LV
灯船

※船種記号LV-22、LV-26、LV-27、LV-36、LV-104の番号は割り与えられなかった
排水量:228t 垂線間長:31.39m 幅:7.31m 吃水:3.84m
※スクーナー
※照明装置は2本のマストに1つずつのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
↑LV-1 Nantucket New South Shoal's Lightship. Courtesy of Doug Bingham.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-1 海軍工廠 ◎1855 建造
◎1856/1 マサチューセッツ州Nantucket New South Shoalに配置
◎1860 改装
◎1881 主錨交換
◎1892/6中旬 改装(ボイラー、蒸気ポンプ、蒸気巻き上げ機、12インチの蒸気霧笛を装備する工事)
◎1892 サウス・カロライナ州チャールストンへ灯台補給船アザリア Azaleaが曳航、配置
◎1892/11/14 サウス・カロライナ州Martins Industryに配置
1894 ハリケーンにより漂流、ボートとダヴィットを流される
◎1895 改装
◎1896/11/11 ノース・カロライナ州Frying Pan Shoalに配置
1896〜1907 この間、5回漂流し損傷
◎1902 改装
◎1910 submarine bell signal装備
◎1911 サウス・カロライナ州Martins Industryに配置
◎1915 オイルエンジン、コンプレッサー、およびair sirenとsteam fog signal交換
◎1919 ラジオを装備(〜1923)
◎1922 ジョージア州Savannahに配置
◎1925 光源はオイルからアセチレンに変わる、ライトからフラッシュに固定される
◎1930 HaverhillのSea Scoutに寄贈
1936 Merrimac Riverにて洪水により川下のHenderson Farmにて座礁、後に引き揚げられ処分、船体はまだ存在している


総トン数:210t 垂線間長:29.87m 幅:6.35m 吃水:2.92m
※スクーナー
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
↑"HEN AND CHICKENS LIGHT-VESSEL, NO. 2, MASS." Scanned from the 1901 Light List, Plate XI. Photographer unknown, no date listed (circa 1900). Office of the Lighthouse Board. List of Lights and Fog Signals on the Atlantic and Gulf Coasts of the United States. Corrected to June 30, 1901. Washington: Government Printing Office, 1901.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-2 ◎1849 進水、ジェネラル・テイラー General Taylorと命名
◎1852 マサチューセッツ州Pollock Ripに配置
◎1867 改装
◎1875 ヴァージニア州Winter Quarter Shoalに配置(〜1876)
◎1877 ヴァージニア州Hen & Chickensに配置
◎1882 改装
1889 疾風により損傷
◎1893 修理、改装
◎1907 マサチューセッツ州にRelief配置(第4管区)
◎1910 マサチューセッツ州にRelief配置(第5管区、〜1921)
◎1922/3/1 売却(売却額$76)


総トン数:140t 垂線間長:21.15m 幅:7.01m 吃水:2.46m
※スクーナー
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
※灯台任務中に、かなりの数の帆船(内4件は艀)に衝突されている
↑A print image scanned from the U. S. Lighthouse Service's List of Lights and Fog Signals on the Atlantic and Gulf Coasts of the United States [;] Corrected to June 30, 1907, Plate VII. (Washington, DC: Government Printing Office, 1907).
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-3 J. M. Hood ◎1852 建造(進水前、オールド・ヒッコリー Old Hickoryと命名)
◎1852 マサチューセッツ州Shovelfull Shoalに配置(〜1858)
◎1868〜1869 新しいオイルランプと反射板を設置
◎1875 船底改装
◎1879 ベッドフォードにて修理
◎1883 船内改装
1884 衝突
1889/3/27 衝突
◎1892〜1895 第1斜檣を撤去
1892/8 衝突
1893/2/23 衝突
1896 衝突
1898 衝突
1899/3/22 衝突
1900/8/28 衝突
1900/10/21 衝突
1901/5/15 衝突
1902/8/10 衝突
1904/1/8 衝突
1905/3/7 衝突
1906/10/8 衝突
◎1916 マサチューセッツ州にRelief配置
◎1916 改装(マストを撤去、上甲板室の上のsteel skeleton lightを取り替える、オイル・ランプをアセチレン・カンテラと取り替える)
◎1916 マサチューセッツ州Handkerchief Shoalに配置(〜1923)
◎1917 濃霧信号を機械式に換装
◎1919 無線機を装備
◎1924 売却
◎1956 ボストンにて浮きクラブ・ハウスとして確認されている


総トン数:104t 垂線間長:23.46m 幅:6.09m 吃水:2.92m
※スクーナー
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動の443.61sのベル
※灯台任務中に、かなりの数の帆船(内3件は石炭積載の艀)に衝突されている
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-4 チャールズタウン海軍工廠 ◎1855 建造
◎1856/1/10 マサチューセッツ州Bishop & Clerksに配置(〜1858)
◎1858/10/1 マサチューセッツ州Handkerchief Shoalに配置
◎1868/7 Hyannisにて修理、改装
◎1871 Hyannisにて修理、改装
◎1872 ニュー・ベッドフォードにてオーヴァーホール
1874/9/6 衝突
◎1876 ニュー・ベッドフォードにてオーヴァーホール
1876/8 衝突
1876/10/10 衝突
◎1878 改装
1880 衝突
1881 衝突
1883 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1885 衝突
◎1885 Hyannisにて修理、改装
1887/7 衝突
◎1888 Hyannisにて修理、改装
1890/9 衝突
◎1893 ニュー・ベッドフォードにてオーヴァーホール
◎1899 ニュー・ベッドフォードにてオーヴァーホール
1899/6/6 衝突
1899/8/15 衝突
◎1900 ニュー・ベッドフォードにてオーヴァーホール
1902/1/27 衝突
1902/3/18 衝突
1903/9/15 衝突
1907/3/12 衝突
◎1916 マサチューセッツ州にRelief配置(〜1924)
◎1919 無線機を装備
◎1920 光源はオイルからアセチレンに変わる、submarine bell signal装備
◎1925 売却
1940年代 ボストンにて焼失といわれる


総トン数:171t(1914年には104t) 垂線間長:24.56m 幅:6.58m 吃水:2.74m
※スクーナー
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動の453.59sのベルと2つの手動の警笛
※灯台任務中に、20,000隻通過の内にかなりの数の船に衝突されている
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-5 Thomas Stack ◎1864 建造
◎1866(1867/10/14?) マサチューセッツ州Hen & Chickensに配置
◎1867 マサチューセッツ州Cross Ripに配置
◎1872 改装
1874 衝突
1875 流氷により漂流
1877 漂流
◎1882 吃水線を修理
◎1883 改装
1885 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1885 漂流
1888 衝突
1875 流氷により漂流
1889 漂流
1890 衝突
1893 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1895 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1897 衝突
1899 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1900 衝突
1901 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1902 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1903 衝突(この年は、2回船舶に衝突されている)
1904 衝突
1904 流氷により漂流
1906 衝突
◎1911 濃霧信号を手動式ベルから8" air whistleに換装
◎1915/10〜11 マサチューセッツ州に一時的Relief配置
◎1916/6〜7 マサチューセッツ州Stonehorse Shoalに配置
◎1920 光源はオイルからアセチレンに変わる
◎1923 濃霧信号を8" air whistleから10" air whistleに換装
◎1923 マサチューセッツ州Handkerchief Shoalに配置(〜1924)
◎1925 帆やスパーを撤去
◎1925 マサチューセッツ州にRelief配置(〜1930、ほとんどの期間の間は使用されず)
◎1930 売却


総トン数:140t(1914年には120t) 垂線間長:24.38m 幅:7.31m 吃水:3.23m
※セイルスクーナー
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-6 J. M. Hood ◎1855 建造
◎1862 マサチューセッツ州Succonnesset Shoalに配置
◎1871 修理(〜1873、修理額$4707.63、前檣にdaymarkを設置)
1875 流氷により漂流、鎖と錨をなくす
◎1882 前檣のdaymarkを撤去
◎1883 改装
◎1885 浜に引き揚げられる、船底修理
◎1887 改装
1890/8 漂流
1896 疾風により漂流
◎1898 修理
1899 甲板損傷、修理
◎1900 修理
◎1912 マサチューセッツ州にRelief配置
◎1914 マストを撤去、改装、濃霧信号を手動式ベルから8" air whistleに換装、光源はオイルからアセチレンに変わる
◎1915/10〜11 マサチューセッツ州Cross Ripに配置
1917/10/24 漂流、予備の錨をなくす
◎1917/10/27 灯台補給船アザリアが曳航、再配置
1918/2/4 流氷により漂流、喪失
◎1933 船体の一部を発見(LV-6のものか不明)


総トン数:142t 垂線間長:30.02m 幅:6.85m 吃水:2.54m
※セイルスクーナー
※照明装置は2つのカンテラ、8つの12"反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動の226.79sのベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-7 J. M. Hood ◎1854 建造
◎1854/10/16 塗装
◎1854/11/3 マサチューセッツ州Minots Ledgeに配置(〜1860)
◎1861/2/27 マサチューセッツ州Vineyard Soundに配置
1866/8/28 スクーナーに衝突され損傷
◎1866 修理
1866/12 疾風により漂流
◎1869 修理
◎1871 修理
◎1874 修理
1874冬 流氷により漂流
◎1875 マサチューセッツ州にRelief配置
◎1876 Relief配置(第3管区)
◎1879 コネチカット州のGildersleeve & Sons shipyardにて修理(〜1880、修理額$18,000)
◎1881 ニュー・ジャージー州スコットランドに配置
1887/3 錨鎖が切れ漂流、翌日再配置
1892/12/29 イタリアの艀Chiarinaに衝突され損傷
◎1894/8/7 試験的な電話を装備(〜1894/8/31)
◎1896/8/16 漏水修理(〜1896/11/30)
◎1899/8/23 漏水修理(〜1899/10/19)
1900 イギリスのスクーナーGoldseekerに衝突され損傷
◎1902 ニュー・ヨーク州にRelief配置
◎1904/10/23 Relief配置(第5管区)
1905 曳船Edgar F. Coneyに衝突され損傷
◎1905/7/15 ポーツマスにて修理(〜1905/9/30)
◎1906/9/9 ボルティモアにて修理
◎1909/5/29 売却(売却額$155)


総トン数:232t 垂線間長:29.87m 幅:7.19m 吃水:3.53m
※照明装置はメインマストに1つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベルと警笛
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-8 フィラデルフィア海軍工廠 ◎1859初め Lighthouse Serviceに移管、フィラデルフィアにて機関撤去工事、灯船に改装(修理額$12,500)、船種を灯船(LV-8)に改める
◎1860 ノース・カロライナ州Frying Pan Shoalに配置
後にアメリカ連合国軍に拿捕、Cape Fear Riverにて沈没処分、後に引き揚げられる
◎1866 修理、灯台補給船アイリス Irisが曳航、第2管区に配置
◎1867/5/4 マサチューセッツ州Hen & Chickensに配置
1875 流氷により漂流
1876 疾風により錨鎖が切れ漂流
◎1877/11 マサチューセッツ州Woods HoleにRelief配置
◎1879/4/16 売却


総トン数:181t(1912年には104t) 垂線間長:24.74m 幅:8.59m 吃水:2.92m
※照明装置は2つのカンテラ、8つの反射板付きオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動の453.59sのベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-9 フィラデルフィア海軍工廠 ◎1857 建造
◎1858 マサチューセッツ州ニュー・ベッドフォードにRelief配置
◎1862 マサチューセッツ州Woods HoleにRelief配置
◎1867 改装
◎1867/10/18 船種記号LV-9を与えられる
◎1882 改装
◎1890/10/10 マサチューセッツ州Great Round Shoalに一時的Relief配置(〜1891/7/28)
◎1892/6/14 マサチューセッツ州Nantucket New South Shoalに配置(〜1892/11/13)
◎1895/7 ヴァージニア州Winter Quarter Shoalに配置(〜1895/12)
1899 マサチューセッツ州Shovelful Shoalにてスクーナーに衝突される
◎1901 改装
◎1901 昼間航空標識はマスト間のjackstayに追加、後に撤去
◎1910 濃霧信号を手動式ベルから8" air whistleに換装
◎1915 マサチューセッツ州Hedge Fenceに配置
◎1923 濃霧信号を8" air whistleから10" air whistleに換装
◎1925 売却されボストン港にてガソリン用艀となる


排水量:170t 全長:11.58m 幅:5.53m 吃水:1.16m
※照明装置は1つのカンテラ、8つのオイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-10 デトロイト ◎1878 建造
◎1882 石用艀を灯船に改装
◎1887 ミネソタ州Grosse Pointeに配置(〜1902)
◎1892 オーヴァーホール
◎1901 入渠
◎1902 解体


総トン数:320t 垂線間長:31.69m 幅:7.51m 吃水:2.99m
※照明装置は1つのカンテラ、8つの水平オイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動の476.27sのベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-11 Tardy & Auld ◎1853 建造
◎1854/6/15 マサチューセッツ州Nantucket New South Shoalに配置(〜1855)
1855/2 漂流、風により座礁、後にニュー・ヨーク海軍工廠にて修理(修理額$11,000)
◎1856 オイルランプと反射板を設置
◎1856 ロード・アイランド州Brenton Reefに配置(〜1897)
1865/10/19 座礁、修理(修理額$8,000)
◎1870 索具を交換(鉄のワイアも、修理額$1,040)
◎1876 改装、索具を交換(修理額$21,620.76)
1890/11/26 イギリスの汽船Curlewに衝突される
1891 衝突され修理
◎1891/11/23 濃霧ベルを交換
◎1897/11/4 第3管区にRelief配置
◎1901/7/3 第4管区にRelief配置(〜1901/12/19)
◎1902/12/2 ニュー・ジャージー州Scotlandに配置(〜1925/10/30)
1903/3/10 スクーナーに衝突される
1905/3/14 牽引中の大型平底船に衝突される
1905/4/12 牽引中の大型平底船に衝突される
1905/5/29 牽引中の大型平底船に衝突される
1912/4/10 泥を牽引中の大型平底船に衝突される
◎1912 光源はオイルからオイルガスに変わる
◎1919 無線機を装備
◎1920 カンテラ、カンテラ・ハウス及びスペンサー・マストは撤去、オイル又はアセチレンを使用するレンズ・カンテラを装備
◎1922 無線機を撤去
◎1927? 売却


排水量:約150t 全長:19.50m 幅:6.09m 吃水:2.18m
※照明装置は1つのカンテラ、8つの反射板付き豚脂オイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号はベルと警笛
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-12 ◎補給船Guthrieを灯船に改装
◎後にコネチカット州Eel Grass Shoalに配置(〜1871)
◎1871 売却(売却額$322.87)


総トン数:159t 全長:48.46m 幅:6.24m 吃水:2.92m
※スクーナー
※照明装置は1つのカンテラ、8つの豚脂オイル・ランプをそれぞれ持つ。濃霧信号は手動のベル
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LV-12 フィラデルフィア ◎1846 第5管区にRelief配置
◎1863 ヴァージニア州York Spitに配置
◎1864/8/2 ヴァージニア州Wolf Trap Shoalに配置
◎1867 氷により損傷した金属外装を修理、壊れた霧鐘を交換
◎1867 船種記号をLV-22に改める
◎1868 ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1869)
◎1871 スターテン・アイランドにて修理
◎1871/6 コネチカット州Eel Grass Shoalに配置、後に船種記号をLV-12に改める
◎1872 コネチカット州Cornfield Pointに配置
◎1874 修理(修理額$16,488)
◎1880/7 修理(新しいランターン・マストに換装)
◎1883 オーヴァーホール
◎1884 コネチカット州ニュー・ロンドンにRelief配置
◎1886/8/14 ロード・アイランド州Hog Island Shoalに配置
1898 通過する船に衝突される
◎1901/11/4 ロード・アイランド州Hog Island Lightに配置、後にコネチカット州ニュー・ロンドンにて係船(〜1903)
◎後にコネチカット州ニュー・ロンドンにて売却


Update 16/11/27