Z−ET1−S−C3
“LIBERTY SHIP TANKERS”


積貨重量トン数:10,500t 全長:134.72m 主機/軸数:General Machinery Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関(MC hull 1735、MC hull 1886、MC hull 1887、MC hull 1927、MC hull 1929、MC hull 1930、MC hull 1932、MC hull 1934はIron Fireman Manufacturing Co. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関、MC hull 1736、MC hull 1737、MC hull 1739、MC hull 1743、MC hull 1916、MC hull 1921、MC hull 1922、MC hull 1925、MC hull 1926、MC hull 1928、MC hull 1931、MC hull 1933はアメリカン・シップビルディング式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関、MC hull 1738はWillamette Iron & Steel Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関、MC hull 1880〜MC hull 1885、MC hull 1888〜MC hull 1909はJoshua Hendy Iron Works式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関、MC hull 1918はFiler & Stowell Co. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関)
EC2-S-C1型“リバティ・シップ”を改装
↑S.S. Norman O. Pedrick (American "Liberty" Tanker). Steams away from her builder's yard upon completion, 15 February 1944. Constructed by the Delta Shipbuilding Company, New Orleans, Louisiana, this ship was delivered to the Navy on the following day and placed in commission as USS Stag (IX-168). She was converted to a water distilling ship during March-August 1944 and redesignated AW-1. U.S. Naval Historical Center Photograph.
船名 NAME 造船所
記号
海事委員会
記号
建造所 引き渡された日 備考
ジョージ W. ケンダル George W. Kendall 64 1734 デルタ・シップビルディング社 1943/9/13 ◎1943/5/19 起工
◎1943/7/10 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されHoustonのAmerican Republics Corp. が運航
◎1948 ニュー・ヨークのT. J. Stevenson & Co. に売却されdry cargo shipに改装、7,151tに、Dorothy Stevensonと改名
◎1954 リベリアのCambridge SS Corp. (船主はニュー・ヨークのT. J. Stevenson & Co.)に売却されCambridgeと改名
◎1956 ニュー・ヨークとリベリアのPulaski Transport Lineに売却されWolna Polskaと改名
◎1957 リベリアのCambridge SS Corp. (船主はT. J. Stevenson & Co.)に売却されCambridgeと改名
◎1959 ニュー・ヨークのOcean Freighting & Brokerage Corp. に売却
◎1961 台北のYi Ming Navigation Corp. に売却されYi Mingと改名
◎1965 台湾船籍となる
◎1967(1968?) 台湾にて解体
メアリー・アシュリー・タウンゼント Mary Ashley Townsend 65 1735 デルタ・シップビルディング社 1943/9/22 ◎1943/6/3 起工
◎1943/7/25 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運行
◎1948 Perth AmboyのHess, Inc. に売却されDavid T. Wilentzと改名
◎1955 リベリアのSeatankers, Inc. (船主はMonroviaとニュー・ヨークの会社)に売却されSweetvilleと改名
◎1956 dry cargo shipに改装、8,602tに
◎1957 バミューダのハミルトンのArgyll Shpg. Co. に売却されBerkshireと改名
◎1964 リベリアのDelos Maritime Co. (船主はニュー・ヨークのPacific SS Agency)に売却されDelos Gloryと改名
◎1968 台湾にて解体
アンドリュー・マルシャルク Andrew Marschalk 66 1736 デルタ・シップビルディング社 1943/10/6 ◎1943/6/9 起工
◎1943/8/7 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されHoustonのAmerican Republics Corp. が運行
◎1948 Flanigan, Loveland Shipping Co. (船主はパナマのCia Alfaro SA)に売却
◎1948 DoverのPhiladelphia Marine Corp. に売却
◎1950 アメリカのJupiter SS Co. (船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されSeagloriousと改名
◎1954 パナマ船籍となる
◎1955 dry cargo shipに改装、7,256tに
◎1956 船体は155.90mに延長、8,433tに、鉱石運搬船となる
◎1956 リベリア船籍となる
◎1957 パナマとリベリアのPanoceanic Cia Marina(船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されAndros Gliderと改名
◎1960 ギリシャのPioneer Marine Carriers Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されEvrotasと改名
◎1962 パナマとギリシャのKini Cia Maritima(船主のニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されKiniと改名
◎1965 リベリアのAdrian Maritime Co. (船主のニュー・ヨークのAstoria SS Agency)に売却されThree Sistersと改名
◎1967 PiraeusのAtlantic Shipping Co.)に売却
◎1968 リベリアのIvory Coast Transport Corp. (船主のニュー・ヨークのCommodity Chartering Corp.)に売却されKritiと改名
◎1973 リベリアのVall Carriers, Ltd. (船主はロンドンのIntrafima Ship Management, Ltd.)に売却されVall Sunと改名
◎1974 台湾にて解体
ジョン・スタッグ John Stagg 67 1737 デルタ・シップビルディング社 1943/9/4 ◎1943/5/18 起工
◎1943/7/7 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのBernuth Lembck Co. が運行
◎1948 DoverのPhiladelphia Marine Corp. に売却
◎1950 ニュー・ヨークのPanoil Transport Corp. に売却されTakoilと改名
◎1951 ニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp. に売却
◎1954 National Servantと改名、リベリア船籍となる
◎1955 リベリアのTakivapor Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp.)に売却されdry cargo shipに改装、7,267tに
◎1956 改装、8,513tに
◎1961 ギリシャのHellenic Shpg. & Industries Co. に売却されYianninaと改名
◎1963 リベリア船籍となる
◎1968 Hiraoにて解体
ジェイコブ・トムソン Jacob Thompson 68 1738 デルタ・シップビルディング社 1943/10/8 ◎1943/6/7 起工
◎1943/8/5 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMarine Transport linesが運行
◎1948 ウィルミントンのSoutheastern Tankers, Inc. に売却
◎1948 ジャクソンヴィルのSoutheastern Oil, Inc. に売却
◎1950 メキシコ・シティのPetroleos Mexicanosに売却されAtzcapotzalcoと改名
◎1968 Minatitlanにて解体
トビアス E. スタンズベリー Tobias E. Stansbury 69 1739 デルタ・シップビルディング社 1943/9/16 ◎1943/5/25 起工
◎1943/7/14 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMarine Transport Linesが運行
◎1948 アメリカのEpiphany Tankers Corp. (船主はニュー・ヨークのFanmaur Shpg. & Tdg. Co.)に売却されWandaと改名
◎1954 パナマとリベリアのWanda Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのEpiphany Tankers Corp.)に売却されKyraと改名
◎1957 dry cargo shipに改装、7,280tに、Taxiarchと改名、リベリア船籍となる
◎1958 ニュー・ヨークのEpiphany Tankers Corp. に売却されPandoraと改名
◎1963 ニュー・ヨークのTransasia SS Co. に売却されPonderosaと改名
◎1965 パナマとリベリアのAstrogrande Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのRethymnis SS Agency)に売却
1967/2/17 Concepcion ChannelのTopar Islandにて座礁、離礁、Molyneux Bayに引き揚げられる、全損と認定
◎1967/5 離礁、売却され魚加工船となる
ラフカディオ・ハーン Lafcadio Hearn 70 1740 デルタ・シップビルディング社 1943/9/28 ◎1943/6/7 起工
◎1943/7/31 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのTankers Co., Inc. が運行
◎1948 ニュー・ヨークのPolarus SS Co. に売却されPolarusoilと改名
◎1955 パナマとリベリアのMarathon Cia. de Vapores(船主はニュー・ヨークのAdmanthos Ship Operating Co.)に売却されMycenaeと改名
◎1955 dry cargo shipに改装、7,314tに
◎1956 改装、8,588tに
◎1960 Hydroussaと改名、ギリシャ船籍となる
◎1960 ロンドンのSyros Shpg. Co. に売却
◎1964 Dromonと改名
◎1966 リベリアのMarathon Cia. de Vapores(船主はロンドンのPergamos Shipping Co.)に売却されMycenaeと改名
◎1969 台湾にて解体
デイヴィッド・ホームズ David Holmes 71 1741 デルタ・シップビルディング社 1943/10/16 ◎1943/6/17 起工
◎1943/8/14 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのBernuth Lembcke Co., Inc. が運行、後にウィルミントンにて係船
◎1951 Paco Tankers, Inc. (船主はフィラデルフィラのKeystone Shipping Co.)に売却
◎1955 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、Alpheusと改名
◎1956 鉱石運搬船に改装、船体は155.90mに延長、8,479tに、Andros Streamと改名
◎1960 ギリシャのCommerce Marine Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されPatraikosと改名
◎1962 ギリシャのEsperia Shipping Corp. (船主はロンドンのDracoulis, Ltd.)に売却されTilemachosと改名
◎1963 ギリシャのPacific Transport Corp. (船主はロンドンのCapeside SS Co.)に売却されArgolikosと改名
◎1963 Tilemachosと改名
◎1964 Argolikosと改名、リベリア船籍となる
◎1967 向島にて解体
ウィリアム E. ペンドルトン William E. Pendleton 72 1742 デルタ・シップビルディング社 1943/10/25 ◎1943/7/11 起工
◎1943/9/1 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されPerth AmboyのBarber Asphalt Corp. が運行
◎1948 アメリカのPaco Tankers, Inc. (船主はフィラデルフィアのKeystone Shpg. Co.)に売却されNaticoと改名
◎1954 リベリアのTheatre Nav. Corp. (船主はニュー・ヨークのRector Shpg. Co.)に売却されCasinoと改名
◎1955 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、7,329tに、Amaliasと改名
◎1956 改装、8,459tに
◎1957 Andros Valleyと改名
◎1960 ギリシャのOcean Traders Marine Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されCorinthiakosと改名
◎1964 パナマとリベリアのAurora Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのPhoenix Maritime Agencies)に売却されGeorgios Pと改名
◎1968 リベリアのPacific Coast Shpg. Co. (船主はポートランドのLasco Shpg. Co.)に売却されPacstarと改名
1969/4/4 東京湾にて座礁、全損
アーウィン・ラッセル Irwin Russell 73 1743 デルタ・シップビルディング社 1943/10/30 ◎1943/7/26 起工
◎1943/9/16 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されHoustonのAmerican Republics Corp. が運行
◎1947 ニュー・ヨークのWindsor Navigation Co. に売却されElizabeth Hと改名
◎1954 リベリアのWindsor Tankers, Inc. (船主はニュー・ヨークのWindsor Navigation Co.)に売却
◎1961(1962?) Hiraoにて解体
ヘンリー L. エルスワース Henry L. Ellsworth 74 1744 デルタ・シップビルディング社 1943/11/12 ◎1943/7/15 起工
◎1943/9/2 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されHoustonのSpencer Kellogg & Sonsが運行
◎1946 フィラデルフィアのKeystone Shipping Corp. が運行
◎1948 ウィルミントンのSoutheastern Tankers, Inc. に売却
◎1948 ジャクソンヴィルのSoutheastern Oil, Inc. に売却
◎1950 メキシコ・シティのPetroleos Mexicanosに売却されReynosaと改名
◎1968 Minatitlanにて解体
レジナルド A. フェッセンデン Reginald A. Fessenden 75 1745 デルタ・シップビルディング社 1943/10/20 ◎1943/7/8 起工
◎1943/8/26 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運行
◎1948 アメリカのFirst National Oil Corp. (船主はニュー・ヨークのSieling & Jarvis Corp.)に売却されKingstonと改名
◎1950 アメリカのColonial SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されSeamagicと改名
◎1953 パナマのAzteca Cia. Armadora(船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されStrapouriesと改名
◎1954 dry cargo shipに改装、7,185tに
◎1955 パナマのCia. Comercial Transatlantica(船主はニュー・ヨークのSpiros Polemis)に売却されTheotokosと改名
1963/10/24 リスボン近海にて商船British Statesmanと衝突し損傷、リスボンへ曳航するも全損と認定
◎1964 Vadoにて解体
ウィリアム・クロンプトン William Crompton 76 1746 デルタ・シップビルディング社 1943/11/17 ◎1943/8/6 起工
◎1943/9/23 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されフィラデルフィアのKeystone Shpg. Corp. が運行
◎1948 ニュー・ヨークのStockard SS Corp. に売却されCaribstarと改名
◎1950 アメリカのColonial SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されSeadreamと改名
◎1952 パナマのCalobre Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されLivadiaと改名
◎1954 dry cargo shipに改装、7,188tに
◎1955 パナマのCia. Comercial Transatlantica(船主はニュー・ヨークとロンドンのSpiros Polemis, Sons)に売却されTheonymphosと改名
◎1969 Speziaにて解体
ジョン・グッド John Goode T1 1880 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/9/4 ◎1943/7/4 起工
◎1943/8/10 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのLos Angeles Tanker Operators, Inc. が運行
◎1946 サン・フランシスコのAmerican Pacific SS Co. が運行
◎1946 係船
◎1948 ウィルミントンのWorld Wide Tankers, Inc. に売却
◎1954 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されAndriotisと改名
◎1955 dry cargo shipに改装
◎1956 鉱石運搬船に改装、8,395tに
◎1957 Andros Patriotと改名
◎1960 ギリシャのMariners Transport Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されLoudiasと改名
◎1963 リベリア船籍となる
◎1964 ニュー・ヨークのGlobal Chartering & Brokerage, Inc. に売却
◎1967 台湾にて解体
ヘンリー C. ウォーレス Henry C. Wallace T2 1881 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/9/8 ◎1943/7/10 起工
◎1943/8/15 進水
◎1943/9 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのLos Angeles Tanker Operators, Inc. が運行
◎1945 Suisun Bayにて係船
◎1951 Paco Tankers, Inc. (船主はフィラデルフィアのKeystone Shipping, Inc.)に売却
◎1954 リベリアのTheatre Nav. Corp. (船主はニュー・ヨークのRector Shipping Co.)に売却されTrocaderoと改名
◎1955 リベリアのSeatankers, Inc. に売却されPercy Jordanと改名
◎1956 dry cargo shipに改装、8,494tに
◎1960 バミューダのハミルトンのArgyll Shipping Co. に売却
◎1965 リベリアのGamps Marine Financing(船主はニュー・ヨークのPacific SS Agency)に売却されCalifornia Sunと改名
1967/11/16 西インド洋にて機関室爆発事故により放棄、 商船JalarajanがSeychellesへ曳航するも全損と認定
アルバート J. ベレス Albert J. Berres T3 1882 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/9/30 ◎1943/8/10 起工
◎1943/9/13 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのUnion Oil Co of Californiaが運行
◎1948 ニュー・ヨークのStrathmore Shipping Co. に売却されStrathmoreと改名
◎1950 ニュー・ヨークのDolphin SS Corp. に売却されdry cargo shipに改装、7,197tに、Nikoklisと改名
◎1956 ニュー・ヨークのAmerican Waterways Corp. に売却されCaptain N. B. Palmerと改名
◎1954 リベリアのNoya Cia. Naviera SA(船主はニュー・ヨークのNational Shipping & Trading Corp.)に売却されNational Unityと改名
◎1955 鉱石運搬船に改装、船体は155.90mに延長、8,562tに
◎1961 PiraeusのHellenic Shipping & Industriesに売却されSerreと改名
◎1963 パナマとリベリアのNorth Pacific Trading Co. (船主はニュー・ヨークのPhoenix Maritime Agencies)に売却されUnityと改名
◎1965 リベリアのAris SS Co. (船主はニュー・ヨークのAstoria SS Co.)に売却されEvie Wと改名
◎1967 PiraeusのAtlantic Shipping Co. に売却
◎1968 リベリアのTrans World SS Co. (船主はマイアミのGrauds Shipping, Ltd.)に売却されEastern Ventureと改名
◎1968 Canton(広東?)にて解体
リチャード J. クリーヴランド Richard J. Cleveland T4 1883 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/4 ◎1943/8/11 起工
◎1943/9/15 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer Kellogg & Sonsが運行
◎1946 ニュー・ヨークのMarine Transport Linesが運行
◎1948 ウィルミントンのSoutheastern Tankers, Inc. に売却
◎1948 ジャクソンヴィルのSoutheastern Oil, Inc. に売却
◎1950 メキシコ・シティのPetroleos Mexicanosに売却されMata Redondaと改名
◎1968 Tampicoにて解体
ジョサイア G. ホランド Josiah G. Holland T5 1884 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/8 ◎1943/8/14 起工
◎1943/9/17 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されHoustonのAmerican Republics Corp. が運行
◎1948 アメリカのPhoenix SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されCygnet IIIと改名
◎1949 dry cargo shipに改装、7,176tに
◎1952 パナマのPiamonte Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されBatsiと改名
◎1954 パナマのSan Gregorio Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されEkaterini Gと改名
◎1955 リベリア船籍となる
◎1961 ギリシャのImporters Shpg. Corp. (船主はロンドンのCapeside SS Co.)に売却
1965/10/17 ミッドウェー島北方海域にて悪天候によりプロペラをなくす、曳航するも漂流しGt. Sitkin Islandにて座礁、全損と認定、放棄
オスカー F. バレット Oscar F. Barrett T6 1885 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/11 ◎1943/8/16 起工
◎1943/9/18 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されHoustonのAmerican Republics Corp. が運行
◎1948 アメリカのPaco Tankers, Inc. (船主はフィラデルフィアのKeystone Shipping Co.)に売却されPacoと改名
◎1954 リベリアのTheatre Nav. Corp. (船主はニュー・ヨークのRector Shipping Co.)に売却されmolasses tankerに改装、Gayetyと改名
◎1955 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却
◎1955 dry cargo shipに改装、7,267tに、Apolloniusと改名
◎1956 鉱石運搬船に改装、8,394tに
◎1957 Andros Championと改名
◎1960 ギリシャのOverseas Carrier Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されPagastikosと改名
◎1962 パナマとギリシャのPortorafti Cia. Mar. (船主はニュー・ヨークのTrans Ocean SS Agency)に売却されPortoraftiと改名
◎1964 LuganoのArgus Nav. Corp. に売却されNaviaと改名
◎1971 Splitにて解体
ジェームズ・クック James Cook T7 1886 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/14 ◎1943/8/18 起工
◎1943/9/21 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Tankers Corp. が運行
◎1948 ロサンゼルスのRichfield Oil Corp. に売却
◎1955 パナマとリベリアのSan Rafael Compania Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、7,267tに、Antipolisと改名
◎1956 鉱石運搬船に改装、8,540tに
◎1957 Andros Cityと改名
◎1960 ギリシャのExport Carriers Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されThermaikosと改名
◎1963 リベリアのHelicon Maritime Corp. (船主はニュー・ヨークのConstellation Maritime Agencies)に売却されCalliopeと改名
◎1965 リベリアのTriumph Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのTramp Marine Agencies)に売却されVancaltと改名
◎1966 リベリアのFar Shpg. & Trdg. Co. (船主はニュー・ヨークのTramp Marine Agencies)に売却されMichikoと改名
1967/6/16 Algeciras近海にて座礁、離礁するも全損と認定、後にVadoにて解体
クリストファー L. ショールズ Christopher L. Sholes T8 1887 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/17 ◎1943/8/27 起工
◎1943/9/27 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer Kellogg & Sonsが運行
◎1946 フィラデルフィアのKeystone Tankship Corp. が運行
◎1948 ジャクソンヴィルのSoutheastern Oil, Inc. に売却
◎1950 メキシコ・シティのPetroleos Mexicanosに売却されEscolinと改名
◎1950 Ciudad Moderoと改名
◎1966 Tampicoにて解体
オーソン D. マン Orson D. Munn T9 1888 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/21 ◎1943/8/30 起工
◎1943/9/30 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのUnion Oil Co. of Californiaが運行
◎1948 アメリカのPhoenix SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、7,156tに、Halcyon IIIと改名
◎1952 パナマのCoruna Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されGavrionと改名
◎1957 Lillaと改名
◎1960 ギリシャのSyra Compania Maritima(船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されSyraと改名
◎1962 改装、8,634tに
1964/7/17 Callaoにて座礁、離礁するも全損と認定
◎1965 Bilbaoにて解体
アラン・シーガー Alan Seeger T10 1889 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/26 ◎1943/9/4 起工
◎1943/10/5 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのLos Angeles Tanker Operators, Inc. が運行
◎1946 サン・フランシスコのAmerican Pacific SS Co. が運行
◎1948 Suisun Bayにて係船
◎1951 Chas. Kurz & Co. (船主はフィラデルフィアのKeystone Shipping Co.)に売却
◎1954 リベリアのSeatankers, Inc. に売却されBengt H. Larsonと改名
◎1955 鉱石運搬船に改装、船体は155.90mに延長、8,471tに
◎1959 アメリカのIntercoastal Shipping & Trading Corp. (船主はニュー・ヨークのParoh SS Corp.)に売却されSealadyと改名
◎1963 ニュー・ヨークのUnited Shipowners Agencyに売却
1968/8/9 解体のためRijekaへ曳航中、36.34N、06.16Wにて原子力弾道ミサイル潜水艦フォン・ステューベン Von Steuben(SSBN-632)と衝突し損傷、Cadiz Bayにて座礁、放棄
ホレース・シー Horace See T11 1890 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/27 ◎1943/9/8 起工
◎1943/10/9 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Tankers Corp. が運行
◎1948 サン・フランシスコのCoastwise Bulk Carriersに売却
◎1950 アメリカのUnited Waterways Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されSeathrillと改名
◎1952 パナマのPinogana Cia. Navに売却されStenigsと改名
◎1954 dry cargo shipに改装、7,282tに
◎1956 改装、船体延長、8,518tに、リベリア船籍となる
◎1957 Andros Seamanと改名
◎1960 ギリシャのProduce Shipping Corp. に売却されKifissosと改名
◎1962 ギリシャのHercules Shipping Co. (船主はロンドンのDracoulis, Ltd.)に売却されNiritosと改名
◎1962 ギリシャのProduce Shipping Corp. (船主はロンドンのCapeside SS Co. とニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されCavouriと改名
◎1964 リベリアのLagerine Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのLongbeach Marine Agencies)に売却されMaria Tと改名
◎1971 Piraeusにて係船
◎1972 Darica(Izmit)にて解体
カールトン・エリス Carleton Ellis T12 1891 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/29 ◎カールストン・エリス Carlston Ellisともいわれる
◎1943/9/10 起工
◎1943/10/11 進水
◎1943/10 War Shipping Administrationに移管されAmboyのBarber Asphalt Corp. が運行
◎1947 ニュー・ヨークのCuba Distilling Co. に売却されCatahoulaと改名
◎1949 molasses & vegetable oil tankerに改装
◎1951 ニュー・ヨークのNational Navigation Corp. に売却
◎1952 ニュー・ヨークのNational Distillers Products Corp. に売却
◎1954 パナマのSan Rafael Cia. Nav(船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されdry cargo shipに改装、Messariaと改名
◎1955 鉱石運搬船に改装、船体は155.90mに延長、8,466tに
◎1957 Andros Merchantと改名、リベリア船籍となる
◎1960 ギリシャのIndustries Marine Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shipping & Trading Co.)に売却されLakonikosと改名
◎1963 船主はロンドンのCapeside SS Co. に売却
◎1967 Sakaideにて解体
シャーロット P. ジルマン Charlotte P. Gilman T13 1892 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/31 ◎1943/9/13 起工
◎1943/10/13 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されロサンゼルスのLos Angeles Tanker Operators, Inc. が運行
◎1944 ソヴィエトに貸与されApshersonと改名
◎1948 ソヴィエトより返還、海事委員会に移管、ハドソン川にて係船、シャーロット P. ジルマンと改名
◎1951 Perth AmboyのHess, Inc. に売却されHess Bunkerと改名
◎1954 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されAegeusと改名
◎1955 dry cargo shipに改装、7,197tに
◎1955 改装、船体は155.90mに延長、8,394tに
◎1957 Andros Eagleと改名
◎1960 ギリシャのMonterey Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されEvinosと改名
◎1962 パナマとギリシャのVari Compania SA(船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されVariと改名
◎1965 パナマとギリシャのSyra Cia. Maritima(船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されSyraと改名
◎1967 ソウルのFar Eastern Marine Transport Co. に売却されHallaと改名
◎1972 Masariにて解体
モートン・プリンス Morton Prince T14 1893 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/31 ◎1943/9/13 起工
◎1943/10/14 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Petroleum Transport Corp. が運行
◎1947 ニュー・ヨークのCuba Distilling Co. に売却されCarrabulleと改名
◎1951 ニュー・ヨークのNational Navigation Co. に売却
◎1952 ニュー・ヨークのNational Distillers Products Corp. に売却
◎1954 パナマのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されMessathouriと改名
◎1954 dry cargo shipに改装、7,282tに
◎1956 鉱石運搬船に改装、8,435tに
◎1956 リベリア船籍となる
◎1957 Andros Mentorと改名
◎1960 ギリシャのSealanes Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されLourosと改名
◎1962 ギリシャのUnited Navigation Corp. (船主はニュー・ヨークのConstellation Maritime Agencies)に売却されAgios Nikolaos IIと改名
◎1966 リベリアのFar East Shpg. Co., Inc. (船主はニュー・ヨークのTramp Marine Agencies)に売却されAkikoと改名
◎1971 Splitにて解体
ハーヴェイ W. ウィリー Harvey W. Wiley T15 1894 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/10/31 ◎1943/9/15 起工
◎1943/10/15 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Tankers Corp. が運行
◎1948 サン・フランシスコのCoastwise Bulk Carriers, Inc. に売却
◎1950 ニュー・ヨークのPalmer Shipping Corp. に売却
◎1951 Olympia Oil Co. (船主はニュー・ヨークのPalmer Shipping Corp.)に売却されMandoilと改名
◎1951 ニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp. に売却
◎1954 リベリアのOlympia Oil Corp. (船主はニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp.)に売却されNational Fortuneと改名
◎1955 dry cargo shipに改装、7,309tに
◎1955 鉱石運搬船に改装、8,393tに
◎1961 PiraeusのHellenic Shipping & Industriesに売却されEvviaと改名
◎1968 リベリアのSareha Shipping Lines(船主はサン・フランシスコのMiles Santos)に売却されBlue Surfと改名
◎1969 Niihama(新浜?)にて解体
ジョン H. マリオン John H. Marion T16 1895 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/7 ◎1943/9/16 起工
◎1943/10/17 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Tankers Corp. が運行
◎1948 ニュー・ヨークのUnited States Waterways Corp. に売却されcargo shipに改装、7,208tに
◎1952 ニュー・ヨークのCompass SS Corp. (船主はニュー・ヨークのPaular Maritime Co.)に売却されCompassと改名
◎1955 Mary Pと改名、リベリア船籍となる
◎1957 リベリアのPanoras Shpg. Corp. (船主はニュー・ヨークのEpiphany Tankers Corp.)に売却されP. Preklaと改名
◎1961 パナマとリベリアのWanda Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのEpiphany Tankers Corp.)に売却
◎1963 リベリアのPerdika Shpg. & Trdg. Corp. (船主はニュー・ヨークのEpiphany Tankers Corp.)に売却されPerdikaと改名
◎1966 リベリアのCommodity Carriers Corp. (船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されNebraskanと改名
◎1967 Hiraoにて解体
ジョン P. アルトゲルド John P. Altgeld T17 1896 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/8 ◎1943/9/17 起工
◎1943/10/18 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Tankers Co. が運行
◎1948 ハドソン川にて係船
◎1951 アメリカのDorac Shpg. Corp. (船主はニュー・ヨークのPalmer Shpg. Corp.)に売却されAndroilと改名
◎1952 ニュー・ヨークのNational Shpg. & Trdg. Corp. に売却
◎1955 パナマとリベリアのAndreavapor Cia. Nav. に売却され鉱石運搬船に改装、8,428tに、National Hopeと改名
◎1961 ギリシャのHellenic Shpg. & Industries Co. に売却されKavalaと改名
◎1962 リベリア船籍となる
◎1967 リベリアのPacific SS Co. (船主はニュー・ヨークのRobert Pierot)に売却されPacificと改名
◎1968 香港のChina Marine Investment Co. に売却
◎1969 台湾にて解体
ポール・ダンバー Paul Dunbar T18 1897 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/12 ◎1943/9/18 起工
◎1943/10/19 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されPacific Tankers Corp. が運行
◎1943 ノーフォークのDichmann, Wright & Pughが運行
◎1944 ソヴィエトに貸与されByelgorodと改名
◎1947 ソヴィエトより返還、War Shipping Administrationに移管、ポール・ダンバーと改名
◎1948 James Riverにて係船
◎1951 Perth AmboyのHess Inc. に売却されMorris Hessと改名
◎1954 パナマのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、7,228tに、Palatianiと改名
◎1956 鉱石運搬船に改装、8,371tに
◎1956 リベリア船籍となる
◎1957 Andros Pearlと改名
◎1960 ギリシャのSeafreight Transport Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されIlissosと改名
◎1962 パナマとギリシャのElva Cia. Mar.(船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されElenaと改名
◎1966 パナマとリベリアのAstronato Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのEagle Ocean Transport Inc.)に売却されOrient Importerと改名
◎1969 Hiraoにて解体
トーマス H. ギャロデット Thomas H. Gallaudet T19 1898 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/13 ◎1943/9/19 起工
◎1943/10/21 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されバッファローのBoland & Corneliusが運行
◎1944 ソヴィエトに貸与されMaikopと改名
◎1948 ソヴィエトより返還、海事委員会に移管、ハドソン川にて係船、トーマス H. ギャロデットと改名
◎1951 ニュー・ヨークのTraders SS Corp. に売却されAmberstarと改名
◎1954 パナマとリベリアのMorelos Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのTriton Shpg. Inc.)に売却されElmiraと改名
◎1955 dry cargo shipに改装、7,199tに
◎1960 Pontosと改名、ギリシャ船籍となる
◎1965 リベリアのPacific Coast Shpg. Co. (船主はポートランドのLasco Shpg. Co.)に売却されSamuel Sと改名
1969/3/25 口永良部島沖にて座礁、真っ二つになる、全損
スカイラー・コルファックス Schuyler Colfax T20 1899 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/16 ◎1943/9/21 起工
◎1943/10/24 進水
1946/8/16 ハワイにて座礁により損傷、係船
◎1947 海軍に移管、太平洋にて標的として沈没
シドニー・ハワード Sidney Howard T21 1900 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/18 ◎1943/9/24 起工
◎1943/10/26 進水
◎1943/11/18 海軍に移管、サン・ペドロで非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-111)に改める
デイヴィッド・リッテンハウス David Rittenhouse T22 1901 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/20 ◎1943/9/27 起工
◎1943/10/26(1943/10/29?) 進水
◎1943/10/27 ビーグル Beagleと改名
◎1943/11/20 海軍に移管、サン・ペドロで非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-112)に改める
ウィリアム H. カルース William H. Carruth T23 1902 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/22 ◎1943/9/30 起工
◎1943/10/31 進水
◎1943/11/22 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-113)に改める
ナザネイアル B. パーマ Nathaniel B. Palmer T24 1903 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/25 ◎1943/10/5 起工
◎1943/11/2 進水
◎1943/11/25 海軍に移管、サン・ペドロで非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-114)に改める
ウィリアム・ウィンター William Winter T25 1904 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/26 ◎1943/10/9 起工
◎1943/11/6 進水
◎1943/11/26 海軍が取得し、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-115)に改める
サイラス K. ホリデイ Cyrus K. Holliday T26 1905 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/11/29 ◎1943/10/11 起工
◎1943/11/9 進水
◎1943/11/26 海軍に移管、サン・ペドロで非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-116)に改める
カール R. グレイ Carl R. Gray T27 1906 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/3 ◎1943/10/13 起工
◎1943/11/9 進水
◎1943/12/3 海軍に移管、サン・ペドロで非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-117)に改め、ゲムズボック Gemsbokと改名
サンフォード B. ドール Sanford B. Dole T28 1907 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/12 ◎1943/10/14 起工
◎1943/11/11 進水
◎1943/10/27 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-118)に改め、ジラフ Giraffeと改名
ニコラス・ロングワース Nicholas Longworth T29 1908 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/13 ◎1943/10/16 起工
◎1943/10/27 アイベックス Ibexと改名
◎1943/11/15 進水
◎1943/12/13 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-119)に改める
チャールズ T. ヤーキス Charles T. Yerkes T30 1909 カリフォルニア・シップビルディング社 1943/12/15 ◎1943/10/17 起工
◎1943/10/27 ジャガー Jaguarと改名
◎1943/11/20 進水
◎1943/12/15 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-120)に改める
アンドリュー A. ハンフリーズ Andrew A. Humphreys 77 1916 デルタ・シップビルディング社 1943/11/15 ◎1943/8/8 起工
◎1943/9/25 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運行
◎1946 フィラデルフィアのKeystone Shipping Corp. が運行
◎1948 Chas Kurz & Co. (船主はKeystone Shipping Corp.)に売却
◎1954 リベリアのSeatankers, Inc. に売却
◎1954 鉱石運搬船に改装、船体は155.90mに延長、8,615tに、William R. Tolbertと改名
◎1961 リベリアのHanover SS Corp. (船主はMontrealのJason SS Co.)に売却されOcean Leaderと改名
◎1963 ニュー・ヨークのNorland Shipping & Trading Co. に売却
◎1965 ニュー・ヨークのOcean Freighting & Brokerage Corp. に売却
◎1969 尾道にて解体
ジョセフ・ゴールドバーガー Joseph Goldberger 78 1917 デルタ・シップビルディング社 1943/10/31 ◎1943/8/1 起工
◎1943/9/14 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer, Kellogg & Sonsが運行
◎1948 DoverのOcean Tankers, Inc. (船主はニュー・ヨークのDow & Symmers)に売却されGeorge Ogdenと改名
◎1949 ニュー・ヨークのRichmond N. Ryanに売却されTalonと改名
◎1950 アメリカのColonial SS Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されSeacometと改名
◎1954 dry cargo shipに改装、7,183tに
◎1954 パナマのSan Felipe Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却
◎1955 鉱石運搬船に改装、8,513tに
◎1955 リベリア船籍となる
◎1957 Andros Cometと改名
◎1960 ギリシャのSeas Guardian Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されAlpheiosと改名
◎1964 リベリアのAustin Nav. Corp. (船主は香港のEddie SS Co.)に売却されAnnieと改名
◎1968(1969?) 台湾にて解体
オスカー S. ストラウス Oscar S. Straus 79 1918 デルタ・シップビルディング社 1943/11/22 ◎1943/8/16 起工
◎1943/10/4 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer Kellogg & Sonsが運行
◎1946 フィラデルフィアのKeystone Shipping Corp. が運行
◎1948 アメリカのChas Kurz & Co. (船主はフィラデルフィアのKeystone Shipping Corp.)に売却
◎1949 molasses tankerに改装
◎1955 パナマとリベリアのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、Americusと改名
◎1955 鉱石運搬船に改装、8,462tに
◎1957 Andros Navicatorと改名
◎1960 ギリシャのIslanders Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Tdg. Co.)に売却されLadonと改名
◎1962 パナマとギリシャのArgre Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されAriettaと改名
◎1967 リベリアのPacific Coast Shipping Co. (船主はポートランドのLasco Shipping Co.)に売却されPopeyeと改名
◎1970 釜山にて解体
トーマス F. カニンガム Thomas F. Cunningham 80 1919 デルタ・シップビルディング社 1943/11/22 ◎1943/9/2 起工
◎1943/10/15 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer Kellogg & Sonsが運行
◎1946 フィラデルフィアのKeystone Shipping Co. が運行
◎1948 アメリカのAmtron Tanker Co. (船主はAmerican Trans-Ocean Nav. Corp.)に売却されdry cargo shipに改装、7,258tに、Paul Revereと改名
◎1954 リベリアのTrans World SS Co. (船主はニュー・ヨークのGrauds Shipping, Ltd.)に売却されChrisと改名
◎1965 Hiraoにて解体
ジャン・バプティスト・ル・モワーヌ Jean Baptiste Le Moyne 81 1920 デルタ・シップビルディング社 1943/12/8 ◎1943/9/18 起工
◎1943/10/31 進水
◎1943/12 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSpencer, Kellog & Sonsが運行
◎1946 HoustonのAmerican Republics Corp. が運行
◎1948 Port ArthurのSabine Transportation Co. に売却されWalter Du Montと改名
◎1954 パナマのSan Rafael Cia. Nav. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されdry cargo shipに改装、7,220tに、Panachrandosと改名
◎1955 改装、8,444tに、リベリア船籍となる
◎1956 Andros Pilgrimと改名
◎1960 ギリシャのSutherland Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのOrion Shpg. & Trdg. Co.)に売却されAmvrakikosと改名
1961/11/26 スペリオル湖にて座礁、後に離礁、一時的に修理
◎1962 Sakaiにて解体
アルバート G. ブラウン Albert G. Brown 82 1921 デルタ・シップビルディング社 1943/11/30 ◎1943/9/3 起工
◎1943/10/18 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されボルティモアのAmerican Trading & Production Corp. が運行
◎1948 ニュー・ヨークのBernuth Lembcke Co. に売却
◎1954 リベリアのTorres Shipping Co. (船主はニュー・ヨークのBernuth Lembcke Co)に売却
◎1960 Hiraoにて解体
エリザ・ジェーン・ニコルソン Eliza Jane Nicholson 83 1922 デルタ・シップビルディング社 1943/11/27 ◎1943/8/27 起工
◎1943/10/9 進水
◎1943/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのBernuth Lembcke Co. が運行
◎1947 ニュー・ヨークのBernuth Lembcke Co. に売却
◎1954 パナマとリベリアのAlonso Cia. Nav. SA(船主はニュー・ヨークのTriton Shipping, Inc.)に売却されAetnaと改名
◎1955 dry cargo shipに改装、7,192tに
◎1956 ロッテルダムとリベリアのDrury LS SS Co. に売却されDrury L. S. と改名
◎1958 リベリアのStef Shipping Corp. (船主はニュー・ヨークのSea Traffic & Trdg. Corp.)に売却されIrini Stefanouと改名
◎1961 ニュー・ヨークのNorthern Ships Agencyに売却
1965/2/4 バハ・カリフォルニア半島セドロス島沖の岩礁にて座礁、離礁するも全損と認定
◎1967 ターミナル・アイランドにて解体
ポール・トゥレーン Paul Tulane 84 1923 デルタ・シップビルディング社 1943/12/17 ◎1943/9/28 起工
◎1943/10/27 カンガルー Kangarooと改名
◎1943/11/6 進水
◎1943/12/17 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-121)に改める
ホレース H. ハーヴェイ Horace H. Harvey 85 1924 デルタ・シップビルディング社 1943/12/24 ◎1943/9/26 起工
◎1943/11/10 進水
◎1943/12 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Petroleum Transport Corp. が運行
◎1948 ニュー・ヨークのEast Harbor Trading Corp. に売却されGroton Trailsと改名
◎1949 dry cargo shipに改装、7,202tに
◎1957 アメリカのPeninsular Navigation Corp. に売却されValley Forgeと改名
1959/12/30 Mapor Islandにて座礁、真っ二つになる、全損
チャールズ A. ウィックリフ Charles A. Wickliffe 86 1925 デルタ・シップビルディング社 1943/12/13 ◎1943/9/15 起工
◎1943/10/30 進水
◎1943/12 War Shipping Administrationに移管されフィラデルフィアのKeystone Shipping Corp. が運行
◎1946 James Riverにて係船
◎1951 ニュー・ヨークのWickliffe Tankers Corp. に売却
◎1954 パナマとリベリアのWickliffe Tanker SAに売却
◎1955 リベリアのOmnium SS Co. (船主はニュー・ヨークのOmnium Freighting Corp.)に売却されOmnium Carrierと改名
◎1957 dry cargo shipに改装、船体は155.90mに延長、8,196tに
◎1968 リベリアのSuffolk Shipping Corp. (船主は香港のEastern & European Shipping Co.)に売却されLavenhamと改名
◎1971 台湾にて解体
ウィリアム B. バンクヘッド William B. Bankhead 87 1926 デルタ・シップビルディング社 1943/12/24 ◎1943/10/5 起工
◎1943/10/27 レパード Leopardと改名
◎1943/11/15 進水
◎1943/12/24 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-122)に改める
ユダ・トウロ Judah Touro 88 1927 デルタ・シップビルディング社 1944/1/15 ◎1943/10/20 起工
◎1943/10/27 ミンク Minkと改名
◎1943/12/4(1943/12/5?) 進水
◎1944/1/8 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-123)に改める
メイソン L. ウィームス Mason L. Weems 89 1928 デルタ・シップビルディング社 1944/1/27 ◎1943/10/27 ムース Mooseと改名
◎1943/11/1 起工
◎1943/12/17 進水
◎1944/1/27 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-124)に改める
オピー・リード Opie Read 90 1929 デルタ・シップビルディング社 1943/12/31 ◎1943/10/19 起工
◎1943/10/27 パンダ Pandaと改名
◎1943/12/3 進水
◎1944/1/5 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-125)に改める
レイフ・エリクソン Leif Ericson 91 1930 デルタ・シップビルディング社 1943/12/29 ◎1943/10/11 起工
◎1943/10/23 ポーキュパイン Porcupineと改名
◎1943/11/24(1943/12/24?) 進水
◎1943/12/29 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-126)に改める
J. C. W. ベッカム J. C. W. Beckham 92 1931 デルタ・シップビルディング社 1944/1/31 ◎1943/10/27 ラクーン Raccoonと改名
◎1943/11/7 起工
◎1943/12/23 進水
◎1944/1/31 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-127)に改める
ノーマン O. ペドリック
12
Norman O. Pedrick 93 1932 デルタ・シップビルディング社 1944/2/16 ◎1943/11/13 起工
◎1944/1/7 進水
◎1944/2/16 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-128)に改め、スタッグ Stagと改名
ユージン W. ヒルガード Eugene W. Hilgard 94 1933 デルタ・シップビルディング社 1944/1/13 ◎1943 ウィペット Whippetと改名
◎1943/10/31 起工
◎1943/12/15 進水
◎1944/1/13 海軍に移管、非分類雑役船に改装、艦種を非分類雑役船(IX-129)に改める
レオン・ゴドシャー Leon Godchaux 95 1934 デルタ・シップビルディング社 1944/2/16 ◎1943/10/27 海軍に移管、艦種を非分類雑役船(IX-130)に改め、ワイルドキャット Wildcatと改名


Update 16/09/04