LCU
汎用揚陸艇


※データは汎用揚陸艇LCU-1466級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LCU-1466 Island Dockyard ◎1970年代末 陸軍に移管(329th Transportation Company(Heavy Boat)所属)
◎後にカサブランカ Casablancaと命名
◎後にRio VistaのUS Army Reserve Training Facilityの481th Transportation Company (Heavy Boat)所属
◎1986/7 運用終了
LCU-1467 Island Dockyard ◎後にMorehead Cityにて陸軍に移管(Army Reserve 824th Transportation Co. 所属)
◎2003頃 North Carolina Division of Fisheriesに移管、Long Bayと命名
◎2007 Morehead Cityにて非営利団体に売却
LCU-1468 Island Dockyard ◎後にMorehead Cityにて陸軍に移管(824th Transportation Co. 所属)
◎後にノース・カロライナ州に移管
◎後にノース・カロライナ沿岸にて人工環礁のため沈没処分
LCU-1469 Island Dockyard ◎1970年代末 陸軍に移管(481st Transportation Company(Heavy Boat)所属)
◎後にフォート・アパッチ Fort Apacheと命名
◎1986/7 運用終了
LCU-1476 Marietta Manufacturing Co. ◎除籍後、陸軍に移管
◎後に運用終了
LCU-1504 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にハンプトン・ローズ Hampton Roadsと命名
◎2004 Delray BeachのUnited Dredging Corp. に売却
LCU-1505 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
LCU-1506 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/3 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1507 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/3 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にチペワ Chippewaと命名
◎1992/7 運用終了
LCU-1508 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/3 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にアッツ Attuと命名
◎1992/10 運用終了
LCU-1509 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/4 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にアンティータム Antietamと命名
◎1996 マーシャル諸島共和国に貸与
◎1998 難破
LCU-1510 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/4 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にアトランタ Atlantaと命名
◎1991/7 運用終了
LCU-1511 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/4 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にカンバーランド Cumberlandと命名
◎1993/7 運用終了
◎1994 売却
◎後に商船Neptuneとなる
◎1999 沈没
LCU-1512 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1970年代 陸軍に移管(481st Transportation Company(Heavy Boat)所属)、セロ・ゴード Cerro Gordoと命名
◎1991/1 運用終了
◎後にバングラデシュに貸与されShah Parah(L901)と改名
LCU-1513 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/5 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎1966/3 Bin Thuyにて運用開始(5th Transportation Co. 所属)
LCU-1514 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/5 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にデラウェア Delawareと命名
◎後にターラング Tarlangと改名
◎1986 運用終了、売却
◎後に難破
LCU-1515 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/5 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にBin Thuyにて運用開始(5th Transportation Co. 所属)
◎後に運用終了
◎後にミクロネシアのWenoにて放棄
LCU-1516 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/5 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にシェナンドー Shanandoahと命名
◎後に艦種を交通船(YFB-95)に改める
LCU-1517 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/5 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1518 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/6 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1519 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/6 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にエル・パソ El Pasoと命名
◎1990/9 運用終了
LCU-1520 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/6 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1521 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/6 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にエニウェトク Eniwetokと命名
◎1993 マーシャル諸島にて運用
◎1996 難破
LCU-1522 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/7 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にロレイン Lorraineと命名
◎後にヴェトナムにて運用(97th Transportation Company所属)
◎1992 コロンビアに貸与されBahia Cupica(LCU252)と改名
LCU-1523 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/7 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用
LCU-1524 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/7 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にチャプルテペック Chapultepecと命名
◎後に運用終了
◎1979 難破
LCU-1525 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/7 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にホーランディア Hollandiaと命名
◎後にヴェトナムにて運用(97th Transportation Company所属)
◎1990/11 運用終了
◎後にマーシャル諸島にて運用開始
◎後にRio Vistaにて運用(481st Transportation Company (Heavy Boat)所属)
◎1991 運用終了
LCU-1526 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/7 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にレイテ Leyteと命名
◎1990/11 運用終了
LCU-1527 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/8 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にガダルカナル Guadalcanalと命名
◎後にヴェトナムにて運用
◎1990/8 運用終了
LCU-1528 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/8 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にリンガエン・ガルフ Lingayen Gulfと命名
◎後にRio Vistaにて運用(481st Transportation Company (Heavy Boat)所属)
◎1991/6 運用終了
◎後にJohn Sweeneyに売却
LCU-1529 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/8 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1530 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/8 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1531 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/9 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎1966/3 Bin Thuyにて運用開始(5th Transportation Co. 所属)
LCU-1532 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/9 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1966/3 Bin Thuyにて運用開始(329th Transportation Co. 所属)
LCU-1533 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/9 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1534 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/9 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にサイパン Saipanと命名
◎1990/8 運用終了
LCU-1535 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/9 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Co. 所属)
LCU-1536 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/10 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
LCU-1537 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/10 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(97th Transportation Company所属)
LCU-1538 Avondale Marine Ways, Inc. 1959 ◎1952会計年度に発注
◎1954/10 起工
◎1954 進水、運用開始
LCU-1539 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/10 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
LCU-1540 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/11 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にプサン Pusanと命名
◎1994 アメリカ領サモアにて運用開始、Ataata O Samoaと改名
LCU-1541 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/11 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1971/7 ヴェトナムにて運用開始(97th Transportation Company所属)
LCU-1542 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/11 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にマロロス Malolosと命名
◎後に南ヴェトナムにて運用開始(5th Transportation Co. (Heavy Boat)所属)
◎1995 運用終了
LCU-1543 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/11 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にカロライナ Carolinaと命名
◎1990/4 運用終了
LCU-1544 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/11 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
LCU-1545 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/12 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にムーズアルゴーニュ Meuse-Argonneと命名
◎1990/4 運用終了
◎2008 ノース・カロライナにて人工環礁のため沈没処分
LCU-1546 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/12 起工
◎1954 進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1547 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/12 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にソロモン・アイランズ Solomon Islandsと命名
◎1971/7 ヴェトナムにて運用開始(97th Transportation Company所属)
◎後に運用終了
LCU-1548 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1954/12 起工
◎1954 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
LCU-1549 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/1 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にグアム Guamと命名
◎1990/6 運用終了
LCU-1550 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/1 起工
◎1955 進水
◎後にホワイト・ウィング White Wingと命名
◎1989/5 運用終了
LCU-1551 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/1 起工
◎1955 進水
◎1955 運用開始
LCU-1552 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/1 起工
◎1955 進水
◎1955 運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(97th Transportation Company所属)
◎後にマーシャル諸島にて運用開始
LCU-1553 Avondale Marine Ways, Inc. ◎後に陸軍に移管
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1554 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/2 起工
◎1955 進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎1966/3 Bin Thuyにて運用開始(5th Transportation Co. 所属)
◎後に運用終了
LCU-1555 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/2 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後に運用終了
LCU-1556 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/2 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にザポプル・リヴァー Zapople Riverと命名
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎1990/4 運用終了
LCU-1557 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/2 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎1990 運用終了
LCU-1558 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/3 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1559 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/3 起工
◎1955 進水、運用開始
LCU-1560 Avondale Marine Ways, Inc. ◎後に陸軍に移管
◎1972 Fort Eustisにて運用開始(329th Heavy Boat Company所属)
◎後にラインラント Rhinelandと命名
◎1990 運用終了
LCU-1561 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/3 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にマニラ Manilaと命名
◎1989/5 運用終了
LCU-1562 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/3 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にインチョン Inchonと命名
◎1990/8 運用終了
LCU-1563 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/4 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation (Heavy Boat) Company所属)
◎1969 ダ・ナンのCamp Tien Shaにてメンテナンス
◎1970/11 ヴェトナムにて台風“Patsy”により喪失
LCU-1564 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/4 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1565 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/4 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後に民間に売却されCita IIと命名
LCU-1566 Avondale Marine Ways, Inc. ◎1952会計年度に発注
◎1955/4 起工
◎1955 進水、運用開始
◎後にカジェル Cadgellと命名
◎1992/10 運用終了、バングラデシュに貸与されShah Makhdoom(L902)と改名
LCU-1567 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後に運用終了
LCU-1568 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始(97th Transportation Co. 所属)
◎1971/7 南ヴェトナム陸軍に貸与
◎1971/7 運用終了
LCU-1569 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1570 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
LCU-1571 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1572 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後に運用終了
LCU-1573 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にヴェトナムにて運用開始(5th Transportation Co. 所属)
◎後に運用終了
LCU-1574 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後にコールド・ハーバー Cold Harborと命名
◎1992/7 運用終了
LCU-1575 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後にジャンクション・シティ Junction Cityと命名
◎1990/5 運用終了
LCU-1577 ◎1967 陸軍に移管(5th Transportation Co. 所属)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet/69 Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Sanctuary Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Consolidation I)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Consolidation II)
◎後に運用終了
LCU-1579 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にRio Vistaにて運用(481st Transportation Company (Heavy Boat)所属)
◎後にブル・ラン Bull Runと命名
◎1988/5 運用終了
LCU-1580 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後にヴェラクルス Veracruzと命名
◎1990/4 運用終了
LCU-1581 ◎1967 陸軍に移管(329th Heavy Boat Company所属)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase I)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Vietnamese Counteroffensive - Phase V)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Vietnamese Counteroffensive - Phase VI)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet/69 Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Spring 1970)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Sanctuary Counteroffensive)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase VII)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Consolidation I)
◎後に運用終了
LCU-1583 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1972 ヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後にチャタヌーガ Chattanoogaと命名
◎1990/9 運用終了
LCU-1584 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始
◎後に運用終了
LCU-1585 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後に運用終了
LCU-1586 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にチュニジア Tunisiaと命名
◎1990/9 運用終了
LCU-1587 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1972 ヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後にチカモーガ Chattanoogaと命名
◎1991/6 運用終了
LCU-1588 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴェトナムにて運用開始(南ヴェトナム海軍が運用)
◎後に運用終了
LCU-1589 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にヴェトナムにて運用
◎後に運用終了
LCU-1590 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1972/2 ヴェトナムにて運用開始(329th Transportation Company所属)
◎後にスポットシルヴェニア Spotsylvaniaと命名
◎1990 運用終了
LCU-1591 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にヴァイパー Viperと命名
◎1990/4 運用終了
◎1991/10 コロンビアに貸与されMorrosquilloと改名
LCU-1592 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎後にフォート・リノ Fort Renoと命名
◎1990/4 運用終了
◎1991/9/18 コロンビアに貸与されBahia Portete(249)と改名
LCU-1593 ◎1952会計年度に発注
◎1954 起工、進水、運用開始
◎1962 キューバへの侵攻に割り当てられる(329th Transportation Co. 所属)
◎後にヴェトナムにて運用(97th Transportation Co. 所属)
◎1971/7 南ヴェトナムに貸与


※データは汎用揚陸艇LCU-1610級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マナッサス Manassas LCU-1667 General Ship 1974 ◎1973会計年度に発注
ベロー・ウッド Belleau Wood LCU-1668 General Ship 1974 ◎1973会計年度に発注
マルセイユ Marseilles LCU-1669 General Ship 1974 ◎1973会計年度に発注
サン・イシドロ San Isidro LCU-1670 General Ship 1974 ◎1973会計年度に発注
カトーバ・フォード Catwba Ford LCU-1671 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
ブッシュ・マスター Bush Master LCU-1672 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
ダブル・イーグル Double Eagle LCU-1673 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
セント・マイケル St. Mihiel LCU-1674 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
コマンド Commando LCU-1675 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
バーミンガム Birmingham LCU-1676 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
ブランディワイン Brandywine LCU-1677 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
ナーハ Naha LCU-1678 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注
シャトー・ティエリー Chateau Thierry LCU-1679 General Ship 1975 ◎1974会計年度に発注


満載排水量:1,102t 全長:53.0m 幅:12.80m 吃水:2.60m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:2,500馬力 速力:11.5kt 乗員:12名(車両/物資350tを塔載)
↑ARABIAN GULF (Dec. 23, 2010) - U.S. Army landing craft utility USAV Molino Del Rey (LCU-2029) prepares to perform a stern gate transfer with the amphibious dock landing ship USS Carter Hall (LSD-50). Carter Hall is part of the Kearsarge Amphibious Ready Group supporting maritime security operations and theater security cooperation efforts in the U.S. 5th Fleet area of responsibility. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Kristin L. Grover. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ラニミード Runnymede LCU-2001(T01) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/2/21
ケネソー・マウンテン Kennesaw Mountain LCU-2002(T02) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/5/9
メーコン Macon LCU-2003(T03) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/3/23
アルディー Aldie LCU-2004(T04) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/2/23
ブランディー・ステーション Brandy Station LCU-2005(T05) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/5/18
ブリストー・ステーション Bristoe Station LCU-2006(T06) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/6/27
ブロード・ラン Broad Run LCU-2007(T07) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/6/27 ◎2011/6/27 横須賀のDrydock No. 1にて入渠(〜2011/7/1)
◎2016夏 横浜ノースドックDバースにてレドームを新設する等マスト周辺、艦橋後方の改修工事(〜2016秋)
ブエナ・ヴィスタ Buena Vista LCU-2008(T08) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/7/18
カラボザ Calaboza LCU-2009(T09) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/7/23 ◎2011/7/6 横須賀のDrydock No. 1にて入渠(〜2011/7中旬)
◎2016夏 横浜ノースドックDバースにてレドームを新設する等マスト周辺、艦橋後方の改修工事(〜2016秋)
セダー・ラン Cedar Run LCU-2010(T10) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/8/21 ◎2006/10中旬 横浜工作所にて修理(〜2007/3中旬)
チカホーミニー Chickahominy LCU-2011(T11) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/9/18
チカソー・ベイヨー Chickasaw Bayou LCU-2012(T12) トリニティモス・ポイント・マリーン 1990/11/6 ◎2007/8上旬 横浜工作所にて修理
チャルバスコ Churubusco LCU-2013(T13) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/2/26
コアモ Coamo LCU-2014(T14) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/1/4 ◎2007/10 住友重機械横須賀製作所にて入渠
カントレラス Contreras LCU-2015(T15) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/3/12 ◎2007/10 住友重機械横須賀製作所にて入渠
コーリンス Corinth LCU-2016(T16) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/4/9
エル・ケニー El Caney LCU-2017(T17) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/4/19
ファイヴ・フォークス Five Forks LCU-2018(T18) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/5/21
フォート・ドネルソン Fort Donelson LCU-2019(T19) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/6/11
フォート・マクヘンリー Fort McHenry LCU-2020(T20) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/8/2 ◎2009/1中旬 住友重機械横須賀製作所にてメンテナンス
◎2016/11中旬 横浜ノースドックDバースにてレドームを新設する等マスト周辺、艦橋後方の改修工事(〜2017/2)
グレート・ブリッジ Great Bridge LCU-2021(T21) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/8/9
ハーパーズ・フェリー Harpers Ferry LCU-2022(T22) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/10/18 ◎2016/3末 横浜ノースドックDバースにてレドームを新設する等マスト周辺、艦橋後方の改修工事(〜2017/6初め)
ホブキリク Hobkirk LCU-2023(T23) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/10/28
ホーミゲロス Hormigueros LCU-2024(T24) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/12/3
マルヴァーン・ヒル Malvern Hill LCU-2025(T25) トリニティモス・ポイント・マリーン 1991/12/19
マタモロス Matamoros LCU-2026(T26) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/2/6
メカニックスヴィル Mechanicsville LCU-2027(T27) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/3/2
ミッショナリー・リッジ Missionary Ridge LCU-2028(T28) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/3/20
モリノ・デル・リー Molino Del Rey LCU-2029(T29) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/5/11
モントリー Monterrey LCU-2030(T30) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/5/15
ニュー・オーリンズ New Orleans LCU-2031(T31) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/6/1
パロ・アルト Palo Alto LCU-2032(T32) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/6/9
ポーラス・フック Paulus Hook LCU-2033(T33) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/9/17
ペリーヴィル Perryville LCU-2034(T34) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/9/16
ポート・ハドソン Port Hudson LCU-2035(T35) トリニティモス・ポイント・マリーン 1992/9/16 2014/5中旬? 左舷減速機故障、後に那覇軍港にて修理(〜2014/9)
◎2016/11中旬 横浜ノースドックDバースにてレドームを新設する等マスト周辺、艦橋後方の改修工事(〜2017/2)
サケッツ・ハーバー Sackets Harbor LCU-2036(T36) トリニティモス・ポイント・マリーン ◎未着手のまま建造中止
セイラーズ・クリーク Sayler's Creek LCU-2037(T37) トリニティモス・ポイント・マリーン ◎未着手のまま建造中止


Update 17/07/04