W


※ワシントンD.C. District of Columbiaに所在。 最初、ストレージと造船施設からスタートし、19世紀の間に海軍用兵器の開発と生産、及びテストに関係する重工業施設へと変わっていった。 各種兵装を多数製造する為に、1900年代初期と2回の世界大戦の間に拡大した時に施設はかなり成長した。 艦載用ミサイルが海軍の主要な装備として砲に取って代わった時に、その名前は第二次世界大戦直後の海軍砲熕工場 Naval Gun Factoryに、そして1959年に海軍兵器プラント Naval Weapons Plantに名称を変更。 しかしその後、国防総省での方針転換や事業系統の変更によって数年以内にプラントの産業の仕事は停止、多くは非海軍用途に転換されて名称はワシントン海軍工廠に戻った。 その後、40年位の間に古くなった工業用建物は最近新しい目的の為に修理されたか、新しい建築物に建て直された
↑Washington Navy Yard, District of Columbia. Colored lithograph published by E. Sachse & Company, Baltimore, Maryland, circa 1862. It depicts the Navy Yard as seen from above the Anacostia River, looking north, with Building # 1 and the trophy gun park in the center. Courtesy of Mrs. Worth Sprunt, 1974. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑Naval Gun Factory, Washington Navy Yard, D.C. Scene in the Foundry, during World War II. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
↑Naval Gun Factory, Washington Navy Yard, District of Columbia. View of the Navy Yard and its vicinity, looking east from approximately over South Capitol Street, circa 1946. M Street SE, the Yard's northern boundary, is at left. Half Street and First Street SE (the Yard's western boundary) are at the bottom of the photo. Courtesy of the U.S. Naval Institute Photo Collection, 1981. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑Washington Navy Yard, D.C. View of the central part of the Yard, looking south, circa the early 1990s. M Street SE, the Yard's northern boundary, is in the forground, with the Latrobe Gate in the lower right. At the foot of the Admiral Leutze Park parade ground, in the middle of the view,is the Building 57-44-108 and 67-46 complex, which housed most of the Naval Historical Center. Building 70, which held the Navy Museum, is the long building at right. The small building to the left of Building 70 is Building # 1, which also held Naval Historical Center offices. The bow of the display ship Barry (DD-933) is visible in the upper right. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑Key to Map: Building 36 3rd Floor Communications and Outreach (Public Affairs); Building 44 1st Floor The Navy Department Library, 2nd Floor Entrance to Curator & Photographic Section in Building 108; Building 57 1st Floor Early History Branch Senior Historian, 2nd Floor Contemporary History Branch Director of Naval History, 3rd Floor Operational Archives; Building 67 Navy Art Archives (Not Open to the Public); Building 70 Cold War Gallery Underwater Archaeology; Building 76 The U.S. Navy Museum; Building 108 Entrance to Curator & Photographic Section; Building 70 and Building 57 Aviation History, Ships History / Deck Logs.

↑WASHINGTON (March 2, 2017) - An aerial view of Naval Support Activity (NSA) Washington on the historic Washington Navy Yard (WNY). The Navy base is the "Quarterdeck of the Navy" and serves as the Headquarters for Naval District Washington, where it houses numerous support activities for the fleet and aviation communities. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class John Belanger. (Released)


※ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 William Cramp & Sons Ship & Engine Building Companyはフィラデルフィア Philadelphiaのケンジントン地区 Kensington district、デラウェア川 Delaware Riverに沿った都心の北東に建設。1830年に設立されて、最初は快走大型帆船と他の商船用の建造をしていた。19世紀の終わりまでに、クランプはフィラデルフィア・エリアの最も大きなビジネスの1つになり、戦艦インディアナ Indianaを含むアメリカ海軍艦船の主要な造船会社となる。1919年に、同社はW. エーヴレル・ハリマン W. Averell Harrimanが所有するアメリカン・シッピング&コマース社 American Shipping & Commerce Corporationによって買収。1927年に営業停止となっていたが、造船所は政府が22,000,000ドル投資し、クランプ造船所 Cramp Shipbuildingとして1940年において再開。戦時生産は主として軽巡洋艦と潜水艦から成った。第二次世界大戦後に造船所は閉鎖、現在は工業団地となっている
潜水艦ガトー/バラオ級の項でも触れたが、クランプ造船所はポーツマス海軍工廠製の図面で建造。ポーツマス海軍工廠設計案は主錨が左舷。上部構造のフリー・フラッド・ホール(半月の穴が一列に並んでいるヤツ)が、ポーツマス海軍工廠設計案は角丸長方形で、上部構造の後端まで上下3〜1列に連続して並ぶ。エレクトリック・ボート社設計案は主錨が右舷。上部構造のフリー・フラッド・ホールが半月型。艦橋(Farewater)の直前まで並び、その後はスリット状になっている
↑William Cramp & Sons Ship & Engine Building Company, Philadelphia, Pennsylvania. World War II-era photo.
※同社は、1910年代にキューバからの依頼で、以下の艦も建造した
↑キューバ海軍巡洋艦パトリア Patria(竣工時)
↑キューバ海軍巡洋艦キューバ Cuba(1937年時)
※同社は、1898年にロシアからの依頼で、以下の艦も建造した

↑日本海軍戦艦肥前(元ロシア海軍戦艦レトヴィザン Retvizan)


Update 17/03/13