戦艦
BATTLESHIPS


基準排水量:29,326t(改装後は34,700t、山城は改装後は34,500t) 常備排水量:30,600t(改装後の公試状態排水量は39,154t、山城は改装後の公試状態排水量は38,383t) 全長:205.13m(改装後は212.75m) 幅(最大):28.65m(改装後は33.08m) 吃水(平均):8.69m(改装後は9.69m、山城は改装後は9.68m) 主缶:宮原式石炭・重油混焼缶8基(1930年の改装時にロ号艦本式重油専焼缶4基、ハ号艦本式重油専焼缶2基に換装) 主機/軸数:ブラウンカーチス式タービン2基(1930年の改装時に艦本式タービン4基)/4軸 出力:40,000馬力(1930年の改装時に75,000馬力) 速力:22.5kt(改装後は24.7kt、山城は改装後は24.5kt) 燃料搭載量(竣工時):石炭5,022t、重油1,026t(改装後は重油5,100t) 航続力(竣工時):14.0ktで8,000浬(改装後は16.0ktで11,800浬) 兵装:45口径356o連装砲6基、50口径152o単装砲16基(改装後は50口径152o単装砲14基)、40口径76o単装高角砲4基(改装後は127o連装高角砲4基に換装)、40o連装機銃(山城のみ、1938年に撤去)、25o機銃16基(改装後、1943年7月には25o連装機銃2基、25o単装機銃17基を増強、1944年8月には25o3連装機銃8基、25o連装機銃16基、25o単装機銃39基(内、移動式5基)となる。山城は1944年7月には25o3連装機銃8基、25o連装機銃17基、25o単装機銃34基)、13o機銃8基(改装後、1944年8月には13o単装機銃10基。山城は1944年7月には13o連装機銃3基、13o単装機銃10基)、533o水中魚雷発射管6門(改装時に撤去) 装甲(竣工時):水線305o、甲板64o、砲塔前楯280o、砲塔天蓋115o、司令塔351o 搭載機:水上機3機(改装後) 乗員(竣工時):1,193名
↑扶桑型戦艦扶桑(1915年時)
↑扶桑型戦艦扶桑(1941年時)
↑扶桑型戦艦扶桑(1944年時)
↑扶桑型戦艦山城(1917年時)
↑扶桑型戦艦山城(1941年時)
↑扶桑型戦艦山城(1944年時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
扶桑 Fuso 呉海軍工廠 1915/11/8 1945/8/31 ◎1912/3/11 起工
◎1914/3/28 進水
◎1918/12/1 予備艦となる(〜1919/8/1)
◎1921/12/1 予備艦となる(〜1924/12/1)
◎1926/12/1 予備艦となる(〜1927/12/1)
◎1928/12/10 予備艦となる
◎1930/4/12 横須賀海軍工廠にて改装(〜1933/5/12)
◎1930/5/15 第三予備艦となる
◎1933/3/1 第二予備艦となる(〜1933/11/15)
◎1934/9/16 呉海軍工廠にて艦尾延長工事
◎1936/12/1 練習艦となる(〜1938/11/15)
◎1937/2/26 呉海軍工廠にて改装(〜1938/3/31)
◎1939/12/15 第三予備艦となる(〜1941/4/10)
◎1942/2/21 呉海軍工廠にて入渠、主砲砲身換装工事(〜1942/2/25)
◎1942/9/4 呉海軍工廠にて入渠(〜1942/9/9)
◎1943/7/18 呉海軍工廠にて入渠、改装(〜1943/7/24)
◎1944/4/13 シンガポール第一船渠に入渠(〜1944/4/25)
◎1944/8/2 呉海軍工廠にて入渠、改装(〜1944/8/14)
1944/10/25 スリガオ海峡にてアメリカ海軍艦隊の攻撃により沈没
山城 Yamashiro 横須賀海軍工廠 1917/3/31 1945/8/31 ◎1913/11/20 起工
◎1915/11/3 進水
◎1919/11/3 予備艦となる(〜1924/4/1)
◎1926/12/1 予備艦となる(〜1928/12/10)
◎1927/7/28 連合艦隊演習御召艦となる(〜1927/8/10)
◎1930/11/10 第一予備艦となる
◎1930/12/27 第三予備艦となる、横須賀海軍工廠にて改装(〜1934/11/15)
◎1934/10/15 第一予備艦となる(〜1934/11/15)
◎1936/6/1 第一予備艦となる
◎1936/12/1 練習艦となる
◎1937/12/1 第二予備艦となる
◎1937/6/27 横須賀海軍工廠にて改装工事(〜1938/3/31)
◎1938/11/15 第一予備艦となる(〜1940/3/1)
◎1940/11/15 練習艦兼警備艦となる(〜1941/3/15)
◎1941/4/22 練習艦兼警備艦となる(〜1941/10/31)
◎1942/2/26 呉海軍工廠にて入渠(〜1942/3/3)
◎1942/8/29 呉海軍工廠にて入渠(〜1942/9/4)
◎1943/10/8 呉海軍工廠にて入渠(〜1943/10/12)
◎1944/5/12 横須賀第五船渠に入渠(〜1944/5/24)
◎1944/7/20 横須賀海軍工廠にて入渠、改装(〜1944/8/10)
1944/10/25 スリガオ海峡にてアメリカ海軍艦隊の攻撃により沈没
☆山城の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/24 アメリカ海軍駆逐艦アルバート W. グラント Albert W. Grant(DD-649、スリガオ海峡にて損傷を与える)
(←アメリカ海軍フレッチャー級駆逐艦)


Update 17/02/26