USAS
陸軍無線通信船

※United States Army Radio Communications Ship(合衆国陸軍無線通信船)の略
※データは税関監視船部蒸気船ガルヴェストンの項を参照

↑USAS Apache. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アパッチ Apache Charles Reeder & Sons 1946 ◎退役後、陸軍に移管
◎1944中頃 シドニーで無線通信船に改装
◎1950 解体
◎Broadcast General MacArthur's "I have returned" speech 20 October 1944. 


※データは非分類雑役船ヴォラドアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴォラドア Volador William Muller ◎1943/9/9 陸軍に移管、無線通信船に改装
◎Volador served the US Army as a communications ship in the Southwest Pacific Area (SWPA) Volador participated in the Papua-New Guinea campaign. In addition to standard CP fleet duties Volador became a radio repair ship "to supply floating maintenance wherever most required."


排水量:602t 全長:46.93m 幅:10.97m 吃水:1.82m 主機/軸数:フェアバンクスモース式6-cyl. ディーゼル3基/3軸 出力:630馬力 速力:10.0kt 乗員:下士官兵12名

↑USAF Col. Basil O. Lenoir under way, date and location unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バジル O. レノア大佐 Col. Basil O. Lenoir Seattle Shipbuilding ◎1944 建造
◎1944/8 運用開始
◎後に空軍に移管
◎1973 RCA社に売却
◎Assigned to maintain Cables of Alaskan Communication System.


Update 20/10/31