WAK
貨物船


※データは貨物輸送艦アステリオンの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アステリオン
12
Asterion WAK-123 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1944/1/12 1944/7/20 ◎1944/1 ボストンにて沿岸警備隊に移管、気象観測船に改装、船種を貨物船(WAK-123)に改める
◎1946/4 War Shipping Administrationに移管
◎1946/3/1 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎1946/9/10 ボルティモアのボストン・メタルズ社に引き渡される
◎Assigned to Commander in Chief Atlantic Fleet (CINCLANT) - stationed at Boston, MA, and used on weather patrol, Jan-Jul 1944.


※データは大型貨物補給船381型の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ネトル Nettle WAK-169 インガルス・シップビルディングDecatur造船所 ◎1947/10/1 沿岸警備隊に移管、航路標識補給船に改装、船種を貨物船(WAK-169)に改め、ネトルと命名
◎1968/1/9 フィリピン沿岸警備隊に貸与されLimasawa(AE-79)と改名
◎In 1952 Nettle's homeport became Guam in the Mariana Islands where she provided logistical support for LORAN stations at Ulithi, Saipan, Cocos, Kwajelein, and Kwadak Island as well as servicing aids to navigation at Tinian and Rota in the Mariana Islands. In August 1953 Nettle's homeport was changed to Naval Station Sangley Point, Cavite, Philippines in August 1953 where she provided logistical support for LORAN stations at Bataan, Batanes, Naulo Point, Zambales, Talumpulan, Busuanga, Tarumpitao Point, Palawan, and Panay.


※データは大型貨物補給船330型の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
WAK-246 ヒギンズ・インダストリーズ ◎後に沿岸警備隊に移管、船種を貨物船(WAK-246)に改める


Update 21/02/16