CA
一等巡洋艦、重巡洋艦

※1920年7月17日、巡洋艦籍 Cruisersの一等巡洋艦 Cruiser, First Lineは1930年4月にロンドン軍縮条約に基づき、重巡洋艦 Heavy Cruiserと名称が変更される。PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:10,000t(10,589tともいわれる) 満載排水量:13,450t(13,700tともいわれる) 全長:185.42m 幅:18.82m 吃水:6.04m(平均、7.62mともいわれる) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶6基 主機/軸数:パーソンズ式ギアード蒸気タービン4基/4軸 出力:100,000馬力 速力:32.5kt(33.6ktとも33.7ktともいわれる) 燃料搭載量:重油1,984t 航続力:15ktで10,000浬 兵装:55口径203o3連装砲3基、38口径127o単装両用砲8基、12.7o機銃8基(1944年には55口径203o3連装砲3基、38口径127o単装両用砲8基、40o4連装機銃6基、20o機銃18基〜20基 装甲:水線101.6o〜152.4o、砲塔38.1o〜203.2o、甲板57.15o、隔壁152.4o、バーベット177.8o、司令塔57.15o〜152.4o 塔載機:水上偵察機5機 乗員:843名〜1,343名(929名ともいわれる)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
※ウィチタは計画当初ニュー・オリンズ級重巡洋艦の8番艦として建造される計画であったといわれる
↑USS Wichita (CA-45). Operating in the Atlantic Ocean, out of Norfolk, Virginia, on 1 May 1940. Note the markings on her turret tops (bars on the forward turrets, a circle on the after turret). These scheme was used on several other heavy cruisers in 1939-40. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
1939年11月2日のScheme B案
基準排水量:12,000t 常備排水量:13,900t 吃水線長:195.07m 幅:水線20.19m 吃水:6.70m 出力:100,000馬力 速力:33.5kt 兵装:55口径203o3連装砲3基、38口径127o連装両用砲5基

↑"Proposed 12000 Ton Cruiser (Modified "Wichita") - Scheme "B"." Preliminary design plan prepared for the General Board during the development of the Baltimore class heavy cruisers. This plan, dated 2 November 1939, is for a 12,000 ton standard displacement ship (13,900 ton normal displacement) with a main battery of nine 8"/55 guns and a secondary battery of twelve 5"/38 guns. Ship's dimensions are: waterline length 640'; waterline beam 66.25'; draft 22'. Powerplant has 100,000 horsepower for a speed of 33.5 knots. Scale of the original drawings is 1/32" = 1'. The original plan is in the 1939-1944 "Spring Styles Book" held by the Naval Historical Center. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウィチタ
12
Wichita CA-45 フィラデルフィア海軍工廠 1939/2/16 1947/2/3 1959/3/1 ◎1935/10/28 起工
◎1937/11/16 進水
◎1939/5晩春 フィラデルフィア海軍工廠にてPSA
◎1939/10中旬 ノーフォーク海軍工廠にて修理(〜1939/12/1)
◎1941/6/21 ニュー・ヨーク海軍工廠にて入渠、修理(〜1941/7/2)
1942/1/10 アイスランドにて疾風によりAmerican Export Linesの商船ウェスト・ノーノ West Nohno(USSBハル1080)と衝突し損傷、後にイギリスの曳船と衝突し座礁
◎1942/2上旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理、改装
◎1942/6/24 RosythのAdmiralty dockyardにて入渠、修理(〜1942/8/9)
◎1942/8/22 ニュー・ヨーク海軍工廠にて入渠、修理(〜1942/9/5)
1942/11/8 カサブランカにてヴィシー・フランス軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1942/11/19 ニュー・ヨークにて修理
1943/1/29 レンネル島沖海戦にて日本海軍機の雷撃により損傷(魚雷は不発)
◎1943/9/4 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理、改装(〜1943/12/3)
1944/11中旬 シャフト損傷
◎1944/12/15 合衆国海軍乾ドック、ルーズヴェルト基地にて修理、改装(〜1945/2/8)
1945/4/27 沖縄にて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1945/4/29 慶良間列島にて修理(〜1945/4/30)
1945/5/12 沖縄にて味方艦の誤った砲撃によりカタパルト損傷(127o砲弾)
◎1945/11/26 メア・アイランド海軍造船所にて入渠、修理、改装(〜1945/12/1)
◎退役後、フィラデルフィアにて保管
◎1959/8/14 解体のため、Union Minerals & Alloys Corp. に売却
◎後にPanama Cityにて解体
◎Neutrality patrol. Convoy escort, Arctic Sea, 1942. Slight damage by shore gunfire off Casablanca, 8 Nov 1942; action with French warships off Casablanca. Russian convoys, Morocco, Rennell I., Attu, Kwajalein, Raid on Truk, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Guam, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Morotai, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Surigao Strait, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
☆CA-45の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/25 日本海軍航空母艦千代田(エンガノ岬沖にて撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍航空母艦千歳)
・1944/10/25 日本海軍駆逐艦初月(エンガノ岬沖にて撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍駆逐艦秋月)


Update 17/03/05