BB
戦艦


軽荷排水量:32,400t(32,600tともいわれる) 満載排水量:33,590t(BB-46、BB-48は38,400t(1945年時)) 全長:190.34m(BB-46〜BB-48は190.19m) 幅:29.71m(BB-48は29.65m、近代化改装時には34.74m) 吃水:9.29m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶8基(BB-44はビューロー・エクスプレス缶) 主機/軸数:ウェスティングハウス式ターボエレクトリック2基(BB-46〜BB-48はジェネラル・エレクトリック式ターボエレクトリック)/4軸 出力:26,800馬力(28,900馬力ともいわれる) 速力:21.0kt(BB-46は21.17kt) 燃料搭載量:重油4,656t 航続力:10ktで21,100浬 兵装:45口径406o連装砲4基、51口径127o単装砲12基、50口径76o単装対空砲8基、533o水中魚雷発射管2門(1945年には45口径406o連装砲4基、51口径127o単装砲8基、25口径127o単装砲8基、56口径40o4連装機銃8基、40o連装機銃2基、70口径20o4連装機銃1基、70口径20o連装機銃8基、70口径20o単装機銃39基。BB-46は45口径406o連装砲4基、51口径127o単装砲14基、50口径76o単装対空砲8基、533o水中魚雷発射管2門、1945年には45口径406o連装砲4基、51口径127o単装砲8基、38口径127o連装砲8基、56口径40o4連装機銃11基、40o連装機銃2基、70口径20o4連装機銃1基、70口径20o連装機銃29基。BB-48は1945年には45口径406o連装砲4基、38口径127o連装砲8基、56口径40o4連装機銃10基、40o連装機銃2基、70口径20o4連装機銃1基、70口径20o連装機銃1基、70口径20o単装機銃59基 装甲:水線203.2o〜342.9o、砲塔前楯457.2o、砲塔天蓋127o、甲板88.9o、隔壁342.9o、バーベット114.3o〜330.2o、司令塔406.4o 搭載機:なし(1925年には水上偵察機3機、大改装後には水上偵察機2機) 乗員:士官57名、下士官兵1,026名(士官、下士官兵合わせて1,332名ともいわれる、BB-46は士官、下士官兵合わせて1,080名、BB-47は士官、下士官兵合わせて1,354名、BB-48は士官、下士官兵合わせて1,407名)
メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから)
※Four photos for the 1933 400 KW Turbine Gear Generator Sets for the battleships: New Mexico (BB-40), Mississippi (BB-41), Idaho (BB-42), Tennessee (BB-43) & Colorado (BB-45).(12345
※1925年にカタパルトを設置、BB-46は1922年に設置(12)。1942年には篭マストを小塔型マストに換装。BB-48は1943年〜1944年に塔型艦橋に換装
※装甲、兵装、装備、改装変遷はこちら
※戦闘報告はこちら
↑コロラド級戦艦コロラド(BB-45)

↑USS West Virginia (BB-48). Off the Puget Sound Navy Yard, Washington, 2 July 1944. She is painted in Camouflage Measure 32, Design 7D. Photograph from the Bureau of Ships Collection in the U.S. National Archives. Image courtesy of HyperWar.

↑Doris Miller, Mess Attendant Second Class, USN (1919-1943). Just after being presented with the Navy Cross by Admiral Chester W. Nimitz, on board USS Enterprise (CV-6) at Pearl Harbor, 27 May 1942. The medal was awarded for heroism on board USS West Virginia (BB-48) during the Pearl Harbor Attack, 7 December 1941. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives. Image courtesy of HyperWar.

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑Image courtesy of Shipbucket.
※下の画像はワシントン(BB-47)が完成し運用されていた場合の想像図

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑Image courtesy of Shipbucket.
1916年3月20日のBattleships 1916案(Preliminary Design No. 162)
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 163)
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 164)
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 165)
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 166)

↑Image courtesy of Shipbucket.
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 167)
1916年3月20日のBattleships 1917案(Preliminary Design No. 168)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コロラド
12
Colorado BB-45 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1923/8/30 1947/1/7 1959/3/1 ◎1919/5/29 起工
◎1921/3/22 進水
◎1923/8/30 引き渡される
◎1924/2中旬 ニュー・ヨークにて修理
1927/4/30 マンハッタン島の先端にて座礁
1928/3 ロサンゼルスにて商船Ruth Alexanderと衝突し損傷
1931/11/5 サン・ペドロ北西海域にて127o対空砲の暴発事故
◎1941/6/26 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて近代化改装(〜1942/3/31)
◎1943/12上旬 西海岸にてオーヴァーホール
◎1944/2下旬 海軍工廠ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール
1944/7/24 テニアン島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1944夏 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて入渠、修理(1234
1944/11/27 レイテ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1944/12中旬 Manus島にて緊急修理
1945/1/9 リンガエン湾にて味方の誤った砲撃により損傷
1945/4/20 沖縄海域にて爆発事故により損傷
◎1946? ピュージェット・サウンド海軍造船所にて不活性化工事
◎退役後、ピュージェット・サウンド海軍造船所にて保管(12
◎1959/6/22(1959/7/23?) 解体のため、シアトルの業者に売却
◎後にシアトルのTodd Shipyardにて解体(123456
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Tinian, Guam, Leyte, Mindoro, Lingayen, Okinawa, Tokyo Bay, Operation Magic Carpet.
#BB-45の搭載レーダー
◎1942 SC対空レーダー
◎1944/10 SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー
メリーランド
12
Maryland BB-46 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1921/7/21 1947/4/3 1959/3/1 ◎1917/4/24 起工
◎1920/3/20 進水
◎1921/7/20 引き渡される
◎1928晩秋 ベスレヘム・スチール社ハンターズ・ポイント造船所にて入渠
1941/12/7 真珠湾にて日本海軍機の攻撃により損傷
◎1941/12/30 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理(〜1942/1)
◎1943春? 真珠湾にて改装
◎1944/2? ブレマートンにてオーヴァーホール
1944/6/22 サイパン島沖にて日本軍機の雷撃により損傷
◎1944/7/10 真珠湾にて入渠、修理(〜1944/8/13、12
1944/11/29 日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1944/12中旬 真珠湾にて修理
1945/4/7 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/5上旬 ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール
◎1946/7/15 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて保管
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1959/7/8 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
Carried President Hoover to South America 1928. Pearl Harbor, Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Palau, Leyte, Surigao Strait, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#BB-46の搭載レーダー
◎1942 SC対空レーダー
◎1944 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
ワシントン
123
Washington BB-47 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 ◎1919/6/30 起工
◎1921/9/1 進水
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約により75.9%の完成度で建造中止
◎1924/11/25 ヴァージニア岬にて砲爆標的として沈没(12345
ウェスト・ヴァージニア
12
West Virginia BB-48 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1923/12/1 1947/1/9 1959/3/1 ◎ニックネームはウィー・ヴィー Wee Vee
◎1920/4/12(1920/4/19?) 起工
◎1921/11/17(1921/11/19?) 進水
◎1923/12/1 引き渡される
◎後にニュー・ヨーク海軍工廠にて改装、オーヴァーホール(〜1924/6)
1924/6/16 ハンプトン・ローズにて機関故障、座礁により損傷、後にブルックリン海軍工廠にて修理
◎1920年代後半 改装
1941/12/7 真珠湾にて日本海軍機の攻撃により損傷、着底(12345678910111213141516171819202122232425
◎1942/5/17(1942/5/30?) 真珠湾にて引き揚げられる(12
◎1942/6/9 真珠湾のDrydock No. 1にて入渠、修理(〜1943/4、12345678910
◎1942/9/9 真珠湾のDrydock No. 1にて出渠
◎1943/5 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて近代化改装(〜1944/7/4、12345678910111213
1944/10/21 座礁、スクリュー損傷
1944/10/25 スリガオ海峡海戦にて前部Mk. 8Mod. 2射撃管制レーダー(1234)射撃前に故障するも射撃開始前に復旧。(他に1、3番砲塔の発火ミスで1番砲塔の右砲が3斉射(第6〜8斉射)、3番砲塔の右砲が7もしくは8斉射(もしくは第7〜14斉射)を逃す。特に長い時間使用不能だった3番砲塔右砲も復旧に6分掛かった)
◎1944/10末? Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1)にて入渠、スクリュー修理(12345
1945/4/1 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/6/17 日本軍機の攻撃により損傷
◎1946/1中旬 シアトルにて不活性化工事
◎1946/2 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて入渠、不活性化工事(12
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1959/8/17(1959/8/24?) 解体のため、ニュー・ヨークのUnion Minerals & Alloys Corp. に売却
◎後にタコマにて解体(12345
Pearl Harbor, Leyte, Surigao Strait, Lingayen, Iwo Jima, Okinawa, Tokyo Bay, Operation Magic Carpet.
☆BB-48の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/25 日本海軍戦艦山城(スリガオ海峡にて損傷を与える)
(←日本海軍戦艦山城(1944年時))
#BB-48の搭載レーダー
◎1941 CXAM対空レーダー
◎1944 SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1945 SK-2対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー


Update 21/10/21