DD
駆逐艦

※駆逐艦籍 Destroyersの一等駆逐艦 Destroyer, First Lineはのちに駆逐艦 Destroyerに変更される。1920年7月17日、艦種記号DDが各艦に与えられる
軽荷排水量:1,020t(DD-45は1,072t、DD-46は1,014t、DD-47〜DD-50は1,036t) 満載排水量:1,139t(DD-45は1,190t、DD-46は1,133t、DD-47〜DD-50は1,156t(1,165tともいわれる)) 全長:93.04m 幅:9.24m(水線、DD-44、DD-45、DD-50は9.49m、DD-46は9.47m) 吃水:2.81m(3.12mともいわれる、DD-47〜DD-49は2.87m(平均)、DD-50は3.20m) 主缶:ノルマン式水管缶(重油専焼)4基(DD-45はソーニクロフト式水管缶(重油専焼)4基、DD-46はヤーロー式水管缶(重油専焼)4基、DD-47〜DD-50はホワイトフォースター式水管缶(重油専焼)4基) 主機/軸数:パーソンズ式直結蒸気タービン2基(DD-45、DD-46はカーチス式直結蒸気タービン2基、DD-47〜DD-50はウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング式直結蒸気タービン2基)/2軸 出力(計画):16,000馬力 速力(計画):29.0kt(30.0ktともいわれる、DD-47は29.5kt、DD-49は29.59kt(公試)、DD-50は29.6kt) 燃料搭載量(計画):重油307t 航続力(公試):16ktで5,640浬 兵装:50口径102o単装砲3基(DD-45〜DD-50は:50口径102o単装砲4基)、7.62o単装機銃2基、457o連装魚雷発射管4基 乗員:98名(128名ともいわれる、DD-46は97名、DD-48は106名、DD-49は100名)
※DD-47以降をエールウィン級ともいわれる。DD-45とDD-46は1915年〜1917年にエンジン換装

↑USS Cummings (Destroyer # 44). Underway at low speed on 26 February 1919. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カッシン Cassin DD-43 バス鉄工所 1913/8/9 1922/6/7 1934/7/5 ◎1912/5/1 起工
◎1913/5/20 進水
◎1914秋? オーヴァーホール
1917/10/15 Mind Head南方海域にてドイツ海軍潜水艦U61(U105ともいわれる)の雷撃により損傷、クイーンズタウンへ曳航、クイーンズタウンとイギリスのニューポートにて修理
◎1919/5 ボストンにて修理(〜1919/6)
◎1919/6/18 フィラデルフィアにて退役、保管、修理
◎1921/2/14 再役
◎1922/6/7 フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1924/4/28(1924/6/7?) フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種を沿岸警備隊駆逐艦(CG-1)に改める
◎1933/6/30 フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管
◎1933/11/1 カッシンという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Mexican Intervention 1914. Queenstown, 1917-1918.
カミングス
12
Cummings DD-44 バス鉄工所 1913/9/19 1922/6/23 1934/7/5 ◎1912/5/21 起工
◎1913/8/6 進水
1915/10/5 ニューポートにて爆発事故により損傷
◎1917/5中旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて改装(〜1917/5/15)
◎1919/8 フィラデルフィアにて保管(〜1921/3)
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1924/6/6(1924/6/7?) フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種を沿岸警備隊駆逐艦(CG-3)に改める
◎1932/5/23 海軍に移管
◎1933/11/1 カミングスという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Mexican Intervention 1914. Queenstown, 1917-1918.
ダウンズ Downes DD-45 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1915/2/11 1922/6/6 1934/7/5 ◎1912/6/27 起工
◎1913/11/8 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて艤装
◎1915/10/4 フィラデルフィア海軍工廠にてエンジン換装工事(〜1917/5/26)
◎1919/5上旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1919/5/31 退役
◎1921/5/12 再役
◎除籍後、フィラデルフィア海軍工廠にて係船、予備艦隊に編入
◎1924/4/28 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種を沿岸警備隊駆逐艦(CG-4)に改める
◎1931/5/2(1931/5/22?) フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管
◎1933/7/1 ダウンズという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Queenstown, 1917-1918.
ダンカン Duncan DD-46 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1913/8/30 1921/8/9 1935/3/8 ◎1912/6/17 起工
◎1913/4/5 進水
◎1914/10/24 ボストンにて退役、保管、エンジン換装工事
◎1916/1/22 再役
◎1920/8/1 ノーフォークにて保管
◎1935/3/8(1935/4/23?) 解体のため売却
◎Queenstown, 1917-1918.
エールウィン
12
Aylwin DD-47 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1914/1/17 1921/2/23 1935/3/8 ◎1912/3/7 起工
◎1912/11/23 進水
1914/4/6 ノーフォークにてボイラー爆発により損傷
◎1914/4/20(1914/5?) 海軍工廠ノーフォークにて退役、保管
◎1915/5/25 再役
1916〜1917頃(1919?) 駆逐艦ドレイトン Draytonと衝突し損傷
◎1919/6/26 フィラデルフィア海軍工廠にて保管
◎1933/7/1 エールウィンという艦名をとる
◎1935/3/8(1935/4/23?) 解体のため売却
◎Queenstown, 1918.
パーカー Parker DD-48 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1913/12/30 1922/6/6 1935/3/8 ◎1912/3/11 起工
◎1913/2/8 進水
◎1935/4/23 解体のため売却
◎Queenstown and Plymouth, 1917-1918.
ベンハム
12
Benham DD-49 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1914/1/20 1922/7/7 1935/3/8 ◎1912/3/14 起工
◎1913/3/22 進水
◎1914/7/24 退役、ニュー・ヨーク海軍工廠にて保管
◎1914/12/21 再役
1916/10/28 ニューポートにて火災により損傷
1917/8/21 イギリス海軍艦艇Zinniaと衝突し損傷(12
1918/7 フランスにて駆逐艦ジャーヴィス Jarvisと衝突し損傷
◎除籍後、フィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎1935/4/23 解体後の鉄屑や部品等を売却
◎Queenstown and Brest, 1917-1918.
バルチ
12
Balch DD-50 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1914/3/26 1922/6/20 1935/3/8 ◎1912/5/7 起工
◎1912/12/21 進水
◎1914/7/24 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役、保管
◎1914/12/17 再役
◎1917/4 改装(爆雷投下軌条等を設置)
1918/10下旬 操舵装置を故障、クイーンズタウンにて修理
◎1919/4末 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎退役後、フィラデルフィアにて保管
◎1933/7/1(1933/11/1?) バルチという艦名をとる
◎1935/4/23 フィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎Mexican Intervention 1914. Queenstown, 1917-1918.


Update 17/04/08