ESB
遠征用機動基地

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
※データは機動揚陸プラットフォーム・モントフォード・ポイント級の項を参照
※2015年9月3日に、海軍長官と米海軍作戦総長が艦種記号の改訂案に署名。洋上前線設置基地(AFSB)から遠征用機動基地(ESB: Expeditionary Base Mobile)に改訂

↑WASHINGTON (Oct. 4, 2017) - A infographic depicting the capabilities of the expeditionary sea base USS Lewis B. Puller (ESB-3). Lewis B. Puller is deployed to the U.S. 5th Fleet area of operations. U.S. Navy graphic by Kirsten Sisson. (Released)
↑NORFOLK (July 10, 2017) - The Military Sealift Command expeditionary mobile base USNS Lewis B. Puller (T-ESB-3) departs Naval Station Norfolk for its first operational deployment. Puller is deploying to the U.S. 5th Fleet area of operations in support of U.S. Navy and allied military efforts in the region. U.S. Navy photo by Bill Mesta. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ルイス B. プラー Lewis B. Puller T-ESB-1
(T-ESD-3)
ナショナル・スチール&シップビルディング社 2017/8/17 ◎2015/9/4 艦種を遠征用機動基地(T-ESB-1)/遠征用積み替えドック(T-ESD-3)に改める
◎後に艦種記号をT-ESB-3に改める
◎2016/11 ノーフォークのナショナル・スチール&シップビルディング社にてPSA(〜2017/4、修理額$34,468,958)
◎2017/8/17 バーレーンのKhalifa Bin Salman Portにて就役、艦種記号をESB-3に改める、海軍が管理運行(この変更は武力紛争法(laws of armed conflict)の下で、対機雷戦等の特定の任務は軍艦によって行われなければならないという事実によるもの。アメリカ国外で最初に就役したアメリカ艦船)
ハーシェル“ウッディ”ウィリアムズ Hershel "Woody" Williams T-ESB-2
(T-ESD-4)
ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2015/9/4 艦種を遠征用機動基地(T-ESB-2)/遠征用積み替えドック(T-ESD-4)に改める
◎後に艦種記号をT-ESB-4に改める
◎2016/1/14 チャールストンにて艦名を祝う式典(123
◎2016/8/2 起工
◎2017/8/19 進水
◎2017/10/21 命名式
ミゲル・キース Miguel Keith T-ESB-5 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2017/11/4 メリーランド州National Harborにて艦名を祝う式典予定


Update 17/11/04