M


※マニトワック・シップビルディング社 Manitowoc Shipbuilding Co. は、元々バーガー&バーガー Burger & Burgerによって1863年に開発され、1871年以来、修理場とされていた造船所をチャールズ C. ウェスト Charles C. Westとエリアス・ガネル Elias Gunnellに売却、マニトワック・ドライ・ドック社 Manitowoc Dry Dock Co. として1902年に設立。1910年にマニトワック・シップビルディング&ドライ・ドック社 Manitowoc Shipbuilding and Dry Dock Co. と改名。1916年にマニトワック・シップビルディング社と改名。第二次大戦では商船の建造から潜水艦の建造に切り替え、ピーク時には7,000人を雇用する様になった。戦後は商船の建造に戻る。1952年にマニトワック・シップビルディング株式会社 Manitowoc Shipbuilding, Inc. と改名するも1968年に建造を停止。マニトワックはクリスティ社 Christy Corporation(旧リーゼム D. スミス造船社 Leathem D. Smith Shipbuilding)とスタージョン・ベイ・シップビルディング Sturgeon Bay Shipbuildingが取得し、隣接するスタージョン・ベイ Sturgeon Bayの造船所と一つとなり、ベイ・シップビルディング Bay Shipbuildingと改名。マニトワック・シップビルディング社は1972年に閉鎖
※マニトワック・シップビルディング社はミシガン湖 Lake Michiganに注ぐ川沿いにあるので、下の潜水艦ガヴィナ Guavina(SS-362)の進水式の画像の様に、横滑り方式をとった。潜水艦ガトー/バラオ級の項でも触れたが、マニトワック・シップビルディング社はエレクトリック・ボート社製の図面で建造。下のガヴィナ(SS-362)の画像でも分かる様に、エレクトリック・ボート社設計案は主錨が右舷。上部構造のフリー・フラッド・ホール(半月の穴が一列に並んでいるヤツ)が半月型。艦橋(Farewater)の直前まで並び、その後はスリット状になっている。ポーツマス海軍工廠設計案は角丸長方形で、上部構造の後端まで上下3〜1列に連続して並ぶ
↑Manitowoc Shipbuilding Company, June 1943. Image courtesy of Wisconsin Maritime Museum.
↑The Guavina (SS-362) starts to raise her launching timbers on the building ways at Manitowoc Shipbuilding Co., Manitowoc, WI., 29 August 1943. Image courtesy of NavSource.


※ムーア・ドライ・ドック社 Moore Dry Dock Companyは、1905年にカリフォルニア州 State of Californiaのサン・フランシスコ San Franciscoにてムーア&スコット鉄工所 Moore & Scott Iron Worksとして設立。けれどもサン・フランシスコ地震において焼失。1909年にカリフォルニア州のオークランド Oaklandにあるユニオン・ストリート Union Streetのブール&サンズ造船所 Boole & Sons shipyardを買収し再スタートする。1917年に名前をムーア・シップビルディング社 Moore Shipbuildingと変更、更に1922年にムーア・ドライ・ドック社に変更した。海事委員会及び海軍は、それぞれ900万ドルを第二次大戦の為に設備に投資、造船所を拡張していく。造船所は1960年に閉鎖


Update 16/11/27