LST
戦車揚陸艦


↑海上自衛隊掃海母艦はやとも(MST-461、元LST-1級戦車揚陸艦LST-802)
↑海上自衛隊揚陸艦/輸送艦しもきた(LST-4002、元LST-1級戦車揚陸艦LST-835)
↑海上自衛隊揚陸艦/輸送艦しれとこ(LST-4003、元LST-1級戦車揚陸艦LST-1064)
↑An undated photo of USS LST-906 with a USAAF L-4 Grasshopper just having left the flight deck, with Navy personnel looking on. US Army photo. Image courtesy of NavSource.

↑Chang (LST-2) ex-Lincoln County (LST-898). Image courtesy of Shipbucket.

↑Angthong (LST-1) ex-LST-924. Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
LST-796 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/20 1946/4/17 1946/6/19 ◎1944/8/6 起工
◎1944/9/16 進水
◎1947/9/22 ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-797 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/20 1946/6/28 1946/7/31 ◎1944/8/21 起工
◎1944/9/22 進水
◎1947/12/12 解体のため、Morris Heightsのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-798 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/26 1946/7/16 1946/8/15 ◎1944/8/17 起工
◎1944/9/26 進水
◎1947/9/17 解体のため、Morris Heightsのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-799 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/28 1960/1/18 1960/11/1 ◎1944/8/25 起工
◎1944/10/3 進水
◎1946/4/22(1946/5/6?) 退役、陸軍に移管
◎1950 海軍に移管
◎1950/8/26 再役
◎1950/10下旬 元山?にてオーヴァーホール(〜1950/12/24)
◎1950/12下旬 釜山にてオーヴァーホール(〜1951初め)
◎1952秋? ロング・ビーチにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 グリーア・カウンティ Greer Countyと命名
◎1960/10 西ドイツに貸与(除籍後、解体のため売却ともいわれる)
LST-800 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/2 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/8/29 起工
◎1944/10/10 進水
◎1947/12/22 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却
LST-801 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/8 1946/7/18 1946/8/18 ◎1944/9/6 起工
◎1944/10/14 進水
◎1947/12/29 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されDon Antonioと命名
◎1947/12 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 5に改める
◎1959 アルゼンチン海軍に移管
◎1963 Cabo Buen Tiempo(BDT13)と改名
LST-802 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/13 1960/6/30 1960/7/1 ◎1944/9/2 起工
◎1944/10/19 進水
◎1946/7/21 退役、グアムにて太平洋予備艦隊に編入、SCAJAPに貸与
◎1950/8/30 横須賀にて再役
◎1951/3下旬 本国にてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ハミルトン・カウンティ Hamilton Countyと命名
◎1960/6/30 日本に売却され掃海母艦はやとも(MST-461)となる
◎1972/3/31 除籍
LST-803 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/17 1958/1/2 1958/4/17 ◎1944/9/14 起工
◎1944/10/23 進水
◎1949/3/26(1949/6/15?) 退役、ロング・ビーチにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/15 再役
◎1952/2? サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ハンプデン・カウンティ Hampden Countyと命名
◎1958/9/26 カリフォルニア沿岸にて標的として沈没
LST-804 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/22 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/9/10 起工
◎1944/10/27 進水
◎退役後、国務省に移管
◎除籍後、中国国民党に貸与
◎後に民間に売却されChung 101と命名
LST-805 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/27 1946/5/25 1946/7/19 ◎1944/9/22 起工
◎1944/10/31 進水
◎1947/11/5 フィリピンにて売却
◎後に台湾の業者に売却されChung 111と命名
LST-806 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/28 1946/5/20 1946/7/19 ◎1944/7/25 起工
◎1944/9/7 進水
◎1947/11/20 フィリピンにて売却
◎後に台湾の業者に売却されChung 112と命名
1950/4/30 海南島Yulinにて沈没
LST-807 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/3
(1944/10/8?)
1946/5/27 1946/7/3 ◎1944/7/29 起工
◎1944/9/11 進水
1945/2/22 硫黄島沖にて護衛駆逐艦メルヴィン R. ナウマン Melvin R. Nawman(DE-416)と衝突し損傷
◎退役後、国務省に移管
LST-808 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/29 1945/11/11 ◎1944/8/1 起工
◎1944/9/15 進水
1945/5/18 沖縄の伊江島沖にて日本軍機の雷撃により損傷
1945/5/20 何隻かのLCVPがLST-808を珊瑚礁付近まで押すも日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/11/11 破壊処分
LST-809 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/10 1946/7/15 1946/8/18 ◎1944/8/5 起工
◎1944/9/19 進水
1945/2/21 硫黄島にて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/2/27 硫黄島にて他の艦船と衝突し損傷
◎1948/5/19 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-810 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/13 1946/7/18 1946/8/28 ◎1944/8/8 起工
◎1944/9/21 進水
◎1947/10/14 解体のため、ニュー・ヨークのWilliam E. Skinnerに売却
LST-811 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/18 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/8/12 起工
◎1944/9/23 進水
◎1947/11/4 解体のため、シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却
LST-812 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/19 1946/5/9 1946/6/10
(1946/6/19?)
◎1944/8/14 起工
◎1944/9/27 進水
◎1948/5/25 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-813 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/24 1946/6/21 1946/7/31 ◎1944/8/20 起工
◎1944/9/30 進水
◎1948/6/12 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-814 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/27 1946/4/16 1946/5/8 ◎1944/8/25 起工
◎1944/10/4 進水
1945/12/30 佐世保にて揚陸作業中に事故により損傷
◎1946/8/12 フィリピン海にて沈没処分(1234
LST-815 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/10/30 1946/9/6 1961/7/1 ◎1944/8/28 起工
◎1944/10/7 進水
◎1948/5/28 解体のため、Basalt Rock Co., Inc. に売却
◎1948 フランスに再売却されOdet(L9005)と命名
◎1955頃 Toulonにて入渠
◎1969/8/14 除籍
◎1969 フランスにて解体
LST-816 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/2 1946/6/29 1946/7/31 ◎1944/9/2 起工
◎1944/10/11 進水
◎1948/5/27 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-817 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/7 1947/1/31 1947/2/7 ◎1944/9/4 起工
◎1944/10/14 進水
◎1948/5/25 解体のため、NapaのBasalt Rock Co., Inc. に売却
LST-818 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/9 1946/7/16 1946/8/28 ◎1944/9/8 起工
◎1944/10/18 進水
◎1947/9/17 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-819 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/14 1970/12/19 1975/4/1 ◎1944/9/12 起工
◎1944/10/21 進水
◎1946/11/15 退役、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/8 再役
◎1955/6/24 退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ハンプシャー・カウンティ Hampshire Countyと命名
◎1966/7/9 再役
◎1975/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎後にBeverly HillsのMax Rouse & Sonsに売却、シアトルのLake Union Drydock Co. にて改装
◎後にLanding System Technology Pte., Ltd. (船主はノルウェーのLauritz Kloster)に売却
◎1976 LST2と改名
◎1970/6/30 パナマとギリシャのMaritime & Commercial Co. Argonaftis, S. A. に売却されPetrola 142と改名
◎1980/7/31 運用開始
◎1983/2/24 Piraeusにて係船、Petrolaと改名
◎後に解体のため、AliagaのSeltas A. S. に売却
◎1995/12/22 Aliagaに到着
LST-820 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/16 1946/1/16 1946/2/7 ◎1944/9/14 起工
◎1944/10/25 進水
LST-821
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/22 1970/10/12 ◎1944/9/9 起工
◎1944/10/27 進水
◎1944/11/14 竣工
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 23、LST Group 67、LST Division 134所属)
◎1945/4/18 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/18)
◎1945/5上旬 ウルシーにてオーヴァーホール
◎1945/9/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/5)
◎1945/10/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/6)
◎1945/11/18 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/5)
◎1946/7/8 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ハーネット・カウティ Harnett Countyと命名
◎1966/8/20 再役
◎1967/1/12 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/5/31)
◎1967/6/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/7/12)
◎1967/8/17 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1968/1/29)
◎1968/1/30 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive、〜1968/2/27)
◎1968/4/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV、〜1968/6/30)
◎1968/7/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase V、〜1968/11/1)
◎1968/11/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1968/11/4)
◎1968/12/8 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1969/2/22)
◎1969/2/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet/69 Counteroffensive、〜1969/5/7)
◎1969/8/4 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/10/31)
◎1969/11/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Spring 1970、〜1970/1/22)
◎1970/2/17 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Spring 1970、〜1970/4/30)
◎1970/5/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Sanctuary Counteroffensive、〜1970/6/30)
◎1970/7/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VII、〜1970/7/21)
◎1970/9/25 艦種を哨戒艇母艦(AGP-821)に改める
◎PUC 31 Jan 1968-29 Feb 1968.
LST-822 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/23 1956/2/21 ◎1944/9/20 起工
◎1944/11/1 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/5/28 ポートランドにて入渠
◎1946/7/27 ポートランドにて退役
◎1946/8/10 Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/23 再役
◎1955/7/1 ハリス・カウンティ Harris Countyと命名
◎1955/12/1 シアトルにてオーヴァーホール(〜1956/1/20)
◎退役後、メア・アイランドにて太平洋予備艦隊に編入
◎1956/3 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-822)
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されAurora(LT-508)と改名
LST-823
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/28 1945/12/1 1946/1/3 ◎1944/9/25 起工
◎1944/11/4 進水
1945/9/16 沖縄のBuckner Bayにて台風により座礁、損傷
1945/10/9 沖縄のBuckner Bayにて台風により座礁、損傷、後に応急修理(123
◎1945/11 グアムへ曳航
◎1947/5 解体のため、Oklahoma-Philippines Co. に売却
LST-824 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/11/30 1975/4/11 ◎1944/9/28 起工
◎1944/11/8 進水
◎1946/5/15 ポートランドにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ヘンリー・カウンティ Henry Countyと命名
◎1959/9/5 再役
◎1976/10/1 マレーシアに貸与されSri Banggi(A1501)と命名
LST-825 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/8 1979/9/15 ◎1944/10/2 起工
◎1944/11/11 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/5/22 ポートランドにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 ヒックマン・カウンティ Hickman Countyと命名
◎1955/9/20 退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1963/3/22 再役
◎1969/11/26 フィリピンに貸与されCagayan(LT-97)と改名
LST-826 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/7 ◎1944/10/6 起工
◎1944/11/14 進水
1945/10/9 沖縄にて台風により座礁(12
◎1947/5(1947/11?) 解体のため、Oklahoma-Philippines Co. に売却
LST-827 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/12 1958/1/22
(1958/1/28?)
1958/3/28 ◎1944/10/9(1944/10/13?) 起工
◎1944/11/16(1944/11/22?) 進水
◎1946/6/7 退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1952/12上旬 メア・アイランドにて近代化改装
◎1955/7/1 ヒルズボロ・カウンティ Hillsborough Countyと命名
◎1957/11/1 保管
◎1958/8/15 カリフォルニア湾にて標的として沈没
LST-828 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/13 1947/4/22 1947/5/22 ◎1944/10/13 起工
◎1944/11/22 進水
◎退役後、不活性化工事
◎1947/5/7 マリアナ諸島にて破壊処分
LST-829 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/23 1945末 ◎1944/8/10 起工
◎1944/9/26 進水
◎1948/3/19 海事委員会に移管
◎後に民間に売却され商船Macauとなる
1961/12/21 ブラジル北東海域にて爆発により沈没
LST-830 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/28 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/8/15 起工
◎1944/9/30 進水
◎1947/7/8 ブエノス・アイレスのCompania, Naviera, Argentinaに売却され商船Marplatenseとなる
LST-831 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/8 1946/4/15 ◎1944/8/19 起工
◎1944/10/6 進水
◎1947/12/19 海事委員会に移管
◎後に民間に売却され艀Humble ST-2となる
◎後にBauer ST-2と改名
LST-832 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/4 1946/4/30 1946/7/3 ◎1944/8/25 起工
◎1944/10/11 進水
◎1948/3/12 ニュー・オーリンズのAlexander Shipyards, Inc. に売却
LST-833 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/10 1946/5/2 1947/6/10 ◎1944/8/28 起工
◎1944/10/16 進水
◎1948/5/13 ニュー・オーリンズのAlexander Shipyards, Inc. に売却され艀Joseph Zeppaとなる
LST-834 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/10 1946/9/12 1946/10/8 ◎1944/9/2 起工
◎1944/10/20 進水
◎1947/11/28(1947/12/13?) 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-835 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/20 1946/1
(1946/3?)
1959/10 ◎1944/9/6 起工
◎1944/10/25 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ヒルズデイル・カウンティ Hillsdale Countyと命名
◎1961/4/1 日本に供与され揚陸艦しもきた(LST-4002)となる
◎1971/4/1 艦種を輸送艦に改める
◎1975/3/31 除籍
◎後にフィリピンに売却されCavite(LT-509)と改名
◎1989 解体のため売却
LST-836 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/25 1971/7/1 ◎1944/9/11 起工
◎1944/10/29 進水
◎1946/7/25 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1952初め オーヴァーホール
◎1955/7/1 ホームズ・カウンティ Holmes Countyと命名
◎1959末 FRAM改装
◎1971/7/1 シンガポールに貸与されEndurance(L201)と改名
◎1975/12/5 売却
LST-837 アメリカン・ブリッジ社 1944/11/29 1946/6/28 1946/8/15 ◎1944/9/15 起工
◎1944/11/3 進水
◎1948/2/6 Madison B. Wrightに売却され商船Willie D. となる
LST-838
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/12/4 1974/8/1 1974/8/1 ◎1944/9/20 起工
◎1944/11/8 進水
◎1946/8/7 Vancouverにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ハンタードン・カウンティ Hunterdon Countyと命名
◎1966/9/10 Vallejoにて再役
1968 Ham Loung Riverにて共産軍のB-40ロケット弾により損傷、スービック湾にて入渠、修理
◎1970/9/25 艦種を哨戒艇母艦(AGP-838)に改める
LST-839 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/6 1970/7 ◎1944/9/25 起工
◎1944/11/12 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/7/24 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 アイルデル・カウンティ Iredell Countyと命名
◎1966/6/18 サン・ディエゴにて再役
◎退役後、インドネシアに貸与されTeluk Boneと改名
◎1979/2 売却
LST-840 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/11 1957/11/23
(1958/7/1?)
◎1944/9/28 起工
◎1944/11/15 進水
◎1946/6/1 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1951/11末 オーヴァーホール
◎1955/7/1 アイアン・カウンティ Iron Countyと命名
◎1958/7/1 中国国民党に貸与されChung Fu(LST-223)と改名
◎1997/11/8 除籍
LST-841 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/18 1946/6/25 1947/6/23 ◎1944/10/4 起工
◎1944/11/20 進水
◎1948/1/5 ニュー・オーリンズのカリフォルニア社に売却され商船S-23となる
LST-842 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/19 1947/12/30 1948/1/22 ◎1944/10/9 起工
◎1944/11/24 進水
◎1947/12/30 フィリピンに貸与されPampangaと命名
LST-843 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/23 1947/12/18 1948/1/22 ◎1944/10/13 起工
◎1944/11/29 進水
◎1947/12/18 フィリピンに貸与されBulacanと命名
LST-844 アメリカン・ブリッジ社 1944/12/30 1947/9/15 1947/9/29 ◎1944/10/18 起工
◎1944/12/3 進水
1945/5/29 沖縄にて座礁
◎1948/6/28 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却
◎1949 S-25と命名
LST-845 アメリカン・ブリッジ社 1945/1/1
(1945/1/9?)
1960/11/28 1961/2/1 ◎1944/10/23 起工
◎1944/12/7 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
1945/4/6 マウイ島にて揚陸作業訓練中に損傷
◎1945/4/9 真珠湾へ曳航
◎1945/4/10 真珠湾にて修理(〜1945/7/27)
◎1951? オーヴァーホール
◎1955/7/1 ジェファーソン・カウンティ Jefferson Countyと命名
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1961/8/22 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
LST-846 アメリカン・ブリッジ社 1945/1/9 1970/9/25 1970/9/25 ◎1944/10/27 起工
◎1944/12/12 進水
◎1945/5中旬? シアトルにて修理
◎1949/10/14 退役、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1951/11上旬? オーヴァーホール
◎1955/4中旬 アストリアにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ジェニングス・カウンティ Jennings Countyと命名
◎1955/12/7 退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1966/6/11 再役
◎後にヴェトナムにて哨戒艇母艦となる
1970 火災により損傷
◎1971 サイゴンにて入渠、修理
◎1971/3/30 売却
LST-847 アメリカン・ブリッジ社 1945/1/15 1946/6/21 1946/7/31 ◎1944/11/1 起工
◎1944/12/17 進水
◎1948/5/13 ニュー・オーリンズのAlexander Shipyards, Inc. に売却
LST-848
12
アメリカン・ブリッジ社 1945/1/20 1970/4/1 ◎1944/11/6 起工
◎1944/12/21 進水
◎1946/8/10 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ジェローム・カウンティ Jerome Countyと命名
◎1959/12/7 再役
◎1970/4 南ヴェトナムに貸与されNha Trang(HQ-505)と改名
◎1975 フィリピンに逃れ、フィリピンが取得、Agusan Del Sur(LT-54)と改名
◎1992 フィリピン政府に移管
LST-849 アメリカン・ブリッジ社 1945/1/16
(1945/1/25?)
1946/6/13 1959/1 ◎1944/11/10 起工
◎1944/12/20(1944/12/30 ?) 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ジョンソン・カウンティ Johnson Countyと命名
◎1959/1 韓国に貸与され義峰 Wee Bong(Wi Bong?、LST-812)と改名
◎後に艦種記号をLST-676に改める
2007/12 群山の鎮浦海洋公園にて記念艦となる
LST-850 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/27 1947/1/18 1958/11/1 ◎1944/8/15 起工
◎1944/11/3 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/5/17 保管
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ジュニアータ・カウンティ Juniata Countyと命名
◎1958/10/20 標的として沈没
LST-851 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/30 1946/4/24 1946/5/8 ◎1944/8/10 起工
◎1944/11/8 進水
◎1946/10/14 シアトルのNorthwest Merchandising Serviceに売却
LST-852 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/24
(1944/8/27?)
1971/9/30
(1971/10/15?)
◎1944/8/16 起工
◎1944/11/13 進水
◎1944/12/28 退役、ジャクソンヴィルで揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装
◎1945/4/28 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-23)に改め、セイター Satyrと命名
LST-853 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/11 1946/7/24 ◎1944/8/30 起工
◎1944/11/17 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ケーン・カウンティ Kane Countyと命名
◎1958/12/22 韓国に貸与され水營 Su Yong(LST-813)と改名
◎後に艦種記号をLST-677に改める
LST-854 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/14 1969/5/28 1975/4/1 ◎1944/8/30 起工
◎1944/11/20 進水
◎1945/12中旬 シアトルにてオーヴァーホール
◎1949/10/21 退役、ピュージェット・サウンド海軍造船所にて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/20 ブレマートンにて再役
◎1952/3中旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1952/10中旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ケンパー・カウンティ Kemper Countyと命名
◎1975/6/24(1975/7?) バルバドスに貸与されNorthpointと改名
◎1980年代初め パナマに売却されEl Gato Blancoと改名
LST-855 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/21 1958/1/22 ◎1944/9/6 起工
◎1944/11/27 進水
◎1945/2末? 真珠湾にて修理
◎1950/2/15 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1951 横須賀にて入渠
◎1952/3? 本国にてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ケント・カウンティ Kent Countyと命名
◎1958/3/19 標的として沈没
LST-856 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/23 1946/5/29 1946/7/3 ◎1944/9/16 起工
◎1944/12/1 進水
◎後に艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-25)に改める予定がキャンセル
◎1948/5/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-857
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/29 1960/7/8
(1960/7/28?)
1960/8/1 ◎1944/9/19 起工
◎1944/12/6 進水
◎1950/1中旬 メア・アイランドにてオーヴァーホール
◎1950/11上旬 真珠湾にて修理
◎1954/11下旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1955/7/1 キング・カウンティ King Countyと命名
◎1957/10中旬 メア・アイランド海軍造船所で実験ミサイル試験船に改装(〜1958/11/15、123
◎1958/5/18 艦種を雑役艦(AG-157)に改める
LST-858 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/12/22
(1944/12/24?)
1947/12
(1948/5/24?)
1960/7/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-26)に改め、ステンター Stentorと命名
LST-859 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/6 1958/8/15 1958/8/15 ◎1944/9/26 起工
◎1944/12/15 進水
◎1946/1中旬 メシアトルにてオーヴァーホール
◎1950/10中旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ラファイエット・カウンティ Lafayette Countyと命名
◎1958/8/15 中国国民党に貸与されChung Cheng(LST-224)と改名
◎1989 除籍
LST-860
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/13 1946/6/1 1946/7/3 ◎1944/9/23 起工
◎1944/12/19 進水
◎1948/3/19 Mechanical Equipment Export Co. に売却
◎後にフランスに売却されInspecteur General Pouyanne(L9007)と命名
◎後にAdourと改名
1951/5/17 Nhatrangにて爆発事故により損傷、後に修理(〜1955)
LST-861 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/11/30 1947/3/10 1947/4/7 ◎1944/9/18 起工
◎1944/11/4 進水
◎1948/6/10 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-862 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/4 1946初め ◎1944/9/26 起工
◎1944/11/9 進水
◎1947/10/10 海事委員会に移管
LST-863 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/9 1946/6/19 1946/7/31 ◎1944/10/11 起工
◎1944/11/14 進水
◎1948/5/31 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
LST-864 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/13 1947/5/1 1947/5/22 ◎1944/10/3 起工
◎1944/11/18 進水
◎1948/5/26(1948/6/26?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-865 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/16 1947/12/30 1948/1/22 ◎1944/10/19 起工
◎1944/11/22 進水
◎1947/12/30 フィリピンに貸与されAlbay(LT39)と命名
LST-866 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/21 1946/6/27 1946/7/31 ◎1944/10/14 起工
◎1944/11/27 進水
◎1947/9/25(1947/10/24?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-867 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/18 1946/7/2 1946/7/31 ◎1944/10/23 起工
◎1944/12/1 進水
◎1947/9/25(1947/10/25?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-868 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/12/30 1946/8/9 1947/6/10 ◎1944/10/31 起工
◎1944/12/6 進水
◎1947/12/19 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-869 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/1/6 1946/7/31 1946/8/28 ◎1944/10/27 起工
◎1944/12/11 進水
◎1947/12/16 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されDona Micaela(Dona Stella?)と命名
◎1952 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 8に改める
◎1966 民間に売却され商船Rio Turbioとなる
LST-870 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/1/10 1946/6 1946/8/28 ◎1944/10/4 起工
◎1944/12/15 進水
◎1947/8/29 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
◎後にアルゼンチンに売却され艦種記号をBDT No. 1に改める
◎後にCabo San Bartolomeと命名
LST-871 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/1/18 1946/10/4 1946/11/13 ◎1944/11/9 起工
◎1944/12/20 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-871)に改める
LST-872 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/1/22 1946/7/8 1946/8/15 ◎1944/11/18 起工
◎1944/12/28 進水
◎1947/10/27 Northwest Merchandising Serviceに売却◎1947/12(1948?) アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 4に改める
◎後にCabo San Gonzaloと命名
◎後にアルゼンチン海軍に移管(〜1969)
LST-873 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/1/27 1946/8/8 1946/9/25 ◎1944/11/14 起工
◎1945/1/3 進水
◎1948/5/20 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-874 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/18 1946/5/29 1946/7/3 ◎1944/10/16 起工
◎1944/11/25 進水
◎1948/6/8 Donald P. Lokerに売却
◎1948 フランスに売却されCheliff(L9006)と命名
◎1970 除籍
LST-875 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/22 1946/4/22 1946/7/19 ◎1944/10/18 起工
◎1944/11/29 進水
◎1948/7/2 フィリピンに売却されMisamis Oriental(LT-40)と命名
LST-876 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/12/27 1946/6/28 1946/7/31 ◎1944/10/21 起工
◎1944/12/2 進水
◎1947/11/6 解体のため、W. A. Talbotに売却
LST-877 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/1 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/10/25 起工
◎1944/12/6 進水
◎1948/1/15 カリフォルニア社に売却され商船となる
LST-878 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/3 1946/5/3 1946/7/19 ◎1944/10/30 起工
◎1944/12/9 進水
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎1948 商船Chung 114となる
LST-879 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/5 1946/6/26 1946/9/25 ◎1944/11/2 起工
◎1944/12/13 進水
◎1948/5/17 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-880 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/9 1958/11/25 1959 ◎1944/11/6 起工
◎1944/12/16 進水
◎1946/10/1 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/5 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(〜1951/8)
◎1951/8/20 ノーフォークにて再役
◎1955/7/1 レイク・カウンティ Lake Countyと命名
◎除籍後、標的として沈没
LST-881 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/15 1947/2/14 1947/3/5 ◎1944/11/10 起工
◎1944/12/20 進水
◎1947/11/24 E. G. Fontes & Co. に売却され商船Rio Douroとなる
◎1951 Rio dos Sinosと改名
◎1956 Clarionと改名
◎1964 Sao Sebastiaoと改名
1973/8/3 リオ・デ・ジャネイロにて火災により沈没
◎1975 解体のため売却
LST-882 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/18 1946/7/5 1946/8/28 ◎1944/11/14 起工
◎1944/12/23 進水
◎1947/11/4 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-883
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1945/1/23 1959/12/7 1960/1/1 ◎1944/11/16 起工
◎1944/12/30 進水
◎1946/4/20 サマールにて退役、除籍
◎1946/8/26 陸軍輸送科に移管
◎1950/7/1 海軍に移管、籍をもどす
◎1950/8/26 横須賀にて再役
◎1951/5/26 ブレマートンにてオーヴァーホール(〜1951/7/22)
◎1955/7/1 ラ・ムーア・カウンティ La Moure Countyと命名
◎1960/11/30 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
LST-884 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/10 1946/2/16 1946/5/21 ◎1944/7/23 起工
◎1944/9/30 進水
1945/2/26 硫黄島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
1945/3/31 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123
◎1946/5/6 沈没処分
LST-885 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/26 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/8/13 起工
◎1944/9/23 進水
◎1947/12/16 ダラスのTex-O-Kan Flour Mills Co. に売却
◎1948 商船Gaspedocとなる
◎1968 Vedalinと改名
◎1968 Witshoalと改名
LST-886 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/2 1946/5/10 1946/6/19 ◎1944/8/20 起工
◎1944/9/30 進水
◎1947/11/28 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-887 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/7 1960/3/22 1960/11/1 ◎1944/8/27 起工
◎1944/10/7 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/6/13 Vancouverにて不活性化工事(〜1946/7/22)
◎1946/7/23 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 ブレマートンにて再役
◎1953/10中旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 ローレンス・カウンティ Lawrence Countyと命名
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1960/12 インドネシアに売却されTandjung Nusanive(LST-1)と改名
◎1974 除籍
LST-888 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/13 1946/9/2 1959/6/1
(1960/9/21?)
◎1944/8/11 起工
◎1944/10/14 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1947 Greenvilleにて海軍予備練習船となる
◎1955/7/1 リー・カウンティ Lee Countyと命名
◎1961/4/18 解体のため、タンパのガルフ・タンパ・ドライドック社に売却
◎1961/5/11 ガルフ・タンパ・ドライドック社へ曳航
◎後に艀Barge No. 20となる
LST-889 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/18 1946/5/28 1946/7/19 ◎1944/9/3 起工
◎1944/10/14 進水
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却
LST-890 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/24 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/9/10 起工
◎1944/10/21 進水
1945/4/7 沖縄海域にて衝突し損傷
◎1948/6/10 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-891 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/27 1946/7/2 1946/7/31 ◎1944/8/21 起工
◎1944/10/28 進水
◎1947/8/29 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-892 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/11/30 1946/7/5 1946/8/28 ◎1944/9/17 起工
◎1944/10/28 進水
◎1947/10/28 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-893 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/4 1946/5/8 1946/6/19 ◎1944/9/24 起工
◎1944/11/4 進水
◎1948/5/25(1948/5/29?) 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-894 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/12 1946/4/29 1946/7/19 ◎1944/9/4 起工
◎1944/11/11 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-895 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/16 1946/8/17 1948/3/12 ◎1944/10/1 起工
◎1944/11/11 進水
◎1944/12中旬 ニュー・オーリンズにて改装
◎1946/2 フィリピンにて入渠、艦底を再塗装
◎1952/1/10 ポートランドのBabbidge & Holt Co., Inc. に売却
LST-896 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/20 1945/12/3 1946/1/3 ◎1944/9/6 起工
◎1944/11/18 進水
1945/10/9 沖縄にて台風により損傷、全損と認定
◎1946/3/8 沈没処分
LST-897 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/22 1946/7/23 1946/8/28 ◎1944/9/19 起工
◎1944/11/25 進水
◎1948/6/15 Steel Powersに売却され商船Stanolind 57となる
◎1951 Guaratingaと改名
1954/7/21 Santa Marta LH近海にて座礁
LST-898 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/12/29 1961/3/24 1962/6/1 ◎1944/10/15 起工
◎1944/11/25 進水
◎1946/5/9 フィリピンにて退役
◎1946/5/25 陸軍に移管
◎1950/6/1(1950/7/1?) 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-898)
◎1950/8/28 神戸にて再役、艦種記号をLST-898に改める
◎1951/5下旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1955/7/1 リンカーン・カウンティ Lincoln Countyと命名
◎1962/8/31 タイに貸与されChang(LST-2)と改名、タイ海軍にて就役
◎後に艦種記号をLST-712に改める
◎2006 退役
◎除籍後、Royal Thai Navy Dock Yard Phachunlachomklaoにて保管(123
◎2012/11/12 人工環礁のため沈没処分
LST-899 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/1 1946/7/15 1946/8/15 ◎1944/10/22 起工
◎1944/12/2 進水
◎1947/12/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-900 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/6 1946/5/15 1959/2/8 ◎1944/10/1 起工
◎1944/12/9 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 リン・カウンティ Linn Countyと命名
◎1958/12/2 韓国に貸与され北漢 Buk Han(Bukhan?、LST-815)と改名
◎後に艦種記号をLST-678に改める
◎1974/11/15 韓国に売却
◎2001 退役
LST-901 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/11 1969/12/6 1975/4/1 ◎1944/10/29 起工
◎1944/12/9 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/8/9 Vancouverにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1951/11/30 再役
◎1955/7/1 サン・フランシスコにて不活性化工事
◎1955/7/2 リッチフィールド・カウンティ Litchfield Countyと命名
◎1955/9/19 保管
◎1955/12/20 ロング・ビーチにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1966初め ポートランドへ曳航
◎1966/3/5 ポートランドにて再役
◎1977/1/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎後にパナマのAphrodite Shipping & Trading Corp., S.A. に売却されPetrola 132と改名
◎1996/4/5 解体のため、AliagaのSeltas A.S. に売却、後にAliagaへ曳航
◎1996 Aliagaにて解体
LST-902 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/15 1970/8/12 1970/8/12 ◎1944/11/5 起工
◎1944/12/16 進水
◎ルイジアナ州Algiersにて就役
◎1945/12中旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1946/8/3 ポートランドにて退役、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎1952/1/18 再役
◎1955/7/1 ルザーン・カウンティ Luzerne Countyと命名
◎1955/7上旬 不活性化工事
◎1955/11/30 アストリアにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1963/3/29 ストックトンにて再役、保管
◎1966/5中旬 佐世保にて修理、オーヴァーホール
1967/6上旬? Triton Islandにて座礁したアメリカの商船を離礁作業中、損傷(突然のうねりが両船を横揺れさせ衝突)、後に佐世保にて修理
◎除籍後、民間に売却され艀に改装、ZB Fontanaと改名
◎後にKatmaiと改名
LST-903 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/20 1946/9/10 1958/11/1 ◎1944/10/15 起工
◎1944/12/23 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/6上旬 ピュージェット・サウンドにて不活性化工事
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ライマン・カウンティ Lyman Countyと命名
◎1958/10/20 艦種を標的艦に改める
◎1959/3/28 Baja沿岸にて攻撃型潜水艦メンハーデン Menhaden(SS-377)の標的として沈没
LST-904 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/25 1946/11/15 1958/11/1 ◎1944/11/22 起工
◎1944/12/23 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1945/7中旬 サイパンにて修理改装
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 リヨン・カウンティ Lyon Countyと命名
◎1958/12/31 ブレマートンへ曳航
◎1959/5/13 ワシントン沿岸にて攻撃型潜水艦キャピタイン Capitaine(SS-336)の標的として沈没
LST-905 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/1/20 1969/11/26 1979/9/15 ◎1944/11/19 起工
◎1944/12/30 進水
◎ニュー・オーリンズにて艤装
◎1945/7中旬 サイパンにて修理改装
◎1946/9/11 不活性化工事、退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 マデラ・カウンティ Madera Countyと命名
◎1963/3/30 再役、保管
◎1965/12中旬 オーヴァーホール
◎1966/7 佐世保にてメンテナンス(〜1966/12)
◎1966/12 オーヴァーホール
◎1969/11/26(1969/11/29?) フィリピンに貸与されIlcos Norte(Ilocos Norte?、LT-98)と改名
◎1980/3/1 フィリピンに売却
◎1992 除籍
LST-906 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/4/27 1945/5/20 1945/6/22 ◎1944/1/24 起工
◎1944/3/11 進水
1944/10/18 Leghornにて座礁
◎除籍後、解体のため売却
LST-907 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/4/30 1946/10/18 1946/11/25 ◎1944/1/31 起工
◎1944/3/18 進水
◎1946/11/25 ヴェネズエラに貸与されCapanaと命名
◎1966 民間に売却され商船Aldebaranとなる
LST-908 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/8 1946/7/30 1946/8/28 ◎1944/2/14 起工
◎1944/3/28 進水
◎1947/10/3 解体のため、フィラデルフィアのLuria Bros. & Co. に売却
LST-909 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/11 1946/6/21 1946/7/31 ◎1944/2/19 起工
◎1944/4/3 進水
◎1948/5/19 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-910 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/24 1946/6/27 1946/7/31 ◎1944/2/23 起工
◎1944/4/8 進水
◎1947/12/3(1948/11/25?) 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-911 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/14 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/2/28 起工
◎1944/4/12 進水
◎1944/6上旬 ノーフォークにて修理改装
◎1945/8/2 サン・ペドロ湾の大型修理浮きドック(非自走)ARD-19にて入渠、錆止め剤を塗装
◎1947/9/25 解体のため、シアトルのPuget Sound Bridge & Dredging Co. に売却
LST-912 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/21 1967/1/31
(1967/7/31?)
◎1944/2/5 起工
◎1944/4/22 進水
1945/1/7 リンガエン湾近海にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1946/2/20 退役?、ニュー・オーリンズにて大西洋予備艦隊に編入
◎1946/10/30 ワシントン海軍工廠にて再役
◎1955/1 保管
◎1955/7/1 マーノメン・カウンティ Mahnomen Countyと命名
◎1955/8/25 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1963/3/27 再役
1966/12/30 Chu Laiにて台風により座礁
1967/1 離礁を試みたが失敗
◎除籍後、その場にて装備を撤去
LST-913 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/23 1946/7/16 1947/3/14 ◎1944/3/15 起工
◎1944/4/26 進水
◎1948/6/18 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀に改装、Kiska Island, 537と命名
LST-914 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/18 1959/9/5 1959/10/1 ◎1944/2/16 起工
◎1944/4/18 進水
1945/1/7 リンガエン湾近海にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1946/6/26 退役、除籍
◎1946/6/28 陸軍に移管(乗員は日本人)
◎1950/8/26 横須賀にて海軍に移管、籍をもどす、再役
◎1951/1中旬 神戸にてオーヴァーホール
◎1955/7/7 シアトルにてマホーニング・カウンティ Mahoning Countyと命名
◎1957/2/6 メア・アイランドにて修理(〜1957/4/22)
◎1960/6/22 解体のため、ポートランドのZidall Explorations, Inc. に売却
LST-915 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/27 1946/6/25 1946/7/31 ◎1944/3/22 起工
◎1944/5/3 進水
◎1948/6/19 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀に改装、Adak Islandと命名
LST-916 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/25 1946/4/5 1947/9/29 ◎1944/3/22 起工
◎1944/4/29 進水
◎1946/6/28 陸軍に移管
LST-917 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/28 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/3/31 起工
◎1944/5/6 進水
◎1948/5/19 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-918 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/29 1946/6/12 1946/7/31 ◎1944/4/5 起工
◎1944/5/7 進水
1945/1/11 リンガエン湾にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1947/12/18 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-919 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/5/31 1946/8/5 1946/9/25 ◎1944/4/11 起工
◎1944/5/17 進水
◎1948/1/10 Pablo N. Ferrari & Co. に売却
◎後にアルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 6に改める
◎後にCabo San Isidroと命名
LST-920 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/6/17 1946/7/8 1947/3/14 ◎1944/4/26 起工
◎1944/5/29 進水
◎1948/6/17 Standard Oil & Gas Co. に売却され商船Stanolind 55と命名
◎1951 ブラジルのEmpreza Internacional de Transportesに売却されGuarapeと改名
◎後にヒギンズにて改装(メイン・デッキに4つのハッチと4基のデリックを備え付ける)
◎後にSantosのCompanhia Paulista de Commercio Maritimoに売却
◎1972/6/23 解体のため売却
LST-921 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/6/23 1944/9/29 1944/10/14 ◎1944/5/1 起工
◎1944/6/2 進水
1944/8/14 Bristol Channelにてドイツ海軍潜水艦U667の雷撃により損傷、曳航
LST-922 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/6/29 1944/7/8 1946/8/28 ◎1944/4/26 起工
◎1944/6/7 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-923 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/6 1946/7/10 1946/8/15 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/11 進水
◎1948/5/31 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-924 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/10 1946/6/13 1946/7/3 ◎1944/5/8 起工
◎1944/6/17 進水
◎1947/5/5(1947/10?) タイに貸与されAngthong(LST-1)と命名
◎1998 艦種記号をLST-711に改める
◎2006 退役
LST-925 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/15 1945/11/26 1945/12/5 ◎1944/5/10 起工
◎1944/6/21 進水
1945/1/9 リンガエン湾にて日本陸軍四式肉薄攻撃艇の爆雷により損傷
◎1948/5/9 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-926 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/20 1946/6/14 1946/7/31 ◎1944/5/13 起工
◎1944/6/24 進水
◎1948/6/13 解体のため、シアトルのWalter W. Johnson Co. に売却
LST-927 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/4 1946/7/20 1946/10/8 ◎1944/5/20 起工
◎1944/6/28 進水
◎1947/12/9 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-928 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/7/30 1946/12/13 1959 ◎1944/6/1 起工
◎1944/7/5 進水
1945/2/25 硫黄島にて衝突により損傷
1945/3/16 硫黄島にて座礁により損傷
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1945/8/1 宿泊艦に改装、艦種を宿泊艦(APB-50)に改め、キャメロン Cameronと命名
LST-929 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/2 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/6/5 起工
◎1944/7/8 進水
1945/4/18 沖縄にて衝突により損傷
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-929)に改める
LST-930 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/6 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/6/9 起工
◎1944/7/12 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-930)に改める
LST-931 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/11 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/6/13 起工
◎1944/7/19 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-931)に改める
LST-932 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/15 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/6/21 起工
◎1944/7/22 進水
◎1948/3/29 スタンダード・オイル社に売却され商船Esso Neuquenとなる
◎1952/2/21 Campanaにて焼失
◎1953 解体
LST-933 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/20 1946/7/2 1946/8/15 ◎1944/6/23 起工
◎1944/7/26 進水
◎1948/5/25 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
LST-934 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/25 1946/5/13 1946/6/19 ◎1944/6/29 起工
◎1944/7/29 進水
◎1946/5/13 国務省に移管
LST-935 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/8/29 1946/7/2 1946/8/15 ◎1944/7/3 起工
◎1944/8/5 進水
◎1947/8/29 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-936 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/1 1946/5/17 1946/6/5 ◎1944/7/7 起工
◎1944/8/9 進水
◎1948/6/12 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-937 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/6 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/7/11 起工
◎1944/8/12 進水
◎1946/5/24 国務省に移管、後に中国国民党に貸与
LST-938 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/9 1956/2/29 1962/6/1 ◎1944/7/14 起工
◎1944/8/15 進水
◎1947 ベイヨーンにて海軍予備練習船となる
◎1949/12 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/12/14 再役
◎1952夏 揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]ゴーディアス Gordius(ARL-36)により修理
◎1955/7/1 マリコパ・カウンティ Maricopa Countyと命名
◎1955夏? ニュー・ヨークにて不活性化工事
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1961/10 フィラデルフィア海軍造船所へ曳航
◎1962/7/12 南ヴェトナムに貸与されDa Nang(HQ-501)と命名
1975/4/29 北ヴェトナムに拿捕されTran Khanh Duと改名
LST-939 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/14 1946/6/22 1946/7/31 ◎1944/7/21 起工
◎1944/8/23 進水
◎1945/4/8 沖縄海域にて衝突により損傷
◎1948/6/12 解体のため、シアトルのWalter W. Johnson Co. に売却
LST-940 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/20 1946/7/13 1946/8/28 ◎1944/7/25 起工
◎1944/8/26 進水
1945/4/5 沖縄海域にて衝突により損傷
1945/4/8 座礁
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-941 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/22 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/7/28 起工
◎1944/8/30 進水
◎1947/2/27(1947/3/28?) Francis R Stolzに売却
◎1948 商船R. W. McIlvainとなる
◎1965 艀に改装、Seadrill 11と改名
LST-942 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/26 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/8/1 起工
◎1944/9/6 進水
◎1948/6/10 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却
LST-943 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/9/30 1946/7/16 1946/9/25 ◎1944/8/8 起工
◎1944/9/9 進水
◎1947/10/9(1947/11/4?) 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-944 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/4 1945/12/19 1946/1/8 ◎1944/8/11 起工
◎1944/9/13 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-945 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/9 1946/4/16 1946/7/19 ◎1944/8/11 起工
◎1944/9/16 進水
◎1946/5/29 海事委員会に移管
◎後に中国国民党に売却されChung 103と命名
◎Chung Kungと改名
◎1956 除籍
LST-946 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/12 1946/6/25 1946/7/31 ◎1944/8/15 起工
◎1944/9/20 進水
◎1948/5/25 カリフォルニア社に売却され商船Guaraciabaとなる
◎1967 Lorenco Taquesと改名
◎1969 Marvi Iと改名
◎1973 リオ・デ・ジャネイロにて解体
LST-947 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/15 1946/8/16 1946/10/15 ◎1944/8/18 起工
◎1944/9/23 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-948 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/18
(1944/10/19?)
1947/7/7 1960/4/1 ◎1944/8/11(1944/8/14?) 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-16)に改める
LST-949 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/23 1946/7/18 1946/9/25 ◎1944/8/29 起工
◎1944/9/30 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-949)に改める
LST-950 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/27 1946/9/23 1947/6/10 ◎1944/9/1 起工
◎1944/10/4 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-950)に改める
LST-951 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/10/31 1946/8/8 1946/9/25 ◎1944/9/8 起工
◎1944/10/7 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-951)に改める
LST-952 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/3 1946/8/1 1947/1/22 ◎1944/9/11 起工
◎1944/10/11 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-952)に改める
LST-953 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/7 1946/11/12 1958/11/1 ◎1944/9/15 起工
◎1944/10/15 進水
◎退役後、Beaumontにて海軍予備練習船となる
◎1950/6/17 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 マリネット・カウンティ Marinette Countyと命名
◎除籍後、売却され艀に改装、TMT Floridaと改名
LST-954 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/3 1947/7/1 1960/4/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-17)に改め、ナミター Numitorと命名
LST-955 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/13 1946/10/2 1952/8/22 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-19)に改め、パトロクラス Patroclusと命名
LST-956 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/16 1947/1/29 1976/4/15 ◎1942/7/11 起工
◎1944/8/14 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-7)に改め、サーペドン Sarpedonと命名
LST-957 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/20 1946/5/20 1948/1/22 ◎1944/9/30 起工
◎1944/10/30 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-958 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/25 1946/3/14 1946/3/28 ◎1944/10/3 起工
◎1944/10/31 進水
◎1946/12/20 売却
LST-959 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/11/29 1946/6/13 1946/7/3 ◎1944/10/6 起工
◎1944/11/4 進水
◎1948/6/10 スービック湾にて装備を撤去、破壊処分
LST-960 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/2 1946/7/2 1946/8/15 ◎1944/10/11 起工
◎1944/11/8 進水
◎1948/4/4 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-961 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/6 1946/7/23 1946/8/28 ◎1944/10/13 起工
◎1944/11/11 進水
◎1947/12/10 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-962 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/9 1956/6/1 1960/10/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-22)に改め、ロムルス Romulusと命名
LST-963 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/12 1989/6/19 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-24)に改め、スフィンクス Sphinxと命名
LST-964 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/16 1946/6/27 1946/8/15 ◎1944/10/24 起工
◎1944/11/22 進水
◎1947/1/17 Campania Naviera y Commercial Perez Compano, S. A. に売却
◎1948 商船San Juan Boscoとなる
◎1965 Mar Jonicoと改名
LST-965 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/20 1946/6/3 1946/7/19 ◎1944/10/27 起工
◎1944/11/25 進水
◎1947/10/23 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-966
12
ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/22 1946/5/9 ◎1944/8/14 艦種を魚雷艇母艦(AGP-15)に改め、カリスト Callistoと命名
LST-967 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/12/27 1947/2/20
(1947/2/28?)
1961 ◎1944/4/14(1944/8/14?) 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-9)に改める
LST-968 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/3 1946/7/2 1946/8/15 ◎1944/11/7 起工
◎1944/12/9 進水
◎1948/6/10 HoustonのHumble Oil and Refining Co. に売却され艀Humble ST-8となる
◎後にDelta Marine 8と改名
LST-969 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/9 1946/7/12 1946/8/15 ◎1944/11/10 起工
◎1944/12/13 進水
◎1947/4/25 Trailer-ships, Inc. に売却され商船New Yorkとなる
◎1947 解体
LST-970 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/13 1946/7/10 1946/8/15 ◎1944/11/14 起工
◎1944/12/16 進水
◎1947/4/25 Trailerships, Inc. に売却され商船Albany(Old Point Comfort?)となる
◎1957/3 Chesapeake Bay Ferry Districtに売却
◎後にChesapeake Bridge & Tunnel Districtに売却
◎1964/12/16 Delaware River Bay Authorityに売却
◎1967/1/6 Navegacion, Atlantida, S. A. に売却されAtlantic(Atlantico?)と改名、ウルグアイ船籍となる
◎1967/3 ブエノス・アイレス〜Colonia del Sacramento間のフェリーとなる(〜1990年代初め)
◎1993〜1994 係船、San Nicolas Coastにて放棄
後に火災により損傷(放火)
◎1993〜1994頃 Rio Paranaにて係船
LST-971 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/15 1955/9/5 1960/6/1 ◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-13)に改め、メネラウス Menelausと命名
LST-972 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/22 1946/6/25 1946/8/15 ◎1944/11/21 起工
◎1944/12/22 進水
◎1947/5/29 海事委員会に移管、Texas Petro Co. に売却され商船Tucupitaとなる
◎1951 Ciudad de Panamaと改名
◎後にSeadrill 1と改名
LST-973 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/27 1951/11/7 1951/11/20 ◎1944/11/25 起工
◎1944/12/27 進水
◎1946/5/24 退役
◎1946/8/2 陸軍に移管
◎1947/9/29 除籍
◎1950/9/6 海軍に移管、籍をもどす
◎1950/12/14 再役
◎1951/11/7 フランスに貸与されGolo(L9008)と命名
◎1953頃 サイゴンにて入渠
◎後にDiego Suarezにて入渠
◎1959 解体
◎1960 除籍
LST-974 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/1/31 1946/5/14 1946/6/19 ◎1944/11/28 起工
◎1944/12/31 進水
◎1946/5/14 国務省に移管
LST-975 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/3 1956/5/10 1962/6/1
(1963/6/1?)
◎1944/12/1 起工
◎1945/1/6 進水
◎1946/4/16 スービック湾にて退役
◎1946/4/28 陸軍に移管
◎後に除籍
◎1950/7/1 海軍に移管、籍をもどす、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(乗員は日本人)
◎1950/8/28 再役
◎1955/7/7 マリオン・カウンティ Marion Countyと命名
◎退役後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-975)
◎1957/9/26 Suisun Bayにて予備艦隊に編入
◎1960/10/21 海事局に移管
◎1962/4/12(1962/7/12?) 南ヴェトナムに貸与されCam Ranh(Camranh?、HQ-500)と改名
◎1975/4/29 フィリピンに逃れる
◎1975/11/17(1976/10/15?) フィリピンに貸与されZamboanga del Sur(LT-86)と改名
LST-976 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/5 1947/5/20 1973/6/1 ◎1944/4/28(1944/8/14?) 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-8)に改め、テラモン Telamonと命名
LST-977
12
ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/8 1946/1/28 1947/6/28 ◎1944/6/12(1944/8/14?) 艦種を魚雷艇母艦(AGP-14)に改め、アレクト Alectoと命名
LST-978 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/15 1946/6/6 1946/7/3 ◎1944/12/15 起工
◎1945/1/20 進水
◎1947/12/10 解体のため、Salco Iron & Metal Co. に売却
LST-979 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/20 1946/7/5 1946/8/28 ◎1944/12/19 起工
◎1945/1/23 進水
◎1947/11/4 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-980 チャールズタウン海軍工廠 1944/2/26 1970/12/15 1975/4/1 ◎1943/12/9 起工
◎1944/1/27 進水
1944/6/6? ノルマンディにて爆弾により損傷
◎1955/7/1 ミーカー・カウンティ Meeker Countyと命名
◎1955/7中旬 不活性化工事
◎1955/12/16 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1961/10 フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/9/23 ボルティモアにて再役
◎1975/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎1975/12/4 タコマのMarine Industriesにて使用するため、Beverly HillsのMax Rouse & Sonsに売却、商船に改装
◎1976 Landing System Technology Pte., Ltd. (船主はノルウェーのLauritz Kloster)に売却されLST-3と改名
◎後にPiraeusにてMaritime & Commercial Co. Argonaftis, S. A. に売却されPetrola 143と改名
◎1996/8/7 Aliagaへ曳航、解体のため、Seltas A. S. に売却
LST-981 チャールズタウン海軍工廠 1944/3/11 1946/7/30 1946/8/28 ◎1943/12/9 起工
◎1944/1/27 進水
1944/6/5 Bognor Regisにて機雷により損傷
◎1947/12/12 解体のため、Salco Iron & Metal Co. に売却
LST-982 チャールズタウン海軍工廠 1944/3/19 1946/4/25 1946/7/19 ◎1943/12/22 起工
◎1944/2/10 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-983 チャールズタウン海軍工廠 1944/3/25 1969/10/15 1974/9/15 ◎1943/12/22 起工
◎1944/2/10 進水
1944/11/1 Le Harveの浜にて嵐により右舷スクリューにワイアが絡まる、後にプリマスにて入渠
◎1945初夏 プリマスにて修理
◎1955/7/1 ミドルセックス・カウンティ Middlesex Countyと命名
◎1955/10/1 保管
◎1956/1/10 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1961/9/27 再役
◎1967春 ボルティモアのメリーランド・シップビルディング&ドライドック社とジャクソンヴィルのJacksonville Shipyardsにてオーヴァーホール
◎1974 インドネシアに貸与されTeluk Tomaniと改名
◎後に民間に売却され商船Alimos 19となる(1975年に AthensのL. P. Callimrosに売却、1980年12月4日にベンガジにて座礁ともいわれる)
LST-984 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/1 1946/6/25 1946/7/31 ◎1944/1/3 起工
◎1944/2/25 進水
◎1948/6/19 HoustonのHumble Oil and Refining Co. に売却され艀Humble ST-11となる
◎後にPlacid T-66と改名
◎1972 Green Dolphinと改名
LST-985 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/7 1946/6/11 1946/7/3 ◎1944/1/3 起工
◎1944/2/25 進水
◎1947/10/13 解体のため、William E. Skinnerに売却
LST-986 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/14 1946/7/18 1946/8/28 ◎1944/1/15 起工
◎1944/3/5 進水
◎1948/11/4 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-987 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/19 1946/9/3 1960/6/1 ◎1944/2/2 起工
◎1944/3/5 進水
◎1945/4中旬 ポーツマス海軍工廠にてオーヴァーホール
1945/10/18 日本〜フィリピン間にてport propellerをなくす
◎1946/5 海軍予備練習船となる
◎1950 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ミラード・カウンティ Millard Countyと命名
◎1961/8 西ドイツに売却され戦傷修理工作艦に改装の予定がキャンセル
◎1968 除籍
◎1968/11 解体のため売却
◎1973 パナマのZanzuig & Transportbedrijf H. G. & G. D. Blomberg B. V. に売却されHopper Dredgeに改装、Esperance IIIと改名
◎1978 ウィルミントンのCdeco Maritime Construction, Inc. に売却
◎1980 American International Dredge Corp. に売却
◎1986 シカゴのB & B Dredging Corp. に売却されColumbusと改名
◎2000 Colombiaと改名
◎2001(2002?) Columbiaと改名
LST-988 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/25 1957/10/11 1957/9/27 ◎1944/2/10 起工
◎1944/3/12 進水
◎1946/7/25 ニュー・ヨークにて保管、オーヴァーホール
◎1947/1/13 海軍予備練習船となる
◎1950/4/6 フィラデルフィアにて不活性化工事
◎1950/6/13 フィラデルフィアにて退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/6/7 再役
◎1955/7/1 ミネラル・カウンティ Mineral Countyと命名
◎1957/7/8 ノーフォークにて保管
◎除籍後、標的として沈没
LST-989 チャールズタウン海軍工廠 1944/4/28 1946/10/7 1946/11/13 ◎1944/2/10 起工
◎1944/3/12 進水
◎1948/6/25 HoustonのHumble Oil and Refining Co. に売却され艀Humble ST-10となる
◎1972 Blue Dolphinと改名
LST-990 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/1 1946/7/10 1946/9/25 ◎1944/2/26 起工
◎1944/3/27 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-991 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/6 1946/5/3 ◎1944/2/26 起工
◎1944/3/27 進水
◎退役後、国務省に移管、上海にて連合国救済復興機関(UNRRA)に移管
◎除籍後、売却され商船Mei Lingとなる
◎1952 Wan Chunと改名
後にQuemoy Islandにて中国人民解放軍海軍の魚雷艇の雷撃により沈没ともいわれる
LST-992 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/10 1946/8/9 1946/9/25 ◎1944/3/5 起工
◎1944/4/7 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-993 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/12 1946/6/1 1948/3/12 ◎1944/3/7 起工
◎1944/4/7 進水
◎1948/2/7 中国国民党に貸与されChung Hsun(208)と命名
1959 喪失といわれる
LST-994 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/17 1946/7/31 1946/8/28 ◎1944/3/12 起工
◎1944/4/17 進水
◎1947/12/23 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されDon Floraと命名
◎1947 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 7に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管、Cabo San Pablo(BDT7)と改名
◎1964 除籍
◎1966 処分
LST-995 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/20 1946/8/15 1946/9/25 ◎1944/3/12 起工
◎1944/5/2 進水
◎1947/11/4 Northwest Merchandising Serviceに売却されDon Nicolasと命名
◎1948 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 2に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管、Cabo San Diego(BDT2)と改名
◎1964 除籍
◎1966 処分
LST-996 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/23 1946/4/22 1946/5/8 ◎1944/3/27 起工
◎1944/5/2 進水
◎1947/10/12(1947/10/22?) 解体のため、ニュー・ヨークのHugo Neu Steel Products Corp. に売却
LST-997 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/27 1947/3/7 1947/4/4 ◎1944/3/27 起工
◎1944/5/12 進水
◎1948/6/15 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
◎後に売却され商船Wan Mingとなる
◎後に台湾海軍が取得
LST-998 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/29 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/4/8 起工
◎1944/5/14 進水
◎1947/11/4(1947/11/11?) Northwest Merchandising Serviceに売却されDon Ernestoと命名
◎1948 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 3に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管、Cabo San Francisco de Paula(BDT3)と改名
◎1966 処分
LST-999 チャールズタウン海軍工廠 1944/5/30 1946/7/29 1946/9/25 ◎1944/4/8 起工
◎1944/5/14 進水
◎1947/11/3 解体のため、シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却
LST-1000 チャールズタウン海軍工廠 1944/6/14 1946/7/22 1946/8/28 ◎1944/4/18 起工
◎1944/5/26 進水
1945/4/5 沖縄にて衝突し損傷
1945/4/6 味方艦の誤った砲撃により損傷
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1001 チャールズタウン海軍工廠 1944/6/20 1946/2/26 1946/6/19 ◎1944/4/18 起工
◎1944/5/26 進水
◎1947/10/23 解体のため、シカゴのNew Orleans Shipwrecking Corp. に売却
LST-1002 チャールズタウン海軍工廠 1944/6/25 1946/5/22 1946/7/3 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/8 進水
◎1946/5/22 国務省に移管
◎除籍後、中国国民党に売却
LST-1003 チャールズタウン海軍工廠 1944/6/29 1946/7/29 1961/7/1 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/8 進水
◎1944/6/12(1944/8/14?) 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-10)に改め、コロニス Coronisと命名
LST-1004 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/3/28 1946/6/27 1947/2/7 ◎1944/1/26 起工
◎1944/3/3 進水
◎1947/10/16 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却(アルゼンチンに貸与ともいわれる)
LST-1005 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/6 1946/4/6 1946/4/17 ◎1944/2/2 起工
◎1944/3/11 進水
◎1946 揚陸作業中に損傷(12
◎1946/11/8 破壊処分
LST-1006 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/12 1946/7/26 1946/8/28 ◎1944/2/5 起工
◎1944/3/11 進水
◎1948/6/14 Steele Powersに売却され商船Stanolind 58となる
◎後に艀に改装、Solveigと改名
LST-1007 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/15 1946/3/2 1946/4/12 ◎1944/2/8 起工
◎1944/3/20 進水
◎1946/9/12 ブルックリンのConstruction Power & Merchandising Co. に売却
◎1947 商船Romanoとなる
1955/6/24 Cayenne東方海域にて転覆
LST-1008 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/18 1946/5/4 1946/6/19 ◎1944/2/16 起工
◎1944/3/23 進水
◎1946/5/4 国務省に移管、後に中国国民党に貸与
後に中国共産党に拿捕され艦種記号をLST-926に改める
後に青島の中国海軍博物館にて展示(1234567
LST-1009 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/24 1946/7/17 1947/3/14 ◎1944/2/22 起工
◎1944/3/23 進水
◎1946/7/17 陸軍に移管
LST-1010 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/25 1947/4/4
(1947/4/24?)
1974/11/15 ◎1944/2/22 起工
◎1944/3/29 進水
1945/9/18 東京湾にて中型揚陸艦LSM-24と衝突し損傷、後に修理
◎1947/4/4(1947/4/24?) 陸軍に移管
◎1950/3/1 海軍に移管、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/3/22 韓国に貸与され雲峰 Un Bong(Unbong?、LST-807)と命名
◎1978/6/1 艦種記号をLST-671に改める
◎2005 退役
大明港にて記念艦となる
LST-1011 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/5 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/2/29 起工
◎1944/3/29 進水
◎1948/6/12 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1012 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/4/30 1946/6/10 1946/7/19 ◎1944/3/4 起工
◎1944/4/8 進水
◎1946/6/10 国務省に移管
◎除籍後、民間に売却され商船Wan Puと命名
◎1952 Ping Yuanと改名
LST-1013 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/2 1946/6/11 1946/7/19 ◎1944/3/13 起工
◎1944/4/16 進水
◎1946/6/11 国務省に移管
◎1946/10 連合国救済復興機関(UNRRA)に移管
◎1947 解体
LST-1014 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/5 1946/3/5 1946/4/17 ◎1944/3/15 起工
◎1944/4/16 進水
◎1946/9/12 ブルックリンのConstruction Power & Merchandising Co. に売却され商船Aminoilとなる
LST-1015 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/8 1946/5/6 1946/6/19 ◎1944/3/22 起工
◎1944/4/20 進水
◎1946/5/8 国務省に移管
LST-1016 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/10 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/3/25 起工
◎1944/4/25 進水
◎1947/12/9 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-1017 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/12 1946/6/29 1948/3/12 ◎1944/3/25 起工
◎1944/4/25 進水
◎1946/12/14 中国国民党に貸与され中基 Chung Chi(LST-626)と命名
◎後に艦種記号をLST-206に改める
◎1993 除籍
LST-1018 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/14 1946/8/16 1947/6/23 ◎1944/3/31 起工
◎1944/5/6 進水
◎1948/6/24 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-1019 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/17 1946/7/30 1946/9/25 ◎1944/3/31 起工
◎1944/5/6 進水
◎1948/6/28 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀Humble ST-12となる
◎1973 Exxon ST-12と改名
◎1979 ST-12と改名
LST-1020 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/19 1946/7/16 1946/8/28 ◎1944/4/11 起工
◎1944/5/10 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1021 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/21 1944/12/24 1947/8/1 ◎1944/4/18 起工
◎1944/5/16 進水
◎1944/12/24(1944/12/25?) イギリスに貸与
◎1946/11/29(1947/8/1?) イギリスより返還
◎1947/10/7 シンガポールのTung Hwa Trading Co. に売却され商船Chong Yaとなる
◎1957 Honestaと改名
◎1962 Prosperaと改名
◎1964 Sindhusiamと改名
LST-1022 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/24 1947/12/31 1948/1/22 ◎1944/4/18 起工
◎1944/5/16 進水
◎1948/6/28 解体のため、R. G. Greiveに売却
LST-1023 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/26 1946/7/19 1946/8/28 ◎1944/4/20 起工
◎1944/5/17 進水
◎1948/6/18 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀Humble ST-7となる
◎後にZama "M"と改名
LST-1024 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/28 1946/6/27 1946/7/31 ◎1944/4/26 起工
◎1944/5/22 進水
◎1948/3/12 Alexander Shipyards, Inc. に売却
LST-1025 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/5/31 1946/5/24 1946/8/15 ◎1944/4/26 起工
◎1944/5/22 進水
◎1948/6/11 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1026 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/6/7 1946/8/11 1946/8/22 ◎1944/5/8 起工
◎1944/6/2 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-1027 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1944/6/7 1946/9/4 1947/4/23 ◎1944/5/8 起工
◎1944/6/2 進水
◎1947/1/20 フィリピンのBoseyにて売却
◎後に中国の業者に売却され商船Chung 107となる
LST-1028 チャールズタウン海軍工廠 1944/7/7 1945/11/19 1945/12/5 ◎1944/5/15 起工
◎1944/6/18 進水
1945/1/9 リンガエン湾にて日本陸軍四式肉薄攻撃艇の爆雷により損傷
◎1947/8/29(1947/9/17?) 解体のため、シアトルのPuget Sound Bridge & Dredging Co. に売却
LST-1029 チャールズタウン海軍工廠 1944/7/13 1946/5/1 1947/6/10 ◎1944/5/15 起工
◎1944/6/18 進水
◎1946/10/31 ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steamship Co. に売却
◎1947 商船Barbaraとなる
◎1962 Maria Cristinaと改名
◎後にBeliscoと改名
1963/10/29 Cidreira南方海域にて難破
LST-1030 チャールズタウン海軍工廠 1944/7/19 1946/5/29 1948/3/12 ◎1944/5/27 起工
◎1944/6/25 進水
◎1948/2/17 中国国民党に貸与され衝山 Chung Shan(ARL-335)と命名
◎後に中権 Chung Chuan(LST-651)と改名
◎後に艦種記号をLST-221に改める
◎2009/5/27 退役
LST-1031 チャールズタウン海軍工廠 1944/7/25 1945/12/18 1946/1/8 ◎1944/5/27 起工
◎1944/6/25 進水
◎1947/10/23 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-1032 チャールズタウン海軍工廠 1944/8/1 1970/8/12 1970/8/12 ◎1944/6/9 起工
◎1944/7/9 進水
◎1955/7/1 モンマス・カウンティ Monmauth Countyと命名
◎1950/10/14 退役、フロリダにて大西洋予備艦隊に編入
◎1961/8 フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1965/12/21 再役
◎1971/9/11 解体のため、ポートランドのZidell Exploration, Inc. に売却
LST-1033 チャールズタウン海軍工廠 1944/8/12 1946/8/1 1946/8/28 ◎1944/6/9 起工
◎1944/7/9 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-1033)に改める
LST-1034 チャールズタウン海軍工廠 1944/8/26 1946/8/8
(1946/10/8?)
1946/10/29 ◎1944/6/26 起工
◎1944/8/4 進水
◎1946/10/28 オランダ領東インドに売却されLST Vと命名
◎後にSteven van der Hagenと改名
◎後にWoendiと改名
◎後に除籍
LST-1035 チャールズタウン海軍工廠 1944/9/1 1946/6/6 1946/7/3 ◎1944/6/26 起工
◎1944/8/4 進水
◎1947/12/16 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-1036 チャールズタウン海軍工廠 1944/9/16 1949/6/8 1960/7/1 ◎1944/7/10 起工
◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-11)に改め、クレオン Creonと命名
LST-1037 チャールズタウン海軍工廠 1944/9/22 1946/11/30 1961/7/1 ◎1944/6/12(1944/8/14?) 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-12)に改め、ポセイドン Poseidonと命名
LST-1038 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/5 1949/6 1958/11/1 ◎1944/10/29 起工
◎1945/1/6 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎後にニュー・オーリンズにて修理改装
◎1945/7上旬 レイテにて修理改装
◎1946/5 ニュー・ヨークにて第3海軍区の予備練習艦となる
◎退役後、Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 モンロー・カウンティ Monroe Countyと命名
◎除籍後、売却され商船Jose P. となる
◎1968 Adri XXIXと改名
LST-1039 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/9 1946/6/21 1946/7/31 ◎1944/11/26 起工
◎1945/1/6 進水
◎1947/9/2(1947/9/8?) Columbia River Packers Association, Inc. に売却
◎1948 フランスの業者に売却されTinianと命名
◎1961 Iratyと改名
LST-1040 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/13 1946/9/23 1947/4/23 ◎1944/12/3 起工
◎1945/1/13 進水
◎1946/10/5 オランダ領東インドに売却されLST IIIと命名
◎後に除籍
LST-1041 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/19 1956/1/31
(1956/6/30?)
1960/6/1 ◎1944/11/12 起工
◎1945/1/20 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎退役後、Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 モントゴメリー・カウンティ Montgomery Countyと命名
◎1961/8/28 西ドイツに売却
◎後に戦傷修理工作艦に改装の予定がキャンセル
◎1968 解体
LST-1042 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/22 1946/5/9 1946/6/19 ◎1944/12/10 起工
◎1945/1/20 進水
LST-1043 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/24 1946/7/22 1946/8/28 ◎1944/12/17 起工
◎1945/1/27 進水
◎1947/12/10 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-1044 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/2 1946/6/28 1946/7/31 ◎1944/11/25 起工
◎1945/2/3 進水
◎1948/1/8 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されDona Barbaraと命名
◎1948 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 10に改める、Cabo Pio(Cabo San Pio?)と改名
◎1964(1981?) 除籍
LST-1045 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/27 1946/7/10 1946/8/15 ◎1944/12/22 起工
◎1945/2/3 進水
◎1947/12/9 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
LST-1046 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/28 1946/6/27 1946/7/31 ◎1944/12/31 起工
◎1945/2/10 進水
◎1947/9/25(1947/10/29?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-1047 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/28 1946/5/6 1947/9/29 ◎1944/12/9 起工
◎1945/2/17 進水
◎1946/6/25 陸軍に移管、艦種を大型貨物補給船(FS-751)に改める
LST-1048
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/28 1956/5/10 1959/8/1 ◎1945/1/7 起工
◎1945/2/17 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1946/5/14 日本にて退役
◎1946/8/2 陸軍に移管
◎後に除籍
◎1950/7/1 海軍に移管、籍をもどす
◎1950/8/26 横須賀にて再役
◎1955/7/1 モーガン・カウンティ Morgan Countyと命名
◎退役後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-1048)
◎1960/6/10 解体のため、Ships, Inc. に売却
LST-1049 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/30 1946/7/18 1948/2/19 ◎1945/1/14 起工
◎1945/2/24 進水
◎1949/7/1 ベイヨーンのTownsend Transportation Co. に売却
LST-1050 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/3 1947/1/27 1948/3/12 ◎1944/12/23 起工
◎1945/3/3 進水
◎1947/1/27 中国国民党に貸与されChung Lien(LST-209)と命名
◎1993 除籍
LST-1051 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/7 1946/5/7
(1946/7/11?)
1946/6/5
(1946/8/15?)
◎1945/1/21 起工
◎1945/3/3 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1052 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/15 1946/7/11 1946/8/15 ◎1945/1/29 起工
◎1945/3/6 進水
◎1947/9/25(1947/10/31?) 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-1053 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/23 1946/6/3 1946/7/3 ◎1945/1/6 起工
◎1945/3/6 進水
◎1948/6/8 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀Humble ST-6となる
◎1964 Mexican Prideと改名
LST-1054 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/17 1946/6/28 1946/7/31 ◎1945/2/4 起工
◎1945/3/17 進水
◎1947/11/25(1947/11/26?) 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-1055 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/4/26 1947/2/13 1947/2/25 ◎1945/2/10 起工
◎1945/3/24 進水
◎1947/2/13 陸軍に移管
LST-1056 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/5/2 1946/7/12 1947/6/10 ◎1945/1/20 起工
◎1945/3/24 進水
◎1947/1/20 フィリピンのBoseyにて売却
◎後に中国の業者に売却され商船Chung 108となる
◎1955 台湾海軍に売却されChung Yehと改名
LST-1057 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/5/7 1946/8/5 1946/9/25 ◎1945/2/17 起工
◎1945/3/31 進水
◎1948/1/12 Pablo N. Ferrari & Co. に売却されStella Marisと命名
◎後にDona Stella(Dona Dorothea)と改名
◎1947 アルゼンチン政府に売却され艦種記号をBDT No. 9に改める
◎後にアルゼンチン海軍に移管
◎1952 除籍?
◎1953 民間に売却されTeniente de Navio del Castilloと改名
◎1958 除籍
LST-1058 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/5/16 1946/7/30 1946/9/25 ◎1945/2/24 起工
◎1945/4/7 進水
◎1948/6/13 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-1059 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/5/17 1946/9/14 1947/4/23 ◎1945/3/3 起工
◎1945/4/14 進水
◎1947/1/14(1947/1/20?) 上海のMorrison Knudsen Co. に売却
LST-1060 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/2/24 1946/9/7 1947/4/23 ◎1944/12/22 起工
◎1945/1/29 進水
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却され商船Kun Yeepとなる
LST-1061 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/1 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/12/26 起工
◎1945/2/3 進水
◎1948/3/1 Texas Petroleum Co. に売却され商船Jobureとなる
◎1957 Auguste Weitertと改名
◎1959 Alsterと改名
◎1961 Magallenesと改名
◎1968 Brian Conwayと改名
◎1969 香港にて解体
LST-1062 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/5 1946/6/27 1946/7/31 ◎1944/12/30 起工
◎1945/2/6 進水
◎1947/11/25 解体のため、ベスレヘム・パシフィック・コースト・スチール社に売却
LST-1063 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/8 1946/7/13 ◎1945/1/3 起工
◎1945/2/11 進水
◎1948/6/30 海事委員会に移管、民間に売却され商船Polarisとなる
◎1978 Ashtabulaにて解体
LST-1064 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/12 1946/8/21 1959/10/1 ◎1945/1/9 起工
◎1945/2/14 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ナンスモンド・カウンティ Nansemond Countyと命名
◎1961/4/1 アストリアにて日本に供与され揚陸艦しれとこ(LST-4003)となる
◎1971/4/1 艦種を輸送艦に改める
◎1976/3/31 除籍、日本より返還
◎1976/9/24 フィリピンに貸与されSamar Del Norte(LT-510)と改名
◎1987/3 BatangasのPNOC dockyardにて入渠
◎2001 除籍
LST-1065 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/16 1946/5/23 1947/6/23 ◎1945/1/12 起工
◎1945/2/17 進水
◎1948/1/17 ブエノス・アイレスのCom-pania Naviera y Commercial Perez Compano, S. A. に売却され商船Santa Micaelaとなる
◎1965 Mar Tirrenoと改名
◎1976 Campanaにて解体
LST-1066 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/20 1967/2/27 1973/6/10 ◎1945/1/18 起工
◎1945/2/21 進水
◎1946/3 退役、ピュージェット・サウンドにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ニュー・ロンドン・カウンティ New London Countyと命名
◎1965/12/21 再役
◎退役後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-1066)
1970/1/13 ヴェトナム沿岸にて水面下の爆発により損傷、ダ・ナンへ曳航、修理
◎1973/8/29 チリに売却されComandante Hemmerdinger(LST-88)と改名
◎1983/10/14 運用終了
◎1984/1/19 Valparaisoの業者に売却され商船Maquiservとなる、チリ船籍となる
LST-1067 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/24 1967/3/27 1973/6/10 ◎1945/1/24 起工
◎1945/2/27 進水
◎1946/8/13 ポートランドにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ナイ・カウンティ Nye Countyと命名
◎1963/5/22 リトル・クリーク海軍揚陸基地にて保管
◎1965/12/21 再役
◎退役後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-1067)
◎1973/8/1(1973/8/29?) チリに売却されComandante Araya(LST-89)と改名
◎1981/12/14 運用終了
◎1981 除籍
◎1982/3/29 売却
LST-1068 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/27 1957/9/27
(1957/10/15?)
1957/9/27 ◎1945/1/31 起工
◎1945/3/3 進水
◎1945/12 ブレマートンにて不活性化工事
◎1946/8/9 アストリアにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/8 再役
1950秋 サン・ディエゴ沖にて、海底の沈没船(歩兵揚陸艇)を引っ掛け損傷、修理
◎1951/6 オーヴァーホール
◎1954/12 サン・ペドロにてオーヴァーホール(〜1955/1)
◎1955/7/1 オレンジ・カウンティ Orange Countyと命名
◎1958/6/18 標的として沈没
LST-1069 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/3/31 1965/5/20 1975/6/30 ◎1945/2/7 起工
◎1945/3/7 進水
◎1946/8/6 スタテン・アイランドにて退役、第3海軍区の予備練習艦となる
◎1949/9 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1952/1/11 再役、mine squadron flagship & logistic support vesselに改装
◎1955/7/1 オーリンズ・パリッシュ Orleans Parishと命名
◎1957/12/16 退役、チャールストン海軍造船所で機雷戦指揮艦に改装
◎1958/12/19 再役
◎1959/1/19 艦種を機雷戦指揮艦(MCS-6)に改める
◎1966/5/20 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行、艦種を戦車揚陸艦(T-LST-1069)に改める
◎1976/9/1 フィリピンに貸与されCotabato Del Norte(LT-511)と改名
◎1991 除籍
LST-1070
12
ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/5 1956/11/16 1960/4/1 ◎1945/2/8 起工
◎1945/3/9 進水
◎1945/12上旬 真珠湾でelectronics parts issue shipに改装
◎1946 改装中止
◎1946/12/3 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1947/1/27(1949/1/27?) 艦種を雑役艦(AG-146)に改める
LST-1071 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/9 1956/2/5
(1956/2/15?)
1959/11/1 ◎1945/2/13 起工
◎1945/3/14 進水
◎1946/2下旬 ポートランドにて不活性化工事
◎1946/6/10 退役、ポートランドにて太平洋予備艦隊に編入
◎1951/1/3 再役
◎1955/7/1 ワシタ・カウンティ Ouachita Countyと命名
◎除籍後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎後に売却され艀Foss 210となる
LST-1072 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/12 1951/4/2 1975/6/30 ◎1945/2/16 起工
◎1945/3/20 進水
◎1951/4/2 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1966/9 空軍に移管
◎後に海軍に移管
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されTawi Tawi(LT-512)と改名
◎後に解体
LST-1073
12
ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/17 1971/5/21 1973/12/1 ◎1945/2/20 起工
◎1945/3/22 進水
◎1946/8/5 サン・フランシスコにて退役、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/10/10 ブレマートンへ曳航
◎1950/11/3 ブレマートン海軍造船所にて再役
◎1955/7/1 アウタガミー・カウンティ Outagamie Countyと命名
◎1971/5/24 ブラジルに貸与されGarcia d'Avila(Garcia D'Avilla?、G28)と改名
◎1973/12/1 ブラジルに売却
◎1990 除籍、解体のためブラジルの業者に売却
LST-1074 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/21 1946/9/4 1958/11/1 ◎1945/2/24 起工
◎1945/3/27 進水
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 オヴァートン・カウンティ Overton Countyと命名
◎1959/6/29 Foss Maritimeに売却され艀に改装(〜1960)、Foss 201と改名
◎後にシアトルのSalmon Bay Barge Line, Inc. に売却されSantosと改名
LST-1075 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/4/25 1946/12/18 1948/3/12 ◎1945/3/5 起工
◎1945/4/3 進水
◎1946/12/18 中国国民党に貸与され中程 Chung Chengと命名
◎後に退役、保管
LST-1076 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/1 1971/3/5 1978/4/15 ◎1945/3/16 起工
◎1945/4/14 進水
◎1945/12中旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1946/4 Vancouverにて不活性化工事
◎1946/6/13 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ペイジ・カウンティ Page Countyと命名
◎1960/7 サン・ディエゴへ曳航、近代化改装
◎1960/11/28 再役
◎1963/3中旬 サン・フランシスコにてFRAMU改装(〜1963/7)
◎退役後、ギリシャに貸与されKriti(L171)と改名
◎1978/7/1 ギリシャに売却
◎1996 除籍
LST-1077 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/8 1971/9 1978/4/15 ◎1945/3/21 起工
◎1945/4/18 進水
◎1946/7/31 アストリアにて退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/9/6 再役(12
◎1955/5/12 サン・フランシスコにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 パーク・カウンティ Park Countyと命名
◎後にブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1965/11 ポートランドへ曳航、オーヴァーホール
◎1966/4/9 再役
◎1968/12 グアムにてオーヴァーホール
◎1971/9/20 メキシコに貸与されRio Panuco(LST-401)と改名
◎1978/7/1 メキシコに売却
◎後に艦種記号をA01に改める
LST-1078
12
ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/15 1958/4/22 1959/1/1 ◎1945/3/27 起工
◎1945/4/25 進水
◎1946/10中旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1948/4/28(1948/4/29?) サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1949/1/27 艦種を雑役艦(AG-147)に改め、プロトン Protonと命名
LST-1079 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/22 1959/11/1 ◎1945/3/30 起工
◎1945/4/27 進水
◎1946/3 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/10 再役
◎1955/5/12 サン・フランシスコにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ペイエット・カウンティ Payette Countyと命名
◎後に軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行、艦種を戦車揚陸艦(T-LST-1079)に改める
◎1961/5/18 アストリアのZidell Explorations, Inc. に売却され艀557となる
LST-1080 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1945/5/29 1958/1/2 1959/2/6 ◎1945/4/5 起工
◎1945/5/2 進水
◎1946/8/29 退役、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/10/3 再役
◎1952初め オーヴァーホール
◎1955/7/1 ペンダー・カウンティ Pender Countyと命名
◎1957/10/2 ロング・ビーチにて太平洋予備艦隊に編入
◎1958/10/30 韓国に貸与され華山 Hwa San(Hwasan?、LST-816)と改名
◎後に艦種記号をLST-679に改める