航空母艦
AIRCRAFT CARRIERS


基準排水量:26,900t(改装後は36,500t) 全長:260.67m 幅(最大):29.00m(改装後は31.32m) 吃水(平均):8.08m(改装後は8.71m) 主缶:ロ号艦本式水管缶(重油専焼)11基、ロ号艦本式水管缶(重油、石炭混焼)8基(改装後はロ号艦本式水管缶(重油専焼)19基) 主機/軸数:技本式オール・ギアード・タービン8基/4軸 出力:131,200馬力 速力:31.0kt(改装後は31.2kt) 燃料搭載量(竣工時):石炭2,100t、重油3,900t(改装後は重油5,770t) 航続力(竣工時):14.0ktで8,000浬(改装後は16.0ktで8,200浬) 兵装:50口径203o連装砲2基、50口径203o単装砲6基、45口径127o連装高角砲6基(改装後は50口径203o単装砲6基、45口径127o連装高角砲6基、25o連装機銃14基) 装甲(竣工時):舷側127o 搭載機:常用60機(改装後は常用66機、補用25機) 乗員:1,297名(改装後は2,000名)
天城型巡洋戦艦を改装
↑航空母艦赤城(1938年時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
赤城 Akagi 呉海軍工廠 1942/9/25 ◎1923/11/19 艦種を航空母艦に改める
◎1927/3/25 竣工
◎1927/11/1 第一予備艦となる(〜1928/4/1)
◎1928/12/10 第一予備艦となる(〜1929/4/1)
◎1929/11/1 第一予備艦となる(〜1930/12/1)
◎1931/12/1 第二予備艦となる、横須賀海軍工廠にて改装(無線工事、通風装置工事等)
◎1932/12/1 第一予備艦となる(〜1933/4/25)
◎1935/10/24 佐世保海軍工廠にて第二次改装(〜1938/8/31、飛行甲板の延長、島型艦橋に改装等)
◎1932/11/15 第三予備艦となる
◎1938/11/15 第一予備艦となる(〜1938/12/15)
◎1940/11/15 特別役務艦となる、船体、搭載兵器を整備(〜1941/4/10)
1942/6/5 ミッドウェー海戦にてアメリカ海軍機の爆撃により損傷(123
◎1942/6/6 ミッドウェー島北方海域にて雷撃処分
☆赤城の撃沈スコア(以下の艦船)
・1942/4/5 イギリス海軍重巡洋艦Dorsetshire(40、セイロン沖海戦にて九九式艦爆の爆撃(他艦と共同で))
・1942/4/9 イギリス海軍航空母艦Hermes(95、セイロン沖海戦にて九九式艦爆の爆撃(他艦と共同で))
(←イギリス海軍航空母艦ハーミーズ)


Update 17/02/26