E


※イースタン・マリーン Eastern Marineは1976年に設立、漁船や船舶の建造に成功するも1980年代半ばの低迷で苦戦し、1988年に倒産。新しい会社、イースタン・シップヤーズ Eastern Shipyardsがすぐに現れたが、1992年に2隻の溶融硫黄運搬船を建造する契約をするも建造後に閉鎖。その後、トリニティ・マリン Trinity Marineにアラントン・ロード施設 Allanton Road facilityは買収された。ハルター・マリン・グループ Halter Marine Groupの一員として分離される1997年までモスボール状態だった。一方、イースタン・シップビルディング・グループ Eastern Shipbuilding Groupは1997年にネルソン・ストリート造船所 Nelson Street shipyardで運営を再開。2000年にフリード・ゴールドマン・ハルター社 Friede Goldman Halter, Inc. からアラントン・ロード造船所 Allanton Road shipyardを買収した
※2018年10月10日に中型海上警備カッター・アーガス Argus(WMSM-915)の建造を開始する予定がハリケーン・マイケル Hurricane Michael(カテゴリー4)により遅れた(12
↑Eastern Shipbuilding Florida shipyard. Google Image. Image courtesy of USNI news.


※コネチカット州 State of Connecticutのグロートン Grotonにて、1899年にエレクトリック・ボート社 Electric Boat(EB)が設立。1960年、ジェネラル・ダイナミックス社 General Dynamics(GD)が買収
潜水艦ガトー/バラオ級の項でも触れたが、エレクトリック・ボート社はもちろんエレクトリック・ボート社製の図面で建造。エレクトリック・ボート社設計案は主錨が右舷(潜水艦ガトー/バラオ級の(最初の3隻(ガトー Gato(SS-212)グルーパー Grouper(SS-214))は両舷に装備するも後に1基に減らされる)。上部構造のフリー・フラッド・ホール(半月の穴が一列に並んでいるヤツ)が半月型。艦橋(Farewater)の直前まで並び、その後はスリット状になっている。ポーツマス海軍工廠設計案は主錨が左舷。上部構造のフリー・フラッド・ホールが角丸長方形で、上部構造の後端まで上下3〜1列に連続して並ぶ。同社で建造されたのガトー(SS-212)グルーパー(SS-214)シアロー Cero(SS-225)の3隻は上部構造の半月型フリー・フラッド・ホールの上に角丸長方形型フリー・フラッド・ホールが上部構造の後端まで連続して追加されている。この改装は1943年後半〜1944年前半にかけてのもの


Update 18/11/03