攻撃機

アイコン 意味
戦闘や事故で失った場合(沈没、墜落)や損傷した場合、艦船等の内部で事故や事件がおこった場合の意味です。自軍や同盟軍、所属機関、所有会社が行った沈没処分や破壊処分、漁礁として又は演習で使用して沈めた場合にはこのアイコンは付けません
戦果や功績、各機関に寄贈された場合の意味です。戦争等で沈没み、何十年後に発見された場合もこのアイコンです
映画やTVドラマ、ドキュメンタリーに使用された場合の意味です
参考文献、小説や書籍に登場する事柄です
インターネットやTVゲームに登場する事柄です
UFO等超常現象に遭遇した事柄です
※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
ノース・アメリカン社(現ボーイング・ディフェンス、スペース&セキュリティー部門)製 初飛行:1948年7月3日(XAJ-1) 退役日:1960年 AJ-1データ=全幅(翼端タンク無し):21.75m 全長:19.22m 全高:6.25m 翼面積:77.61u 空虚運用重量:12,500s 最大離陸重量:23,112s パワープラント:定格出力2,400hpのライト製R-2800-44Wダブル・ワスプ18気筒星型ピストン・エンジン2基、定格推力20kNのアリソン製J33-A-10ターボジェット・エンジン1基 最大速度:758q/h 初期上昇率:883m/min 実用上昇限度:14,630m 航続距離:2,785q 兵装:最大5,443sまでの各種搭載品もしくはMk. 4/7/11/15/105/B28自由落下熱核爆弾 乗員:3名
※社内呼称モデル146(NA-146)
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりAJはA-2になる

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
XAJ-1 121460〜121462
(c/n 146-38429〜146-38431)
◎3機 社内呼称モデル146(NA-146)
AJ-1 122590〜122601
(c/n 156-38465〜156-38476)
◎12機 社内呼称モデル156(NA-156)
AJ-1 124157〜124186
(c/n 160-1〜160-30)
◎30機 社内呼称モデル156(NA-156)。124185、124186はキャンセル
XA2J-1 124439、124440
(c/n 163-1、163-2)
◎2機
AJ-1 124850〜124864
(c/n 169-1〜169-15)
◎15機 社内呼称モデル156(NA-156)
AJ-2P 128043〜128054
(c/n 175-1〜175-12)
◎12機 社内呼称モデル175(NA-175) ◎128043(c/n 175-1)は1952年5月にVJ-62へ引き渡される。VJ-62は1956年7月2日にVAP-62に改編。1957年6月にヴァージニア州ノーフォークのオーシャン・ヴュー・ビーチ沖にてAJ-2P(Bu.No. 128049)と衝突し墜落。1957年春に救難起重機船ウィンドラス Windlass(ARSD-4)はヴァージニア州Chincoteagueにてジュピター・ミサイルのノーズ・コーン回収に従事した。その夏、同艦は衝突した2機のAJの残骸の殆どを回収した
◎128049(c/n 175-7)は1954年6月にVJ-62へ引き渡される。VJ-62は1956年7月2日にVAP-62に改編。1957年6月にヴァージニア州ノーフォークのオーシャン・ヴュー・ビーチ沖にてAJ-2P(Bu.No. 128043)と衝突し墜落。1957年春に救難起重機船ウィンドラス(ARSD-4)はヴァージニア州Chincoteagueにてジュピター・ミサイルのノーズ・コーン回収に従事した。その夏、同艦は衝突した2機のAJの残骸の殆どを回収した
AJ-2P 129185〜129195
(c/n 175-13〜175-23)
◎11機 社内呼称モデル175(NA-175)
AJ-2 130405〜130421
(c/n 184-1〜184-17)
◎17機 社内呼称モデル184(NA-184)
AJ-2P 130422〜130425
(c/n 183-1〜183-4)
◎4機 社内呼称モデル183(NA-183)
AJ-2 134035〜134072
(c/n 184-18〜184-55)
◎38機 社内呼称モデル184(NA-184)
AJ-2P 134073〜134075
(c/n 183-5〜183-7)
◎3機 社内呼称モデル183(NA-183)


ノース・アメリカン社(現ボーイング・ディフェンス、スペース&セキュリティー部門)製 初飛行:1958年8月31日(XA3J-1) 退役日:1979年11月20日 RA-5Cデータ=全幅:16.15m 全長:23.32m 全高:5.91m 翼面積:70.05u 空虚運用重量:17,009s 最大離陸重量:29,937s パワープラント:アフターバーナー使用時定格推力79.42kNのジェネラル・エレクトリック製J79-GE-10ターボジェット・エンジン2基 制限マッハ数:高高度2.1 実用上昇限度:14,750m 航続距離:4,828q 兵装:無誘導弾薬:Mk. 27/B28自由落下熱核爆弾 乗員:1名
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりA3JはA-5になる
※下のアイコンのA-5A、実際は第5偵察重攻撃飛行隊(RVAH-5)“サヴェージ・サンズ”にはA-5Aは所属していなかった
↑第5偵察重攻撃飛行隊(RVAH-5)“サヴェージ・サンズ”所属A-5A
↑第6偵察重攻撃飛行隊(RVAH-6)“フレアーズ”所属RA-5C
↑North American RA-5C "Vigilante" reconnaissance aircraft (Bureau # 146696). Lands on board USS Saratoga (CVA-60). This photograph was received by the Naval Photographic Center in May 1969. Official U.S. Navy Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
XA3J-1 145157、145158
(c/n NA-247-1、NA-247-2)
◎2機 社内呼称モデル247(NA-247)。1962年以降の名称はYA-5A-1-NH。145157はRA-5Cに改造
A3J-1 146694〜146708
(c/n NA-247-3〜NA-247-11)
◎15機 社内呼称モデル247(NA-247)。1962年以降の名称はA-5A-5-NH。146703〜146708はキャンセル。146695、146696、146698、146701、146702はRA-5Cに改造
A3J-1 147850〜147863
(c/n NA-263-1〜NA-263-14)
◎14機 社内呼称モデル263(NA-263)。1962年以降の名称は147850〜147859はA-5A-10-NH、147860〜147863はA-5A-15-NH。147850、147852〜147854、147856〜147861はRA-5Cに改造
A3J-1 148924〜148933
(c/n NA269-1〜NA-269-10)
◎10機 社内呼称モデル269(NA-269)。1962年以降の名称は148924〜148930はA-5A-20-NH、148931はA-5A-25-NH。148932〜148933はA-5A-30-NH。148925、148926、148928、148929、148932、148933はRA-5Cに改造(内、148925、148932、148933は新しい製造番号を与えられる) 148926は1968年3月14日に厚木海軍航空施設を離陸後、木更津海軍補助航空基地にて離着陸訓練“タッチ&ゴー”中に墜落(RVAH-6所属機) 
148932は1967年7月29日にトンキン湾の攻撃航空母艦フォレスタル Forrestal(CVA-59)にて爆発事故により全壊(RVAH-11所属機、123) 
A3J-1 149276〜149299
(c/n NA269-11〜NA-269-34)
◎24機 社内呼称モデル269(NA-269)。1962年以降の名称は149276、149277はA-5A-35-NH、149278〜149285はA-5A-40-NH。149286〜149299はA-5A-45-NH。149276〜149281、149283〜149289、149291、149293、149294(c/n NA296-55〜NA296-70)はRA-5Cに改造 149284は1967年7月29日にトンキン湾の攻撃航空母艦フォレスタル(CVA-59)にて爆発事故により全壊(RVAH-11所属機、123) 
A3J-2 149300〜149317
(c/n NA269-35〜NA-269-52)
◎18機 社内呼称モデル263(NA-269)。1962年9月以降の名称はA-5B。149300〜149305は製造途中でYA-5Cに改造。149300〜149317は後にRA-5Cに改造 149305は1967年7月29日にトンキン湾の攻撃航空母艦フォレスタル(CVA-59)にて爆発事故により全壊(RVAH-11所属機、123) 
A3J-3P 150823〜150842
(c/n NA279-1〜NA-279-20)
◎20機 社内呼称モデル279(NA-279)。1962年9月以降の名称はRA-5C ◎150824(c/n NA279-2)
◎150837の尾翼は後に148926に使われる
RA-5C 151615〜151634
(c/n NA283-21〜NA-283-40)
◎20機 社内呼称モデル283(NA-283) 151627は1967年3月9日に攻撃航空母艦キティ・ホーク Kitty Hawk(CVA-63)から発艦後、タンホア北西部にて共産軍の小火器により海上に撃墜(RVAH-13所属機)。乗員2名とも脱出するもパイロットは死亡。SO(System Operatorの略。システム・オペレーター、1970年までにRAN(Reconnaissance Attack Navigatorの略。偵察攻撃航法士)に改称)はヴェトナム民兵に38口径リヴォルヴァーを奪われるも隠し持っていた22口径のオートチック拳銃でヴェトナム民兵と戦い救難ヘリに救助される
◎151630(c/n NA283-36)
RA-5C 151726〜151728
(c/n NA283-41〜NA-283-43)
◎3機 社内呼称モデル283(NA-283)
RA-5C 151962〜151969(キャンセル) ◎8機
RA-5C 156608〜156653
(c/n NR316-1〜NR-316-46)
◎46機 ノース・アメリカン・ロックウェル社製。社内呼称モデル316(NR-316)。156644〜156653はキャンセル ◎156613(c/n NR316-6)
◎156620(c/n NR316-13)
◎156627(c/n NR316-20)
156633は1972年12月28日に原子力攻撃航空母艦エンタープライズ Enterprise(CVAN-65)から発艦後、北ヴェトナムPOL貯蔵庫撮影後、北ヴェトナム空軍のMiG-21のミサイルにより撃墜(RVAH-13所属機)。パイロットは脱出するも捕虜となる。RANは死亡
◎156638(c/n NR316-31)


Update 22/06/20