LST
戦車揚陸艦


↑USS LST-1110. At West Kukum Beach, Guadalcanal, 18 August 1945. This photograph, originally black and white, was color-tinted prior to its donation to the Naval Historical Center. Donation of James C. Anderson, December 1999. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Pangan (LST-3) ex-Stark County (LST-1134). Image courtesy of Shipbucket.

↑Lanta (LST-714) ex-Stone County (LST-1141). Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた期間
LST-1081
12
アメリカン・ブリッジ社 1945/1/30 1956/12/12 1958/11/1 ◎1944/11/13 起工
◎1945/1/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 32、LST Group 95、LST Division 189所属)
◎1946/1/16 サン・フラシスコにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/7/30 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/8/7 再活性化オーヴァーホール
◎1951/2/2 再役
◎1952初め オーヴァーホール
◎1955/7/1 ピマ・カウンティ Pima Countyと命名
◎1956/8/7 リトル・クリークにて保管
◎1956 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1960/6 Atlantic Steam Navigation Co. に売却され艀518Nとなる
◎1966(1972?) Baltic Ferryと改名
◎1972(1977?) Sable Ferryと改名
◎1977 パナマのMareantes Armadora, SAに売却されNickel Ferryと改名(12
1979/12/1 La Unionにて焼失 
LST-1082 アメリカン・ブリッジ社 1945/2/7 1971/9/1 1975/4/1 ◎1944/11/18 起工
◎1945/1/26 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1945/2? モービルにて改装
◎1945/8上旬 真珠湾の浮きドック第2号にて入渠
◎1946/8/5 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/6 アストリアにて再役
◎1950秋 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて改装
◎1951/3下旬 神戸にて修理
◎1952/12末(1953初め?) メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ピトキン・カウンティ Pitkin Countyと命名
◎1955/9/1 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1966/7/9 ロング・ビーチ海軍造船所にて再役
◎1975/12/4(1975/12/19?) Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎後にBeverly HillsのMax Rouse & Sonsに売却、タコマのMarine Industriesで商船に改装
◎1975(1976?) シンガポールのLanding System Technology Pte., Ltd. (船主はLauritz Kloster)に売却されLST-4と改名
◎1978/7/6(1979?) パナマのMaritime & Commercial Co. Argonaftis, S. A. に売却されPetrola 144と改名、ギリシャ船籍となる
◎1980/10/26 運用開始
◎1988/4/16 解体のため、パキスタンのGadani Beachに到着
LST-1083 アメリカン・ブリッジ社 1945/2/13 1961/8/22 1972/6/1 ◎1944/11/22 起工
◎1945/1/14 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/8 アストリアにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/8 再役
◎1955/7/1 プラマス・カウンティ Plumas Countyと命名
◎退役後、佐世保にて太平洋予備艦隊に編入
◎1965/12 軍事海上輸送部隊(MSTS)が、管理運行(T-LST-1083)
◎1973/5/1(1973/5/10?) Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
LST-1084 アメリカン・ブリッジ社 1945/2/19 1969/10/3
(1969/10/30?)
1974/9/15 ◎1944/11/27 起工
◎1945/1/19 進水
◎1946/8/13 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 ポーク・カウンティ Polk Countyと命名
◎1960/10 FRAMU工事(〜1961/2)
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1975/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎1977 売却され商船Grigoroussaとなる
◎1985 Peramaにて解体
LST-1085
12
アメリカン・ブリッジ社 1945/2/21 1960/4/1 ◎1944/12/1 起工
◎1945/1/13 進水
◎1949/1/27 艦種を雑役艦(AG-148)に改める
LST-1086 アメリカン・ブリッジ社 1945/2/24 1946/8/7 1959/6/1 ◎1944/12/5 起工
◎1945/1/28 進水
◎Algiers Naval Repair Baseにて就役
◎ルイジアナ州Algiersとモービルにて艤装
◎1945/3? ニュー・オーリンズにて修理
◎1946/7中旬 ボストン海軍工廠にて不活性化工事
◎退役後、ボストン海軍工廠にて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ポッター・カウンティ Potter Countyと命名
◎1960/8/9 ギリシャに貸与されIkaria(L154)と改名
◎1999 除籍
LST-1087 アメリカン・ブリッジ社 1945/3/2 1947/8/11 1947/9/29 ◎1944/12/11 起工
◎1945/2/3 進水
◎1948/4/18 陸軍に移管
LST-1088 アメリカン・ブリッジ社 1945/3/27 1967/7 1973/11/1 ◎1944/12/16 起工
◎1945/2/11 進水
◎ルイジアナ州Algiersにて就役
◎1946/3 ポートランドにて不活性化工事
◎1946/8/29 ポートランドにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 プラスキ・カウンティ Pulaski Countyと命名
◎1961 ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1963/5/21 再役
◎1967/7 軍事海上輸送部隊(MSTS)が、管理運行(T-LST-1088)
◎1975/1/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
LST-1089 アメリカン・ブリッジ社 1945/3/28 1960/3/9 1960/11/1 ◎1944/12/20 起工
◎1945/2/17 進水
◎1946/8/16 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/6 再役
◎1955/7/1 ライス・カウンティ Rice Countyと命名
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1960/10/7 西ドイツに売却され機雷敷設艦に改装、Bochum(N120)と改名
◎後に艦種記号をA1404に改める
◎1972/12/12 トルコに売却されSancaktar(NL121)と改名
◎後に艦種記号をN112に改める
◎後に艦種記号をA580に改める
◎後に艦種記号をL404に改める
LST-1090 アメリカン・ブリッジ社 1945/4/2 1960/4/5 1960/11/1 ◎1944/12/28 起工
◎1945/2/24 進水
◎1945/3/21 ニュー・オーリンズに運ばれる
◎モービルにてプロペラ修理
◎1946/2 サン・フランシスコとVancouverにて不活性化工事
◎1946/7/22 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて再役
◎1953/11下旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ・カウンティ Russell Countyと命名
◎1956/4上旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1960/11/1(1960/12/27?) インドネシアに売却されTandjung Radja(LST2)と改名
1963 座礁、難破
LST-1091 アメリカン・ブリッジ社 1945/4/6 1946/7/5 1959/2/6 ◎1945/1/3 起工
◎1945/3/3 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/2 ブレマートンにて不活性化工事
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 サガダホク・カウンティ Sagadahoc Countyと命名
◎1958/10/21 台湾に貸与され中治 Chung Chih(Chung Chin?、LST-655)と改名
◎後に艦種記号をLST-226に改める
LST-1092 アメリカン・ブリッジ社 1945/5/19 1952/4/4 1992/6/25 ◎1944/12/8 艦種を航空機修理艦(エンジン)(ARVE-3)に改め、アヴェンティナス Aventinusと命名
LST-1093 アメリカン・ブリッジ社 1945/5/30
(1945/5/31?)
1952/4/4 1973/6/1 ◎1944/12/8 艦種を航空機修理艦(航空機)(ARVA-5)に改め、ファビアス Fabiusと命名
LST-1094 アメリカン・ブリッジ社 1945/6/19 1966/12/9 1973/6/1 ◎1944/12/8 艦種を航空機修理艦(エンジン)(ARVE-4)に改める
LST-1095 アメリカン・ブリッジ社 1945/6/27 1956/1/16 1973/6/1 ◎1944/12/8(1944/12/14?) 艦種を航空機修理艦(航空機)(ARVA-6)に改め、メガラ Megaraと命名
LST-1096 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/2/2 1969/9/26 1975/4/1 ◎1944/11/27 起工
◎1945/1/10 進水
◎1946/8/24 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/10/3 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて再役
◎1951/12中旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1953/10 ロング・ビーチにて修理、オーヴァーホール
◎1960 オーヴァーホール
◎1955/7/1 セント・クレア・カウンティ St. Clair Countyと命名
◎1960 オーヴァーホール
1960/5 西太平洋にて映画撮影用に用いられる
1960/12 カリフォルニア沿岸にて映画撮影用に用いられる
◎1964 FRAMU工事
◎1966/4 フィリピンにて修理改装
◎1966/7 フィリピンにて修理
◎1966/9下旬 修理
◎1967春 西海岸にてオーヴァーホール
◎1968/1下旬 サン・ディエゴにて修理
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1975/12/1(1975/12/4?) Defense Reutilization & Marketing ServiceによりBeverly HillsのMax Rouse & Sonsに売却
◎タコマのMarine Industriesで商船に改装
◎1976 シンガポールのLanding System Technology Pte., Ltd. (船主はノルウェーのLauritz Kloster)に売却されLST-5と改名
◎1978/6/30 パナマのMaritime & Commercial Co. Argonaftis, S. A. に売却されPetrola 145と改名、ギリシャ船籍となる
◎1988 解体
LST-1097
123
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/2/9 1956/12/14 1960/4/1 ◎1944/11/22 起工
◎1945/1/16 進水
◎1945/12 真珠湾海軍造船所でOrdnance Spare Parts Bargeに改装
◎1946/12/19 ポートランドにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1949/1/27 艦種を雑役艦(AG-149)に改める
LST-1098 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/6/5 1947/4/21 1973/6/1 ◎1944/12/6 起工
◎1944/12/8 艦種を救難艇母艦(ARST-1)に改める
LST-1099 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/6/19 1946/8/5 1946/10/15 ◎1944/12/1 起工
◎1944/12/8 艦種を救難艇母艦(ARST-2)に改める
LST-1100 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/7/28 1947/6/20 1973/6/1 ◎1944/12/8 艦種を救難艇母艦(ARST-3)に改める
LST-1101 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/26 1960/3/9 1960/11/1 ◎1944/11/22 起工
◎1945/1/3 進水
◎1945/1/20 ニュー・オーリンズに運ばれる
◎1946/1 シアトルにて不活性化工事
◎1946/6/6 シアトルにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1952春 オーヴァーホール
◎1955/7/1 セイリーン・カウンティ Saline Countyと命名
◎1960/10/1 西ドイツに貸与され機雷敷設艦に改装、Bottrop(N121)と改名
◎後に艦種記号をA1405に改める
◎1971/9 西ドイツより返還
◎1972/12/13 トルコに売却されBayraktar(NL120)と改名
◎後に艦種記号をN111に改める
◎後に艦種記号をA579(A581?)に改める
◎後に艦種記号をL403に改める
LST-1102
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/29 1958/4/22 1959/11/2 ◎1944/11/23 起工
◎1945/1/10 進水
◎1945/12上旬 真珠湾でmobile spare parts shipに改装
◎1947/11/21 サン・ディエゴにて退役、保管
◎1949/1/27 艦種を雑役艦(AG-150)に改める
LST-1103 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/31 1946/6/18 1947/6/23 ◎1944/11/28 起工
◎1945/1/13 進水
◎1948/6/17 ニュー・オーリンズのOil Transport Co. に売却
LST-1104 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/8 1946/7/8 1947/5/22 ◎1944/12/1 起工
◎1945/1/17 進水
◎1947/4/28 Quarterman Corp. に売却されSambaと命名
◎1948 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 12に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管
◎1958 処分
LST-1105 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/13 1946/5/29 1946/6/19 ◎1944/12/5 起工
◎1945/1/20 進水
◎1948/5/20 California Co. に売却
◎後にGuaranesi(Guaranesia?)と命名
◎1959(1977?) 売却されBrasiliaと改名、ブラジル船籍となる
LST-1106 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/16 1946/8/2 1946/10/8 ◎1944/12/9 起工
◎1945/1/24 進水
◎1948/6/17 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1107 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/21 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/12/13 起工
◎1945/1/29 進水
1945/7/10 沖縄にて座礁により損傷
◎1947/2/28 ヒギンズ社に売却
◎1948 Andrew Jackson Higginsと命名
◎1955 Francis Chorinと改名
◎1958 Punta Paramoと改名
◎1966 Guer-Aikeと改名
LST-1108 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/27 1946/8/15 1946/9/25 ◎1944/12/16 起工
◎1945/2/1 進水
◎1948/1/10 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されDona Irmaと命名
◎1948 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 11に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管、Cabo San Sebastian(BDT11)と改名
◎1964 除籍
◎1966 処分
LST-1109 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/2/28 1946/5/6 1946/6/19 ◎1944/12/21 起工
◎1945/2/6 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1110
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/3/7 1958/8/15 1959/2/6 ◎1944/11/28 起工
◎1945/2/9 進水
◎1945/3/1 ニュー・オーリンズに運ばれる
◎1946/2中旬 ロング・ビーチにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 サン・バーナディーノ・カウンティ San Bernardino Countyと命名
◎1957/12/31 保管
◎1958/8/16(1958/9/16?) 台湾に貸与され中強 Chung Cheng(Chung Chiang?、LST-635)と命名
◎後に艦種記号をLST-225に改める
◎1993 除籍
LST-1111
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/9
(1945/7/9?)
1947/4/26 1960/4 ◎1944/12/8 艦種を需品補給艦(AKS-16)に改めブラックフォード Blackfordと命名
LST-1112
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/15 1946/10/16 1973/6/1 ◎1944/12/8 艦種を需品補給艦(AKS-17)に改めドーチェスター Dorchesterと命名
LST-1113
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/6/27 1947/1/25 1977/10/1 ◎1944/12/8 艦種を需品補給艦(AKS-18)に改めキングマン Kingmanと命名
LST-1114
123
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/7/3 1946/6/8
(1947/1/30?)
1972/4/1 ◎1944/12/8 艦種を需品補給艦(AKS-19)に改めプレスク・アイル Presque Isleと命名
LST-1115 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/4 1946/4/20
(1946/6/18?)
1960/1/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-20)に改め、ペンテウス Pentheusと命名
LST-1116 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/9 1956/5/24 1960/1/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-21)に改め、プロサーパイン Proserpineと命名
LST-1117 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/13 1946/1/5
(1947/1/18?)
1947/2/7 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-27)に改め、タンタラス Tantalusと命名
LST-1118 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/18 1947/3
(1947/8/7?)
1960/7/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-28)に改める
LST-1119 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/23 1946/12/3 1961 ◎1944/8/14 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-11)に改め、ディオメーデス Diomedesと命名
LST-1120 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/9 1948/1/14 1948/2/19 ◎1944/10/20 起工
◎1945/1/16 進水
◎1948/6/20(1948/8/20?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-1121 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/31 1947/5/27 1959/3/1 ◎1944/8/14 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-10)に改め、ディメーター Demeterと命名
LST-1122 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/14 1969/9/26 1972/5/1 ◎1944/10/30 起工
◎1945/1/24 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1949/6/15 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3(1950/11/8?) 再役
◎1955/7/1 サン・ホアクイン・カウンティ San Joaquin Countyと命名
◎後にプロペラ交換工事工作艦エイジャックス Ajax(AR-6)のプロペラと交換)
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1974/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却(1974年9月5日に売却され艀50となるともいわれる)
LST-1123 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/19 1969/12/6 1975/3/15
(1973/5/15?)
◎1944/11/1 起工
◎1945/1/29 進水
◎1950/6末 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1952冬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1955春 アストリアにて不活性化工事
◎1955/7/1 セジウィック・カウンティ Sedgwiek Countyと命名
◎1955/9/9 アストリアにて退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1966/6/4 再役
◎1968/4上旬 グアムにてオーヴァーホール
◎1970 メア・アイランドにてInactive Ship Maintenance Facilityにより保管
◎1976/10/7 マレーシアに売却されRajah Jaro(Rajah Jarom?、A1502(S1502?))と改名
◎1999 除籍
LST-1124 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/13
(1945/3/3?)
1947/1/1
(1947/11/18?)
1961/7/1 ◎1944/8/14(1944/10/27?) 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-29)に改め、アンフィトライテ Amphitriteと命名
LST-1125
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/17 1946/3/14 ◎1944/8/14 艦種を魚雷艇母艦母艦(AGP-17)に改め、ブロンテス Brontesと命名
LST-1126 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/28 1970/7/1 1970/7/1 ◎1944/11/16 起工
◎1945/2/9 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1955/7/1 スノホミッシュ・カウンティ Snohomish Countyと命名
◎1971/1 解体のため、台湾のChin Ho Fa Steel & Iron Co., Ltd. に売却
LST-1127 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/26 1946/12/3 1977/12/10 ◎1944/8/14 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-12)に改め、ヘリオス Heliosと命名
LST-1128 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/9 1946/7/29 1958/11/1 ◎1944/11/23 起工
◎1945/2/19 進水
◎1945/3中旬 モービルにてプロペラ交換工事
◎1945/4中旬 ニュー・オーリンズにて修理
◎1946/1? ブレマートンにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ソラノ・カウンティ Solano Countyと命名
◎1960/3/31 インドネシアに貸与されTeluk Langsa(LST-868)と改名
◎後に艦種記号をLST-501に改める
◎1995〜1996 保管
LST-1129 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/6 1946/7/31 1958/11/1 ◎1944/11/29 起工
◎1945/2/22 進水
◎退役後、ピュージェット・サウンドにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ソマーヴェル・カウンティ Somervell Countyと命名
LST-1130
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/20 1948/3/23 1948/3/12 ◎1944/12/5 起工
◎1945/2/27 進水
1948/3/12 カロリン諸島ヤップにて座礁により損傷、放棄
◎1948/3/24 破壊処分
LST-1131 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/15 1971/9/1 1979/2/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-30)に改め、アスカリ Askariと命名
LST-1132 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/19 1948/3/7
(1948/3/26?)
1977/10/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-31)に改め、ベレロフォン Bellerophonと命名
LST-1133
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/3/23 1946/2/20 ◎1944/8/14 艦種を魚雷艇母艦母艦(AGP-18)に改め、カイロン Chironと命名
LST-1134 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/7 1966/5/16 1972/4 ◎1944/12/18 起工
◎1945/3/16 進水
◎1946/1/29 サン・ディエゴにてオーヴァーホール(〜1946/7/15)
◎1951/6中旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎退役後、ピュージェット・サウンドにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 スターク・カウンティ Stark Countyと命名
◎1966/5/16 タイに貸与されPangan(LST-3)と改名、タイ海軍にて就役
◎1967 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(〜1972)
◎1995〜1997 この間、艦種記号をLST-713に改める(1234
◎2008 退役
後にKoh Phanganにて記念艦となる
LST-1135 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/12 1948/4/28 1948/8/12 ◎1944/12/26 起工
◎1945/3/21 進水
◎1948/6/29 海事委員会に移管、解体のため売却
LST-1136 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/6 1946/6/5 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-32)に改め、ベローナ Bellonaと命名
LST-1137 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/11 1948/3/8 1961/7/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-33)に改め、キマイラ Chimaeraと命名
LST-1138 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/24 1961/2/1 ◎1945/1/6 起工
◎1945/4/5 進水
◎1955/7/1 スチューベン・カウンティ Steuben Countyと命名
◎1961/8/11 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
LST-1139 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/4/27 1946/7/20 1946/8/15 ◎1945/1/15 起工
◎1945/4/9 進水
◎1948/6/28(1948/6/30?) HoustonのPort Houston Iron Works, Inc. に売却され艀となる
LST-1140 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/4 1949/6/3 1949/8/15 ◎1945/1/17 起工
◎1945/4/13 進水
◎1950/1/26 シアトルのFoss Launch & Tug Co. に売却され艀Foss 206となる
LST-1141
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/9 1970/3/12 1973/8/15 ◎1944 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-34)に改める予定がキャンセル
◎1945/1/22 起工
◎1945/4/18 進水
◎1949/8/24 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役、後に改装
◎1954 オーヴァーホール
◎1955/7/1 ストーン・カウンティ Stone Countyと命名
◎1965/12 サン・ペドロのTodd Shipyardにてオーヴァーホール(〜1966/2/14)
◎1969/11下旬? グアムのアプラ港にてオーヴァーホール
◎1970/3/12 タイに貸与されLanta(LST-4)と改名
◎1973/8/15 タイに売却
◎後に艦種記号をLST-714に改める(12
◎2009 退役
2012 KrabiのKlong Jilad Pierの隣接にて記念艦となる
LST-1142 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/12 1946/11/15 1958/11/1 ◎1945/1/25 起工
◎1945/4/23 進水
◎Gulfportにて艤装
◎1946/3/24 アストリアにて保管
◎1946/6/10 Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ストラッフォード・カウンティ Strafford Countyと命名
◎1963 シアトルのFoss Launch & Tug Co. に売却され艀に改装、Foss 202と改名
LST-1143 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/9 1947/10/23 1960/1/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-35)に改め、ダイダロス Daedalusと命名
LST-1144 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/28 1955/2/11 1960/6/1 ◎1945/2/3 起工
◎1945/5/2 進水
◎1945/11 ニュー・オーリンズにて入渠
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 サブレット・カウンティ Sublette Countyと命名
◎1961/1 再活性化オーヴァーホール
◎1961/9/29 台湾に貸与されChung Yeh(LST-231)と改名
LST-1145 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/18 1955/12/21 1961/2/1 ◎1944/8/14(1944/10/27?) 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-36)に改め、ゴーディアス Gordiusと命名
LST-1146 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/30 1969/12 1976/11/1 ◎1945/2/10 起工
◎1945/5/11 進水
◎1945/6上旬 モービルにてプロペラ修理
◎1945/6下旬 ニュー・オーリンズにて修理
◎1955/7/1 サミット・カウンティ Summit Countyと命名
1966/3/11 ダ・ナン〜Chu Lai間にて機関室に浸水、佐世保へ曳航、修理(〜1966/5/16)
◎1967/1/1 オーヴァーホール(〜1967/5/5)
◎1968/3/20 横須賀にて修理改装(〜1968/4/12)
◎1969/12 海事局に移管
◎1975/3 Suisun Bayにて太平洋予備艦隊に編入
◎1976/11/1(1977/2/14?) エクアドルに売却されHualcopo(T55)と改名
◎後に艦種記号をT61に改める
◎後に艦種記号をTR61に改める
1998 火災により損傷
LST-1147
123
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/5/28 1970/4
(1970/5?)
1977/12/1
(1984?)
◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-37)に改め、インドラ Indraと命名
LST-1148
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/6/9 1969/10/9 1970/3/16
(1974/9/15?)
◎1945/2/15 起工
◎1945/5/22(1945/5/23?) 進水
◎1945/7上旬 修理改装
◎1946/5/11 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/10/3 アストリアにて再役
◎1951/12下旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 サムナー・カウンティ Sumner Countyと命名
◎1957末? サン・ディエゴにてオーヴァーホール
1966/1/20 Tuy Hoaにて悪天候により損傷、後に佐世保へ曳航
◎1966/2/8 佐世保にて入渠、修理(〜1966/2/24)
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1975/6(1975/8/1?) Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)によりニューポートのFrank Ganterに売却され艀となる
◎2004/2 解体
1945/6/9〜1946/5/11
LST-1149
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945 1971/10/30 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-38)に改め、クリシュナ Krishnaと命名
LST-1150
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/6/20 1970/12/1
(1971/3/12?)
1974/9/15 ◎1945/3/1 起工
◎1945/5/30 進水
◎就役後、ニュー・オーリンズにて艤装
◎1946/9/13 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 サッター・カウンティ Sutter Countyと命名
◎1966/4/16 再役
◎1967/12/19 グアムにてオーヴァーホール(〜1968/2/26)
◎1969/12末 ダ・ナンにてエンジン修理
◎1970/12/1 オレンジのInactive Ship Facilityにて保管(〜1971/3)
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1975/11/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により民間に売却され商船Marland IIと改名
◎1979(1980?) Amalと改名
1986/11/10 Jeddahにて係留設備が壊れ漂流、座礁、真っ二つになる
1987/1/2 船体前部は沈没
1945/6/20〜1946/2/8
LST-1151 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/6/15 1947/6/27 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-39)に改め、クィリナス Quirinusと命名
LST-1152
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/6/30 1946/7/1 1959/2/6 ◎1945/3/5 起工
◎1945/6/8 進水
◎就役後、ニュー・オーリンズにて艤装
◎1945/7上旬 モービルにてプロペラ修理
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/5/12(1955/7/1?) スウィートウォーター・カウンティ Sweetwater Countyと命名
◎1958/10/21 台湾に貸与され中明 Chung Ming(LST-681)と改名
◎後に艦種記号をLST-227に改める
1945/6/30〜1946/7/1






Update 17/04/23