CL
一等軽巡洋艦、軽巡洋艦


軽荷排水量:10,000t 満載排水量:14,500t 全長:186.00m 幅:20.20m 吃水:7.50m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶8基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン4基/4軸 速力:32.5kt 燃料搭載量:重油1,507t〜2,100t 航続力:15ktで11,000浬 兵装:47口径152o3連装砲4基、38口径127o連装両用砲6基、40o4連装機銃6基、40o連装機銃2基、20o連装機銃19基 装甲:水線127o、砲塔152.4o、甲板50.8o、司令塔127o 塔載機:水上偵察機5機 乗員:1,255名
※当初計画ではCL-106、CL-107はクリーヴランド級軽巡洋艦、CL-108〜CL-118は改クリーヴランド級軽巡洋艦として計画
↑USS Huntington (CL-107). Underway at sea near Capetown, South Africa, 15 October 1948. Note Curtiss SC-2 seaplane on her catapult. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ファーゴ Fargo CL-106 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1945/12/9 1950/2/14 1970/3/1 ◎1950/2/14 予備役に編入
ハンティントン Huntington CL-107 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1946/2/23 1949/6/15 1961/9/1 ◎1961 解体のため売却
ニューアーク Newark CL-108 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/1/17 起工
◎1945/8/12 67.8%の完成度で建造中止
◎1949/4/2 解体のため売却
ニュー・ヘイヴン New Haven CL-109 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/2/28 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却
バッファロー Buffalo CL-110 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/4/3 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却
ウィルミントン Wilmington CL-111 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 ◎1945/3/5 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却
ヴァレーオ Vallejo CL-112 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/10/5 未着手のまま建造中止
ヘレナ Helena CL-113 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/10/5 未着手のまま建造中止
ロアノーク Roanoke CL-114 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/10/5 未着手のまま建造中止
CL-115 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1944/10 未着手のまま建造中止
タラハッシー Tallahassee CL-116 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1944/1/31 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却
シャイアン Cheyenne CL-117 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1944/5 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却
チャタヌーガ Chattanooga CL-118 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1944/10/9 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1949 解体のため売却


Update 17/07/02