MOB
移動可能沖合基地

※MOBはMobile Offshore Baseの略で、艦種記号ではない。現在は移動補給基地 Mobile Logistics Platformと呼ばれる
※ブラウン&ルート社が提案した、アメリカ軍と多国籍軍に滑走路、整備、補給、および他のロジスティクスサポート等を提供する為に各エリアに展開させることができるモジュール式の浮動基地。MOBモジュールの移動方法は、おそらく半没水型船になるであろう。このモジュールは、従来の離陸に1つのモジュール(全長150m、幅90mの中空の箱の下に脚と浮体をつけた高さ65mの半没水方式。6基の大型スラスター付きのモジュールを2つ付け足すと10ktで航行可能)を使う垂直離着陸機(VSTOL)航空機と、いくつかモジュール繋ぎ合わせて長さにおいて1,828m位の滑走路を使用する通常離着陸(CTOL)航空機まで航空支援の可能な範囲を最も広くサポートする。さらにMOBは船で持ち運ばれた貨物を受け入れて、機器貯蔵所とメンテナンスに、約27万平方mを提供し、1,000万ガロンの燃料を蓄えて、最高3,000名の将兵(重旅団)を宿泊でき、様々な揚陸艦艇経由で岸に物資をおろせる。この案を、海軍や企業、関係機関が2000年4月に議会に提出した
↑Image courtesy of GlobalSecurity.org.
↑MOBにはC-17グローブマスターIII輸送機の離着陸が可能だという


Update 05/09/06