LST
戦車揚陸艦


↑海上自衛隊揚陸艦/輸送艦おおすみ(LST-4001、元LST-1級戦車揚陸艦LST-689)
↑Clarke County (LST-601), underway of the coast of South Vietnam, circa 1967. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
↑Marines raise the colors obtained from LST-779 on the summit of Mount Suribachi in this image captured on 16 millimeter motion picture film by SSgt. William H. Genaust, USMC, on 23 February 1945. (U.S. Marine Corps Photograph RG-127-GW-319-113057, National Archives and Records Administration, Still Pictures Branch, College Park, Md.).

↑Prathong (LST-5) ex-Dodge County (LST-722). Image courtesy of Shipbucket.
↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた期間
LST-511 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/1/3 1945/12/19 1946/1/8 ◎1943/7/22 起工
◎1943/11/30 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947 ケベックのSt. Charles Transportation Co., Ltd. に売却され商船Guy Bartholomewとなる
◎1948 ケベックのCorporation Maritime Rive-Nord, Ltd. に売却
◎1969 ケベックのAgence Maritime, Inc. に売却されFort Kentと改名
◎1979 ケベックのLogisec Navigation, Inc. に売却
◎1982 艀となる
LST-512 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/1/8 1947/3/28 1957/2/18 ◎1943/7/22 起工
◎1943/12/10 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 バーネット・カウンティ Burnett Countyと命名
◎1957/10/11 ペルーに売却されPaita(LT-35)と改名
◎後に艦種記号を141に改める
LST-513
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/9 1946/11/30 1972/6/1 ◎1943/8/23 起工
◎1943/11/3 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-9)に改め、エンディミオン Endymionと命名
LST-514
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/23 1947/1/15 1976/4/15 ◎1943/8/31 起工
◎1943/11/3 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-5)に改め、マイダス Midasと命名
LST-515 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/1/28 1969/11/26 ◎1943/9/3 起工
◎1943/12/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1952/11)
◎1955/7/1 キャッド・パリッシュ Caddo Parishと命名
◎1955/10/20 退役
◎1963/8/2 再役
◎1965/10/22 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Defense、〜1965/10/23)
◎1965/11/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Defense、〜1965/11/18)
◎1965/11/28 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Defense、〜1965/12/24)
◎1966/5/5 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive、〜1966/5/9)
◎1966/6/13 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive、〜1966/6/24)
◎1966/7/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/7/22)
◎1966/8/6 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/8/7)
◎1966/8/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/8/25)
◎1966/9/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/9/18)
◎1966/10/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/10/5)
◎1966/10/28 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/11/8)
◎1966/11/24 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1966/12/12)
◎1967/1/30 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/2/7)
◎1967/2/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/2/20)
◎1967/2/28 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/3/5)
◎1967/3/19 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/3/31)
◎1967/4/11 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/5/31)
◎1967/6/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/6/14)
◎1967/8/4 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/11/13)
◎1968/3/26 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase IV、〜1968/6/30)
◎1968/8/22 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase V、〜1968/8/25)
◎1968/8/31 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase V、〜1968/10/5)
◎1968/11/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase V)
◎1968/11/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase VI、〜1968/11/27)
◎1968/12/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Counteroffensive - Phase VI、〜1969/2/22)
◎1969/2/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet 69/Counteroffensive、〜1969/5/17)
◎1969/6/18 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/10/19)
◎1969/10/24 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969)
◎1969/10/31 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969)
◎1969/11/26 フィリピンに貸与されBataan(LT-85)と改名
◎後にMaquindanao(LT-96)と改名
◎1991 除籍
◎Dominican Rep Jun-Jul, Oct-Nov 1965.
LST-516 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/1/31 1955/12/21 1958/10/1 ◎1943/9/6 起工
◎1944/1/7 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1947/2/28 退役、保管
◎1950/9/22 再役
◎1951/11 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(UN Summer-Fall Offensive)
◎1952/1 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/2)
◎1952/12 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Third Korean Winter)
◎1953/1 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Third Korean Winter、〜1953/4)
◎1953/6 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korea Summer 1953、〜1953/7)
◎1955/7/1 カラヴェラス・カウンティ Calaveras Countyと命名
LST-517 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/2/7 1945/12/21 1946/1/21 ◎1943/9/10 起工
◎1944/1/15 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎除籍後、海事委員会に移管
◎1947/1/17 解体のため、ナショナル・メタル&スチール社に売却
◎1948 商船Santa Maria de Lujanとなる
1955/7/21 Punta del Esteにて座礁により喪失
LST-518
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/24 1945/11/29 1945/11/29 ◎1943/9/13 起工
◎1943/11/3 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-6)に改め、ネスター Nesterと命名
LST-519 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/2/17 1962/11/8 1962/11/8 ◎1943/9/17 起工
◎1944/1/25 進水
◎1944/2/5 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4 UGS-36船団
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1955/7/1 カルホーン・カウンティ Calhoun Countyと命名
◎1962〜1964頃 標的として沈没
LST-520 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/2/28 1946/1/13 1958/10/1 ◎1943/9/24 起工
◎1944/1/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎1946/1/13 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q013)
◎1952/3/31 SCAJAPより返還
◎1958/10/1 台湾に売却され中粛 Chung Shu(Chung Su?、LST-642)と命名
◎後に艦種記号をLST-228に改める
◎後に退役
LST-521 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/2/9 1945/10/21 1959/11/1 ◎1943/10/4 起工
◎1943/12/13 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎退役後、予備艦隊に編入
◎後に軍事海上輸送部隊(MSTS)が、管理運行(T-LST-521)
◎後に運用終了
◎1955/7/1 ケープ・メイ・カウンティ Cape May Countyと命名
◎除籍後、民間に売却され商船Cal-Agroとなる
◎1965 Terry P. と改名
◎1969 Bantenと改名
◎1969 Teluk Bantenと改名
LST-522 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/3/1 1946/6/6 1948/1/22 ◎1943/10/2 起工
◎1944/2/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5中旬、中国方面での行動も含む)
◎1947/10/18 解体のため、T. Y. Fongに売却
LST-523 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/3 1944/8/22 ◎1943/10/15 起工
◎1943/12/6 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944/6/19 ノルマンディ海岸“ユタ・ビーチ”にて機雷により沈没
LST-524 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/9 1946/2/4 1947/10/31 ◎1943/10/4 起工
◎1943/12/13 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q040)
◎1948/5/21 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-525 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/14 1968
(1970初め)
1974/9/15 ◎1943/10/18 起工
◎1943/12/20 進水
◎1944/1/31 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4/1 UGS-36船団
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1946/6/25(1954/10/25?) 退役、予備艦隊に編入
◎1950/10 再役
◎1954/9/15 退役
◎1955/7/1 キャロライン・カウンティ Caroline Countyと命名
◎1965中頃 再役
◎1967/1/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/1/10)
◎1967/2/21 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/3/24、123
◎1967/5/8 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/5/31)
◎1967/6/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/6/13)
◎1967/8/8 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/11/29)
◎1968/1/20 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1968/1/29)
◎1968/1/30 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive、〜1968/3/9)
◎1968/8/8 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase V、〜1968/9/8)
◎1968/9/19 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase V、〜1968/11/1)
◎1968/11/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1968/11/15)
◎1969/2/3 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1969/2/20)
◎1975/8/1 Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のため売却
LST-526 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/17 1945/12/21 1946/1/21 ◎1943/10/30 起工
◎1943/12/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4/1 UGS-36船団
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1947/1/24 レイク・チャールズのChester D. Bentliffに売却され商船となる
◎1948 Jane O. と命名
◎後にStanolind 59と改名
◎1952 Arcatiと改名
LST-527 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/17 1956/12/21 1958/10/1 ◎1943/10/23 起工
◎1944/1/3 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/2/28 退役
◎1950/9/21 再役
◎1952/1/11 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/1/12)
◎1952/2/21 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/2/28)
◎1953/5/7 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Summer-Fall、〜1953/5/17)
◎1953/5/29 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Summer-Fall、〜1953/6/11)
◎1953/6/16 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Summer-Fall、〜1953/6/17)
◎1953/7/27 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Summer-Fall)
◎1953 予備艦隊に編入
◎1955/7/1 カッサイア・カウンティ Cassia Countyと命名
◎1959/3/3 標的として沈没
LST-528 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/29 1954/3 1960/11/21 ◎1943/11/13 起工
◎1944/1/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1954/3 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 カタホーラ・パリッシュ Catahoula Parishと命名
◎1960 Marquette Cement Co. に売却(売却額$75,000)
◎1962/5 ブルックリンのTodd Shipyardsへ曳航、self-unloading Bulk Cement Carrierに改装(12
◎1962 Noramarと命名、運用開始
◎1972(1973?) J. E. Pooleと改名
◎1976 Tsimenteus IIと改名
◎1979 運用終了、ギリシャのセメント会社に売却され中東にてfloating storage vesselとして使用
LST-529 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/2/29 1963/12/17 ◎1943/11/8 起工
◎1944/1/17 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1946/6/7 退役
◎1950/9/22 再役
◎1951/7 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(U.N. Summer-Fall offensive、〜1951/8)
◎1951/12 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/3)
◎1953/6 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean, Summer 1953、〜1953/7)
◎朝鮮戦争後、韓国にて作戦の任務(〜1954/7)
◎1955/7/1 カユーガ・カウンティ Cayuga Countyと命名
◎1963/12/16(1963/12/17?) 南ヴェトナムに貸与されThi Nai(HQ-502)と改名
◎1975/4/29 フィリピンに逃れ、フィリピンが取得
◎1975/11/17 フィリピンに貸与されCotabato Del Sur(Cotabato del Sur?、LT-87)と改名
◎1989/12 BauanのA.G. & P. Drydockにて入渠
◎2003 除籍、解体
LST-530 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン 1944/3/6 1946/1 1973/6/15 ◎1943/11/23 起工
◎1944/1/25 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/5 タラカン島にて作戦の任務
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q017)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/6/15 運用終了
◎1973/8/21(1973/9/17?) 解体のため、台北のS. S. Zeeに売却
LST-531 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/17 1944/6/9 ◎1943/9/22 起工
◎1943/11/24 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
1944/4/28 Lyme湾にてドイツ海軍Sボートの雷撃により沈没
LST-532 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/20 1955/6/8 1973/6/10 ◎1943/9/24 起工
◎1943/11/28 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1955/7/1 チェイス・カウンティ Chase Countyと命名
◎1967/4/15 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-532)
◎1976/6/4(1976/6/27?) シンガポールにて売却
◎後に民間に売却されConstructorsと命名
◎Dominican Rep May, Jul 1965, Vietnam Apr-Oct 1966, Jan-Mar 1967.
LST-533 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/27 1969/5 1974/9/15 ◎1943/9/29 起工
◎1943/12/1 進水
◎1944/1/16 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1955/7/1 チェボイガン・カウンティ Cheboygan Countyと命名
◎1955/12/1 退役
◎1961/11/18 再役
◎1975/12/1 Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のため売却
◎後にウィルミントンにて解体
◎Cuban missile crisis Oct-Dec 1962.
LST-534 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/31 1945/11/2 1946/1/3 ◎1943/10/4 起工
◎1943/12/8 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
1945/6/22 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1945/12/9 沖縄海域にて沈没処分
LST-535 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/4 1946/1/14 1958/10/1 ◎1943/10/19 起工
◎1943/12/21 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q014)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-535)
◎1958/10/1 台湾に貸与され中万 Chung Wan(LST-654)と命名
◎後に艦種記号をLST-229に改める
◎1990/3/16 保管
◎1993 除籍
◎Passage to Freedom.
LST-536 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/9 1946/1/23 1947/3/5 ◎1943/10/19 起工
◎1943/12/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q024)
◎1947/2/21 韓国に貸与
LST-537 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/9 1946/5/29 1948/3/12 ◎1943/10/27 起工
◎1943/12/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1、中国方面での行動も含む)
◎1946/5/29(1946/5/30?) 中国国民党に貸与され中鼎 Chung Ting(LST-673)と命名
◎後に艦種記号をLST-203に改める
◎後に退役
◎1993 除籍
LST-538 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/14 1946/3/26 1946/2/16 ◎1943/10/29 起工
◎1944/1/5 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4 UGS-36船団
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944/6/11 ノルマンディにてドイツ海軍Sボートの雷撃により損傷
◎1944/10/26(1944/11?) イギリスに貸与
◎後にシンガポールにて退役
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎As part of "W" Task Force HM LST-538 worked down the Arakan coast of Burma and participated in the recapture of Rangoon, before proceeding to the eventual invasion of Malaya at Morib and Port Swettenham, and so to Singapore and Bangkok etc. doing relief work repatriating ex P. O. W. s of the Japanese.
LST-539 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/17 1946/6/22 1946/7/31 ◎1943/11/9 起工
◎1944/1/10 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/4 UGS-37船団
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12、中国方面での行動も含む)
◎1948/4/22 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-540 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/22 1946/1/13 1949/3/23 ◎1943/11/13 起工
◎1944/1/14 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
1945/6/7 沖縄にて座礁により損傷
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q022)
◎1946春 三菱重工業横浜造船所で青函連絡船に改装(22船と呼ばれる)
1947/8/20 事故により沈没
LST-541 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/28 1945/11/9 1945/11/28 ◎1943/11/22 起工
◎1944/1/25 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25、ノルマンディ海岸“ジュノー・ビーチ”)
◎1948/3/22 解体のため、ベイヨーンのTownsend Transportation Co. に売却され艀L.E.M. となる
◎1968 Ocean Burning No. 1と改名
LST-542 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/2/29 1956 1959/11/1 ◎1943/11/29 起工
◎1944/1/28 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1955/7/1 チェラン・カウンティ Chelan Countyと命名
◎1961/4/28 民間に売却され艀ZB-108Aとなる
LST-543 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/3/6 1946/5/31 1947/7/17 ◎1943/12/6 起工
◎1944/2/1 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945/5/30 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/12 極東にて占領作戦の任務(〜1946/5/12、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
LST-544 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/3/16 1946/8/9 1946/9/25 ◎1943/12/8 起工
◎1944/2/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1948/6/23 解体のため、VancouverのWillamette Iron & Steel Co. に売却
LST-545 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/3/23 1946/8/29 1948/5/28 ◎1943/12/13 起工
◎1944/2/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/10/29 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/1)
◎1946/7 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1948/5/12 ビキニ環礁にて標的として沈没
LST-546
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/3/27 1946/1
(1946/2/22頃?)
1972/7/15 ◎1943/12/20 起工
◎1944/2/16 進水
◎Algiers海軍基地にて就役
◎1944/3下旬? 消磁
◎1944/4/19 LST Flotilla 9、Group 25所属
◎1944/5下旬 修理改装
◎1944/7/27 ノーフォーク海軍工廠にて入渠、修理、改装(〜1944/8/3、カタパルト等設置)
◎1944/8/8 海軍作戦基地にてL-4発艦試験(〜1944/8/10)、後にノーフォーク海軍工廠にて試験設備を撤去
◎1944/10中旬 ノーフォーク海軍工廠にて修理改装
◎1945/1/14 ノーフォーク海軍工廠にて修理改装(ボート・ダヴィッドを修理)
◎1945/3中旬 消磁
◎1945/3/28 LST Flotilla 37、Group 111所属
◎1945/4上旬 海軍工廠にて修理改装
◎1945/6 アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/6、中国方面での行動も含む)
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q076)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1972/7/15 フィリピンに貸与されSuriago Del Sur(Suriago del Sur?、LT-95)と命名
◎1980 フィリピンに売却
◎1991 除籍
◎The morning of August 7th the ship docked at the Naval Operation Base and an airplane was placed on the runway for a test launching. The next day it was launched under the supervision of the Research and Development Section with a Lt. Comdr. Paddock flying the plane. A jet propelled launching device was used. It failed once because the plane got off the runway but the second attempt was highly successful. It is believed that this was the first time a plane was catapulted from an LST, although scouting planes had flown from LST with specially built take-off strips. The plane was placed aboard again the next day and on Thursday, August 10th it was launched again with official observers aboard from the Army, Navy, Marine Corps and British Royal Engineers. Rear Admiral Rockwell, the commander of Amphibious Training Command Atlantic Fleet and Rear Admiral DeLany of the Bureau of Ships were the chief observers.
(←パイパーL-4グラスホッパー)
◎Passage to Freedom.
LST-547 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/3/30 1946/2/28 1947/10/31 ◎1943/12/24 起工
◎1944/2/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/9/9 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/25)
◎1945/10/11 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/3)
◎1946/2/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/28)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q077)
◎1948/5/26 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-548 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/3 1946/2/15 1960/1/1 ◎1943/12/30 起工
◎1944/2/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1末)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q067)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
後に横須賀にて係船中、損傷
◎1960 解体のため、Coal Export Corp. に売却
◎後に日本にて解体(売却額$56,000)
◎Passage to Freedom.
LST-549 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/5 1946/2/28 1947/12/5 ◎1944/1/4 起工
◎1944/2/25 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 23、Division 45所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2初め、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q078)
◎1948/5/23 解体のため、Morris Heightsのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-550 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/10 1946/1/13 1973/11/1 ◎1943/11/13 起工
◎1944/3/9 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12末)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q012)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-550)
◎除籍後、解体
LST-551 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/14 1970/6/1 1970/6/1 ◎1944/1/15 起工
◎1944/3/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎第二次大戦後、ヨーロッパにて占領作戦の任務(〜1945/7)
◎1955/6/10 退役
◎1955/7/1 チェスターフィールド・カウンティ Chesterfield Countyと命名
◎1965/12/21 再役
◎1971/2 解体のため、日本のMitsui & Co. に売却
◎OpCastle 1954, Dominican Rep May-Jun 1965, Vietnam Mar, May-Aug, Oct, Dec 1966-Jan 1967.
LST-552 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/19 1946/4/19 1946/5/1 ◎1944/1/19 起工
◎1944/3/14 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 14、LST Group 42、LST Div. 83所属)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1944/10/18 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/6)
1944/10/24 レイテにて日本軍機の爆撃により損傷
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/30)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/9)
◎1945/10/12 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/17)
◎1947/11/3 解体のため、シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却
LST-553 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/22 1947/2/13 1947/4/25 ◎1944/1/24 起工
◎1944/3/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 16、LST Group 46、LST Div. 91所属)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1944/10/18 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/6)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/30)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1947/2/13)
◎1945/11/28 福岡の掃海任務(〜1945/12/9)
◎1946/1/12 呉〜広島の掃海任務(〜1946/1/27)
◎1946/1/30 神戸の掃海任務(〜1946/3/2)
◎除籍後、横浜にて陸軍に移管
LST-554 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/27 1946/7/20 1946/9/25 ◎1944/1/30 起工
◎1944/3/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
1945/4/3 沖縄海域にて嵐により損傷
◎1948/3/29 解体のため、VancouverのKaiser, Inc. に売却
LST-555 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/4/28 1946/1/6 1946/1/21 ◎1944/2/5 起工
◎1944/3/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
1945/4/12 沖縄にて座礁
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
1945/9/18(1945/10/8?) 和歌山沖にて座礁
◎1946/1/26 砲撃標的として沈没
LST-556 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/1 1946/3/14 1946/4/12 ◎1944/2/4 起工
◎1944/4/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/12 オルモック湾にて揚陸作戦
◎1944/12/30 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5)
◎1948/4/26(1948/4/27?) 解体のため、チェスターのサン・シップビルディング&ドライドック社に売却
LST-557 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/5 1946/5/29 1948/3/12 ◎1944/2/8 起工
◎1944/4/11 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
1945/4/9 沖縄にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5初め、中国方面での行動も含む)
◎1946/5/29 中国国民党に貸与中興 Chung Hsing(LST-684)と命名
◎後に艦種記号をLST-204に改める
◎1997/11/8 退役
◎1997 除籍
LST-558
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/8 1946/2/13 1947/9/16 ◎1944/2/11 起工
◎1944/4/14 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1末、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q056)
◎1948/5/24 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-559 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/9 1946/6/1 1946/6/19 ◎1944/2/14 起工
◎1944/4/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5初め、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎後にスービック湾にて防波堤として沈没処分
LST-560 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/2 1946/5/17 1946/6/19 ◎1944/2/22 起工
◎1944/4/21 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 43所属)
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10)
◎1946/9/12 ブルックリンのConstruction Power & Merchandising Co. に売却され商船M.O.B. 377-Bとなる
LST-561 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/15 1958/6/2 1958/6/27 ◎1944/2/24 起工
◎1944/4/25 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1946/4/30 退役
◎1950/9/18 再役
◎1951/12/22 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/1/30)
◎1952/4/16 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/4/30)
◎1952/5/1 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Defense Summer-Fall 1952、〜1952/5/18)
◎1952/7/2 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Defense Summer-Fall 1952、〜1952/7/24)
◎後に予備艦隊に編入
◎1955/7/1 チッテンデン・カウンティ Chittenden Countyと命名
1958/3(1958/6/2?) Kauai I. にて座礁
◎1958/10/21 オアフ島南方海域にて原子力攻撃型潜水艦サーゴ Sargo(SSN-583)の標的として沈没(12
LST-562 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/18 1946/5/21 1946/7/3 ◎1944/2/28 起工
◎1944/4/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 43所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
1945/6/19 ブルネイにて衝突し損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12中旬)
◎1948/4/19 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-563
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/20 1945/2/23 ◎1944/3/4 起工
◎1944/5/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
1944/12/21 Clipperton島沖にて座礁により損傷(12345
◎1945/2/9 装備を撤去、放棄
LST-564 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/25 1946/3/8 1946/5/1 ◎1944/3/5 起工
◎1944/5/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 14、LST Group 41、LST Division 82所属)
◎1944/10/20 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/7)
◎1945/10/15 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/5)
◎1948/3/3(1948/12/31?) HoustonのBrown & Root, Inc. に売却され艀Stanolind 50となる
◎後にPan American 50と改名
◎後にSeadrillと改名
LST-565 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/25 1946/6/13 1946/7/3 ◎1944/3/16 起工
◎1944/5/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12/12 ミンドロ島にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5中旬、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/21 解体のため売却
LST-566 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/5/29 1946/3/11 1973/11/1 ◎1944/3/17 起工
◎1944/5/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる(HXM-301船団)、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 35、LST Group 104、LST Div. 207所属)
◎1945/9/8 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/11、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q094)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-566)
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されLanao Del Norte(Lanao del Norte?、LT-504)と命名(123
2007 南沙諸島にて座礁により放棄といわれる
LST-567 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/1 1946/1/28 1947/10/31 ◎1944/3/20 起工
◎1944/5/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
1945/1/10 リンガエン湾にて戦車揚陸艦LST-610と衝突し損傷
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q032)
◎1948/5/24 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-568
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/3 1946/3/4 1946/3/20 ◎1944/3/21 起工
◎1944/5/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10/20 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10)
1945/9/15 ウルシーにてにて台風により損傷
1945/10/9 沖縄のBuckner Bayにて台風“ルイーズ”により座礁
◎1945/10/13 戦車揚陸艦LST-693が曳航し離礁
◎1945/10/18 フィリピンへ戦車揚陸艦LST-693が曳航(1945/10/23到着)
◎1946/3/7 サマール島東方海域にて沈没処分
LST-569 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/5 1946/6/13 1946/10/15 ◎1944/3/24 起工
◎1944/5/20 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-570 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/9 1946/5/14 1946/6/19 ◎1944/4/14 起工
◎1944/5/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
1945/4/4 沖縄にて座礁
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11、中国方面での行動も含む)
◎1948/12/31 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-571 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/14 1946/3/12 1946/4/12 ◎1944/4/14 起工
◎1944/5/25 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1948/8/17 HoustonのPort Houston Iron Works, Inc. に売却
LST-572 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/19 1946/3/8 1973/6/15 ◎1944/4/15 起工
◎1944/5/29 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる(HXM-301船団)、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q090)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/11/19 Yi Ho Enterprise Corp. に売却
LST-573 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/21 1946/1/24 1947/10/31 ◎1944/4/15 起工
◎1944/5/31 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10/18 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/29)
◎1944/12/12 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/3/29 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/1)
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/10/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/1)
◎1945/11/18 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/25)
◎1946/1/7 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/24)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q027)
◎1948/5/26 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-574 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/26 1946/6/17 1946/7/3 ◎1944/4/16 起工
◎1944/6/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 15所属)
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5中旬、中国方面での行動も含む)
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎1948 中国国民党に売却されChung Yung(LST-210)と命名
◎1997 除籍
LST-575
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/6/24
(1944/6/30?)
1947/5/29 1959/5/1 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/9 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/7中旬? ニュー・オーリンズにて改装
◎1944/9上旬 サン・ディエゴにて修理
◎1944末? 戦車揚陸艦(改良)に改装(〜1945/1/15)、艦種を戦車揚陸艦(改良)(LST(M)-575)に改める
LST-576 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/8 1947/5/14 1946/6/9 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1947/10/7 解体のため、チャールストンのLeland Louis Green, Jr., Inc. に売却
LST-577 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/10 1946/3/30 ◎1944/5/3 起工
◎1944/6/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
1945/2/11 ミンダナオ島西方海域にて日本海軍呂号第五〇潜水艦の雷撃により沈没
LST-578 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/15 1946/3/22 1958 ◎1944/5/4 起工
◎1944/6/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q099)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1958 運用終了
◎1958/9/16 中国国民党に売却され中邦 Chung Pang(LST-629)と命名
◎1958/9/21 中華民国海軍にて就役
◎後に艦種記号をLST-230に改める(12
LST-579 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/21 1946/2/24 1975/6/30 ◎1944/5/4 起工
◎1944/6/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q073)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1976/6/4 シンガポールに貸与されIntrepid(L203)と命名
LST-580 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/25 1946/1/29 1947/10/31 ◎1944/5/17 起工
◎1944/6/26 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q035)
◎1948/5/2 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-581 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/27 1946/1/28 1972/6/1 ◎1944/5/17 起工
◎1944/6/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q030)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/5/25 解体のため、ロサンゼルスのDongkuk Steel Company of America, Inc. に売却
LST-582 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/7/31 1946/1/29 1947/10/31 ◎1944/5/18 起工
◎1944/7/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎1946/1/29 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q034)
◎1948/5/24 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-583 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/2 1968/9
(1968/11/1?)
1974/9/15 ◎1944/5/18 起工
◎1944/7/5 進水
◎1944/7/25 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12中旬)
◎1946/3 退役、予備艦隊に編入
◎1955/7/1 チャーチル・カウンティ Churchill Countyと命名
◎1960/11/1 再役
◎1975/8/1 Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のため売却
◎1976〜1977頃 パナマのMinerve Shipping & Trading Corp., S.A. に売却されPetrola 131と改名
LST-584 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/5 1946/4/12 1946/7/3 ◎1944/5/8 起工
◎1944/7/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12中旬)
◎1948/3/19 HoustonのGreen's Bayou Transportersに売却
LST-585 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/8 1946/7/31 1946/8/28 ◎1944/5/31 起工
◎1944/7/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/2/14 Mariveles - Corregidorにて揚陸作戦(〜1945/2/28)
◎1945/4/27 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5/5)
◎1945/10/10 極東にて占領作戦の任務(〜1946/7/20、中国方面での行動も含む)
◎1946/10/5 オランダ領東インドに売却されLST IVと命名
◎後に除籍
LST-586 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/15 1946/2/17 1947/9/29 ◎1944/6/1 起工
◎1944/7/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/2 Mariveles - Corregidorにて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1末、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q065)
◎1948/5/28 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-587 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/18 1946/2 1972/6/1
(1973/6/15?)
◎1944/6/2 起工
◎1944/7/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q042)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
1968/12/23 沖縄にて嵐により座礁
◎1973/8/21 解体のため、台北のS. S. Zee, Inc. に売却
◎1973/9/17 台北のS. S. Zee, Inc. に引き渡される
LST-588 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/19 1946/6/8 1946/7/3 ◎1944/6/6 起工
◎1944/7/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1948/10/9 フィリピンのBoseyにて売却
LST-589 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/24 1946/9/14 1947/4/23 ◎1944/6/8 起工
◎1944/7/26 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/7中旬、中国方面での行動も含む)
◎1946/12/17 フィリピンのBoseyにて売却され商船Chung 106となる
◎後に台湾の業者に売却されI Meng Shanと改名
LST-590 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/26 1946/2/2 1973/6/15 ◎1944/6/19 起工
◎1944/7/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/4/27 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5/15)
◎1945/6/7 ブルネイ湾にて作戦の任務(〜1945/7/15)
◎1945/6/15 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/20)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q036)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II)
◎ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III)
◎1971/10/21 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Consolidation I、12
◎1973/6/25(1973/9/17?) 解体のため、台北のS. S. Zee, Inc. に売却
LST-591 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/8/29 1946/2/5 1947/9/29 ◎1944/6/21 起工
◎1944/8/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q045)
◎1948/5/24 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-592 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/1 1946/6/11 1946/7/31 ◎1944/6/24 起工
◎1944/8/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/5)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11末)
◎1947/10/23 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-593 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/5 1946/3/18 1946/5/8 ◎1944/6/28 起工
◎1944/8/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10)
◎1948/5/28 解体のため、ニュー・オーリンズのAlexander Shipyards, Inc. に売却
LST-594 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/6 1946/2/21 1947/3/5 ◎1944/7/1 起工
◎1944/8/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q070)
◎1947/6/4 韓国に売却
LST-595 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/14 1946/1/3 1947/3/5 ◎1944/7/7 起工
◎1944/8/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(〜1945/12)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q001)
◎1947/5/31 韓国に売却
◎後にChochiwanと命名
◎1959 解体
LST-596 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/14 1946/6/12 1946/9/25 ◎1944/7/11 起工
◎1944/8/21 進水
◎後に入渠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5中旬、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却され商船Chung 117となる
LST-597 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/19 1946/3/5 1947/9/29 ◎1944/7/12 起工
◎1944/8/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(〜1946/3初め)
◎1948/5/31 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-598 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/22 1946/6/10 1946/7/19 ◎1944/7/14 起工
◎1944/8/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/6初め、中国方面での行動も含む)
LST-599 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/9/27 1946/6/1 1948/1/22 ◎1944/7/18 起工
◎1944/9/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
1945/4/2(1945/4/3?) 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-600 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/3/20 1946初め
(1946/6/1?)
1969/6/1 ◎1943/10/6 起工
◎1944/2/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q074)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-600?、12
1968/12/23 沖縄にて嵐により座礁
◎1969/9/1 運用終了
◎1970 売却
LST-601 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/3/25 1969
(1970?)
◎1943/10/21 起工
◎1944/3/4 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1949/1/20 ヨーロッパにて占領作戦の任務(〜1949/5/15)
◎1955/7/1 クラーク・カウンティ Clarke Countyと命名
◎1955/11/23 退役
◎1966/7/28 再役
◎1967/1/11 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/2/10)
◎1967/4/10 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/5/8)
◎1967/7/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/8/20)
◎1967/10/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/10/14)
◎1967/10/27 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/12/21)
◎1969/3/10 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet/69 Counteroffensive、〜1969/3/31)
◎1969/6/24 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/7/27)
◎1969/9/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/10/1)
◎1969/10/18 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/10/23)
◎1969/10/18 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/10/23)
◎1970/1/1 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Spring 1970、〜1970/2/14)
◎1970/3/5 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Spring 1970、〜1970/5/3)
◎1970/7/15 インドネシアに貸与されTeluk Saleh(LST510)と命名
◎2011/1/26 処分
LST-602 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/3/31 1969 1972/5/1 ◎1943/10/23 起工
◎1944/3/9 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1946/12 退役、予備艦隊に編入
◎1950 再役
◎1951/12/22 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/1/14)
◎1952/2/22 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/3/11)
◎1952/3/20 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/3/28)
◎1953/7/27 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korea, Summer-Fall 1953)
◎1955/7/1 クリアウォーター・カウンティ Clearwater Countyと命名
◎1957/9 空軍に移管
LST-603
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/5 1969/4/4 ◎1943/11/5 起工
◎1944/3/14 進水
◎1944/3/30 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/23)
◎1945/7中旬 ブルックリン海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1955/5/12 退役、フィラデルフィア海軍造船所にてオーヴァーホール、大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ココニーノ・カウンティ Coconino Countyと命名
◎1966/6/8 フィラデルフィア海軍造船所にて再役
◎1966/12/14 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/1/11)
◎1967/4/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/5/10)
◎1967/6/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/7/8)
◎1967/12/17 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1968/1/1)
◎1968/3/17 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive、〜1968/4/1)
◎1968/4/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV、〜1968/6/3)
◎1968/8/21 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase V、〜1968/10/11)
◎1968/11/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1968/12/8)
◎1969/2/17 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase VI、〜1969/2/22)
◎1969/2/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Tet/69 Counteroffensive、〜1969/3/20)
◎1969/4/4 南ヴェトナムに貸与されVung Tau(HQ-503)と改名(12
1975/4 北ヴェトナムに拿捕
LST-604
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/8 1946/3/14 1946/4/17 ◎最初の艦種記号はLST-519だった(1943/12/28改める)
◎1943/10/28 起工
◎1944/3/20 進水
◎1944/4/29 退役、ボルティモアのメリーランド・ドライドック社で艦種を魚雷艇母艦に改装
◎1944/8/9 再役、艦種を魚雷艇母艦(AGP-11)に改め、シレノス Silenusと命名
LST-605 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/14 1946/5/24 1946/7/3 ◎1943/9/30 起工
◎1944/3/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1948/4/15 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-606 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/24 1946/5/13 1946/6/19 ◎1943/11/27 起工
◎1944/4/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/9)
◎1948/4/19 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-607 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/24 1946/1/11 ◎1943/12/2 起工
◎1944/4/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、LST Group 37、LST Division 74所属)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/9/15 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/2)
◎1945/11/23 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/11)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q008)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されLeyte Del Sur(Leyte del Sur?、LT-505)と命名
◎1991 除籍
LST-608 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/15 1946/1/1 1947/2/7 ◎1943/12/4 起工
◎1944/4/11 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945末)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q026)
◎1947/5/31 韓国に売却されUl Sanと命名
◎1959 解体
LST-609 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/15 1946/1/4 1946/1/21 ◎1943/12/10 起工
◎1944/4/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-610 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/15 1946/6/28 1947/12/23 ◎1943/12/16 起工
◎1944/4/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
1945/1/10 リンガエン湾にて戦車揚陸艦LST-567と衝突
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/6中旬、中国方面での行動も含む)
◎1946/9/18 アメリカ軍統治下の琉球政府に貸与
LST-611 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/15 1956/10/26 1958/7/1 ◎1943/12/17 起工
◎1944/4/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
1945/1/2 レイテにて日本軍機の爆撃により損傷
◎1950/9 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Inchon landings
◎1955/7/1 クルーク・カウンティ Crook Countyと命名
◎退役後、保管
LST-612 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/16 1946/6/1 1946/7/3 ◎1943/12/18 起工
◎1944/4/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5初め、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-613 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/19 1946/1/6 1975/6/30 ◎1944/1/21 起工
◎1944/5/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 44所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q038)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1976/6/1 シンガポールに売却されPersistence(L205)と命名
◎1998 除籍
LST-614 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/22 1946/6/20 1946/10/29 ◎1944/1/28 起工
◎1944/5/6 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 44所属)
◎1944/9/13 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/12 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1/8 リンガエン湾にて揚陸作戦(12345
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1中旬、中国方面での行動も含む、12
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却
LST-615 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/26 1946/3/14 1946/4/12 ◎1944/2/4 起工
◎1944/5/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11)
◎1948/4/7 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-616 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/5/29 1946/1/19 1961/5/1 ◎1944/2/12 起工
◎1944/5/12 進水
◎1944/8/8 HXM-301船団(〜1944/9/10)
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 35、Group 104、Division 207所属)
◎1945/3/26 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/29)
◎1945/9/23 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/25)
◎1945/11/26 中国方面での行動(〜1945/12/4)
◎1945/12/24 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/19)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q019)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1961/5 インドネシアに売却されTeluk Baier(Teluk Bajur?、LST502)と命名
◎2011/1/26 処分
◎2012/4/20 SINKEX演習に、標的として沈没
LST-617 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/1 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/2/17 起工
◎1944/5/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1948/4/15 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-618 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/3 1947/12/23 ◎1944/2/23 起工
◎1944/5/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
1945/1/10 リンガエン湾にて日本軍の特攻艇の攻撃により損傷
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/7初め、中国方面での行動も含む)
◎1946/10/24 陸軍に移管
LST-619 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/5 1946/6/19 1947/10/31 ◎1944/3/8 起工
◎1944/5/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q031)
◎1948/5/27 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-620 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/17 1946/6/7 1946/6/19 ◎1944/3/11 起工
◎1944/5/30 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944 HXM-30船団
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1947/12 民間に売却され商船Northwestとなる
LST-621 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/21 1946/6/16 1946/7/31 ◎1944/3/15 起工
◎1944/6/2 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944 HXM-30船団
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1948/3/30 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-622
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/26 1946/3/14 1946/4/12 ◎1944/3/15 起工
◎1944/6/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1948/4/13 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-623 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/6/29 1946/2
(1946/12?)
1975/6/30 ◎1944/3/17 起工
◎1944/6/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎後に入渠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q075)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
1953/3/18 Sokcho-riにて座礁により損傷
◎1971(1976/6/4?) シンガポールに貸与されPerseverance(L206)と命名
LST-624 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/3 1946/2/14 1947/2/7 ◎1944/3/22 起工
◎1944/6/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 6、LST Group 16、LST Division 32所属)
◎1945/1/11 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Nasugbuにて作戦の任務
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/14)
1945/4/4 沖縄にて座礁により損傷
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/14)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q057)
◎1947/6/1 韓国に売却
LST-625 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/10 1946/2/11 1954/5/19 ◎1944/3/30 起工
◎1944/6/20 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/14)
◎1945/10/16 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/17)
◎1946/1/12 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/11)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q052)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(〜1954/4/19、12
LST-626 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/15 1946/3/2 1972/6/1 ◎1944/3/31 起工
◎1944/6/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/3/10 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/11)
◎1945/4/27 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5/5、12
◎1945/6/11 ブルネイ湾にて作戦の任務(〜1945/6/14)
◎1945/6/28 ブルネイ湾にて作戦の任務(〜1945/7/2)
◎1945/9/17 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/2、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q081)
◎退役後、保管
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-626?)
◎1973/5/25 解体のため、ロサンゼルスのDongkuk Steel Co. of America, Inc. に売却
LST-627 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/20 1946/6/6 1946/6/15 ◎1944/4/8 起工
◎1944/7/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1946/6/19 オランダに売却されLST IIと命名
◎後にPelikaanと改名
◎後に除籍
LST-628 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/31 1946/4/3 1946/7/3 ◎1944/4/10 起工
◎1944/7/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3初め)
◎1947/12/9 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
◎後に艀Pan American Derrick Barge No. 1となる
LST-629 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/7/28 1946/3/4 1973/6/15 ◎1944/4/13 起工
◎1944/7/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/8 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/6/12 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/12/20 中国方面での行動(〜1945/12/26)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q033)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1976/6/4 シンガポールに貸与されExcellence(L202)と命名
◎Passage to Freedom.
LST-630 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/4 1946/2/13 1973/6/15 ◎1944/4/14 起工
◎1944/7/13 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q059)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/11/19 解体のため、NijmegenのB. V. Dimex Co. に売却
LST-631 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/9 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/4/19 起工
◎1944/7/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1948/4/15 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-632 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/12 1946/5/30 1947/1/28 ◎1944/4/26 起工
◎1944/7/21 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 22、LST Division 44所属)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18、123
◎1945/2/14 Mariveles - Corregidorにて揚陸作戦(〜1945/2/28)
◎1945/3/10 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/12)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/6/26 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/6、123
◎1945/9/16 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/4)
◎1945/12/20 極東にて占領作戦の任務(〜1946/5/13、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/11 標的として沈没
LST-633 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/17 1946/2/15 1947/9/29 ◎1944/5/3 起工
◎1944/7/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q060)
◎1948/6/23 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-634 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/22 1946/6/8 1946/7/19 ◎1944/5/13 起工
◎1944/8/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠(〜1946/3)
1945/3/2 硫黄島にて衝突し損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/23 海事委員会に移管
LST-635 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/26 1946/6/7 ◎1944/5/17 起工
◎1944/8/7 進水
1945/3/18 レイテにて座礁により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/初め、中国方面での行動も含む、12
◎1946/7/19 国務省に移管
LST-636 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/8/31 1946/5/25 1947/12/23 ◎1944/5/22 起工
◎1944/8/11 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5初め、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-637 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/5 1946/3/29 1946/6/5 ◎1944/5/24 起工
◎1944/8/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/5)
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10末)
◎1947/12/18 BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-638 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/8 1946/6/8 1948/3/12 ◎1944/5/25 起工
◎1944/8/23 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/4 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/15 標的として沈没
LST-639 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/14 1946/6/1 1947/9/16 ◎1944/5/26 起工
◎1944/8/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/4 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5初め、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-640 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/18 1946/4/30 1946/7/19 ◎1944/5/27 起工
◎1944/8/31 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 43所属)
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4初め、中国方面での行動も含む)
◎退役後、中国国民党に貸与され商船Lu Yiとなる
◎後にWan Yiuと改名
◎1955 台湾海軍が取得し中権 Chung Chuan(Chung Chu'an?、LST-221)と命名
◎後に艦種記号をLST-202に改める
1955/1/10 中国軍機の攻撃により沈没
LST-641 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/22 1946/6/13 1946/7/19 ◎1944/6/1 起工
◎1944/9/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2/20 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/2/28、123
1945/2/28 硫黄島にて衝突し損傷
◎1945/4/2 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/29)
◎1945/9/9 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/25)
◎1946/3/6 中国方面での行動(〜1946/6/13)
LST-642 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/28 1946/6/30 1948/2/19 ◎1944/6/5 起工
◎1944/9/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/3)
1945/3/2 硫黄島にて座礁により損傷
1945/3/5 硫黄島にて衝突し損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1947/2)
◎1948/2/10 Barter Islandにて放棄
LST-643 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/2 1946/1 1973/6/15 ◎1944/6/10 起工
◎1944/9/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1945/5/29 アプラ港の分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠(123
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q018)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/9/17 解体のため、台北のS. S. Zee, Inc. に売却
LST-644
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/9/26 1955/8/19 1960/1/1 ◎1944/6/16 起工
◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-14)に改め、ミノス Minosと命名
LST-645
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/2/26 1955/10/3 ◎1944/6/20 起工
◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-15)に改め、ミノトー Minotaurと命名
LST-646
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/13 1946/3/15 1946/4/17 ◎1944/6/30 起工
◎1944/9/25 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/3)
1945/4/5 沖縄にて衝突し損傷
◎1945/5/29 アプラ港の分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠(12
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12初め)
◎1948/5/11 解体のため、J. Willis Smith & Bros. に売却
LST-647 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/19 1946/2/2 1947/12/23 ◎1944/7/5 起工
◎1944/9/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q047)
◎1948/5/25 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-648 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/21 1947/2/14 1947/2/25 ◎1944/7/7 起工
◎1944/10/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1947/1)
◎除籍後、陸軍に移管
◎Tokyo Bay.
LST-649 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/26 1946/3 1975/6/30 ◎1944/7/19 起工
◎1944/10/6 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3/26 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/4)
◎1945/10/18 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/5)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q058)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-649)
◎1976/6/4 シンガポールに貸与されResolution(L204(L208?))と命名
◎後に艦種記号をA84に改める
◎1993 除籍
LST-650
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/10/21 1968/9/30 1968/10/1 ◎1944/7/20 起工
◎1944/8/14 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-18)に改める
LST-651 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/4 1946/1/23 1947/12/5 ◎1944/7/24 起工
◎1944/10/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1中旬)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q023)
◎1948/5/26 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-652 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1945/1/1 1946/3/5 1961/5/1 ◎1944/7/24 起工
◎1944/10/19 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 23、LST Group 67、LST DIV 133所属)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-652)に改める
◎1952/3/6 艦種を戦車揚陸艦(LST-652)に改める
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-652)
◎1961/6/17 インドネシアに貸与されTeluk Kau(LST-504)と命名
◎2011/1/16 処分
LST-653 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/1 1946/2/3 1947/3/5 ◎1943/11/17 起工
◎1944/1/23 進水
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q039)
◎1947/5/31 韓国に売却
◎後にOn Yangと命名
◎1958 除籍
LST-654 アメリカン・ブリッジ社 1944/3/20 1946/6/12 1946/7/19 ◎1943/12/9 起工
◎1944/1/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/6初め)
◎退役後、国務省に移管
◎1948/6/12 売却
LST-655 アメリカン・ブリッジ社 1944/3/28 1946/5/31 1946/7/3 ◎1943/12/9 起工
◎1944/2/6 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4初め、中国方面での行動も含む)
◎1946/5/31 国務省に移管
◎1946 売却され商船Chung 104となる
LST-656 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/7 1946/5/29 1946/7/3 ◎1943/12/13 起工
◎1944/2/18 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5末、中国方面での行動も含む)
◎1946/5/29 国務省に移管
LST-657 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/10 1961/5/1 ◎1943/12/16 起工
◎1944/2/25 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q071)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-657)
◎1961/6 インドネシアに貸与
LST-658 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/17 1946/6/1 1946/7/3 ◎1943/12/28 起工
◎1944/3/13 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 14、LST Group 40(1944年頃)、LST Flotilla 16、LST Group 46、LST Div 91(1945年5月)所属)
◎1944/9/15 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14、123
◎1944/10/18 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/6)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/9)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/18)
◎1945/11/1 極東にて占領作戦の任務(〜1946/6/1、中国方面での行動も含む)
◎退役後、国務省に移管
◎1946 商船Chung 105となる
LST-659 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/20 1946/1/7 1947/2/7 ◎1943/12/31 起工
◎1944/3/20 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 36、LST Group 107、LST Div 215所属)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/7、12
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q003)
◎1947/5/25 韓国に売却され商船Chong Hoとなる
◎1959 解体
LST-660 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/26 1946/4/26 1946/6/5 ◎1944/1/6 起工
◎1944/3/24 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎1948/5/17 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-661 アメリカン・ブリッジ社 1944/4/28 1946/8/29 1948/9/13 ◎1944/1/9 起工
◎1944/3/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、LST Group 37、LST Division 74所属)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
1944/10/2 パラオ諸島にて嵐により損傷
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/25)
◎1945/12/18 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/1)
◎1946/2/29 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/9)
◎1946/3/24 極東にて占領作戦の任務(〜1946/4/6)
◎1946/7 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
1948/7/25 破壊
LST-662
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/5/2 1945/12/19 1946/1/8 ◎1944/1/14 起工
◎1944/4/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎1945/5/29 アプラ港の分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠(12
◎1946/6/25 シアトルのArctic Circle Exploration, Inc. に売却され魚工場処理船に改装、A.T.T. No. 3と命名
◎1950 Nevaと改名
◎1958 Presidente Kubitschekと改名
◎1981 Hamdan 20と改名
LST-663 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/5 1946/5/29 1946/7/19 ◎1944/1/22 起工
◎1944/4/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-664 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/10 1973/6/15 ◎1944/1/28 起工
◎1944/4/13 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1955/4/19 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行
◎1973/10/23 解体のため、KhorramshahrのMajid Karoon, Inc. に売却
◎後に商船Kargadanとなる
LST-665 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/12 1946/6/11 1946/7/3 ◎1944/2/5 起工
◎1944/4/18 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3初め、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/10 解体のため、Salco Iron & Metal Co. に売却
LST-666 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/16 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/2/16 起工
◎1944/4/24 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 22、LST Division 43所属)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦(12
◎1944/10/16 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/30)
◎1944/11/9 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/3/1 パラワン島にて揚陸作戦(〜1945/3/2)
◎1945/3/18 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/3/29 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4/1)
◎1945/6/15 非公式に艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-666)に改める
◎1945/6/26 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/9)
◎1945/9/28 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/12)
◎1945/12/20 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/5)
◎1947/9/26 解体のため、チェスターのサン・シップビルディング&ドライドック社に売却
LST-667 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/20 1946/6/5 1946/7/3 ◎1944/2/22 起工
◎1944/4/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22、Division 43所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦(12
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦(123
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎1947/12/11 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-668 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/23 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/3/6 起工
◎1944/4/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、Group 22(旗艦)所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/5)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎1947/5/26 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-669 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/27 1946/8/13 1946/9/25 ◎1944/3/18 起工
◎1944/5/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3初め)
◎1948/5/10 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-670 アメリカン・ブリッジ社 1944/5/29 1946/4/30 1946/6/19 ◎1944/3/22 起工
◎1944/5/6 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1947/2/10(1947/2/13?) 売却され商船となる
◎1948 Macorisと命名
◎1952 Santa Madalenaと改名
1953/10/16 Maranhaoにて火災により転覆
LST-671 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/2 1946/6/25 1946/8/15 ◎1944/3/28 起工
◎1944/5/11 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-672
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/6/5 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/4/3 起工
◎1944/5/14 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎1947/1/2 解体のため、ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steam Ship Corp. に売却
LST-673 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/9 1946/7/10 1946/8/15 ◎1944/4/6 起工
◎1944/5/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1944/11 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3)
◎1947/10/27 解体のため、オークランドのムーア・ドライ・ドック社に売却
LST-674 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/19 1946/5/14 1946/6/19 ◎1944/4/11 起工
◎1944/5/26 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる(HXM-30船団)、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/9)
◎1945/3/26 慶伊瀬島への侵攻(〜1945/3/30)
◎1945/3/31 慶良間列島への侵攻
◎1945/4/1 沖縄への侵攻(〜1945/6/21)
◎1945/4/16 伊江島への侵攻(〜1945/4/18)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/22)
◎1948/5/26 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-675 アメリカン・ブリッジ社 1944/6/24 1945/8/25 1945/9/17 ◎1944/4/16 起工
◎1944/6/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 6、LST Group 16、LST Division 31所属)
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5/2)
1945/4/4 沖縄にて日本軍の攻撃により損傷、放棄
◎1957/7 船体は琉球政府に寄贈
LST-676
123
アメリカン・ブリッジ社 1944/6/20
(1944/6/30?)
1946/12/3 1959/5/1 ◎1944/4/22 起工
◎1944/6/6 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/10 真珠湾のWaipio Amphibious Operating Baseで戦車揚陸艦(改良)に改装(〜1945/1)、艦種を戦車揚陸艦(改良)(LST(M)-676)に改める
LST-677
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/6/30
(1944/7/3?)
1946/8/9 1959/5/1 ◎1944/4/25 起工
◎1944/6/16 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/10下旬 真珠湾で戦車揚陸艦(改良)に改装(〜1945/1/21)、艦種を戦車揚陸艦(改良)(LST(M)-677)に改める
LST-678
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/6/30 1947/4/18 1959/5/1 ◎1944/4/29 起工
◎1944/6/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 戦車揚陸艦(改良)に改装(〜1945/1)
◎1945/1/15 艦種を戦車揚陸艦(改良)(LST(M)-678)に改める
LST-679 アメリカン・ブリッジ社 1944/7/15 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/5/2 起工
◎1944/6/20 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎1948/5/25 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-680 アメリカン・ブリッジ社 1944/7/21 1946/7/5 1946/8/28 ◎1944/5/5 起工
◎1944/6/26 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎1948/5/14 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-681 アメリカン・ブリッジ社 1944/7/25 1946/9/6 1946/10/8 ◎1944/5/10 起工
◎1944/7/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/7/22 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8/15)
◎1945/2/19 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/2/25)
◎1945/4/2 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/7)
◎1945/10/25 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/12)
◎1947/10/9 解体のため、William E. Skinnerに売却
LST-682 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/3/18 1946/7/30 1946/9/25 ◎1943/12/6 起工
◎1944/1/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2)
◎1948/6/3 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-683 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/3/28 1946/5/29 1946/7/3 ◎1943/11/29 起工
◎1944/2/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 37、LST Group 111、LST Division 221所属)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/18)
◎1946/1/3 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/23、中国方面での行動も含む)
◎1948/5/26 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-684 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/4/3 1945/11/25 1946/3/22
(1946/6/5?)
◎1943/12/13 起工
◎1944/2/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
1945/2/23 硫黄島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
1945/7/14 沖縄にて座礁により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11)
1945/10/9 沖縄にて台風により座礁
◎1946/3/22(1946/6/5?) 破壊処分
LST-685 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/4/7 1946/7/22 1958/11/1 ◎1943/12/21 起工
◎1944/2/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1947/1/13 Tompkinsvilleにて海軍予備練習艦となる(〜1950/6/2)
◎1955/7/1 カリー・カウンティ Curry Countyと命名
◎1959 アルゼンチンのNavemar, S.A. に売却され商船Sulmarとなる
◎1973 アルゼンチンにて解体
LST-686 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/4/14 1946/7/10 1946/8/15 ◎1944/1/4 起工
◎1944/2/24 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎1947/9/17 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-687 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/4/22 1946/5/24 1946/7/3 ◎1943/12/28 起工
◎1944/2/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1944/9/6 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/14)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/5 LST Flotilla 16、LST Group 46、LST Div. 91所属
◎1945/6/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/11/3 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/19)
◎後に入渠
◎1945/12/1 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/6)
◎1947/9/24 解体のため、William E. Skinnerに売却
LST-688 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/4/27 1946/8/5 1946/9/25 ◎1944/1/17 起工
◎1944/3/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2)
◎1947/9/17 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-689 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/2 1946/3 1959/10/1 ◎1944/1/11 起工
◎1944/3/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
1945/4/4 沖縄にて座礁により損傷
◎退役後、保管
◎1955/7/1 ダゲット・カウンティ Daggett Countyと命名
◎1961/4/1 日本に供与され揚陸艦おおすみ(LST-4001)となる
◎1971/4/1 艦種を輸送艦に改める
◎1974/3/30 除籍
◎1978 フィリピンに貸与されDavao Oriental(LT-506)と改名(12
◎1991 除籍
◎1992/10? BauanのA. G. & P. Shipyardにて入渠
◎後に解体のため売却
LST-690 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/6 1946/7/23 1946/8/28 ◎1944/1/31 起工
◎1944/3/14 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1947/12/16 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
LST-691 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/12 1946/5/14 1946/6/19 ◎1944/1/25 起工
◎1944/3/23 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/8 南フランスへの侵攻
◎1946/11/4(1946/11/13?) ニュー・ヨークのHughes Brothers, Inc. に売却され艀Americasとなる
LST-692 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/10 1964/6/1 1975/6/30 ◎1944/2/7 起工
◎1944/3/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/10)
◎1946/12 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951 再役
◎1952/2/4 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/3/1)
◎1952/3/20 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Second Korean Winter、〜1952/4/1)
◎1952/6/9 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Defense Summer-Fall 1952、〜1952/6/30)
◎1952/7/31 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Defense Summer-Fall 1952、〜1952/8/24)
◎1955/7/1 デイヴィス・カウンティ Daviess Countyと命名
◎退役後、海事局に移管
◎1965/12/27 海軍に移管、籍をもどす
◎後に軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-692)
◎1975/6/1(1976/9/13?) フィリピンに貸与されBenguet(LT-507)と改名(12
◎2000  BauanのKeppel Batangas Shipyardにて入渠
◎Passage to Freedom.
LST-693 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/15 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/2/18 起工
◎1944/4/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10中旬)
◎1947/12/10 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-694 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/19 1947/12/1 1958/2/4 ◎1944/2/14 起工
◎1944/4/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 22、LST Division 44所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1/8 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1中旬)
◎1947/12/23 除籍
◎1948/4/22 陸軍に移管
◎1950/3/1 海軍に移管、籍をもどし、軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-694?)
◎1959 民間に売却され商船Maria Larisとなる
◎1962 解体
LST-695 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/22 1945/11/6 1945/11/28 ◎1944/2/28 起工
◎1944/4/24 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/6/15 Pendleton Shipyardsにて修理
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 23、LST Division 46所属)
◎1944/8/24 修理
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/16 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29、12
1944/10/24 レイテ島東方海域にて日本海軍伊号第五六潜水艦の雷撃により損傷
◎1944/12/4 大型修理浮きドック(非自走)(ARD-17)にて入渠、緊急修理(〜1944/12/9)
◎1945/4/11 分割式浮きドック(ABSD-2)にて入渠
◎1945/8/8 ムーア・ドライドックにて入渠(〜1945/8/9)
◎1946/3/22 ストックトンのGeorge Pollock Co. に売却され艀Sause Bros. 06となる
LST-696 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/25 1946/7/16 1946/8/28 ◎1944/2/25 起工
◎1944/4/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 23、LST Division 46所属)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4)
◎1948/5/19 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-697 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/5/30 1946/7/12 1946/8/28 ◎1944/3/6 起工
◎1944/5/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 8、LST Group 23、LST Division 46所属)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/3/28 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4/1)
◎1945/4/27 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5/5)
◎1945/9/23 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/25)
◎1945/11/12 中国方面での行動(〜1946/12/15)
◎1945/12/16 極東にて占領作戦の任務(〜1946/4/10)
◎1947/10/14 解体のため、William E. Skinnerに売却
LST-698 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/3 1945/11/26 1945/12/5 ◎1944/3/14 起工
◎1944/5/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10/20 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/11 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/4/2 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/10)
1945/4/5 沖縄にて座礁により損傷
◎1946/6/25 シアトルのArctic Circle Exploration, Inc. に売却され商船A.T.T. No. 1となる
1946/11/3 Amchitka島にて座礁
LST-699 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/5 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/3/9 起工
◎1944/5/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-700 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/7 1946/7/27 1946/8/28 ◎1944/3/22 起工
◎1944/5/13 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11、123
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
1945/1/11 リンガエン北西海域にて味方艦の誤った砲撃により損傷
1945/1/12 リンガエン湾近海にて日本陸軍機の特攻機の攻撃により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/13 解体のため、ヴァンクーヴァーのKaiser Co. に売却
LST-701 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/13 1946/7/13 1946/8/28 ◎1944/4/1 起工
◎1944/5/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1/31 Nasugbuにて作戦の任務
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/24)
◎1947/10/27 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-702
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/19 1946/7/5 1946/8/15 ◎1944/4/15 起工
◎1944/5/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる(HXM-30船団)、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/4中旬、中国方面での行動も含む)
◎1947/10/23 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-703 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/23 1946/6/10 1946/7/31 ◎1944/4/8 起工
◎1944/5/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10末)
◎1947/12/10 解体のため、Salco Iron & Metal Co. に売却
LST-704 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/6/27 1946/6/19 1946/9/25 ◎1944/4/27 起工
◎1944/6/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
1944/10/21 レイテ島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12末)
◎1948/5/26 解体のため、NapaのBasalt Rock Co. に売却
LST-705 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/4 1946/7/22 1946/9/25 ◎1944/4/21 起工
◎1944/6/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/3/10 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/18)
◎1945/3/24 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/14)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/9/23 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/25)
◎1946/1/1 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/9)
◎1946/2/8 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/27)
◎1947/12/8 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-706 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/8 1946/6/19 1946/7/31 ◎1944/5/4 起工
◎1944/6/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む、12
◎1948/5/28 解体のため売却
LST-707 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/13 1946/5/28 1946/7/3 ◎1944/5/1 起工
◎1944/6/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/30)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/9/9 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/23)
◎1948/5/7 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-708 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/17 1946/5/28 1946/7/3 ◎1944/5/9 起工
◎1944/6/20 進水
◎1948/5/21 解体のため、NapaのBasalt Rock Co. に売却
LST-709 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/21 1946/7/3 1946/8/15 ◎1944/5/18 起工
◎1944/6/24 進水
◎1948/6/19 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-710
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/24 1946/8/9 1959/5/1 ◎1944/5/13 起工
◎1944/6/28 進水
◎1945夏 サン・ディエゴで宿泊艦に改装(〜1945/9上旬)
◎1945/8/1 艦種を宿泊艦(APB-49)に改め、アクコマック Accomacと命名
LST-711 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/7/28 1946/8/11 1947/9/29 ◎1944/5/28 起工
◎1944/7/3 進水
◎退役後、陸軍に移管
LST-712 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/2 1946/5/20 1946/8/28 ◎1944/5/22 起工
◎1944/7/7 進水
◎1948/5/27 解体のため、NapaのBasalt Rock Co. に売却
LST-713 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/7 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/6/3 起工
◎1944/7/11 進水
◎1948/5/21 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-714 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/11 1946/5/10 1946/6/19 ◎1944/6/12 起工
◎1944/7/15 進水
LST-715 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/15 1973/11/1 ◎1944/6/7 起工
◎1944/7/20 進水
◎1946/4/17 Manicaci Islandにて退役
◎1946/6/28 陸軍に移管
◎1950/7/25 海軍に移管
◎1950/8/10 籍をもどす
◎1950/8/30 再役
◎1955/7/1 デ・カルブ・カウンティ De Kalb Countyと命名
◎1965/12 軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-LST-715)(〜1973/11/1)
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1984/4/30 解体のため、Suisun BayのJon M. Associatesに売却
LST-716 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/18 1946/6/12 1948/3/12 ◎1944/6/16 起工
◎1944/7/25 進水
◎1948/2/7 中国国民党に貸与され中建 Chung Chien(LST-679)と命名
◎後に艦種記号をLST-205に改める
LST-717 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/23 1946/6/12 1948/3/12 ◎1944/6/20 起工
◎1944/7/29 進水
1945/10/9〜10 沖縄のBuckner Bayにて台風により戦傷修理工作艦ユリシーズ Ulysses(ARB-9)と衝突し損傷
◎1948/2/7 中国国民党に貸与され中業 Chung Yehと命名
◎後に長山島にて喪失
LST-718 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/28 1946/6/25 1948/7/31 ◎1944/6/28 起工
◎1944/8/3 進水
◎1948/6/18 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-719 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/8/31 1946/7/12 1947/3/14 ◎1944/6/24 起工
◎1944/8/8 進水
◎1947/11/4 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-720 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/4 1946/6/24 1946/7/31 ◎1944/7/7 起工
◎1944/8/12 進水
◎1947/10/23 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-721 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/9 1946/6/24 1947/6/10 ◎1944/7/3 起工
◎1944/8/7 進水
◎1946/8/15 除籍
◎1946/11/21 籍をもどす
◎1948/3/8 ニュー・オーリンズのGreen's Bayou Transportsに売却
LST-722 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/13 1974/9/15 ◎1944/7/15 起工
◎1944/8/21 進水
◎1946/7/13 退役、予備艦隊に編入
◎1951/11/16 再役
◎1955/7/1 ドッジ・カウンティ Dodge Countyと命名
◎1956/1/3 退役、予備艦隊に編入
◎1960年代初め頃 再役
◎1975/11/1 タイに売却されPrathong(LST-5)と改名(12
◎後に艦種記号をLST-715に改める
◎2009 退役
◎2014/3/14 人工環礁のため沈没処分
LST-723 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/16 1946/7/20 1947/6/10 ◎1944/7/11 起工
◎1944/8/25 進水
◎1948/5/12 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-724 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/22 1946/6/26 1946/7/31 ◎1944/7/20 起工
◎1944/8/29 進水
1945/3/31〜1945/4/1 沖縄海域にて日本軍機の攻撃により損傷
◎1947/9/23 ニュー・ヨークのWilliam E. Skinnerに売却
LST-725 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/25 1946/5/1 1947/7/3 ◎1944/7/29 起工
◎1944/9/2 進水
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-726 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/9/30 1946/6/25 1946/7/31 ◎1944/7/26 起工
◎1944/9/6 進水
◎1947/12/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-727 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/4 1946/7/26 1946/8/28 ◎1944/8/8 起工
◎1944/9/10 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
1945/3/22 硫黄島にて座礁により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/15 Steele Powersに売却され商船Stanolind 56となる
◎1949 R. A. McInnisと改名
◎1970 Lennoxと改名
◎Iwo Jima.
LST-728 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/10 1946/6/18 1946/7/31 ◎1944/8/3 起工
◎1944/9/14 進水
◎1947/10/6 海事委員会に移管
LST-729 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/10/16 1946/7/8 1946/8/28 ◎1944/8/12 起工
◎1944/9/18 進水
◎1947/10/27 解体のため、オークランドのムーア・ドライ・ドック社に売却
LST-730 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/3/30 1946/6/8 1946/7/31 ◎1943/12/13 起工
◎1944/1/29 進水
◎1947/12/18 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-731 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/3/30 1950/6/2 1958/11/1 ◎1943/12/27 起工
◎1944/2/12 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-731)に改める
◎1952/3/6 艦種を戦車揚陸艦(LST-731)に改める
◎1955/7/1 ダグラス・カウンティ Douglas Countyと命名
LST-732 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/4/10 1946/6/7 1946/7/19 ◎1944/1/5 起工
◎1944/2/19 進水
◎退役後、国務省に移管
◎除籍後、中国国民党に貸与
◎1955 台湾海軍が取得し戦車揚陸艦Chung Shun(LST-208)となる
LST-733
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/4/15 1946/6/28 1946/7/31 ◎1944/1/16 起工
◎1944/2/26 進水
◎1947/9/17 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-734 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/4/22 1946/5/7 1946/6/5 ◎1944/1/25 起工
◎1944/3/4 進水
◎1948/5/24 ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却され商船Mc Williamsとなる
◎後にアルゼンチンに売却されCabo San Vincente(BDT14)と改名
◎1969 処分
LST-735
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/4/26 1974/11/1 ◎1944/1/30 起工
◎1944/3/11 進水
◎1946/3 退役
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 デュークス・カウンティ Dukes Countyと命名
◎1957/5 台湾に貸与され戦車揚陸艦Chung Hai(LST-219)となる
◎1974 台湾に売却され艦種を揚陸指揮艦(AGC-1)に改め、Kao Hsiungと改名
LST-736 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/2 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/2/2 起工
◎1944/3/18 進水
◎1948/5/29 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-737 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/6 1946/11/2 1947/9/29 ◎1944/2/13 起工
◎1944/3/25 進水
1944/12/7 レイテ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1946/11/2 陸軍に移管
LST-738
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/9 1945/1/19 ◎1944/2/20 起工
◎1944/4/1 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
1944/12/15 ミンドロ島にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没(12
LST-739 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/15 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/2/27 起工
◎1944/4/8 進水
◎1948/3/1 ダラスのTex-O-Kan Flour Mills Co. に売却
LST-740 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/15 1946/3/8 1946/4/12 ◎1944/2/12 起工
◎1944/4/8 進水
◎1948/6/14 ニュー・オーリンズのOil Transport Co. に売却
LST-741 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/19 1946/8/9 1946/9/25 ◎1944/3/5 起工
◎1944/4/15 進水
◎1948/5/12 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-742
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/23 1961/2/1 1961/2/1 ◎1944/3/12 起工
◎1944/4/22 進水
◎1946/4/26 退役
◎1946/6/28 陸軍に移管
◎1950/9/1 海軍に移管、再役
◎1955/7/1 ダン・カウンティ Dunn Countyと命名
◎1961/9/6 解体のため、ポートランドのZidell Explorations, Inc. に売却
LST-743 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/23 1946/4/23 1946/6/19 ◎1944/2/20 起工
◎1944/4/19 進水
◎1947/10/23 解体のため、シカゴのNew Orleans Shipwrecking Co. に売却
LST-744 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/29 1946/6/28 1946/8/15 ◎1944/3/1 起工
◎1944/4/29 進水
◎1948/3/4 HoustonのPort Houston Iron Works, Inc. に売却
LST-745 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/5/31 1946/7/9 1946/8/28 ◎1944/3/19 起工
◎1944/4/29 進水
◎1947/9/26 ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-746 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/3 1946/5/1 1946/7/3 ◎1944/3/26 起工
◎1944/5/6 進水
◎1948/3/4 HoustonのPort Houston Iron Works, Inc. に売却
LST-747 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/15 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/4/2 起工
◎1944/5/20 進水
◎1948/5/21 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-748 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/5 ◎1944/4/2 起工
◎1944/5/13 進水
◎1948/5/27 海事委員会に移管
LST-749 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/23 1945/1/19 ◎1944/4/10 起工
◎1944/5/20 進水
1944/12/21 ミンドロ島近海にて日本陸軍の特攻機の攻撃により沈没
LST-750 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/29 1945/1/19 ◎1944/4/7 起工
◎1944/5/30 進水
1944/12/28 ミンドロ島沖にて日本軍機の雷撃により沈没
LST-751 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/6/26 1946/8/21 1946/10/15 ◎1944/4/16 起工
◎1944/5/27 進水
◎1947/11/13 海事委員会に移管
LST-752 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/5 1946/6/7 1946/7/19 ◎1944/4/23 起工
◎1944/6/3 進水
◎1947/10/13 解体のため、ニュー・ヨークのWilliam E. Skinnerに売却
LST-753 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/10 1946/6/25 1946/7/31 ◎1944/4/30 起工
◎1944/6/10 進水
◎1948/5/21 解体のため、ヴァンクーヴァーのKaiser Co., Inc. に売却
LST-754 アメリカン・ブリッジ社 1944/7/29 1946/6/20 1946/7/31 ◎1944/5/13 起工
◎1944/7/6 進水
◎1948/5/21 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-755 アメリカン・ブリッジ社 1944/8/3 1946/5/29 1948/3/21 ◎1944/5/20 起工
◎1944/7/11 進水
◎退役後、中国国民党に貸与され中海 Chung Hai(LST-697)と命名
◎後に艦種記号をLST-201に改める
1958/8 台湾〜金門間にて中国人民解放軍艦艇の雷撃により損傷、後に修理
◎2010/1/21 退役
LST-756 アメリカン・ブリッジ社 1944/8/8 1946/4/5 1946/4/17 ◎1944/5/25 起工
◎1944/7/15 進水
◎1946/9/19 ブルックリンのConstruction Power & Merchandising Co. に売却
LST-757
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/8/15 1946/5/28 1946/7/3 ◎1944/6/1 起工
◎1944/7/21 進水
◎1948/5/10 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-758 アメリカン・ブリッジ社 1944/8/19 1969/10/28 1974/9/15 ◎1944/6/5 起工
◎1944/7/25 進水
◎1946/7/13 退役、予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 デュヴァル・カウンティ Duval Countyと命名
◎退役後、予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1981/8/18 売却
1944/8/19〜1946/3/29
LST-759
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/8/25 1946/3/29 1958/10/1 ◎1944/6/11 起工
◎1944/7/29 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 エディ・カウンティ Eddy Countyと命名
1944/8/25〜1946/3/28
LST-760 アメリカン・ブリッジ社 1944/8/28 1946/5/24 1946/7/3 ◎1944/6/15 起工
◎1944/8/3 進水
◎1948/5/29 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
1944/8/28〜1946/5/24
LST-761 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/2 1946/3
(1946/7/16?)
◎1944/6/18 起工
◎1944/8/7 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 エスメラルド・カウンティ Esmeraldo Countyと命名
◎1959/5/6 標的として沈没
1944/9/2〜1946/3/28
LST-762 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/5 1969/9/3 1969
(1975/4/1?)
◎1944/6/24 起工
◎1944/8/11 進水
◎1946 退役、予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 フロイド・カウンティ Floyd Countyと命名
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1975/8/1 Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のため売却
◎1975/12/4 Beverly HillsのMax Rouse & Sonsに売却されシアトルのLake Union Drydock Co. で商船に改装
◎1976 シンガポールのLanding System Technology Pte., Ltd. (船主はノルウェーのLauritz Kloster)に売却されLST 1と改名
◎1978/6/30 パナマとギリシャのMaritime & Commercial Co. Argonaftis S.A. が取得しPetrola 141と改名
◎1988 解体のため売却
1944/9/5〜1946/3/29
LST-763 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/8 1946/4/29 1946/8/15 ◎1944/6/29 起工
◎1944/8/16 進水
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
1944/9/8〜1946/5/29
LST-764 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/13 1946/4/30 1946/7/3 ◎1944/7/4 起工
◎1944/8/21 進水
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
1944/9〜1946/5/30
LST-765 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/18 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/7/8 起工
◎1944/8/26 進水
◎1947/12/16 B. T. Jonesに売却
1944/9/18〜1946/5/29
LST-766 アメリカン・ブリッジ社 1944/9/25 1946/3/19 1946/6/5 ◎1944/7/13 起工
◎1944/8/30 進水
◎1946/12/24 Pedro Bidegarayに売却
1944/9/25〜1946/3/19
LST-767
12
アメリカン・ブリッジ社 1944/9/30 1946/3/7 1946/3/28 ◎1944/7/19 起工
◎1944/9/4 進水
1945/12/1 沖縄のKana Wanにて嵐により難破(1234
◎1946/5 解体のため売却
1944/9/30〜1946/3/9
LST-768 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/4 1946/4/15 1946/6/5 ◎1944/7/22 起工
◎1944/9/12 進水
◎1947/12/18 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却
1944/10/4〜1946/4/15
LST-769 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/9 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/7/28 起工
◎1944/9/12 進水
◎1947/12/11 California Co. に売却
1944/10/9〜1946/4/29
LST-770 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/13 1946/4/29 1946/7/31 ◎1944/8/1 起工
◎1944/9/17 進水
◎1948/2/6 Madison B. Wrightに売却
1944/10/13〜1946/4/29
LST-771 アメリカン・ブリッジ社 1944/10/18 1946/5/14 1947/6/5 ◎1944/8/5 起工
◎1944/9/21 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
1944/10/18〜1946/5/14
LST-772 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/13 1958/3/19 ◎1944/8/3 起工
◎1944/10/24 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1950/11/3 再役
◎1955/7/1 フォード・カウンティ Ford Countyと命名
◎1958/3/19 標的として沈没
LST-773 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/17 1946/5/27 1947/6/10 ◎1944/8/14 艦種を魚雷艇母艦(AGP-16)に改め、アンティゴネ Antigoneと命名
LST-774 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/20 1946/7/12 1946/8/15 ◎1944/8/5 起工
◎1944/10/31 進水
◎1947/9/17 解体のため、Morris Heightsのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-775 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/15 1946/7/15 ◎1944/4/22 起工
◎1944/6/10 進水
◎1948/5/27 海事委員会に移管
LST-776 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/20 1946/3/18 1946/5/1 ◎1944/5/7 起工
◎1944/6/12(1944/6/17?) 進水
◎1947/1/17 ブエノス・アイレスのCompania Naviera y Commercial Perez Companoに売却
LST-777 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/25 1946/7/19 1946/8/28 ◎1944/5/4 起工
◎1944/6/24 進水
◎1948/5/7 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-778 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/7/31 1946/5/27 1946/6/19 ◎1944/5/14 起工
◎1944/6/24 進水
◎1947/10/23 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-779 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/3 1946/5/18 1946/7/19 ◎1944/5/21 起工
◎1944/7/1 進水
◎Algiers海軍基地にて艤装(〜1944/8/14)
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 6、LST Group 18、LST Division 36所属)
◎1945/2/19 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/2/28、123
1945/2/21 硫黄島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
1945/2/23 AP通信の写真家、ジョー・ローゼンソールが撮影した硫黄島の摺鉢山写真(6人の海兵隊員が1945年2月23日に摺鉢山の頂上に、アメリカ国旗を打ち立てている写真)に写っている国旗は二番目に立てられた国旗で、LST-779から届いた艦旗
1945/2/27 硫黄島にて座礁
◎1945/2/28 離礁
◎1945/3 サイパンの大型修理浮きドック(非自走)ARD-25にて入渠、修理(〜1945/4/6)
◎1945/4/17 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/21)
1945/6/19 硫黄島にて荒海により座礁、損傷、救難艦セーフガード Safeguard(ARS-25)歩兵揚陸艇(大型)LCI(L)-1094、3台のブルドーザーが曳航し離礁
1945/9/7 和歌山〜リンガエン湾間にて障害物を引っ掛け右舷スクリューを損傷
◎1945/9/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10)
◎1945/10/9 スービック湾の大型修理浮きドック(非自走)ARD-12にて入渠、修理(〜1945/10/16)
◎1945/10/22 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/30)
◎1946/1/1 極東にて占領作戦の任務(〜1946/4/8、中国方面での行動も含む)
◎1947/12/5 フィリピンにて売却
LST-780 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/7 1946/6/13 1946/7/31 ◎1944/5/28 起工
◎1944/7/10 進水
◎1947/10/27 解体のため、オークランドのムーア・ドライドック社に売却
LST-781 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/18 1946/6/27 1946/8/15 ◎1944/6/4 起工
◎1944/7/15 進水
◎1947/12/20 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却
LST-782 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/22 1946/5/14 1946/6/5 ◎1944/6/11 起工
◎1944/7/22 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
1944/8/22〜1946/5/14
LST-783 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/14 1946/8/22 1950/6/16 ◎1944/5/14 起工
◎1944/7/11 進水
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1950/6/27 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタル社に売却
LST-784 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/1 1946/3 1959 ◎1944/6/18 起工
◎1944/7/29 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ガーフィールド・カウンティ Garfield Countyと命名
1944/9/1〜1946/3/29
LST-785 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/4 1946/5/3 1946/6/5 ◎1944/6/25 起工
◎1944/8/5 進水
◎1948/6/3 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
1944/9/4〜1946/5/6
LST-786 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/8/28 1971/4/23 ◎1944/5/21 起工
◎1944/7/22 進水
◎1946/7/9 退役、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ギャレット・カウンティ Garrett Countyと命名
◎1966/10/15 再役
◎1970/9/25 艦種を哨戒艇母艦(AGP-786)に改める
1944/8/28〜1946/3/29
LST-787 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/13 1946/5/27 1946/7/3 ◎1944/7/2 起工
◎1944/8/12 進水
◎1948/5/7 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
1944/9/13〜1946/5/27
LST-788 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/18 1946/4/16 1946/6/5 ◎1944/7/9 起工
◎1944/8/19 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
1944/9/18〜1946/4/16
LST-789 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/11 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/6/1 起工
◎1944/8/5 進水
◎1947/12/11 California Co. に売却
1944/9/11〜1946/5/29
LST-790 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/22 1946/5/28 1946/7/3 ◎1944/6/11 起工
◎1944/8/19 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-790)に改める
1944/9/22〜1946/5/27
LST-791 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/9/27
(1944/9/28?)
1946/5/28 1946/7/3 ◎1944/7/16 起工
◎1944/8/26 進水
◎1948/6/4 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
1944/9/27〜1946/5/24
LST-792
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/2 1946/4/29 1946/7/19 ◎1944/6/25 起工
◎1944/9/2 進水
1945/2/23 硫黄島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1946/10/31 ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & SS Co. に売却
1944/10/2〜1946/4/29
LST-793 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/5 1946/4/29 1946/7/3 ◎1944/7/23 起工
◎1944/9/2 進水
◎1947/12/16 ダラスのTex-O-Kan Flour Mills Co. に売却
1944/10/5〜1946/4/29
LST-794 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/16 1946/7/9 1958/11/1 ◎1944/7/12 起工
◎1944/9/16 進水
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ギブソン・カウンティ Gibson Countyと命名
◎1959/5/22(1959/5/23?) 標的として沈没
1944/10/16〜1946/5/29
LST-795 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/10/9 1946/4/29 1946/7/19 ◎1944/7/30 起工
◎1944/9/9 進水
◎1946/10/31 ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steamship Co. に売却
1944/10/9〜1946/4/29