陸軍輸送船

※United States Army Transport(合衆国陸軍輸送船)の略
総トン数:1,063t 全長:61.65m 幅:10.66m 吃水:5.48m 主機/軸数:reciprocating蒸気機関2基(1930年には500馬力のAtlas-Imperial式ディーゼル2基)/2軸 出力:1,000馬力
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クヴィチャク Kvichak Wolff & Zwicker Iron Works ◎1940頃 1900年10月竣工、引き渡されたAlaska Packers Associationの貨物船クヴィチャク(12)を陸軍需品科が取得
◎1940 陸軍輸送隊にて運用開始
1941/1/17 Prince Rupert Island南方海域のMillbanke Soundの岩礁にて座礁。乗客23名、乗員37名をAmerican Can Co. の汽船Cancolimが救助、哨戒砲艦チャールストン Charleston(PG-51)に移乗。乗員3名が行方不明。後に上部構造が波にさらわれる
1941/3/5 Kvichakは海中の岩棚から滑り落ち、水深90フィート(27.43m)にて沈没
◎1942/3 引き揚げられWinslowで海洋修理船に改装
◎1942/3 艦種を海洋修理船に改め、ジェームズ B. ヒューストン James B. Houstonと改名
◎USAT Kvichak worked in Alaskan wars reinforcing the territory. 


Update 22/04/10