861/4/11 海軍に移管
1861/8 Tampa Bayにて座礁、焼失


排水量:62t 垂線間長:17.67m 幅:6.09m 吃水:1.52m 兵装:12ポンド・ダールグレン・ライフル砲2門
※スクーナー?
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アガシ Agassiz ボルティモア ◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1865/12/29 沿岸測量部に移管


排水量:90t
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アラゴ Arago ◎1861/5/31 税関監視船部に移管、ニュー・ヨークにて宿泊船となる(〜1861/10)
◎1861末 沿岸測量部に移管


排水量:134t 全長:25.90m 幅:6.37m 吃水:2.74m 兵装:20ポンド砲1門(海軍時) 乗員:13名
※スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ホープ Hope ◎1861/5/24 T. P. Ivesのスクーナーをチャーター
◎1861/11/22 前の持ち主に返却
◎1861/11/29 海軍が購入


兵装(1861年時):32ポンド1門、pivot上に24ポンド砲1門 乗員:45名
※スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴァリーナ Varina ◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1865/11/22 沿岸測量部に移管
1870/1/18 Pass a l'Outre近海にて沈没


全長:31.08m
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウィリアム H. クロフォード William H. Crawford フィラデルフィア ◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1869/6/21 売却


排水量:170t 兵装:砲3門
※スクーナー
↑Schooner Yacht Henrietta. Line engraving, published in "Harper's Weekly", 10 August 1861. It depicts Henrietta operating under the U.S. Revenue Service flag during the early part of the Civil War. She was commanded by Lieutenant James Gordon Bennett, Jr., who was her owner as a civilian yacht. U.S. Naval Historical Center Photograph.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヘンリエッタ Henrietta ◎1861/6 James Gordon Bennett, Jr. より取得し、運用開始
◎1862/5 前の持ち主に返却
1866/12 Great Ocean Transatlantic Raceにて優勝


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サムナー Sumner ◎1861 チャーター(6ヶ月間)


※スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ズアーヴ Zouave ◎B. & J. Wilsonのスクーナーを取得


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クルーザー Cruiser ◎アナポリスにてチャーター


船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジョー・ミラー Joe Miller ◎アナポリスにてチャーター


排水量:85t 兵装:30ポンド・パロット・ライフル砲1門 乗員:12名
※トップセイル・スクーナー
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アンティータム Antietam J. J. Fardy & Bros. ◎1864/3/1 1854年進水のスクーナーを購入
◎1870/1/15 モービルにて売却(売却額$2,800)


排水量:120t 全長:27.43m(リリーフ、レスキューは28.04m、ペトレル、レーサーは25.90m) 幅:5.79m(リリーフ、レスキューは6.09m) 吃水:2.16m(リリーフ、レスキュー、ペトレル、レーサーは2.13m) 兵装:砲1門 乗員:13名
※スクーナー
船名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アクティヴ Active John W. Lynn 1867 1875 ◎1867/5 進水
◎1875/5/13 ニュー・ヨークにて売却
◎1875 商船Addie L. Birdとなる
リゾリュート Resolute John W. Lynn 1867 1872 ◎1867/6 進水
◎1872/2/10 フィラデルフィアにて売却
リリーフ Relief Jacob Birely & John W. Lynn 1867 1870? ◎1867 進水
◎1870 処分
レスキュー Rescue Jacob Birely & John W. Lynn 1867 1874 ◎1867 進水
◎1874/6/23 民間に売却
◎1875 商船となる
ペトレル Petrel W. H. Hathorn ◎1866 進水
◎1873/10/21 売却
レーサー Racer W. H. Hathorn 1867 1873 ◎1866 進水
◎1873/7/30 売却


排水量:227t 全長:33.52m 幅:7.57m 吃水:3.35m
※トップセイル・スクーナー
船名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リライアンス Reliance J. J. Fardy & Bros. 1867/6/3 1874 ◎1867/6 進水
◎1875/1/5 民間に売却
◎1875 商船Leoとなる
ヴィジラント Vigilant J. J. Fardy & Bros. 1867/6/3 ◎1867 進水
◎1871 処分


全長:11.27m 幅:3.65m(3.77mともいわれる)
※スクーナー
船名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リポート Report Sag Harbor 1887/1/31 ◎1872 Customs Serviceにて運用開始
◎1874/1/23 税関監視船部に移管


排水量:15t
船名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サヴィル Saville ミスティック 1872 1884/10/16 ◎1872進水のミスティックのD. O. Richmondのボートを取得
◎1884/10/16 売却


Update 23/10/21