SES
水面効果艇


排水量:110t 全長:24.40m 主機/軸数:ライカミング式ガス・タービン4基/ウォータージェット2基 出力:4,000馬力 速力:75.0kt
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
SES-100A エアロジェット・ジェネラル社 ◎1982 解体のため売却


排水量:100t 全長:23.77m 幅:10.66m 主機/軸数:FT12A-6ガス・タービン3基/スーパーキャヴィテーション・プロペラ2軸 出力:4,500馬力 速力:91.9kt
※1963年に試作艇XR-1(排水量:17t、速力:34.0kt)を完成
※1976年にスタンダードSM-1SAMの垂直発射テストを実施
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
SES-100B ベル・エアロスペース・テクストロン社 ◎1971 進水
◎除籍後、記念艇となる


軽荷排水量:128t 満載排水量:205t 全長:48.50m 幅:11.88m 吃水:2.74m 主機/軸数:ディーゼル2基/ウォータージェット2基 出力:5,800馬力 速力:45.0kt 乗員:士官3名、下士官兵26名
※正確な型式名はSES-200モデル730A。非公式にシー・フライヤー Sea Flyerと呼ばれる
※2度にわたって推進器や安定装置等の改造が施された
↑IX-515 as SES-200, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
SES-200 ベルハルター社 2010/2/12 ◎1980/9/1 水面効果船SES-110BHモデル210Aを購入し船体の延長等改装
◎1981 沿岸警備隊に移管
◎退役後、海軍に移管、艦種記号をSES-200に改める
◎1987/5/11 運用開始
◎2000 Navatek, Ltd. にて改装(〜2003)
◎2003/6 艦種を非分類雑役船(IX-515)に改める


基準排水量:183t 満載排水量:205t 全長:31.69m 幅:16.76m 吃水:4.26m 主機/軸数:MTU式16V396TB94ディーゼル2基/2基 出力:6,850制動馬力 速力:31.6kt(公試時) 航続力:30.0ktで400浬 兵装:ミレニアムGDM-008 35o単装機銃1基 乗員:2名、公試技術員4名
※レーダー:古野電気式航海レーダー2基
↑At sea with the experimental Small Waterplane Area Twin Hull (SWATH) ship "Sea Slice" Aug. 2, 2002 -- An aerial view of the Sea Slice, an experimental ship built by Lockheed-Martin, operating off the coast of Port Hueneme, Calif., during Fleet Battle Experiment Juliet (FBE-J). Fleet Battle Experiment Juliet is a joint warfighting experiment combining both live field forces and computer simulation at various locations throughout the United States during "Millennium Challenge 2002" (MC-02). Millennium Challenge is the nation's premier joint integrating event, bringing together both live field exercises and computer simulations throughout the Department of Defense. U.S. Navy photo by Journalist 2nd Class Terry Dillon. (RELEASED)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スライス Slice Pacific Marine & Supply Co., Ltd. ◎1996/11 進水
◎1997 運用開始
◎2002 シー・スライス Sea Sliceと改名


Update 14/06/03