BB
戦艦


軽荷排水量:32,000t(近代化改装時には35,000t) 満載排水量:33,000t(近代化改装時には40,181t) 全長:190.19m(190.34mともいわれる) 幅:29.56m(29.66mともいわれる、BB-41、BB-42は29.69m、近代化改装時には32.38m) 吃水:9.14m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶9基(近代化改装時にはフォスターホイーラー缶4基に換装、BB-41、BB-42はビューロー・エクスプレス缶6基に換装) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ターボエレクトリック2基(BB-41はカーチス式ギアード・タービン4基、BB-42はパーソンズ式ギアード・タービン4基、近代化改装時にはウェスティングハウス式ギアード・タービンに換装)/4軸 出力:27,500馬力(BB-41、BB-42は32,000馬力、近代化改装時には40,000馬力) 速力:21.0kt 燃料搭載量:重油3,277t 航続力:12ktで5,120浬(近代化改装時には9ktで23,400浬) 兵装:50口径356o3連装砲4基、51口径127o単装砲22基、50口径76o対空砲4基、533o水中魚雷発射管2門(改装時には51口径127o単装砲8基を撤去、近代化改装時には50口径356o3連装砲4基、51口径127o単装砲12基、25口径127o単装対空砲8基、1945年には50口径356o3連装砲4基、51口径127o単装砲6基、25口径127o単装対空砲8基、56口径40o4連装機銃10基、70口径20o連装機銃10基、70口径20o単装機銃26基、12.7o機銃8基(1930年代〜1943年)、BB-41は1945年には50口径356o3連装砲4基、51口径127o単装砲6基、25口径127o単装対空砲14基、56口径40o4連装機銃13基、70口径20o連装機銃10基、70口径20o単装機銃20基、12.7o機銃8基(1930年代〜1943年)、BB-42は1945年には50口径356o3連装砲4基、51口径127o単装砲12基、38口径127o単装砲10基(1943年〜)、50口径76o単装対空砲4基、56口径40o4連装機銃10基、70口径20o連装機銃11基、70口径20o単装機銃21基、12.7o機銃8基(1930年代〜1943年) 装甲:水線203.2o〜342.9o、砲塔前楯457.2o、砲塔天蓋127o、甲板88.9o、隔壁203.2o〜342.9o、バーベット114.3o〜330.2o、司令塔406.4o 搭載機:なし(1925年には水上偵察機2機〜3機、BB-41、BB-42は1923年には水上偵察機2機〜3機) 乗員:士官58名、下士官兵1,026名(士官、下士官兵合わせて1,485名ともいわれる、BB-41、BB-42は士官、下士官兵合わせて1,081名)
メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから)
※1930年〜1934年に篭マストを塔型艦橋に換装、石炭から重油燃焼へ、主機交換
※Four photos for the 1933 400 KW Turbine Gear Generator Sets for the battleships: New Mexico (BB-40), Mississippi (BB-41), Idaho (BB-42), Tennessee (BB-43) & Colorado (BB-45).(12345
※装甲、兵装、装備、改装変遷はこちら
↑ニュー・メキシコ級戦艦ニュー・メキシコ(BB-40)
↑USS New Mexico (BB-40). Off the Puget Sound Navy Yard, Bremerton, Washington, following overhaul, 6 October 1943. A barge and motor launch are alongside her port quarter, with Sailors coming on board from the latter. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.

↑Image courtesy of Shipbucket.
1913年10月8日のDesign # 4案

↑Image courtesy of Shipbucket.
1913年10月8日のDesign # 2案
1913年10月8日のDesign # 3案
1913年10月8日のDesign # 5案
1913年10月10日のDesign # 6案

↑Image courtesy of Shipbucket.
1913年10月13日のDesign # 1案

↑Image courtesy of Shipbucket.
1913年10月24日のBattleships No. 40案
1913年10月29日のBattleships No. 40案
1913年11月3日のBattleships No. 40案
1913年11月10日のBattleships No. 40案
1913年11月19日のBattleships No. 40案(Preliminary Design No. 101)
1913年12月13日のBattleships No. 40案(Preliminary Design No. 103)

↑Image courtesy of Shipbucket.
1914年1月8日のBattleships No. 40案(Preliminary Design No. 104)
1914年1月13日のBattleships No. 40案(Preliminary Design No. 105)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ニュー・メキシコ
12
New Mexico BB-40 ニュー・ヨーク海軍工廠 1918/5/20 1946/7/19 1947/2/25
(1947/10/13?)
◎最初の予定艦名はカリフォルニアだった
◎1915/10/14 起工
◎1917/4/13(1917/4/23?) 進水
◎1918/8/15 引き渡される
◎1919夏 ニュー・ヨーク海軍工廠にて入渠
◎1920年代 入渠
◎1931/3/5 フィラデルフィア海軍工廠にて近代化改装(〜1933/1/22、12
1941/12/10 Nantucket南方海域にて商船Oregonと衝突、Oregonを沈没させる
◎1943/8 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて改装
◎1944/8 ブレマートンにてオーヴァーホール(〜1944/10)
1945/1/6 リンガエン湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に一時的な修理、後に真珠湾にて修理
1945/4/12 沖縄西方海域にて味方艦の誤った砲撃により損傷
1945/5/12 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(12
◎1945/5末? レイテにて修理
◎1947/10/13(1947/11/9?) 解体のため、ニュー・ヨークのLipsett, Inc. に売却
◎後にニューアークにて解体
◎Atlantic Fleet. Neutrality patrol. Damaged by Kamikaze that hit bridge, Lingayen Gulf, 6 Jan 1945 (30 killed, including British Gen. Herbert Lumsden). Attu, Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Lingayen, Okinawa, Tokyo Bay.
#BB-40の搭載レーダー
◎1941 SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1944 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー、Mk. 4対空射撃指揮レーダー
ミシシッピ
123
Mississippi BB-41 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1917/12/18 1956/9/17 1958/7/30 ◎1915/4/5 起工
◎1917/1/25 進水
◎1917/12/18 引き渡される
◎1919秋 ハンターズ・ポイントにて入渠、修理
1924/6/12 サン・ペドロにて2番主砲塔内爆発事故により損傷
◎1931/1/30(1931/3/30?) ノーフォーク海軍工廠にて近代化改装(〜1932/8/31(1933/9?))
◎1940 海軍工廠ピュージェット・サウンドのDrydock No. 4にて入渠
◎1942秋 ハンターズ・ポイントにてオーヴァーホール(〜1943/10)
1943/11/20 マキン島にて砲撃中、主砲塔内爆発事故により損傷
◎1944/5 ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール(〜1944/6/28、123
◎1944秋 Manusの分割式浮きドック(ABSD-2)にて入渠(12
1945/1/9 リンガエン湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に真珠湾にて修理
1945/6/5 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/11 ノーフォークで砲術練習艦に改装(〜1947/7)
◎1946/2/15 艦種を雑役艦(AG-128)に改める
◎Atlantic Fleet. Neutrality patrol. Pearl Harbor Arrived - 4 November 1943, Complete - 7 November 1943. Repairs to Waterbury unit in #4 turret completed and tested. "A" end of Waterbury gear for airplane crane being repaired. Work to be completed and ship to depart this date. Attu, Gilbert Is., Kwajalein, Palau, Leyte, Surigao Strait, Lingayen, Okinawa, Tokyo Bay.
#BB-41の搭載レーダー
◎1941 SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1944 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
アイダホ
123
Idaho BB-42 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1919/3/24 1946/7/3 1947/9/16 ◎1915/1/20 起工
◎1917/6/30 進水
◎1919/3/24 引き渡される
◎1926/3 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて入渠(12
◎1920年代末頃 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて砲身交換工事(123
◎1933/9/30 ノーフォーク海軍工廠にて近代化改装(〜1934/10/4)
◎1935春? チャールズタウン海軍工廠にて入渠(〜1935/3/1)
◎1942/10 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて改装(〜1942/12)
◎1944/8/15 Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1)にて入渠、修理(1234
◎1944/10/22 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理、改装(〜1944/12(1945/1/1?))
1945/4/12 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に一時的な修理
◎1945/4下旬 グアムの分割式浮きドックにて入渠(〜1945/5)
◎1945/8 レイテ湾の分割式浮きドック(ABSD-3)にて入渠
◎1947/11/24 解体のため、ニュー・ヨークのLipsett, Inc. に売却
◎Neutrality patrol. North Atlantic 1941-1942. Attu, Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Palau, Iwo Jima, Okinawa.
#BB-42の搭載レーダー
◎1941 SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1944 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー、Mk. 8対空射撃指揮レーダー


Update 19/07/21