DE
護衛駆逐艦、護衛艦

※駆逐艦籍 Destroyersの護衛駆逐艦 Destroyer Escortはのちに護衛艦 Escort Vesselと名称が変更される。1949年に哨戒艦艇籍 Patrol Shipsに編入され護衛艦 Escort Shipと名称が変更される。1968年8月14日に航洋護衛艦艇籍 Ocean Escortsに編入。1975年6月30日にフリゲイト籍 Frigatesに編入、フリゲイト Frigateと名称が変更される。PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:1,140t(DE-272、DE-273は1,150t) 満載排水量:1,360t(1,430tともいわれる) 全長:88.21m 幅:10.69m(DE-7、DE-33、DE-265、DE-272、DE-276は10.66m、DE-8、DE-22、DE-25、DE-39〜DE-41、DE-45、DE-256、DE-257、DE-308は10.71m) 吃水:2.51m(平均、DE-8、DE-13、DE-22、DE-25、DE-34、DE-40、DE-41、DE-45、DE-256、DE-257、DE-270、DE-308は3.35m、DE-15は3.02m(満載時)、DE-42、DE-43、DE-271、DE-273は3.60m、DE-276は3.17m) 主機/軸数:ジェネラル・モータース式モデル16-278Aディーゼル4基、発電機4基、電動機4基(ディーゼル電気推進方式)/2軸 出力:6,000馬力 速力:19.0kt(21.0ktともいわれる、DE-6、DE-22、DE-273、DE-276は19.5kt、DE-15は20.0kt、DE-25、DE-45、DE-256、DE-257、DE-517、DE-518、DE-520は21.5kt、DE-304、DE-308は22.0kt) 燃料搭載量(計画):ディーゼル油126t 航続力:12ktで6,000浬 兵装:50口径76o単装砲3基、40o連装機銃1基(DE-8、DE-13、DE-15、DE-45、DE-256、DE-257は40o連装機銃2基)、75口径28o4連装機銃1基(DE-6、DE-7、DE-10、DE-11、DE-19〜DE-31、DE-33〜DE-44、DE-47〜DE-50、DE-256〜DE-265、DE-280、DE-301〜DE-315、DE-527〜DE-530)、20o単装対空機銃9基、ヘッジホッグ1基、爆雷投射機8基、爆雷投下軌条2条 乗員:156名(士官15名、下士官兵183名ともいわれる、DE-15、DE-256は士官、下士官兵合わせて199名、DE-260、DE-262は士官、下士官兵合わせて114名、DE-271、DE-517は士官、下士官兵合わせて198名、DE-258は士官、下士官兵合わせて186名)
※GMT(GM Tandem Diesel, the original half-powered short-hull)型
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、1234567891011121314
↑USS Cabana (DE-260). Off the Mare Island Navy Yard, 18 May 1945. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.

↑Image courtesy of Shipbucket.
※緑枠は諸外国に貸与され戦後返還された艦
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベインタン Bayntun DE-1 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/22 1945/10/19 1945/11/1 ◎1945/8/22 Harwichにてイギリスより返還、艦種を護衛駆逐艦(DE-1)に改める
◎1947/2/22(1947/6/17?) 解体のため、ニュー・ジャージのThomas Harris Barkerに売却
バゼリー Bazely DE-2 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/20 1945/10/22 1945/11/16 ◎1945/8/20 Chathamにてイギリスより返還、艦種を護衛駆逐艦(DE-2)に改める
◎除籍後、フィラデルフィア海軍工廠にて解体(〜1946/5/28)
エヴァーツ Evarts DE-5 チャールズタウン海軍工廠 1943/4/5
(1943/4/15?)
1945/10/2 1945/10/25
(1946/7/12?)
◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-5)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-5)に改め、エヴァーツと命名
◎1946/7/12 解体のため売却
◎Convoy UGS-40.
ワイフェルス Wyffels DE-6 チャールズタウン海軍工廠 1943/4/21 1945/8/28 1948/3/28 ◎1943/1/25 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-6)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-6)に改める
◎1943/2/19 ワイフェルスと命名
◎1943/6 ノーフォークにて入渠
◎1945/8/28 中国国民党に貸与されTai Kang(T'ai Kang?、F21)と改名
◎1949/7 蒋介石を乗せて台湾に逃れる
◎1972 除籍、解体のため売却
◎Convoy UGS-40.
グリスウォルド Griswold DE-7 チャールズタウン海軍工廠 1943/4/28 1945/11/19 1945/12/5 ◎1942/11/27 起工
◎1943/1/9 進水
◎1944 メア・アイランドにてオーヴァーホール(〜1944/6)
◎1946/11/27(1946/12/2?) 解体のため、シアトルのDulien Steel Productsに売却
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
☆DE-7の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/12/23 日本海軍伊号第三九潜水艦(ガダルカナルにて撃沈)
(←日本海軍巡潜乙型(伊号一五型潜水艦))
スティール
12
Steele DE-8 チャールズタウン海軍工廠 1943/5/4 1945/11/19 1945/12/5 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-8)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-8)に改め、スティールと命名
◎1943/6下旬 ボストンにてPSA
◎1944/1上旬 メア・アイランドにて修理(〜1944/2上旬)
◎1944/5 クェゼリンにて修理改装
◎1946/12/2 解体のため売却
◎Saipan, Palau, Philippines Raids Sep 1944.
カールソン Carlson DE-9 チャールズタウン海軍工廠 1943/5/10 1945/12/10 1946/1/3 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-9)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-9)に改め、カールソンと命名
◎1944/5 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1946/10/17 解体のため売却
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945. Tokyo Bay.
ビーバス Bebas DE-10 チャールズタウン海軍工廠 1943/5/15 1945/10/18 1945/11/1 ◎1943/1/25 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-10)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-10)に改める
◎1943/2/19 ビーバスと命名
◎ボストンにて就役
◎1943/6/24 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理(〜1943/6/29)
◎1944/4 ハンターズ・ポイントにてオーヴァーホール
◎1944晩秋 Espiritu Santoにて修理
◎1947/1/8 解体のため、サン・フランシスコのパシフィック・ブリッジ社に売却
◎Palau, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
クロウター Crouter DE-11 チャールズタウン海軍工廠 1943/5/25 1945/11/30 1945/12/19 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-11)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-11)に改め、クロウターと命名
◎1943/1/26 進水
◎1944春 西海岸にてオーヴァーホール
◎1946/11/25 解体のため売却
◎1947 解体
◎Okinawa
ブレナン
12
Brennan DE-13 メア・アイランド海軍工廠 1943/1/20 1945/10/9 1945/10/24 ◎1943/1初め(1943/1/25?) イギリス向け護衛駆逐艦ベンティンク Bentinck(BDE-13)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-13)に改める
◎1943/1/6(1943/1/25?) ブレナンと改名
1944/5/2 キューバ北方海域にて商船Gulfmaidと衝突し損傷
◎1944/7 チャールストンにて修理改装
◎1945/9中旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて不活性化工事
◎1946/7/12 解体のため売却
ドハーティ Doherty DE-14 メア・アイランド海軍工廠 1943/2/6 1945/12/14 1946/1/8 ◎1943/1/6 イギリス向け護衛駆逐艦ベリー Berry(BDE-14)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-14)に改め、ドハーティと改名
◎1944/9末 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1946/12/26 解体のため売却
オースチン Austin DE-15 メア・アイランド海軍工廠 1943/2/13 1945/12/21 1946/1/8 ◎1943/1/25 イギリス向け護衛駆逐艦ブラックウッド Blackwood(BDE-15)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-15)に改める
◎1943/2/19 オースチンと改名
◎1943/9下旬(1944/9下旬?) サン・フランシスコにてオーヴァーホール(〜1943/11/17(1944/11/17?))
◎退役後、ターミナル・アイランド海軍造船所にて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、ターミナル・アイランド海軍造船所にて解体
◎1947/1/9 解体終了
エドガー G. チェイス
12
Edgar G. Chase DE-16 メア・アイランド海軍工廠 1943/3/20 1945/10/16 1945/11/1 ◎1943/2/19 イギリス向け護衛駆逐艦バージェス Burges(BDE-16)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-16)に改め、エドガー G. チェイスと改名
◎1947/3/18 解体のため売却
エドワード C. デイリー Edward C. Daly DE-17 メア・アイランド海軍工廠 1943/4/3 1945/12/20 1946/1/8 ◎1943/2/19 イギリス向け護衛駆逐艦バード Byard(BDE-17)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-17)に改め、エドワード C. デイリーと改名
◎1943秋 サン・フランシスコにて修理
◎1945/1下旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/1/8 解体のため売却
ギルモア Gilmore DE-18 メア・アイランド海軍工廠 1943/4/17 1945/12/29 1946/1/21 ◎1943/2/19 イギリス向け護衛駆逐艦ハルダー Halder(BDE-18)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-18)に改め、ギルモアと改名
◎1945/1 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/3/4)
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1947/2/1 解体のため売却
☆DE-18の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/4/26 日本海軍伊号第一八〇潜水艦(Kodiakにて撃沈)
バードン R. ヘイスティングス Burden R. Hastings DE-19 メア・アイランド海軍工廠 1943/5/1 1945/10/25 1945/11/13 ◎1943/1/25(1943/2/19?) イギリス向け護衛駆逐艦ダックワース Duckworth(BDE-19)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-19)に改め、バードン R. ヘイスティングスと改名
◎1943/7下旬 サン・フランシスコにて修理、改装
◎1943/8 真珠湾にて修理改装
◎1943/10 真珠湾にて修理改装
◎1944/2中旬 真珠湾にて修理改装
1944/6/16 エニウェトク東方海域にて自艦の放った爆雷の爆発振動により損傷
◎1944/6下旬 真珠湾にて修理改装(〜1944/7/4)
◎1944/8/31 サン・フランシスコ海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1944/11中旬 真珠湾にて修理改装
◎1945/10/25 保管
◎除籍後、解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却
◎1947/2/1 引き渡される
◎Gilbert Is., Kwajalein, Palau-Yap Raids Mar 1944.
☆DE-19の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/6/16 日本海軍呂号第四四潜水艦(エニウェトク東方海域にて撃沈)
ルハーディ LeHardy DE-20 メア・アイランド海軍工廠 1943/5/15 1945/10/25 1945/11/13 ◎1943/2/19 イギリス向け護衛駆逐艦ダフ Duff(BDE-20)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-20)に改め、ルハーディと改名
◎1945/1下旬 シアトルにてオーヴァーホール
◎1946/12/26 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok.
ハロルド C. トーマス Harold C. Thomas DE-21 メア・アイランド海軍工廠 1943/5/31 1945/10/26 1945/11/28 ◎イギリス向け護衛駆逐艦エッシントン Essington(BDE-21)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-21)に改め、ハロルド C. トーマスと改名
◎1944初め 修理改装
◎1945/1下旬 サン・ディエゴにて修理
◎1946/11/25 解体のため、サン・フランシスコのパシフィック・ブリッジ社に売却
◎1947/3/26 解体終了
◎Gilbert Is., Kwajalein.
ワイルマン
12
Wileman DE-22 メア・アイランド海軍工廠 1943/6/11 1945/11/16 1945/11/28 ◎1943/1/25 イギリス向け護衛駆逐艦フォリー Foley(BDE-22)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-22)に改める
◎1943/2/19 ワイルマンと改名
◎1945/1/31 ターミナル・アイランドにて修理、改装(〜1945/4中旬)
◎1947/1/8 解体のため、サン・フランシスコのパシフィック・ブリッジ社に売却
◎1947/3/26 解体終了
◎Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Tenian.
チャールズ R. グリーア Charles R. Greer DE-23 メア・アイランド海軍工廠 1943/6/25 1945/11/2 1945/11/16 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-23)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-23)に改め、チャールズ R. グリーアと命名
◎1945/4 西海岸にてオーヴァーホール
◎1947/2/1 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein.
ホイットマン Whitman DE-24 メア・アイランド海軍工廠 1943/7/3 1945/11/1 1945/11/16 ◎1943/1/7 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-24)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-24)に改め、ホイットマンと命名
◎1943/1/19 進水
◎メア・アイランドにて就役
◎1943夏 サン・ディエゴにてPSA
◎1944/1 真珠湾海軍工廠にてエンジン修理
◎1944/3 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/5)
◎1947/1/31 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却され引き渡される
◎1948/3/20 解体終了
◎Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Tenian.
ウィントル Wintle DE-25 メア・アイランド海軍工廠 1943/7/10 1945/11/15 1945/11/28 ◎1943/6/4 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-25)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-25)に改める
◎1943/6/14 ウィントルと命名
◎1943/8初め メア・アイランドにて修理改装
1944/1/3 真珠湾にて護衛駆逐艦デンプシー(DE-26)と衝突し損傷
◎1944/1/4 真珠湾にて修理
◎1945/7下旬 メア・アイランド海軍工廠にて修理
◎1945/8/18 修理中止
◎1947/8/25 解体のため、Union Minerals & Alloys Corp. に売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Palau.
デンプシー Dempsey DE-26 メア・アイランド海軍工廠 1943/7/24 1945/11/22 1945/11/28 ◎1943/6/14 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-26)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-26)に改め、デンプシーと命名
◎1943/12上旬 真珠湾にて修理
1944/1/3 真珠湾にて護衛駆逐艦ウィントル(DE-25)と衝突し損傷
◎1947/4/18 解体のため売却
◎Palau, Gilbert Is., Kwajalein.
ダフィー Duffy DE-27 メア・アイランド海軍工廠 1943/8/5 1945/11/9 1945/11/28 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-27)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-27)に改め、ダフィーと命名
◎1947/6/16(1947/7/27?) 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein.
エメリー Emery DE-28 メア・アイランド海軍工廠 1943/8/14 1945/11/15 1945/11/28 ◎1943/6/14 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-28)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-28)に改め、アイスナーと命名
◎1943/7/14 エメリーと改名
◎1944/11 ウルシーにてオーヴァーホール
◎1947/7/21 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Palau, Iwo Jima.
スタットフェルト Stadtfeld DE-29 メア・アイランド海軍工廠 1943/8/26 1945/11/15 1945/11/28 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-29)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-29)に改め、スタットフェルトと命名
◎1943初秋 修理改装
◎1944/4中旬? Espiritu Santoにて修理改装
◎1945/7/20 メア・アイランドにてオーヴァーホール(〜1945/8/16中断)
◎1947/7/22 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Palau, Iwo Jima.
マーチン Martin DE-30 メア・アイランド海軍工廠 1943/9/4 1945/11/19 1945/12/5 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-30)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-30)に改める
◎1943/6/23 マーチンと命名
◎1947/5/15 解体のため、ウィルミントンのウィルミントン・トランスポーテーション社に売却
◎1947/6/3 ウィルミントン・トランスポーテーション社に引き渡される
◎Kwajalein.
シーダーストロム Sederstrom DE-31 メア・アイランド海軍工廠 1943/9/11 1945/11/15 1945/11/28 ◎1943/6/4 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-31)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-31)に改め、ギレッテと命名
◎1943/6/15 進水
◎1943/7/30 シーダーストロムと改名
◎1944/8下旬 真珠湾にて修理
1945/3/25 沖縄海域にて護衛航空母艦サンガモン Sangamon(CVE-26)と衝突し損傷
◎1945/7/26 ピュージェット・サウンドにて弾薬を撤去
◎1945夏 シアトルのトッド造船所にてオーヴァーホール
◎1948/1/21 解体のため、ニュー・ヨークのA. G. Schoonmaker Co., Inc. に売却
◎Kwajalein, Saipan, Guam, Tinian, Iwo Jima, Okinawa.
フレミング Fleming DE-32 メア・アイランド海軍工廠 1943/9/18 1945/11/10 1945/11/28 ◎1942/12/24 起工
◎1943/6/14 フレミングと命名
◎1943/6/16 進水
◎1944/5/19 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1944/6/7)
◎1948/1/29 解体のため売却
◎Kwajalein, Okinawa, Guam.
☆DE-32の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/1/18 日本海軍伊号第三六二潜水艦(トラック北東海域にて撃沈)
ティスデイル
12
Tisdale DE-33 メア・アイランド海軍工廠 1943/10/11 1945/11/17 1945/11/28
(1946/11/28?)
◎1943/6/23 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-33)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-33)に改め、ティスデイルと命名
◎1943/6/28 進水
◎1944/2中旬 真珠湾にて修理(〜1944/3初め)
◎1944/5中旬 真珠湾にて修理(〜1944/5下旬)
◎1948/2/2 解体のため、ニュー・ヨークのA. G. Schoonmaker Co., Inc. に売却
◎1948/3 解体
◎Kwajalein, Saipan, Tinian, Guam, Okinawa.
アイセル Eisele DE-34 メア・アイランド海軍工廠 1943/10/18 1945/11/16 1945/11/28 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-34)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-34)に改め、アイセルと命名
◎1943/6/29 進水
◎1948/1/29 解体のため売却
◎Guam, Okinawa.
フェア Fair DE-35 メア・アイランド海軍工廠 1943/10/23 1945/11/17 1945/11/28 ◎1943/2/24 起工
◎1943/7/27 進水
◎1944/9上旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1945/7 西海岸にてオーヴァーホール
◎1947/5/20 陸軍に移管、カナダがカリブ海にて実験に使用
◎1948 海軍に移管
◎1949 解体のため売却
◎Kwajalein, Saipan, Philippine Sea, 2nd Bonins Raid, Guam, Tinian, Okinawa.
☆DE-35の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/2/4 日本海軍伊号第一七五潜水艦もしくは呂号第三九潜水艦(Jaluit北西海域にて撃沈(駆逐艦チャレット Charrette(DD-581)と共同で))
マンラヴ Manlove DE-36 メア・アイランド海軍工廠 1943/11/8 1945/11/16 1945/11/28 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-36)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-36)に改め、マンラヴと命名
◎1943/7/28 進水
◎1943/11 サン・フランシスコにて修理
◎1944/8末 真珠湾にて修理
1945/4/11 沖縄海域にて日本軍機の攻撃により損傷、後にグアムにて修理
◎1947/12/4 解体のため、ニュー・ヨークのA. G. Schoonmaker Co. に売却
◎Guam, Tinian, Okinawa, Kwajalein, Saipan.
☆DE-36の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/3/24 日本海軍伊号第三二潜水艦(Wotje南方海域にて撃沈(駆潜艇(鋼製船体)PC-1135と共同で))
(←日本海軍巡潜乙型(伊号一五型潜水艦))
グライナー Greiner DE-37 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/8/18 1945/11/19 1945/12/5 ◎イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-37)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-37)に改め、グライナー Greinerと命名
◎1944/7 真珠湾にて修理
◎1945/2/10 J. G. Berkwit & Co. に売却
◎1947/2/11 売却
◎Gilbert Is., Saipan, Fleet Raids 1945.
ワイマン Wyman DE-38 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/9/1 1945/12/17 1946/1/8 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-38)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-38)と改める
◎1943/6/23 ワイマンと命名
◎1945/7中旬? サン・フランシスコにてオーヴァーホール(〜1945/8/17中断)
◎除籍後、装備を撤去
◎1947/4/16 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・スチール&メタル社に売却
◎1948/3/14 解体終了
◎TG 12.2, Philippines Raids Sep 1944, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Okinawa.
☆DE-38の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/7/19 日本海軍伊号第五潜水艦もしくは呂号第四八潜水艦(グアム東方海域にて撃沈)
・1944/7/28 日本海軍伊号第五五潜水艦(テニアン東方海域にて撃沈(護衛駆逐艦レイノルズ(DE-42)と共同で))
ラヴァーリング Lovering DE-39 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/9/11
(1943/9/17?)
1945/10/16 1945/11/1 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-39)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-39)と改める
◎1943/6/18 進水
◎1944/7下旬 真珠湾にて入渠
◎1945/7末? サン・ペドロにてオーヴァーホール
◎1945/8/17 オーヴァーホール中止
◎1945/9/6 ターミナル・アイランドへ曳航
◎1946/12/31 解体のため、ニュー・ヨークのHugo Neuに売却
◎Eniwetok, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Okinawa.
サンダース Sanders DE-40 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/10/1 1945/12/12 1946/1/8 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-40)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-40)と改める
◎1943/6/18 進水
◎1945/7中旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/5/8 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・スチール&メタル社に売却
◎Philippine Sea, Saipan, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Okinawa, Palau.
ブラケット Brackett DE-41 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/10/18 1945/12/23 1945/12/5 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-41)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-41)と改め、ブラケットと命名
◎1943/8/1 進水
◎1943/11中旬? PSA(〜1943/12/15)
◎1945/7中旬 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1945/8 装備を撤去
◎1947/5/22 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・スチール&メタル社に売却
◎Kwajalein, Saipan, Fleet Raids 1945.
レイノルズ Reynolds DE-42 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/11/1 1945/12/5 1945/12/19 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-42)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-42)と改める
◎1943/6/23 レイノルズと命名
◎1943/8/1 進水
◎1947/4/28 解体のため、サン・フランシスコのJohn L. Keyに売却
◎Kwajalein, TG 12.2, Palau, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
☆DE-42の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/7/28 日本海軍伊号第五五潜水艦(テニアン東方海域にて撃沈(護衛駆逐艦ワイマン(DE-38)と共同で))
ミッチェル Mitchell DE-43 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/11/7
(1943/11/17?)
1945/12/29 1945/12/29 ◎1943/6/16 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-43)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-43)と改める
◎1943/6/23 ミッチェルと命名
◎1943/8/1 進水
1944/12/3 鯨と衝突し音響機器を損傷、後にウルシーの大型修理浮きドック(非自走)第15号(ARD-15)にて修理
◎1946/12/11 解体のため、シアトルのピュージェット・サウンド・ナヴィゲーション社に売却
◎Saipan, Guam, Tinian, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Balikpapan, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ドナルドソン Donaldson DE-44 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1943/12/1 1945/12/5 1945/12/19 ◎後にイギリス向け護衛駆逐艦(BDE-44)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-44)と改め、ドナルドソン Donaldsonと命名
1944/12/18 フィリピン海にて台風により損傷
◎1944/12/24 ウルシーにて修理(〜1945/1/12)
1945/6/5 台風により損傷
◎1946/7/2 解体のため売却
◎TG 12.2, Palau, Luzon Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Balikpapan.
アンドレス Andres DE-45 フィラデルフィア海軍工廠 1943/3/15 1945/10/18 1945/11/1 ◎1943/1/25 イギリス向け護衛駆逐艦キャペル Capel(BDE-45)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-45)と改める
◎1943/3/4 アンドレスと改名
◎後に艤装、改装
◎1943/5上旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理改装
◎1943夏? マイアミにて駆潜艇訓練学校(SCTS)の練習艦となる(〜1944/11/28)
◎1944/3/19 チャールストン海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/3/29)
◎1944/6/25 チャールストン海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/7/1)
◎1944/10/16 チャールストン海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/10/26)
◎1945/7下旬? マイアミの海軍訓練センターにて練習艦となる(〜1945/9/8)
◎1945/9上旬 チャールストン海軍造船所にて不活性化工事
◎1946/2/14 解体のため売却
◎1946/2 解体
デッカー Decker DE-47 フィラデルフィア海軍工廠 1943/5/3 1945/8/28 1948/3/12 ◎1943/3/4 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-47)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-47)と改め、デッカーと命名
◎1944? チャールストンにてオーヴァーホール
◎1945/8/28 中国国民党に貸与されTai Ping(Taiping?)と改名
1954/11/14 Tachen Islands沖にて中国人民解放軍海軍の魚雷艇の攻撃により沈没
◎Convoy UGS-40.
ダブラー Dobler DE-48 フィラデルフィア海軍工廠 1943/5/17 1945/10/2 1945/10/24 ◎後にイギリス向け護衛駆逐艦(BDE-48)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-48)と改め、ダブラーと命名
◎1943/7末? 練習艦となる(〜1943/8/27)
◎1946/7/12 解体のため売却
ドネフ Doneff DE-49 フィラデルフィア海軍工廠 1943/6/10 1945/12/19
(1945/12/22?)
1946/1/21 ◎1943/3/4 イギリス向け護衛駆逐艦(BDE-49)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-49)と改め、ドネフと命名
◎1945/1上旬? サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1945/9下旬? グアムにてオーヴァーホール(〜1945/10上旬)
◎1946/12/26(1947/1/9?) 解体のため売却
エンストロム Engstrom DE-50 フィラデルフィア海軍工廠 1943/6/21 1945/12/19 1946/1/8 ◎1943/3/4 イギリス向け護衛駆逐艦ドゥルリー Drury(BDE-50)をアメリカが取得、艦種を護衛駆逐艦(DE-50)と改め、エンストロムと改名
◎1945/1中旬 メア・アイランドにてオーヴァーホール
◎1946/12/26 解体のため売却
サイド Seid DE-256 チャールズタウン海軍工廠 1943/6/11 1945/12/14 1946/1/8 ◎1943/1/10 起工
◎1943/2/22 進水
◎1943/8中旬 ノーフォークにて練習艦となる
1943/12/5 ツラギ南方海域にて日本海軍潜水艦との戦闘により水中聴音器を損傷
◎1944/1/1 EfateのHavannah Harborにて修理
1944/1/7 Noumea北方海域にて台風により損傷
◎1944/1下旬 Port Purvisにて修理
◎1944/11/3 西カロリン諸島Kossol Passageにて修理(〜1944/11/12)
◎1945/2/1 修理改装(〜1945/2/10)
1945/4/4 沖縄海域にて水中聴音器故障
◎1945/4/6 慶良間列島にて水中聴音器修理
◎1945/4/9 修理中断
◎1945/4? グアムにて入渠、修理(〜1945/5中旬?)
◎1945夏 アプラ港にて練習艦となる
◎1947/1/8 解体のため、サン・フランシスコのパシフィック・ブリッジ社に売却
◎1947/4/17 解体
◎Palau, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa.
スマート Smartt DE-257 チャールズタウン海軍工廠 1943/6/18 1945/10/5 1945/10/24 ◎1943/1/10 起工
◎1943/2/22 進水
◎ボストンにて艤装
◎1943/8上旬 修理改装
◎退役後、保管
◎1946/7/12 解体のため売却
◎Convoy UGS-40.
ウォルター S. ブラウン Walter S. Brown DE-258 チャールズタウン海軍工廠 1943/6/25 1945/10/4 1945/10/24 ◎1943/1/10 起工
◎1943/2/22 進水
◎1944春? 修理改装
◎1946/2 ニュー・ヨーク海軍造船所にて解体(〜1946/7/12)
◎Convoy UGS-40.
ウィリアム C. ミラー William C. Miller DE-259 チャールズタウン海軍工廠 1943/7/2 1945/12/21 1946/1/8 ◎1943/1/10 起工
◎1943/2/22 進水
◎1943/7下旬? チャールズタウン海軍工廠にてPSA(〜1943/8/27)
◎1945/1 真珠湾海軍工廠にて修理(〜1945/2上旬)
◎退役後、メア・アイランド海軍造船所にて装備を撤去
◎1947/4/10 解体のため、ニュー・ヨークのFred Perryに売却
◎1947/11/19 解体
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Tinian, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
☆DE-259の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/7/14 日本海軍呂号第四八潜水艦(サイパン西方海域にて撃沈(他艦と共同で))
・1944/7/14 日本海軍伊号第六潜水艦(テニアンにて撃沈(他艦と共同で))
カバナ
12
Cabana DE-260 チャールズタウン海軍工廠 1943/7/9 1946/1/9 1946/1/21 ◎1943/1/27 起工
◎1943/3/10 進水
◎1945春 オーヴァーホール
◎1945/10? 真珠湾にて気象観測艦となる
◎1947/5/13 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Tinian, Palau, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ディオンヌ Dionne DE-261 チャールズタウン海軍工廠 1943/7/16 1946/1/18 1946/2/7 ◎1943/1/27 起工
◎1943/3/10 進水
◎1944/1中旬 真珠湾にて修理
◎1944/3/9 メア・アイランドにてオーヴァーホール(〜1944/4/8)
◎1945/4 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/6/12 解体のため売却
◎Gilbert Is., Kwajalein, Saipan, Guam, Tinian, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
キャンフィールド Canfield DE-262 チャールズタウン海軍工廠 1943/7/22 1945/12/21 1946/1/8 ◎1943/2/23 起工
◎1943/4/6 進水
◎1945春 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/6/12 解体のため売却
◎Kwajalein, Saipan, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ディード Deede DE-263 チャールズタウン海軍工廠 1943/7/29 1946/1/9 1946/1/21 ◎1943/2/23 起工
◎1943/4/6 進水
◎1944/9上旬? エニウェトクにてオーヴァーホール
◎1945春? サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/6/12 解体のため売却
◎Kwajalein, Philippine Sea, 2nd Bonins Raid, Saipan, Tinian, Guam, Palau, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
エルドン Elden DE-264 チャールズタウン海軍工廠 1943/8/4 1946/1/18 1946/2/7 ◎1943/2/23 起工
◎1943/4/6 進水
◎1944/11中旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1947/7/12 解体のため売却
◎Kwajalein, Saipan, Guam, Bonins-Yap Raids, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Surigao Strait, Iwo Jima, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
クラウス Cloues DE-265 チャールズタウン海軍工廠 1943/8/10 1945/11/26 1945/12/5 ◎1943/2/23 起工
◎1943/4/6 進水
◎1947/5/22 解体のため売却
◎Saipan, Guam, Fleet Raids 1945, Balikpapan.
ウィントル Wintle DE-266 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/2/23 ウィントルと命名
◎1943/3/11 起工
◎1943/4/22 進水
◎1943/8/16 イギリスに貸与されCapel(K.470)と改名
1944/12/26 シェルブール沖にてドイツ海軍潜水艦U486の雷撃により沈没
デンプシー Dempsey DE-267 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/3/11 起工
◎1943/4/22 進水
◎1943/8/23(1943/8/30?) イギリスに貸与されCooke(K.471)と改名
◎1946/3/5 イギリスより返還
◎1947/6/3(1947/6/10?) 解体のため売却
ダフィー Duffey DE-268 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/2/23 ダフィーと命名
◎1943/4/7 起工
◎1943/5/19 進水
◎1943/6/14 ダフィーという艦名をとる
◎1943/8/28 イギリスに貸与されDacres(K.472)と命名
◎1946/1/26 イギリスより返還
◎1946/12/14 解体のため売却
アイスナー Eisner DE-269 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/2/23 アイスナーと命名
◎1943/4/7 起工
◎1943/5/19 進水
◎1943/6/14 アイスナーという艦名をとる
◎1943/9/3 イギリスに貸与されDomett(K.473)と改名
◎1946/3/5 イギリスより返還
◎1947/6/3 解体のため売却
ギレッテ Gillette DE-270 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/22 1945/10/19 1945/11/1 ◎1942/1/25 ギレッテと命名
◎1943/4/7 起工
◎1943/5/19 進水
◎1943/9/8 イギリスに貸与されFoley(K.474)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/8/22 Harwichにてイギリスより返還
◎1946/6/19 解体のため売却
フレミング Fleming DE-271 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/20 1945/10/10 1945/11/1 ◎1943/2/23 フレミングと命名
◎1943/4/7 起工
◎1943/5/19 進水
◎1943/6/14 フレミングという艦名をとる
◎1943/7/13 イギリスに貸与
◎1943/9/13 Garlies(K.475)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/8/20 Chathamにてイギリスより返還
◎1947/7/18 解体のため、ニュー・ジャージーのThomas Harris Barkerに売却
ラヴァーリング Lovering DE-272 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/4/23 起工
◎1943/6/4 進水
◎1943/6/14 ラヴァーリングという艦名をとる
◎1943/9/18 イギリスに貸与されGould(K.476)と命名
1944/3/1 アゾレス諸島北方海域にてドイツ海軍潜水艦U358の雷撃により沈没
サンダース Sanders DE-273 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/20 1945/10/19 1945/11/1 ◎1943/2/23 サンダースと命名
◎1943/4/23 起工
◎1943/6/4 進水
◎1943/6/10(1943/6/19?) Grindall(K.477)と改名
◎1943/9/23 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1945/8/20 Chathamにてイギリスより返還
◎1946/5/28 フィラデルフィア海軍工廠にて解体
オトゥール O'Tool DE-274 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/5/20 起工
◎1943/7/8 進水
◎1943/9/28 イギリスに貸与されGardiner(K.478)と改名
◎1946/2/12 ボストンにてイギリスより返還
◎1946/12/10(1946/12/12?) 解体のため、Atlas Steel & Supply Co. に売却
◎1947 解体のため、AllianceのKulky Steel & Equip. Co. に再売却
◎1947/6 解体
リーボルド Reybold DE-275 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/5/20 起工
◎1943/7/8 進水
◎1943/10/4 イギリスに貸与されGoodall(K.479)と改名
1945/4/29 コラ入江にてドイツ海軍潜水艦U968の雷撃により損傷、放棄
◎1945/4/30 砲撃処分
ジョージ George DE-276 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/5/20 起工
◎1943/7/8 進水
◎1943/10/9 イギリスに貸与されGoodson(K.480)と改名
1944/6/25 シェルブール沖にてドイツ海軍潜水艦U984の雷撃により損傷
◎1945/10/21 イギリスより返還
◎1947/1/9 解体のため、ベルファーストのJohn Leeに売却
◎後にホワイトチャーチにて解体
ハーツォグ Herzog DE-277 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/5/20 起工
◎1943/7/8 進水
◎1943/10/14 イギリスに貸与されGore(K.481)と改名
◎1946/5/2 イギリスより返還
◎1946/6/10(1946/11/19?) 解体のため売却
ティスデイル Tisdale DE-278 チャールズタウン海軍工廠 1946/3/20 ◎1943/6/5 起工
◎1943/6/23 ティスデイルという艦名をとる
◎1943/7/17 進水
◎1943/10/19 イギリスに貸与されKeats(K.482)と命名
◎1946/2/27 イギリスより返還
◎1946/11/19 解体のため、ブルックリンのGeorge H. Nutmanに売却
トランピーター Trumpeter DE-279 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/20 1945/10/17 1945/11/1 ◎1943/5/27 トランピーターと命名
◎1943/6/5 起工
◎1943/6 Kempthorneと改名
◎1943/7/17 進水
◎1943/10/23 イギリスに貸与(K.483)
◎1945/8/20 イギリスより返還
◎除籍後、フィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎1946/5/28 解体終了
DE-280 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/22 1945/10/26 1945/11/16 ◎1943/7/9 起工
◎1943/8/13 進水
◎1943/10/29(1943/11/6?) イギリスに貸与されKingsmill(K.484)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/8/22 Harwickにてイギリスより返還
◎1947/2/17 解体のため売却
レイク Lake DE-301 メア・アイランド海軍工廠 1944/2/5 1945/12/3 1945/12/19 ◎1943/4/22 起工
◎1943/8/18 進水
◎1946/12/14 解体のため、シアトルのピュージェット・サウンド・ナヴィゲーション社に売却
◎Palau, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, Chia Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945.
ライマン Lyman DE-302 メア・アイランド海軍工廠 1944/2/19 1945/12/5 1945/12/19 ◎1943/4/22 起工
◎1943/8/18(1943/8/19?) 進水
1944/11/10 アドミラルティ諸島のシーアドラー湾にて給兵艦マウント・フッド Mount Hood(AE-11)の爆発事故により損傷
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷、後に修理
◎1946/12/26 解体のため、シアトルのピュージェット・サウンド・ナヴィゲーション社に売却
◎Palau, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945. Tokyo Bay.
クロウリー Crowley DE-303 メア・アイランド海軍工廠 1944/3/25 1945/12/3 1945/12/19 ◎1943/5/24 起工
◎1943/9/22 進水
◎1946/12/21 解体のため売却
◎Palau, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ロール Rall DE-304 メア・アイランド海軍工廠 1944/4/8 1945/12/11 1946/1/3 ◎1943/5/24 起工
◎1943/9/23 進水
1945/4/12 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、一時的な修理、Hagushi Beachにて修理
◎1945/4下旬 ウルシーにて修理
◎1945/5中旬 シアトルにて修理、オーヴァーホール
◎1947/3/18 解体のため売却
◎Palau, Iwo Jima, Okinawa.
ハロラン Halloran DE-305 メア・アイランド海軍工廠 1944/5/27 1945/11/2 1945/11/28 ◎1943/6/21 起工
◎1944/1/14 進水
◎後に入渠、艦底を再塗装
1945/6/21 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(至近弾)、後に慶良間列島にて修理
◎1947/3/7(1947/3/18?) 解体のため売却
◎Luzon Raids Oct 1944, Iwo Jima, Okinawa.
コノリー Connolly DE-306 メア・アイランド海軍工廠 1944/7/8 1945/11/2
(1945/11/22?)
1945/12/19 ◎1943/6/21 起工
◎1944/1/15 進水
1945/4/13 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1946/5/20(1947/3/18?) 解体のため売却
◎Iwo Jima, Okinawa.
フィネガン
1234
Finnegan DE-307 メア・アイランド海軍工廠 1944/8/19 1945/11/27 1945/12/19 ◎1943/7/5 起工
◎1944/2/22 進水
1945/2/19 硫黄島にて衝突し損傷
◎退役後、保管
◎1945/5/20(1946/6?) 解体のため売却
◎Iwo Jima, Okinawa.
☆DE-307の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/2/26 日本海軍伊号第三七〇潜水艦(硫黄島南方海域にて撃沈)
クリーマー
12
Creamer DE-308 メア・アイランド海軍工廠 ◎最初の予定艦名はレジスター Registerだった(1943/9/10改名)
◎1943/7/5 起工
◎1944/2/23 進水
◎1944/9/5 建造中止
◎1944/9/25 大型修理浮きドック(非自走)ARD-21にて入渠(〜1945/4/26)
◎1945/11/9 大型修理浮きドック(非自走)ARD-32にて入渠(〜1945/11/16)
◎メア・アイランドにて解体
エリー Ely DE-309 メア・アイランド海軍工廠 ◎1943/8/2 起工
◎1944/4/10 進水
◎1944/9/5 建造中止
◎1945/9/25 Drydock No. 1にて入渠(〜1945/10/3)
◎メア・アイランドにて解体
デルバート W. ハルゼー Delbert W. Halsey DE-310 メア・アイランド海軍工廠 ◎1943/8/2 起工
◎1944/4/11 進水
◎1944/9/5 建造中止
◎1945/9/25 Drydock No. 1にて入渠(〜1945/10/3)
◎メア・アイランドにて解体
ケプラー Keppler DE-311 メア・アイランド海軍工廠 ◎1943/8/23 起工
◎1944/3/13 建造中止
ロイド・トーマス Lloyd Thomas DE-312 メア・アイランド海軍工廠 ◎1943/8/23 起工
◎1944/3/13 建造中止
ウィリアム C. ロー William C. Lawe DE-313 メア・アイランド海軍工廠 ◎1944/1/22 起工
◎1944/3/13 建造中止
◎後に解体
ウィラード・キース Willard Keith DE-314 メア・アイランド海軍工廠 ◎1944/1/22 起工
◎1944/3/13 建造中止
DE-315 メア・アイランド海軍工廠 ◎1944/3/1 起工
◎1944/3/13 建造中止
DE-516 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/7/9 起工
◎1943/8/13 進水
◎1943/11/3 イギリスに貸与されLawford(K.514)と命名、イギリス海軍にて就役
1944/6/8 ノルマンディの“ジュノー・ビーチ”にてドイツ軍機の爆撃により沈没
DE-517 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/7/9 起工
◎1943/8/13 進水
◎1943/11/9 イギリスに貸与されLouis(K.515)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1946/3/20 フィラデルフィアにてイギリスより返還
◎1946/6/17 ペンシルヴェニア州に売却
DE-518 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/7/9 起工
◎1943/8/13 進水
◎1943/11/15 イギリスに貸与されLawson(K.516)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1946/3/20 フィラデルフィアにてイギリスより返還
◎1947/1/31 解体のため売却
DE-519 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/20 1945/10/26 1945/11/16 ◎1943/7/18 起工
◎1943/8/30 進水
◎1943/10/19 Lindsay(K.564)と命名
◎後にPasleyと改名
◎1943/11/20 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1945/8/20 イギリスより返還
◎1946/6/19 解体
DE-520 チャールズタウン海軍工廠 ◎1943/7/18 起工
◎1943/8/30 進水
◎1943/11/20(1943/11/27?) イギリスに貸与されLoring(K.565)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1947/1/7 イギリスより返還
◎1947/3/23(1947/3/25?) 解体のため、ギリシャの業者に売却
DE-521 チャールズタウン海軍工廠 1945/8/22 1945/10/23 1945/11/16 ◎1943/8/14 起工
◎1943/9/24 進水
◎1943/10/9 Mitchell(K.566)と命名
◎1943/11/5 Hosteと改名
◎1943/12/3 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/8/22 Harwichにてイギリスより返還
◎除籍後、フィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎1946/5/7 解体終了
DE-522 チャールズタウン海軍工廠 1945/12/5 ◎1943/8/14 起工
◎1943/9/24 進水
◎1943/12/10(1943/12/16?) イギリスに貸与されMoorsom(K.567)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1945/10/25 ニュー・ヨークにて退役、イギリスより返還
◎1946/7/12 解体
DE-523 チャールズタウン海軍工廠 1945/12/19 ◎1943/8/14 起工
◎1943/9/24 進水
◎1943/12/6(1943/12/16?) イギリスに貸与されManners(K.568)と命名、イギリス海軍にて就役
1945/1/26 Skerries西方海域にてドイツ海軍潜水艦U1051の雷撃により損傷、Barrow-in-Furnessへ曳航
◎1945/1/27 退役
◎1945/11/8 イギリスより返還
◎1946/12/3(1946/12/12?) 解体のため、AthensのAthens Piraeus Electricity Co., Ltd. に売却
◎1947 Piraeusにて解体
DE-524 チャールズタウン海軍工廠 1946/3/28 ◎1943/8/14 起工
◎1943/9/24 進水
◎1943/12/23 イギリスに貸与
◎1943/12/24 Mounsey(K.569)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/25 フィラデルフィアにて退役、イギリスより返還
◎1946/11/8 解体のため、フィラデルフィアのNorth American Smelting Co. に売却
◎1948/11/4 解体
DE-525 チャールズタウン海軍工廠 1946/4/17 ◎1943/9/25 起工
◎1943/11/2 進水
◎1943/12/29(1944/1/12?) イギリスに貸与されInglis(K.570)と命名
◎1946/3/20 イギリスより返還
◎1947/9/3 解体のため、オハイオ州のC. B. Baldridgeに売却
◎後に解体
DE-526 チャールズタウン海軍工廠 1946/3/20 ◎1943/9/25 起工
◎1943/11/2 進水
◎1944/1/13 イギリスに貸与されInman(K.571)と命名
◎1946/3/1 イギリスより返還
◎1946/11/19 解体のため、ブルックリンのG. H. Nutman, Inc. に売却
◎後に解体
オトゥール O'Toole DE-527 チャールズタウン海軍工廠 1944/1/22 1945/10/18 1945/11/1 ◎1943/9/25 起工
◎1943/11/2 進水
◎1944初め キー・ウェストにてFleet Sound Schoolの練習艦となる(〜1944/7/15)
◎1945/9上旬 チャールストンにて不活性化工事
◎1946/3/13 解体のため売却
ジョン J. パワーズ John J. Powers DE-528 チャールズタウン海軍工廠 1944/2/29 1945/10/16 1945/11/1 ◎1943/9/25 起工
◎1943/11/2 進水
◎1945/7下旬? マイアミにて練習艦となる
◎1946/2/14 チャールストン海軍造船所にて解体
メイソン
12
Mason DE-529 チャールズタウン海軍工廠 1944/3/20 1945/10/12 1945/11/1 ◎1943/10/14 起工
◎1943/11/17 進水
◎1945/1下旬? St. George's Harborにて修理
◎1945/7/28 マイアミの海軍訓練センターにて練習艦となる(〜1945/8/18)
◎1947/3/13(1947/3/18?
) 解体のため、BarberのThomas Harrisに売却
ジョン M. バーミンガム
12
John M. Bermingham DE-530 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/8 1945/10/12
(1945/10/16?)
1945/11/1 ◎1943/10/14 起工
◎1943/11/17 進水
◎1946/2(1946/3/13?) 解体のため売却


軽荷排水量:1,400t(DE-52、DE-71〜DE-73、DE-79は1,300t、DE-210は1,200t、DE-669は1,370t、DE-671、DE-673は1,390t、DE-672は1,450t) 満載排水量:1,740t(DE-668は1,650t) 全長:93.26m(DE-634は92.96m) 幅:11.22m(DE-54、DE-56、DE-57、DE-59、DE-60、DE-62、DE-63、DE-66、DE-68〜DE-70、DE-74、DE-76、DE-77、DE-89、DE-153、DE-198、DE-203、DE-210、DE-214、DE-221、DE-223、DE-572〜DE-577、DE-633〜DE-644、DE-668〜DE-673、DE-676は11.27m、DE-73、DE-79、DE-153、DE-161、DE-221〜DE-223、DE-668〜DE-673、DE-693〜DE-705、DE-789〜DE-800は11.20m、DE-97は10.97m、DE-578は10.92m) 吃水:2.89m(満載時4.11m、DE-52、DE-55、DE-71〜DE-73、DE-75、DE-77〜DE-79は3.27m、DE-53、DE-56、DE-57、DE-59、DE-60、DE-63、DE-66、DE-70、DE-74、DE-155〜DE-161、DE-198、DE-199、DE-201、DE-202、DE-204、DE-207〜DE-209、DE-211、DE-216、DE-217、DE-219、DE-220、DE-222、DE-572〜DE-574、DE-633〜DE-635、DE-638、DE-640〜DE-645、DE-665〜DE-667、DE-675は2.87m、DE-62、DE-200、DE-205、DE-668、DE-669、DE-671〜DE-673は3.83m、DE-68は4.19m、DE-154、DE-578は3.35m、DE-210は3.73m、DE-570、DE-571は2.74m、DE-670は3.96m) 主缶:フォスターホイーラー式水管缶(重油専焼)2基(DE-153、DE-154、DE-156〜DE-161、DE-198、DE-214〜DE-223、DE-789〜DE-800はバブコック&ウィルコックス式水管缶(重油専焼)、DE-155、DE-199〜DE-213、DE-633〜DE-644、DE-675〜DE-683、DE-693〜DE-705はコンバッション・エンジニアリング式水管缶(重油専焼)) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式タービン2基、発電機2基、電動機2基(ターボ電気推進方式)/2軸 出力:12,000馬力 速力(計画):24.0kt(DE-51〜DE-67、DE-69〜DE-98、DE-563〜DE-576、DE-578、DE-634、DE-637〜DE-638、DE-641、DE-644、DE-675〜DE-683は23.5kt、DE-68、DE-76、DE-77、DE-203、DE-221、DE-223、DE-636は23.6kt(公試)、DE-69、DE-153、DE-214、DE-577、DE-636、DE-639、DE-668、DE-672、DE-676は23.6kt、DE-642は23.0kt) 燃料搭載量(計画):重油378t 航続力(計画):12ktで6,000浬 兵装:50口径76o単装砲3基、40o連装対空機銃1基(DE-153)、40o単装機銃4基(DE-575〜DE-578)、75口径28o4連装機銃1基、20o単装対空機銃8基〜9基、533o3連装魚雷発射管1基(DE-71〜DE-98、DE-563〜DE-574、DE-576〜DE-578は搭載せず)、ヘッジホッグ1基、爆雷投射機8基、爆雷投下軌条2条 乗員:186名(士官15名、下士官兵198名ともいわれる、DE-52、DE-55、DE-71〜DE-75、DE-78、DE-79、DE-570、DE-571は士官、下士官兵合わせて200名、DE-68、DE-69、DE-76、DE-77、DE-89、DE-97、DE-153、DE-199、DE-203、DE-214、DE-221、DE-223、DE-575、DE-577、DE-636、DE-637、DE-676は士官、下士官兵合わせて213名、DE-154、DE-671〜DE-673は士官、下士官兵合わせて204名、DE-210は士官、下士官兵合わせて216名、DE-638、DE-668は士官、下士官兵合わせて205名、DE-669は士官、下士官兵合わせて374名)
※TE(Turbo-Electric, the long hull turbine)型
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12345678910111213141516171819202122232425262728

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バックリー Buckley DE-51 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/4/30 1946/7/3 1968/6/1 ◎1942/6/29(1942/7/21?) 起工
◎1943/1/9 進水
◎1943/7 練習艦となる(〜1944/4/22)
1944/5/6 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U66と衝突し損傷、U66を沈没させる
◎1944/5 チャールズタウン海軍工廠にて入渠、修理(〜1944/6/14)
◎退役後、保管
◎1949/4/26 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-51)に改める
◎1954/9/29 艦種を護衛艦(DE-51)に改める
◎1969/7 解体のため売却
◎TG 21.11.
☆DE-51の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/6 ドイツ海軍潜水艦U66(西アフリカにて損傷を与える)
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
・1945/4/19 ドイツ海軍潜水艦U879(ボストン東方海域にて撃沈(護衛駆逐艦ルーベン・ジェームズ(DE-153)と共同で))
ブル Bull DE-52 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/7 ◎1942/6/29 起工
◎1943/2/3(1943/3/2?) 進水
◎1943/5/19 イギリスに貸与されBentinck(K.314)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1946/1/5 イギリスより返還
◎1946/5/26(1946/6?) 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
チャールズ・ローレンス Charles Lawrence DE-53 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/5/31 1946/6/21 1964/9/1 ◎1942/8/1 起工
◎1943/2/16 進水
◎1943/5/31 引き渡される
◎1944/10/23 ニュー・ヨークで高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-37)に改める
ダニエル T. グリフィン Daniel T. Griffin DE-54 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/6/9 1946/5/30 1966/12/1 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/25 進水
◎1943/6/9 引き渡される
◎1944/10/23 ブルックリン海軍工廠で高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-38)に改める
ドナルドソン Donaldson DE-55 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/7 ◎1942/8/1 ドナルドソンと命名
◎1942/9/15(1942/10/15?) 起工
◎1943/3/6 進水
◎1943/4/26 ドナルドソンという艦名をとる
◎1943/6/18 イギリスに貸与されByard(K.315)と命名
◎1945/12/12 イギリスより返還
◎1946/11/5 解体のため、クリーヴランドのAtlas Steel & Supply Co. に売却
◎1946/12/8 解体のため、AllianceのKulka Steel & Equipment Co. に再売却
◎後に解体のため、サマーセットのBristol Engineering Co. に再売却
◎後に解体
ドネル Donnell DE-56 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/6/26 1945/10/23 1945/11/10
(1945/11/16?)
◎1942/11/27 起工
◎1943/3/13 進水
1944/5/3 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U473の雷撃により損傷(12)、後にDunnstaffnage Bayへ曳航(1944/5/12到着)
◎1944/6/20 Lisahallyにて保管、宿泊艦となる
◎1944/7/15 艦種を非分類雑役船(IX-182)に改める
フォッグ Fogg DE-57 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/7/7 1947/10/27 1965/4/1 ◎1942/12/4 起工
◎1943/3/20 進水
1944/12/20 アゾレス諸島北方海域にてドイツ海軍潜水艦U870の雷撃により損傷(1234
◎1944/12/23 アゾレス諸島へ曳航
◎1945/3中旬 ボストンにて修理
◎1945/7/1 フィラデルフィア海軍工廠でレーダー哨戒護衛艦に改装(〜1945/10/2)
◎1945秋? combat information center school shipの実習船となる(〜1947/7/26)
◎1947/10/27 保管
◎1949/3/18 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-57)に改める
◎1954/10/28 艦種を護衛艦(DE-57)に改める
◎1966/1/4 解体のため売却
◎後にポーツマスにて解体
フォアモー Formore DE-58 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/5 ◎1942/12/11 起工
◎1943/3/27 進水
◎1943/7/15 イギリスに貸与されCalder(K.349)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/10/19 ブルックリン海軍工廠にてイギリスより返還
◎1948/1/15 解体のため売却
フォス Foss DE-59 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/7/23 1957/10/30 1965/11/1 ◎1942/12/31 起工
◎1943/4/10 進水
◎1946 艦/岸の電力変換機器を装備
◎1947〜1948冬 ポートランドにて発電所故障のため、代理の発電所となる
◎1950/8 Cape Canaveral沖にてロケット発射実験の情報収集艦となる(〜1950/9)
◎退役後、メア・アイランド海軍造船所にて保管
◎1966/9/6 サン・ディエゴ海域にて攻撃型潜水艦サバロ Sabalo(SS-302)の標的として沈没
◎Korea.
ガントナー Gantner DE-60 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/7/23 1949/8/2 1966/1/15 ◎1942/12/31 起工
◎1943/4/17 進水
◎1943/7/29 引き渡される
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1945/2下旬 ニュー・ヨーク海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-42)に改める
ゲアリー Gary DE-61 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/21 ◎1943/1/16 起工
◎1943/5/1 進水
◎1943/8/4 イギリスに貸与されDuckworth(K.351)と改名
◎1945/12/17 イギリスより返還
◎1946/5/29 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
ジョージ W. イングラム George W. Ingram DE-62 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/11 1947/1/15 1967/1/1 ◎1943/2/6 起工
◎1943/5/8 進水
◎1943/8/11 引き渡される
◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-43)に改める
☆DE-62の撃沈スコア(以下の艦船)
・1943/12/13 ドイツ海軍潜水艦U172(北大西洋にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
アイラ・ジェフリー Ira Jeffery DE-63 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/15 1946/6/18 1960/6/1 ◎最初の予定艦名はジェフリー Jefferyだった(1943/7/29改名)
◎1943/2/13 起工
◎1943/5/15 進水
◎1943/8/15 引き渡される
◎1945/2中旬 ニュー・ヨーク海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-44)に改める
ラモンズ Lamons DE-64 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/9/17 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/22 進水
◎1943/8/23 イギリスに貸与されDuff(K.352)と改名
1944/11/30 オランダの海岸にて機雷により損傷、全損
◎1945/8/22 イギリスより返還
◎1946/10/26(1947/5?) 解体のため、オランダの業者に売却
◎後にオランダにて解体
リー・フォックス Lee Fox DE-65 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/30 1946/5/13 1964/9/1 ◎1943/3/1 起工
◎1943/5/29 進水
◎1943/8/30 引き渡される
1943/10/17 バミューダにて嵐により損傷(機関室出火)
1943/12/11 Cape Codにて嵐により損傷、後に修理
◎1945/2/21 ブルックリン海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1944/7/31(1945/2/23?) 艦種を高速輸送艦(APD-45)に改める
アメスベリー Amesbury DE-66 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/31 1946/7/3 1960/6/1 ◎1943/3/8 起工
◎1943/6/6 進水
◎1943/8/31 引き渡される
◎1943/9? チャールズタウン海軍工廠にてPSA
◎1944/7/31(1945/2/23?) フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/5中旬)、艦種を高速輸送艦(APD-46)に改める
◎Normandy.
DE-67 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/5 ◎1943/3/15 起工
◎1943/6/19 進水
◎1943/9/7 イギリスに貸与されEssington(K.353)と命名
◎1945/10/19 イギリスより返還
◎1947/12/22 解体のため売却
ベイツ Bates DE-68 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/12 1945/6/25 ◎1943/3/29 起工
◎1943/6/6 進水
◎1943/9/12 引き渡される
◎1944/6/21 修理改装
◎1944/7/27 ブルックリンのGravesend BayのMarine Basin Co. で高速輸送艦に改装(〜1944/10/23)
◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-47)に改める
◎Normandy.
ブレスマン Blessman DE-69 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/19 1947/1/15 1967/6/1 ◎1943/3/22 起工
◎1943/6/19 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて艤装
◎1943/9/19 引き渡される
◎1943/11/8 チャールズタウン海軍工廠にてPSA
◎1944/7/28 ブルックリンのSullivan Drydock & Repair Corp. yardで高速輸送艦に改装(〜1944/10/25)
◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-48)に改める
◎Normandy.
ジョセフ E. キャンベル Joseph E. Campbell DE-70 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/23 1946/11/15 1966/12/1 ◎最初の予定艦名はキャンベル Campbellだった
◎1943/3/29 起工
◎1943/6/26 進水
◎1943/9/23 引き渡される
◎1944/10/8 ニュー・ヨークで高速輸送艦に改装
◎1944/11/24 艦種を高速輸送艦(APD-49)に改める
◎Convoy UGS-37.
☆DE-70の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/4 ドイツ海軍潜水艦U371(Constantine北方海域にて撃沈(護衛駆逐艦プライド Pride(DE-323)、イギリス海軍駆逐艦Blankney(L.30)、自由フランス海軍護衛駆逐艦Senegalais(T22)と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
オズワルド Oswald DE-71 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/9/17 ◎1943/2/23 オズワルドと命名
◎1943/4/5 起工
◎1943/6/23 オズワルドという艦名をとる
◎1943/6/30 進水
◎1943/9/29 竣工、イギリスに貸与されAffleck(K.462)と改名
1944/12/26 シェルブール北方海域にてドイツ海軍潜水艦U486の雷撃により損傷(12)、ベルファーストへ曳航するも全損
◎1947/1/24 Lisbon-based Transcontinental Victory Commercial Corporation, Ltd. に売却され商船Nostra Senora de la Luz(Nuestra Senora de la Luz?)となる
◎1970年代 除籍
☆DE-71の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/6/25 ドイツ海軍潜水艦U1191(50.03N、02.59Wにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
ハーモン Harmon DE-72 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/19 ◎1943/4/12 起工
◎1943/5/18 ハーモンと命名
◎1943/6/23 ハーモンという艦名をとる
◎1943/7/10 進水
◎1943/9/30 イギリスに貸与されAylmer(K.463)と改名、イギリス海軍にて就役
1945/1/26 ドイツ海軍潜水艦U1051と衝突し損傷、U1051を沈没させる、後にHolyheadにて入渠
◎1945/11/5 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役、イギリスより返還
◎1947/6/20 解体のため、スタテン・アイランドのJohn J. Wittoに売却
◎1948/2 解体
☆DE-72の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/6 ドイツ海軍潜水艦U765(北大西洋にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1945/1/26 ドイツ海軍潜水艦U1051(マン島南方海域にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
マッカーン McAnn DE-73 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/5 ◎1943/4/19 起工
◎1943/5/18 マッカーンと命名
◎1943/6/10 艦種をイギリス向け護衛艦(BDE-73)に改める
◎1943/6/23 マッカーンという艦名をとる
◎1943/7/10 進水
◎1943/10/7 イギリスに貸与されBalfour(K.464)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/10/25 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1946/10/28 New York Maritime Academyに売却(売却額$1.00)
☆DE-73の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/6/25 ドイツ海軍潜水艦U1191(50.03N、02.59Wにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1944/7/18 ドイツ海軍潜水艦U672(Guernsey北方海域にて撃沈)
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
エバート Ebert DE-74 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/19 ◎1943/4/26 起工
◎1943/5/18 エバートと命名
◎1943/7/17 進水
◎1943/10/13(1943/10/14?) イギリスに貸与されBentley(K.465)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/11/5 ニュー・ヨーク海軍工廠にてイギリスより返還
◎1947/6/17(1947/6/20?) 解体のため、スタテン・アイランドのJohn J. Witteに売却
アイセル Eisele DE-75 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/5/3 起工
◎1943/5/27 アイセルと命名
◎1943/6/22 アイセルという艦名をとる
◎1943/7/24(1943/7/26?) 進水
◎1943/10/17 イギリスに貸与されBickerton(K.466)と命名、イギリス海軍にて就役
1944/8/22 North Cape北西海域にてドイツ海軍潜水艦U354の雷撃により沈没
☆DE-75の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/6 ドイツ海軍潜水艦U765(北大西洋にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1944/6/25 ドイツ海軍潜水艦U269(50.01N、02.59Wにて撃沈)
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
リドル
12
Liddle DE-76 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/11/12 1945/12/17 1946/4/17 ◎1943/5/10 起工
◎1943/5/27 リドルと命名
◎1943/7/31 進水
◎1943/10/22 イギリスに貸与されBligh(K.467)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/11/12 イギリスより返還、フィラデルフィアにて就役
◎1946/6/13 解体のため、ニュー・ヨークのHugo Neuに売却
◎1946/6 フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
◎1946夏 解体
☆DE-76の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/6 ドイツ海軍潜水艦U765(北大西洋にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1945/1/26 ドイツ海軍潜水艦U1051(マン島南方海域にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
ストラウブ
12
Straub DE-77 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/21 ◎1943/5/10 起工
◎1943/6/22 ストラウブという艦名をとる
◎1943/7/31 進水
◎1943/11/13 イギリスに貸与されBraithwaite(K.468)と改名、イギリス海軍にて就役
◎1945/11/13 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役、イギリスより返還
◎1946/5/30 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
☆DE-77の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/2/3 ドイツ海軍潜水艦U1279(61.21N、02.00Eにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC41型潜水艦)
・1945/2/14 ドイツ海軍潜水艦U989(61.36N、01.35Wにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
DE-78 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/5/17 起工
◎1943/8/7(1943/8/17?) 進水
◎1943/10/25 イギリスに貸与されBullen(K.469)と命名、イギリス海軍にて就役
1944/12/6(1944/12/16?) スコットランド北西海域にてドイツ海軍潜水艦U775の雷撃により沈没(12
DE-79 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/3
(1947/10/25?)
◎1943/5/24 起工
◎1943/8/14 進水
◎1943/10/25 イギリスに貸与されByron(K.508)と改名
◎1943/10/30 イギリス海軍にて就役
◎1945/11/24 イギリスより返還
◎1947/10/25 解体のため売却
☆DE-79の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/3/27 ドイツ海軍潜水艦U722(Hebrides近海にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1945/4/8 ドイツ海軍潜水艦U1001(49.19N、10.23Wにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC41型潜水艦)
DE-80 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/3 ◎1943/6/2 起工
◎1943/8/21 進水
◎1943/10/31 イギリスに貸与されConn(K.509)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1945/11/26 イギリスより返還
◎1948/1/21 解体のため売却
DE-81 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/3 ◎1943/6/2 起工
◎1943/8/21 進水
◎1943/11/8 イギリスに貸与されCotton(K.510)と命名
◎1945/11/5 イギリスより返還
◎1947/12/22 解体のため売却
DE-82 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/7 ◎1943/6/9 起工
◎1943/8/28 進水
◎1943/11/13 イギリスに貸与されCranstoun(K.511)と命名
◎1945/12/3 イギリスより返還
◎1947/11/20 解体のため売却
DE-83 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/4/12 ◎1943/6/9 起工
◎1943/9/11 進水
◎1943/11/17 イギリスに貸与されCubitt(K.512)と命名
◎1946/3/4 イギリスより返還
◎1947/3/7 解体のため売却
DE-84 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/5/1 ◎1943/6/23 起工
◎1943/9/18 進水
◎1943/11/20 イギリスに貸与されCurzon(K.513)と命名
◎1946/3/27 イギリスより返還
◎1946/11/4 解体のため売却
DE-85 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1947/2/7 ◎1943/6/23 起工
◎1943/9/18 進水
◎1943/11/23 イギリスに貸与されDakins(K.550)と命名
1944/12/25 Ostend北西海域にて機雷により損傷、Antwerpにて入渠、全損
◎1947/1/6(1947/1/9?) 解体のため、オランダの業者に売却
DE-86 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/4/12 ◎1943/6/30 起工
◎1943/9/25 進水
◎1943/11/26 イギリスに貸与されDeane(K.551)と命名
◎1946/3/4 イギリスより返還
◎1946/11/7 解体のため売却
DE-87 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/6/25 ◎1943/7/5 起工
◎1943/10/2 進水
◎1943/11/29 イギリスに貸与されEkins(K.552)と命名
1945/4/16 Ostend北西海域にて機雷により損傷、全損
◎1946/10/26(1947/3?) 解体のため、オランダの業者に売却
DE-88 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/7 ◎1943/8/24 起工
◎1943/9/1 進水
◎1943/10/16 イギリスに貸与されFitzroy(K.553)と命名
◎1946/1/5 イギリスより返還
◎1946/5/23 解体のため売却
レッドミル Redmill DE-89 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1947/2/7 ◎1943/7/14 起工
◎1943/10/2 進水
◎1943/11/30 イギリスに貸与されRedmill(K.554)と改名、イギリス海軍にて就役
1945/4/27 アイルランドのメイヨー西方海域にてドイツ海軍潜水艦U1105の雷撃により損傷、全損(12
◎1947/1/20 イギリスより返還
◎1947/1/29(1947/2/4?) 解体のため、AthensのPiraeus Electricity Co., Ltd. に売却
DE-90 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/19 ◎1943/7/21 起工
◎1943/10/9 進水
◎1943/12/8 イギリスに貸与されRetalick(K.555)と命名
◎1945/10/25 イギリスより返還
◎1946/5/7 解体のため売却
レイノルズ Reynolds DE-91 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/13 ◎1943/7/28(1943/8/10?) 起工
◎1943/10/14 進水
◎1943/11/3 イギリスに貸与されHalsted(K.556)と改名、イギリス海軍にて就役
1944/6/11 シェルブール沖にてドイツ海軍魚雷艇JaguarとMoweの雷撃により損傷、全損
◎1944末 部品供給艦となる
◎1945/12/24 イギリスより返還
◎1947/3/21(1947/3/28?) 解体のため、R. V. Holland Shipbreaking Yardに売却
DE-92 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/3/28 ◎1943/8/4 起工
◎1943/10/23 進水
◎1943/12/14 イギリスに貸与されRiou(K.557)と命名
◎1946/2/25(1946/2/28?) イギリスより返還
◎1947/4/21 解体のため売却
DE-93 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/12/19 ◎1943/8/4 起工
◎1943/10/23 進水
◎1943/12/16 イギリスに貸与されRutherford(K.558)と命名
◎1945/10/25 イギリスより返還
◎1946/5/7 解体のため売却
リーヴス Reeves DE-94 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/11/13 ◎1943/8/11 起工
◎1943/10/20(1943/10/30?) 進水
◎1943/12/20 イギリスに貸与されCosby(K.559)と改名
◎1946/3/4 イギリスより返還
◎1946/11/5 解体のため売却
DE-95 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/8 ◎1943/8/18 起工
◎1943/10/30 進水
◎1943/12/22 イギリスに貸与されRowley(K.560)と命名
◎1945/11/12 イギリスより返還
◎1946/6/14 解体のため売却
DE-96 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/4/17 ◎1943/8/25 起工
◎1943/10/31 進水
◎1943/12/24 イギリスに貸与されRupert(K.561)と命名
◎1946/3/20 イギリスより返還
◎1946/6/17 解体のため売却
DE-97 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/3/12 ◎1943/8/25 起工
◎1943/10/31 進水
◎1943/12/28 イギリスに貸与されStockham(K.562)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1946/1/31(1946/2/15?) フィラデルフィアにてイギリスより返還
◎1947/4/9 解体のため、ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却
◎1948/6/15 解体
DE-98 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/25 ◎1943/9/1 起工
◎1943/11/1 進水
◎1943/12/23 イギリスに貸与されSeymour(K.563)と命名
◎1946/1/5 イギリスより返還
◎1946/12/10 解体のため売却
ルーベン・ジェームズ Reuben James DE-153 ノーフォーク海軍工廠 1943/4/1 1947/10/11 1968/6/30 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/6 進水
◎1945/10(1945/11?) レーダー哨戒護衛艦に改装(〜1945/11/25)
◎1949 保管
◎1949/3/18 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-153)に改める
◎1954/9/28 艦種を護衛艦(DE-153)に改める
◎1968 爆破物試験艦となる(〜1971)
◎1971/3/1 標的として沈没
☆DE-153の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/4/19 ドイツ海軍潜水艦U879(ボストン東方海域にて撃沈(護衛駆逐艦バックリー(DE-51)と共同で))
シムス Sims DE-154 ノーフォーク海軍工廠 1943/4/24 1946/4/24 1960/6/1 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/6 進水
◎1943/5/10 引き渡される
◎1944/9/7(1944/9/25?) 艦種を高速輸送艦(APD-50)に改める
ホッピング Hopping DE-155 ノーフォーク海軍工廠 1943/5/21 1947/5/5 1964/9/1 ◎1942/12/5 起工
◎1943/3/9(1943/3/10?) 進水
◎1943/6/6 引き渡される
◎1944/9/7(1944/9/25?) 艦種を高速輸送艦(APD-51)に改める
リーヴス
12
Reeves DE-156 ノーフォーク海軍工廠 1943/6/9 1946/7/30 1960/6/1 ◎1943/2/7 起工
◎1943/4/22(1943/4/23?) 進水
◎1943/6/23 引き渡される
◎1943秋 ニュー・ヨークにて修理改装(12345
◎1944/9下旬 フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1944/12下旬)
◎1944/9/25 艦種を高速輸送艦(APD-52)に改める
フェクテラー Fechteler DE-157 ノーフォーク海軍工廠 1943/7/1 ◎1943/2/7 起工
◎1943/4/22 進水
◎1944/1? ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
1944/5/5 Oran北西沖にてドイツ海軍潜水艦U967の雷撃により損傷、真っ二つになる(12
◎Convoy UGS-38.
チェイス Chase DE-158 ノーフォーク海軍工廠 1943/7/18 1946/1/15 1946/2/7 ◎1943/3/16 起工
◎1943/4/24 進水
◎1944/7/31 引き渡される
◎1944/11/24(1944/4/28?) チャールズタウン海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/2/5)、艦種を高速輸送艦(APD-54)に改める
◎Convoy UGS-38.
ラニング Laning DE-159 ノーフォーク海軍工廠 1943/8/1 1957/9/13 1975/3/1 ◎1943/4/23 起工
◎1943/7/4 進水
◎ノーフォークにて就役
◎1944/11/24 ノーフォークで高速輸送艦に改装(〜1945/2/14)
◎1944/11/24 艦種を高速輸送艦(APD-55)に改める
◎Convoy UGS-38.
ロイ Loy DE-160 ノーフォーク海軍工廠 1943/9/12 1947/2/21 1964/9/1 ◎1943/4/23 起工
◎1943/7/4 進水
◎1944/9/27 引き渡される
◎後にチャールズタウン海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1944/10/23 艦種を高速輸送艦(APD-56)に改める
バーバー Barber DE-161 ノーフォーク海軍工廠 1943/10/10 1946/5/22 1968/11/27 ◎1943/4/27 起工
◎1943/5/20(1943/5/24?) 進水
◎1944/3/24 Task Group 21.15所属(〜1944/5/11)
◎1944/4/26 Croatan hunter-killer group所属
◎1944/5中旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理改装
◎1944/10/9 フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/1)
◎1944/10/23 艦種を高速輸送艦(APD-57)に改める
☆DE-161の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/4/26 ドイツ海軍潜水艦U488(Cape Verde Is. 北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
ラヴレース Lovelace DE-198 ノーフォーク海軍工廠 1943/11/7 1946/5/22 1967/7/1 ◎1943/5/22 起工
◎1943/7/4 進水
◎1944/7/22 Milne Bayの浮きドックにて入渠
◎1944/8下旬 ニュー・カレドニアにて20o機銃を設置
◎1945前半 Manusにて対空捜索レーダーを設置
◎1968/4/25 カリフォルニア沖にて標的として沈没
◎Hollandia, Wakde, Biak, Leyte.
マニング Manning DE-199 チャールストン海軍工廠 1943/10/1 1947/1/15 1968/7/31 ◎1943/2/15 起工
◎1943/6/1 進水
◎1944/6末 Espiritu Santoにて修理、オーヴァーホール
◎1945/2下旬 サン・ペドロ湾にて修理改装(〜1945/3初め)
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1969/10/27 解体のため売却
◎Hollandia, Wakde, Leyte, Lingayen.
ノイエンドルフ Neuendorf DE-200 チャールストン海軍工廠 1943/10/18 1946/5/14 1967/7/1 ◎1943/2/15 起工
◎1943/6/1 進水
◎後にチャールストンにて修理改装
◎1945/2下旬 レイテにて修理改装
1945/6/24 Iloilo Cityにて衝突し損傷
◎1945/10下旬 サン・ディエゴにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1967/11/30 カリフォルニア沖にて標的として沈没
◎Hollandia, Wakde, Leyte.
ジェームズ E. クレイグ James E. Craig DE-201 チャールストン海軍工廠 1943/11/1 1946/7/2 1968/6/30 ◎1943/4/15 起工
◎1943/7/22 進水
◎1944/10下旬 Manusにて修理
◎1944晩秋? メンテナンス、オーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1969/2 カリフォルニア沖にて標的として沈没
◎Hollandia, Wakde, Biak, Noemfoor I., Palau, Leyte.
アイケンバーガー Eichenberger DE-202 チャールストン海軍工廠 1943/11/17 1946/5/14 1972/12/1 ◎1943/4/15 起工
◎1943/7/22 進水
◎退役後、保管
◎1973/11/9(1973/11/27?) 解体のため売却
◎Hollandia, Wakde, Biak, Palau, Leyte.
トマソン Thomason DE-203 チャールストン海軍工廠 1943/12/10 1946/5/22 1968/6/30 ◎1943/6/5 起工
◎1943/8/23 進水
◎1969/6/30 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却
◎Wakde, Leyte.
☆DE-203の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/2/7 日本海軍呂号第五五潜水艦(ルソン島Ibaにて撃沈)
ジョーダン Jordan DE-204 チャールストン海軍工廠 1943/12/17 1945/12/19 1946/1/8 ◎1943/6/5 起工
◎1943/8/23 進水
1945/9/18 北大西洋にてEC2-S-C1型貨物船ジョン・シャーマン John Sherman(MCハル2131)と衝突し損傷、後にチャールストンにて修理
◎1947/7/10 解体のため売却
ニューマン Newman DE-205 チャールストン海軍工廠 1943/11/26 1946/2/18 1964/9/1 ◎1943/6/8 起工
◎1943/8/9 進水
◎1943/12/10 引き渡される
◎1944/6/30 スタテン・アイランドのFrontier Baseで高速輸送艦に改装(〜1944/9/19)
◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-59)に改める
リドル Liddle DE-206 チャールストン海軍工廠 1943/12/6 1967/3/18 1967/4/5 ◎1943/6/8(1943/6/12?) 起工
◎1943/8/9 進水
◎1943/12/22 引き渡される
◎後にニュー・ヨークで高速輸送艦に改装
◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-60)に改める
キプハート Kephart DE-207 チャールストン海軍工廠 1944/1/7 1946/6/21 1967/5/1 ◎1943/5/12 起工
◎1943/9/6 進水
◎1944/1/28 引き渡される
◎1944/7 ニュー・ヨークで高速輸送艦に改装
◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-61)に改める
コファー Cofer DE-208 チャールストン海軍工廠 1944/1/19 1946/6/28 1966/4/1 ◎1943/5/12 起工
◎1943/9/6 進水
◎1944/2/4 引き渡される
◎1944/7 ニュー・ヨークで高速輸送艦に改装
◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-62)に改める
ロイド Lloyd DE-209 チャールストン海軍工廠 1944/2/11 1958/2/18 1966/6/1 ◎1943/7/26 起工
◎1943/10/23(1943/11/23?) 進水
◎1944/2/25 引き渡される
◎1944/6末? フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-63)に改める
オッター Otter DE-210 チャールストン海軍工廠 1944/2/21 1947/1 1969/11/1 ◎1943/7/26 起工
◎1943/10/23 進水
◎1945/5? 改装
◎退役後、フロリダにて大西洋予備艦隊に編入
◎1970/7/6(1970/7/10?) プエルト・リコ沖にて標的として沈没
☆DE-210の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/1/16 ドイツ海軍潜水艦U248(北大西洋にて撃沈(護衛駆逐艦ハッバード(DE-211)、ヘイター(DE-212)と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
ハッバード Hubbard DE-211 チャールストン海軍工廠 1944/3/6 1946/3/15 1966/5/1 ◎1943/8/11 起工
◎1943/11/11 進水
◎1944/3/20 引き渡される
◎1945/5中旬? ブルックリンのSullivans Dry Dockで高速輸送艦に改装(〜1945/8/14)
◎1945/6/1 艦種を高速輸送艦(APD-53)に改める
☆DE-211の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/1/16 ドイツ海軍潜水艦U248(北大西洋にて撃沈(護衛駆逐艦オッター(DE-210)、ヘイター(DE-212)と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1945/4/24 ドイツ海軍潜水艦U546(アゾレス諸島北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
ヘイター Hayter DE-212 チャールストン海軍工廠 1944/3/16 1946/3/19 1966/12/1 ◎1943/8/11 起工
◎1943/11/11 進水
◎1944/3/30 引き渡される
◎1945/5下旬 フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1945/6/1 艦種を高速輸送艦(APD-80)に改める
☆DE-212の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/1/16 ドイツ海軍潜水艦U248(北大西洋にて撃沈(護衛駆逐艦オッター(DE-210)、ハッバード(DE-211)と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
ウィリアム T. パウエル William T. Powell DE-213 チャールストン海軍工廠 1944/3/28 1958/1/17 1965/11/1 ◎1943/8/26 起工
◎1943/11/27 進水
◎1948/11/5 フィラデルフィア海軍造船所にて第4海軍区の予備練習艦となる
◎1949/3/18 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-213)に改める
◎1954/12/1 護衛艦(DE-213)となる
◎1958/1/17 フィラデルフィアにて保管
◎1966/10/3 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Co. に売却
スコット Scott DE-214 フィラデルフィア海軍工廠 1943/7/20 1947/3/3 1965/7/1 ◎1943/1/1 起工
◎1943/4/3 進水
◎1943/7/31 引き渡される
◎1943夏 フィラデルフィアにてPSA
◎1944/10 修理
◎1945/1? バミューダとアゾレス諸島にて修理
◎1945/7/20 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール(〜1945/8/18)
◎1945/9/10 艦種を高速輸送艦(APD-64)に改める予定がキャンセル
◎1945/11/21 不活性化工事
◎退役後、保管
◎1967/1/20 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Scrap Metals Co. に売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
バーク
12
Burke DE-215 フィラデルフィア海軍工廠 1944/8/20 1949/6/22 1968/6/1 ◎1943/1/1 起工
◎1943/4/3 進水
◎1943/8/31 引き渡される
◎1945/1/24 艦種を高速輸送艦(APD-65)に改める
エンライト Enright DE-216 フィラデルフィア海軍工廠 1943/9/21 1946/6/21 1978/3/31 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1944/9/30 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
1944/4/16 北大西洋にて商船と衝突し損傷
◎1945初め チャールズタウン海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1945/1/21 艦種を高速輸送艦(APD-66)に改める
クールバーグ Coolbaugh DE-217 フィラデルフィア海軍工廠 1943/10/15 1960/2/21 1972/7/1 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1943/10/31 引き渡される
◎1945/9/4 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1945/11/17、12
◎1957/8/22 キー・ウェストにて艦隊ソナー学校の練習艦となる
◎退役後、St. Petersburgにて運用開始
◎1960/5/26 St. Petersburgにて運用終了、保管
◎1973/7/27(1973/8/17?) 解体のため売却
◎後にポーツマスにて解体
◎Leyte, Samar, Lingayen, Iwo Jima.
ダービー
12
Darby DE-218 フィラデルフィア海軍工廠 1943/11/15 1958?
(1962/8/1?)
1968/9/23 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1944/10/8 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1944/10/24)
◎1945/4中旬 真珠湾にて修理
◎1945/9/4 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/11/17、12
◎1947/4/28 チャールストンにて退役、保管
◎1950/10/24 ノーフォークにて再役
◎1951/5/14 旗艦となる(Escort Squadron 8所属)
◎1951/6/19 ニューポート・ニューズ造船所にて対潜兵器を設置
◎1952/4/4 キー・ウェストにて艦隊ソナー学校の練習艦となる(〜1952/7/12)
◎1959/2/23 ボルティモアにて第5海軍区の予備練習艦となる
1960/3/19 チェサピーク湾口にて商船Soya Atlanticと衝突し損傷
◎1968/9/23 運用終了
◎1970/5/24 標的として沈没
◎Lingayen, Iwo Jima.
◎Cuba Mar-Apr 1962.
J. ダグラス・ブラックウッド J. Douglas Blackwood DE-219 フィラデルフィア海軍工廠 1943/12/15 1962/8/1 1970/1/30 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1945/9/4 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/11/17、1234
◎1946/4/20 ニュー・ロンドンにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/2/5 再役
◎1957/11/15 フィラデルフィアにて第4海軍区の予備練習艦となる
◎1958/8/1 退役、運用開始(Selected Reserve Force所属)
◎1961/10/2 再役
◎退役後、フィラデルフィアにて運用開始
◎1969/1 ホワイトストーンにて第3海軍区の予備練習艦となる
◎1970/1/30 運用終了
◎1970/7/20 標的として沈没
◎Palau, Lingayen, Iwo Jima.
◎Cuba Mar-Apr 1962.
フランシス M. ロビンソン Francis M. Robinson DE-220 フィラデルフィア海軍工廠 1944/1/15 1960/6/20 1972/7/1 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/1(1943/5/29?) 進水
◎1949 艦種を実験護衛艦(EDE-220)に改める
◎1960 艦首を護衛艦(DE-220)に改める
◎退役後、フィラデルフィアにて予備役に編入
◎1973/6/29(1973/7/12?) 解体のため売却
☆DE-220の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/13 日本海軍呂号第五〇一潜水艦(元ドイツ海軍潜水艦U1224、アゾレス諸島南西海域にて撃沈)
ソラー
12
Solar DE-221 フィラデルフィア海軍工廠 1944/2/15 1946/5/21 1946/6/5 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1944/4 フィラデルフィアにてPSA
◎1945春 フィラデルフィア海軍工廠でレーダー哨戒護衛駆逐艦に改装するも後に未着手のまま工事中断
◎1945夏 レーダー哨戒護衛駆逐艦に改装する予定がキャンセル
1946/4/30 Earleの海軍弾薬補給処にて爆発事故により損傷(1234
◎退役後、装備を撤去
◎1946/6/9 海没処分
フォラー Fowler DE-222 フィラデルフィア海軍工廠 1944/3/15 1946/6/28 1965/7/1 ◎1943/4/5 起工
◎1943/7/3 進水
◎退役後、保管
◎1966/12/29 解体のため売却
☆DE-222の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/2/28 ドイツ海軍潜水艦U869(Rabatにて撃沈(フランス海軍駆潜艇(鋼製船体)L'Indiscret(W32)と共同で))
スパンゲンバーグ Spangenberg DE-223 フィラデルフィア海軍工廠 1944/4/15 1947/10/18 1965/11/1 ◎1943/4/5 起工
◎1943/7/3 進水
◎1945/3/3 ボストンにて修理改装
◎1945/6上旬 ニュー・ヨークでレーダー哨戒護衛駆逐艦に改装
◎1947/7中旬 チャールストンにて不活性化工事
◎退役後、チャールストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1949/3/18 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-223)に改める
◎1954/12/1 艦種を護衛艦(DE-223)に改める
◎1966/10/3 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Co. に売却
◎後にBordentownにて解体
DE-563 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/9/15 起工
◎1943/10/16 進水
◎1943/1/14 イギリスに貸与されSpragge(K.572)と命名(123
◎1946/2/28 イギリスより返還
◎1947/11/18 解体のため売却
DE-564 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/9/22 起工
◎1943/11/6 進水
◎1943/12/30 イギリスに貸与されStayner(K.573)と命名
◎1945/11/24 イギリスより返還
◎1947/11/7(1947/11/14?) 解体のため売却
DE-565 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1947/2/7 ◎1943/9/22 起工
◎1943/11/13 進水
◎1943/12/31 イギリスに貸与されThornborough(K.574)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1947/1/29(1947/1/30?) イギリスより返還
◎1947/4/24 解体のため、AthensのAthens Piraeus Electricity Co., Ltd. に売却
◎後にギリシャにて解体
DE-566 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/13 ◎1943/9/29 起工
◎1943/11/20 進水
◎1944/1/10 イギリスに貸与されTrollope(K.575)と命名、イギリス海軍にて就役
1944/7/6 Arromanches-les-Bainsにてドイツ海軍の魚雷艇の雷撃により損傷、座礁、全損と認定
◎1944/10/10(1945/12/24?) イギリスより返還
◎1947/1/9 ベルファーストのJohn Leeに売却
◎1951 Troonにて解体
DE-567 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/8 ◎1943/10/6 起工
◎1943/11/20 進水
◎1944/1/14 イギリスに貸与されTyler(K.576)と命名(123
◎1945/11/12 イギリスより返還
◎1946/5/23 解体のため、ニュー・ヨークのHugo Neuに売却
◎後に解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタル社に再売却
◎1946夏 フィラデルフィアにて解体
☆DE-567の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/1/27 ドイツ海軍潜水艦U1172(セント・ジョージ海峡〜アイルランド海間にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC41型潜水艦)
DE-568 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/10/15 ◎1943/9/22 起工
◎1943/11/27 進水
◎1944/1/18 イギリスに貸与されTorrington(K.577)と命名、イギリス海軍にて就役(12
◎1946/6/11 イギリスより返還
◎1946/9/26(1947/11/7?) 解体のため売却
☆DE-568の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/3/11 ドイツ海軍特殊潜航艇ゼーフント(Ramsgateにて撃沈)
・1945/3/13 ドイツ海軍特殊潜航艇ゼーフント(Dunkirkにて撃沈)
DE-569 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/10/6 起工
◎1943/11/27 進水
◎1944/1/21 イギリスに貸与されNarbrough(K.578)と命名
◎1946/2/4 イギリスより返還
◎1946/12/14 解体のため売却
DE-570 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/1/21 ◎1943/10/16 起工
◎1943/12/4 進水
◎1944/1/25 イギリスに貸与されWaldegrave(K.579)と命名、イギリス海軍にて就役
◎1945/12/3 イギリスより返還
◎1946/12/8 解体のため、クリーヴランドのAtlas Steel & Supply Co. に売却
◎後に解体のため、AllianceのKulka Steel & Equipment Co. に再売却
◎1946/12/8 解体のため、サマーセットのBristol Engineering Co. に再売却
◎1948/6 解体
DE-571 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/19 ◎1943/10/20 起工
◎1943/12/12 進水
◎1944/1/28 イギリスに貸与されWhitaker(K.580)と命名、イギリス海軍にて就役
1944/11/1 Malin Head沖にてドイツ海軍潜水艦U483の雷撃により損傷(123)、後にロンドンデリーへ曳航
◎1945/3/10(1945/12/3?) イギリスより返還
◎1947/1/9 解体のためベルファーストのJohn Leeに売却
◎後にホワイトチャーチにて解体
DE-572 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/2/7 ◎1943/10/27 起工
◎1943/12/18 進水
◎1944/1/31 イギリスに貸与されHolmes(K.581)と命名、イギリス海軍にて就役(123
◎1945/12/3 イギリスより返還
◎1947/10/16 解体のため、デトロイトのWalter H. Wilms & Co. に売却、後に解体
DE-573 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1946/4/12 ◎1943/10/27 起工
◎1943/12/18 進水
◎1944/2/7 イギリスに貸与されHargood(K.582)と命名、イギリス海軍にて就役(1234
◎1946/2/23(1946/3/4?) イギリスより返還
◎1947/3/7 解体のため、タコマのノーザン・メタル社に売却
DE-574 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード ◎1943/11/5 起工
◎1943/12/21 進水
◎1944/2/8 イギリスに貸与されHotham(K.583)と命名、イギリス海軍にて就役
◎戦後シンガポールで発電所として使用、その後香港に移動(12
◎1946末(1947末?) イギリスに譲渡
◎1956/3/13 イギリスより返還
◎1956/11/1 解体のため、オランダの業者に売却
アーレンス Ahrens DE-575 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/2/12 1946/6/24 1965/4/1 ◎1943/11/5 起工
◎1943/12/21 進水
◎1945/12? ボストンにて不活性化工事
◎1967/1/20 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
◎TG 21.11.
☆DE-575の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/29 ドイツ海軍潜水艦U549(Madeira南西海域にて撃沈(護衛駆逐艦ユージン E. エルモア Eugene E. Elmore(DE-686)と共同で))
バー Barr DE-576 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/2/15
(1944/2/16?)
1946/7/12 1960/6/1 ◎1943/11/5 起工
◎1943/12/28 進水
◎1944/2/15 引き渡される
1944/5/29 Canary Is. 北西海域にてドイツ海軍潜水艦U549の雷撃により損傷(1234
◎1944/6/3 カラブランカへオランダの曳船Anticが曳航、入渠(〜1944/7/2)
◎1944/7/3 チャールズタウン海軍工廠へ艦隊航洋曳船チェロキー Cherokee(ATF-66)が曳航(1944/7/25到着)、入渠、修理
◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-39)に改める
◎TG 21.11.
アリグザンダー J. ルーク Alexander J. Luke DE-577 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/2/19 1947/10/18 1970/5/1 ◎1943/11/5 起工
◎1943/12/28 進水
1944/3/2 ボストンにて座礁により損傷、後に入渠、修理
◎1944/5中旬 ボストンにてPSA
◎1944初秋 修理改装
◎1944/11上旬 ボストンにて入渠
◎1945/6下旬 Houstonのブラウン・シップビルディング社でレーダー哨戒護衛駆逐艦(DER-577)に改装(〜1945/12/7)、艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-577)に改める
◎1954/8(1954/9/28?) 艦種を護衛艦(DE-577)に改める
◎1970/10/22 ニューポート沖にて標的として沈没
ロバート I. ペイン Robert I. Paine DE-578 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/2/26 1947/11/21 1968/6/1 ◎1943/11/5 起工
◎1943/12/30 進水
◎1945夏 Houstonのブラウン・シップビルディング社でレーダー哨戒護衛駆逐艦に改装
◎1946秋 オーヴァーホール
◎退役後、チャールストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1949/3/18 艦種をレーダー哨戒護衛艦(DER-578)に改める
◎1954/12/1 艦種を護衛艦(DE-578)に改める
◎1969/7/18 解体のため売却
◎TG 21.11.
フォアマン Foreman DE-633 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/10/22 1946/6/28 1965/4/1
(1965/5/1?)
◎1943/3/9 起工
◎1943/8/1 進水
◎1943/10/22 引き渡される
1945/3/27 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/4/3 慶良間列島にて日本軍機の爆撃により損傷、後に緊急修理
◎1945/4/17 ウルシーにて修理(〜1945/5/29)
◎1966 解体のため売却
◎後にボルティモアにて解体
◎Solomons, Wakde, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ホワイトハースト Whitehurst DE-634 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/11/19 1962/8/1 1969/7/12 ◎1943/3/21 起工
◎1943/9/5 進水
◎1943/11/19 引き渡される
1945/4/12 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に慶良間列島にて一時的な修理
◎1945/5中旬? 真珠湾にて修理、浮き発電所に改装(12345
◎1945/8 マニラにて発電所となる(〜1945/10)
◎1946/11/27 Green Cove Springsにて退役
◎1947/1 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1950夏 再活性化工事
◎1950/9/1 再役
◎1957/4末 真珠湾にて修理
1957/6 映画会社20世紀フォックスの映画「眼下の敵 The Enemy Below」撮影用に用いられる(〜1957/7)
◎1957/9 シアトルにて第13海軍区の予備練習艦となる
◎1958/12/6 退役、Select Reserve ASW Forceに編入
◎1961/10/2 シアトルにて再役
1965/1/17 ファン・デ・フカ海峡にて商船Hoyangerと衝突し損傷
◎退役後、Group II Naval Reserve training shipとなる
◎1971/4/28 攻撃型潜水艦トリガー Trigger(SS-564)の標的として沈没
◎Palau-Yap Raids Mar 1944, Solomons, Hollandia, Wakde, Leyte, Okinawa.
☆DE-634の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/28 日本海軍伊号第四五潜水艦(スリガオ北東海域にて撃沈)
◎Korea, Vietnam Mar-Apr 1962.
イングランド
12
England DE-635 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/12/10 1945/10/15 1945/11/1 ◎1943/4/4 起工
◎1943/9/26 進水
◎1943/12/10 引き渡される
1945/4/27 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/5/9 沖縄海域にて日本軍機の爆撃と日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123)、後に慶良間列島へ曳航
◎1945/7中旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理、高速輸送艦に改装
◎終戦後、艦種を高速輸送艦(APD-41)に改める予定がキャンセル
◎1946/11/26 解体のため売却
◎Sank six submarines within ten days, May 1944. TG 30.4, Solomons, Leyte, Okinawa. PUC.
☆DE-635の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/19 日本海軍伊号第一六潜水艦(Cape Alexander北東海域にて撃沈)
・1944/5/22 日本海軍呂号第一〇六潜水艦(ニュー・アイルランド島北西海域にて撃沈)
・1944/5/23 日本海軍呂号第一〇四潜水艦(ニュー・アイルランド島北西海域にて撃沈)
・1944/5/24 日本海軍呂号第一一六潜水艦(ニュー・アイルランド島北西海域にて撃沈)
・1944/5/26 日本海軍呂号第一〇八潜水艦(ニュー・アイルランド島北西海域にて撃沈)
・1944/5/31 日本海軍呂号第一〇五潜水艦(ニュー・アイルランド島北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
ウィッター Witter DE-636 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/12/29 1945/10/22
(1945/10/29?)
1945/11/16 ◎1943/4/28 起工
◎1943/10/17 進水
◎1943/12/23 引き渡される
◎1944/1 メア・アイランド海軍工廠にてPSA
1945/4/27 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に慶良間列島にて応急修理(123
◎1945/8中旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理、高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-58)に改める
◎Solomons, Wakde, Leyte, Okinawa.
ボワーズ Bowers DE-637 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/1/27 1958/12/18 1961/5/1 ◎1943/5/28 起工
◎1943/10/31 進水
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1944/1/27 引き渡される
◎1944/5/20 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/21)
◎1944/6/4 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/6/6)
◎1944/6/10 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/6/13)
◎1944/6/15 ソロモン諸島北方にて作戦の任務
◎1944/6/20 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6/22 ソロモン諸島北方にて作戦の任務(〜1944/10/26)
◎1944/10/12 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/14)
◎1945/3/25 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/24)
1945/4/17 伊江島北方海域て日本陸軍の特攻機の攻撃により損傷(123)、Hagushi Beachにて戦傷修理工作艦ネスター Nestor(ARB-6)により修理
◎1945/6/15 フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装
◎1945/6/25 艦種を高速輸送艦(APD-40)に改める
ウィルマース Willmarth DE-638 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/3/13 1946/4/26 1966/12/1 ◎1943/6/25 起工
◎1943/11/21 進水
◎1944/3/13 引き渡される
◎1944春 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所にてPSA
1945/4/14 グアムにてボイラー故障、後に修理(〜1945/6下旬)
◎1945/9 東京湾にて修理改装
◎1945/10 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎後にGreen Cove Springsにて不活性化工事
◎退役後、保管
◎1968/7/1 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Co. に売却
◎Solomons, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
ゲンドロー Genderau DE-639 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/3/17 1948/3/13 1972/12/1 ◎1943/8/1 起工
◎1943/12/12 進水
1944/9/13 護衛航空母艦ブレトン Breton(CVE-23)と衝突し損傷、後に緊急修理
1945/6/10 沖縄にて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1973/9/6(1973/9/11?) 解体のため売却
◎後にターミナル・アイランドにて解体
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
フィーバーリング Fieberling DE-640 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/4/11 1948/3/13 1972/3/1 ◎1944/3/19 起工
◎1944/4/2 進水
1945/4/6 沖縄海域て日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1972/11/20 解体のため売却
◎後にポートランドにて解体
◎Okinawa.
ウィリアム C. コール William C. Cole DE-641 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/5/12 1948/3/13
(1948/4/28?)
1972/3/1 ◎1943/9/5 起工
◎1943/12/29 進水
◎1944初夏? ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所にてPSA
1945/5/24 沖縄海域て日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/6中旬? サン・ペドロ湾にて修理
◎1945晩秋 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理改装
◎退役後、保管
◎1948/4/28 不活性化工事
◎1972/11/20 解体のため、ポートランドのZidell Exploration, Inc. に売却
◎Okinawa.
ポール G. ベーカー Paul G. Baker DE-642 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/5/25 1947/2/3 1969/12/1 ◎1943/9/26 起工
◎1944/3/12 進水
◎1944/7/20 サン・フランシスコにてPSA
◎1945/11下旬 ポートランドとブレマートンにてオーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1970/10 解体のため売却
◎後にターミナル・アイランドにて解体
◎Okinawa.
デイモン M. カミングス Damon M. Cummings DE-643 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/6/29 1947/2/3 1972/3/1 ◎1943/10/17 起工
◎1944/4/18 進水
◎1945/3上旬? Manusにて聴音機を修理
◎1945晩秋 ブレマートンにてオーヴァーホール
◎退役後、ロング・ビーチにて保管
◎1973/5/15(1973/5/18?) 解体のため売却
◎後にシアトルにて解体
◎Okinawa.
ヴァンメン Vammen DE-644 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/7/27 1962/8/1 1969/7/12 ◎1943/8/1 起工
◎1944/5/21 進水
◎1944/8? PSA
◎1945/3中旬 サン・ペドロ湾にて駆逐艦母艦マーカブ Markab(AD-21)により修理改装
1945/4/1 沖縄海域にて水中爆発により損傷
1945/5/19 沖縄海域にて衝突し損傷
◎1945/6上旬 駆逐艦母艦マーカブ(AD-21)により修理、後に大型修理浮きドック(非自走)(ARD-18)にて修理
◎1945/11中旬? 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理改装
◎1947/2/3 サン・ディエゴにて退役、保管
◎1947/4/2 不活性化工事
◎1951 SCB-63A改装
◎非公式に艦種を対潜護衛艦(DEAS-644)に改める
◎1952/2/15 メア・アイランド海軍造船所にて再役
◎1960/5/21 ロング・ビーチにて第11海軍区の予備練習艦となる
◎1960/6/18 退役
◎1961/10/2 ロング・ビーチにて再役
◎退役後、運用開始
1963/8/1 カリフォルニア南方海域にて駆逐艦ティンゲー Tingey(DD-539)と衝突し損傷
◎1969/7/12 運用終了
◎1971/2/18 コンドル・ミサイルの標的として沈没
◎Okinawa.
◎Korea, Vietnam Mar-May 1962.
ジェンクス Jenks DE-665 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/19 1946/6/26 1966/2/1 ◎1943/5/12 起工
◎1944/9/11 進水
◎1944/1/19 引き渡される
◎1945/5下旬? チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1944 艦種を高速輸送艦(APD-67)に改める予定がキャンセル
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎後にテキサスにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/3/5 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
TG 22.3. PUC.
ダリク
(12)
Durik DE-666 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/3/24 1946/6/15 1965/6/1 ◎1943/6/22 起工
◎1944/10/9 進水
◎1944/3/24 引き渡される
◎1944 艦種を高速輸送艦(APD-68)に改める予定がキャンセル
◎1945/7/21 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール(〜1945/9/5)
◎退役後、保管
◎1967/1/30 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
ワイズマン Wiseman DE-667 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/4/4 1962/8/1 1973/4/15 ◎1943/7/26 起工
◎1943/11/6 進水
◎1944/4 チャールズタウン海軍工廠にてPSA
◎1944/12初め チャールストン海軍工廠で浮き発電所に改装(〜1945/1)
◎1945/4/13 マニラにて発電所となる(〜1945/8、1234
◎1946/5/31 サン・ディエゴにて退役
◎1946/12/19 不活性化工事
◎1947/2/3 ロング・ビーチにて保管
◎1948/11/16 サン・ディエゴへ特務航洋曳船コカ Koka(ATA-185)が曳航(1948/11/17到着)
◎1950/9/11 再役
◎1951末 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール
1952/12/23 韓国にて海底の突出部と接触し損傷
◎1955/11/28 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1956/2/29)
◎1955/12/15 メア・アイランド海軍造船所にて入渠(〜1956/1/18)
◎1959/5/16 サン・ディエゴにて退役、第11海軍区Group I Naval Reserve Trainingの予備練習艦となる
◎1961/10/2 再役
◎1961秋 サン・ディエゴにて修理、オーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにてGroup II Naval Reserveの予備練習艦となる
◎1962末 Reserve Destroyer Division 272、Reserve Destroyer Squadron 27所属
◎1974/3/28(1974/4/29?) 解体のため、San JoseのLevin Metals Corp. に売却(売却額$65,000.00)
◎1974/5/5 San JoseのLevin Metals Corp. に引き渡される
◎Korea, Vietnam Apr-May 1962.
ヨークス Yokes DE-668 コンソリデーテッド・スチール社 1944/12/18 1946/8/19 1964/4/1 ◎1943/8/22 起工
◎1943/11/27 進水
◎1944/6/27  艦種を高速輸送艦(APD-69)に改める
パヴリク Pavlic DE-669 コンソリデーテッド・スチール社 1944/12/29 1946/11/15 1967/4/1 ◎1943/9/21 起工
◎1943/12/18 進水
◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-70)に改める
オダム Odum DE-670 コンソリデーテッド・スチール社 1945/1/12 1946/11/15 1966/12/1 ◎1943/10/15 起工
◎1944/1/19 進水
◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-71)に改める
ジャック C. ロビンソン Jack C. Robinson DE-671 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/2 1946/12/13 1966/12/1 ◎1943/11/10 起工
◎1944/1/8 進水
◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-72)に改める
バセット Bassett DE-672 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/23 1957/11/26 1967/5/1 ◎1943/11/28 起工
◎1944/1/15 進水
◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-73)に改める
ジョン P. グレイ John P. Gray DE-673 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/15 1946/4/29 1967/3/1 ◎1943/12/28 起工
◎1944/3/18 進水
◎オレンジのコンソリデーテッド・スチール社で高速輸送艦に改装
◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-74)に改める
ウェーバー Weber DE-675 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1943/6/30 1946/7/30
(1947/1?、1947/6/6?、1947/6/10?)
1960/6/1 ◎1943/4/22 起工
◎1944/5/1 進水
◎1943/6/30 引き渡される
◎1943/8/21 ボストンにてPSA
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8/20 ニュー・ヨークにて修理
◎1944/9末 修理改装
1944/11中旬 ポルトガルの漁船と衝突し損傷、後に修理
◎1944/12/10 フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/3中旬)
◎1944/12/15 艦種を高速輸送艦(APD-75)に改める
シュミット Schmitt DE-676 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/7/24 1949/6/28 1967/5/1 ◎1943/2/22 起工
◎1943/5/29 進水
◎1943/7/24 引き渡される
◎1943初秋? 修理
◎1944秋 修理
◎1945/1/20 TompkinsvilleのU.S. Naval Frontier Baseで高速輸送艦に改装(〜1945/4/3)
◎1945/1/24 艦種を高速輸送艦(APD-76)に改める
フラメント Frament DE-677 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/8/15 1946/5/30 1960/1/1 ◎1944/12/3 退役
◎1945/3? 再役、高速輸送艦(APD-77)となる
◎1946/5/30 予備役に編入
◎1961/7 エクアドルに貸与され発電所となる
ハーモン
12
Harmon DE-678 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/8/31 1947/3/25 1965/8/1 ◎1947/3/25 予備役に編入
◎1967/1/30 解体のため売却
グリーンウッド Greenwood DE-679 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/9/25 1962/8/1 1967/2/20 ◎1958/9/2 予備役に編入
◎1961/10/2 再役
◎1962/8/1 予備役に編入
◎1967/9/6 解体のため売却
ルーザー Loeser DE-680 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/10/10 1968/9/22 1968/9/23 ◎1949/3/29 予備役に編入
◎1951/3/9 再役
◎1968/9/22 予備役に編入
◎1969 標的として沈没
ギレッテ Gillette DE-681 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/10/27 1947/2/2 1972/12/1 ◎1947/2/2 予備役に編入
◎1973/9/11 解体のため売却
アンダーヒル
12
Underhill DE-682 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/11/15 1945/7/24 ルソン島沖にて日本海軍伊号第五三潜水艦搭載の人間魚雷回天の攻撃により沈没
ヘンリー R. ケンヨン Henry R. Kenyon DE-683 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/11/30 1947/2/3 1969/12/1 ◎1947/2/3 予備役に編入
◎1970/10/22 解体のため売却
ブル Bull DE-693 デフォー・シップビルディング社 1943/8/12 1947/6/5 1966/6/15 ◎1944/7/31 高速輸送艦(APD-78)となる
◎1947/6/5 予備役に編入
◎1966/7/12 台湾に貸与されLu Shanと改名
◎1995/5 除籍、解体のため売却
バンチ Bunch DE-694 デフォー・シップビルディング社 1943/8/21 1946/5/31 1964/4/1 ◎1944/7/31 高速輸送艦(APD-79)となる
◎1946/5/31 予備役に編入
◎1965 解体のため売却
リッチ Rich DE-695 デフォー・シップビルディング社 1943/10/1 1944/6/8 Quinevilleの“ユタ・ビーチ”にて機雷により沈没
スパングラー Spangler DE-696 デフォー・シップビルディング社 1943/10/31 1958/10/1 1972/3/1 ◎1943/10/31 引き渡される
◎1972/11/20 解体のため売却
ジョージ George DE-697 デフォー・シップビルディング社 1943/11/20 1958/10/8 1969/11/1 ◎1958/10/8 予備役に編入
◎1970/10/12 解体のため売却
レイビー Raby DE-698 デフォー・シップビルディング社 1943/12/7 1953/12/22 1968/6/1 ◎1943/6/7 起工
◎1943/9/3 進水
◎1949/11/2 艦種を指揮護衛艦(DEC-698)に改める
◎1957/12/27 艦種を護衛艦(DE-698)に改める
◎1969/7/18 解体のため売却
マーシュ Marsh DE-699 デフォー・シップビルディング社 1944/1/12 1969? 1973/4/15 ◎1958/8/15 予備役に編入
◎1961/12/15 再役
◎1962/8/1 予備役に編入
◎1974/2/20 解体のため売却
カリア Currier DE-700 デフォー・シップビルディング社 1944/2/1 1960/4/4 1966/12/1 ◎1960/4/4 予備役に編入
◎1967/7/11 サン・クレメンテ島沖にて標的として沈没
オズマス Osmus DE-701 デフォー・シップビルディング社 1944/2/23 1947/3/15 1972/12/1 ◎1947/3/15 予備役に編入
◎1973/11/27 解体のため売却
アール V. ジョンソン Earl V. Johnson DE-702 デフォー・シップビルディング社 1944/3/18 1946/6/18 1967/5/1 ◎1958/6/18 予備役に編入
◎1968/9/8 解体のため売却
ホルトン Holton DE-703 デフォー・シップビルディング社 1944/5/1 1946/5/31 1972/11/1 ◎1946/5/31 予備役に編入
◎1974/5/30 解体のため売却
クローニン Cronin DE-704 デフォー・シップビルディング社 1944/5/5 1953/12/4 1970/6/1 ◎1944/3/7 引き渡される
◎1946/5/31 予備役に編入
◎1950/12/13 指揮護衛艦(DEC-704)となる
◎1951/2/9 再役
◎1953/12/4 予備役に編入
◎1957/12/27 護衛艦(DE-704)となる
◎1971/12/16 フロリダ沖にて標的として沈没
フライバーガー Frybarger DE-705 デフォー・シップビルディング社 1944/5/18 1954/12/9 1972/12/1 ◎1947/6/30 予備役に編入
◎1950/12/13 指揮護衛艦(DEC-705)となる
◎1950/10/6 再役
◎1954/12/9 予備役に編入
◎1957/12/27 護衛艦(DE-705)となる
◎1973/11/27 解体のため売却
テイタム Tatum DE-789 コンソリデーテッド・スチール社 1943/11/22 1960/6/1 ◎1944/12/15 高速輸送艦(APD-81)となる
◎1961/5/8 解体のため売却
ボラム Borum DE-790 コンソリデーテッド・スチール社 1943/11/30 1946/6/15 1965/8/1 ◎1943/11/30 引き渡される
◎1944 高速輸送艦(APD-82)となる予定がキャンセル
◎1946/6/15 予備役に編入
◎1966 解体のため売却
マロイ Maloy DE-791 コンソリデーテッド・スチール社 1943/12/13 1965/5/28 1965/6/1 ◎1944 高速輸送艦(APD-83)となる予定がキャンセル
◎1946/8/14 実験護衛駆逐艦(EDE-791)となる
◎1966/3/11 解体のため売却
ヘインズ Haines DE-792 コンソリデーテッド・スチール社 1943/12/27 1946/4/29 1960/6/1 ◎1944/12/15 高速輸送艦(APD-84)となる
◎1946/4/29 予備役に編入
◎1961/5/3 解体のため売却
ルーネルス Runels DE-793 コンソリデーテッド・スチール社 1944/1/3 1947/2/10 1960/6/1 ◎1945/1/24 高速輸送艦(APD-85)となる
◎1947/2/10 予備役に編入
◎1961/7/10 解体のため売却
ホリス Hollis DE-794 コンソリデーテッド・スチール社 1944/1/24 1956/10/15 1974/9/15 ◎1945/1/24 高速輸送艦(APD-86)となる
◎1947/5/5 予備役に編入
◎1951/4/6 再役
◎1956/10/15 予備役に編入
◎1975/7/1 解体のため売却
ガナソン Gunason DE-795 コンソリデーテッド・スチール社 1944/2/1 1948/3/13 1973/9/1 ◎1948/3/13 予備役に編入
◎1973/7/28 標的として沈没
メイジャー Major DE-796 コンソリデーテッド・スチール社 1944/2/12 1948/3/13 1972/12/1 ◎1948/3/13 予備役に編入
◎1973/11/27 解体のため売却
ウィーデン Weeden DE-797 コンソリデーテッド・スチール社 1944/2/19 1958/2/26 1968/6/30 ◎1946/5/9 予備役に編入
◎1950/5/26 再役
◎1958/2/26 予備役に編入
◎1969/10/27 解体のため売却
ヴァリアン Varian DE-798 コンソリデーテッド・スチール社 1944/2/29 1946/3/15 1972/12/1 ◎1946/3/15 予備役に編入
◎1974/1/2 解体のため売却
スクロギンス Scroggins DE-799 コンソリデーテッド・スチール社 1944/3/30 1947/2/28 1965/7/5 ◎1967/4/5 解体のため売却
ジャック W. ウィルク Jack W. Wilke DE-800 コンソリデーテッド・スチール社 1944/3/7 1960/5/24 1972/8/1 ◎1949 実験護衛艦(EDE-800)となる
◎1960 護衛艦(DE-800)となる
◎1960/5/24 予備役に編入
◎1974/2/1 解体のため売却