LT
港内曳船《100&143フィート型》


全長:34.44m
※鋼製船体
※LT-1〜LT-8は1943年4月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-18〜LT-23は1943年4月〜1943年9月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-1 Jakobson Shipyard
LT-2 Jakobson Shipyard
LT-3 Jakobson Shipyard
LT-4 Jakobson Shipyard
LT-5 Jakobson Shipyard
LT-6 Jakobson Shipyard
LT-7 Jakobson Shipyard
LT-8 Jakobson Shipyard
LT-18 Tampa Marine
LT-19 Tampa Marine
LT-20 Tampa Marine
LT-21 Tampa Marine
LT-22 Tampa Marine
LT-23 Tampa Marine ◎1946 エジプトに貸与


全長:37.49m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※鋼製船体
※LT-57〜LT-64は1943年11月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-128〜LT-137は1943年9月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-352〜LT-358は1944年5月〜1944年10月に陸軍に引き渡される
※LT-643〜LT-646は1944年9月〜1945年3月に陸軍に引き渡される
※LT-647、LT-648は1944年11月〜1944年12月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-57 Calumet Shipyard ◎1962 民間に売却されNorman Sと命名
LT-58 Calumet Shipyard ◎1946 中国国民党に貸与
LT-59 Calumet Shipyard
LT-60 Calumet Shipyard ◎1946 海軍に移管
LT-61 Calumet Shipyard
LT-62 Calumet Shipyard
LT-63 Calumet Shipyard
LT-64 Calumet Shipyard
LT-128 Tampa Marine
LT-128 Tampa Marine
LT-130 Tampa Marine
LT-131 Tampa Marine
LT-132 Tampa Marine ◎1946 海軍に移管
LT-133 Tampa Marine
LT-134 Tampa Marine ◎1946 韓国に貸与
LT-135 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-136 Tampa Marine
LT-137 Tampa Marine ◎1946 フィリピンに貸与
LT-352 Tampa Marine
LT-353 Tampa Marine
LT-354 Tampa Marine
LT-355 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-356 Tampa Marine
LT-357 Tampa Marine
LT-358 Tampa Marine
LT-643 Jakobson Shipyard
LT-644 Jakobson Shipyard
LT-645 Jakobson Shipyard
LT-646 Jakobson Shipyard ◎1946 海軍に移管
LT-647 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-648 Tampa Marine


全長:28.65m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-113 Calumet Shipyard ◎1942 引き渡される
LT-114 Calumet Shipyard ◎1942 引き渡される


全長:38.40m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※木製船体
※LT-115〜LT-119は1943年12月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-140〜LT-144は1943年8月〜1944年2月に陸軍に引き渡される
※LT-151〜LT-155は1943年9月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-156〜LT-160は1943年9月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-186〜LT-188は1943年9月〜1944年1月に陸軍に引き渡される
※LT-214、LT-215は1943年12月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-115 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にパトリック Patrickと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-116 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にウィリアム Williamと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-117 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にマイケル Michaelと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-118 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にサン・マルコス San Marcosと命名
1955 ガルヴェストンにて火災事故により沈没
LT-119 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 オランダの民間業者に売却
◎後に解体
LT-140 Barbee Marine ◎後にL. H. クーリッジ L. H. Coolidgeと命名
1951 沈没
LT-141 Barbee Marine ◎後にショーニー Shawneeと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-142 Barbee Marine ◎OlympiaにてSea Scoutsに移管されCzarと命名
◎後にNisqually Beachにて放棄
LT-143 Barbee Marine ◎後にカイユース Cayuseと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-144 Barbee Marine ◎後にフローレンス・フィルバーグ Florence Filburgと命名
2005 シアトル近海にて沈没、後に解体
LT-151 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にチャールズ Charlesと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-152 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 イタリアに貸与されAtletaと命名
◎1977 解体
LT-153 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 オランダの業者に売却
◎後に解体
LT-154 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 イタリアに貸与されTenaceと命名
◎1977 解体
LT-155 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1966 ギリシャに貸与されProteusと命名
LT-156 Northwestern Shipbuilding ◎1946 海軍に移管
◎除籍後、陸軍に移管、トヨネク Tyonekと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-157 Northwestern Shipbuilding ◎後にサンティアム Santiamと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-158 Northwestern Shipbuilding ◎後に民間に売却されヨットMary Mackinとなる
2004 Burrard beachにて火災により放棄
LT-159 Northwestern Shipbuilding ◎1946 イタリアに貸与されForteと命名
◎後に解体
LT-160 Northwestern Shipbuilding ◎後にマカ Makahと命名
◎1969 ヴェトナムにて沈没
LT-186 Sagstad Shipyard ◎後にアラスカ・モナーク Alaska Monarchと命名
1976 Puerta Arenaにて沈没、後に引き揚げられ解体
LT-187 Sagstad Shipyard ◎後にミキミキ Miki-Mikiと命名
1988 アラスカにて座礁
LT-188 Sagstad Shipyard ◎後にパブロ Pabloと命名
◎後に香港に売却といわれる
LT-214 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1946 イタリアに貸与されColossoと命名
◎後に解体
LT-215 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1946 中国国民党に貸与されTing Changと命名


全長:45.41m
※鋼製船体
※LT-217〜LT-231は1943年8月〜1944年2月に陸軍に引き渡される
※LT-633〜LT-640、LT-649〜LT-653は1944年2月〜1944年6月に陸軍に引き渡される
※LT-784〜LT-788、LT-790〜LT-793は1944年7月〜1944年11月に陸軍に引き渡される
※LT-814〜LT-817は1945年4月〜1945年5月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-217 Marietta Manufacturing
LT-218 Marietta Manufacturing
LT-219 Marietta Manufacturing
LT-220 Marietta Manufacturing
LT-221 Marietta Manufacturing 1944 Gulf of Cagliariにて機雷により沈没
LT-222 Marietta Manufacturing
LT-223 Marietta Manufacturing
LT-224 Marietta Manufacturing ◎1946 アルゼンチンに貸与
LT-225 Marietta Manufacturing
LT-226 Marietta Manufacturing
LT-227 Marietta Manufacturing
LT-228 Marietta Manufacturing
LT-229 Marietta Manufacturing
LT-230 Marietta Manufacturing
LT-231 Marietta Manufacturing
LT-633 Marietta Manufacturing
LT-634 Marietta Manufacturing
LT-635 Marietta Manufacturing
LT-636 Marietta Manufacturing
LT-637 Marietta Manufacturing
LT-638 Marietta Manufacturing
LT-639 Marietta Manufacturing
LT-640 Marietta Manufacturing
LT-649 Marietta Manufacturing
LT-650 Marietta Manufacturing
LT-651 Marietta Manufacturing
LT-652 Marietta Manufacturing
LT-653 Marietta Manufacturing ◎後にブロッサム Bloxomと命名
◎後にスタテン・アイランドのピアにて廃船となる
LT-784 Marietta Manufacturing
LT-785 Marietta Manufacturing
LT-786 Marietta Manufacturing
LT-787 Marietta Manufacturing
LT-788 Marietta Manufacturing
LT-789 Marietta Manufacturing ◎1944/9 引き渡される
◎2007 Hannah Marineに売却
LT-790 Marietta Manufacturing
LT-791 Marietta Manufacturing
LT-792 Marietta Manufacturing
LT-793 Marietta Manufacturing
LT-814 Marietta Manufacturing ◎1946 Santa Fe Railroadに売却
LT-815 Marietta Manufacturing ◎1964 民間に売却されDavid Eと命名
LT-816 Marietta Manufacturing
LT-817 Marietta Manufacturing ◎1946 アルゼンチンに貸与


軽荷排水量:390t 満載排水量:395t 全長:38.70m 幅:8.50m 吃水:4.40m 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 出力:1,200馬力 速力:11.0kt 乗員:22名
※木製船体
※LT-362、LT-363は1944年1月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-366〜LT-370、LT-374〜LT-378、LT-389〜LT-394は1944年4月〜1944年10月に陸軍に引き渡される
※LT-371〜LT-373は1944年3月〜1944年7月に陸軍に引き渡される
※LT-451、LT-452、LT-518、LT-519は1944年6月〜1944年9月に陸軍に引き渡される
※LT-462〜LT-466は1944年9月〜1945年3月に陸軍に引き渡される
※LT-492〜LT-496は1944年4月〜1944年12月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-362 Chilman Boats ◎後にコロンビア Columbiaと命名
◎1975 解体
LT-363 Chilman Boats ◎後にコモドア Commodoreと命名
◎1967 GoMにて人工環礁のため沈没処分
LT-366 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にドミニオン Dominionと命名
◎後に売却といわれる
LT-367 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にアンティオク Antiochと命名
◎後にSuisun Bayにて放棄
LT-368 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にリリーフ Reliefと命名
1975 沈没、後に引き揚げられる、解体
LT-369 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Kingと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-370 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Princeと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-371 Sagstad Shipyard ◎後にAntwerp Yacht Clubのクラブハウスとなる
◎現在はAntwerpにてTug Mikiと命名されたといわれる
LT-372 Sagstad Shipyard ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Breezeと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-373 Sagstad Shipyard ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Robinと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-374 Barbee Marine ◎後にエリザベス・オルセン Elizabeth Olsenと命名
1960 オレゴン州Bandon港にて座礁
LT-375 Barbee Marine 1946 アッツ港にて座礁、沈没
LT-376 Barbee Marine ◎後にバーバラ・フォス Barbara Fossと命名
◎1976 標的として沈没
LT-377 Barbee Marine ◎後にBruinと命名
◎1978 係船
LT-378 Barbee Marine ◎後にオーディン Odinと命名
◎後にジャスティン Justineと改名
LT-387 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1944/4 引き渡される
◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Cloudと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-389 Hodgson-Greene-Haldeman 1944 English Channelにて機雷により沈没
LT-390 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にミキアラ Mikialaと命名
◎1971 ホノルルにて沈没処分
LT-391 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Larkと命名
LT-392 Hodgson-Greene-Haldeman 1944/6 ◎1955/3/2 日本に供与され曳船(YT-23)となる
◎1956/2/16 艦種を特務艇に改め、とばと命名
◎1965/3/31 除籍
LT-393 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にコメット Cometと命名
1966 ピュージェット・サウンドにて火災により放棄
LT-394 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にミッキ Mikkiと命名
1993 カリブ海にて沈没
LT-451 Northwestern Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Wolfと命名
1964 ハワイにて火災により損傷、後に解体
LT-452 Northwestern Shipbuilding ◎1977 ペルーに貸与されAnn Wと命名
◎1979 ボリヴィアに売却され標的として沈没
LT-462 ノースイースト・シップビルディング ◎後にセンテニアル・ライオン Centennial Lionと命名
◎後にVancouverにて係船
LT-463 ノースイースト・シップビルディング ◎後にハーキュリーズ Herculesと命名
1966 アラスカの氷海にて喪失
LT-464 ノースイースト・シップビルディング ◎後にガリーニ Galiniと命名
LT-465 ノースイースト・シップビルディング ◎後にクーラカイ Kuulakaiと命名
◎後にVancouverにて係船
LT-466 ノースイースト・シップビルディング ◎後にコメット2世 Comet IIと命名
◎1980 Juan de Fuca Straitにて沈没処分
LT-492 Minneford Yacht Yard ◎後にカーネル Colonelと命名
1960 Pascagoulaにて衝突し損傷、後に解体
LT-493 Minneford Yacht Yard ◎後にBertha Rと命名
1954 Panama City にて衝突し沈没
LT-494 Minneford Yacht Yard ◎後にジャン・ネルソン Jean Nelsonと命名
◎後にサン・ホルヘ San Jorgeと改名
LT-495 Minneford Yacht Yard ◎後にエンチャントレス Enchantressと命名
◎2002 Ballardにて全損と認定
LT-496 Minneford Yacht Yard ◎後にアクティヴ Activeと命名
1977 焼失
LT-518 Hillstrom Shipbuilding ◎後にキャプテン Captainと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-519 Hillstrom Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Foxと命名
◎1975 解体


全長:43.58m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※鋼製船体
※LT-454〜LT-456は1943年12月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-454 Levingston Shipbuilding Co.
LT-455 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 海軍に移管
◎1971 陸軍に移管
LT-456 Levingston Shipbuilding Co.


全長:43.58m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※鋼製船体
※LT-528〜LT-538は1944年1月〜1944年6月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-528 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-529 Levingston Shipbuilding Co.
LT-530 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-531 Levingston Shipbuilding Co.
LT-532 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 海軍に移管
◎除籍後、陸軍に移管
LT-533 Levingston Shipbuilding Co.
LT-534 Levingston Shipbuilding Co.
LT-535 Levingston Shipbuilding Co. ◎1985 海軍に移管、艦種を海洋観測艦に改め、パシフィック・エスコート Pacific Escortと命名、メア・アイランド海軍造船所にて運用開始
◎1995 民間に売却されAtaboyと命名
LT-536 Levingston Shipbuilding Co.
LT-537 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-538 Levingston Shipbuilding Co. ◎後にAbeille 30と命名
◎1985 解体


全長:43.58m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-578 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-579 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-580 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-581 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される


全長:45.41m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-818 Marietta Manufacturing
LT-819 Marietta Manufacturing
LT-820 Marietta Manufacturing ◎1965 民間に売却されJames A. Hannahと命名
LT-821 Marietta Manufacturing ◎1948 民間に売却されMary E. Hannahと命名
LT-822 Marietta Manufacturing
LT-829 Tampa Marine
LT-830 Tampa Marine ◎1946 Santa Fe Railroadに売却


軽荷排水量:295t 満載排水量:310t(LT-2082は390t) 全長:32.61m 幅:8.22m(LT-2082は8.10m) 吃水:3.65m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 速力:12.0kt(LT-2082は10.0kt) 乗員:16名(LT-2082は10名)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-1936(395) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
ウィリアム W. シー三等軍曹 SGT William W. Seay LT-1937(396) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎2001 運用終了
LT-1938(397) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1939(398) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1940(399) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1941(400) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1942(401) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1943(402) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1944(403) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1945(404) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1946(405) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1947(406) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1948(407) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1949(408) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1950(409) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1951(410) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1952(411) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
サレルノ Salerno LT-1953(412) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎2001 Brownsvilleへ
LT-1954(413) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1955(414) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
フレデリックスバーグ Fredericksburg LT-1956(415) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎2003 運用終了
LT-1957(416) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1958(417) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎後に運用終了
マーフィーズボロ Murfreesboro LT-1959(418) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎1988 運用終了
ランディース・レーン Lundy's Lane LT-1960(419) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1961(420) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1962(421) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1963(422) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1964(425) エイヴォンデール ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-753)に改め、ノーガタック Naugatuckと命名
LT-1965(11646) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-754)に改め、ウーンソケット Woonsocketと命名
LT-1966(11647) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-747)に改め、チコピー Chicopeeと命名
LT-1967(11648) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1968(11649) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-755)に改め、ウォーキガン Waukeganと命名
LT-1969(11650) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に運用終了
オキナワ Okinawa LT-1970(11651) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/10 引き渡される
◎2003 民間に売却
ノーマンディ Normandy LT-1971(11652) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/11 引き渡される
◎2001 Brownsvilleへ
ゲティスバーグ Gettysburg LT-1972(11653) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/12 引き渡される
◎2003 運用終了
シャイロー Shiloh LT-1973(11654) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎2002 運用終了
シャンパーニュマルヌ Champagne-Marne LT-1974(11655) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
LT-1975(11656) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に民間に売却されCapt. Mikeと命名
◎後にPhoenixと改名
LT-1976(11657) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後にフィリピンに貸与されTiboli(YQ-58)と命名
◎1988 解体
アトルバロ Attleboro LT-1977(11658) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/12 引き渡される
◎1999 他の機関に貸与
◎2003 運用終了
LT-2075(222) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に民間に売却されCygnusと命名
ニュー・ギニア New Guinea LT-2076(223) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
LT-2077(224) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-759)に改め、ミザール Mizarと命名
LT-2078(225) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954/7 引き渡される
◎1964/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-748)に改め、ユマ Yumaと命名、運用開始
LT-2079(226) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
LT-2080(227) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
サン・サポー San Sapor LT-2081(228) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-2082(229) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1964/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-749)に改め、コーコーナ Kaukaunaと命名、運用開始
◎1987 運用終了、陸軍に移管
LT-2083(230) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1962/1/21 艦種を中型港内曳船(YTM-756)に改め、オワトナ Owatonnaと命名
◎1962/7(1964/9?) 海軍に移管、運用開始
LT-2084(231) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1968/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-757)に改め、ウォーペトン Wahpetonと命名、運用開始
アンツィオ Anzio LT-2085(232) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
バターン Bataan LT-2086(233) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎1994 運用終了
クェゼリン Kwajalein LT-2087(234) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎1994 運用終了
ピーターズバーグ Petersburg LT-2088(11976) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1954/7 引き渡される
◎2003 運用終了
LT-2089(11977) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-750)に改め、ハッケンサック Hackensackと命名
ダリー G. ダール4等特技兵 Sp. 4 Larry G. Dahl LT-2090(11978) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-2091(11979) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
ノース・アフリカ North Africa LT-2092(11980) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎2002 Nigeriaに貸与されOgbomosoと改名
LT-2093(11981) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
チャンセラーズヴィル Chancellorsville LT-2094 ◎1950年代 引き渡される
◎1988 運用終了
LT-2095 ◎1954/7 引き渡される
◎後に運用終了
ヴァリ・フォージ Valley Forge LT-2096(308) Matton ◎1954/7 引き渡される
LT-2202 ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了


満載排水量:924t 全長:39.00m 幅:11.00m 吃水:4.90m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:2,550馬力 速力:12.0kt 乗員:24名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ナザネイアル・グリーン少将 MGen. Nathanael Greene LT-801(T41) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/3/31 引き渡される
2013/3/23 横浜ノースドックにて燃料が漏れる
ヘンリー・ノックス少将 MGen. Henry Knox LT-802(T42) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/5/28 引き渡される
アンソニー・ウェイン少将 MGen. Anthony Wayne LT-803(T43) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/6/15 引き渡される
ゼブロン・パイク准将 BGen. Zebulon Pike LT-804(T44) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/8/15 引き渡される
◎2017/2末 横浜ノースドックにて点検修理
ウィンフィールド・スコット少将 MGen. Winfield Scott LT-805(T45) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/10/29 引き渡される
セス・ワーナー大佐 Col. Seth Warner LT-806(T46) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1994/1/31 引き渡される
ジョン・チャンプ曹長 SGM John Champe LT-807(T47) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
ジェイコブ・ブラウン少将 MGen. Jacob Brown LT-808(T48) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
LT-809 トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
LT-810 トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止


Update 17/03/15