SC
駆潜艇(木製船体)


基準排水量:95t(SC-1074は85t、SC-1085〜SC-1089、SC-1327、SC-1336、SC-1345、SC-1346、SC-1486は98t) 満載排水量:148t 全長:33.52m(30.48mとも33.78mともいわれる) 幅:5.18m(SC-508、SC-536、SC-537、SC-539、SC-986、SC-987、SC-1024、SC-1327、SC-1486は5.46m、SC-1035、SC-1071、SC-1072は7.01m、SC-1074は4.54m) 吃水:2.01m(最大、SC-1035、SC-1071、SC-1072は3.07m、SC-1074は1.76m) 主機/軸数:ジェネラル・モータース式8-268Aディーゼル機関2基またはジェネラル・モータース・エレクトロモーティヴ部門式16-cyl. 16-184A“パンケーキ”ディーゼル機関2基/2軸 出力:880制動馬力または1,540制動馬力(SC-499、SC-511、SC-512、SC-985、SC-988、SC-989、SC-996〜SC-999、SC-1003〜SC-1023、SC-1025、SC-1026〜SC-1038、SC-1053〜SC-1056、SC-1059〜SC-1072、SC-1075、SC-1076、SC-1294〜SC-1297、SC-1324、SC-1335、SC-1338〜SC-1340、SC-1347、SC-1348、SC-1350、SC-1355〜SC-1357、SC-1362〜SC-1375、SC-1474〜SC-1479、SC-1507、SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は1,540制動馬力、SC-502、SC-513、SC-514、SC-518、SC-520、SC-521、SC-527、SC-528、SC-531、SC-982、SC-990〜SC-995、SC-1000〜SC-1002、SC-1039、SC-1040〜SC-1052、SC-1057、SC-1058、SC-1266〜SC-1271〜SC-1282、SC-1290〜SC-1293、SC-1298〜SC-1323、SC-1325、SC-1326、SC-1328〜SC-1330、SC-1332〜SC-1334、SC-1337、SC-1341〜SC-1344、SC-1351〜SC-1354は800制動馬力) 速力:15.6kt(880制動馬力)または21.0kt(1,540制動馬力)(SC-668、SC-671、SC-673、SC-675、SC-685〜SC-689、SC-703〜SC-705、SC-713、SC-719、SC-1074は18.0kt、SC-750、SC-769、SC-982、SC-988〜SC-994、SC-996〜SC-1023、SC-1025〜SC-1040、SC-1049〜SC-1051、SC-1053〜SC-1057、SC-1059〜SC-1066、SC-1068〜SC-1072、SC-1075、SC-1076、SC-1294、SC-1296、SC-1297、SC-1300、SC-1329、SC-1330、SC-1332、SC-1335、SC-1338〜SC-1340、SC-1347、SC-1348、SC-1350、SC-1356、SC-1357、SC-1363〜SC-1375、SC-1474〜SC-1485、SC-1488〜SC-1493、SC-1496〜SC-1499、SC-1502〜SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は21.0kt) 航続力:12.0ktで1,500浬(12.0ktで2,300浬ともいわれる) 兵装:23口径76o単装砲1基(SC-508、SC-536、SC-537、SC-539、SC-630、SC-637、SC-642、SC-643、SC-648、SC-661、SC-663、SC-666、SC-669、SC-674、SC-676、SC-683、SC-690、SC-691〜SC-693、SC-695、SC-697、SC-709、SC-715、SC-716、SC-718、SC-720〜SC-723、SC-727、SC-730、SC-731、SC-733、SC-736、SC-739〜SC-742、SC-744、SC-745、SC-747、SC-749、SC-751、SC-752、SC-754、SC-757、SC-760、SC-761、SC-770〜SC-775、SC-977〜SC-980、SC-984、SC-986、SC-986、SC-1024、SC-1067、SC-1073、SC-1085〜SC-1087、SC-1331、SC-1336、SC-1345、SC-1346は50口径76o単装砲1基もしくは40o単装機銃1基、SC-750、SC-769、SC-765〜SC-767、SC-982、SC-985、SC-988〜SC-1023、SC-1026〜SC-1034、SC-1036〜SC-1052、SC-1054、SC-1055、SC-1057〜SC-1066、SC-1068〜SC-1070、SC-1075、SC-1076、SC-1266〜SC-1284、SC-1288〜SC-1330、SC-1332〜SC-1335、SC-1337〜SC-1344、SC-1347〜SC-1365、SC-1367〜SC-1375、SC-1474〜SC-1493、SC-1496〜SC-1499、SC-1502〜SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は40o単装機銃1基)、20o機銃2基(SC-762〜SC-767、SC-1288、SC-1289、SC-1327のみ、SC-1272、SC-1273、SC-1276〜SC-1278、SC-1329、SC-1357、SC-1364、SC-1365、SC-1372、SC-1474〜SC-1485、SC-1488〜SC-1493、SC-1496〜SC-1499、SC-1502〜SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は20o機銃3基)、12.7o機銃2基(SC-508、SC-536、SC-537、SC-539、SC-630、SC-637、SC-642、SC-643、SC-648、SC-661、SC-663、SC-666、SC-669、SC-674、SC-676、SC-683、SC-690、SC-691〜SC-693、SC-697、SC-695、SC-709、SC-715、SC-716、SC-718、SC-720〜SC-723、SC-727、SC-730、SC-731、SC-733、SC-736、SC-739〜SC-742、SC-744、SC-745、SC-747、SC-749、SC-750、SC-751、SC-752、SC-754、SC-757、SC-769、SC-982、SC-984〜SC-1006、SC-1008、SC-1012〜SC-1024、SC-1026〜SC-1031、SC-1036〜SC-1052、SC-1054、SC-1055、SC-1057〜SC-1070、SC-1073、SC-1075、SC-1076、SC-1266〜SC-1271、SC-1275、SC-1279〜SC-1287、SC-1290〜SC-1324、SC-1330〜SC-1332、SC-1335〜SC-1356、SC-1359〜SC-1363、SC-1367〜SC-1371、SC-1373〜SC-1375、SC-1474〜SC-1493、SC-1496〜SC-1499、SC-1502〜SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は12.7o連装機銃1基〜2基、SC-762〜SC-767、SC-1288はなし、SC-1032〜SC-1034、SC-1074、SC-1272、SC-1273、SC-1276〜SC-1278は7.62o機銃2基、SC-1357、SC-1364、SC-1365、SC-1372は12.7o機銃1基)、ロケット・ランチャー2基(SC-684のみ)、両舷爆雷投射機(Y砲)2基(SC-671、SC-673〜SC-675、SC-687〜SC-689、SC-701、SC-703〜SC-713、SC-719、SC-1032〜SC-1034、SC-1074、SC-1272、SC-1273、SC-1276〜SC-1278、SC-1325、SC-1326、SC-1328、SC-1333、SC-1334は両舷爆雷投射機(Y砲)1基、SC-536〜SC-539、SC-630、SC-631、SC-633、SC-641〜SC-643、SC-645、SC-646、SC-648、SC-654、SC-666、SC-676、SC-683、SC-685、SC-686、SC-690、SC-693、SC-695、SC-697〜SC-700、SC-702、SC-714〜SC-718、SC-720〜SC-775、SC-977〜SC-1006、SC-1008、SC-1012〜SC-1031、SC-1036〜SC-1052、SC-1054、SC-1055、SC-1057〜SC-1070、SC-1073、SC-1075、SC-1076、SC-1266〜SC-1271、SC-1274、SC-1275、SC-1279、SC-1280〜SC-1324、SC-1327、SC-1329〜SC-1332、SC-1335〜SC-1365、SC-1367〜SC-1375、SC-1474〜SC-1493、SC-1496〜SC-1499、SC-1502〜SC-1508、SC-1510〜SC-1512、SC-1517は爆雷投射機(K砲)2基〜3基、SC-540、SC-541、SC-628、SC-629は爆雷投射機(K砲)2基、SC-684は爆雷投射機4基)、爆雷投下軌条2条 乗員:士官3名、下士官兵25名(SC-508、SC-536、SC-537、SC-539、SC-630、SC-637、SC-642、SC-643、SC-648、SC-661、SC-663、SC-669、SC-674、SC-683、SC-690、SC-709、SC-718、SC-720〜SC-723、SC-727、SC-730、SC-731、SC-733、SC-736、SC-739〜SC-742、SC-744、SC-745、SC-747、SC-749、SC-751、SC-752、SC-754、SC-757、SC-760〜SC-767、SC-772〜SC-775、SC-984、SC-986、SC-1024、SC-1075、SC-1076、SC-1083、SC-1084、SC-1327、SC-1331、SC-1336、SC-1345、SC-1346、SC-1486は士官3名、下士官兵24名、SC-704、SC-705は乗員が沿岸警備隊員)
※110フィート型
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、123456
↑Exploded view of SC-497 class Subchaser. Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
SC-497 Westergard Boat Works, Inc. 1942/4/15 ◎1941/3/7 起工
◎1941/7/4 進水
◎1942/4/15 竣工
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-497)に改める
◎1944/3/18 フランスに貸与されCH96となる
SC-498 Westergard Boat Works, Inc. 1942/4/29 ◎1941/3/12 起工
◎1941/7/21 進水
◎1942/4/29 竣工
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-498)に改める
◎1944/10/18 フランスに貸与されCH142となる
SC-499
12
Fisher Boat Works, Inc. 1942/3/18 ◎1941/2/24 起工
◎1941/10/24 進水
◎1942/3/13 竣工
◎1945/8/20(1945/10/11?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-412)に改め、エア・ブラント Air Brantと命名
SC-500 Fisher Boat Works, Inc. 1942/3/31 ◎1941/2/27 起工
◎1941/10/11 進水
◎1942/3/31 竣工
◎1945/6/9 ソヴィエトに貸与されBO-319となる
SC-501
12
Seabrook Yacht Corp. 1946/6/5 ◎1943/4/9 海軍に移管
◎1943/4/21 艦種を非分類雑役船(IX-100)に改める
SC-502 Seabrook Yacht Corp. 1942/6/3 1945/12 ◎1941/5/6 起工
◎1942/1/31 進水
◎1942/6/3 竣工
◎1948/3/21 海事委員会に移管
◎She had patrol duties in the Tulagi-Lunga Point and Guadacanal areas as well as the Russell Islands. Visited Aukland, New Zealand 6 - 18 Jan 1945. SC-502 was cited for its part in rescuing the crew of a sinking SC in the Pacific while en route back to Pearl Harbor in late Jul of 1945.
SC-503 Rice Brothers Corp. 1942/4/24 ◎1941/1/30 起工
◎1942/3/14 進水
◎1942/4/13 竣工
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-503)に改める
◎1944/11/4 フランスに貸与されCH112となる
SC-504 Rice Brothers Corp. 1942/5/4 ◎1941/1/30 起工
◎1942/3/14(1942/3/21?) 進水
◎1942/4/23 竣工
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-504)に改める
◎1946/9/30 海事委員会に移管、後にシアトルのParks Canning Co. に売却されPacific Laurelと命名(売却額$10,000)
2006/8/4 ハワイ南西海域にて浸水(12
SC-505 Luders Marine Construction Co. 1942/4/21 ◎1941/2/24 起工
◎1942/2/23 進水
◎1942/4/10 竣工
◎1947/5/6 海事委員会に移管
SC-506 Luders Marine Construction Co. 1942/4/30 ◎1941/3/24 起工
◎1942/1/30 進水
◎1942/4/27 竣工
◎1944/9/27 フランスに貸与されCH113となる
SC-507 Mathis Yacht Building Co. 1942/1/19 ◎1941/2/6 起工
◎1941/6/30 進水
◎1942/1/19 竣工
◎1944/3/29 フランスに貸与されCH85となる
SC-508 Mathis Yacht Building Co. 1942/3/27 ◎1941/2/10 起工
◎1941/7/25 進水
◎1942/3/27 竣工
◎1944/3/18 フランスに貸与されCH95となる
◎後に艦種記号をP703に改める
◎1949/3 売却
SC-511
12
アメリカン・クルーザー社 1942/6/29 ◎1941/8/1 起工
◎1942/4/1 進水
◎1942/6/27 竣工
◎1945/8/15(1945/10/11?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-413)に改め、エア・カーディナル Air Cardinalと命名
SC-512
12
アメリカン・クルーザー社 1942/7/10 ◎1941/8/12 起工
◎1942/3/26 進水
◎1942/7/10 竣工
◎1945/10/24 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-414)に改め、エア・コンドル Air Condorと命名
SC-513 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/3/28 ◎1941/5/16 起工
◎1942/1/20 進水
◎1942/3/28 竣工
◎1945/10/21 海事委員会に移管
SC-514 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/4/15 ◎1941/6/14 起工
◎1942/3/7 進水
◎1942/4/12 竣工
◎1948/3/25 海事委員会に移管
SC-515 Elizabeth City Shipyard 1942/4/16 ◎1941/4/24 起工
◎1941/9/20 進水
◎1942/4/16 竣工
◎1944/10/10 フランスに貸与されCH121となる
SC-516 Elizabeth City Shipyard 1942/5/6 ◎1941/5/7 起工
◎1941/10/11 進水
◎1942/5/5 竣工
◎1944/3/19 フランスに貸与されCH81となる
SC-517 Elizabeth City Shipyard 1942/5/5 ◎1941/5/22 起工
◎1941/10/11 進水
◎1942/5/4 竣工
◎1944/3/16 フランスに貸与されCH82となる
SC-518 Elizabeth City Shipyard 1942/5/12 ◎1941/6/2 起工
◎1941/11/12 進水
◎1942/5/11 竣工
◎1948/7/13 破壊処分
SC-519 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/4/21 ◎1941/6/2 起工
◎1942/3/14 進水
◎1942/4/21 竣工
◎1944/3/27 フランスに貸与されCH83となる
SC-520 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/5/25 ◎1941/7/15 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/5/25 竣工
◎1947/9/25 海事委員会に移管
SC-521 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/4/15 ◎1941/5/5 起工
◎1942/2/1 進水
◎1942/4/15 竣工
1945/7/10 ソロモン諸島Santa Cruzにて転覆
SC-522 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/5/1 ◎1941/5/14 起工
◎1942/2/18 進水
◎1942/5/1 竣工
◎1944/9/27 フランスに貸与されCH111となる
SC-524 Mathis Yacht Building Co. 1942/4/13 ◎1941/4/29 起工
◎1941/9/19 進水
◎1942/4/13 竣工
◎1944/10/7 フランスに貸与されCH101となる
SC-525 Mathis Yacht Building Co. 1942/5/1 ◎1941/7/3 起工
◎1941/11/21 進水
◎1942/4/30 完成
◎1944/10/8 フランスに貸与されCH102となる
SC-526 Mathis Yacht Building Co. 1942/5/11 ◎1941/7/29 起工
◎1941/12/30 進水
◎1942/5/11 竣工
◎1944/9/25 フランスに貸与されCH114となる
SC-527 Mathis Yacht Building Co. 1942/5/28 ◎1941/9/4 起工
◎1942/1/21 進水
◎1942/5/28 竣工
◎1947/5/25 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-528 Mathis Yacht Building Co. 1942/6/13 ◎1941/10/24 起工
◎1942/2/17 進水
◎1942/6/13 竣工
◎1947/2/26 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-529 Mathis Yacht Building Co. 1942/6/26 ◎1941/11/24 起工
◎1942/3/16 進水
◎1942/6/26 竣工
◎1944/3/31 フランスに貸与されCH84となる
SC-530 Westergard Boat Works, Inc. 1942/5/12 ◎1941/3/27 起工
◎1942/8/16 進水
◎1942/5/12 竣工
◎1944/11/17 フランスに貸与されCH115となる
SC-531 Westergard Boat Works, Inc. 1942/5/27 ◎1941/3/27 起工
◎1942/9/4 進水
◎1942/5/27 竣工
◎1948/2/27 海事委員会に移管
SC-532 Luders Marine Construction Co. 1942/5/20 ◎1941/4/19 起工
◎1942/4/7 進水
◎1942/5/15 竣工
◎1944/11/16 フランスに貸与されCH103となる
SC-533 Luders Marine Construction Co. 1942/6/12 ◎1941/5/5 起工
◎1942/4/13 進水
◎1942/6/5 竣工
◎1944/10/2 フランスに貸与されCH104となる
SC-534 Luders Marine Construction Co. 1942/7/11 ◎1941/5/23 起工
◎1942/4/27 進水
◎1942/7/10 竣工
◎1944/10/28 フランスに貸与されCH122となる
SC-535 Luders Marine Construction Co. 1942/7/21 ◎1941/6/18 起工
◎1942/7/9 進水
◎1942/7/21 竣工
◎1944/11/16 フランスに貸与されCH143となる
SC-536
12
Peterson Boat Works 1942/4/23 ◎1941/4/29 起工
◎1942/3/5 進水
◎1942/4/1 竣工
◎1946/2/19 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-415)に改め、エア・コルモラン Air Cormorantと命名
SC-537 Peterson Boat Works 1942/5/5 ◎1941/4/29 起工
◎1942/3/21 進水
◎1942/4/27 竣工
◎1945/6/26 ソヴィエトに貸与されBO-304となる
SC-538 Peterson Boat Works 1942/5/16 ◎1941/5/17 起工
◎1942/4/1 進水
◎1942/5/9 竣工
◎1945/8/18 ソヴィエトに貸与されBO-321となる
SC-539
12
Peterson Boat Works 1942/5/30 ◎1941/5/17 起工
◎1942/4/7 進水
◎1942/5/28 竣工
◎1945/12/4 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-416)に改め、エア・クロウ Air Crowと命名
SC-540
12
Robinson Marine Construction Co. 1942/4/22 ◎1941/7/28 起工
◎1942/4/6 進水
◎1942/4/22 竣工
◎1945/4/18(1945/10/11?)沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-417)に改め、エア・カーリュー Air Curlewと命名
SC-541
12
Robinson Marine Construction Co. 1942/5/6 ◎1941/8/1 起工
◎1942/4/11 進水
◎1942/5/5 竣工
◎1945/10/30(1945/10/31?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-418)に改め、エア・ドレーク Air Drakeと命名
SC-628 Quincy Adams Yacht Yard 1942/4/29 ◎1941/8/25 起工
◎1942/4/15 進水
◎1942/4/29 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-628)に改める
SC-629 Quincy Adams Yacht Yard 1942/5/15 ◎1941/9/3 起工
◎1942/4/27 進水
◎1942/5/15 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-629)に改める
SC-630 Mathis Yacht Building Co. 1942/8/6 ◎1941/12/22 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/8/5 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-630)に改める
SC-631 Mathis Yacht Building Co. 1942/8/19 ◎1942/1/27 起工
◎1942/6/19 進水
◎1942/8/19 竣工
◎1948/3/5 海事委員会に移管
SC-632 Mathis Yacht Building Co. 1942/9/2 ◎1942/2/23 起工
◎1942/6/25 進水
◎1942/9/2 竣工
1945/9/16 沖縄海域にて沈没
◎1948/3/9 破壊処分
SC-633 Mathis Yacht Building Co. 1942/9/9 ◎1942/3/20 起工
◎1942/7/3 進水
◎1942/9/9 竣工
◎1946/4/4 破壊処分
SC-634 Mathis Yacht Building Co. 1942/9/26 ◎1942/4/27 起工
◎1942/7/10 進水
◎1942/9/26 竣工
◎1945/6/10 ソヴィエトに貸与されBO-309となる
SC-635
12
Mathis Yacht Building Co. 1942/10/23 ◎1942/6/6 起工
◎1942/10/12 進水
◎1942/10/23 竣工
◎1945/10/8(1945/10/19?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-419)に改め、エア・エイダー Air Eiderと命名
SC-636 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/7/11 ◎1941/8/29 起工
◎1942/5/14 進水
◎1942/7/11 竣工
1945/10/9 沖縄海域にて沈没
SC-637 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/7/31 ◎1941/12/24 起工
◎1942/6/10 進水
◎1942/7/31 竣工
◎1942秋 チャールストン海軍工廠にて入渠
◎1948/10/27 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-638 Elizabeth City Shipyards 1942/6/27 ◎1941/8/11 起工
◎1942/12/20 進水
◎1942/6/27 竣工
◎1944/9/27 フランスに貸与されCH116となる
1945/8/21 機雷により沈没
SC-639 Elizabeth City Shipyards 1942/6/22 ◎1941/8/16 起工
◎1942/12/31 進水
◎1942/6/21 竣工
◎1944/5/22 フランスに貸与されCH93となる
SC-640 Elizabeth City Shipyards 1942/7/12 ◎1941/8/30 起工
◎1942/1/17 進水
◎1942/7/11 竣工
◎1946/12/16 海事委員会に移管
SC-641 Elizabeth City Shipyards 1942/7/11 ◎1941/11/7 起工
◎1942/2/12 進水
◎1942/7/10 竣工
◎1948/3/30 海事委員会に移管
SC-642
12
Peterson Boat Works 1942/8/4 ◎1941/10/28 起工
◎1942/5/30 進水
◎1942/8/4 竣工
◎1946/1/24 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-420)に改め、エア・イグレット Air Egretと命名
SC-643 Peterson Boat Works 1942/8/18 ◎1941/11/21 起工
◎1942/6/10 進水
◎1942/8/5 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-322となる
SC-644 Peterson Boat Works 1942/10/16 ◎1941/11/29 起工
◎1942/6/27 進水
◎1942/10/2 竣工
◎1943/12/10 艦種を機動砲艇(PGM-1)に改める
SC-645 Peterson Boat Works 1942/9/12 ◎1942/2/1 起工
◎1942/7/26 進水
◎1942/9/2 竣工
◎1948/3/5 海事委員会に移管
SC-646 Robinson Marine Construction Co. 1942/7/1 ◎1941/9/23 起工
◎1942/5/21 進水
◎1942/7/1 竣工
◎1945/5/26 ソヴィエトに貸与
SC-647 Robinson Marine Construction Co. 1942/8/3 ◎1941/9/23 起工
◎1942/6/27 進水
◎1942/8/3 竣工
◎1945/5/26 ソヴィエトに貸与されBO-308となる
SC-648 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/7/11 ◎1941/10/10 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/7/11 竣工
◎後に入渠、船体を再塗装
◎1944頃 Seeadler Harborにて入渠(12
◎1948/6/30 中国国民党に貸与
SC-649 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/7/31 ◎1941/10/16 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/7/31 竣工
◎1944/5/15 フランスに貸与されCH91となる
SC-650 Westergard Boat Works, Inc. 1942/7/20 ◎1941/10/21 起工
◎1942/4/30 進水
◎1942/7/20 竣工
◎1947/1/23 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-651 Westergard Boat Works, Inc. 1942/8/8 ◎1941/11/4 起工
◎1942/5/14 進水
◎1942/8/8 竣工
◎1944/11/16 フランスに貸与されCH135となる
SC-652 Julius Peterson, Inc. 1942/6/16 ◎1941/12/5 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/6/16 竣工
◎1947/5/20 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-653
12
Julius Peterson, Inc. 1942/7/8 ◎1941/12/15 起工
◎1942/4/18 進水
◎1942/7/6 竣工
◎1945/10/30 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-421)に改め、エア・ファルコン Air Falconと命名
SC-654
12
Westergard Boat Works, Inc. 1942/7/18 1945/12/11 ◎1941/9/18 起工
◎1942/5/4 進水
◎1942/7/18 竣工
1945/8/11 グアム島にて座礁、後に離礁、入渠、応急修理
◎1945/8/12 修理浮きドック(コンクリート製)(ARDC-3)にて入渠、修理(〜1945/8/25)
◎1945/12/18 破壊処分
SC-655 Westergard Boat Works, Inc. 1942/8/8 ◎1941/10/11 起工
◎1942/5/12 進水
◎1942/8/8 竣工
◎1944/10/23 フランスに貸与されCH144となる
SC-656
12
Snow Shipyards, Inc. 1942/8/11 ◎1941/12/6 起工
◎1942/5/2 進水
◎1942/8/6 竣工
◎1946/1/17 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-422)に改め、エア・フィンチ Air Finchと命名
SC-657 Snow Shipyards, Inc. 1942/9/4 ◎1941/12/20 起工
◎1942/6/22 進水
◎1942/8/31 竣工
◎1945/6/5 ソヴィエトに貸与されBO-307となる
SC-658 アメリカン・クルーザー社 1942/8/21 ◎1941/12/8 起工
◎1942/6/6 進水
◎1942/8/12 竣工
◎1948/1/30 海事委員会に移管
◎1949/3 フランス領インドシナに貸与されGC3となる
SC-659
12
アメリカン・クルーザー社 1942/10/7 ◎1941/12/16 起工
◎1942/6/29 進水
◎1942/10/1 竣工
◎1945/10/19(1945/12/5?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-423)に改め、エア・ガネット Air Gannetと命名
SC-660 Burger Boat Co. 1942/9/28 ◎1941/12/24 起工
◎1942/6/20 進水
◎1942/9/18 竣工
◎1945/6/5 ソヴィエトに貸与されBO-311となる
SC-661 Burger Boat Co. 1942/10/26 ◎1941/12/30 起工
◎1942/6/26 進水
◎1942/10/6 竣工
◎1945/5/26 ソヴィエトに貸与されBO-303となる(〜1954)
SC-662
12
Fisher Boat Works, Inc. 1942/6/10 ◎1941/11/4 起工
◎1942/4/11 進水
◎1942/5/29 竣工
◎1945/10/11(1945/10/23?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-424)に改め、エア・グース Air Gooseと命名
SC-663 Fisher Boat Works, Inc. 1942/7/2 ◎1941/11/4 起工
◎1942/4/22 進水
◎1942/7/1 竣工
◎1945/6/5 ソヴィエトに貸与されBO-318となる
SC-664 Dachel-Carter Shipbuilding Corp. 1942/8/23 ◎1941/11/19 起工
◎1942/5/21 進水
◎1942/8/8 竣工
◎1946/12 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-665
12
Dachel-Carter Shipbuilding Corp. 1942/8/10 ◎1941/11/25 起工
◎1942/5/12 進水
◎1942/8/10 竣工
◎後に沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-425)に改め、エア・グレイラグ Air Graylagと命名する予定がキャンセル
◎1950/6/21 売却
SC-666 Weaver Shipyards 1942/9/2 ◎1941/10/16 起工
◎1942/3/17 進水
◎1942/9/2 竣工
◎1944/9/27 フランスに貸与されCH134となる
SC-667 Weaver Shipyards 1942/9/22 ◎1941/10/16 起工
◎1942/4/4 進水
◎1942/9/20 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-667)に改める
SC-668 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/7/4 ◎1941/11/5 起工
◎1942/3/12 進水
◎1942/7/2 竣工
◎1946/11/27 売却
SC-669 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/7/24 ◎1941/11/17 起工
◎1942/3/21 進水
◎1942/7/17 竣工
◎1947/3/26 海事委員会に移管
SC-670
12
Inland Waterways, Inc. 1942/9/2 ◎1941/11/17 起工
◎1942/7/6 進水
◎1942/8/21 竣工
◎1946/3/19 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-426)に改め、エア・グレーベ Air Grebeと命名
SC-671 Inland Waterways, Inc. 1942/10/19 ◎1941/11/17 起工
◎1942/8/8 進水
◎1942/10/7 竣工
◎1946/12/11 売却
SC-672
12
Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1942/6/22 ◎1941/10/29 起工
◎1942/5/2 進水
◎1942/6/15 竣工
◎1945/10/11 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-427)に改め、エア・ガル Air Gullと命名
SC-673 Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1942/7/8 ◎1941/11/7 起工
◎1942/5/16 進水
◎1942/7/6 竣工
◎1945/6/5 ソヴィエトに貸与されBO-316となる
SC-674 Hiltebrant Dry Dock Co.
(C. Hiltebrant Dry Dock Co.?)
1942/8/13 ◎1941/10/31 起工
◎1942/3/13 進水
◎1942/8/12 竣工
◎1945/5/26 ソヴィエトに貸与されBO-306となる
SC-675 Hiltebrant Dry Dock Co.
(C. Hiltebrant Dry Dock Co.?)
1942/9/11 ◎1941/11/13 起工
◎1942/3/19 進水
◎1942/9/10 竣工
◎1945/6/10 ソヴィエトに貸与されBO-314となる
SC-676 W. A. Robinson, Inc. 1942/7/27 ◎1942/1/31 起工
◎1942/6/23 進水
◎1942/7/27 竣工
◎1944/10/9 フランスに貸与されCH105となる
SC-677 W. A. Robinson, Inc. 1942/8/19 ◎1942/2/27 起工
◎1942/7/27 進水
◎1942/8/19 竣工
◎1946/3/1 解体のため売却
SC-678 Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1942/11/9 ◎1942/3/10 起工
◎1942/8/17 進水
◎1942/11/6 竣工
◎1948/4/9 Schools & organizationsに移管
SC-679 Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1942/12/19 ◎1942/3/4 起工
◎1942/8/29 進水
◎1942/12/18 竣工
◎1951/3/14 フランス領インドシナに貸与
◎1957 スペインに貸与されCandido Perezと命名
SC-680 Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1943/2/1 ◎1942/3/17 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/1/30 竣工
◎1946/11/13 海事委員会に移管
SC-681 Thomas Knutson Shipbuilding Corp. 1943/3/8 ◎1942/3/24 起工
◎1942/9/30 進水
◎1943/3/6 竣工
◎1946/11/13 海事委員会に移管
SC-682
12
アメリカン・クルーザー社 1942/11/9 ◎1942/4/8 起工
◎1942/9/18 進水
◎1942/11/1 竣工
◎1945/10/11(1945/10/23?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-428)に改め、エア・ホーク Air Hawkと命名
SC-683 アメリカン・クルーザー社 1942/11/30 ◎1942/4/9 起工
◎1942/10/14 進水
◎1942/11/21 竣工
◎1945/10/21 ノルウェーに貸与されHessaと命名
SC-684
12
アメリカン・クルーザー社 1943/1/12 ◎1942/7/6 起工
◎1942/11/21 進水
◎1942/12/11 竣工
◎1946/1/12 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-429)に改め、エア・ヘロン Air Heronと命名
SC-685 アメリカン・クルーザー社 1943/5/24 ◎1942/7/9 起工
◎1943/3/25 進水
◎1943/5/12 竣工
◎1945/7/19 ソヴィエトに貸与されBO-302となる
SC-686 アメリカン・クルーザー社 1943/7/5 ◎1942/11/30 起工
◎1943/4/15 進水
◎1943/6/26 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-686)に改める
SC-687 アメリカン・クルーザー社 1943/8/23 ◎1943/1/21 起工
◎1943/6/5 進水
◎1943/8/18 竣工
◎1945/5/26 ソヴィエトに貸与されBO-301となる
SC-688 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/11/28 1945/11/28 ◎1942/4/25 起工
◎1942/8/22 進水
◎1942/11/18 竣工
◎1946/10/9 海事委員会に移管
SC-689 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/11/2 1946/1/24 ◎1942/4/27 起工
◎1942/8/15 進水
◎1942/11/2 竣工
◎1946/9/24 海事委員会に移管
SC-690 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/12/16 ◎1942/5/22 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/12/16 竣工
◎1944/10/24 フランスに貸与されCH106となる
SC-691 Annapolis Yacht Yard, Inc. 1942/12/30 ◎1942/5/31 起工
◎1942/9/19 進水
◎1942/12/30 竣工
◎1944/9/29 フランスに貸与されCH133となる
SC-692 Calderwood Yacht Yard, Inc. 1942/11/25 ◎1942/3/26 起工
◎1942/9/25 進水
◎1942/11/25 竣工
◎1944/11/17 フランスに貸与されCH131となる
SC-693 Calderwood Yacht Yard, Inc. 1943/1/12 ◎1942/5/15 起工
◎1942/10/24 進水
◎1943/1/12 竣工
◎1944/9/27 フランスに貸与されCH107となる
SC-694 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/9/9 ◎1942/3/21 起工
◎1942/5/25 進水
◎1942/9/6 竣工
1943/8/23 Palermoにて枢軸軍機の爆撃により沈没
SC-695 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/10/20 ◎1942/3/21 起工
◎1942/7/4 進水
◎1942/10/19 竣工
◎1944/11/16 フランスに貸与されCH133となる
SC-696 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/11/25 ◎1942/3/26 起工
◎1942/8/6 進水
◎1942/11/25 竣工
1943/8/23 Palermoにて枢軸軍機の爆撃により沈没
SC-697 Daytona Beach Boat Works, Inc. 1942/12/24 ◎1942/3/31 起工
◎1942/8/15 進水
◎1942/12/24 竣工
◎1944/5/22 フランスに貸与されCH92となる
SC-698 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/9/28 ◎1942/3/1 起工
◎1942/8/7 進水
◎1942/9/28 竣工
◎1949/6/30 中国国民党に貸与
SC-699 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/10/19 ◎1942/3/8 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/10/14 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与
SC-700 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/11/3 ◎1942/3/24(1942/3/25?) 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/11/2 竣工
1944/3/10 ヴェラ・ラヴェラにて事故により沈没
SC-701 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/12/10 ◎1942/4/18 起工
◎1942/9/17 進水
◎1942/12/9 竣工
◎1948/3/25 海事委員会に移管
SC-702 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1942/12/21 ◎1942/5/2 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/12/18 竣工
◎1946/12/16 海事委員会に移管
SC-703 デラウェア・ベイ・シップビルディング社 1943/1/5 ◎1942/5/19 起工
◎1942/11/28 進水
◎1943/1/5 竣工
◎1948/10/27 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-704 Elizabeth City Shipyards 1942/9/28 1946/2/15 1946? ◎1942/3/7 起工
◎1942/4/6 進水
◎1942/9/28 竣工
◎1946? Foreign Liquidation Commissionに移管
◎1947/9/3 中国国民党に貸与され艦種記号をSC-501に改める
SC-705 Elizabeth City Shipyards 1942/10/2 1946/1/22 1946/9/3? ◎1942/3/7 起工
◎1942/4/24 進水
◎1942/9/29 竣工
◎1944/5中旬 修理(〜1944/6/14)
1944/7/6 火災事故により損傷
◎1944/9下旬 Chelsea Navy Yard Annexにて修理改装(〜1944/10/10)
◎1946/9/3 海事委員会に移管
SC-706 Elizabeth City Shipyards 1942/10/15 ◎1942/3/14 起工
◎1942/6/26 進水
◎1942/10/7 竣工
◎1946/9/13 海事委員会に移管
SC-707 Elizabeth City Shipyards 1942/10/24 ◎1942/4/11 起工
◎1942/6/10 進水
◎1942/10/14 竣工
◎1946/8/13 海事委員会に移管
SC-708 Elizabeth City Shipyards 1942/11/2 ◎1942/5/3 起工
◎1942/6/26 進水
◎1942/10/23 竣工
◎1947/9/3 中国国民党に貸与され艦種記号をSC-502に改める
SC-709 Elizabeth City Shipyards 1942/11/16 ◎1942/6/10 起工
◎1942/7/15 進水
◎1942/11/6 竣工
1943/1/21 Cape Breton島のLouisbourghにて座礁(12
SC-710
12
Dooley's Basin & Drydock Co. 1942/11/7
(1942/11/12?)
◎1942/3/11 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/11/12 竣工
◎1945/8/23(1945/10/11?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-430)に改め、エア・アイビス Air Ibisと命名
SC-711
12
Dooley's Basin & Drydock Co. 1943/1/2 ◎1942/4/8 起工
◎1942/10/17 進水
◎1942/12/26 竣工
◎1945/10/9 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-431)に改め、エア・ジェイ Air Jayと命名
SC-712 Fisher Boat Works, Inc. 1942/9/14 ◎1942/3/16 起工
◎1942/7/25 進水
◎1942/9/10 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-712)に改める
SC-713 Fisher Boat Works, Inc. 1942/10/29 ◎1942/4/18 起工
◎1942/7/25 進水
◎1942/10/22 竣工
◎1945/5/5 ソヴィエトに貸与されBO-313となる
SC-714
12
Fisher Boat Works, Inc. 1942/11/20 ◎1942/4/24 起工
◎1942/9/17 進水
◎1942/11/12 竣工
◎1945/12/1 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-432)に改め、エア・ケストレル Air Kestrelと命名
SC-715
12
Fisher Boat Works, Inc. 1942/12/4 ◎1942/5/14 起工
◎1942/10/23 進水
◎1942/11/26 竣工
◎1946/1/9 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-433)に改め、エア・キルディア Air Killdeerと命名
SC-716
12
Fisher Boat Works, Inc. 1943/1/9 ◎1942/5/18 起工
◎1942/11/20 進水
◎1942/12/11 竣工
1943/5/17 Morehead CityのPort Terminalにて爆発事故により損傷(123
◎1943/5/18 Morehead CityのSection Baseへ曳航
◎1943/5/22 エリザベス・シティのElizabeth City Shipyardにて係船
1945/10/9 沖縄にて台風により座礁
◎1945/11/5 離礁
◎1950/5/23 売却
SC-717
12
Fisher Boat Works, Inc. 1943/5/14 ◎1942/7/30 起工
◎1942/12/14 進水
◎1943/5/6 竣工
◎1945/10/30 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-434)に改め、エア・ラプウィング Air Lapwingと命名
SC-718 Fisher Boat Works, Inc. 1943/5/25 ◎1942/9/22 起工
◎1943/3/31 進水
◎1943/5/19 竣工
◎1945/10/12 ノルウェーに貸与されHitraと命名
◎1958 退役
1981 スウェーデンのship's graveyardにて半分沈没した状態で発見後にノルウェーに運ばれレストア
SC-719 Fisher Boat Works, Inc. 1943/7/16 ◎1942/9/22 起工
◎1943/4/3 進水
◎1943/7/10 竣工
◎1943/8/14 ソヴィエトに貸与されBO-1となる
SC-720 Fisher Boat Works, Inc. 1943/8/3 ◎1942/11/16 起工
◎1943/4/10 進水
◎1943/7/27 竣工
◎1943/9/24 ソヴィエトに貸与されBO-211となる
SC-721 Fisher Boat Works, Inc. 1943/8/7 ◎1942/11/16 起工
◎1943/4/17 進水
◎1943/8/7 竣工
◎1943/9/27 ソヴィエトに貸与されBO-212となる
SC-722 Harbor Boat Building Co. 1942/11/14 ◎1942/3/5 起工
◎1942/5/15 進水
◎1942/11/14 竣工
◎1948/6/30 中国国民党に貸与
SC-723 Harbor Boat Building Co. 1942/12/7 1946/2/13 1946/3/20 ◎1942/3/6 起工
◎1942/6/10 進水
◎1942/12/7 竣工
◎1945/3頃 ニュー・ギニア島西部のフンボルト湾Challenger Coveにて入渠
◎1946頃 スービック湾にて装備を撤去
◎1948/6/30 中国国民党に貸与
1948/8/27 台湾へ掃海艇Yung Mingが曳航中、台風により沈没
SC-724 Harbor Boat Building Co. 1942/12/23 ◎1942/4/6 起工
◎1942/7/2 進水
◎1942/12/23 竣工
◎後に艦種を指揮駆潜艇(SCC-724)に改める
SC-725 Harbor Boat Building Co. 1943/1/2 ◎1942/4/7 起工
◎1942/7/23 進水
◎1942/1/31 竣工
◎1946/12/16 海事委員会に移管
SC-726 Harbor Boat Building Co. 1943/1/18 ◎1942/4/8 起工
◎1942/8/12 進水
◎1943/1/18 竣工
◎1946/11/8 海事委員会に移管
SC-727 Harbor Boat Building Co. 1943/2/9 ◎1942/5/7 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/2/9 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-727)に改める
SC-728 Harbor Boat Building Co. 1943/3/8 ◎1942/5/8 起工
◎1942/11/30(1942/12/16?) 進水
◎1943/3/8 竣工
◎1946/12/20 海事委員会に移管
SC-729 Harbor Boat Building Co. 1943/4/19 ◎1942/5/9 起工
◎1943/1/25 進水
◎1943/4/19 竣工
◎1948/3/8 海事委員会に移管
SC-730 C. Hiltebrant Dry Dock Co. 1942/11/17 ◎1942/3/23 起工
◎1942/6/5 進水
◎1942/11/16 竣工
◎1946/12/16 海事委員会に移管
SC-731 C. Hiltebrant Dry Dock Co. 1942/12/1 ◎1942/3/23(1942/4/11?) 起工
◎1942/6/17(1942/6/27?) 進水
◎1942/11/30 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されCagayan(P14)と命名
◎1956 除籍
SC-732 C. Hiltebrant Dry Dock Co. 1942/12/21 ◎1942/4/11 起工
◎1942/6/27 進水
◎1942/12/18 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与
SC-733 C. Hiltebrant Dry Dock Co. 1943/1/11 ◎1942/6/6 起工
◎1942/8/10 進水
◎1943/1/8 竣工
◎1948/4/1 海事委員会に移管
SC-734 Al Larson Boat Shop, Inc. 1942/12/28 ◎1942/4/15 起工
◎1942/7/18 進水
◎1942/12/28 竣工
◎1947/4/25 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-735 Al Larson Boat Shop, Inc. 1943/3/12 ◎1942/4/20 起工
◎1942/8/29 進水
◎1943/3/12 竣工
◎1948/6/30 中国国民党に貸与
SC-736 Liberty Dry Dock Co., Inc. 1943/2/27 ◎1942/4/11 起工
◎1942/10/29 進水
◎1943/2/25 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されMountain Province(P15)と命名
SC-737 Liberty Dry Dock Co., Inc. 1943/5/20 ◎1942/4/18 起工
◎1942/12/15 進水
◎1943/5/20 竣工
◎1947/8/13 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-738 Julius Petersen 1942/10/21 ◎1942/3/7 起工
◎1942/6/27 進水
◎1942/10/19 竣工
◎1947/12/19 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-739 Julius Petersen 1942/10/31 ◎1942/3/20 起工
◎1942/7/4 進水
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されIlocus Sur(Liocus Sup?)(P16)と命名
◎1956 除籍
SC-740 Julius Petersen 1942/11/13 ◎1942/3/24 起工
◎1942/7/14 進水
◎1942/11/13 竣工
1943/6/17 Great Barrier Reefにて座礁
SC-741 Julius Petersen 1942/12/15 ◎1942/4/1 起工
◎1942/8/3 進水
◎1942/12/14 竣工
◎1946/8/2 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-742 Julius Petersen 1943/1/8 ◎1942/4/22 起工
◎1942/8/17 進水
◎1943/1/5 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与
SC-743 Julius Petersen 1943/2/27 ◎1942/4/24 起工
◎1942/8/26 進水
◎1943/2/25 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与
SC-744 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/7/10 ◎1942/2/18 起工
◎1942/5/23 進水
◎1942/7/10 竣工
1944/11/27 レイテ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
SC-745 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/8/6 ◎1942/3/7 起工
◎1942/6/15 進水
◎1942/8/6 竣工
◎1944頃 Seeadler Harborにて入渠(12
◎1948/2/9 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-746 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/8/22 ◎1942/4/1 起工
◎1942/7/8 進水
◎1942/8/16 竣工
◎1948/4/30 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-747 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/9/11 ◎1942/4/9 起工
◎1942/7/28 進水
◎1942/9/11 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されSurigao(P17)と命名
SC-748 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/9/28 ◎1942/4/27 起工
◎1942/8/21 進水
◎1942/9/28 竣工
◎1948/1/12 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-749 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/10/27 ◎1942/5/25 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/10/26 竣工
◎1948/4/30 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-750 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/11/12 ◎1942/6/15 起工
◎1942/9/26 進水
◎1942/11/12 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されIsabella(P18)と命名
◎1950 除籍
◎除籍後、解体のため売却
SC-751 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1942/11/27 ◎1942/7/8 起工
◎1942/10/15 進水
◎1942/11/27 竣工
1943/6/22 オーストラリア西方海域にて座礁
SC-752 Robinson Marine Construction Co. 1943/2/13 ◎1942/5/8 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/1/9 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-325となる
SC-753
12
Robinson Marine Construction Co. 1943/4/14 ◎1942/5/8 起工
◎1943/1/4 進水
◎1943/3/25 竣工
◎1945/12/1(1946/12/4?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-435)に改め、エア・リネン Air Linnetと命名
SC-754 Robinson Marine Construction Co. 1943/5/17 ◎1942/6/6 起工
◎1943/2/23 進水
◎1943/4/25 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-324となる
SC-755 Robinson Marine Construction Co. 1943/5/16 ◎1942/6/20 起工
◎1943/4/3 進水
◎1943/5/16 竣工
◎1948/1/20 海事委員会に移管
SC-756 Robinson Marine Construction Co. 1943/7/8 ◎1942/7/9 起工
◎1943/5/15 進水
◎1943/6/19 竣工
◎1945/9/2 ソヴィエトに貸与されBO-335となる
SC-757
12
Robinson Marine Construction Co. 1943/8/12 1946/6 ◎1942/7/16 起工
◎1943/6/17 進水
◎1943/7/24 竣工
◎1943/12/10 艦種を機動砲艇(PGM-2)に改める
SC-758
12
Robinson Marine Construction Co. 1943/9/14 ◎1942/8/6 起工
◎1943/7/28 進水
◎1943/8/28 竣工
◎1946/1/24(1946/1/25?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-436)に改め、エア・ルーン Air Loonと命名
SC-759 Robinson Marine Construction Co. 1943/10/8 ◎1942/8/20 起工
◎1943/8/26 進水
◎1943/9/25 竣工
◎1948/1/21 海事委員会に移管
SC-760 W. A. Robinson, Inc. 1942/9/10 ◎1942/3/14 起工
◎1942/8/11 進水
◎1942/9/10 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-760)に改める
SC-761 W. A. Robinson, Inc. 1942/9/24 1945/11 ◎1942/3/14 起工
◎1942/8/24 進水
◎1942/9/24 竣工
◎1948/3/1 海事委員会に移管
SC-762 W. A. Robinson, Inc. 1942/10/7 ◎1942/3/23 起工
◎1942/9/14 進水
◎1942/10/7 竣工
◎1942/12/31 ブラジルに貸与されJutai(CS52)と命名
SC-763 W. A. Robinson, Inc. 1942/10/20 ◎1942/3/23 起工
◎1942/9/25 進水
◎1942/10/20 竣工
◎1942/12/7 ブラジルに貸与されJavari(CS51)と命名
SC-764 W. A. Robinson, Inc. 1942/10/30 ◎1942/4/3 起工
◎1942/10/12 進水
◎1942/10/30 竣工
◎1944/12/31 ブラジルに貸与されJurua(Jurui?)(CS53)と命名
SC-765 W. A. Robinson, Inc. 1942/12/3 ◎1942/4/8 起工
◎1942/11/12 進水
◎1942/12/3 竣工
◎1943/2/16 ブラジルに貸与されJaguaro(Jaguarao?)(CS55)と命名
SC-766 W. A. Robinson, Inc. 1942/11/14 ◎1942/4/9 起工
◎1942/10/27 進水
◎1942/11/14 竣工
◎1942/12/31 ブラジルに貸与されJuruena(Jurvena?)(CS54)と命名
SC-767 W. A. Robinson, Inc. 1943/1/2 ◎1942/4/18 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/1/2 竣工
◎1943/2/16 ブラジルに貸与されJaguaribe(CS56)と命名
SC-768 Seabrook Yacht Corp. 1942/11/10 ◎1942/4/8 起工
◎1942/8/8 進水
◎1942/11/9 竣工
◎1948/4/30 Foreign Liquidation Commissionに移管
SC-769 Seabrook Yacht Corp. 1942/12/5 ◎1942/4/8 起工
◎1942/8/23 進水
◎1942/12/4 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与
SC-770 Seabrook Yacht Corp. 1942/12/31 ◎1942/7/15 起工
◎1942/10/18 進水
◎1942/12/31 竣工
◎1944/10/8 フランスに貸与されCH141となる
SC-771 Seabrook Yacht Corp. 1943/1/25 ◎1942/8/18 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/1/25 竣工
◎1944/11/17 フランスに貸与されCH124となる
SC-772
12
The Peyton Co. 1943/4/15 ◎1942/5/23 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/4/15 竣工
◎1945/12/7 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-437)に改め、エア・マラード Air Mallardと命名
SC-773 The Peyton Co. 1943/5/12 ◎1942/5/23 起工
◎1942/10/17 進水
◎1943/5/12 竣工
◎1948/2/11 海事委員会に移管
SC-774 The Peyton Co. 1943/6/28 ◎1942/6/11 起工
◎1942/10/27 進水
◎1943/6/28 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-323となる
SC-775
12
The Peyton Co. 1943/7/30 ◎1942/6/12 起工
◎1942/11/28 進水
◎1943/7/22 竣工
◎1946/3/27 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-438)に改め、エア・マーチン Air Martinと命名
SC-977 Simms Bros. 1942/11/19 ◎1942/4/26 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/11/19 竣工
◎1944/5/18 フランスに貸与されCH94となる
SC-978 Simms Bros. 1942/12/8 ◎1942/5/9 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/12/8 竣工
◎1944/10/26 フランスに貸与されCH145となる
SC-979 Simms Bros. 1943/1/9 ◎1942/5/23 起工
◎1942/12/9 進水
◎1943/1/9 竣工
◎1944/10/27 フランスに貸与されCH146となる
SC-980 Simms Bros. 1943/2/5 ◎1942/6/18 起工
◎1942/12/9 進水
◎1943/2/5 竣工
◎1946/9/13 海事委員会に移管
SC-981 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/10/2 ◎1942/3/14 起工
◎1942/8/14 進水
◎1942/10/2 竣工
◎1946/1/14 Schools & organizationsに移管
SC-982 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1942/11/2 ◎1942/4/18 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/10/31 竣工
◎1948/7/2 フィリピンに貸与されCavite(P19)と命名
SC-983 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1943/1/16 ◎1942/5/14 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/1/16 竣工
◎1947/4/11 海事委員会に移管
SC-984 Vinyard Boat Building Co.
(Vineyard Shipbuilding Co.?)
1943/2/26 ◎1942/6/10 起工
◎1942/12/19 進水
1944/4/9 ニュー・ヘブリディーズ諸島にて座礁、沈没
SC-985
12
John E. Matton & Son, Inc. 1942/12/19 ◎1942/4/3 起工
◎1942/9/18 進水
◎1942/12/17 竣工
◎1945/10/30 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-439)に改め、エア・マーリン Air Merlinと命名
SC-986 John E. Matton & Son, Inc. 1943/4/29 ◎1942/4/18 起工
◎1942/11/13 進水
◎1943/4/26 竣工
◎1945/6/5 ソヴィエトに貸与されBO-305となる
SC-987
12
John E. Matton & Son, Inc. 1943/6/7 ◎1942/6/15 起工
◎1943/4/10 進水
◎1943/6/4 竣工
◎1945/10/11 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-440)に改め、エア・オリオール Air Orioleと命名
◎後に海軍に移管
SC-988
12
John E. Matton & Son, Inc. 1943/7/14 ◎1942/11/7 起工
◎1943/6/1 進水
◎1943/7/12 竣工
◎1945/10/11 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-441)に改め、エア・オウル Air Owlと命名
SC-989
12
John E. Matton & Son, Inc. 1943/8/2 ◎1942/12/9 起工
◎1943/6/25 進水
◎1943/7/30 竣工
◎1945/10/30 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-442)に改め、エア・パラキート Air Parrakeetと命名
SC-990 George W. Kneass Co. 1943/3/10 ◎1942/8/20 起工
◎1942/12/7(1942/12/9?) 進水
◎1943/3/10 竣工
◎1948/3/9 海事委員会に移管
SC-991 George W. Kneass Co. 1943/4/30 ◎1942/8/20 起工
◎1943/1/20 進水
◎1943/4/30 竣工
◎1948/3/19 海事委員会に移管
SC-992 George W. Kneass Co. 1943/6/5 ◎1942/8/20 起工
◎1943/3/31 進水
◎1943/6/5 竣工
◎1946/10/11 海事委員会に移管
SC-993 George W. Kneass Co. 1943/6/30 ◎1942/11/16 起工
◎1943/5/1 進水
◎1943/6/30 竣工
◎1948/3/4 海事委員会に移管
SC-994 George W. Kneass Co. 1943/7/22 ◎1942/11/16 起工
◎1943/5/24 進水
◎1943/7/22 竣工
◎1946/10/2 海事委員会に移管
SC-995 George W. Kneass Co. 1943/8/14 ◎1942/11/16 起工
◎1943/6/5 進水
◎1943/8/14 竣工
◎1946/11/10 海事委員会に移管
SC-996
12
Island Dock, Inc. 1942/11/5 ◎1942/3/30 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/11/5 竣工
◎1945/10/30 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-443)に改め、エア・パロット Air Parrotと命名
SC-997 Island Dock, Inc. 1942/12/26 ◎1942/4/2 起工
◎1942/10/21 進水
◎1942/12/23 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-326となる
SC-998 Island Dock, Inc. 1943/5/1 ◎1942/4/17 起工
◎1942/11/13 進水
◎1943/4/30 竣工
◎1948/2/27 海事委員会に移管
SC-999 Island Dock, Inc. 1943/5/18 1945/11/23 ◎1942/4/29 起工
◎1942/12/9 進水
◎1943/5/17 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(SCC-999)に改める
SC-1000 Dingle Boat Works 1943/5/18 ◎1942/4/21 起工
◎1942/10/22 進水
◎1943/2/14 竣工
◎1947/7/25 Foreign Liquidation Commissionに移管
◎後にキューバに貸与されOrienteと命名
SC-1001 Dingle Boat Works 1943/3/15 ◎1942/5/1 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/3/2 竣工
◎1947/7/25 Foreign Liquidation Commissionに移管
◎後にキューバに貸与されCamaguayと命名
◎1960 除籍
SC-1002 Dingle Boat Works 1943/5/28 ◎1942/7/15 起工
◎1943/4/3 進水
◎1943/5/13 竣工
◎1946/9/6(1948/9/6?) 海事委員会に移管
SC-1003
12
Fellows & Stewart 1942/12/24 ◎1942/4/8 起工
◎1942/7/25 進水
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-1003)に改める
◎1942/12/24 竣工
◎1945/11/20(1945/11/21?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-444)に改め、エア・パートリッジ Air Partridgeと命名
SC-1004
12
Fellows & Stewart 1943/1/21 ◎1942/4/8 起工
◎1942/8/1 進水
◎1943/1/21 竣工
◎1945/12/3 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-445)に改め、エア・ピーコック Air Peacockと命名
SC-1005 Fellows & Stewart 1943/2/24 ◎1942/4/13 起工
◎1942/8/15 進水
◎後に艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-1005)に改める
◎1943/2/24 竣工
◎1946/9/6 海事委員会に移管
SC-1006 Fellows & Stewart 1943/5/3 ◎1942/4/13 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/5/3 竣工
◎1946/3/3 海事委員会に移管
SC-1007 Fellows & Stewart 1943/5/3 ◎1942/5/4 起工
◎1942/11/14 進水
◎1943/5/3 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-332となる
SC-1008 Fellows & Stewart 1943/6/15 ◎1942/5/8 起工
◎1942/11/19 進水
◎1943/6/15 竣工
◎1948/1/12 海事委員会に移管
SC-1009
12
Fellows & Stewart 1943/6/25 ◎1942/7/18 起工
◎1942/11/25 進水
◎1943/6/25 竣工
◎1945/12/3(1946/4/10?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-446)に改め、エア・ペリカン Air Pelicanと命名
SC-1010
12
Fellows & Stewart 1943/7/15 1945/12/5 ◎1942/7/30 起工
◎1942/12/12 進水
◎1943/7/15 竣工
公試中、損傷、後に修理
◎1943/12/1 サン・フランシスコのAnderson & Cristofani Shipyardにて修理
◎1944/1/23 サン・フランシスコのTreasure Islandへ曳航、入渠、修理
1944/2/14 港内哨戒艇(YP-131)と衝突し損傷、後に入渠、修理
◎1945/12/5(1945/12/6?) 沿岸警備隊に移管され船種を航空機救難船(WAVR-447)に改め、エア・ペンギン Air Penguinと命名
SC-1011 Fellows & Stewart 1943/7/29 ◎1942/8/17 起工
◎1942/12/16 進水
◎1943/7/29 竣工
◎1945/8/17 ソヴィエトに貸与されBO-327となる
SC-1012 Fellows & Stewart 1943/8/18 ◎1942/9/7 起工
◎1942/12/28 進水
◎1943/4/8 艦種を駆潜艇(木製船体)(SC-1012)に改める
◎1943/8/18 竣工
◎後に艦種を指揮駆潜艇(SCC-1012)に改める