LT
港内曳船《100&143フィート型》


総トン数:249t 全長:34.44m 幅:7.62m 吃水:4.26m 主機/軸数:エンタープライズ式ディーゼル機関1基/1軸 出力:1,200馬力 速力:11.0kt
※鋼製船体
※LT-1〜LT-8は1943年4月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-18〜LT-23は1943年4月〜1943年9月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-1 Jakobson Shipyard ◎1943/4 引き渡され運用開始
◎1944 エセル A. ロビンス少佐 Major Ethel A. Robbinsと命名
◎1946 運用終了
◎1946 香港の業者に売却されSilversideと改名、香港船籍となる
◎1949 HKT Silversideと改名
◎1960 売却されSilver Sideと改名
◎1969 売却されLornaと改名
◎Assigned to the US Army Transportation Corp., Harbor Boat Branch.
LT-2 Jakobson Shipyard ◎1943/6 引き渡され運用開始
◎1944 ランドルフ J. ヘルナンデス少佐 Major Randolph J. Hermandezと命名
◎1946 運用終了
◎1946 Dauntless Towing Line, Inc.に売却されDauntless No. 15と改名
◎1955 Moran Towing Co. に売却されJulia C Moranと改名
◎1971 Moran Towing Co. の子会社Curtis Bay Towing Co. に引き渡されSparrows Pointと改名
◎1971 Accomacと改名
◎1973 Moran Towing Co .に引き渡されDoris Moranに改名
◎1980 Crescent Towing & Salvage Co., Inc. に売却されSpartaに改名
◎Assigned to the US Army Transportation Corp., Harbor Boat Branch.
LT-3 Jakobson Shipyard ◎1943/6 引き渡され運用開始
◎1944 ラルフ・ボーグル少佐 Major Ralph Bogleと命名
◎1946 運用終了
◎1946 漁船に改装、Pacific Titanと改名
◎後にPacific Traderと改名
1980/2/4 ユニマック島北部海域にてで転覆沈没
◎Assigned to the US Army Transportation Corp., Harbor Boat Branch.
LT-4 Jakobson Shipyard ◎1943/10 引き渡され運用開始
◎1944 ウィルバー F. ブラーダー少佐 Major Wilbur F. Browderと命名
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1947 陸軍工兵隊に移管、Ludingtonと改名
◎1998 運用終了、後にキウォーニー市に寄贈、記念船となる(12345
後にアメリカ合衆国国家歴史登録財となる
◎Assigned to the US Army Transportation Corp., Harbor Boat Branch. Major Wilbur F. Browder towed ammunition barges across the English Channel during the invasion of Normandy. She also served at Cherbourg, France assisting harbor clearance operations. After Cherbourg Major Wilbur F. Browder was reassigned to Plymouth, England for the duration of World War II.
◎Transferred in 1947 to the US Army Corps of Engineers, at Kewaunee, WI., renamed Ludington where she assisted in the construction and maintenance of Great Lakes harbors.
LT-5 Jakobson Shipyard
LT-6 Jakobson Shipyard
LT-7 Jakobson Shipyard
LT-8 Jakobson Shipyard
LT-18 Tampa Marine
LT-19 Tampa Marine
LT-20 Tampa Marine
LT-21 Tampa Marine
LT-22 Tampa Marine
LT-23 Tampa Marine ◎1946 エジプトに貸与


排水量:395t 全長:37.49m 幅:9.14m 吃水:5.48m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック1基/1軸 出力:1,000馬力(1,225馬力ともいわれる)
※鋼製船体
※LT-57〜LT-64は1943年11月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-128〜LT-137は1943年9月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-352〜LT-358は1944年5月〜1944年10月に陸軍に引き渡される
※LT-643〜LT-646は1944年9月〜1945年3月に陸軍に引き渡される
※LT-647、LT-648は1944年11月〜1944年12月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-57 Calumet Shipyard ◎1962 民間に売却されNorman Sと命名
LT-58 Calumet Shipyard ◎1946 中国国民党に貸与
LT-59 Calumet Shipyard ◎1943 建造
◎1943/12 進水
◎1944/1 陸軍需品科に引き渡される、陸軍輸送隊にて運用開始
◎1947 運用終了
◎1947 オークランドのOcean Prince, Inc. に売却されOcean Princeと命名
◎1951 ニュー・ヨークのRed Star Towing Co. に売却
◎1955 ニュー・オーリンズのSmith Brothers Towing Co. に売却
◎1961 LafitteのGulf & Caribbean Towing Co. に売却
◎1963 Dauphinと改名
◎1974 Beaumontと改名
◎後にCoos BayのSause Brothers Ocean Towing Co. に売却されRoughneckと改名
◎2011 North BendのAlaska-Oregon Offshore Towing, Inc. に売却
◎2014 除籍
LT-60 Calumet Shipyard ◎1943頃 起工
◎1943/9〜1944/4 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎後にT. E. クリフォード Jr. 大佐 Col. T. E. Clifford, Jr. と命名
◎1950/11/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-241、〜1962)
LT-61 Calumet Shipyard
LT-62 Calumet Shipyard
LT-63 Calumet Shipyard
LT-64 Calumet Shipyard
LT-128 Tampa Marine
LT-128 Tampa Marine
LT-130 Tampa Marine
LT-131 Tampa Marine
LT-132 Tampa Marine ◎1943頃 起工
◎1943/9〜1944/4 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎後にクラレンス F. フォス軍曹 Sgt. Clarence W. Fossと命名
◎1950/11/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-242、〜1962)
LT-133 Tampa Marine
LT-134 Tampa Marine ◎1946 韓国に貸与
LT-135 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-136 Tampa Marine
LT-137 Tampa Marine ◎1946 フィリピンに貸与
LT-352 Tampa Marine
LT-353 Tampa Marine
LT-354 Tampa Marine
LT-355 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-356 Tampa Marine
LT-357 Tampa Marine
LT-358 Tampa Marine
LT-643 Jakobson Shipyard
LT-644 Jakobson Shipyard
LT-645 Jakobson Shipyard
LT-646 Jakobson Shipyard ◎1943頃 起工
◎1943/9〜1944/3 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎後にガブリエル・チャヴェス二等兵 Pvt. Gabriel Chavezと命名
◎1950/11/1 海軍に移管に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-243、〜1962)
LT-647 Tampa Marine ◎1946 中国国民党に貸与
LT-648 Tampa Marine


全長:28.65m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-113 Calumet Shipyard ◎1942 引き渡される
LT-114 Calumet Shipyard ◎1942 引き渡される


全長:38.40m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※木製船体
※LT-115〜LT-119は1943年12月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-140〜LT-144は1943年8月〜1944年2月に陸軍に引き渡される
※LT-151〜LT-155は1943年9月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-156〜LT-160は1943年9月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
※LT-186〜LT-188は1943年9月〜1944年1月に陸軍に引き渡される
※LT-214、LT-215は1943年12月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-115 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にパトリック Patrickと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-116 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にウィリアム Williamと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-117 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にマイケル Michaelと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-118 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にサン・マルコス San Marcosと命名
1955 ガルヴェストンにて火災事故により沈没
LT-119 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 オランダの民間業者に売却
◎後に解体
LT-140 Barbee Marine ◎後にL. H. クーリッジ L. H. Coolidgeと命名
1951 沈没
LT-141 Barbee Marine ◎後にショーニー Shawneeと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-142 Barbee Marine ◎OlympiaにてSea Scoutsに移管されCzarと命名
◎後にNisqually Beachにて放棄
LT-143 Barbee Marine ◎後にカイユース Cayuseと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-144 Barbee Marine ◎後にフローレンス・フィルバーグ Florence Filburgと命名
2005 シアトル近海にて沈没、後に解体
LT-151 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にチャールズ Charlesと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-152 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 イタリアに貸与されAtletaと命名
◎1977 解体
LT-153 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 オランダの業者に売却
◎後に解体
LT-154 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 イタリアに貸与されTenaceと命名
◎1977 解体
LT-155 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1966 ギリシャに貸与されProteusと命名
LT-156 Northwestern Shipbuilding ◎1943頃 起工
◎1943/9〜1944/3 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎後にフレッド N. コールマン軍曹 Sgt. Fred N. Colemanと命名
◎1950/11/1 海軍に移管に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-244、〜1959)
LT-157 Northwestern Shipbuilding ◎後にサンティアム Santiamと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-158 Northwestern Shipbuilding ◎後に民間に売却されヨットMary Mackinとなる
2004 Burrard beachにて火災により放棄
LT-159 Northwestern Shipbuilding ◎1946 イタリアに貸与されForteと命名
◎後に解体
LT-160 Northwestern Shipbuilding ◎後にマカ Makahと命名
◎1969 ヴェトナムにて沈没
LT-186 Sagstad Shipyard ◎後にアラスカ・モナーク Alaska Monarchと命名
1976 Puerta Arenaにて沈没、後に引き揚げられ解体
LT-187 Sagstad Shipyard ◎後にミキミキ Miki-Mikiと命名
1988 アラスカにて座礁
LT-188 Sagstad Shipyard ◎後にパブロ Pabloと命名
◎後に香港に売却といわれる
LT-214 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1946 イタリアに貸与されColossoと命名
◎後に解体
LT-215 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1946 中国国民党に貸与されTing Changと命名


全長:45.41m
※鋼製船体
※LT-217〜LT-231は1943年8月〜1944年2月に陸軍に引き渡される
※LT-633〜LT-640、LT-649〜LT-653は1944年2月〜1944年6月に陸軍に引き渡される
※LT-784〜LT-788、LT-790〜LT-793は1944年7月〜1944年11月に陸軍に引き渡される
※LT-814〜LT-817は1945年4月〜1945年5月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-217 Marietta Manufacturing
LT-218 Marietta Manufacturing
LT-219 Marietta Manufacturing
LT-220 Marietta Manufacturing
LT-221 Marietta Manufacturing 1944 Gulf of Cagliariにて機雷により沈没
LT-222 Marietta Manufacturing
LT-223 Marietta Manufacturing
LT-224 Marietta Manufacturing ◎1946 アルゼンチンに貸与
LT-225 Marietta Manufacturing
LT-226 Marietta Manufacturing
LT-227 Marietta Manufacturing
LT-228 Marietta Manufacturing
LT-229 Marietta Manufacturing
LT-230 Marietta Manufacturing
LT-231 Marietta Manufacturing
LT-633 Marietta Manufacturing
LT-634 Marietta Manufacturing
LT-635 Marietta Manufacturing
LT-636 Marietta Manufacturing
LT-637 Marietta Manufacturing
LT-638 Marietta Manufacturing
LT-639 Marietta Manufacturing
LT-640 Marietta Manufacturing
LT-649 Marietta Manufacturing
LT-650 Marietta Manufacturing
LT-651 Marietta Manufacturing
LT-652 Marietta Manufacturing
LT-653 Marietta Manufacturing ◎後にブロッサム Bloxomと命名
◎後にスタテン・アイランドのピアにて廃船となる
LT-784 Marietta Manufacturing
LT-785 Marietta Manufacturing
LT-786 Marietta Manufacturing
LT-787 Marietta Manufacturing
LT-788 Marietta Manufacturing
LT-789 Marietta Manufacturing ◎1944/9 引き渡される
◎2007 Hannah Marineに売却
LT-790 Marietta Manufacturing
LT-791 Marietta Manufacturing
LT-792 Marietta Manufacturing
LT-793 Marietta Manufacturing
LT-814 Marietta Manufacturing ◎1946 Santa Fe Railroadに売却
LT-815 Marietta Manufacturing ◎1964 民間に売却されDavid Eと命名
LT-816 Marietta Manufacturing
LT-817 Marietta Manufacturing ◎1946 アルゼンチンに貸与


軽荷排水量:390t 満載排水量:395t 全長:38.70m 幅:8.50m 吃水:4.40m 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 出力:1,200馬力 速力:11.0kt 乗員:22名
※木製船体
※LT-362、LT-363は1944年1月〜1944年4月に陸軍に引き渡される
※LT-366〜LT-370、LT-374〜LT-378、LT-389〜LT-394は1944年4月〜1944年10月に陸軍に引き渡される
※LT-371〜LT-373は1944年3月〜1944年7月に陸軍に引き渡される
※LT-451、LT-452、LT-518、LT-519は1944年6月〜1944年9月に陸軍に引き渡される
※LT-462〜LT-466は1944年9月〜1945年3月に陸軍に引き渡される
※LT-492〜LT-496は1944年4月〜1944年12月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-362 Chilman Boats ◎後にコロンビア Columbiaと命名
◎1975 解体
LT-363 Chilman Boats ◎後にコモドア Commodoreと命名
◎1967 GoMにて人工環礁のため沈没処分
LT-366 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にドミニオン Dominionと命名
◎後に売却といわれる
LT-367 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にアンティオク Antiochと命名
◎後にSuisun Bayにて放棄
LT-368 Grays Harbor Shipbuilding ◎後にリリーフ Reliefと命名
1975 沈没、後に引き揚げられる、解体
LT-369 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Kingと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-370 Grays Harbor Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Princeと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-371 Sagstad Shipyard ◎後にAntwerp Yacht Clubのクラブハウスとなる
◎現在はAntwerpにてTug Mikiと命名されたといわれる
LT-372 Sagstad Shipyard ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Breezeと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-373 Sagstad Shipyard ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Robinと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-374 Barbee Marine ◎後にエリザベス・オルセン Elizabeth Olsenと命名
1960 オレゴン州Bandon港にて座礁
LT-375 Barbee Marine 1946 アッツ港にて座礁、沈没
LT-376 Barbee Marine ◎後にバーバラ・フォス Barbara Fossと命名
◎1976 標的として沈没
LT-377 Barbee Marine ◎後にBruinと命名
◎1978 係船
LT-378 Barbee Marine ◎後にオーディン Odinと命名
◎後にジャスティン Justineと改名
LT-387 ピュージェット・サウンド・ボートビルディング ◎1944/4 引き渡される
◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Cloudと命名
◎1980 Cape Mendocinoにて沈没処分
LT-389 Hodgson-Greene-Haldeman 1944 English Channelにて機雷により沈没
LT-390 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にミキアラ Mikialaと命名
◎1971 ホノルルにて沈没処分
LT-391 Hodgson-Greene-Haldeman ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Larkと命名
LT-392 Hodgson-Greene-Haldeman 1944/6 ◎1955/3/2 日本に供与され曳船(YT-23)となる
◎1956/2/16 艦種を特務艇に改め、とばと命名
◎1965/3/31 除籍
LT-393 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にコメット Cometと命名
1966 ピュージェット・サウンドにて火災により放棄
LT-394 Hodgson-Greene-Haldeman ◎後にミッキ Mikkiと命名
1993 カリブ海にて沈没
LT-451 Northwestern Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Wolfと命名
1964 ハワイにて火災により損傷、後に解体
LT-452 Northwestern Shipbuilding ◎1977 ペルーに貸与されAnn Wと命名
◎1979 ボリヴィアに売却され標的として沈没
LT-462 ノースイースト・シップビルディング ◎後にセンテニアル・ライオン Centennial Lionと命名
◎後にVancouverにて係船
LT-463 ノースイースト・シップビルディング ◎後にハーキュリーズ Herculesと命名
1966 アラスカの氷海にて喪失
LT-464 ノースイースト・シップビルディング ◎後にガリーニ Galiniと命名
LT-465 ノースイースト・シップビルディング ◎後にクーラカイ Kuulakaiと命名
◎後にVancouverにて係船
LT-466 ノースイースト・シップビルディング ◎後にコメット2世 Comet IIと命名
◎1980 Juan de Fuca Straitにて沈没処分
LT-492 Minneford Yacht Yard ◎後にカーネル Colonelと命名
1960 Pascagoulaにて衝突し損傷、後に解体
LT-493 Minneford Yacht Yard ◎後にBertha Rと命名
1954 Panama City にて衝突し沈没
LT-494 Minneford Yacht Yard ◎後にジャン・ネルソン Jean Nelsonと命名
◎後にサン・ホルヘ San Jorgeと改名
LT-495 Minneford Yacht Yard ◎後にエンチャントレス Enchantressと命名
◎2002 Ballardにて全損と認定
LT-496 Minneford Yacht Yard ◎後にアクティヴ Activeと命名
1977 焼失
LT-518 Hillstrom Shipbuilding ◎後にキャプテン Captainと命名
◎後にヴェトナムにて放棄
LT-519 Hillstrom Shipbuilding ◎1946 Crowley/Red Stackに。Sea Foxと命名
◎1975 解体


全長:43.58m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※鋼製船体
※LT-454〜LT-456は1943年12月〜1944年3月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-454 Levingston Shipbuilding Co.
LT-455 Levingston Shipbuilding Co. ◎1943〜1944 この間、起工
◎1943/12〜1944/4 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎1950/7/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-240)
◎1971 陸軍に移管
LT-456 Levingston Shipbuilding Co.


全長:43.58m 主機/軸数:ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:1,000馬力
※鋼製船体
※LT-528〜LT-538は1944年1月〜1944年6月に陸軍に引き渡される
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-528 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-529 Levingston Shipbuilding Co.
LT-530 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-531 Levingston Shipbuilding Co.
LT-532 Levingston Shipbuilding Co. ◎1943〜1944 この間、起工
◎1944/1〜1944/6 この間、陸軍輸送隊に引き渡される
◎1950/3/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-ATA-239)
◎1955(1960?) 陸軍に移管
◎1964 シアトルのPuget Sound Tug & Barge Co. に売却されActiveと命名
LT-533 Levingston Shipbuilding Co.
LT-534 Levingston Shipbuilding Co.
LT-535 Levingston Shipbuilding Co. ◎1943〜1944 この間、建造
◎1944/1〜1944/6 この間、引き渡される
◎1985 海軍に移管、パシフィック・エスコート Pacific Escortと命名、メア・アイランド海軍造船所にて潜水艦エスコート船兼調査船となる
◎1995 民間に売却されAtaboyと改名
◎後にナイジェリアの業者に売却されBrittania U 111と改名
LT-536 Levingston Shipbuilding Co.
LT-537 Levingston Shipbuilding Co. ◎1946 中国国民党に貸与
LT-538 Levingston Shipbuilding Co. ◎後にAbeille 30と命名
◎1985 解体


全長:43.58m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-578 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-579 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-580 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される
LT-581 Levingston Shipbuilding Co. ◎1944 引き渡される


全長:45.41m
※鋼製船体
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-818 Marietta Manufacturing
LT-819 Marietta Manufacturing
LT-820 Marietta Manufacturing ◎1965 民間に売却されJames A. Hannahと命名
LT-821 Marietta Manufacturing ◎1948 民間に売却されMary E. Hannahと命名
LT-822 Marietta Manufacturing
LT-829 Tampa Marine
LT-830 Tampa Marine ◎1946 Santa Fe Railroadに売却


軽荷排水量:295t 満載排水量:310t(LT-2082は390t) 全長:32.61m 幅:8.22m(LT-2082は8.10m) 吃水:3.65m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 速力:12.0kt(LT-2082は10.0kt) 乗員:16名(LT-2082は10名)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LT-1936(395) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
ウィリアム W. シー三等軍曹 SGT William W. Seay LT-1937(396) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎2001 運用終了
LT-1938(397) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1939(398) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1940(399) エイヴォンデール ◎1952/12 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1941(400) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1942(401) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1943(402) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1944(403) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1945(404) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1946(405) エイヴォンデール ◎1953/1 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1947(406) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1948(407) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1949(408) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1950(409) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1951(410) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1952(411) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
サレルノ Salerno LT-1953(412) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎2001 Brownsvilleへ
LT-1954(413) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1955(414) エイヴォンデール ◎1953/2 引き渡される
◎後に運用終了
フレデリックスバーグ Fredericksburg LT-1956(415) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎2003 運用終了
LT-1957(416) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1958(417) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎後に運用終了
マーフィーズボロ Murfreesboro LT-1959(418) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎1988 運用終了
ランディース・レーン Lundy's Lane LT-1960(419) エイヴォンデール ◎1953/3 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1961(420) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1962(421) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1963(422) エイヴォンデール ◎1953/4 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-1964(425) エイヴォンデール ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-753)に改め、ノーガタック Naugatuckと命名
LT-1965(11646) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-754)に改め、ウーンソケット Woonsocketと命名
LT-1966(11647) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-747)に改め、チコピー Chicopeeと命名
LT-1967(11648) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に運用終了
LT-1968(11649) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-755)に改め、ウォーキガン Waukeganと命名
LT-1969(11650) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に運用終了
オキナワ Okinawa LT-1970(11651) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/10 引き渡される
◎2003 民間に売却
ノーマンディ Normandy LT-1971(11652) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/11 引き渡される
◎2001 Brownsvilleへ
ゲティスバーグ Gettysburg LT-1972(11653) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/12 引き渡される
◎2003 運用終了
シャイロー Shiloh LT-1973(11654) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎2002 運用終了
シャンパーニュマルヌ Champagne-Marne LT-1974(11655) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
LT-1975(11656) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後に民間に売却されCapt. Mikeと命名
◎後にPhoenixと改名
LT-1976(11657) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953 引き渡される
◎後にフィリピンに貸与されTiboli(YQ-58)と命名
◎1988 解体
アトルバロ Attleboro LT-1977(11658) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1953/12 引き渡される
◎1999 他の機関に貸与
◎2003 運用終了
LT-2075(222) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に民間に売却されCygnusと命名
ニュー・ギニア New Guinea LT-2076(223) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
LT-2077(224) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1953 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-759)に改め、ミザール Mizarと命名
LT-2078(225) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954/7 引き渡される
◎1964/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-748)に改め、ユマ Yumaと命名、運用開始
LT-2079(226) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
LT-2080(227) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
サン・サポー San Sapor LT-2081(228) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-2082(229) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1964/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-749)に改め、コーコーナ Kaukaunaと命名、運用開始
◎1987 運用終了、陸軍に移管
LT-2083(230) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1962/1/21 艦種を中型港内曳船(YTM-756)に改め、オワトナ Owatonnaと命名
◎1962/7(1964/9?) 海軍に移管、運用開始
LT-2084(231) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1954 引き渡される
◎1968/9 海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-757)に改め、ウォーペトン Wahpetonと命名、運用開始
アンツィオ Anzio LT-2085(232) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
バターン Bataan LT-2086(233) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎1994 運用終了
クェゼリン Kwajalein LT-2087(234) ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1950年代 引き渡される
◎1994 運用終了
ピーターズバーグ Petersburg LT-2088(11976) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1954/7 引き渡される
◎2003 運用終了
LT-2089(11977) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-750)に改め、ハッケンサック Hackensackと命名
ダリー G. ダール4等特技兵 Sp. 4 Larry G. Dahl LT-2090(11978) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎2002 運用終了
LT-2091(11979) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
ノース・アフリカ North Africa LT-2092(11980) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎2002 Nigeriaに貸与されOgbomosoと改名
LT-2093(11981) ヒギンズ・インダストリーズ ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了
チャンセラーズヴィル Chancellorsville LT-2094 ◎1950年代 引き渡される
◎1988 運用終了
LT-2095 ◎1954/7 引き渡される
◎後に運用終了
ヴァリ・フォージ Valley Forge LT-2096(308) Matton ◎1954/7 引き渡される
LT-2202 エイヴォンデール ◎1950年代 引き渡される
◎後に運用終了


満載排水量:924t 全長:39.00m 幅:11.00m 吃水:4.90m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:2,550馬力 速力:12.0kt 乗員:24名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ナザネイアル・グリーン少将 MGen. Nathanael Greene LT-801(T41) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/3/31 引き渡される
2013/3/23 横浜ノースドックにて燃料が漏れる
ヘンリー・ノックス少将 MGen. Henry Knox LT-802(T42) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/5/28 引き渡される
アンソニー・ウェイン少将 MGen. Anthony Wayne LT-803(T43) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/6/15 引き渡される
ゼブロン・パイク准将 BGen. Zebulon Pike LT-804(T44) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/8/15 引き渡される
◎2017/2末 横浜ノースドックにて点検修理
ウィンフィールド・スコット少将 MGen. Winfield Scott LT-805(T45) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1993/10/29 引き渡される
セス・ワーナー大佐 Col. Seth Warner LT-806(T46) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎1994/1/31 引き渡される
ジョン・チャンプ曹長 SGM John Champe LT-807(T47) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
ジェイコブ・ブラウン少将 MGen. Jacob Brown LT-808(T48) トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
LT-809 トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止
LT-810 トリニティ/ハルター・マリーン社 ◎未着手まま建造中止


Update 20/09/06