C2
C2型貨物船


積貨重量トン数:8,751tもしくは9,553t 全長:139.90m 主機/軸数:ディーゼルもしくはタービン

↑From George G. Sharp a C2 hull conversion, for the AGWI lines, for a proposed New York to Cuba and New York to Puerto Rico services. The conversion of 5 ships was proposed, but in the end the 5 C2 type hulls were much less modified when they eventually put into service. Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 造船所
記号
海事委員会
記号
建造所 引き渡された日 備考
チャレンジ Challenge 154 14 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/7 ◎1938/8/25 起工
◎1939/5/20 進水
◎1940/10/23 海軍に移管、サン・フランシスコで需品補給艦に改装、艦種を需品補給艦(AKS-1)に改める
15
ライトニング Lightning 156 16 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/9 ◎1939/1/3 起工
◎1939/7/15 進水
◎1940/10/30 Moore-McCormack Linesに売却されMormacternと改名
◎1941/6/20 海軍が取得し、貨物輸送艦に改装、艦種を貨物輸送艦(AK-42)に改めマーキュリー Mercuryと改名
フライング・クラウド
12
Flying Cloud 157 17 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/11 ◎1939/3/16 起工
◎1939/9/30 進水
◎1940 Santa Catalinaと改名
◎1941/6/19 海軍が取得し、貨物輸送艦に改装、艦種を貨物輸送艦(AK-43)に改める
ドナルド・マッケイ Donald McKay 175 18 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/6/27 ◎1938/7/23 起工
◎1941/1/27 海軍に移管、給糧艦に改装
モーマックホーク Mormachawk 176 19 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/7/27 ◎1938/7/26 起工
◎1939/5/18 進水
◎1940/9/18 アークトゥルス Arcturusと改名
◎1940/9/20 海軍に移管、艦種を貨物輸送艦(AK-18)に改める
20
モーマックダヴ
12
Mormacdove 178 21 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1939/9/21 ◎1938/8/15 起工
◎1939/7/6 進水
◎1941/6/2 海軍に移管
22
23
24
スウィープステークス Sweepstakes 36 25 タンパ・シップビルディング&ドライドック社 1941/8 ◎1940/1/15 起工
◎1940/11/14 進水
◎1940/11/14 海軍に移管、チャールストンで貨物輸送艦に改装、艦種を貨物輸送艦(AK-19)に改め、プロキオン Procyonと改名
26
スタッグ・ハウンド Stag Hound 374 27 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライドック社 1939/12/4 ◎1938/11/28 起工
◎1939/6/21 進水
◎1940/12/22 海軍に移管、給糧艦に改装
28
29
30
31
32
コメット Comet 159 33 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1940/3 ◎1939/5/26 起工
◎1939/12/16 進水
◎1941/1/16 海軍に移管、HobokenのBrewers Shipbuilding & Dry Dock Co. で需品補給艦に改装、艦種を需品補給艦(AKS-2)に改める


Update 15/12/23