沿岸哨戒艇(高速)、内水哨戒艇


軽荷排水量:16.74t 満載排水量:21.34t 全長:15.18m 幅:3.99m 吃水:1.09m 主機/軸数:ジェネラル・モータース式12V71Nデトロイト・マリーン(7122-3000、7122-7000)ディーゼル2基/2軸 出力:425馬力 速力:32.0kt 航続力:23.5ktで250浬 兵装:ブラウニング12.7o連装機銃1基、Mk. 2Mod. 0 81o迫撃砲1基、Mk. 19グレネード・ランチャー1基(26隻が1968年11月〜12月に装備) 乗員:士官1名、下士官兵5名
※スウィフト Swift Mk. I
↑Image courtesy of RiverVet.
↑Photo shows a PCF Mk. I off the Ca Mau Peninsula near SEA FLOAT. US Navy photo. Image courtesy of warboats.org.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PCF-1 Sewart Seacraft, Inc. 1965/7/9 1970 ◎1965会計年度に発注。50NS651
◎練習用として使用
1995/6 1994年秋にパナマからワシントン海軍工廠に運ばれレストアされる
ワシントン海軍工廠博物館に寄贈され展示
1998/4 冷戦博物館に展示(123
PCF-2 Sewart Seacraft, Inc. 1965 1970 ◎1965会計年度に発注。50NS652
◎練習用として使用
1995/6 1994年秋にパナマからワシントン海軍工廠に運ばれレストアされる
◎後にヴァージニア・ビーチのTidewater Community Collegeに寄贈され学術調査船Matthew F. Mauryとなる
PCF-3 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS653
◎1967/9/5 カム・ラン湾にて腐食修理(〜1967/9/18)
◎1967/11/29 スービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/3/13)
1969/3/14 機雷により損傷
1969/12/30 Dam Doi川にて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1970/9/1 南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3902に改める
PCF-4 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS654
1966/2/14 Baie de Cau Duongの東端にて機雷により損傷
◎修理不能のためスービック湾にて部品供給艇となる
PCF-5 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS655
◎1967/11/20 佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/4/30)
◎1970/4/1 南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3863に改める
1970 機雷により損傷
PCF-6 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS656
◎1969/1/12 Cat Loにて修理(〜1969/1/14)
◎1969/2/11 サイゴンにてVietnamese Swift School training boatとなる(〜1969/11/27)
1969/9/23 水上タクシーと衝突し損傷
◎1970/2/20 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/4/4)
◎1970/6/18 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3886に改める
PCF-7 Sewart Seacraft, Inc. 1965 1970 ◎1965会計年度に発注。50NS657
◎練習用として使用
PCF-8 Sewart Seacraft, Inc. 1965 1970 ◎1965会計年度に発注。50NS658
◎練習用として使用
PCF-9 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS659
1966/10/18 81o迫撃砲弾の爆発により損傷
◎1968/7/6 スービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/10/5)
◎1969/7/20 An Thoiにて修理(〜1968/7/27)
1969/11/22 カンボジア国境付近にて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
1970/3/6 Rach Giang Thanhにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3904に改める
1970/11/2 嵐により喪失
PCF-10 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6510
◎1969/3/11 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1969/6/16)
1969/9/3 Song Bo De川にて共産軍のB-40ロケット弾と75o砲の砲撃により沈没
◎1969/9/6 引き揚げられる(〜1969/9/21)
◎1969/10/28 横須賀海軍基地にて修理(〜1969/12/31)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3875に改める
PCF-11 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6511
◎1968/12? オーヴァーホール
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3857に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-12 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6512
◎1968/10/27 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/1/3)
◎1970/4/1 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3864に改める
PCF-13 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6513
◎1968/11/29 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1968/2/28)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3876に改める
PCF-14 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6514
1966/8/31 Cape Batangan地区にて共産軍の小火器による攻撃にて損傷
1967/11/30 Cua Viet川にて転覆したサンパンの地元漁民を救助中に転覆沈没
PCF-15 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6515
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3877に改める
PCF-16 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1965会計年度に発注。50NS6516
◎後にスービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/10/5)
◎1968/12/6 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3826に改める
PCF-17 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1966会計年度に発注。50NS661
1969/11/11 Co Chien川にて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3815に改める
PCF-18 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1966会計年度に発注。50NS662
◎1969/4/8 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/5/16)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3916に改める
PCF-19 Sewart Seacraft, Inc. 1965 ◎1966会計年度に発注。50NS663
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1968/1)
1968/6/15〜16 Cua Viet川にて友軍機の誤った攻撃(ロケット弾)により沈没
PCF-20 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS664
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/8/12)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3907に改める
1970/11/2 嵐により喪失
PCF-21 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS665
◎ニックネームはブラックジャック Blackjack
◎1968晩秋 オーヴァーホール
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3830に改める
PCF-22 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS666
◎1969/1/5 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/2/12)
1969/5/5 Rach Duong Keoにて共産軍のロケット弾により大破
◎後にAn Thoiで修理
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3908に改める
PCF-23 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS667
◎1967/11/29 スービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/2/28)
◎後に艦種を河川[河用]沿岸哨戒艇(高速)(RPCF-23)に改める
◎後に艦種を沿岸哨戒艇(高速)(PCF-23)に改める
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3858に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-24 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS668
1969/3/21 Cua Dai川にて共産軍の75o砲の砲撃により損傷
◎1969/3/22 修理
◎1970/4/1 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3865に改める
PCF-25 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS669
◎後にスービック湾にてオーヴァーホール
◎1970/4/1 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3866に改める
PCF-26 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6610
◎1968/8/1 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1968/10)
◎1968/12/6 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3827に改める
PCF-27 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6611
◎1970/2/19 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/3/31)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3831に改める
PCF-28 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6612
◎1968/7/2 オーヴァーホール(〜1968/7/16)
1968/7/23 Bo De川にて爆弾により損傷
◎1970/1/7 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/2/21)
◎1970/4 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3867に改める
PCF-29 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6613
◎練習用として使用
PCF-30 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6614
◎練習用として使用
PCF-31 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6615
◎1968/7/24 オーヴァーホール(〜1968/8/12)
◎1970/2/1 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/3/17)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3832に改める
PCF-32 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6616
◎1968/6/5 オーヴァーホール(〜1968/6/15)
1969/2 遠隔機雷により損傷
◎1970/1/16 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/3/2)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3833に改める
PCF-33 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6617
◎スービック湾にて艤装備
◎1967/12/15 フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-306に改める
PCF-34 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6618
◎スービック湾にて艤装備
◎1967/12/15 フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-307に改める
PCF-35 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6619
◎1968/4/6 オーヴァーホール(〜1968/4/20)
1970/5/15 Bo De川にて共産軍のB-50ロケット弾により損傷
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/7/16)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3901に改める
PCF-36
12
Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6620
◎1970/10/1 南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3909に改める
PCF-37 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6621
◎1967/12/20 佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/4/30)
1969/10/17 Song Lan The areaにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1969/10/18 修理(〜1969/11/10)
1970/3/3 Vinh Te canalにて水中爆発により損傷
◎1970/6/10 南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3816に改める
1970/7/14 共産軍のB-40ロケット弾により損傷
PCF-38 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6622
1967/4/26 Cat Loにてメンテナンス中、起重機船(非自走)YD-220で吊り下げられている途中、ブームの落下により損傷、後にスービック湾にてオーヴァーホール、修理(〜1967)
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/6/17)
1970/10/10 Dung島付近にて機雷により損傷
◎1970/10/11 オーヴァーホール(〜1970/11/30)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3924に改める
PCF-39 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6623
◎1966 進水
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3878に改める
PCF-40 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6624
◎1968/12/1 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/1/20)
1970/2/12 Vinh Te canalにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
1970/7/6 水中爆発により損傷
◎1970/7/7 修理(〜1970/9)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3910に改める
PCF-41 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6625
1966/5/22 Song Dinh Ba川にて共産軍の57o砲の砲撃により沈没
PCF-42 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6626
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎1967/11/28 スービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/2/28)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3850に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-43 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6627
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
1969/4/12 Rach Duong Keo canalにて共産軍のロケット弾により沈没(123
PCF-44 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6628
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎1967/12/27 佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/4/30)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3851に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-45 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6629
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/6/27)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3925に改める
PCF-46 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6630
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎1967中頃 艇首改装(後のオーヴァーホールで撤去)
◎1970/4/1 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3868に改める
PCF-47 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6631
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎後に佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/10/5)
◎1969/10/1 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3852に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-48 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6632
1966/4/17 夜間、カム・ラン湾にてドック型揚陸艦トーテゥガ Tortuga(LSD-26)から7隻(PCF-42〜PCF-48)降ろす時に1隻はスクリュー損傷、4隻はskegを損傷
◎後にNSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/7/12)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3926に改める
PCF-49 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6633
1967/6/20 Chu Laiにて爆発により損傷
◎1968春 オーヴァーホール
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3859に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-50 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6634
◎1968春 オーヴァーホール
1969/12/4 Dam Doi川にて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
1970/5/16 Song Dam Doiにて共産軍の125o投擲爆弾により損傷
◎1970/5/17 NSF Cat Loにて修理(〜1970/11/11)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3927に改める
PCF-51 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6635
◎1968 スービック湾にてオーヴァーホール(〜1968/10/31)
1968/12/17 Rach Bang Cungにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1968/12/18 修理(〜1968/12/25)
◎1970/4/1 カム・ラン湾にて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3869に改める
PCF-52 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6636
◎後に佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/10/5)
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3817に改める
PCF-53 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6637
1969/8/19 Dung島北西にて共産軍のB-40ロケット弾と機関銃弾により損傷
◎後にNSF Cat Loにて修理(〜1970/5/27)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3900に改める
PCF-54 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6638
◎1968/5/18 オーヴァーホール(〜1968/6/1)
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/9/7)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3911に改める
PCF-55 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6639
◎1970/1/3 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/2/18)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3834に改める
PCF-56 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6640
1969/9/7 機雷により損傷、一時的な修理
◎1969/9/8 カム・ラン湾にて修理(〜1969/10/27)
◎1970/6/18 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3887に改める
PCF-57 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6641
1968/2/13 Chu Lai南方にて南ヴェトナム民族解放戦線の攻撃により損傷
◎1969/6/15 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/8/11)
1969/8/12 Rach Cai Chon Nho canalにてクレイモア地雷の爆発により損傷、後に修理(〜1969/10)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3853に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-58 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6642
◎1966/2 進水
◎1969/5/23 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/7/14)
◎1969/7/23〜24 スクリュー・テスト
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3854に改める
PCF-59 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6643
Qui Nihon付近にて共産軍の小火器弾により損傷
◎後にQui Nihonにてオーヴァーホール(〜1970/8/4)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3912に改める
PCF-60 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6644
1969/2/11 共産軍のB-40ロケット弾により損傷。沈没を防ぐため浅瀬に座礁。乗員がP-250ポンプにより浸水した水を汲み出し、一時的な修理、後にWhite Riverにて修理
◎後にQui Nihonにてオーヴァーホール(〜1970/5/18)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3906に改める
PCF-61 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6645
1966/5/23 南ヴェトナム民族解放戦線から逃れる途中だったジャンクが沈没。そのジャンクに乗っていた157人の現地の人々を救助
◎1969/12/17 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/1/31)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3835に改める
PCF-62 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6646
1969/1/29 サンパンからの手榴弾攻撃にて損傷
◎1969/11/1 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/12/15)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3879に改める
PCF-63 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6647
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/4/25)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3903に改める
PCF-64 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6648
◎1970/3/4 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/4/13)
1970/5/16 Song Dam Doiにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3818に改める
PCF-65 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6649
◎1969/11/24 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/1/8)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3836に改める
PCF-66 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6650
◎1969/8/13 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/10/9)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3855に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-67 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6651
◎1968/5 佐世保にてオーヴァーホール(〜1968/7/25)
◎1969/2/25 修理(〜1969/3/14)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3860に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-68 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6652
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3856に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-69 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6653
◎1969/7/22 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/9/15)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3880に改める
PCF-70 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6654
1968/11/6 Chu Lai(Cape Batangan)にて共産軍の75o無反動砲により損傷、ダ・ナンにて修理(〜1969/1/1)
◎1970/5 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/5/17)
◎1970/9/1 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3905に改める
1971 台風にて喪失
PCF-71 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6655
◎1968/3/19 オーヴァーホール(〜1968/4/3)
◎1969/8/19 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1969/11/1)
1969/12/2 共産軍のロケット弾により沈没
◎1969/12/3 引き揚げられる、後に修理
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3819に改める
PCF-72 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6656
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/8/31)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3917に改める
PCF-73 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6657
◎1969/11/4 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/12/31)
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3820に改める
PCF-74 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6658
◎後にNSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/9/4)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3918に改める
PCF-75 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6659
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/6/2)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3913に改める
PCF-76 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6660
1967/11/6 Cua Viet川にて急激な波により転覆沈没
PCF-77 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6661
1966/11/15 Hue付近の海域にて悪天候により沈没
PCF-78
12
Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6662
1969/2/19 Hoi An西方の川にて沈殿物に衝突で約1.21mの深さに沈没。引き揚げられ、後にダ・ナンにて修理(〜1969/4/10)
◎1970/2/1 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/3/12)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3837に改める
PCF-79
12
Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6663
◎1969/9/20 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/11/7)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3881に改める
PCF-80 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6664
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3882に改める
PCF-81 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6665
◎1969/10/1 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/11/24)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3883に改める
PCF-82 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6666
1967/8/28 座礁
◎1967/8/30 Alaskan Barge & Transportの曳船Nez Perceが曳航し離礁
◎1969/1/28 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/3/26)
◎1970/6/10 An Thoiにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3821に改める
PCF-83 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6667
◎1966(1967/12/15?) フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-308に改める
PCF-84 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6668
◎1966(1967/12/15?) フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-309に改める
PCF-85 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6669
◎1966(1967/12/15?) フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-310に改める
PCF-86 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6670
◎1966(1967/12/15?) フィリピンに貸与され艦種記号をPCF-311に改める
PCF-87 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6671
1969/7/2 搭載している81o迫撃砲の暴発事故により損傷
◎1970/6 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/7/23)
1970/11/12 Eo Lon canalにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎1970/11/13 Cat Loにて修理(〜1970/11/30)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3928に改める
PCF-88
12
Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6672
◎1970/8 NSF Qui Nhonにてオーヴァーホール(〜1970/9/19)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3914に改める
PCF-89 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6673
1968/11/8 搭載している81o迫撃砲の暴発事故により損傷
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3919に改める
PCF-90 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6674
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/10/14)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3920に改める
PCF-91 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6675
◎1969/5/18 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/7/7)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3861に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-92 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6676
◎1969/8/12 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1969/10/10)
◎1970/2/28 ダ・ナンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3884に改める
PCF-93 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6677
◎1969/7/8 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/8/31)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3921に改める
PCF-94 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6678
◎1968/11/5 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1969/1/17)
◎1970/10/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3915に改める
PCF-95 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6679
◎1968/1/10 オーヴァーホール(〜1968/1/22)
1968/7/27 Bo De川にて共産軍の攻撃により損傷。後に修理
◎1969/10/15 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/1/1)
◎1970/5/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3838に改める
PCF-96 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6680
◎後にNSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/10/14)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3922に改める
PCF-97 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6681
◎1967/7/2 スービック湾にて修理(〜1967/12/29)
◎1970/9/7 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/10/23)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3929に改める
PCF-98 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6682
◎ニックネームはザ・グレイ・ゴースト The Gray Ghost
◎1968/1/22 オーヴァーホール(〜1968/2)
1968/5/12 Bo De川にて共産軍の57o砲の砲撃により損傷
◎後にNSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/11/28)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3930に改める
PCF-99 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6683
◎1970/5 NSF Qui Nhonにてオーヴァーホール(〜1970/6/19)
◎1970/10/31 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3923に改める
PCF-100 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6684
◎1969/2/14 カム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1969/4/24)
◎1969/10/31 サイゴンにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3862に改める
◎1969/11 Qui Nhonにて運用開始
PCF-101 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6685
1969/3/19 Cua Dai川にて共産軍の75o砲の砲撃により損傷、スービック湾の海軍基地にて修理(〜1969/7/20)
PCF-102 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6686
◎1968/4/30 オーヴァーホール(〜1968/5/11)
1970/2/19 Can Tho南方にて共産軍の手榴弾により損傷
◎1970/10 NSF Cat Loにてオーヴァーホール(〜1970/11/4)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3931に改める
PCF-103 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6687
1969/2/11 共産軍のB-40ロケット弾により損傷
◎後にカム・ラン湾にてオーヴァーホール(〜1970/11/12)
◎1970/12/1 Cat Loにて南ヴェトナムに貸与され艦種記号をPCF-3932に改める
PCF-104 Sewart Seacraft, Inc. ◎1966会計年度に発注。50NS6688
◎1966 進水
◎練習用として使用
2000/1 1996年春にBangorのDRMO廃棄からU.S. Naval Amphibious BaseのSIMA boat yardに運ばれレストアされる


軽荷排水量:17.5t 満載排水量:22.2t 全長:15.65m 幅:4.17m 吃水:1.06m 主機/軸数:ジェネラル・モータース式12V71Nデトロイト・マリーン(7122-3000、7122-7000)ディーゼル2基/2軸 出力:960馬力 速力:28.0kt 航続力:28.0ktで350浬 兵装:M22 12,7o機銃1基、ブラウニング12.7o連装機銃1基、Mk. 2Mod. 0 81o迫撃砲1基 乗員:士官1名、下士官兵5名
↑Image courtesy of RiverVet.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
50NS681 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS682 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS683 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS684 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS685 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS686 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS687 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS688 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年8月16日に発注
◎フィリピンに貸与
50NS689 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6810 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6811 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6812 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6813 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6814 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6815 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6816 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6817 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6818 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6819 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6820 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6821 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6822 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6823 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
◎1968 進水
◎練習用として使用
◎1971 マルタに貸与され艦種記号をC-6823に改める
◎1971/4/5 引き渡し式、艦種記号をC23に改める
1984/9/7 爆発事故により損傷、後に修理
◎後に艦種記号をP23に改める
50NS6824 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
◎1968 進水
◎練習用として使用
◎1971 マルタに貸与され艦種記号をC-6824に改める
◎1971/4/5 引き渡し式、艦種記号をC24に改める
◎後に艦種記号をP24に改める
2012/7/20 サン・ディエゴの海事博物館に引き渡される
50NS6825 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6826 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6827 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6828 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6829 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注
50NS6830 Sewart Seacraft, Inc. ◎1967年12月31日に発注


Update 17/02/21