DEFENCE PLANT CORPORATION
国防工場公社

※国防工場公社(Defense Plant Corporation: DPC)は、連邦政府の機関であり、アメリカ政府の復興金融公社(Reconstruction Finance Corporation: RFC)の子会社で、幾つかの大規模産業の支配的地位を連邦政府が獲得する事になった。1940年8月22日にアメリカ連邦議会は、敵対戦争を想定して国防工場公社(DPC)を設立し、軍需産業の生産能力を拡大する事を命じた。1932年にアメリカ議会は、大恐慌の際に融資によって経済活動を促進する事を目的とした独立政府機関として、RFCを設立した。RFCは、融資と回収、証券の売買を行う。当初は、金融機関、産業機関、農業機関に限定して融資を行っていたが、法改正により、その業務範囲は大幅に拡大された。この改正により、外国政府への融資、戦争や災害の被害に対する保障、軍需工場の建設や運営への融資が可能になった。RFCの支出の約3分の2、$20,000,000,000は、特に第二次大戦中、アメリカの国防の為に使われた。RFCは、第二次大戦中のアメリカの産業拡大の大部分に資金を提供した。陸軍省、海軍省 War and Navy Departments、生産管理局 Office of Production Management、戦争生産委員会 War Production Board、海事委員会 Maritime Commission等の様々な政府部門がRFCに必要なものを要求し、DPCが工場(新工場を中心とした)の建設、設備、運営を保証する仕組みであった。ジェシー H. ジョーンズ Jesse H. Jonesは、エミール・シュラム Emil Schram、サム・ハスバンズ Sam Husbandsと共にDPCを運営。1940年の設立から1945年まで、DPCは46州及び海外の2,300のプロジェクトに$9,000,000,000以上を支出した。その結果、航空機製造、非鉄金属、工作機械、合成ゴム、海運等の産業で、政府は圧倒的な地位を獲得した。戦争中に生産された材料や物資は、ベアリングから巨大な大砲、戦車、船、飛行機まで多岐にわたった。資金の支出の約半分は、直接又は間接的に航空の為に使われた。DPCの最大プロジェクトの1つは、B-29とB-32の航空機用エンジンを製造する$176,000,000のダッジシカゴ工場 Dodge-Chicago plantであった。19棟の平屋建てで、敷地面積は1,545エーカー(約3万坪)に及んだ。鉄の鍛造所とアルミの鋳造所を持ち、片方で原料を受け入れ、もう片方でエンジンの完成品を作る事が出来るほど大規模な工場であった。1945年7月1日に議会はDPCを解散した。589隻(86フィート型曳船100隻、180フィート型曳船21隻、艀467隻)が第二次大戦中、国防工場公社用に34ヶ所の造船所で建造されたものである。その殆どは竣工が遅すぎた為、DPCにはあまり役に立たず、他の機関に譲渡されたり、売却されたりしている
総トン数:146t 全長:26.21m
※曳船(Tug)
船名 NAME 造船所
記号
オフィシャル
・ナンバー
DCP
記号
 
建造所 引き渡された日 備考
1289 DPC-1 Lawley & Son 1943/6 ◎後に海軍に移管、艦種を港内曳船(YT-471)に改める
◎1944 艦種を中型港内曳船(YTM-471)に改める
1946 喪失
544 DPC-59 Bushey & Sons 1945 ◎後に陸軍に移管、艦種を港内曳船(ST-781)に改める
◎1951 ギリシャの業者に売却されSiriusと命名
◎1968 ユーゴスラヴィアの業者に売却されRegulusと改名
◎2001 解体
244510 DPC-72 Decatur Iron & Steel 1944 ◎後にWar Shipping Administrationに移管、船種記号をWSA-19に改める
◎1946 民間に売却されLos Angelesと改名
◎後にSea Shepherdと改名
3157 244615 DPC-90 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1944 ◎1943/11 竣工
◎後に海軍に移管され艦種を中型港内曳船(YTM-474)に改める
923 DPC-100 アメリカン・シップビルディング社バッファロー造船所   ◎1943/11 建造
◎後に陸軍に移管、艦種を港内曳船(ST-768)に改める
◎1948 デンマークの業者に売却されKronosと命名
◎1964 イギリスの業者に売却されWhitburnと改名
◎1978 エジプトの業者に売却されAbou Shanabと改名
◎2005 解体


全長:54.86m
※曳船(Towboat)
船名 NAME 造船所
記号
オフィシャル
・ナンバー
DCP
記号
建造所 引き渡された日 備考
コレヒドール Corregidor DPC-601 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
ジャワ・シー Java Sea DPC-602 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
ウェーク・アイランド Wake Island DPC-603 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
アッツ Attu DPC-604 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
ガダルカナル Guadalcanal DPC-605 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
ツラギ Tulagi DPC-606 JeffBoat ◎1944 建造
◎後に陸軍に移管
バターン Bataan 8 DPC-607 Cargill ◎1944 建造
コーラル・シー Coral Sea 9 DPC-608 Cargill ◎1944 建造
ミルン・ベイ Milne Bay 10 DPC-609 Cargill ◎1944 建造
ボア・ラーダ Bou Arada 11 DPC-610 Cargill ◎1944 建造
テナル・リヴァー Tenaru River 12 DPC-611 Cargill ◎1944 建造
ミッドウェー・アイランズ Midway Islands DPC-612 マウント・ヴァーノン・ブリッジ ◎1944 建造
ルンガ・ポイント Lunga Point DPC-613 マウント・ヴァーノン・ブリッジ ◎1944 建造
ココダ Kokoda DPC-614 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
スマ Suma DPC-615 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
カサブランカ Casablanca DPC-616 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
チュニス Tunis DPC-617 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
コナ Cona DPC-618 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
マトール Mateur DPC-619 セント・ルイス・シップ ◎1944 建造
◎後にPeoriaにて水上レストランとなる
グアム Guam 505 244669 DPC-620 Marietta Mfg. ◎1944 建造
キスカ Kiska 506 244671 DPC-621 Marietta Mfg. ◎1944 建造


Update 21/12/15