C


※サウス・カロライナ州 State of South Carolina チャールストン Charlestonのクーパー川 Cooper Riverにあるチャールストン・ドライ・ドック&マシーン Charleston Dry Dock & Machineは1869年にサミュエル J. プレグナルと兄弟 Samuel J. Pregnall & Bros. が設立したプレグナル造船所 Pregnall Shipyardとして始まり、スクーナーや蒸気船の建造処として知られていた。1912年に閉鎖されるも1919年にチャールストン・ドライ・ドック&マシーン社と改名。ヴァルク&マードック鉄工所 Valk & Murdoch Iron Worksと同じ年に復活した。1934年にチャールストン・ドライ・ドック社 Charleston Dry Dock Co. として改編、1936年にチャールストン・ドライ・ドック&シップビルディング社Charleston Dry Dock & Shipbuilding Companyとなる。 同社は最初の戦時契約に問題を抱え、海軍は1942年にヤードを支配、チャールストン・シップビルディング&ドライ・ドック社 Charleston Shipbuilding & Dry Dock Co. に改名。第二次戦後、海軍は施設をトッド Toddに借用。トッドは1949年に撤退し、Detyens Shipyards, Inc. に引き継がれるまでいくつかの異なる企業によって運営されていた。 このヤードは現在公共スペースである。コンコルド・ストリート Concord StreetのLaurensとCalhounの間にあるCharleston Maritime Centerである
↑An aerial photo of Charleston Drydock & Shipbuilding Company (formerly Charleston Dry Dock & Machine) from 1946, taken for Todd Shipyards. The overlay shows landmarks for reference. Original image: Z. P. Liollio Collection. Image courtesy of en.wikipedia.org.


コマーシャル鉄工所は1916年11月にウィリアムT. ケーシー William T. Casey、オットー J. ホーク Otto J. Hoak、ロバート・ボーグス Robert Boogsにより、ロス・アイランド・ブリッジ Ross Island Bridgeのすぐ南にある121,405uの敷地に設立。1946年に閉鎖。後にZidell Marineに船の解体施設として売却


Update 18/09/09