※FYは会計年度 Fiscal Yearの略
グラマン社(現ノースロップ・グラマン社)製 初飛行:1968年5月25日(NEA-6B) EA-6B(ICAP-1/ICAP-2)データ=全幅:16.15m、7.87m(主翼折り畳み時) 全長:18.24m 全高:4.95m 翼面積:49.13u 空虚運用重量:14,600s 最大離陸重量:29,500s パワープラント:定格推力5,000sのプラット&ホイットニー製J52-P-408ターボジェット・エンジン2基 水平飛行最大速度(海面上、電子妨害ポッド5個搭載時):980q/h 実用上昇限度(電子妨害ポッド5個搭載時):11,600m 航続距離(最大外部燃料を積載した空輸距離):3,200q 兵装:精密誘導兵器(PGM):AGM-88 HARM 乗員:4名 ユニット・コスト:$52,000,000(1998年頃)
※社内呼称モデル128J(G-128J)

↑第141戦術電子戦飛行隊(VAQ-141)“シャドーホークス”所属EA-6B
↑Arabian Gulf (Nov. 30, 2003) -- An EA-6B Prowler assigned to the "Rooks" of Electronic Attack Squadron One Three Seven (VAQ-137) flies a mission in support of Operation Iraqi Freedom. VAQ-137 is currently deployed with Carrier Air Wing One (CVW-1) aboard USS Enterprise (CVN-65) in the Arabian Gulf. U.S. Navy photo by Lt. j.g. Victor Dymond. (RELEASED)

↑MARINE CORPS AIR STATION CHERRY POINT, N.C. (March 1, 2016) - EA-6B Prowlers assigned to 2nd Marine Aircraft Wing's Prowler Squadrons (VMAQT-1, VMAQ-2, 3, and 4) conduct an aerial refuel and formation flight near Cherry Point, N.C., March. 1, 2016. The flight was the first time in several years that all 4 EA-6B Prowler squadrons flew together. U.S. Marine Corps photo by Cpl. Jodson B. Graves. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
EA-6B-05-GR 154930 ◎1機 前量産型
EA-6B-10-GR 154931 ◎1機 前量産型
EA-6B-15-GR 154932 ◎1機 前量産型
EA-6B-20-GR 154933 ◎1機 前量産型
EA-6B-25-GR 154934 ◎1機 前量産型
EA-6B-GR 154935〜154942(キャンセル) ◎8機
EA-6B-GR 157977〜157979(キャンセル) ◎3機
1970 EA-6B-30-GR 158029〜158040
(c/n P6〜P17)
◎12機 スタンダード(STD)。BASCAPともいわれる ◎158033(c/n MP-10)
◎158039(c/n MP-16)
1971 EA-6B-35-GR 158540〜158547
(c/n P18〜P25)
◎8機 スタンダード(STD)。BASCAPともいわれる
1972 EA-6B-40-GR 158649〜158651
(c/n P26〜P28)
◎3機 スタンダード(STD)。BASCAPともいわれる
1973 EA-6B-45-GR 158799〜158817
(c/n P29〜P47)
◎19機 EXCAP(能力拡張型) ◎158816(c/n MP-46)
1974 EA-6B-50-GR 159582〜159584
(c/n P48〜P50)
◎3機 EXCAP(能力拡張型)
1974 EA-6B-55-GR 159585〜159587
(c/n P51〜P53)
◎3機 EXCAP(能力拡張型)
1975 EA-6B-60-GR 159907〜159912
(c/n P54〜P59)
◎5機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-60-GR 160432〜160436
(c/n P60〜P64)
◎5機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-70-GR 160437
(c/n P65)
◎1機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-70-GR 160609
(c/n P66)
◎1機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-70-GR 160704〜160709
(c/n P67〜P72)
◎6機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-75-GR 160786〜160791
(c/n P73〜P78)
◎6機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-80-GR 161115〜161120
(c/n P79〜P84)
◎6機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-85-GR 161242〜161247
(c/n P85〜P90)
◎6機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
EA-6B-90-GR 161347〜161352
(c/n P91〜P96)
◎6機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
1982 EA-6B-95-GR 161774、161775
(c/n P97、P98)
◎2機 ICAP(能力向上型)。後にICAP-1に改める
1982 EA-6B-95-GR 161776〜161779
(c/n P99〜P102)
◎4機 ICAP-2。ベースラインと呼ばれる
EA-6B-100-GR 161880〜161885
(c/n P103〜P108)
◎6機 ICAP-2。ベースラインと呼ばれる ◎161884(c/n P107)
EA-6B-105-GR 162223〜162246
(c/n P109〜P116)
◎24機 ICAP-2。162223、162224はベースラインと呼ばれ、16225以降はブロック82と呼ばれる。162231〜162246はキャンセル
EA-6B-110-GR 162934〜162941
(c/n P117〜P122)
◎8機 ICAP-2。ブロック82と呼ばれる。162940、162941はキャンセル
EA-6B-115-GR 163030〜163035
(c/n P123〜P128)
◎6機 ICAP-2。ブロック82と呼ばれる ◎163033(c/n P126)
EA-6B-115-GR 163044〜163048
(c/n P129〜P133)
◎5機 ICAP-2。ブロック82と呼ばれる 163045は1998年2月3日にイタリアのMount Cermisにて飛行中、右翼がゴンドラのケーブル・ワイヤーと接触(VMAQ-2所属機)。ゴンドラの乗員、乗客20人死亡
EA-6B-120-GR 163049
(c/n P134)
◎1機 ICAP-2。ブロック86と呼ばれる。後にブロック89に改造
EA-6B-120-GR 163395〜163406
(c/n P135〜P146)
◎12機 ICAP-2。ブロック86と呼ばれる。後にブロック89に改造
EA-6B-125-GR 163520〜163531
(c/n P147〜P158)
◎12機 ICAP-2。ブロック86と呼ばれる。後にブロック89に改造
EA-6B-130-GR 163884〜163892
(c/n P159〜P167)
◎9機 ICAP-2。ブロック86と呼ばれる。後にブロック89に改造 ◎163886(c/n P161)
EA-6B-135-GR 164401、164402
(c/n P168、P169)
◎2機 ICAP-2。ブロック86と呼ばれる。後にブロック89に改造
EA-6B-135-GR 164403
(c/n P170)
◎1機 ICAP-2。ブロック89と呼ばれる


ボーイング社製 初飛行:2001年11月15日 EA-18Gデータ=全幅:13.68m 全長:18.37m 全高:4.87m 翼面積:46.45u 空虚運用重量(F/A-18E):14,007s 最大離陸重量(F/A-18E):29,937s パワープラント:アフターバーナー作動時定格推力97.90kNのジェネラル・エレクトリック製F414-GE-400ターボファン・エンジン2基 最大速度:高高度1,915q/h以上 制限マッハ数:高高度1.8以上 戦闘上昇限度:15,240m以上 航続距離(AIM-9サイドワインダー2発搭載、480ガロン増槽3個使用時):3,076q 兵装:空対空ミサイル:AIM-120 AMRAAM、AIM-9サイドワインダー 精密誘導兵器(PGM):AGM-88 HARM、AGM-88E AARGM 乗員:2名 ユニット・コスト:$68,200,000(flyaway cost、FY2012)
↑EL CENTRO, Calif. (Oct. 29, 2008) An EA-18G Growler, assigned to the "Vikings" of Electronic Attack Squadron (VAQ) 129, takes off at Naval Air Facility El Centro during a training exercise. VAQ-129 began transitioning and training pilot instructors to fly the Growler to replace the fleet's current carrier-based EA-6B Prowler. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Rialyn Rodrigo. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
2003 EA-18G (Lot 27) 166641、166642 ◎2機 システム開発実証(SDD)試験機。166642はNEA-18Gに ◎166642(c/n EA-2)
EA-18G (Lot 30) 166855〜166858
(c/n G-1〜G-4)
◎4機 166856は2008年11月17日に火災により損傷(VX-9所属機)
EA-18G (Lot 31) 166893〜166900
(c/n G-5〜G-12)
◎8機 ◎166897(c/n G-9)
EA-18G (Lot 32) 166928〜166946
(c/n G-13〜G-31)
◎19機 ◎166931(c/n G-16)はVAQ-141所属機
◎166934(c/n G-19)はVAQ-129所属機
166937(c/n G-22)は2016年12月16日にホイッドビー・アイランド海軍航空基地にてフライト準備中、キャノピーが破裂(VAQ-132所属機)。乗員2名とも負傷
◎166946(c/n G-31)
EA-18G (Lot 33) 168250〜168261
(c/n G-32〜G-45)
◎12機
EA-18G 168264〜168274
(c/n G-46〜G-56)
◎11機 ◎168274(c/n G-56)
EA-18G 168371〜168393
(c/n G-57〜G-78)
◎23機 ◎168371(c/n G-57)
◎168372(c/n G-58)
◎168373(c/n G-59)
◎168374(c/n G-60)
◎168375(c/n G-61)
◎168376(c/n G-62)
◎168377(c/n G-63)
◎168378(c/n G-64)
◎168379(c/n G-65)
◎168380(c/n G-66)
◎168381(c/n G-67)
◎168382(c/n G-68)
◎168383(c/n G-69)
◎168384(c/n G-70)
◎168385(c/n G-71)
◎168386(c/n G-72)
◎168387(c/n G-73)
168388(c/n G-74、NL-512)は2016年9月11日に三沢航空祭に出展(VAQ-138所属機)
◎168389(c/n G-75)
◎168390(c/n G-76)
◎168391(c/n G-77)
◎168392(c/n G-78)
◎168393はc/nが割り当てず
EA-18G 168765〜168776
(c/n G-79〜G-91)
◎12機 ◎168772(c/n G-86)
◎168773(c/n G-87)
◎168775(c/n G-89)
EA-18G 168892〜168904
(c/n G-91〜G-102)
◎13機
EA-18G (Lot 37) 168931〜168942
(c/n G-103〜G-114)
◎4機 ◎168931(c/n G-103)
◎168932(c/n G-104)
◎168933(c/n G-105)
◎168934(c/n G-106)
◎168937(c/n G-109)
◎168941(c/n G-113)
◎168942(c/n G-114)
EA-18G 169132 ◎1機
EA-18G 169152
(c/n AG-5)
◎1機 2017年2月21日にオーストラリア空軍に貸与(A46-305)
EA-18G 169153
(c/n AG-6)
◎1機 2017年2月21日にオーストラリア空軍に貸与(A46-306)
EA-18G 169154
(c/n AG-7)
◎1機 2017年2月21日にオーストラリア空軍に貸与(A46-307)
EA-18G 169155
(c/n AG-8)
◎1機 2017年2月21日にオーストラリア空軍に貸与(A46-308)


Update 17/09/09