USAARS
陸軍航空機修理船

※United States Army Aircraft Repair Ship(合衆国陸軍航空機修理船)の略。ARU(F)はAircraft Repair Unit (Depot)の略
※データはEC2-S-C1型“リバティ・シップ”の項を参照
↑Maj. Gen. Herbert A. Dargue This is in Guantanamo Bay, Cuba, October 1944.
船名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ロバート・オールズ少将 Maj. Gen. Robert Olds ARU(F)-1 Todd-Houston Shipbuilding Corporation ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-1)に改め、ロバート・オールズ少将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1945/7/22 グアムの分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠
◎1946/3/29 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入、ダニエル E. ギャレット Daniel E. Garrett(MCハル2918)と改名
◎1958/9/18 解体のため、ベスレヘム・スチール社に売却(売却額$76,191.00)
◎1960/3/7 ベスレヘム・スチール社に引き渡される
◎1960 ボルティモアにて解体
ハーバート A. ダーグ少将 Maj. Gen. Herbert A. Dargue ARU(F)-2 J. A. Jones Construction Company, Panama City ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-2)に改め、ハーバート A. ダーグ少将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1946/2/3 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入、レベッカ・ルーキンス Rebecca Lukens(MCハル1551)と改名
◎1970/9/3 解体のため、Horton Industries, Inc. に売却(売却額$41,330.00)
◎1970/9/21 Horton Industries, Inc. に引き渡される、後にウィルミントンにて解体
ウォルター R. ウェーヴァー少将 Maj. Gen. Walter R. Weaver ARU(F)-3 J. A. Jones Construction Company, Panama City ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-3)に改め、ウォルター R. ウェーヴァー少将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1946/5/3 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入、トーマス・ル・ヴァリ Thomas Le Valley(MCハル2295)と改名
◎1970/2/27 解体のため、S.P.A. Cantieri Navaliに売却(売却額$470,500.00)
◎1970/5/1 S.P.A. Cantieri Navaliに引き渡される、後にSpeziaにて解体
エイサ N. ダンカン准将 Brig. Gen. Asa N. Duncan ARU(F)-4 Todd-Houston Shipbuilding Corporation ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-4)に改め、エイサ N. ダンカン准将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1946/4/8 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入、リチャード・オブライエン Richard O'Brien(MCハル2925)と改名
◎1972/7/30 解体のため、 N.V. Intershitra に売却(売却額$80,100.00)
◎1972/8/21 N.V. Intershitraに引き渡される、後にBurrianaにて解体
クリントン W. ラッセル准将 Brig. Gen. Clinton W. Russell ARU(F)-5 デルタ・シップビルディング社 ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-5)に改め、クリントン W. ラッセル准将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1946/4/8 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入、ロバート W. ビンガム Robert W. Bingham(MCハル2794)と改名
◎1959 解体のため、J. C. Berkwit & Co. に売却(売却額$79,888.00)、後にニュー・オーリンズにて解体
アルフレッド J. リオン准将 Brig. Gen. Alfred J. Lyon ARU(F)-6 Todd-Houston Shipbuilding Corporation ◎1944 陸軍輸送科に移管、モービルのMobile Air Tactical Command Brookley Fieldで陸軍航空機修理船に改装、艦種を陸軍航空機修理船(ARU(F)-6)に改め、アルフレッド J. リオン准将と改名
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(サイパンと硫黄島にて陸軍航空軍に支援施設を提供)
◎1946/8/30 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入、ロバート W. ビンガム Robert W. Bingham(MCハル2938)と改名
◎1962/5/11 Schnitzer Steel Products Co. に売却
◎1964 ポートランドでdepot shipに改装


Update 19/11/23