スクリュー推進クルーザー
SCREW CRUISERS


排水量:3,850t(旧測定法による総トン数3,213t) 全長:102.10m 幅:13.53m 吃水:5.05m 主缶:8基(ネシャミニーは12基) 主機/軸数:Corliss Steam Engine Co. 式2-cyl. horizontal geared direct-acting機関(ネシャミニーはエトナ鉄工所式2-cyl. horizontal geared direct-acting機関)/1軸 出力(計画):4,480馬力 速力:17.1kt 兵装:228oスムースボア砲10門、60ポンド・マズルローディング・ライフル砲3門、24ポンド・スムースボア砲2門(ネシャミニーはなし)
↑"Ammonoosuc and Neshaminy Class". Colored lithograph, after a drawing by Captain Melancthon B. Woolsey, USN, published by the Major & Knapp Eng. Mfg. & Lith. Co., 71 Broadway, New York, circa the later 1860s. It depicts the fast cruisers USS Ammonoosuc and Neshaminy. The same print has also been used to depict the never-launched USS Connecticut, ex-Pompanoosuc. The original print's mount bears the notation: "From Boynton's History of the U.S. Navy". U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アモヌーサク
123
Ammonoosuc チャールズタウン海軍工廠 1868/6/15 ◎1863 起工
◎1864/7/21 進水
◎1867末 ニュー・ヨーク海軍工廠へ曳航、主機設置工事
◎1868 チャールズタウン海軍工廠にて係船
◎1869/5/15 アイオワ Iowaと改名
◎1883/9/27 ニュー・ヨークのfirm of Hubel & Porterに売却
ネシャミニー
1234
Neshaminy フィラデルフィア海軍工廠 ◎1863 起工
◎1865/10/5 進水
◎1866 ニュー・ヨーク海軍工廠へ曳航、主機設置工事(〜1868)
◎1869 ニュー・ヨーク海軍工廠にて係船
◎1869/5/15 アリゾナ Arizonaと改名
◎1869/8/12 ネヴァダ Nevadaと改名
◎1874/6 解体のため、ジョン・ローチに売却(売却額$25,000)


排水量:4,215t(マダワスカは4,170t。1871年には4,840t。旧測定法による総トン数3,281t) 垂線間長:102.10m 幅:13.77m 吃水:5.82m 主缶:8基(マダワスカは1871年に10基に増強) 主機/軸数:Novelty Iron Works式2-cyl. horizontal geared direct-acting機関(マダワスカはAllaire Iron Works式2-cyl. vibrating-lever機関。1871年に4-cyl. horizontal back-acting compound機関に換装)/1軸 出力(計画):4,049馬力(マダワスカは2,143馬力。1871年には3,200馬力) 速力:17.5kt(マダワスカは11.0kt。1871年には10.0kt) 兵装:228oスムースボア砲10門、60ポンド・マズルローディング・ライフル砲3門(ワンパノーグは1874年には100ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、228oスムースボア砲10門。マダワスカは1871年には100ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、203oライフル砲2門、228oスムースボア砲18門。1880年には279oスムースボア砲2門、228oスムースボア砲10門、100ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、60ポンド・マズルローディング・ライフル砲1門) 乗員:375名
↑"An Incident of the Late War with Great Britain ... USS Wampanoag Escaping from the Channel Fleet after Destroying the Halifax Convoy, July Fourth, 1866". Oil painting by John Charles Roach, 1984, depicting the fast cruiser Wampanoag performing her designed mission, in an imaginary conflict. Courtesy of Charles R. Haberlein Jr., 1985. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑USS Wampanoag; USS Tennessee; and USS Trenton. Plan comparing the three ships' machinery installations. It is marked: "Copy from Roach's April 16th (18)77". The plan emphasises the savings in weight, space and personnel represented in the machinery and boilers of the Tennessee and Trenton as compared with Wampanoag. The original drawing is # 107-10-5A in Record Group 19, National Archives. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マダワスカ Madawaska ブルックリン海軍工廠 1866/6/27 ◎1863 起工
◎1865/7/8 進水
◎1869/5/15 テネシー Tennesseeと改名、改装
◎1886/9/15 MeridenのBurdett Pondに売却
ワンパノーグ
12
Wampanoag ブルックリン海軍工廠 1867/9/17 1868/5/5 ◎1863/8/3 起工
◎1864/12/15 進水
◎退役後、ニュー・ヨーク海軍工廠にて係船
◎1869/5/15 フロリダ Floridaと改名
◎1874/3 ニュー・ロンドンにて宿泊艦兼store shipとなる
◎1885/2/27 ニュー・ヨークにて解体のため、Edwin LeBarsに売却


排水量:4,446t(旧測定法による総トン数3,713t) 全長:102.10m 幅:14.63m 主缶:12基 主機/軸数:Corliss Steam Engine Co. 式2-cyl. horizontal geared direct-acting機関/1軸 兵装(計画):100ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、60ポンド・マズルローディング・ライフル砲2門、228oスムースボア砲12門
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ポンパヌーサク Pompanoosuc チャールズタウン海軍工廠 ◎1863(1864/1/2?) 起工
◎建造中止
◎1869/5/15 コネチカット Connecticutと改名
◎1883(1885?) ボストンにて解体


排水量:3,713t 主機/軸数:ワシントン海軍工廠式2-cyl. horizontal direct-acting機関/2軸
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ボノム・リシャール Bon Homme Richard ◎建造中止


排水量:3,241t(旧測定法による総トン数2,638t) 吃水線長:90.83m 幅:13.59m 吃水:5.18m 主機/軸数:Morgan Iron Works式2-cyl. 機関2基(1867年に撤去)/1軸 出力:645馬力 速力:8.0kt 兵装:32ポンド砲6門、30ポンド砲1門、12ポンド榴弾砲1門 乗員:400名
↑USS Idaho. Watercolor on silk, depicting Idaho under full sail following her conversion to a storeship. The mount of the original painting is inscribed: "Dec. 8th 1867 ... ran 130 miles in 8 hours. E. R. Nagasaki, Japan." Collection of President Franklin D. Roosevelt. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アイダホ
12
Idaho Henry Steers 1866/4/2 1873/12/31 ◎1863 起工
◎1864/10/8 進水
◎1867 退役、主機撤去工事で帆走船に改装
◎1867/10/3 再役、storeshipとなる
1869/9/21 横浜にて台風により損傷
◎1874 横浜にてEast Indies Trading Co. に売却


排水量:3,043t 甲板長:96.01m 幅:14.02m 吃水:6.27m 主缶:8基 主機/軸数:Merrick & Sons式2-cyl. horizontal back-acting機関/1軸 出力(計画):2,000馬力 速力:13.5kt 兵装:203oスムースボア砲8門、60ポンド・マズルローディング・ライフル砲3門、24ポンド榴弾砲2門
↑USS Chattanooga. Halftone reproduction "From an India ink drawing loaned by Mr. Charles H. Cramp", depicting the ship as originally designed, before installation of a bowsprit. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チャタヌーガ
12
Chattanooga C. H. & W. H. Cramp 1866/5/16 1866/9/3 ◎1863 起工
◎1864/10/13 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役
1871/12 リーグ・アイランドにてドック内で流氷と衝突し沈没
◎1872/1 売却


Update 13/05/26