AFDL
小型浮きドック(非自走)

アイコン 意味
戦闘や事故で失った場合(沈没、墜落)や損傷した場合、艦船などの内部で事故や事件がおこった場合の意味です。自軍や同盟軍、所属機関、所有会社が行った沈没処分や破壊処分、漁礁としてまたは演習で使用して沈めた場合にはこのアイコンは付けません
戦果や功績、各機関に寄贈された場合の意味です。戦争などで沈没し、何十年後に発見された場合もこのアイコンです
映画やTVドラマ、ドキュメンタリーに使用された場合の意味です
参考文献、小説や書籍に登場する事柄です
インターネットやTVゲームに登場する事柄です
UFOなど超常現象に遭遇した事柄です
※CMAVはContinuous Maintenance Availabilityの略(ABC順)
排水量:12,000t 全長:87.78m 幅:19.50m 吃水:1.00m(light)、9.57m(flooded) 収容幅(ドック内):13.71m 揚力収容量(力量):1,900t

↑The Navy's oldest floating dry-dock, the Mid-Atlantic Regional Maintenance Center's (MARMC) Dynamic, (AFDL-6), prepares to be towed from Joint Expeditionary Base Little Creek-Fort Story (JEBLCFS) to Lyons Shipyard Inc., in Norfolk, Virginia for a scheduled Docking Planned Maintenance Availability in 2021. US Navy Photo. Image courtesy of USNI news.

↑NORFOLK (Oct. 21, 2019) - The Mid-Atlantic Regional Maintenance Center's (MARMC) floating dry-dock Dynamic (AFDL-6) conducts docking testing during a Board of Survey Inspection (INSURV) at Joint Expeditionary Base (JEB) Little Creek-Fort Story, Oct. 21. Dynamic provides dry-docking services for docking vessels of the mine countermeasure, patrol craft, landing craft units, and other small vessels. U.S. Navy photo by Hendrick Dickson. (Released)

↑VIRGINIA BEACH, Va. (June 9, 2016) - Dynamic (AFDL-6) Sailors stand by as dry-dock Dynamic, located at Joint Expeditionary Base Little Creek-Fort Story, begins to sink during the undocking of MK. VI Patrol Boat 1202. U.S. Navy photo by Shelby F.W. West. (Released)
↑Virginia Beach, Va. (Nov. 2, 2006) - The crew of the auxiliary floating dry dock Dynamic (AFDL-6) prepares for an incoming craft. Dynamic enables small expeditionary craft to make necessary repairs and return to sea. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Kelly E. Barnes. (RELEASED)
艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
AFDL-1 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-1)に改める
◎後にエンデヴァー Endeaverと命名
AFDL-2 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-2)に改める
AFDL-3 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-3)に改める
AFDL-4 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-4)に改める
AFDL-5 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-5)に改める
AFDL-6 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/3/1 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-6)に改める
◎1979/6/7? ダイナミック Dynamicと命名
◎2020秋 CMAV(〜2021/1)
◎2020秋 CMAV(〜2021/1)
◎2022/3 ノーフォークのLyon Shipyard, Inc. にて定期修理・入渠整備(〜2023/1予定、修理額$16,365,770、ドック作業船(非自走)(YFND-30)と2隻合わせた金額)
AFDL-7 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944 1981初め 1981/2/15 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-7)に改める
◎1947/1/1 退役、真珠湾にて太平洋予備艦隊に編入
◎1970/6 陸軍に移管
◎1971/10 海軍に移管、グアムにて太平洋予備艦隊に編入
◎1973/1/1 再役
◎1979/6/7 アビリティ Abilityと命名
◎1982/7/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
AFDL-8 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-8)に改める
AFDL-9 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-9)に改める
AFDL-10 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1987/7/13 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-10)に改める
AFDL-11 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-11)に改める
AFDL-12 1944頃 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-12)に改める
◎1984/7/1 処分
AFDL-13 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-13)に改める
AFDL-14 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-14)に改める
AFDL-15 1983/12/18 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-15)に改める
AFDL-16 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-16)に改める
AFDL-17 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-17)に改める
AFDL-18 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-18)に改める
AFDL-19 George D. Auchter Co. ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-19)に改める
AFDL-20 George D. Auchter Co. ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-20)に改める
AFDL-21 George D. Auchter Co. 1989/3/31 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-21)に改める
◎1990/3/16 処分
◎のちにフィリピンのSUBICDOCK Corp. に売却(12
◎のちにCabras Marine Corporationに売却されグアムのアプラ港のPACDIM (Pacific Dock Integrated Maintenance Facility) ship maintenance facilityにて運用開始(1234
AFDL-22 George D. Auchter Co. ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-22)に改める
AFDL-23 George D. Auchter Co. ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-23)に改める
◎1947/1/1 退役?、真珠湾にて太平洋予備艦隊に編入
◎1965/12 再役
◎1979/6/7 アデプト Adeptと命名
◎退役後、民間に貸与
AFDL-24 1944頃 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-24)に改める
AFDL-25 ドーラット/エウィン造船所 1944/2 1996/3/13 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-25)に改める
◎1979/6/7? アンドーンテッド Undauntedと命名
AFDL-26 ドーラット/エウィン造船所 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-26)に改める
◎1965 パラグアイに貸与
◎1965/6/2 パラグアイに引き渡される(1965/7/24到着)
◎1977/2/11 パラグアイに売却(売却額$100,000)、艦種記号をDF-1に改める
AFDL-27 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-27)に改める
AFDL-28 ドーラット/エウィン造船所 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-28)に改める
AFDL-29 ドーラット/エウィン造船所 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-29)に改める
AFDL-30 Foundation Co. ◎のちに艦種を小型浮きドック(AFDL-30)に改める
AFDL-31 Foundation Co. 2006/4/4 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-31)に改める
◎のちに艦種を工廠用浮きドック(非自走)(YFD-83)に改める
AFDL-32 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-32)に改める
AFDL-33 Foundation Co. ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-33)に改める
AFDL-34 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-34)に改める


軽荷排水量:1,200t 全長:87.78m(AFDL-41、AFDL-43、AFDL-44は118.56m) 幅:19.50m 吃水:1.00m(light)、9.57m(flooded) 揚力収容量(力量):1,900t
艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
AFDL-35 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-35)に改める
◎1974/1/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
AFDL-36 ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-36)に改める
◎1947/3 中国国民党に貸与されHay Tan(AFDL-1)と命名
AFDL-37 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-37)に改める
◎1981/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
AFDL-38 Tidewater Construction Corp. ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-38)に改める
◎除籍後、San Francisco Maritime National Historical Parkに貸与されアラメダのBay Ship & Yacht shipyardに貸与
AFDL-39 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-39)に改める
AFDL-40 1987/6/30 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-40)に改める
AFDL-41 Tidewater Construction Corp. ◎1946/8/1 艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-41)に改める
◎のちに運用終了
◎1983 North Florida Shipyardに売却
AFDL-42 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-42)に改める
◎1975/1/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
AFDL-43 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-43)に改める
◎1979/4/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
AFDL-44 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-44)に改める
AFDL-45 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-45)に改める
AFDL-46 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-46)に改める


軽荷排水量:6,000t 全長:149.04m 幅:29.56m 吃水:1.52m
艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
AFDL-47 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 ◎のちに艦種を小型浮きドック(非自走)(AFDL-47)に改める
◎のちにリライアンス Relianceと命名


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ディリジェンス Diligence AFDL-48


Update 23/05/24