CA
一等巡洋艦、重巡洋艦

※1920年7月17日、巡洋艦籍 Cruisersの一等巡洋艦 Cruiser, First Lineは1930年4月にロンドン軍縮条約に基づき、重巡洋艦 Heavy Cruiserと名称が変更される。PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:9,950t(10,136tともいわれる、CA-39は9,375t、CA-44は9,400t) 満載排水量:13,200t(13,500tともいわれる) 全長:179.22m(179.27mともいわれる、CA-37は179.34m) 幅:18.82m(CA-38は19.12m、CA-39、CA-44は18.84m) 吃水:5.91m(平均、7.41mともいわれる、CA-44は5.68m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶8基 主機/軸数:ウェスティングハウス式ギアード蒸気タービン4基(CA-37はパーソンズ式ギアード蒸気タービン)/4軸 出力:107,000馬力 速力:32.0kt(32.7ktともいわれる) 燃料搭載量:重油1,241t〜1,861t 航続力:15ktで10,000浬 兵装:55口径203o3連装砲3基、25口径127o単装対空砲8基、12.7o単装機銃8基(1944年には55口径203o3連装砲3基、25口径127o単装対空砲8基、40o4連装機銃6基、20o機銃18基〜20基) 装甲:水線76.2o〜127o、砲塔203.2o、甲板57.15o、隔壁38.1o〜76.2o、バーベット127o、司令塔127o 塔載機:水上偵察機6機(CA-44は水上偵察機4機) 乗員:708名〜1,121名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、1234
※CA-32は1945年には左舷のカタパルト、右舷のクレーンを撤去。CA-36は1945年6月には2番砲塔上に40o機銃座を設置
↑ニュー・オーリンズ級重巡洋艦アストリア(CA-34、1941年時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ニュー・オーリンズ
12
New Orleans CA-32 ニュー・ヨーク海軍工廠 1934/2/15 1947/2/10 1959/3/1 ◎後にロンドン軍縮条約にて艦種を重巡洋艦(CA-32)に改める
◎1931/3/14 起工
◎1933/4/12 進水
◎1936 ブルックリン海軍工廠にて入渠(12
◎1941/12 真珠湾にて修理
1941/12/7 真珠湾にて修理中、日本海軍機の攻撃により損傷
◎1942/1中旬 サン・フランシスコにて修理(新型捜索レーダーと20o機銃を設置)
◎1942/9下旬 真珠湾にて修理
1942/11/30 ルンガ沖夜戦にて日本海軍艦艇の雷撃により損傷
◎1942/12/1 ツラギ港にて空襲を避ける為、ヤシの葉でカムフラージュ(123
◎1942/12下旬 シドニーのCockatoo Island Dockyardにてプロペラ換装工事、艦首を応急修理(1234
◎1943/3/7 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理
1944/4/22 カロリン島海域にて航空母艦ヨークタウン Yorktown(CV-10)の艦載機がメインマストに衝突
◎1945/1/11 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/3/21、123
◎1959/9/22 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
Pearl Harbor, Coral Sea, Midway, Cuadalcanal-Tulagi, Eastern Solomons, Tassafaronga, Wake I. Raid 1943, Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Marianas Raid Feb 1944, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Guam, Tinian, Bonins-Yap Raids, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Surigao Strait, Okinawa, Operation Magic Carpet.
☆CA-32の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/2/17 日本海軍練習巡洋艦香取(トラック諸島北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍練習巡洋艦香取(1940年時))
・1944/10/25 日本海軍航空母艦千代田(エンガノ岬沖にて撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍航空母艦千歳)
・1944/10/25 日本海軍駆逐艦初月(エンガノ岬沖にて撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍駆逐艦秋月)
アストリア
12
Astoria CA-34 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1934/4/28 ◎1933/12/16 進水
◎1941/4中旬 メア・アイランド海軍工廠にて修理、オーヴァーホール(〜1941/7)
◎1942初夏 真珠湾海軍工廠にて修理、改装
1942/8/9 第一次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により沈没
◎Received over 65 hits from gunfire of Japanese warships and capsized off Savo I., 9 Aug 1942 (216 killed). Coral Sea, Midway, Cuadalcanal-Tulagi.
ミネアポリス
123
Minneapolis CA-36 フィラデルフィア海軍工廠 1934/5/19 1947/2/10 1959/3/1 ◎1931/6/27 起工
◎1933/9/6 進水
◎1934/9 フィラデルフィア海軍工廠にて改装
1942/11/30 ルンガ沖夜戦にて日本海軍艦艇の雷撃により損傷(12)、後にツラギ港にて空襲を避ける為、ヤシの葉でカムフラージュ、一時的な修理(12
◎1943/3 真珠湾海軍工廠にて修理(123456
◎1943/4/22 メア・アイランドにて修理、オーヴァーホール(〜1943/9/6、123
1944/6/19 フィリピン海にて日本軍機の爆撃(至近弾)により損傷
1945/1/6 リンガエン湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/4? ブレマートンにて修理
◎1946/5/21 フィラデルフィアにて保管
◎1959/8/14 解体のため、Union Metals & Alloys Corp. に売却
◎後にChesterにて修理(12
◎Marshall-Gilbert Raids, Salamaua-Lae Raid, Coral Sea, Midway, Cuadalcanal-Tulagi, Eastern Solomons, Tassafaronga, Wake I. Raid 1943, Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Marianas Raid Feb 1944, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Guam, Palau, Leyte, Surigao Strait, Luzon Raids Oct 1944, Lingayen, Mariveles-Corregidor, Okinawa, Operation Magic Carpet.
タスカルーサ
12
Tuscaloosa CA-37 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1934/8/17 1946/2/13 1959/3/1 ◎1931/9/3 起工
◎1933/11/15 進水
◎1934/12下旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にてPSA(〜1935/3)
◎1939 ノーフォーク海軍工廠にて改装
◎1940/1下旬 ノーフォーク海軍工廠にて改装
◎1942/2/8 チャールズタウン海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1942/2/20)
◎1942秋 オーヴァーホール
◎1942晩秋? 修理、改装
◎1943/12上旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/2)
◎1944/4 チャールズタウン海軍工廠にて装備を設置
◎退役後、保管
◎1959/6/25 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Carried President Roosevelt to Maine, Aug 1939 and on cruise to Panama, Feb 1940 (1, 2, 3). Action with French warships off Casablanca, 8 Nov 1942. Russian convoys, Morocco, Norway Raid Oct 1943, Normandy, Southern France, Iwo Jima, Operation Magic Carpet.
サン・フランシスコ
12
San Francisco CA-38 メア・アイランド海軍工廠 1934/2/10 1946/2/10 1959/3/1 ◎1931/9/9 起工
◎1933/3/9 進水
◎後にメア・アイランド海軍工廠にて改装(〜1935/1)
◎1940/5 海軍工廠ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール(76o砲4基を設置)
◎1941/10中旬 真珠湾海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1941/12/15)
1942/9/30 ニュー・ヘブリディーズ諸島にて軽敷設艦ブリース Breese(DM-18)と衝突
1942/11/12 ガダルカナルにて日本海軍機の衝突により損傷(12
1942/11/13 第三次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲撃により損傷(12
◎1942/12/14 メア・アイランド海軍工廠にて修理(12
◎1944/8/16 メア・アイランドにてオーヴァーホール(〜1944/10/17、123456
1945/2/24 硫黄島にて嵐により損傷
◎1946/1下旬? フィラデルフィアにて不活性化工事
◎退役後、フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1959/9/9 解体のため、ニュー・ヨークのUnion Mineral & Alloys Corp. に売却
◎後にPanama Cityにて解体
マストはサン・フランシスコのサン・フランシスコ公園にて展示
◎Damaged by 45 hits from gunfire, Battle of Guadalcanal, 13 Nov 1942 (80 killed, including RADM Daniel Callaghan and Capt. Cassin Young). Pearl Harbor, Salamaua-Lae Raid, Guadalcanal-Tulagi, Cape Esperance, Battle of Guadalcanal, Attu, Wake I. Raid 1943, Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Guam, Luzon Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Honshu Raid Feb 1945, Iwo Jima, Okinawa.
クインシー
12
Quincy CA-39 ベスレヘム・シップビルディング社 1936/6/9 ◎1931/11/15 起工
◎1935/6/19 進水
◎ボストンにて就役
◎1936/10上旬 チャールズタウン海軍工廠にて改装
◎1938/4末 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1939? ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1940/5)
◎1942春 ニュー・ヨーク海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1942/5末、12
1942/8/9 第一次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により沈没
◎Spanish Civil War (Sqn 40T), Jul-Sep 1936. Neutrality patrol. Received over 36 hits from gunfire and two torpedoes by Japanese warships and capsized off Savo I., 9 Aug 1942 (370 killed). Guadalcanal-Tulagi.
ヴィンセンズ
12
Vincennes CA-44 ベスレヘム・シップビルディング社 1937/2/24 1942/11/2 ◎1934/1/2 起工
◎1936/5/21 進水
◎1938末? メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1940末? ポーツマス海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1942/6初め? 真珠湾海軍工廠にて修理、改装(〜1942/7初め)
1942/8/9 第一次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により沈没
◎Neutrality patrol. Carried 200 tons French gold from Casablanca to New York, 10 Jun-20 Jun 1940. Received over 57 hits from gunfire and one torpedo from Japanese warships and capsized off Savo I., 9 Aug 1942 (332 killed). Midway, Guadalcanal-Tulagi.


Update 17/04/08