BPT
イギリス向け魚雷艇


排水量:37t 全長:21.64m 幅:5.88m 主機/軸数:パッカード式12-cyl. 14M-2500ガソリン機関/3軸 出力:4,500馬力 速力:39.5kt 兵装:20o対空機銃1基、12,7o連装対空機銃1基、533o魚雷発射管2基 乗員:13名
※緑枠はイギリスに貸与された艇
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
BPT-21 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/9/5 起工
◎1942/5/2 進水
◎1943/3/2 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.275)となる
◎1945/3/16 イギリスより返還
BPT-22 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/9/5 起工
◎1942/5/16 進水
◎1942/11/10 竣工
◎1942/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.276)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-23 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/11/5 起工
◎1942/8/11 進水
◎1942/11/10 竣工
◎1942/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.277)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-24 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/11/17 起工
◎1942/8/14 進水
◎1942/11/10 竣工
◎1942/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.278)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-25 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/11/19 起工
◎1942/8/14 進水
◎1942/11/10 竣工
◎1942/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.279)となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
BPT-26 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/11/19 起工
◎1942/8/13 進水
◎1942/11/26 竣工
◎1942/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.280)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-27 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/12/9 起工
◎1942/8/12 進水
◎1942/12/2 竣工
◎1942/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.281)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-28 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1941/12/11 起工
◎1942/8/11 進水
◎1942/12/15 竣工
◎1942/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.282)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-29 Herreshoff Manufacturing ◎1941/12/23 起工
◎1943/2/26 進水
◎1943/3/18 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.287)となる
1944/11/24 Levera Islandにて難破
BPT-30 Herreshoff Manufacturing ◎1941/12/24 起工
◎1943/3/9 進水
◎1943/3/18 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.288)となる
1943/7/21(1943/7/22?) オーガスタにてドイツ軍機の爆撃により沈没
BPT-31 Herreshoff Manufacturing ◎1942/1/12 起工
◎1943/3/22 進水
◎1943/4/12 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.289)となる
◎1945/3/10 イギリスより返還
BPT-32 Herreshoff Manufacturing ◎1942/1/15 起工
◎1943/4/6 進水
◎1943/4/12 竣工
◎1943/5 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.290)となる
◎1945/5/31 イギリスより返還
BPT-33 Herreshoff Manufacturing ◎1942/3/31 起工
◎1943/4/19 進水
◎1943/5/10 竣工
◎1943/5 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.291)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-34 Herreshoff Manufacturing ◎1942/4/1 起工
◎1943/5/3 進水
◎1943/5/10 竣工
◎1943/5 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.292)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-35 Herreshoff Manufacturing ◎1942/4/8 起工
◎1943/5/17 進水
◎1943/6/18 竣工
◎1943/6 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.293)となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
BPT-36 Herreshoff Manufacturing ◎1942/4/8 起工
◎1943/6/7 進水
◎1943/7/8 竣工
◎1943/7 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.294)となる
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-37 Robert Jacobs Inc. ◎1941/12/26 起工
◎1942/7/27 進水
◎1943/2/17 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.295)となる
◎1945/9/25 イギリスより返還
◎1947 イタリアに貸与されGIS.0018となる
◎後に部品供給艇となり解体のため売却
BPT-38 Robert Jacobs Inc. ◎1941/12/31 起工
◎1942/8/20 進水
◎1943/3/3 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.296)となる
◎1945/5/31 イギリスより返還
BPT-39 Robert Jacobs Inc. ◎1942/1/8 起工
◎1942/7/27 進水
◎1943/2/6 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.297)となる
◎1945/9/10 イギリスより返還
BPT-40 Robert Jacobs Inc. ◎1942/1/13 起工
◎1942/11/18 進水
◎1943/3/30 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.298)となる
◎1945/9/25 イギリスより返還
BPT-41 Robert Jacobs Inc. ◎1942/4/2 起工
◎1942/8/20 進水
◎1943/3/17 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.299)となる
◎1943 インドに貸与
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-42 Robert Jacobs Inc. ◎1942/4/2 起工
◎1942/11/18 進水
◎1943/4/28 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.300)となる
◎1943 インドに貸与
◎1946/3/15 イギリスより返還
BPT-43 Harbor Boat Building ◎1941/12/30 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/2/10 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.301)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-44 Harbor Boat Building ◎1941/12/31 起工
◎1942/12/14 進水
◎1943/2/10 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.302)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-45 Harbor Boat Building ◎1942/1/9 起工
◎1942/12/14 進水
◎1943/2/27 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.303)となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
BPT-46 Harbor Boat Building ◎1942/1/10 起工
◎1943/1/6 進水
◎1943/2/27 竣工
◎1943/2 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.304)となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
BPT-47 Harbor Boat Building ◎1942/2/11 起工
◎1943/1/14 進水
◎1943/3/9 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.305)となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
BPT-48 Harbor Boat Building ◎1942/2/12 起工
◎1943/1/14 進水
◎1943/3/31 竣工
◎1943/3 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.306)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-49 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1942/3/16 起工
◎1942/9/1 進水
◎1943/4/3 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.283)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-50 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1942/5/13 起工
◎1942/9/2 進水
◎1943/4/3 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.284)となる
1943/9/10 インド南西海域にてMTB.284を搭載した商船Larchbankが日本海軍伊号第二七潜水艦の雷撃により沈没
BPT-51 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1942/5/13 起工
◎1942/9/4 進水
◎1943/4/3 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.285)となる
1943/9/10 インド南西海域にてMTB.285を搭載した商船Larchbankが日本海軍伊号第二七潜水艦の雷撃により沈没
BPT-52 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1942/5/22 起工
◎1942/9/5 進水
◎1943/4/3 竣工
◎1943/4 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.286)となる
◎1946/3/17 イギリスより返還
BPT-53 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-53)に改める
◎1942/8/20 起工
◎1943/2/23 進水
◎1943/9/30 竣工
◎1943/9 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.363)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-221となる
◎1954/6/16 ソヴィエトより返還
BPT-54 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-54)に改める
◎1942/8/20 起工
◎1943/2/24 進水
◎1943/11/18 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.364)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-222となる
◎1944/10 バレンツ海にて沈没
BPT-55 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-55)に改める
◎1942/8/20 起工
◎1943/2/25 進水
◎1943/12/15 竣工
◎1943/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.365)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-223となる
◎1954/6/16 ソヴィエトより返還
BPT-56 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-56)に改める
◎1942/8/21 起工
◎1943/2/26 進水
◎1943/11/29 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.366)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-226となる
◎1954/6/16(1955?) ソヴィエトより返還
BPT-57 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-57)に改める
◎1942/8/21 起工
◎1943/2/26 進水
◎1943/11/19 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.367)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-227となる
◎1954/6/16 ソヴィエトより返還
BPT-58 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-58)に改める
◎1942/9/7 起工
◎1943/2/28 進水
◎1943/11/22 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.368)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-228となる
◎1955/7/9 ソヴィエトより返還
BPT-59 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-59)に改める
◎1942/9/7 起工
◎1943/2/20 進水
◎1943/11/22 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.369)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-229となる
◎1954/6/16 ソヴィエトより返還
BPT-60 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎艦種をイギリス向け魚雷艇(BPT-60)に改める
◎1942/9/7 起工
◎1943/2/15 進水
◎1943/11/29 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.370)となる
◎1944/2 ソヴィエトに貸与されTKA-230となる
◎1955/7/2 ソヴィエトより返還
BPT-61 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/2/19 起工
◎1943/5/15 進水
◎1943/10/20 竣工
◎1943/10 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.371)となる
1944/11/24 Levrera Islandにて難破
BPT-62 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/2/20 起工
◎1943/5/17 進水
◎1943/9/30 竣工
◎1943/10 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.372)となる
1944/7/23(1944/7/24?) Cape Lovisteにてドイツ海軍艦艇の砲撃により沈没
BPT-63 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/1 起工
◎1943/6/14 進水
◎1943/10/9 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.373)となる
◎1945/10/16 イギリスより返還
◎1947 イタリアに売却されGIS.0014となる
◎後に部品供給艇となる
◎後に解体のため売却
BPT-64 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/2 起工
◎1943/6/15 進水
◎1943/10/20 竣工
◎1943/10 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.374)となる
◎1945/10/23 イギリスより返還
◎1947 イタリアに売却されGIS.0015となる
◎後に部品供給艇となる
◎後に解体のため売却
BPT-65 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/3 起工
◎1943/6/15 進水
◎1943/11/19 竣工
◎1943/11 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.375)となる
◎1945/10/15 イギリスより返還
◎1947 イタリアに売却されGIS.009となる
◎後に部品供給艇となる
◎後に解体のため売却
BPT-66 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/4 起工
◎1943/6/19 進水
◎1943/12/2 竣工
◎1943/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.376)となる
◎1945/10/18 イギリスより返還
◎1947 イタリアに売却されGIS.0010となる
◎後に部品供給艇となる
◎後に解体のため売却
BPT-67 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/4 起工
◎1943/6/23 進水
◎1943/12/2 竣工
◎1943/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.377)となる
◎1945/10/18 イギリスより返還
◎1947 イタリアに売却されGIS.0016となる
◎後に部品供給艇となる
◎後に解体のため売却
BPT-68 Annapolis Yacht Yard, Inc. ◎1943/3/6 起工
◎1943/6/17 進水
◎1943/12/15 竣工
◎1943/12 イギリスに貸与され魚雷艇(MTB.378)となる
◎1945/10/18 イギリスより返還
◎1948 イタリアに売却されGIS.0017となる
◎後に艦種記号をGIS.821と改める
◎後に艦種記号をMS841と改める
◎後に艦種記号をMS421と改める
◎1958 売却


Update 07/01/04