沿岸掃海艇

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
排水量:405t 全長:43.89m 幅:8.22m 吃水:2.74m 主機/軸数:ジェネラル・モータース式ディーゼル2基/2軸 出力:900馬力 速力:14.0kt 兵装:20o対空機銃2基 乗員:40名

↑Aarosund (M571) ex-MSC-127. Image courtesy of Shipbucket.
↑Alssund (M572) ex-MSC-128. Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
MSC-60 コンソリデーテッド・スチール社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-60)に改める
◎1973(1974?) 除籍、処分
MSC-61 コンソリデーテッド・スチール社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-61)に改める
◎1976 除籍、処分
MSC-62 コンソリデーテッド・スチール社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-62)に改める
◎1973(1974) 除籍、処分
MSC-63 Henry B. Nevins, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-63)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Shan(M165)と改名
◎後に艦種記号をM476に改める
◎1995/4/1 退役、除籍
◎1983 解体のため売却
MSC-64 Henry B. Nevins, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-64)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Jen(M163)と改名
◎後に艦種記号をM485に改める
◎1995 除籍
MSC-65 Henry B. Nevins, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-65)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Sui(M164)と改名
◎後に艦種記号をM462に改める
◎1994 除籍
MSC-66 ハーバー・ボート社ターミナル・アイランド造船所 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-66)に改める
◎1966(1967?) Marjolaineと改名
◎1977/7 チュニジアに貸与されSousse(M640)と改名
◎1988 除籍、解体
MSC-67 ハーバー・ボート社ターミナル・アイランド造船所 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-67)と改める
◎1985/8 除籍、解体
MSC-68 ハーバー・ボート社ターミナル・アイランド造船所 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-68)に改める
◎1980/12/29 除籍、売却
◎1983 解体
ビッターン Bittern MSC-69 Frank L. Samples, Jr., Inc. ◎1953/10 艦種を沿岸掃海艇(MSC-69)に改める
◎1983/12 退役、除籍
MSC-70 Frank L. Samples, Jr., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-70)に改める
◎1981/9 退役、除籍
◎1984/11/23 売却
MSC-71 Frank L. Samples, Jr., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-71)に改める
◎1970 艦種記号をA701に改める
◎1989 除籍
◎1989/9/15 売却
MSC-72 Burger Boat Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-72)に改める
◎1977 除籍、解体
MSC-73 Burger Boat Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-73)に改める
◎1974 解体(1976年4月7日に売却ともいわれる)
MSC-74 Henry C. Grebe & Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-74)に改める
◎1995/10/10 ギリシャに貸与されErato(M60)と改名
◎2006 除籍
MSC-75 Henry C. Grebe & Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-75)に改める
◎1995/10/10 ギリシャに貸与されEuniki(M61)と改名
MSC-76 Henry C. Grebe & Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-76)に改める
◎1993 除籍
MSC-77 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-77)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Fu(M162)と改名
◎後に艦種記号をM482に改める
◎1995 除籍
MSC-78 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-78)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Chen(M168)と改名
◎後に艦種記号をM441に改める
◎1995 除籍
MSC-79 Lake Union Dry Dock Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-79)に改める
◎1974 解体(1976年4月7日に売却ともいわれる)
MSC-80 Lake Union Dry Dock Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-80)に改める
◎1976/4/9 売却(1980年に解体ともいわれる)
MSC-81 Lake Union Dry Dock Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-81)にと改める
◎1980(1992?) 除籍
MSC-82 Lake Union Dry Dock Co., Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-82)に改める
◎1988(1995?) 除籍
MSC-83 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-83)に改める
◎後に艦種記号をQ591に改める
◎1974 除籍、フランスより返還
MSC-84 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-84)に改める
◎1973/6/21 チュニジアに貸与されHannibal(M673)と改名
◎1988 除籍、処分
MSC-85 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-85)に改める
◎1977/11/2 退役、除籍
◎1980/9/19 売却
◎1981 解体
MSC-86 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-86)に改める
◎1980/12/29 除籍、売却
◎1983 Toulonにて解体
MSC-87 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-87)に改める
◎1976/7/1 艦種記号をA770に改める
◎1988 除籍、解体
MSC-88 Berg Shipbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-88)に改める
◎1982(1988?) 除籍
MSC-89 Berg Shipbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-89)に改める
◎1982 解体(1991年に除籍ともいわれる)
MSC-90 Berg Shipbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-90)に改める
◎1982 除籍、解体
MSC-91 M. M. Davis & Sons, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-91)に改める
◎1976 除籍、解体
MSC-92 M. M. Davis & Sons, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-92)に改める
◎1973 解体(1976年に除籍ともいわれる)
MSC-93 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-93)と改める
◎1981/3/11 退役、除籍
◎1985/1/14 解体のため売却
◎1986 解体
MSC-94 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-94)に改める
◎1968/12/1 退役
◎1969/11/10 フランスより返還、ウルグアイに貸与されRio Negro(MS13(MS131?))と改名
◎後に艦種記号をMS32に改める
◎1990 除籍
MSC-95 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-95)に改める
◎1955/6/3 日本に供与され掃海艇はしま(MSC-652)となる
◎1970/3/2 艦種を特務船(YAS-47)に改める
◎1976/3/31 除籍、解体
MSC-96 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-96)に改める
◎1981(1985?) 除籍
◎1985/8 解体のため売却
MSC-97 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-97)に改める
◎1981/8 退役、除籍
◎1982/5/18 解体のため売却
◎1984 解体
MSC-98 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-98)に改める
◎1974 艦種記号をA723に改める
◎1987 除籍
MSC-99 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-99)に改める
◎1955/5/21 フランス海軍にて就役
◎1982(1985?) 除籍
◎1985/8 解体のため売却
MSC-100 Tampa Marine Corp. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-100)に改める
◎1972 除籍、オランダより返還
MSC-101 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-101)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10/30 台湾に貸与されYung Ching(M167)と改名
◎後に艦種記号をM432に改める
MSC-102 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-102)に改める
◎1986 除籍
MSC-103 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-103)に改める
◎1966 ベルギーより返還
◎1966/3 ノルウェーに貸与されTana(M313)と改名
◎1997 除籍
MSC-104 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-104)に改める
◎1966 ベルギーより返還
◎1966/5 ノルウェーに貸与されAlta(M314)と改名
◎1997 除籍
MSC-105 Tampa Marine Corp. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-105)に改める
◎1975 除籍
MSC-106 Tampa Marine Corp. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-106)に改める
◎1975(1976?) 除籍
MSC-107 Tampa Marine Corp. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-107)に改める
◎1975 除籍
MSC-108 Tampa Marine Corp. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-108)に改める
◎1975 除籍
MSC-109 Broward Marine, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-109)に改める
◎1972 オランダより返還、除籍
MSC-110 Broward Marine, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-110)に改める
◎1975 除籍
MSC-111 Broward Marine, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-111)に改める
◎1974 除籍
MSC-112 Broward Marine, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-112)に改める
◎1975(1976?) 除籍
MSC-113 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-113)に改める
◎1977(1983?) 除籍
◎1983/10 解体のため売却
MSC-114 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-114)に改める
◎1974 艦種をA711に改める
◎1986/12/1 退役
◎1986(1989?) 除籍
◎1989/3/28 売却
MSC-115 Tacoma Boat Building Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-115)に改める
◎1976/7 艦種をA680に改める
◎1981/12/15 退役
◎1982 除籍
MSC-116 Pacific Boatbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-116)に改める
◎後に艦種をQ583に改める
◎1976/7/30 退役
◎1977(1983?) 除籍
◎1983/10 売却
MSC-117 Pacific Boatbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-117)に改める
◎1983/1/7 退役
◎1985/8 除籍、解体のため売却
MSC-118 Pacific Boatbuilding Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-118)に改める
◎1983/7 退役
◎1983(1985?) 除籍
◎1985/8 ブレストにて解体のため売却
MSC-119 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-119)に改める
◎1983 除籍
MSC-120 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-120)に改める
◎後に艦種をQ592に改める
◎1974 除籍、フランスより返還
MSC-123 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-123)に改める
◎1955/6 フランスより返還
◎1955/6/4 台湾に貸与されYung An(449)と改名
◎後に艦種記号をMSC-156に改める
◎1993 除籍
MSC-124 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-124)に改める
◎後に艦種をM693に改める
◎1970/3/24 フランスより返還、トルコに貸与されSelcuk(M508)と改名
◎1998 科学調査船に改装、艦種記号をY90に改める
◎1998(2001?) 除籍
MSC-125 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-125)に改める
◎後に艦種をM695に改める
◎1983(1984?) 除籍
◎1984/3/3 退役
◎後に解体
MSC-126 Stephens Brothers, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-126)に改める
◎1955/5/21 フランス海軍にて就役
◎後に艦種をM697に改める
◎1982(1984?) 除籍
◎1984 解体
MSC-127 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-127)に改める
◎1981 除籍
◎1982/3/1 退役
MSC-128 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-128)に改める
◎1955/3/22(1955/3/27?) 竣工、デンマークに貸与されAlssund(M572)と命名
◎1955/4/5 デンマーク海軍にて就役
◎1988 除籍
◎1989/11/30 退役
MSC-129 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-129)に改める
◎1955/7/19 デンマークに貸与されEgernsund(M573)と命名
◎後にデンマーク海軍にて就役
◎1988 除籍
◎1989/12/31 退役
MSC-130 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-130)に改める
◎1955/5/18 竣工
◎1955/6/1 スペインに貸与されTuria(M24(M27?))と命名
◎1980 艦種を哨戒艇(PVZ52(PVZ54?))に改める
◎1986 艦種記号をP52(P54?)に改める
◎1993 除籍
◎1999/8/2 La Manga del Mar Menorにて人工環礁のため沈没処分
MSC-131 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-131)に改める
◎1955/2/7 竣工、ベルギーに貸与されDe Panne(M925)と命名
◎1969 ベルギーより返還
◎後に台湾に貸与され部品供給艦となる(1970年11月19日にトルコに貸与されSeymen(M507)と改名ともいわれる)
MSC-132 Hiltebrant Drydock Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-132)に改める
◎1955/11/14 竣工、ノルウェーに貸与されSira(M312)と命名
◎1992 除籍
MSC-133 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-133)に改める
◎1980 除籍、解体
MSC-134 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-134)に改める
◎1980 除籍、解体
MSC-135 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-135)に改める
◎1973 艦種を海洋測量船(A5307)に改める
◎1980 除籍、解体
MSC-136 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-136)に改める
◎1990 除籍
MSC-137 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-137)に改める
◎1981 除籍
MSC-138 Bellingham Shipyards Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-138)に改める
1957/12/4 Karachiにてインド軍のSS-N-2スティックス対艦ミサイルにより沈没
MSC-139 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-139)に改める
◎1955/4/30 スペイン海軍にて就役
◎1980 艦種を哨戒艇(PVZ51)に改める
◎1986 艦種記号をP51に改める
◎1993(1999?) 除籍
◎1999/6/6 Mazarron Bayにて人工環礁のため沈没処分
MSC-140 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-140)に改める
◎1955/6/3 退役
◎1955/6 フランスより返還、台湾に貸与されYung Ping(MSC-155(MSC-156?))と改名
◎1982 除籍
MSC-141 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-141)に改める
◎後に艦種をM694に改める
◎1980 除籍
◎1982/11/25 Toulonにて解体のため売却
MSC-142 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-142)に改める
◎後に艦種をM696に改める
◎1970/3/24 フランスより返還、トルコに貸与されSeyhan(M509)と改名
◎1998 除籍
MSC-143 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-143)に改める
1979/4/24 火災により損傷
◎1979/7/4 除籍、解体
MSC-144 サウス・コースト社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-144)に改める
◎1970/3/2 艦種を特務船(YAS-46)に改める
◎1978/3/20 除籍
MSC-145 Stowman Shipyards, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-145)に改める
◎1976 除籍、解体
MSC-146 Stowman Shipyards, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-146)に改める
◎1975(1976?) 除籍、解体
MSC-147 Stowman Shipyards, Inc. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-147)に改める
◎1974(1975?) 除籍、解体
MSC-148 George W. Kneass Co. 1976/7 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-148)に改める
◎1975 オランダより返還
◎除籍後、インドのNizzam of Hyderabadに売却されKalbarrieと改名
MSC-149 George W. Kneass Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-149)に改める
◎1975(1976?) 除籍
MSC-150 George W. Kneass Co. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-150)に改める
◎1974(1976?) 除籍
◎除籍後、民間に売却され商船V. A. Islanderとなる
◎1980 Alysse Maruと改名
◎1980 Gigamileと改名
MSC-151 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-151)に改める
◎1966/9 ノルウェーに貸与されGlomma(M317)と改名
◎1991(1992?) 除籍
MSC-152 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-152)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/10 台湾に貸与されYung Chi(M166)と改名
◎後に艦種記号をM497に改める
◎1991 除籍
MSC-153 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-153)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/7/25 ギリシャに貸与されAntiopi(M205)と改名
◎1995 除籍
MSC-154 Hodgdon Brothers, Goudy & Stevens ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-154)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/9/26 ギリシャに貸与されFaedra(Phedra?、M206)と改名
MSC-167 ピュージェット・サウンド海軍造船所 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-167)に改める
◎1975 除籍
MSC-168 ピュージェット・サウンド海軍造船所 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-168)に改める
◎1972 除籍、オランダより返還
MSC-169 コンソリデーテッド・シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-169)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/7/25 ギリシャに貸与されAtalanti(M202)と改名
MSC-170 コンソリデーテッド・シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-170)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/9/11 ギリシャに貸与されThalia(M210)と改名
◎2004/12/17 退役
MSC-171 コンソリデーテッド・シップビルディング社 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-171)に改める
◎1969 ベルギーより返還
◎1969/9/11 ギリシャに貸与されNiovi(M254)と改名
MSC-214 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-214)に改める
◎1956/11/8 竣工、イタリアに貸与されBambu(M5521)と命名
◎1985 艦種を哨戒艇(P495)に改める
MSC-215 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-215)に改める
◎1956/11/8 竣工、イタリアに貸与されEbano(M5522)と命名
◎1990 除籍
MSC-216 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-216)に改める
◎1956/12/5 竣工、イタリアに貸与されMango(M5523)と命名
◎1985 艦種を哨戒艇(P496)に改める
◎1997 除籍
MSC-217 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-217)に改める
◎1957/1/9 竣工、イタリアに貸与されMogano(M5524)と命名
◎1985 艦種を哨戒艇(P497)に改める
◎1999 除籍
MSC-238 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-238)に改める
◎1957/2/28 竣工、イタリアに貸与されPalma(M5525)と命名
◎1985 艦種を哨戒艇(P498)に改める
MSC-239 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-239)に改める
◎1957/2/28 竣工、イタリアに貸与されRovere(M5526)と命名
◎1974 除籍
MSC-240 Cantiere Riuniti dell'Adriatico ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-240)に改める
◎1957/4/15 竣工、イタリアに貸与されSandalo(M5527)と命名
◎1988 除籍


軽荷排水量:330t(362tともいわれる、MSC-122、MSC-19〜MSC-193、MSC-196は290t、MSC-195、MSC-199、MSC-201、MSC-203、MSC-204、MSC-209は320t、MSC-200は335t) 満載排水量:370t(MSC-202、MSC-205〜MSC-208は412t) 全長:43.98m(MSC-122、MSC-190〜MSC-194、MSC-196、MSC-199〜MSC-201、MSC-203、MSC-204、MSC-209は43.89m、MSC-202、MSC-205〜MSC-208は44.19m) 幅:8.29m(8.53mともいわれる) 吃水:3.65m(MSC-122、MSC-190〜MSC-193、MSC-195、MSC-196、MSC-199、MSC-201〜MSC-204、MSC-209は2.74m、MSC-194は2.62m、MSC-200は2.56m) 主機/軸数:パッカード式ディーゼル4基(MSC-200はジェネラル・モータース式8-268Aディーゼル2基)/2軸 出力:1,200馬力(MSC-200は880軸馬力(制動馬力)) 速力:14.0kt(MSC-190〜MSC-193、MSC-199、MSC-201、MSC-203、MSC-204、MSC-209は13.0kt、MSC-197、MSC-198は13.6kt、MSC-205〜MSC-208は12.8kt) 航続力:10.0ktで2,500浬 兵装:20o連装機銃1基、12.7o機銃2基、81o迫撃砲1基(MSC-197、MSC-198、MSC-202は12.7o機銃2基、81o迫撃砲1基、MSC-199は7.62o機銃2基、MSC-209は40o機銃1基) 乗員:39名(MSC-202、MSC-205〜MSC-208は40名、MSC-209は50名)
※仕様の差異から、MSC-190以降をファルコン級、MSC-200以降をレッドウィング級ともいわれる
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブルーバード Bluebird MSC-121 メア・アイランド海軍造船所 1953/7/24 1971/7/1 1975/1/2 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-121)に改める
◎1968/9/9 Ft. Lauderdaleにて海軍予備練習船となる
◎退役後、保管
◎1971/12 ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1979/8/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎1979/9 解体のため、Capistrano BeachのOskco Edwardsに売却
コルモラン Cormorant MSC-122 メア・アイランド海軍造船所 1953/8/14 1974/3/15 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-122)に改める
◎1974/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎1974 民間に売却されPelicanと改名
ファルコン Falcon MSC-190 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1954/11/24 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-190)に改める
◎1971/6/24 インドネシアに貸与されPulau Aru(M722)と改名
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
フリゲイト・バード Frigate Bird MSC-191 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1955/1/13 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-191)に改める
◎1971/8/11 インドネシアに貸与されPulau Atang(Pulau Antung?、M721)と改名
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
ハミング・バード Humming Bird MSC-192 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1955/2/9 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-192)に改める
◎1971/7/12 インドネシアに貸与されPulau Impalasa(M720)と改名
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
ジャカナ Jacana MSC-193 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1955/3/10 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-193)に改める
◎1955/2/25 進水
◎1971/4/7 インドネシアに貸与されPulau Aruan(M718)と改名
◎1976/9/1 売却
キングバード Kingbird MSC-194 Quincy Adams Yacht Yard, Inc. 1955/4/27 1972/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-194)に改める
1971/5/12 ペンサコラにて商船と衝突し損傷、全損と認定
◎1973/3/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
リンプキン Limpkin MSC-195 Broward Marine, Inc. 1955/3/26
(1955/4/10?)
1968/9/26 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-195)に改める
◎1955/8上旬? 修理改装
◎退役後、Perth Amboyにて海軍予備練習船となる
◎1971/6/24 インドネシアに貸与されPulau Anjer(M719)と改名
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
メドウラーク Meadowlark MSC-196 Broward Marine, Inc. 1955/5/14 1976/5/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-196)に改める
◎1971/4/7 インドネシアに貸与されPulau Alau(M717)と改名
◎1976/9/1 売却
パロット Parrot MSC-197 Broward Marine, Inc. 1955/6/28 1968/9/26 1972/8/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-197)に改める
◎1968/9/26 アトランティック・シティにて海軍予備練習船となる
◎1976/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
ピーコック Peacock MSC-198 Harbor Boat Building Co. 1955/3/16 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-198)に改める
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
フィービー Phoebe MSC-199 Harbor Boat Building Co. 1955/4/29 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-199)に改める
◎1976/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
レッドウィング Redwing MSC-200 Tampa Marine Corp. 1955/1/7 1959/6/16 1959/6/18 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-200)に改める
◎1959春? ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1959/6/18 スペインに貸与されSil(M29)と改名
◎1970年代末 艦種を哨戒艇(PVZ55)に改める
◎1982 艦種を掃海艇(M27)に改める
◎2003/4/15 除籍
シュライク Shrike MSC-201 Tampa Marine Corp. 1955/3/21 1968/9/27 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-201)に改める
◎退役後、ウィルミントンにて海軍予備練習船となる
◎1978/4 解体のため売却
スプーンビル Spoonbill MSC-202 Tampa Marine Corp. 1955/6/14 1959/6/16 1959/6/16 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-202)に改める
◎1955/7/26 ジャクソンヴィルのRawles Brothers' ShipyardにてPSA(〜1955/8/24)
◎1959/3/10? ノーフォーク海軍造船所にてオーヴァーホール
◎1959/6/16(1959/7/1?) スペインに貸与されDuero(M28)と改名
◎1980 艦種記号をM23に改める
◎1999/12/16 除籍
スラッシャー Thrasher MSC-203 Tampa Marine Corp. 1955/8/16 1961/8/1 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-203)に改める
◎1960/2? サン・フランシスコ海軍造船所にて改装
◎退役後、海軍予備練習船となる
◎1975/5/1 メア・アイランドへ曳航、Inactive Ship Facilityにより不活性化工事
◎1975/12/5 シンガポールに売却されMercury(M102)と改名
◎1976 シンガポール海軍にて就役
◎1990 除籍
◎1995 処分
スラッシュ Thrush MSC-204 Tampa Marine Corp. 1955/11/8 1975/7/1 1977/8/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-204)に改める
◎1971 Port Evergladesにて海軍予備練習船となる
◎退役後、Virginia Marine Instituteに移管
◎1982/8/1 解体
ヴィレオ Vireo MSC-205 Bellingham Shipyards Co. 1955/6/7 1970/10/1 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-205)に改める
◎1965? 修理
◎1966 佐世保にてオーヴァーホール
◎退役後、シアトルにて海軍予備練習船となる
◎1975/10/1(1975/10/14?) フィジーに貸与されKura(MSC-205)と改名
◎1985 除籍、処分
ウォーブラー Warbler MSC-206 Bellingham Shipyards Co. 1955/7/23 1970/10/1 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-206)に改める
◎タコマの海軍基地にて就役
1969/9/5 佐世保〜台湾間にて機関故障、ミサイル護衛艦スコフィールド Schofield(DEG-3)がKaohsiungへ曳航、修理(〜1969/9/10)
◎退役後、シアトルにて海軍予備練習船となる
◎1975/10/14 フィジーに売却されKiro(MSC-206)と改名
◎1995/10/10 退役
◎1996 除籍、焼却処分
ウィップーアウィル Whippoorwill MSC-207 Bellingham Shipyards Co. 1955/10/20 1970/12/15 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-207)に改める
◎タコマにて就役
◎1970/11中旬 ロング・ビーチにて修理
◎退役後、サン・フランシスコにて海軍予備練習船となる
◎1975/5/2 Vallejoへ曳航、Inactive Ship Facilityにより不活性化工事(〜1975/6/30)
◎1975/12/5(1979/8?) シンガポールに売却されJupiter(M101)と改名
◎1976 シンガポール海軍にて就役
◎1990(1995?) 除籍、処分
ウィジョン Widgeon MSC-208 Bellingham Shipyards Co. 1955/11/28 1969/10/1
(1969/10/10?)
1973/7/2 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-208)に改める
◎タコマの海軍基地にて就役
◎1956/1末 ロング・ビーチ海軍造船所にて修理改装
◎佐世保にて修理、改装
◎退役後、ロング・ビーチにて保管
◎1969/10 サン・ディエゴにて海軍予備練習船となる
◎1974/1 売却
◎1974/6 解体
ウッドペッカー Woodpecker MSC-209 Bellingham Shipyards Co. 1956/2/3 1970/12/15 1975/7/1 ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-209)に改める
◎1956/10 横須賀にて修理
◎1958/11上旬 佐世保にて入渠、修理改装
◎1960/4/21 佐世保にて入渠、修理(〜1960/5/31)
◎1961 横須賀にてオーヴァーホール
◎1961/9? 香港にて入渠(〜1961/11/30)
◎1962/10 佐世保にてオーヴァーホール(〜1962/12)
◎1963/9中旬 佐世保にて入渠
◎1964後半? スービック湾と佐世保にてオーヴァーホール
◎1965 近代化改装(〜1966)
◎1968/1中旬 佐世保にて修理改装
◎1968/10下旬 スービック湾と佐世保にて修理
◎1969/3/3 オーヴァーホール
◎1970/11 シアトルにて不活性化工事
◎退役後、シアトルで海軍予備練習船に改装
◎1975/10/14 フィジーに売却されKikau(MSC-204)と改名
◎1990 人工環礁のため沈没処分


軽荷排水量:373t(MSC-254は380t) 満載排水量:417t 全長:45.65m(MSC-254は44.34m) 幅:8.53m(MSC-254は8.22m) 吃水:2.74m(MSC-254は2.59m) 主機/軸数:ジェネラル・モータース式8-268Aディーゼル2基もしくはMAN式V6V 22/30ディーゼル2基(MSC-254はメルセデスベンツ式ディーゼル)/2軸 出力:2,500馬力(MSC-254は4,000馬力) 速力:16.0kt(MSC-254は15.0kt) 兵装:40o対空機銃2基(MSC-254は20o機銃2基) 乗員:38名(MSC-254は48名)

↑Dokkum (M801) ex-MSC-172. Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
MSC-172 Wilton Fijenoord Dok-en Werf Maats.
(Wilton Feyenoord?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-172)に改める
◎1955/7/20 竣工、オランダに貸与されDokkum(M801)と命名
◎1955/7/26 オランダ海軍にて就役
◎1984 除籍
◎1986 艦種記号をY8001に改め、Van Speijkと改名
MSC-173 I.C.H. Holland, Werf Gusto Yard
(N.V. Werf Gusto?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-173)に改める
◎1955/3/22 進水
◎1955/10/28 竣工、オランダに貸与されHoogezand(M802)と命名
◎1955/11/7 オランダ海軍にて就役
◎1992 除籍
MSC-174 Wilton Fijenoord Dok-en Werf Maats.
(Wilton Feyenoord?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-174)に改める
◎1955/8/13 進水
◎1955/12/20 竣工、オランダに貸与されRoermond(M806)と命名
◎1987 退役、部品供給艦となる
◎1996 除籍、DelfzijlのSea Cadetsに移管
◎1997 オランダ海軍に移管
MSC-175 Werf de Noord ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-175)に改める
◎1955/11/5 竣工、オランダに貸与されNaaldwijk(M809)と命名
◎1955/12/8 オランダ海軍にて就役
◎後にDen Helderの引き上げ船台にて入渠
◎1977 FRAM改装工事(〜1977/11/4)
◎1994/1/23 退役
◎2000/6 Naaldwijk Prince Willem-Sea Scoutsに寄贈、船種を練習船(PW809)に改める(12345
2016 映画会社ワーナー・ブラザース・エンターテイメントの映画「ダンケルク Dunkirk」撮影用に用いられる(イギリス海軍掃海艇ブリトマート Britomart(J.22)の役として撮影)
MSC-176 I.C.H. Holland, Werf Gusto Yard
(N.V. Werf Gusto?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-176)に改める
◎1955/9/2 進水
◎1956/4/21 竣工、オランダに貸与されAbcoude(M810)と命名
◎1993 除籍
◎1994 ペルーに貸与されCarasco(AH171)と改名
MSC-177 Wilton Fijenoord Dok-en Werf Maats.
(Wilton Feyenoord?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-177)に改める
◎1955/3/24 進水
◎1956/1/4 竣工、オランダに貸与されDrachten(M812)と命名
◎1956/1/27 オランダ海軍にて就役
◎1993 除籍
MSC-178 J. & K. Smit
(N.V. Machinefabriek en Scheepswerf van P. Smit, Jr.?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-178)に改める
◎1955/4/5 進水
◎1956/3/20 竣工、オランダに貸与されOmmen(M813)と命名
◎1993 除籍、解体
MSC-179 J. & K. Smit
(N.V. Machinefabriek en Scheepswerf van P. Smit, Jr.?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-179)に改める
◎1955/3/20 進水
◎1956/3/15(1955/3/20?) 竣工、オランダに貸与されGiethoorn(M815)と命名
◎1956/3/29 オランダ海軍にて就役
◎1993 除籍
MSC-180 Arnhemische Schps. Maats. ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-180)に改める
◎1955/5/21 進水
◎1956/4/1 竣工、オランダに貸与されVenlo(M817)と命名
◎1992 除籍
MSC-181 I.C.H. Holland, Werf Gusto Yard
(N.V. Werf Gusto?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-181)に改める
◎1956/3/24 進水
◎1956/8/3 竣工、オランダに貸与されDrunen(M818)と命名
◎1956/8/30 オランダ海軍にて就役
◎1984 除籍
MSC-182 Haarlemse Scheepsbouwd Maatschappij ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-182)に改める
◎1956/11/28 進水
◎1957/3/10 竣工、オランダに貸与されWoerden(M820)と命名
◎1957/4/24 オランダ海軍にて就役
◎後に艦種記号をA882に改める
◎1991 除籍
MSC-183 Wilton Fijenoord Dok-en Werf Maats.
(Wilton Feyenoord?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-183)に改める
◎1956/1/27 進水
◎1957/5/10 竣工、オランダに貸与されNaarden(M823)と命名
◎1957/5/18 オランダ海軍にて就役
◎1996 退役、保管
◎1997 除籍、DelfzijlのSea Cadetsに移管
MSC-184 Werf de Noord ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-184)に改める
◎1956/5/8 進水
◎1956/10/15 竣工、オランダに貸与されHoogeveen(M827)と命名
◎1956/11/2 オランダ海軍にて就役
◎1992 除籍
MSC-185 Gusto v/h fa. F.A. Smulders
(N.V. Werf Gusto?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-185)に改める
◎1955/5/2 起工
◎1956/7/21 進水
◎1956/12/20 竣工、オランダに貸与されStaphorst(M828)と命名
◎1957/1/23 オランダ海軍にて就役
◎1984 除籍
MSC-186 Gebr. Niestern Scheepswerven
(Niestern scheepsbouw unie?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-186)に改める
◎1955/3/24 起工
◎1956/4/26 進水
◎1956/10/25 竣工、オランダに貸与されSittard(M830)と命名
◎1956/12/19 オランダ海軍にて就役
◎1996 退役
◎1997 除籍、HarlingenのSea Cadetsに移管
MSC-187 J. & K. Smit
(N.V. Machinefabriek en Scheepswerf van P. Smit, Jr.?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-187)に改める
◎1955/4/5 起工
◎1956/3/13 進水
◎1956/8/18 竣工、オランダに貸与されGemert(M841)と命名
◎1956/9/7 オランダ海軍にて就役
◎1992 除籍
MSC-188 L. Smit & zn
(N.V. Machinefabriek en Scheepswerf van P. Smit, Jr.?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-188)に改める
◎1955/3/30 起工
◎1956/2/9 進水
◎1956/8/20 竣工、オランダに貸与されVeere(M842)と命名
◎1956/9/27 オランダ海軍にて就役
◎1984 除籍
MSC-189 Arnhemse scheepsbouw maatschappij ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-189)に改める
◎1955/3/30 起工
◎1956/5/31 進水
◎1956/11/25 竣工、オランダに貸与されRhenen(M844)と命名
◎1956/12/7 オランダ海軍にて就役
◎1986 除籍
MSC-210 Direction Technique des Constructions Navales
(Directions Techniques des Constructions Naval?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-210)に改める
MSC-211 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-211)に改める
◎1976 退役、除籍
MSC-212 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-212)に改める
◎1978 退役、除籍
◎1980 解体
MSC-213 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-213)に改める
MSC-222 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-222)に改める
◎1955/6/21 進水
◎1955/8/24 竣工、フランスに貸与されPegase(M710)と命名
◎1956/8/6 フランス海軍にて就役
MSC-223 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-223)に改める
◎1955/7/21 進水
◎1955/12/29 竣工、フランスに貸与されBellatrix(M750)と命名
◎1956/8/20 フランス海軍にて就役
◎1972 除籍、フランスより返還
MSC-224 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-224)に改める
◎1955/5/23 進水
◎1955/8/9 竣工、フランスに貸与されPersee(M748)と命名
◎1956/7/13 フランス海軍にて就役
MSC-225 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-225)に改める
◎1956/7/12 進水
◎1955/8/2 竣工、フランスに貸与されDenebola(M751)と命名
◎1957/1/7 フランス海軍にて就役
◎1972 退役、除籍
MSC-226 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-226)に改める
◎1955/3/8 進水
◎1955/10/25 竣工、フランスに貸与されCentaure(M752)と命名
◎1956/9/10 フランス海軍にて就役
◎1970 退役
◎1971 除籍、フランスより返還
MSC-227 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-227)に改める
◎1955/4/23 進水
◎1956/10/26 竣工、フランスに貸与されFomalhaut(M753)と命名
◎1956/9/10 フランス海軍にて就役
◎1970 退役、除籍、フランスより返還
MSC-228 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-228)に改める
◎1955/12/31 進水
◎1956/2/21 竣工、フランスに貸与されCanopus(M754)と命名
◎1956/9/17 フランス海軍にて就役
◎1969 艦種を哨戒艇に改める
◎1973 艦種記号をP659に改める
◎1986/9 退役
◎1986 除籍
MSC-229 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-229)に改める
◎1956/2/27 進水
◎1956/4/23 竣工
◎1957/9/10 ユーゴスラヴィアに貸与されHrabri(M151)と命名
◎後にVukov Klanacと改名
1991/9 損傷、後にクロアチアに拿捕
◎1999 除籍
MSC-230 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-230)に改める
◎1956/5/26 進水
◎1956/7/26 竣工
◎1957/9/10 ユーゴスラヴィアに貸与されSlobodni(M152(M153?))と命名
◎後にBlitvenicaと改名
MSC-231 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-231)に改める
◎1956/6/26 進水
◎1956/10/4 竣工
◎1957/9/10 ユーゴスラヴィアに貸与されSmeli(M153(M152?))と命名
◎後にPodgoraと改名
MSC-232 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-232)に改める
◎1955/5/23 進水
◎1955/9/15 竣工、フランスに貸与されPhenix(M749)と命名
◎1956/12/21 フランス海軍にて就役
◎1989/5 艦種を哨戒艇(P749)に改める
MSC-233 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-233)に改める
◎1955/10/6 進水
◎1955/10/16 竣工、フランスに貸与されCapella(M755)と命名
◎1956/5/1 フランス海軍にて就役
◎後に保管(〜1962/3)
1987/2/28 Zeebruggeにてグアテマラの商船と衝突し損傷
◎1987/4 解体
MSC-234 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-234)に改める
◎1956/1/3 進水
◎1956/1/26 竣工、フランスに貸与されCephee(M756)と命名
◎1956/6/11 フランス海軍にて就役
◎1988/6 退役
◎1988 除籍
MSC-235 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-235)に改める
◎1956/1/3 進水
◎1956/4/30 竣工、フランスに貸与されVerseau(M757)と命名
◎1956/6/11 フランス海軍にて就役
◎1988/6 退役
◎1988 除籍
MSC-236 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-236)に改める
◎1956/5/3 進水
◎1956/7/25 竣工、フランスに貸与されLyre(M759)と命名
◎1957/2/13 フランス海軍にて就役
◎1977 艦種を哨戒艇(P759)に改める
MSC-237 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-237)に改める
◎1956/3/13 進水
◎1956/11/28 竣工、フランスに貸与されAries(M758)と命名
◎1957/5/9 フランス海軍にて就役
◎1974/11/28 モロッコに貸与されTawfic(Q606)と改名
◎1985 除籍、解体
MSC-241 CUF Shipyard ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-241)に改める
◎1955/9/5 進水
◎1956/6/4 竣工、ポルトガルに貸与されSao Roque(M401)と命名
◎1992 除籍
MSC-242 CUF Shipyard ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-242)に改める
◎1955/9/15 進水
◎1956/8/10 竣工、ポルトガルに貸与されLagoa(M403)と命名
◎1992 除籍
MSC-243 Direction Technique des Constructions Navales
(Directions Techniques des Constructions Naval?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-243)に改める
MSC-244 Direction Technique des Constructions Navales
(Directions Techniques des Constructions Naval?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-244)に改める
◎1955/2/26 竣工、フランスに貸与されAntares(M703)と命名
◎1955/7/15 フランス海軍にて就役
◎1976/7/1 艦種を哨戒艇(P703)に改める
◎1981 退役、除籍
MSC-245 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-245)に改める
◎1976/1/1 艦種を哨戒艇(P707)に改める
◎1979/12/3 退役
◎1981 除籍
◎1981/7 解体
MSC-246 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-246)に改める
◎1976 退役、除籍
MSC-247 At. & Ch. Penhoet ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-247)に改める
◎1955/3/28 竣工、フランスに貸与されEridan(M741)と命名
◎1955/7/15 フランス海軍にて就役
◎1976/7/1 艦種を哨戒艇(P741)に改める
◎1977/11/29 Aldebaranと改名
◎1981 除籍
◎1981/7 解体
MSC-248 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-248)に改める
◎1973 退役、除籍
MSC-249 Chantiers & Ateliers Augustin Normand ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-249)に改める
◎1955/3/16 フランス海軍にて就役
◎1970 除籍、フランスより返還
MSC-250 At. & Ch. de Seine
(Ateliers et Chantiers de la Seine Maritime?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-250)に改める
◎1955/3/16 フランス海軍にて就役
◎1970 除籍、フランスより返還
MSC-251 At. & Ch. de Seine
(Ateliers et Chantiers de la Seine Maritime?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-251)に改める
◎1955/3/29 竣工、フランスに貸与されSagittaire(M743)と命名
◎1955/7/15 フランス海軍にて就役
◎1976/7/1 艦種を哨戒艇(P743)に改める
◎1979 退役、除籍
◎1981/7 解体
MSC-252 Chantiers de Normandie
(Constructions Mecaniques de Normandie?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-252)に改める
◎1955/3/16 フランス海軍にて就役
◎1970 退役、除籍
MSC-253 Chantiers de Normandie
(Constructions Mecaniques de Normandie?)
◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-253)に改める
◎1955/4/22 フランス海軍にて就役
◎1970 除籍、フランスより返還
MSC-254 Felix Amyot ◎1955/2/7 艦種を沿岸掃海艇(MSC-253)に改める
◎1957/12/21 進水
◎1958/5/9 竣工、フランスに貸与されMercure(M765)と命名
◎1958/12/20 フランス海軍にて就役
◎1980/12/19 艦種を哨戒艇(P765)に改める
◎1990/8/30 退役
◎1990 除籍
◎1992 解体