Brigs

アイコン 意味
戦闘や事故で失った場合(沈没、墜落)や損傷した場合、艦船などの内部で事故や事件がおこった場合の意味です。自軍や同盟軍、所属機関、所有会社が行った沈没処分や破壊処分、漁礁としてまたは演習で使用して沈めた場合にはこのアイコンは付けません
戦果や功績、各機関に寄贈された場合の意味です。戦争などで沈没し、何十年後に発見された場合もこのアイコンです
映画やTVドラマ、ドキュメンタリーに使用された場合の意味です
参考文献、小説や書籍に登場する事柄です
インターネットやTVゲームに登場する事柄です
不可解な事故&事件およびUFOなど超常現象に遭遇した事柄です
※cwtはハンドレッドウェイト(hundredweight)の略で、1cwt=45.3592kg
兵装:9ポンド砲18門
※この2隻は同型艦どうか不明
建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ニューバリーポート ◎1779 建造中止
コンウェー ◎1779 建造中止


垂線間長:38.40m 幅:9.14m 吃水:4.26m 兵装:砲14門
※1845年に提案されたが建造されず
建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
◎未着手のまま建造中止


排水量:200t 兵装:6ポンド砲18門 乗員:140名
※18門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ノーフォーク Norfolk Nash & Herbert 1798/9 ◎1798 進水
◎1801 売却


排水量:200t 兵装:6ポンド砲10門、4ポンド砲4門 乗員:140名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リッチモンド Richmond ノーフォーク ◎最初の予定艦名はオーガスタだった
◎1798 購入
◎1798 進水
◎1801/4 売却


排水量:195t 竜骨長:18.89m 幅:7.01m 吃水:3.23m 乗員:140名
※18門砲艦
税関監視船部から移管
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ピンクニー
12
Pinckney William Pritchard 1798 1800 ◎建造中に海軍に移管
◎トーマス・ティンギー大佐 Captain Thomas Tingeyの下、西インド諸島戦隊 West Indies Squadronで活躍
◎1798年10月31日まではジョージ・クロス大佐 Captain George Cross、そののちはサミュエル・ヘイウッド大佐 Captain Samuel Haywoodが指揮し、1799年まで西インド諸島戦隊に所属した
◎1798/12/11 ギャリーに改装
◎1800(1801/9?) 売却
◎West Indies 1798-1799 with Tingey's and Bainbridge's sqns.


兵装:6ポンド砲10門、4ポンド砲4門 乗員:100名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オーガスタ Augusta ノーフォーク 1799 ◎1799/6/30 商船を購入
◎1801春 売却


排水量:298t 垂線間長:28.83m 幅:8.59m 吃水:3.90m(depth of hull) 兵装:12ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲16門(1811年には12ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲18門。または1804年には長12ポンド砲1門、24ポンド・カロネード砲12門) 乗員:120名または142名
※16門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アーガス Argus Edmund Hartt 1803/9 ◎最初の予定艦名はメリマック Merrimackだった(1803/6/4改名)
◎1803/5/12 起工
◎1803/8/21 進水
1804/8〜9 トリポリを攻撃中にトリポリ軍の攻撃により損傷
◎1805/7(1806/7中旬?) ワシントン海軍工廠にて係船(〜1807)
1813/8/14 イギリス海峡にてイギリス海軍18門砲艦Pelicanとの45分に渡る激しい戦闘。イギリスに拿捕される


排水量:240t 垂線間長:28.46m 幅:8.50m 吃水:3.84m 兵装:12ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲16門(1813年時。1814年には9ポンド砲2門、42ポンド・カロネード砲2門、24ポンド・カロネード砲12門) 乗員:137名
※16門砲艦
US Brig Syren. bottled ship.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サイレン Syren Nathaniel Hutton 1803/9 ◎1803 起工
◎1803/8/6 進水
◎1810 サイレン Sirenと改名
1814/7/12 ニコルソン南部沖にてイギリス海軍74門砲艦Medwayとの11時間に渡る激しい追跡戦の後、イギリスに拿捕される。錨、ケーブル、ボート、Sparは船外に投棄
◎のちに病院船となる(〜1815)


排水量:181t 全長:24.38m 幅:7.19m 兵装:6ポンド砲16門 乗員:36名〜80名
※16門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スカージ Scourge アメリカもしくはバミューダ 1804/4/17 ◎1797 フランスの私掠船Quatre Freresをイギリスが拿捕、Transferと改名
トリポリが取得し、封鎖突破船となる
1804/3/21 ブリッグ・サイレンが拿捕し改装
◎1805 係船
◎1812 売却


排水量:440t 垂線間長:32.21m 幅:9.17m 吃水:4.29m 兵装:12ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲18門(1813年時) 乗員:140名
※18門砲艦

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ワスプ Wasp ワシントン海軍工廠 1807/5 ◎1805 起工
◎1806/4/21 進水
1812/10/18 イギリス海軍74門砲艦Poictiersに拿捕され18門砲艦Peacockとなる
1814/8 アメリカ沿岸南方海域にて沈没
◎Cruised off U.S. coast, 1809, 1810. Under Jacob Jones, captured and manned HMS Frolic, 18 Oct 1812, then was taken at sea by Poictiers, 74 (5 killed).


排水量:441t 垂線間長:32.58m 幅:9.60m(1811年には11.88m) 吃水:4.30m(1812年には4.26m(depth of hull)) 兵装:9ポンド砲16門(1811年には12ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲18門。1813年には18ポンド砲1門、32ポンド・カロネード砲18門) 乗員:140名
※18門砲艦
↑USS Hornet pursued by HMS Cornwallis, 28 April 1815. Artwork depicting the British 74 gun ship Cornwallis (at left) chasing the U.S. sloop of war Hornet in the South Atlantic, as the latter's crew throws overboard spare spars, guns and other items in an effort to increase her speed. Courtesy of Mr. Beverly R. Robinson, March 1937. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ホーネット
12
Hornet William Price 1805/10/18 ◎1805/7/28 進水
◎1807/11/29 退役
◎1808/12/26 再役
◎1810/11 ワシントン海軍工廠にて改装(〜1811/9)
1813/2/24 Demeraraにてイギリス海軍18門砲艦Peacockとの戦闘により損傷
1815/3/23 Tristan da Cunhaにてイギリス海軍18門砲艦Penguinとの戦闘により損傷
1829/9/29 Tampicoにて悪天候により沈没


兵装:なし
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴィクセン Vixen Savannah ◎1813 進水
◎1813 購入
1813/12/23 兵装、装備無しでウィルミントンに向かう途中にイギリス海軍フリゲイトBelvideraに拿捕


排水量:477t(イギリス艦時代は382t) 甲板長:30.48m 幅:9.32m 吃水:3.93m 兵装:32ポンド・カロネード砲18門 乗員:128名
※18門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
エペルヴィエ Epervier Mary Ross 1814 ◎1812/12/2 進水
◎1814/4/29 Indian River Inletにてイギリス海軍ブリッグスループを拿捕
1815/7/14 北大西洋にて喪失


排水量:300t 垂線間長:32.61m 幅:7.92m 吃水:3.62m 兵装:18ポンド砲2門または4門、18ポンド・カロネード砲10門 乗員:90名〜100名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フラムビュー Flambeau 1815/5 ◎1814/12/3 ブリッグLeaderを購入し改装
◎1816/4/3 売却


排水量:330t 垂線間長:33.22m 幅:8.96m 吃水:3.68m 兵装:18ポンド砲4門、18ポンド・カロネード砲10門(1816年には12ポンド砲4門、18ポンド・カロネード砲12門) 乗員:100名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ファイアフライ Firefly 1815 ◎1814/12/8 ニュー・ヨークにてブリッグVolentを購入し改装
◎1815末 ニュー・ヨーク海軍工廠にて係船
◎1816/4/3 売却


排水量:287t 垂線間長:31.48m 幅:7.74m 吃水:3.90m 兵装:18ポンド砲2門、18ポンド・カロネード砲10門 乗員:90名
※14門砲艦、のちに12門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スパーク Spark 1814/12/8 ◎1814 ニュー・ヨークにて1813年建造のブリッグを購入し改装
◎1826 売却


排水量:390t 垂線間長:32.61m 幅:8.87m 吃水:5.15m 兵装:18ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲14門 乗員:90名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チペワ Chippewa Warren, R. I. 1815/7 ◎1814 起工
◎1815/4 進水
1816/12/12 Caicos諸島にて座礁沈没


排水量:360t 竜骨長:28.65m 幅:8.74m 吃水:4.26m 兵装:12ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲14門 乗員:90名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サラナック Saranac Beldin & Churchill 1815/12 ◎1814 起工
◎1815 進水
◎1818/12 売却


排水量:370t 全長:34.78m 幅:8.74m 吃水:4.32m 兵装:9ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲14門 乗員:90名
※14門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ボクサー Boxer Beldin & Churchill 1815 ◎1814 起工
◎1815/5 進水
◎ボクサーは1815年夏、チュニスのアメリカ領事トーマス D. アンダーソン Thomas D. Andersonを乗せて地中海に出航し、乗客を乗せたのち、地中海戦隊 Mediterranean Squadronに短期間派遣された
◎1815/11 アメリカに帰国
◎ボクサーは1816年2月、西インド諸島の海賊からアメリカの貿易を守るため、メキシコ湾と西インド諸島を巡航するためニュー・オーリンズへ出航した
1817/10/25 ベリーズにて沈没
◎Mediterranean 1815. Gulf of Mexico 1816-1817. Foundered off Belize (crew saved), 25 Oct 1817.


排水量:224t 垂線間長:26.82m 幅:7.62m 吃水:3.96m 兵装:9ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲8門(1850年には32ポンド砲6門。1858年には32ポンド砲4門。1859年には279mmスムースボア砲3門、228mmスムースボア砲1門。ポーパスは1846年には9ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲9門。1850年には32ポンド砲2門、24ポンド・カロネード砲6門) 乗員:80名
※10門砲艦
※改良ボクサー級ともいわれる
↑U.S. Brig Porpoise. Lithograph by J. Baillie, New York, and J. Sowle, New Bedford, Massachusetts. Courtesy of President Franklin D. Roosevelt, April 1936. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑U.S. Brigs Dolphin and Porpoise. Lines plan published in "The Mariner", quarterly journal of the American Marine Society and Ship Model Society of New York, Volume 8, No. 2, April 1934. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑U.S. Brigs Dolphin and Porpoise. Sail plan published in "The Mariner", quarterly journal of the American Marine Society and Ship Model Society of New York, Volume 8, No. 2, April 1934. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ドルフィン Dolphin ニュー・ヨーク海軍工廠 1836/9/6 ◎1836 起工
◎1836/6/17 進水
◎1839/5/25 ニュー・ヨークにて退役
◎1839/12/18 再役
◎1841/12/31 ニュー・ヨークにて修理(〜1842/3/4)
1849/2 疾風により損傷、Whampoaにて修理
◎1851/6/24 ニュー・ヨークにて退役
◎1852/9/10 再役
◎1854 ニュー・ヨークにて退役
◎1855/4/23 再役
◎1857/7/27 ニュー・ヨークにて退役
◎1858? 再役
◎1860/12/22 ゴスポート造船所にて係船
1861/4/21 アメリカ連合国軍に拿捕されるのを防ぐため焼却処分
ポーパス
12
Porpise チャールズタウン海軍工廠 1836/8/25 ◎1836 起工
◎1836/5/31 進水
1854/2 南シナ海にて台風により沈没


排水量:259t 垂線間長:30.48m 幅:7.62m 吃水:4.14m 兵装:32ポンド・カロネード砲10門(または12門。1850年には32ポンド砲6門。1861年1月には32ポンド砲(27cwt)6門) 乗員:80名
※12門砲艦
↑U.S. Brig Bainbridge. Wash drawing by R. G. Skerrett, 1903. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑USS Somers. Lithograph, published circa 1843, depicting Somers under sail, bound home from the African coast on 1 December 1842, after the hanging of three alleged mutineers. The men executed were: Midshipman Philip Spencer, Boatswain's Mate Samuel Cromwell and Seaman Elisha Small. The print shows two of them hanging from the yardarm. Courtesy of Rear Admiral Elliot Snow, USN, 1925. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベインブリッジ
12
Bainbridge チャールズタウン海軍工廠 1842/12/16 ◎1842初め 起工
◎1842/4/26 進水
◎1847/10中旬 ノーフォークにて係船、修理(〜1848/3/13)
◎1850/7/18 ニュー・ヨークにて退役
◎1851/10/8 再役
◎1853/8/30 退役、ニュー・ヨークにて修理
◎1853/10/19 再役
◎1856/9/18 退役、ノーフォークにて係船、修理
◎1858/4/28 再役
◎1860/11/15 ボストンにて退役
◎1861/5/15 再役
1861/11/22〜24 Aspinwallにて嵐により損傷、のちに修理
1863/8/21 Cape Hatterasにて転覆沈没
サマーズ
123
Somers ニュー・ヨーク海軍工廠 1842/5/12 ◎1842 起工
◎1842/4/16 進水
1842/12/1 艦内にて反乱疑惑事件。本国に帰港後、陸軍長官スペンサーの息子、フィリップ・スペンサー海軍兵学校生徒を含む3人が絞首刑
1846/12/8 Vera Cruz近海(Tampico)にてメキシコの封鎖突破船を追跡中に嵐により沈没


排水量:331t 垂線間長:31.27m 幅:8.59m 吃水:3.74m 兵装:32ポンド・カロネード砲10門 乗員:80名
※10門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
トラクスタン Truxtun ゴスポート造船所 1843/2/18 ◎1841/12 起工
◎1842/4/16 進水
1846/8/15 Tuxpan barにて座礁、乗員はメキシコの捕虜となる。船体はアメリカ艦隊により焼却処分


排水量:280t 垂線間長:32.00m 幅:7.80m 吃水:3.74m(最大4.14m) 兵装:32ポンド・カロネード砲10門(1846年には32ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲6門。1861年4月には32ポンド砲(27cwt)6門、12ポンド砲1門。1862年4月には20ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、32ポンド砲(27cwt)6門、12ポンド砲1門) 乗員:80名
※10門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ペリー Perry ゴスポート造船所 1843/10/13 1865/4/29 ◎1843/2/18 起工
◎1843/5/9 進水
◎1843/12/3 ペリーの最初の任務は、マカオからアメリカ初の中国総監カレブ・クッシング Caleb Cushingを回収し、メキシコ西岸に送り、Vera Cruzまで陸路で移動して、帰国船に乗せる事だった(〜1844/11/4)
◎ペリーは太平洋航路でSociety IslandsとMarqueasaを訪れ、アメリカの捕鯨船が敬意と公正な取引を得られるよう手助けをした
◎1845/9/17 ノーフォークに到着
◎1845/9/25 ノーフォークにて退役
◎1846/5/15 再役
◎メキシコへの宣戦布告の3日後、1846年5月16日にペリーは再就役し、メキシコ湾に向けて出航し、メキシコの港を封鎖した
1846/11 暴風雨により損傷(マストを取り去られる)
◎1846/12/4 フィラデルフィアにて修理
◎1847/5/16 フィラデルフィアを出航し、リオ・デ・ジャネイロとブエノス・アイレスの間でアメリカの権益を守るブラジル戦隊 Brazil Squadronに参加
◎1849/7/14 ノーフォークにて退役
◎1849/11/17 再役、アフリカ西岸にて奴隷貿易の制圧に従事
◎1851/12/26 ニュー・ヨークにて通常勤務(〜1852/4/27)、のちにアフリカ西岸での任務に復帰
◎1853/7 マシュー C. ペリー提督 Matthew Calbraith Perryの日本開国に参加、1853年7月8日、東京湾に入港
◎1854/7/20 ノーフォークにて退役
◎1855/3/20 ノーフォークにて通常勤務(〜1855/4/27)
◎1858/1/21 再役、外交がうまくいかなかったパラグアイへの水上遠征に参加し、アメリカへの尊敬、殺されたアメリカ人船員の家族への補償、アメリカにとって有利な商業条約を獲得する為に通常の状態に戻る
◎1860/6/5 ニュー・ヨークに戻る
◎1860/6/15 ニュー・ヨークにて退役
◎1861/4/23 再役、南北戦争中、ペリーは3,000名の兵士を乗せた3隻の輸送船をアナポリスまで護衛し、6月25日に上陸、第7歩兵連隊 7th Infantry Regimentの増援を行う
◎のちに危機に瀕した首都周辺の戦力を補強
◎1861/5/18 ハンプトン・ローズにて大西洋封鎖戦隊 Atlantic Blockading Squadronに参加
◎1862/5/15 Aspinwallにて勤務(〜1862/11/13)
◎1863/1/3 退役、ニュー・ヨークにて修理
◎1863/2/28 再役
◎1863/8中旬? ボストンにて修理、修理後、ペリーは1863年11月15日、ポート・ロイヤルにて南大西洋封鎖戦隊 South Atlantic Blockading Squadronに参加、チャールストンの包囲戦に参加
◎1864/1/28 Fernandina沖の封鎖地点 blockade stationに出航し、南北戦争の終わりまでそこに留まった
◎1865/8/10 フィラデルフィアにて公開オークションにかけられ売却
◎Far East 1843-1844. Dismasted in hurricane, Nov 1846. Mexico 1846. Brazil station 1847. Africa sqn 1849-1854. Paraguay Expedition, 1858-1859. Atlantic Blockading Squadron 1861. Panama, May-Nov 1862. North Atlantic Blockading Squadron Mar-Aug 1863. South Atlantic Blockading Squadron Nov 1863-May 1865.
☆拿捕または撃沈スコア(以下の艦船)
・1847 バーク型奴隷船Ann D. Richardson(リオ・デ・ジャネイロにて拿捕)
・1847 ブリッグ型奴隷船Independence(拿捕)
・1850/6/6 奴隷船Martha(Loandaにて拿捕
・1854/3/10 ブリッグ型奴隷船Glamargan(アフリカ西岸にて拿捕)
・1861/5/31 アメリカ連合国軍封鎖船Hannah M. Johnson(拿捕)
・1861/6/3 私掠船Savannah(拿捕
・1861/12/18 スループEllen Jane(拿捕)
・1861/12/18 スループBlooming Youth(拿捕)
・1863/3/31 スクーナーSue(拿捕)
・1863/5/2 Alma(拿捕)


排水量:364t 垂線間長:33.49m 幅:7.98m 吃水:4.05m 兵装:32ポンド砲2門、32ポンド・カロネード砲8門 乗員:80名
※10門砲艦
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ローレンス Lawrence Langley B. Culley 1843/9/19 1846/9/12 ◎1843 起工
◎1843/8/1 進水
◎1846/10 売却


排水量:197t 全長:30.48m 幅:7.58m 吃水:2.86m(depth of hull) 兵装:32ポンド砲(57cwt)2門(1862年1月時。1863年7月には32ポンド砲(57cwt)2門、32ポンド砲(33cwt)2門、12ポンド・マズルローディング・ライフル砲1門、12ポンド・スムースボア砲1門) 乗員:34名
※南北戦争時に取得された帆船
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ボハイオ Bohio Williamsburg 1861/12/30 1865/7/25 ◎1861/9/9 1856年進水のブリッグを購入し、改装
◎1865/9/27 ニュー・ヨーク海軍工廠にて売却され商船となる


排水量:402t 全長:35.84m 幅:8.41m 乗員:36名
※南北戦争時に取得された帆船
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴァルパライソ Valparaiso ボルティモア 1861 ◎1861/11/22 ニュー・ベッドフォードにて1836年進水のブリッグを購入し、storeshipに改装
◎1865/9/2 ベイ・ポイントにて売却


Update 24/07/09