BBH
ヘリコプター戦艦


※恐らく、これは1962年には火力支援能力を持つ強襲揚陸艦(3番砲塔と一部の38口径127o連装両用砲を撤去し、飛行甲板を設け輸送ヘリコプター20機とLCVP16隻を搭載、海兵1個大隊を乗艦できるようにする案の事を指しているものだと思われる。1980年代にもアイオワ級戦艦近代化計画で、似たような第2次改装案(第2段階改装案とは、3番砲塔を撤去して格納庫と飛行甲板を設け、対潜ヘリコプターもしくはSTOVL攻撃機を搭載する航空戦艦構想)があった。計画のみに終わり、結局、BBHに類別された艦はなかった。その他のデータは戦艦アイオワ級の項を参照。下の図は上は強襲揚陸艦案、下2つは1980年代の第2次改装案
↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 16/07/10